トルコでプレー続けるアデバヨール「夢はバロンドール受賞。実現可能性のあることだ」2018.01.02 13:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)に所属するトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール(33)は、バロンドール獲得の夢を諦めていない。トルコ『ヒュッリイェト』に語った内容を、スペイン『アス』が伝えた。

▽アーセナルやマンチェスター・シティ、レアル・マドリーといったビッグクラブで活躍した大型ストライカーのアデバヨールは、昨年1月末にフリートランスファーでイスタンブールBBに加入。今シーズンはここまで公式戦20試合9ゴールと、結果を残している。

▽トルコ・スーパーリーグでプレーを続け、現在もコンディションを維持するアデバヨール。彼の現在の夢は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが二分する、最高の選手に与えられる栄誉、“バロンドール受賞”にあると語った。

「アーセナルとレアル・マドリーでプレーすることを夢見ていて、それは達成した」

「もしかしたら、バロンドールを獲得することも夢見られるかもしれない。それは実現可能性のあることだ」

「僕は、自身のキャリアについて本当には満足していない。でも不平を言うことはできないんだ。今も生きていて、夢を見続けることができるからね」

▽また、アデバヨールはこれまでのキャリアを回想。これまで指導を受けた監督の中で、最高の人物と最低の人物をそれぞれ挙げた。

「接していて最悪だった監督は(マンチェスター・シティ時代の)ロベルト・マンチーニだよ。彼のトレーニング方法は決して好きになれない」

「最高だった監督は(レアル・マドリー時代の)ジョゼ・モウリーニョ。彼は比類なき情熱を持っている」

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドの給料引き上げへ! 総額40億円超のメガ契約に?!

▽レアル・マドリーがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)との契約更新に動き出しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽マドリッドに拠点を置いている『アス』が、マドリーのゼネラルマネジャー(GM)を務めるホセ・アンヘル・サンチェス氏からもたらされた情報として、C・ロナウドの年俸が引き上げられようとしていることを報じた。 ▽フロレンティーノ・ペレス会長は昨年のチャンピオンズリーグでマドリーが優勝した後、C・ロナウドに対して賃金の上昇を約束。今シーズン序盤の不調から復活を果たしたエースFWに対して、いよいよ具体的な動きをみせているとのことだ。詳細等は未だ議論されていないそうだが、ロシア・ワールドカップの決勝が行われるまでには交渉を完了させる見込みだということが伝えられている。 ▽しかし、ホセ・アンヘル・サンチェスGMではなく別の関係者からの情報として、C・ロナウドには3000万ユ―ロ(約40億円)前後の基本給に加えて200万ユ―ロ(約2億6000万円)のボーナスが用意されると見積もられている。なお、この新契約には期間の延長は含まれないという。 ▽『アス』によると、世界2位の年俸を受け取っているパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールが3500万ユーロ(約46億円)+ボーナス700万ユ―ロ(約9億3000万円)で、世界1位の年俸を受け取っているバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4000万ユ―ロ(約53億円)だ。 ▽現行のままであればC・ロナウドの年俸は2100万ユ―ロ(約28億円)と伝えられており、世界最高を争うメッシやネイマールからは大きく差を付けられている。 2018.04.22 03:01 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、マドリーに放出した元10番を買い戻し?

▽インテルがレアル・マドリーMFマテオ・コバチッチの獲得に動いているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が20日、一面を使って報じた。 ▽コバチッチは2013年1月からインテルでプレーしたクロアチア代表MF。ポテンシャルの高さを評価されながらも、2015年にレアル・マドリーへ移籍した。 ▽そのコバチッチをインテルが買い戻そうとしているという。インテルは3000万ユーロ(約39億円)の移籍金で同選手を手放したと伝えられているが、それと同等の金額で再獲得を目指す模様だ。 ▽さらに同紙は、インテルがボローニャのFWシモーネ・ヴェルディとスポルティング・リスボンのMFウィリアム・カルバーリョの獲得に動いているとも報じた。 2018.04.20 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「セーザルなら片腕でカシージャス以上」

▽フラメンゴの元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルが、ジョゼ・モウリーニョ監督の辛辣なジョークを回想した。ブラジル『Selecao Sportv』のインタビューを基にスペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2005年から2012年までインテルで活躍したジュリオ・セーザルは、2009-10シーズンにはモウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)の下で正守護神として活躍し、チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリアの主要大会3冠に貢献した。 ▽エピソードの舞台となるのは、モウリーニョ監督がレアル・マドリーで指揮を執っていた2013年のコンフェデレーションズカップ。ブラジル代表としてスペイン代表と決勝で対戦したジュリオ・セーザルは、3-0で勝利して大会ベストGK賞に輝き、試合後には当時マドリーに所属していた元スペイン代表GKイケル・カシージャス(現ポルト)とシャツを交換した。 ▽ジュリオ・セーザルは、“カシージャスの全ての功績に敬意を表す”ために同選手のユニフォームを着用。しかし、この行動が当時マドリーでカシージャスとの確執が報じられていたモウリーニョ監督の琴線に触れたようだ。 「ドレッシングルームに戻った時、モウリーニョから僕の携帯電話に送られたメッセージを開いたんだ」 「『お前はイカれてる。カシージャスがお前のユニフォームを着るべきなんだよ、お前じゃない』と書かれていたよ。おまけに、僕なら腕1本でカシージャスより止められるとも言われたね」 「イケル(・カシージャス)がドレッシングルームを訪れたから、モウリーニョと話し合うべきだと言ったよ。難しいことだけど、直視しないとね」 ▽モウリーニョ監督との親交を保ちつつ、カシージャスにもアドバイスを送ったジュリオ・セーザル。人間関係においても、その守備範囲は相当なものだ。 2018.04.20 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、クラシコでのアウェイ一般席に高額値段設定

▽バルセロナが、カンプ・ノウに押し寄せるレアル・マドリーファンに高額なチケットを販売しようとしているようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽バルセロナは、5月6日にリーガエスパニョーラ第36節でマドリーを本拠地カンプ・ノウに迎えて伝統の一戦“クラシコ”を戦う。リーガ優勝に手をかけているバルセロナにとっては、昨年末に行われ3-0の快勝を収めたサンティアゴ・ベルナベウでの“クラシコ”に続き、ライバルにダブルの屈辱を与えるべく臨む試合だ。 ▽無敗でのリーグ優勝を遂げる上で、最大の障害と目されているマドリー戦。そこでバルセロナは、試合に先駆けて勝負を仕掛けているようだ。 ▽伝えられるところでは、バルセロナはクラシコでのアウェイ用チケットに129ユーロ(約1万7000円)の価格を設定。これは、1450ユーロ(19万2000円)~2270ユーロ(約30万円)と高価格に設定されているVIP席とは別の一般用の値段だ。 ▽バルセロナサポーター向けの1年間使えるシーズンチケットの最安値が167ユーロ(約2万2000円)であることを考慮すると、いくら“クラシコ”が屈指の人気カードであるとはいえ、1試合の一般料金が約1万7000円というのは、ライバルに向けた敵意の表れだとも解釈できるだろう。 2018.04.20 16:25 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA会長がマドリー対ユベントスの疑惑のPKに言及...「VARがあっても判定は変わらなかった」

UEFAのアレクサンデル・チェフリン会長が、先の試合で結果に大きな影響を及ぼしたジャッジに言及した。<br><br>チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦レアル・マドリー対ユベントスの一戦で、マドリーは終了間際にMFルーカス・バスケスが相手DFメディ・ベナティアに倒されてPKを獲得。これをFWクリスティアーノ・ロナウドが沈め、2試合合計スコア4-3でラウンド突破を決めた。<br><br>だが試合後、あのPKについては議論が巻き起こっている。チェフリン会長はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で自身の見解を示した。<br><br>「VARがあっても判定は変わらなかった。あのプレーを、20回くらい見た人もいるだろう。私は50回くらい見直したよ。あれはPKだったと主張する人が半分、もう半分はPKではなかったと考えているだろう」<br><br>ジャッジを激しく批判したユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンのコメントについては、次のように話している。<br><br>「ブッフォンの発言は正しくなかった。あれは言うべきではなった。だが、あの試合でプレーした選手のフラストレーションは分かる。93分に失点した際の失望感は理解できるものだ」<br><br>審判団の選定に関しては、一貫した姿勢を示している。<br><br>「監督が選手を決めるようなものだ。勝利するためにベストメンバーを送り出す。しかし、実際には逆の現象が起きたりする。その時、責任は誰にあるのか。彼らはUEFAに多大な貢献をしてきた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 00:20 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース