公式戦9試合ぶり失点もディバラが“右足”でドッピエッタのユベントスが首位ナポリを追走《セリエA》2017.12.31 06:42 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは30日、セリエA第19節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。

▽前節ローマとの大一番をベナティアやGKシュチェスニーといった元ローマ勢の活躍で1-0と勝利した2位ユベントス(勝ち点44)は、首位ナポリを1ポイント差で追う中、ピャニッチやクアドラードが負傷欠場となった一方、ディバラがリーグ戦4試合ぶりに先発となった。

▽前々節ミランに完勝した19位ヴェローナ(勝ち点13)に対し、ユベントスは開始6分にあっさり先制する。ディバラが相手選手のパスをカットしてショートカウンターに転じると、パスを受けたケディラがイグアインへ。ボックス右から右足を振り抜いたイグアインのシュートは右ポストに直撃するも、ルーズボールをゴールエリア左のマテュイディが押し込んだ。

▽続く11分にもイグアインのミドルシュートでゴールに迫ったユベントスがハーフコートゲームを展開すると、19分にはイグアインが直接FKで追加点に迫っていく。前半半ば以降もユベントスが主導権を握ると、40分に決定機。ボックス左ゴールライン際から折り返したアレックス・サンドロのマイナスクロスをイグアインがシュート。しかし、GKニコラスの守備範囲に飛んでしまい、1点のリードでハーフタイムに入った。

▽迎えた後半、ベンタンクールに代えてベルナルデスキを右サイドに投入したユベントスは、[4-3-2-1]からフラットな[4-4-2]に変更。そのユベントスは58分にベルナルデスキがオンターゲットを記録した。

▽しかし直後の59分、マテュイディのパスをカセレスにカットされると、中央からカセレスにミドルシュートを打たれ、ゴール左に決められた。

▽カセレスの古巣弾で公式戦9試合ぶりの失点を喫したユベントスは、70分にCKからキエッリーニが際どいヘディングシュートを浴びせると、72分に勝ち越した。ボックス右深くからのリヒトシュタイナーのクロスにディバラが右足ボレーで合わせた。

▽さらに77分、キエッリーニのパスを受けたディバラが中央をドリブルで持ち上がってボックス中央へ侵入。右足でシュートを流し込んで3-1と突き放した。

▽その後もディバラの直接FKでゴールに迫ったユベントスがヴェローナの反撃を許さずに3-1で勝利。首位ナポリを1ポイント差で追走している。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、ピャニッチ売却の移籍金でミリンコビッチ=サビッチ獲得を画策

▽ユベントスは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)を売却し、ラツィオからセルビア代表MFミリンコビッチ=サビッチ(23)の獲得を画策しているようだ。『プレミアムスポーツ』が報じている。 ▽セリエA屈指のプレーメーカーであり、FKの名手として知られるピャニッチには、現在バルセロナやチェルシー、マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンなど多くのビッグクラブが関心を寄せている。 ▽『プレミアムスポーツ』によれば、当初はピャニッチの引き留めを考えていたユベントスだが、獲得希望クラブから1億ユーロ(約130億円)の打診があった場合、交渉に応じる様子で現在は同選手との契約延長交渉をストップしているとのこと。 ▽また同紙は、ユベントスがピャニッチ売却の移籍金をセルビア代表MFミリンコビッチ=サビッチの獲得に充てると予想しており、ユベントスのジュゼッペ・マロッタGMがミリンコビッチ=サビッチについての会談を行うため、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長に連絡を取ったことを伝えている。 2018.07.24 00:01 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの水が合わないポグバ、C・ロナウド加入のユベントス復帰を希望

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、古巣ユベントス復帰を希望しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>これはポグバの代理人ミノ・ライオラ氏と親しい記者の情報だ。フランス代表のロシア・ワールドカップ優勝に貢献してその価値を示したポグバだが、2016年に加入したマンチェスター・ユナイテッドでは不満を抱え続けていたという。ジョゼ・モウリーニョ監督のプレースタイルは自身に適応するものではなく、今夏に退団に踏み切る考えのようだ。<br><br>ポグバが希望している移籍先は、FWクリスティアーノ・ロナウドが加入した古巣ユベントスの模様。ポグバはライオラ氏を通じて、すでにユナイテッドに移籍願望を伝えたようだが、ユナイテッドは移籍金1億1400万ユーロを支払ってユベントスから獲得した同選手の放出に難色を示しているとされる。<br><br>なおライオラ氏はバルセロナともコンタクトを取るなど、ユベントス以外の移籍先も探しているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 23:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ピャニッチ獲得へ…PSG、ラビオ+3000万ユーロのオファーか

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)獲得に向けて新たな策を講じる可能性があるようだ。『フットボールイタリア』が伝えている。 ▽セリエA屈指のプレーメーカーであり、FKの名手として知られるピャニッチ。現在バルセロナやチェルシー、マンチェスター・シティが関心を寄せている。そんな中、ピャニッチ自身はユベントスでのプレーを望んでおり、クラブ側も同選手に対して新契約を提示する準備を進めていることが伝えられている。 ▽ピャニッチ獲得へ関心を寄せるクラブの一つであるPSGだが、今回2018-19シーズン限りで同クラブとの契約が満了となるフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の譲渡と3000万ユーロ(約39億円)で獲得に動く可能性があるようだ。 ▽スペインメディアでは最近ラビオがバルセロナ移籍で個人間合意に達していることを報道。一方でピャニッチの代理人は同選手をユベントスから移籍させたい意向を持っていることが伝えられているが果たして…。 2018.07.23 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン入閣が濃厚のレオナルド氏、ユーベGMと接触…イグアイン移籍を巡り議論?

ミランへの入閣が囁かれている元ブラジル代表レオナルド氏が、FWゴンサロ・イグアイン獲得を目指し、ユベントスのジュゼッペ・マロッタGM(ゼネラルマネージャー)と連絡を取った。イタリア『スカイスポーツ』が22日、報じている。<br><br>ミランでは、昨年4月から中国人投資家リー・ヨンホン氏の下、チャイナマネーによるクラブ再建がスタートしたが、出資を受けていたアメリカのエリオット・ファンドに負債を返済できず、エリオットにミランの保有権が移っていた。<br><br>『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じているように、前体制からスポーツディレクター(SD)を務めていたマッシミリアーノ・ミラベッリ氏の解任が濃厚となっており、後任としてミランでプレー経験もあるレオナルド氏がテクニカル部門の責任者となる可能性が高い。この場合、イグアインのミラン移籍が近づくとみられる。<br><br>レオナルド氏はパリ・サンジェルマン時代にも、レアル・マドリーに所属していたイグアインの獲得を目指していた。当時は失敗に終わったが、FWクリスティアーノ・ロナウドを補強したばかりのユベントスでは、現在、余剰戦力になっており、イグアイン本人も移籍に同意したと伝えられている。<br><br>このため22日、レオナルド氏とマロッタGMの間で電話による話し合いの場がもたれ、イグアインの移籍について議論されたようだ。なおユーベは6000万ユーロ(約78億円)を要求しており、移籍金は高額だが、エリオットの資金力に加え、FWニコラ・カリニッチやFWアンドレ・シウヴァを放出すれば実現不可能ではないと分析される。今夏の移籍市場の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 15:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン復帰間近のレオナルド氏、最初の仕事はイグアインの獲得か!?

▽ミランが、ユベントスのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(30)の獲得に興味を示しているようだ。『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽『エリオット・マネジメント』が経営権を獲得したミランは、首脳陣にも新しい風を送りこむために、かつて鹿島アントラーズでもプレーしていた元ブラジル代表のレオナルド氏をテクニカルディレクターとして招へいする予定となっている。 ▽そんな中『スカイスポーツ・イタリア』によれば、ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEOからテクニカルディレクター就任のお祝いを電話で受けたレオナルド氏は、その際にイグアインについていくつか質問をしたようだ。 ▽現時点でミランは正式なオファーは提出していないが、クロアチア代表FWニコラ・カリニッチやポルトガル代表FWアンドレ・シウバなどの人員整理が終わり次第、正式オファーに乗り出す可能性もある。 2018.07.23 05:03 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース