トルコでプレー続けるアデバヨール「夢はバロンドール受賞。実現可能性のあることだ」2018.01.02 13:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)に所属するトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール(33)は、バロンドール獲得の夢を諦めていない。トルコ『ヒュッリイェト』に語った内容を、スペイン『アス』が伝えた。

▽アーセナルやマンチェスター・シティ、レアル・マドリーといったビッグクラブで活躍した大型ストライカーのアデバヨールは、昨年1月末にフリートランスファーでイスタンブールBBに加入。今シーズンはここまで公式戦20試合9ゴールと、結果を残している。

▽トルコ・スーパーリーグでプレーを続け、現在もコンディションを維持するアデバヨール。彼の現在の夢は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが二分する、最高の選手に与えられる栄誉、“バロンドール受賞”にあると語った。

「アーセナルとレアル・マドリーでプレーすることを夢見ていて、それは達成した」

「もしかしたら、バロンドールを獲得することも夢見られるかもしれない。それは実現可能性のあることだ」

「僕は、自身のキャリアについて本当には満足していない。でも不平を言うことはできないんだ。今も生きていて、夢を見続けることができるからね」

▽また、アデバヨールはこれまでのキャリアを回想。これまで指導を受けた監督の中で、最高の人物と最低の人物をそれぞれ挙げた。

「接していて最悪だった監督は(マンチェスター・シティ時代の)ロベルト・マンチーニだよ。彼のトレーニング方法は決して好きになれない」

「最高だった監督は(レアル・マドリー時代の)ジョゼ・モウリーニョ。彼は比類なき情熱を持っている」

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー入団ヴィニシウスが意気込み! 「ネイマールが僕のアイドル」

▽レアル・マドリーの入団会見に登場したブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールが、新天地での意気込みを語った。スペイン『アス』が伝えている。 ▽マドリーは昨年の5月に“次代のネイマール”と称されるヴィニシウスの加入内定を発表。移籍金は4500万ユーロ(現在のレートで約58億7000万円)と伝えられており、当時16歳だった同選手としては破格の契約だ。 ▽そんなヴィニシウスも今年の7月に18歳となり、20日にプレゼンテーションで契約書にサイン。正式な入団を果たし、晴れてチャンピオンズリーグ3連覇チーム、“ロス・ブランコス”の一員となった。 ▽新たなキャリアの1ページに、ヴィニシウスは以下のように意気込んでいる。 「ネイマールが僕のアイドルだ。僕だけでなくブラジル人みんなが彼を追いかけているよ」 「(フレン・)ロペテギ監督は何をすべきかいつも話してくれる。ディフェンスの必要に迫られた時にやり過ぎだし、ドリブルが出来なくなると言われるよ。僕はいつも得点を目指すべきなんだ」 「(チームメートの)みんなが僕の憧れだよ。ビデオ・ゲームの中でした見たことのなかった彼らと、今では一緒に練習できるんだ。言葉で表せないよ」 「目標は勝つこと。僕は勝利に憑りつかれているし、それがレアル・マドリーに来た理由だ」 「僕は左でプレーするし、右もできるよ。レアル・マドリーには残る。何試合かはレアル・マドリー・カスティージャでプレーするかどうか、まだ決めていない」 「自分のスタイルはネイマールに似ていると思う。(元ブラジル代表の)ロナウドと比べられるけど、どちらも偉大だね」 ▽スペインでの生活に慣れるため、数カ月間はBチームであるレアル・マドリー・カスティージャでプレーする可能性が伝えられているヴィニシウス。適応力を発揮し、トップチームで活躍することはできるのだろうか。 2018.07.22 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ&代理人がミラン移籍報道を徹底否定

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(30)の代理人が、ミラン移籍の噂を断固否定した。スペイン『アス』が報じている。 ▽イタリア『スカイ』が先日に伝えたところでは、ベンゼマは16日にミラネッロスポーツセンターを訪れ、マッシミリアーノ・ミラベッリSDとジェンナーロ・ガットゥーゾ監督と会談を行ったという。具体的な契約内容まで約束され、ミラン側が1年間の契約延長オプションが付随した年俸900万ユーロ(約11億円)の3年契約を用意するまでに至ったとされていた。 ▽上記の内容は、著名ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏からの情報を基にしたものだ。高い信憑性を誇ることで知られる同氏だが、今回ばかりは当てを外したかもしれない。ベンゼマの代理人であるカリム・ジャジリ氏が、自身のツイッターアカウント(@KDjaziri)を通じて以下のように否定した。 「ディ・マルツィオはピエロだ。自分の名声を高めるための戯言だし、本当に笑わせてくれる」 ▽また、ベンゼマ本人も自身のインスタグラム(karimbenzema)を更新し、激しく否定している。 「ディ・マルツィオ、君は新しい仕事を探す必要があるみたいだ。#嘘つき」 ▽なお、現在では両投稿ともに削除済みだ。『アス』は、これらのベンゼマに関する噂はマドリーのフレン・ロペテギ監督が最終的な決断を下すまで続くだろう、伝えている。 2018.07.22 13:55 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがW杯で株急騰のトリッピアーをマーク?

▽トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(27)にレアル・マドリー移籍の可能性が急浮上した。イギリス『サン』が報じた。 ▽2015年からトッテナムでプレーするトリッピアーは、今夏のロシア・ワールドカップでベスト4入りしたイングランド代表の一員として、抜群のキック精度を披露。グループステージ最終節のベルギー代表戦を除く6試合に出場し、準々決勝のクロアチア代表戦で直接FKから得点もマークした。 ▽今夏にレアル・ソシエダからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラを獲得したレアル・マドリーだが、トリッピアーにも興味を示している様子。トッテナムは、2022年まで残すトリッピアーを手放すとなれば、移籍金5000万ポンド(約73億1000万円)を求めるとみられる。 2018.07.22 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「うわぁ」「おぉ」「すげえ」レアル加入ヴィニシウス、超絶ループで百戦錬磨の選手たちに感嘆の声を上げさせる

先にレアル・マドリーに加入したブラジル人FWヴィニシウスは、百戦錬磨の選手たちに対しても驚きを与えるプレーを披露している。<br><br>チャンピオンズリーグ三連覇を果たし、欧州最強の集団として君臨するレアル・マドリー。しかし4500万ユーロという破格の移籍金でフラメンゴから加わった18歳のブラジル人FWは、そんなチームの中でも輝きを放てる器のようだ。<br><br>それは、21日の練習での出来事だった。世界トップレベルの選手たちとミニゲームに興じるヴィニシウスは、ミドルレンジから虚をつく右足ループシュートでゴールを狙った。高く浮かび上がったボールはGKアンドリー・ルニンの頭上を越えて、見事枠内に収まっている。<br><br>このゴラッソ(ファインゴール)に、チームメートたちは「うわぁ」「おぉ」「すげえ」などと感嘆の声を上げていた。<br><br>今季はレアル・マドリーのトップチームとBチームを行き来しながらプレーすることが見込まれるヴィニシウスだが、早い段階でトップチームに定着できるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.22 00:14 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、すでにクルトワを戦力に数える…K・ナバスの去就は?

レアル・マドリーは、チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワをすでに戦力として計算しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>2019年でチェルシーとの契約が切れるクルトワを今夏に獲得する方針とされていたレアル・マドリーだが、『マルカ』によれば同クラブの幹部陣は「移籍がほぼ完了」しており、「すぐにでもクラブに到着する」状況との見解を示したという。<br><br>なおレアル・マドリーは、クルトワを4000万ユーロ以下の移籍金で獲得するとみられている。その一方で同クラブの幹部陣は、これまでチームの守護神を務めてきたGKケイロル・ナバスが、クルトワの獲得を受けてどのような動きを見せるか、分かりかねているようだ。<br><br>コスタリカ代表GKはまだバケーション中で、レアル・マドリーは同選手と話をしていないという。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.21 22:15 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース