本田圭佑がオレンジ・カウンティとの若手育成に関するパートナーシップ発表会見に登場「とても興奮している」2017.12.30 11:53 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パチューカの日本代表MF本田圭佑は29日、自身がプロデューサーを務めるSOLTILO FCとオレンジ・カウンティSCとのパートナーシップ発表会に出席した。オレンジ・カウンティが発表した。

▽先日、パートナーシップを結ぶことが発表されていたが、今回の発表会見で詳細が明かされ、アメリカにおける優れたユース年代育成コミュニティにオレンジ・カウンティを定着させること、オレンジ・カウンティだけでなく、その周辺の地域のアジア系アメリカ人コミュニティへ焦点を当てることが目的とのことだ。

▽オレンジ・カウンティは、南カリフォルニアのSOLTILO FCのネットワークでユース選手を提供すること。また、USLでプロとしてプレーするための直接的な経路を、5つのユースアカデミーに提供するとしている。

▽オレンジ・カウンティのGMであり、副会長のオリバー・ヴィース氏は「南カリフォルニアは、歴史的に観て、アメリカ代表とメジャーリーグ・サッカーの両方にとって最大の選手供給元だ」とコメント。「我々2つの組織は、約1200万人の人口を誇る地域で、ユース年代のタレントのための磁石となる。おそらくアメリカ国内のユース年代の選手の多くは、次のクリスチャン・プリシッチ、ランドン・ドノバン、本田圭佑を目指すだろう」と語った。

▽また、オレンジ・カウンティとSOLTILO FCは、プロとユースの両面でビジネスチャンスを得るため、日本企業やアジア企業との商業的なパートナシップを結成。さらに、毎年本田が参加するクリニックとユース年代のクラブトーナメントを開催。オレンジ・カウンティの本拠地である、グレートパークで開催される。第1回目の大会は、2018年7月15日、16日に予定されている。

▽会見に出席した本田も今回のパートナーシップ締結についてコメント。良いパートナーになると語った。

「オレンジ・カウンティのサッカー、そして今回のパートナーシップについてとても興奮している。僕たちは長い間、価値を共有できる正しいパートナーを探していた。そして、若い男女がピッチ内外でポテンシャルを最大限発揮できるような、サッカーが持つ力の共通のビジョンにコミットしている」

「今年の夏、僕はここに来てトレーニングをした。僕は、オレンジ・カウンティSCが完璧に一致することを見つけました」

▽なお、オレンジ・カウンティのテクニカルディレクターを務めるフランツ・ホーク氏は、ルイス・ファン・ハール監督のコーチングスタッフの1人として、バルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、アヤックス、オランダ代表でGKコーチを務めており、SOLTILO FCのユースチームは、ホーク氏が開発したオレンジ・カウンティと同じ戦術的なアプローチを採用することとなる。

コメント

関連ニュース

thumb

鈴木大輔フル出場のヒムナスティック、リーグ3戦無敗で12位に浮上!《リーガエスパニョーラ2部》

▽元日本代表DF鈴木大輔の所属するヒムナスティックは18日、リーガエスパニョーラ2部第17節延期分でオサスナと対戦し、2-0で勝利した。鈴木はフル出場している。 ▽リーグ2戦負けなし中の18位ヒムナスティック(勝ち点25)が、7位オサスナ(勝ち点35)のホームに乗り込んだ一戦。鈴木は9試合連続で先発入りを果たした。 ▽試合が動いたのは30分、自陣でボールを奪ったオタル・カカバーゼが中盤まで持ち上がり相手DFライン裏へロングパスを供給。これに反応したマヌエル・バレイロがワンタッチで飛び出したGKをかわすと、ゴール右からシュートを流し込み、ヒムナスティックが先制した。 ▽迎えた後半は、同点ゴールを狙うオサスナが立ち上がりから猛攻を仕掛け、ヒムナスティックが防戦一方の展開が続く。しかし、集中した守りでオサスナの攻撃を弾き返すヒムナスティックは試合終了間際に決定機を迎える。 ▽後半アディショナルタイム1分、自陣で相手のクロスをカットしたバレイロが素早く前線へ蹴り出すと、これに反応したアバロ・バスケスが飛び出したGKをかわしボックス手前まで侵攻。守備に戻った相手DFも冷静にかわしたA・バスケスは、無人のゴールにボールを流し込んだ。 ▽結局、試合は2-0のまま終了。リーグ3戦無敗のヒムナスティックは、12位に浮上した。 2018.01.19 05:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルティモネンセ、FW中島翔哉の後釜にシュツットガルトFW浅野拓磨をリストアップか

▽ポルティモネンセが、シュツットガルトに所属する日本代表FW浅野拓磨(23)の獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『A BOLA』が報じている。 ▽『A BOLA』によると、日本人FW中島翔哉やブラジル人FWパウリーニョの今冬での退団が現実味を帯びてきているポルティモネンセが、その後釜に日本を代表する快足アタッカーをリストアップしているようだ。 ▽2016年の夏にサンフレッチェ広島からアーセナルに完全移籍した浅野だが、労働許可が下りなかったこともあり、シュツットガルトにレンタル移籍。昨季はドイツ2部リーグで26試合4ゴールを記録し、クラブの1部昇格に貢献した。 ▽しかし、昨夏の移籍市場でも浅野がアーセナルでプレーするための労働許可は下りず、今季もシュツットガルトに残留。今季はここまでブンデスリーガ15試合に出場し1ゴールを記録していた。 2018.01.19 04:11 Fri
twitterfacebook
thumb

ストーク・シティ、アウグスブルクからギリシャ代表DFをシーズン終了までのレンタルで獲得

▽ストーク・シティは18日、アウグスブルクからギリシャ代表DFコスタス・スタフィリディス(24)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は今季終了までとなる。 ▽母国ギリシャの強豪PAOKでプロデビューしたスタフィリディスは、2012年の夏にレバークーゼンへ完全移籍で加入したもののレギュラーに定着できず、その後は古巣PAOKやフルアムへのレンタルを経験。 ▽2015年の夏に加入したアウグスブルクでは、在籍2年半で公式戦47試合に出場し5ゴール3アシストをマーク。今季はケガに悩まされ、ここまでリーグ戦2試合の出場にとどまっていた。 ▽また、U-17から各年代のギリシャ代表に選出されてきたスタフィリディスは、2012年9月にA代表デビューを飾ると、これまで22キャップを記録している。 2018.01.19 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

川島永嗣、無失点勝利に大きく貢献…最下位メスはここ5試合で4勝1分け

リーグ・アンで最下位となっている川島永嗣所属のメスが、今シーズンのリーグ戦4勝目を挙げた。<br><br>メスは17日、リーグ・アン第21節でサンテティエンヌと対戦。トマ・ディディヨンの負傷もあり、前半戦の終盤から正キーパーに定着している川島は7試合連続で先発した。試合はメスが前半のうちに2点をリードすると、後半にも1点を追加。3-0で完封勝利を飾っている。川島自身もビッグセーブでチームを救い、勝ち点3獲得に貢献した。<br><br>いまだ最下位となっているメスだが、公式戦ここ5試合は4勝1分け。残留圏内の17位リールとは勝ち点7差まで縮め、逆転残留への歩を進めている。<br><br>▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 10:36 Thu
twitterfacebook
thumb

イヘアナチョ2発で再試合制したレスターが4回戦進出! 岡崎は81分から途中出場《FAカップ》

▽レスター・シティは16日、キング・パワー・スタジアムで行われたFAカップ3回戦再試合でリーグ1(イングランド3部)のフリートウッド・タウンと対戦し、2-0で勝利した。この結果、レスターはリーグ1所属のピーターバラの待つ4回戦進出を決めた。なお、FW岡崎慎司は81分から途中出場した。 ▽敵地で行われた前回対戦で辛くもゴールレスドローに持ち込んだレスターは、先週末のリーグ戦でチェルシーと再びゴールレスドローに終わり、2戦連続ドロー中。ホームでのリターンマッチとなった今回のフリートウッド戦に向けては、チェルシー戦からドラゴビッチ、アマルテイ、マフレズを除く8選手を変更。岡崎は古巣対戦のヴァーディと共にベンチスタートとなり、スリマニとイヘアナチョが2トップを組んだ。 ▽前回対戦と同様に拮抗した展開が続く中、互いに崩しの精度を欠きなかなか決定機を作り出せない。 ▽互いにフィニッシュまで持ち込めない状況が続くが、28分にフリートウッドが鋭いカウンターからボックス手前中央でパスを受けたマカレニーが枠の右隅を捉えた絶妙なシュートを放つ。しかし、これはGKヤクポビッチが好守で凌ぐ。すると直後の32分にはボックス手前中央の好位置でFKを得たレスターがマフレズの正確な左足のキックでゴールに迫るが、ここは左ポストの外側を掠める。 ▽徐々に動きが出てきた試合はハーフタイムにかけてよりオープンに。37分にはフリートウッドが右サイドからの鮮やかな連係プレーでマイフリアのヒールパスをペナルティアーク付近のデンプシーが右足ダイレクトで狙うが、枠を捉えたシュートはGKヤクポビッチがワンハンドセーブではじき出す。 ▽すると、直後の43分にはレスターが自陣から入れたロングボールが相手DFのクリアミスを誘い、これを拾ったスリマニがゴール前に走り込むイヘアナチョへラストパス。最後はナイジェリア代表FWがGKとの一対一を制し、最高の時間帯に先制点を奪った。 ▽1点リードで試合を折り返したレスターは、後半も立ち上がりに決定機を作る。50分、ボックス手前左でボールを受けたイヘアナチョがゴール前に走り込むスリマニへ浮き球のパスを通す。これをスリマニがダイレクトボレーで合わすが、惜しくも枠の右に外れる。 ▽その後も試合をコントロールするレスターは相手に決定機を許さず、冷静に試合を進めていく。すると77分、ボックス右でマフレズの浮き球スルーパスに抜け出したイヘアナチョが飛び出した相手GKより早くボールをネットに流し込む。ここで副審が旗を上げて一度はオフサイドの判定となるが、今大会で採用しているビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証が行われると、この判定が覆りレスターのゴールが認められた。 ▽試合終盤の81分には殊勲のイヘアナチョ、マフレズを下げて岡崎、ヴァーディのレギュラーコンビをピッチに送り出したレスターは最後まで危なげなく試合を運び、2-0で勝利。格下フリートウッドとのリターンマッチをきっちり制したチームは、リーグ1所属のピーターバラが待つ4回戦進出を決めた。同日行われたその他の試合結果は以下の通り。 ◆FAカップ3回戦再試合結果 ▽1/16(火) レスター・シティ 2-0 フリートウッド・タウン マンスフィールド 1-4 カーディフ シェフィールド・ウェンズデイ 2-0 カーライル ウェストハム 1-0 シュルーズベリー レディング 3-0 スティヴネイジ 2018.01.17 06:48 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース