本田圭佑がオレンジ・カウンティとの若手育成に関するパートナーシップ発表会見に登場「とても興奮している」2017.12.30 11:53 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パチューカの日本代表MF本田圭佑は29日、自身がプロデューサーを務めるSOLTILO FCとオレンジ・カウンティSCとのパートナーシップ発表会に出席した。オレンジ・カウンティが発表した。

▽先日、パートナーシップを結ぶことが発表されていたが、今回の発表会見で詳細が明かされ、アメリカにおける優れたユース年代育成コミュニティにオレンジ・カウンティを定着させること、オレンジ・カウンティだけでなく、その周辺の地域のアジア系アメリカ人コミュニティへ焦点を当てることが目的とのことだ。

▽オレンジ・カウンティは、南カリフォルニアのSOLTILO FCのネットワークでユース選手を提供すること。また、USLでプロとしてプレーするための直接的な経路を、5つのユースアカデミーに提供するとしている。

▽オレンジ・カウンティのGMであり、副会長のオリバー・ヴィース氏は「南カリフォルニアは、歴史的に観て、アメリカ代表とメジャーリーグ・サッカーの両方にとって最大の選手供給元だ」とコメント。「我々2つの組織は、約1200万人の人口を誇る地域で、ユース年代のタレントのための磁石となる。おそらくアメリカ国内のユース年代の選手の多くは、次のクリスチャン・プリシッチ、ランドン・ドノバン、本田圭佑を目指すだろう」と語った。

▽また、オレンジ・カウンティとSOLTILO FCは、プロとユースの両面でビジネスチャンスを得るため、日本企業やアジア企業との商業的なパートナシップを結成。さらに、毎年本田が参加するクリニックとユース年代のクラブトーナメントを開催。オレンジ・カウンティの本拠地である、グレートパークで開催される。第1回目の大会は、2018年7月15日、16日に予定されている。

▽会見に出席した本田も今回のパートナーシップ締結についてコメント。良いパートナーになると語った。

「オレンジ・カウンティのサッカー、そして今回のパートナーシップについてとても興奮している。僕たちは長い間、価値を共有できる正しいパートナーを探していた。そして、若い男女がピッチ内外でポテンシャルを最大限発揮できるような、サッカーが持つ力の共通のビジョンにコミットしている」

「今年の夏、僕はここに来てトレーニングをした。僕は、オレンジ・カウンティSCが完璧に一致することを見つけました」

▽なお、オレンジ・カウンティのテクニカルディレクターを務めるフランツ・ホーク氏は、ルイス・ファン・ハール監督のコーチングスタッフの1人として、バルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、アヤックス、オランダ代表でGKコーチを務めており、SOLTILO FCのユースチームは、ホーク氏が開発したオレンジ・カウンティと同じ戦術的なアプローチを採用することとなる。

コメント

関連ニュース

thumb

ドイツ2部ケルン、昨季デュッセルドルフ1部昇格の立役者・宇佐美貴史獲得を検討か

▽ブンデスリーガ2部のケルンが、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の獲得に興味を抱いているようだ。ドイツ『エキスプレス』が伝えている。 ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、昨季リーグ戦28試合8ゴール3アシストでブンデスリーガ2部制覇と1部昇格に貢献した宇佐美。同選手の引き留めを目指すデュッセルドルフだが、アウグスブルクが要求する300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いに難色。交渉の行き詰まりが取り沙汰され、撤退の可能性も伝えられている。 ▽今回伝えられるところによると、ケルンが宇佐美獲得を検討。移籍交渉が行われていたかは定かではないが、アウグスブルクのスポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏が、ケルンのキャンプ地に訪れて、ケルンのスポーツディレクターであるアルミン・フェー氏と1時間半の会談を行っていたことも伝えている。 2018.07.17 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

日本の金狼に再び豪州行きの噂

▽日本代表FW本田圭佑(32)にオーストラリア行きの可能性が再び浮上した。オーストラリア『SBS』が報じた。 ▽今年6月に契約満了でパチューカを退団した本田。代表キャリアの集大成に位置付けたロシア・ワールドカップ(W杯)が終わり、今後の動向に注目が集まっている。 ▽その日本の金狼に対して様々な憶測が飛び交う中、オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリーが改めて関心。数百万ドルのマーキー選手として獲得を希望しているという。 ▽ロシアW杯後、日本代表キャリアの終焉を明かした本田。果たして、新天地はどこになるのだろうか。 2018.07.16 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スウォンジー、3部降格のサンダーランドからU-21スウェーデン代表FWを獲得

▽スウォンジー・シティは14日、サンダーランドからU-21スウェーデン代表FWジョセル・アソロ(19)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年までの4年間となる。 ▽2015年に母国スウェーデンのブロマポイカルナからサンダーランドの下部組織に入団したJ・アソロは、2016年の夏にトップチームに昇格。2016-17シーズンの第2節ミドルズブラ戦でプレミアリーグデビューを飾ったが、その後は出場機会を得られず。 ▽チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格した昨季は、リーグ戦26試合に出場し3ゴール2アシストを記録。しかし、クラブは24位で終え、30年ぶりにリーグ1(イングランド3部)への降格が決まっていた。 ▽また、各年代のスウェーデン代表に選出されてきたJ・アソロは、2016年9月に弱冠17歳でU-21スウェーデン代表デビュー。これまで11試合に出場し3ゴールを記録している。 2018.07.15 00:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ベティスDFバルトラ、乾貴士を歓迎! 元同僚・香川真司に「心配いらないよ」

▽ベティスに所属するスペイン代表DFマルク・バルトラが、日本代表MF乾貴士(30)の加入を歓迎している。 ▽6月にベティス移籍が決定していた乾は、今月12日に在日スペイン大使館で入団会見を実施。来シーズンに向けての抱負を語り、着用が決定した背番号「14」のユニフォーム姿を披露した。 ▽入団会見終了後、乾貴士はツイッター(@takashi73784537)を更新。それをチームメイトになるバルトラ(@MarcBartra)が引用リツイートをして歓迎した。また、バルトラのドルトムント時代の同僚である日本代表MF香川真司にもメッセージを送っている。※絵文字省略 ◆乾貴士 「入団会見してきましたー!! 大勢の方に来て頂きました!! ありがとうございましたー!! 背番号は14番です よーし、頑張ろう!!!」 ◆マルク・バルトラ 「言っていることはわからないけど、ようこそクラック! シンジ(香川真司)心配いらないよ。僕が彼の面倒を見るからね」 2018.07.12 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「今まで顔を指さされたりすることはなかったが…」W杯で大活躍の乾貴士、周囲の反応の変化を実感

▽ベティス入団会見を行った日本代表MF乾貴士が、ロシア・ワールドカップ(W杯)による周囲の反応の変化について明かした。 ▽エイバルで2017-18シーズンは34試合5得点2アシストの成績を収めた乾貴士は、6月にベティス移籍が正式決定。そんな中で臨んだロシアW杯では2ゴールの活躍を披露し、日本のベスト16入りに貢献した。 ▽国内外で多くの称賛を受けた乾は12日にベティス入団会見に出席。そこで行われたトークセッションで「W杯後の周囲の反応の変化」について問われ、W杯の影響力を感じていることを明かしている。 「今までは顔を指さされたりすることはなかったですけど、電車に乗る度に指さされますし、プールに行く度に盗撮されます(笑) 子どもの運動会に行くと、子どもたちが寄ってきてくれたりします。ワールドカップの影響というのはすごく感じています」 2018.07.12 19:15 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース