トルコでプレー続けるアデバヨール「夢はバロンドール受賞。実現可能性のあることだ」2018.01.02 13:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)に所属するトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール(33)は、バロンドール獲得の夢を諦めていない。トルコ『ヒュッリイェト』に語った内容を、スペイン『アス』が伝えた。

▽アーセナルやマンチェスター・シティ、レアル・マドリーといったビッグクラブで活躍した大型ストライカーのアデバヨールは、昨年1月末にフリートランスファーでイスタンブールBBに加入。今シーズンはここまで公式戦20試合9ゴールと、結果を残している。

▽トルコ・スーパーリーグでプレーを続け、現在もコンディションを維持するアデバヨール。彼の現在の夢は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが二分する、最高の選手に与えられる栄誉、“バロンドール受賞”にあると語った。

「アーセナルとレアル・マドリーでプレーすることを夢見ていて、それは達成した」

「もしかしたら、バロンドールを獲得することも夢見られるかもしれない。それは実現可能性のあることだ」

「僕は、自身のキャリアについて本当には満足していない。でも不平を言うことはできないんだ。今も生きていて、夢を見続けることができるからね」

▽また、アデバヨールはこれまでのキャリアを回想。これまで指導を受けた監督の中で、最高の人物と最低の人物をそれぞれ挙げた。

「接していて最悪だった監督は(マンチェスター・シティ時代の)ロベルト・マンチーニだよ。彼のトレーニング方法は決して好きになれない」

「最高だった監督は(レアル・マドリー時代の)ジョゼ・モウリーニョ。彼は比類なき情熱を持っている」

コメント

関連ニュース

thumb

W杯MVPのモドリッチ、脱税を認める

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)に有罪判決が下った。スペイン『エル・ムンド』が報じた。 ▽モドリッチは、ルクセンブルクに設立した妻名義の会社を通じて、2013年から2年間で合計87万728ユーロ(約1億1000万円)におよぶ所得隠しの疑い。スペインでの税金逃れを働いたとされ、同国検察当局の告発を受けた。 ▽そうした中、モドリッチは脱税の事実を認め、禁錮8カ月の罪と脱税額40%にあたる34万8291ユーロ(約4600万円)の罰金を支払うことで、スペイン検察当局と合意。収監を避けるため、6万ユーロ(約800万円)も支払うという。 ▽先のロシア・ワールドカップ(W杯)でMVPを受賞するなど、さらにフットボールプレーヤーとしての存在価値を高めるモドリッチ。一刻も早くプライベートのいざこざを片付け、本業に集中できる環境を整えたいところだが…。 2018.09.23 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

一部主力温存のマドリーがアセンシオ弾でエスパニョールに辛勝《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、レアル・マドリーvsエスパニョールが22日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが1-0で勝利した。 ▽前節、敵地でアスレティック・ビルバオに引き分けリーガ開幕連勝ストップのマドリーだが、4連覇を目指すCLでは昨季ベスト4のローマを相手に3-0の圧倒的な内容で勝利しバウンスバックを果たした。リーガでの白星奪還を目指す今節は開幕から好調を維持する4位エスパニョールと対戦した。 ▽ロペテギ監督は今後の過密日程を睨み、ローマ戦から先発5選手を変更。GKをクルトワに戻したほか、休養を与えて招集外のクロースとカルバハルに代えてダニ・セバージョスとマドリーデビューのオドリオソラを起用。さらにベンチスタートのマルセロとベイルに代えてナチョとアセンシオを起用した。 ▽開始5分にイスコがファーストシュートを放つなど立ち上がりから試合をコントロールしていくマドリー。だが、ボックス付近までボールを運べるものの粘り強く守る相手を前になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。 ▽70パーセントを超えるボール支配率を見せるマドリーは最終ラインが度々相手陣内まで入り込むが、ややノッキング気味の攻撃は相手のロングカウンターを許す原因に。幾度か相手のカウンターをディフェンス陣の個の力で対応していた中、35分には2対2の数的同数からエルナン・ペレスにボックス内で決定機を許すが、ここは相手のシュートが甘くGKクルトワが何とかはじき出した。 ▽冷や汗をかいたマドリーだったが、前半終了間際にようやくゴールをこじ開ける。41分、ペナルティアーク付近でボールを持ったモドリッチからのパスが相手DF2人に当たってボックス左でフリーのアセンシオの足元へ。ここでアセンシオが左足を振り抜くと、ゴール右隅に決まった。ゴール直後オフサイドの判定が下されたものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、判定が覆りマドリーは前半のうちにリードを手にした。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽アセンシオのゴールで重圧から解き放たれたマドリーは後半立ち上がりに猛攻を見せる。48分には左サイドでセバージョスが縦に仕掛けて入れた低いクロスをゴール前のモドリッチがボレーで枠の左に飛ばすが、これは相手GKの好守に遭う。さらに右サイドのオドリオソラのスピードを生かした攻め上がりからボックス内のイスコらにフィニッシュのチャンスが訪れるが、打ち切れない。 ▽前半以上に押し込まれるエスパニョールは55分、ピアッティとダルデルを下げてビクトル・サンチェスとレオを同時投入。この選手交代をキッカケに相手陣内でのプレーを増やしていく。 ▽対するマドリーは60分過ぎにベンゼマ、セバージョスを下げてリーガ再デビューのマリアーノ、ルーカス・バスケスを続けて投入する。だが、65分にはセルヒオ・ラモスの不用意な横パスをボルハ・イグレシアスにブロックされてGKとのボックス内での一対一から決定的なループシュートを許す。だが、このシュートはクロスバーを叩き事なきを得た。さらに畳みかけるエスパニョールに押し込まれてボルハ・イグレシアス、ロカと枠内シュートを許す。 ▽後半半ばを過ぎると、試合は完全にオープンな展開に。73分にはイスコの左クロスをゴール前のセルヒオ・ラモスが頭で合わすが、これはGKの好守に遭う。79分にマドリーはイスコを下げて今季初出場となるマルコス・ジョレンテを投入。直後の81分にはカウンターからアセンシオに決定機もシュートは枠を大きく外れる。 ▽その後も行ったり来たりの試合展開の中、最終盤には追加点を狙わず、時間を進めるゲームプランを遂行したマドリーが最後の精度を欠くエスパニョールの反撃を凌ぎ切って1-0の辛勝。一部主力を温存し内容面に課題を残したマドリーだが、リーガで2試合ぶりの勝利を手にした。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

イスコの「S・ラモスがFK譲ってくれた」発言が物議醸す…フリーキッカーを決めるのはコーチ陣or選手?

レアル・マドリーMFイスコの「セルヒオ・ラモスがフリーキックを譲ってくれた」との発言が物議を醸している。<br><br>イスコは先のチャンピオンズリーグ、ローマ戦(3&minus;0)で直接フリーキックからゴールを記録。その試合後にはS・ラモスからフリーキックを蹴る権利を与えられたと話した。<br><br>しかしながらこの発言は、スペインで物議を醸すものとなっている。スペインのラジオ局『オンダ・セロ』の番組では、フリーキッカーを選ぶのは選手とコーチ陣のどちらなのかが討論される事態となった。<br><br>その討論の中で、有名ジャーナリストのエンリケ・オルテゴ氏は「普通であれば、コーチ陣がペナルティエリア手前左や右、ペナルティーマークなどで、どの選手が蹴るべきかを指名する。選手が好き勝手に蹴るものではない」と主張している。<br><br>なおレアル・マドリーは、昨季までFWクリスティアーノ・ロナウドがほぼすべてのFKとPKを蹴っていたが、今季に入ってからS・ラモスがその役割を引き継いだ。選手もコーチ陣に劣らぬ権力を持つとされる、レアル・マドリーならではの物議と言えそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.23 01:13 Sun
twitterfacebook
thumb

今年も荒れる…? “マドリッド・ダービー”が反暴力委員会指定の高リスク試合に

▽スペインの反暴力委員会のミーティングが開かれ、マドリッド・ダービーが“高リスク試合”に指定されたようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽レアル・マドリーは29日、リーガエスパニョーラ第7節で本拠地サンティアゴ・ベルナベウにアトレティコ・マドリーを迎え、マドリッド・ダービーを戦う。『マルカ』によると、規模の大きいライバルクラブ同士のダービーということで、主にサポーター同士の衝突を反暴力委員会が警戒しているようだ。 ▽以前には、9月9日に開催されたインドア・フットボールのスーペル・コパの会場に、火器を伴って来場しようとした1人のファンが、3000ユーロ(約40万円)の罰金と12ヶ月の出入り禁止処分を受けることとなっていた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

最高の選手は? K・ボアテング「C・ロナウドこそ最高のお手本。メッシは…」

▽サッスオーロに所属する元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングが、サッカー界最高のプレーヤーについて語った。ドイツ『SPOX』のインタビューを、スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。過去10年間でバロンドールを5度ずつ獲得している両選手の“どちらが最高の選手か”という議論は、現代のフットボール界でお馴染みの話題となっている。 ▽K・ボアテングは、サッスオーロの一員としてセリエA第4節でユベントスと対戦。試合ではC・ロナウドが移籍後初ゴールを含む2得点を決め、ユベントスが2-1の勝利を収めていた。 ▽その試合にフル出場したK・ボアテングは、C・ロナウドこそ最高のお手本だと主張した。 「若いフットボーラーにとって、(クリスティアーノ・)ロナウドが世界ベストのはずだ」 「才能がありつつ最大限練習しているし、最高のお手本だよ」 「狂人のように働き、フットボールに関する全てに彼は情熱的だ」 「彼は常にベストであろうとする。あらゆること(記録)の1位になりたがっていて、(キャリアを)始めたばかりのプレーヤーは彼に注目するべきだよ。完璧なんだ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽一方で、メッシはそれすらも超えた存在であると、K・ボアテングは答えている。 「ロナウドはこの世界で起こること全てやってしまうが、この世界だけだ」 「この世界を超越して、最高は(リオネル・)メッシだ。信じられないほどだよ。彼がやっていることは、誰にもできないことだ」 「僕は彼がこの世界にいるとはみなしていないよ」 「ロナウドはこの世界を支配している。そして、メッシは全ての上に立つ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 14:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース