トルコでプレー続けるアデバヨール「夢はバロンドール受賞。実現可能性のあることだ」2018.01.02 13:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)に所属するトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール(33)は、バロンドール獲得の夢を諦めていない。トルコ『ヒュッリイェト』に語った内容を、スペイン『アス』が伝えた。

▽アーセナルやマンチェスター・シティ、レアル・マドリーといったビッグクラブで活躍した大型ストライカーのアデバヨールは、昨年1月末にフリートランスファーでイスタンブールBBに加入。今シーズンはここまで公式戦20試合9ゴールと、結果を残している。

▽トルコ・スーパーリーグでプレーを続け、現在もコンディションを維持するアデバヨール。彼の現在の夢は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが二分する、最高の選手に与えられる栄誉、“バロンドール受賞”にあると語った。

「アーセナルとレアル・マドリーでプレーすることを夢見ていて、それは達成した」

「もしかしたら、バロンドールを獲得することも夢見られるかもしれない。それは実現可能性のあることだ」

「僕は、自身のキャリアについて本当には満足していない。でも不平を言うことはできないんだ。今も生きていて、夢を見続けることができるからね」

▽また、アデバヨールはこれまでのキャリアを回想。これまで指導を受けた監督の中で、最高の人物と最低の人物をそれぞれ挙げた。

「接していて最悪だった監督は(マンチェスター・シティ時代の)ロベルト・マンチーニだよ。彼のトレーニング方法は決して好きになれない」

「最高だった監督は(レアル・マドリー時代の)ジョゼ・モウリーニョ。彼は比類なき情熱を持っている」
コメント
関連ニュース
thumb

S・ラモス、マドリー通算出場数で“背番号4”の前任者イエロに並ぶ! 歴代5位に

レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、レジェンドであるフェルナンド・イエロ氏と肩を並べた。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは17日、リーガエスパニョーラ第24節でジローナをホームに迎えた。2位キープのためにも勝利が欲しいマドリーだったが、1-2で敗戦。6試合ぶり黒星を喫し、3位に転落した。 この一戦に出場したセルヒオ・ラモスは、90分に退場したが、マドリー通算601試合に到達。これにより、元スペイン代表のフェルナンド・イエロ氏と元同国代表のパコ・ヘント氏(現名誉会長)に並ぶ歴代5位にランクアップした。 セルヒオ・ラモスは2005年夏にセビージャからマドリーに10代で加入。その際に、イエロ氏の背番号4を受け継ぎ、ここまで14シーズンに渡ってプレー。2015年に主将就任以降のCL3連覇を含む計4度の欧州制覇を成し遂げ、20個のタイトルを獲得している。 なお、通算成績は公式戦601試合に出場して84得点39アシスト。今シーズンは公式戦37試合に出場してキャリアハイの11得点の他、2アシストをマークしている。 ◆歴代レアル・マドリー公式戦通算600試合出場者 【741】 ラウール・ゴンサレス 【725】 イケル・カシージャス 【710】 マヌエル・サンチス 【645】 サンティリャーナ 【601】 セルヒオ・ラモス フェルナンド・イエロ パコ・ヘント 2019.02.18 12:10 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロが謝罪! ファンのレギロン出場時との戦績比較投稿に「全て僕のせいだ」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが、自身が出場した試合で勝利が少ないことを謝罪した。スペイン『マルカ』が伝えている。 マドリーは17日、リーガエスパニョーラ第24節でジローナをホームに迎えた。前日に行われたリーグ戦で3位だったアトレティコ・マドリーが勝利し、暫定2位に浮上したため、勝利が欲しいマドリーは25分にカゼミロのゴールで先制する。しかし、後半開始早々に、ジローナにPKを与えてしまい同点とされると、75分には逆転ゴールを許してしまい、1-2で敗戦。6試合ぶり黒星を喫し、3位に転落。首位・バルセロナとの勝ち点も「9」差に広がった。ちなみにこの一戦でマルセロはフル出場している。 今シーズンのマドリーは、マルセロが出場した試合で思うように勝利を積み重ねることができていない。ファン・サポーターの間でも同選手に批判が向けられており、スタメン起用に懐疑的な意見も寄せられている。 ジローナ戦後、あるマドリーファンは、マルセロが出場した直近9試合で1勝2分け6敗であることと、同ポジションの下部組織出身DFセルヒオ・レギロン・ロドリゲスが出場した9試合で全勝していることが分かる画像をインスタグラムで掲載。「なぜマルセロがスタメンなんだ? 私は彼を愛しているが、現実に目を向けなくてはならない」と投稿している。 これに対して、マルセロが反応。「全ては僕のせいだ! 僕たちは続けていくしかない」と謝罪した。無論、勝利を挙げられていないのは同選手だけの責任ではないが、レギロンが出場した際と比較してしまうと、苦しい状況に立たされているのは事実だろう。出場した試合で勝利に貢献し、自身に漂う嫌な雰囲気を払しょくしたいところだ。 2019.02.18 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

カピタン・セルヒオ・ラモス、キャリア通算25回目の退場! ラ・リーガ20回目は5大リーグワースト記録

レアル・マドリーに所属するスペイン代表のセルヒオ・ラモスが、17日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のジローナ戦でキャリア通算25回目の退場処分を科せられた。 この試合に先発出場したS・ラモスは1点リードで迎えた64分に、ペナルティエリア内でのハンドで一枚目のイエローカードを受ける。このプレーで与えたPKから同点に追いつかれ、その10分後に逆転を許して終盤に入ると、90分にジローナのボックス内でオーバーヘッドシュートを狙ったところ、DFペドロ・アルカラの顔付近に足が上がったことを対象に2枚目のイエローカードを提示されて退場となってしまった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、今回でS・ラモスはキャリア通算25回目の退場に。また、リーガエスパニョーラでは20回目の退場となり、これまでリーグ・アンで19回の退場記録を持っていたMFシリル・ロールを抜いて5大リーグで単独トップに躍り出たようだ。同選手は1993年から2010年までプレーしたフランス人選手で、主にニースやレンヌで長らくプレーした。 なお、退場の内訳はリーガで20回、チャンピオンズリーグで3回、コパ・デル・レイで2回となっており、意外にもここまで161キャップを数えるスペイン代表では一度もレッドカードを受けたことは無いようだ。 2019.02.18 02:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ジローナに敗戦のレアル・マドリー、ソラーリは優勝争い脱落を否定「そんなことはまったくない」

17日のリーガエスパニョーラ第24節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのジローナ戦を1&minus;2で落とした。サンティアゴ・ソラーリ監督は試合後、リーガ優勝争いから脱落したとの見解を否定している。<br><br>前半にMFカセミロのゴールで先制したレアル・マドリーだが、後半に2点を決められてジローナに逆転負け。ここ8試合を7勝1分けで終えていた同チームにとってはじつに9試合ぶりの敗戦で、アトレティコ・マドリーに2位の座を奪い返され、首位バルセロナには勝ち点9差をつけられた。<br><br>試合後会見に出席したソラーリ監督は、明らかに不機嫌な様子。質問が終わり切らない内に言葉をまくしたてていった。自チームが気を抜いてプレーしていたとの指摘に対しては、次のように返答した。<br><br>「これはフットボールであり、ライバルだってプレーしているんだよ。私たちが主導権を握っていた際には、負け試合ではなかった。後半の彼らの攻撃は確信性があり、私たちは輝きとエネルギーを欠いていた」<br><br>ソラーリ監督はMFマルコス・ジョレンテ、MFイスコを負傷、MFルカ・モドリッチを出場停止で欠いたこの一戦で、DFレギロン・ロドリゲスを招集外、FWヴィニシウスをベンチスタートとしてDFマルセロ、MFマルコ・アセンシオを先発で起用した。このローテーションの是非を問われると、こう返している。<br><br>「その質問は意味がないものだ。過去のことについて話しても、どうしようもない。負けようが勝とうが、違う試みをしていた可能性は常にある。マルセロ? 彼は良かったよ」<br><br>「リーガ優勝はもう無理だって? そんなことはまったくない。すべての試合が難しいものであり、私たちがすべきは差を縮めていくことにほかならない」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ジローナ戦を敗戦を悔やむクルトワ「何が起こったか分からない。勝たなければならなかった」

17日のリーガエスパニョーラ第24節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのジローナ戦を1&minus;2で落とした。GKティボー・クルトワは試合後、リーガ優勝争いから遠のく手痛い敗戦との感想を述べている。<br><br>前半にMFカゼミロのゴールで先制したレアル・マドリーだが、後半に2点を決められてジローナに逆転負け。ここ8試合を7勝1分け(引き分けはクラシコ)で終えていたレアル・マドリーにとってはじつに9試合ぶりの敗戦で、アトレティコ・マドリーに2位の座を奪い返され、首位バルセロナには勝ち点9差をつけられた。<br><br>試合後、『Beinスポーツ』とのフラッシュインタビューに応じたクルトワは、次のように述べた。<br><br>「何が起きたか? 分からない。前半の僕たちは良いプレーを見せた。おそらく、アトレティコやアヤックス戦のようなリズムではなかったが、それでも良かったよ。彼らが迎えた2回のチャンスは、僕が止めたしね。後半は彼らのプレーが良くなり、もっと危険な場面をつくられた。僕は何度かシュートを止めたが、その後にPKが生まれてしまった。PKの場面は確認していないが、ラモスが手で触ってしまったならば悲しいことだ。それで1-1とされてしまい、そこからはボールを保持できなった。ポルトゥの最初のシュートは僕がうまく止めたけど、2本目は止める余裕がなかった」<br><br>「大事な勝ち点3だったし、今日は勝たなければならなかった」<br><br>また最近の好調により、慢心があったとの指摘に対してはこう返した。<br><br>「そうは思わない。今季は過剰な自信を持てない。僕たちにはそうした理解がある。そういったことはないよ」<br><br>「すべきことは1カ月前と同じ。勝ち続けなければならない。次節レバンテ戦でリアクションを見せないと。その後には2回のクラシコが控えているし、戦い続ける必要がある。リーガはまだ長いんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 22:45 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース