トルコでプレー続けるアデバヨール「夢はバロンドール受賞。実現可能性のあることだ」2018.01.02 13:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)に所属するトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール(33)は、バロンドール獲得の夢を諦めていない。トルコ『ヒュッリイェト』に語った内容を、スペイン『アス』が伝えた。

▽アーセナルやマンチェスター・シティ、レアル・マドリーといったビッグクラブで活躍した大型ストライカーのアデバヨールは、昨年1月末にフリートランスファーでイスタンブールBBに加入。今シーズンはここまで公式戦20試合9ゴールと、結果を残している。

▽トルコ・スーパーリーグでプレーを続け、現在もコンディションを維持するアデバヨール。彼の現在の夢は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが二分する、最高の選手に与えられる栄誉、“バロンドール受賞”にあると語った。

「アーセナルとレアル・マドリーでプレーすることを夢見ていて、それは達成した」

「もしかしたら、バロンドールを獲得することも夢見られるかもしれない。それは実現可能性のあることだ」

「僕は、自身のキャリアについて本当には満足していない。でも不平を言うことはできないんだ。今も生きていて、夢を見続けることができるからね」

▽また、アデバヨールはこれまでのキャリアを回想。これまで指導を受けた監督の中で、最高の人物と最低の人物をそれぞれ挙げた。

「接していて最悪だった監督は(マンチェスター・シティ時代の)ロベルト・マンチーニだよ。彼のトレーニング方法は決して好きになれない」

「最高だった監督は(レアル・マドリー時代の)ジョゼ・モウリーニョ。彼は比類なき情熱を持っている」
コメント
関連ニュース
thumb

CR7の友人マルセロ「レアルは世界最高の選手を失った」

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの移籍劇に「世界最高の選手を失った」と語った。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽2009年夏にマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリー入りして以降、圧倒的な攻撃センスで数々のタイトルに貢献してきたC・ロナウド。だが、今夏にレアル・マドリー退団を決め、新たな活躍の場としてユベントスに旅立った。 ▽マルセロはいちチームメイトとしてだけでなく、仲良しとしても知られたC・ロナウドについて次のように言及。「レアル・マドリーは常にレアル・マドリー」だと強調しつつ、C・ロナウドの流失による影響を認めた。 「クリスティアーノは元チームメイトであり、僕の友人だ。世界最高の選手が僕のチームからいなくなったことは明らかで、悲しく思っていることも事実さ」 「どんなチームでもクリスティアーノを欲しがる。でも、マドリーはこの先も常にマドリーであり続け、あらゆるポジションに最高の選手を獲得していくだろう」 2018.12.16 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴァラン「CWCは重要な大会」 レアル・マドリーは準決で鹿島と激突

▽レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァランがクラブ・ワールドカップ(CWC)3連覇に闘志を燃やした。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽レアル・マドリーは15日にホームで行われたリーガエスパニューラ第16節でラージョと対戦(1-0でレアル・マドリーが勝利)。内容こそ物足りなさを残したが、シーズン2度目のリーグ3連勝を飾り、その勢いのまま各大陸王者の集うCWCに参戦する。 ▽ヴァランはラージョ戦後、「前半に試合を決めるチャンスがあったけど、決め切れなかった。でも、チームとしてうまく戦い、重要な3ポイントを手にできたよ」とコメント。クラブW杯に向けても次のように語り、優勝に意欲を示した。 「僕らは情熱と高揚した気持ちを抱き、CWCに挑む。僕らにとって、あの大会は重要だ。ベストを尽くすよ」 ▽なお、ヨーロッパ王者としてCWCに臨むレアル・マドリーは準決勝から登場。そのベスト4では、アジア王者の鹿島アントラーズと激突する。 2018.12.16 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

元アトレティコのクルトワ、モドリッチのシメオネ非難に加勢「彼は人気集めのためにレアル批判する」

レアル・マドリーGKティボー・クルトワが、同MFルカ・モドリッチのアトレティコ・マドリー指揮官ディエゴ・シメオネ監督に対する非難に加勢した。<br><br>モドリッチは、レアル・マドリーがアトレティコより優遇されていることを示唆するような発言を繰り返してきたシメオネ監督について、「マドリー贔屓があったみたいな大衆主義に則った主張で、僕たちの成功の価値を下げようとするのはフェアじゃない」と発言していた。<br><br>そしてアトレティコに在籍していた過去を持つクルトワも、モドリッチに加勢。15日のリーガ・エスパニョーラ第16節ラージョ・バジェカーノ戦(1-0)終了後、シメオネ監督の一連の発言について次のような見解を示している。<br><br>「シメオネは自分のファンから人気を得るためにマドリーを批判する。マドリーが世界最高のクラブだから、いつも打撃を与えようとするんだ」<br><br>「全員の意見に敬意を持たなくてはならない。それぞれが個人的な意見を口にできるわけだから。ただ僕はあそこ(アトレティコ)に3年間在籍していたわけだけど、彼は世界最高のチームであるレアル・マドリーと争うとき、いつもファンの支持を得るような発言をするんだよ」<br><br>シメオネ監督は今年のザ・ベストの最優秀GKにクルトワが選ばれたことについて、「クルトワはマドリーに移籍して世界最高のGKとなった。彼が私のチームにいたとき、世界最高のGKの称号を得たのはケイロル・ナバスだったね&hellip;&hellip;」と語っていた。ベルギー代表GKは、この発言にも納得がいかないようだ。<br><br>「自分のケースで言えば、彼は僕がレアル・マドリーでプレーしていたからトロフィーを勝ち取ったと言った。でも、ワールドカップでプレーする僕はチェルシーの選手だったんだ。ザ・ベストは7月に投票が終わるけど、そのときにも僕はマドリーの選手じゃなかった」<br><br>「僕を過小評価するのはフェアじゃない。(アトレティコGKヤン・)オブラクだって偉大なGKで、もっと得票数を得るべきだったけど、でも多くの人間が投票するんだよ」<br><br>「攻撃を受けたと思ったか? 僕を攻撃するなら、本当に頑張らなければいけない。僕たちは別に不快でもないさ。このフットボールの世界がどういうものなのかも、自分がどんな功績を残したのかも、僕は理解している」<br><br>提供:goal.com 2018.12.16 10:20 Sun
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、レアル優遇を示唆し続けたシメオネに不快感「いつも僕たちを貶めようとする」

レアル・マドリーMFルカ・モドリッチは、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督に対して不快感を露わにしている。<br><br>シメオネ監督はこれまで、ライバルクラブであるレアル・マドリーが自分たちよりも優遇されていたり、優れた立場にあったりことを示唆するような発言を繰り返してきた。これまでレアル・マドリーの関係者は口をつぐんできたが、やはり快いものではなかったようだ。<br><br>クロアチア『Sportske Novosti』とのインタビューに応じたモドリッチは、シメオネ監督の一連の発言が、自分たちがつかんだ成功を歪曲させるようなものであり「フェアじゃない」との見解を示している。<br><br>「シメオネが自チームの選手こそが最高と固執することには全面的に同意する。でも、彼はいつもレアル・マドリーとその選手たちを貶める必要があるみたいだ。マドリーの成功を違う要因に置き変えるため、どんなチャンスも逃さない」<br><br>「僕はシメオネにも、アトレティコみたいに偉大なクラブの選手とファンにも敬意を持っている。ただチャンピオンズのアトレティコとの試合を含めた僕たちの成功について、彼がマドリー贔屓があったみたいな大衆主義に則った主張で、その成功の価値を下げようとするのはフェアじゃない」<br><br>なおシメオネ監督は、過去にレアル・マドリーに関して次のような発言をしてきた。<br><br>「レアル・マドリーはリーガのすべての良い選手を引っ張ってきて、その全員を擁しているわけだ。ほかは彼らに手が届かない」<br><br>「何節もこなしていくことで、彼らとの距離に気づくことになるんだよ」<br><br>「マドリー、バルサとの差? 予算差4億ユーロくらいだ」<br><br>「誰もがマドリーとバルサが上位にいなければならないと思っているようだ」<br><br>「リーガの審判について? なぜアトレティコがコパやリーガよりもチャンピオンズを勝ち取る可能性が高いのか、私はもう知っている」<br><br>「クルトワはレアル・マドリーに移籍してから、世界最高のGK(ザ・ベストの最優秀GK賞)となった。彼が私のチームにいたとき、世界最高のGKの称号を得たのはケイロル・ナバスだったね&hellip;&hellip;」<br><br>提供:goal.com 2018.12.16 08:35 Sun
twitterfacebook
thumb

負傷ベンゼマの決勝弾でマドリーがリーガ3連勝も乏しい内容でCWC鹿島戦に弾み付けられず《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第16節、レアル・マドリーvsラージョ・バジェカーノが15日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが1-0で勝利した。 ▽前節、ウエスカに競り勝ってリーグ戦連勝を飾った4位のマドリー(勝ち点26)は、今節終了後にUAEで開催中のFIFAクラブ・ワールドカップに向かう。19日に鹿島アントラーズとの準決勝が行われるため、19位のラージョ(勝ち点10)をホームに迎えるこの一戦では主力を温存したいところ。しかし、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)でCSKAモスクワ相手に0-3の惨敗を喫しており、ファンの怒りを鎮めるうえで格下相手の大勝が求められた。そして、ソラーリ監督は負傷のカゼミロ、ベイルに代わってマルコス・ジョレンテ、ルーカス・バスケスを起用した以外、現状のベストメンバーを起用した。 ▽試合前にモドリッチがバロンドールを初お披露目するなど祝賀ムードのベルナベウでスタートした自治州ダービー。戦前の予想通り、ホームのマドリーが相手を押し込んでいく。すると13分、ボックス手前右でボールを持ったバスケスからの丁寧なスルーパスに反応したベンゼマがゴール右から冷静に右足のシュートをゴール左に流し込んだ。 ▽幸先良く先制に成功したマドリーだが、試合を落ち着かせられない。ゴール直後にはマルセロのサイドを簡単に破られて危険なクロスを許すと、16分にはエンバルバの右CKをゴール前フリーのベラスケスに頭で合わせられるが、これは枠の左に外れた。 ▽課題の守備面を補うために追加点がほしいマドリーは16分にクロースのスルーパスに完璧に抜け出したアセンシオがGKと一対一になるが、ここはシュートコースが甘くGKの好守に遭う。その直後には波状攻撃からボックス右のバスケスが無人のゴールへシュートを蹴り込むが、相手DFの身体を張ったブロックに阻まれた。 ▽時間の経過と共にマイボールの時間を増やして主導権を掴んだマドリーは遅攻と速攻を交えた仕掛けで追加点に迫っていく。36分にはボックス手前でベンゼマの丁寧な落としに反応したクロースが左足の強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 ▽1点リードで試合を折り返したマドリーは後半も立ち上がりに決定機を創出。50分、ボックス右で強引に仕掛けたモドリッチがマイナスに折り返すと、これをフリーのアセンシオが左足でシュート。しかし、ここは果敢な飛び出しでコースを狭めたGKのビッグセーブに遭う。 ▽その後、2枚替えを敢行して攻勢に出るラージョに対してゲームコントロール優先の試合運びを見せるマドリーは65分にクロースのFKからセルヒオ・ラモスがヘディングでゴールネットを揺らすが、これはオフサイドの判定で認められず。 ▽決定機こそ相手に与えていないものの後半もなかなか試合を決める2点目が奪えないマドリーは71分にアセンシオを下げてダニ・セバージョス、78分には足を痛めたベンゼマに代えてヴィニシウスをピッチに送り込む。試合最終盤は割り切って時間を使う姿勢を見せたが、91分には相手のロングボールからアレグリア、ベラスケスにゴール前で続けて決定的な枠内シュートを許すが、ここはGKクルトワのビッグセーブとDFカルバハルのゴールカバーに救われ、試合はこのままタイムアップ。 ▽3試合連続クリーンシートで年内のリーガ最終戦を勝利で飾ったマドリーだが、乏しい試合内容にベンゼマの負傷が重なり、CWC準決勝の鹿島戦に向けて弾みを付けることはできなかった。 2018.12.16 04:25 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース