ロシアW杯に出場するセルビア、暫定監督のクルスタイッチ氏を正指揮官に任命2017.12.30 02:26 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルビア・サッカー協会(FSS)は29日、暫定指揮官のムラデン・クルスタイッチ監督(43)を正式に同国代表の監督に据えることを発表した。

▽ロシア・ワールドカップ欧州予選をアイルランド代表やウェールズ代表、オーストリア代表らが同居したグループを首位で通過して3大会ぶりにメジャー大会出場を果たしたセルビアだが、10月30日に功労者のスラヴォルユブ・ムスリン監督を電撃解任していた。

▽ムスリン監督の解任を受けてアシスタントコーチを務めていたクルスタイッチ氏が暫定監督に昇格していたが、ロシアW杯に向けて正式任命の運びとなった。

▽クルスタイッチ監督は現役時代、シャルケやブレーメンなどでセンターバックとして活躍。指導者転向後は2016年からセルビア代表のアシスタントコーチを務めていたのみで監督は初挑戦となっている。

▽セルビアはロシアW杯ではグループEに入り、ブラジル代表、スイス代表、コスタリカ代表と対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

CL最年少出場GKスヴィラールがセルビア代表選択へ! ロシアW杯で最年少出場GKの可能性も

▽ベンフィカに所属するGKミル・スヴィラール(18)が、来年3月のインターナショナルウィークにセルビア代表のフル代表に招集されるようだ。ポルトガル『A bola』が伝えている。 ▽アンデルレヒトの下部組織出身のスヴィラールは、今年8月にベンフィカへ加入。今夏マンチェスター・シティへ移籍した昨シーズンの正GKであるブラジル代表GKエデルソンの背番号1を背負う期待の若手は、先月14日に行われたタッサ・デ・ポルトガル3回戦のオリャネンセ戦でトップチームデビューを果たした。 ▽さらに、同月19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、18歳と52日でCLデビューを果たし、ポルト所属の元スペイン代表GKイケル・カシージャスがレアル・マドリー時代に打ち立てた18歳と118日のGK最年少出場記録を更新した。 ▽そのCLの舞台では、2試合連続で不運な形で失点に絡んだ一方、PKストップや幾つかの好守を披露するなど、巨大なポテンシャルの片鱗を披露したスヴィラールは、生まれ故郷のベルギーとルーツがあるセルビアの二重国籍を持っている。アンダー年代ではベルギー代表としてプレーしていたが、フル代表は自身のルーツがあるセルビア代表を選択する見込みだ。 ▽セルビアサッカー協会は、11月のインターナショナルウィークでの招集を考えていたものの、ベルギーサッカー協会との折衝がうまく運ばなかったため、来年3月のインターナショナルウィークでスヴィラールを招集することになる。 ▽なお、すでにロシア・ワールドカップ本大会出場を決めているセルビアでは、通算76キャップのベテランGKウラジミール・ストイコビッチが守護神を務めているものの、ベンフィカでの成長次第でスヴィラールが出場機会を得る可能性は十分にある。 ▽現在、W杯本大会出場の可能性があるイタリア代表のGKジャンルイジ・ドンナルンマより半年ほど若いスヴィラールは、仮にW杯で出場のチャンスを得れば、CLに続いて最年少出場GKとなる。 2017.11.07 14:48 Tue
twitterfacebook
thumb

首位をキープしたセルビアが2大会ぶり2度目のW杯出場《ロシアW杯欧州予選》

▽セルビア代表は9日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI最終節でジョージア代表とのホーム戦に臨み、1-0で勝利した。この結果、セルビアの2大会ぶり2度目のW杯出場が決まっている。 ▽前節オーストリア代表戦を2-3と敗れて今予選初黒星を喫した首位セルビア(勝ち点18)が、5位ジョージア(勝ち点5)をホームに迎えた一戦。勝利すれば2大会ぶり2度目のW杯出場となるセルビアは、オーストリア戦のスタメンから4選手を変更。ナスタシッチやガシノビッチらに代えてリャイッチやマクシモビッチらがスタメンとなった。 ▽引き続き[3-4-3]を採用したセルビアは3バックに右からイバノビッチ、マクシモビッチ、D・トシッチと配置。3トップの最前線にミトロビッチ、2シャドーにリャイッチとタディッチを据えた。 ▽慎重な入りを見せたセルビアは、17分にピンチ。グビージャのミドルシュートが枠の右隅に飛んだが、GKストイコビッチがセーブした。 ▽引き続きポゼッションするものの、リスクを冒さないセルビアは、39分に最初のチャンス。リャイッチのスルーパスに反応したタディッチがゴールエリア左に侵入してシュート。しかし、GKの好守に阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始3分にグデリがミドルシュートを浴びせて積極的な入りを見せたセルビアは、54分に決定機。右CKでショートコーナーを使うと、ボックス右のタディッチが左足でクロス。これをファーサイドのミトロビッチがヘディングで合わせるも、GKのファインセーブに阻まれた。 ▽さらに59分、右CKからイバノビッチが際どいヘディングシュートを浴びせたセルビアは、70分にもゴールに近づく。右CKのルーズボールをマティッチがシュート。しかし、枠を捉えていたシュートはゴールライン前のDFにカットされた。 ▽それでも74分、セルビアが待望のゴールをこじ開ける。ロングカウンターに転じてイバノビッチが持ち上がり、ルーズとなったボールをミトロビッチが拾ってボックス右に侵入。その折り返しを途中出場のプリヨビッチがスライディングで押し込んだ。 ▽終盤にかけても危なげなく試合を進めたセルビアが1-0のまま逃げ切り。2大会ぶり2度目のW杯出場を決めている。 2017.10.10 06:14 Tue
twitterfacebook
thumb

オーストリアとのシーソーゲームに敗れたセルビア、W杯出場は最終節の結果次第に《ロシアW杯欧州予選》

▽セルビア代表は6日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループD第9節でオーストリア代表とのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。 ▽首位セルビア代表(勝ち点18)が、敗退の決まっている4位オーストリア代表のホームに乗り込んだ一戦。残り2試合で1勝すれば2大会ぶり2度目のW杯出場を決められるセルビアは、[3-4-3]の布陣を採用し、マティッチやコラロフ、イバノビッチらが先発となった。 ▽一進一退の攻防で立ち上がった中、セルビアは7分にピンチ。アルナウトビッチのパスを受けたボックス左のカインツにGKと一対一の局面を作られてしまう。しかし、シュートコースが甘くGKストイコビッチがセーブした。 ▽すると、助かったセルビアは11分に先制する。左クロスのルーズボールを拾ったミリボイェビッチがペナルティアーク右付近から右足を一閃。これがゴール左隅に決まった。 ▽その後、14分にバックラインの連係ミスからダンソに決定的なシュートを許すも枠を外れて助かったセルビアだったが、25分に失点する。ダンソの浮き球パスでディフェンスライン裏を取ったブルクシュタラーにボックス内に侵入され、GKとの一対一を制された。 ▽同点とされたセルビアは34分、コラロフのFKからイバノビッチのヘディングシュートがバーを掠めるも、主導権を握りきれない。ハーフタイムにかけてブルクシュタラーやカインツにボックス内からGKを強襲されるシュートを浴びせられ、ひやりとさせられた中、前半を1-1で終えた。 ▽迎えた後半、セルビアが積極的な入りを見せたものの、オーストリアがゴールに近づいていく。まずは58分、カインツのスルーパスに抜け出したアルナウトビッチがGKと一対一に。しかし、再三の好守を見せるストイコッビがここでもセーブした。続く63分にはグリリッチュのミドルシュートが枠の右上を捉えたが、GKストイコッビがファインセーブで立ちはだかる。 ▽それでも76分、オーストリアが押し切った。シャーブが中央を持ち上がって前方右へパス。ブルクシュタラーがすかさず中へ折り返し、アルナウトビッチが押し込んだ。 ▽ついに失点したセルビアは終盤の83分、ミトロビッチに決定機。しかし、ボックス内からの枠内シュートはGKリンドナーのビッグセーブに阻まれた。それでも直後の右CKからルーズボールをマティッチが押し込んでセルビアが試合を振り出しに戻した。 ▽ところが89分、右サイドからシャーブが左足で入れたクロスにアルナウトビッチが合わせにかかると、そのままボールがゴールに吸い込まれ、オーストリアが3-2と勝ち越し。これが決勝点となってオーストリアが勝利した。 ▽痛恨の敗戦を喫したセルビアは最終節、2位ウェールズ代表に1ポイント差に迫られた中、ジョージア代表とのホーム戦でW杯出場を懸けた大一番に臨む。 2017.10.07 06:14 Sat
twitterfacebook
thumb

10人のセルビアが敵地でアイルランドとの首位攻防戦制す! 辛勝ウェールズが2位浮上《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループD第8節の3試合が5日に行われた。 ▽2位アイルランド代表(勝ち点13)と首位セルビア代表(勝ち点15)による首位攻防戦は、アウェイのセルビアが1-0で勝利した。 ▽前節、最下位モルドバに快勝して無敗と首位をキープしたセルビアは、イバノビッチやコラロフ、マティッチら重鎮を起用し、やや守備的なメンバー構成で敵地での一戦に臨んんだ。一方、格下ジョージア相手に痛恨のドローとなったアイルランドは、3戦連続ドローと足踏みが続く中、ホームでセルビアとの大一番に臨んだ。 ▽立ち上がりからオープンな攻防が繰り広げられた中、開始10分にアイルランドが名手ブレイディのプレースキックの流れからダフィがネットを揺らすが、これはオフサイドの判定。その後もロングやウォルタースを起点に出足鋭い守備からカウンターを繰り出すアイルランドは、ロングらに決定機が訪れるが、これを決め切れない。 ▽すると、時間の経過とともにセルビアが押し返していくと、後半立ち上がりの55分に先制点が生まれる。右サイドでの仕掛けから中央のコスティッチに横パスが通ると、ワンテンポ溜めたコスティッチがボックス右に走り込むコラロフに丁寧なラストパスを供給。これをコラロフが左足の強烈なシュートでGKの腕を弾き飛ばしてゴールネットに突き刺した。 ▽コラロフの2戦連続ゴールで均衡を破ったセルビアだったが、68分に最終ラインを完璧に破られると、ダリル・マーフィーを後方から倒したDFマクシモビッチが決定機阻止と判断され、一発レッドで退場に。 ▽この緊急事態を受けて、前線を削ってセンターバックを入れるなど、逃げ切りを図るセルビアは試合終盤にアイルランドの決死の猛攻に晒されるが、GKストイコビッチがマーフィーやクリスティーらの決定機を冷静に凌ぎ切り、敵地で1-0の勝利。白熱の首位攻防戦を制したセルビアが本大会出場に一歩前進した。 ▽同日行われた最下位モルドバ代表(勝ち点2)と、3位ウェールズ代表(勝ち点11)の一戦は、アウェイのウェールズが2-0で勝利した。 ▽上位2チームが直接対決で潰しあう中、最下位相手にきっちり勝ち点3を獲得したいウェールズは、エースのベイルやラムジー、ジョー・アレン、ウィリアムズなど、現状のベストメンバーを先発で起用した。 ▽完全に引いた相手に対して攻勢を仕掛けるものの、アタッキングサードでの崩しのアイデアやフィニッシュの精度を欠くウェールズはゴールレスで試合を折り返す。流れを変えたいコールマン監督は60分過ぎに前節決勝点を決めた神童ウッドバーン、巨漢FWボークスを投入してゴールをこじ開けにかかる。 ▽すると、この交代策が完璧にハマる。80分、左サイドを突破したウッドバーンからの絶妙なクロスをゴール前に飛び込んだロブソン=カヌがダイビングヘッドで流し込み、ようやく先制点を奪う。さらに試合終了間際の93分にはロングボールをボークスが頭で落とすと、ボックス手前でこれに反応したラムジーが右足でシュート。これがDFに当たって絶妙なコースに飛び、試合を決める追加点が入った。格下相手に苦しみながらもきっちり勝ち切ったウェールズが、アイルランドを抜いて2位に浮上した。 ▽また、4位のオーストリア代表(勝ち点8)と5位のジョージア(勝ち点4)の一戦は、1-1のドローに終わった。 ◆ロシアW杯欧州予選グループD第8節結果 ▽9/5(火) アイルランド 0-1 セルビア モルドバ 0-2 ウェールズ オーストリア 1-1 ジョージア 2017.09.06 06:36 Wed
twitterfacebook
thumb

コラロフ弾などで3発完勝のセルビアが首位キープ《ロシアW杯欧州予選》

▽セルビア代表は2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループD第7節でモルドバ代表とのホーム戦に臨み、3-0で完勝した。 ▽ここまで3勝3分けで首位に立つセルビア(勝ち点12)が、2分4敗の最下位モルドバ(勝ち点2)をホームに迎えた一戦。 ▽マティッチやコラロフ、タディッチにコスティッチら主力がスタメンに名を連ねたセルビアが立ち上がりから主導権を握ると、8分にグデリが、12分にミトロビッチがミドルシュートでGKを強襲していく。そして20分、先制点を奪いきる。左サイドからのコラロフのクロスをコスティッチがシュート。DFにブロックされたルーズボールをボックス内のガシノビッチがダイレクトで蹴り込んだ。 ▽さらに30分、タディッチのスルーパスでボックス右に進入したガシノビッチの折り返しをファーサイドのコラロフが押し込んで、セルビアがリードを広げる。そのまま主導権を握り続けたセルビアが前半を2点リードして終えた。 ▽迎えた後半も危なげない試合運びを見せたセルビアがモルドバを押し込んでいくと、63分にイバノビッチが強烈なミドルシュートでゴールに迫る。 ▽さらに72分にはボックス右に侵入したイバノビッチがマイナスのクロスを折り返して途中出場のリャイッチが合わせる決定機を迎えるも、シュートを枠の上に外してしまう。 ▽それでも81分、セルビアが決定的な3点目を奪う。左サイドに流れたコスティッチのクロスをミトロビッチが泥臭く合わせてゴールへ流し込んだ。 ▽このまま3-0で完勝したセルビアが、グルジア代表に引き分けた2位アイルランど代表との勝ち点差を2に広げている。 2017.09.03 02:55 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース