ロシアW杯に出場するセルビア、暫定監督のクルスタイッチ氏を正指揮官に任命2017.12.30 02:26 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルビア・サッカー協会(FSS)は29日、暫定指揮官のムラデン・クルスタイッチ監督(43)を正式に同国代表の監督に据えることを発表した。

▽ロシア・ワールドカップ欧州予選をアイルランド代表やウェールズ代表、オーストリア代表らが同居したグループを首位で通過して3大会ぶりにメジャー大会出場を果たしたセルビアだが、10月30日に功労者のスラヴォルユブ・ムスリン監督を電撃解任していた。

▽ムスリン監督の解任を受けてアシスタントコーチを務めていたクルスタイッチ氏が暫定監督に昇格していたが、ロシアW杯に向けて正式任命の運びとなった。

▽クルスタイッチ監督は現役時代、シャルケやブレーメンなどでセンターバックとして活躍。指導者転向後は2016年からセルビア代表のアシスタントコーチを務めていたのみで監督は初挑戦となっている。

▽セルビアはロシアW杯ではグループEに入り、ブラジル代表、スイス代表、コスタリカ代表と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

フルアムFWミトロビッチがセルビア年間最優秀選手賞を受賞

▽セルビアサッカー連盟(FSS)は17日、フルアムのFWアレクサンダル・ミトロビッチ(24)を2018年の同国最優秀選手に選出したことを発表した。 ▽大型ストライカーのミトロビッチは2018年、31ゴールを記録。1月に加入したフルアムで12ゴールを挙げてプレミアリーグ昇格に貢献し、今季のプレミアリーグでは7ゴールを決めている。 ▽セルビア代表としてはロシア・ワールドカップでのスイス代表戦でゴールを決め、UEFAネーションズリーグ2018-19では6ゴールを挙げて、リーグBへの昇格に貢献していた。 2018.12.18 03:05 Tue
twitterfacebook
thumb

後半の4発でセルビアが快勝、リーグB昇格《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグC・グループ4のセルビア代表vsリトアニア代表が20日に行われ、4-1でセルビアが快勝した。 ▽勝利すればリーグB昇格が決まる首位セルビア(勝ち点11)が、リーグDへの降格が決まっている全敗の最下位リトアニア(勝ち点0)をホームに迎えた一戦。 ▽地力に勝るセルビアが立ち上がりから押し込む展開としたものの、全くシュートに持ち込めず、まさかの苦戦を強いられてしまう。すると29分、ボックス右への侵入を許したペトラヴィチウスのシュートでゴールを脅かされる。 ▽ひやりとしたセルビアは34分、右サイドからのFKをマクシモビッチがヘディングで合わせるもシュートはわずかに枠の右に外れ、低調な前半をゴールレスで終えた。 ▽出来の悪かった前半を受けてガシノビッチに代えてプリヨビッチを投入したセルビアは迎えた後半開始6分に先制する。右CKでジブコビッチがインスウィングの鋭いボールを蹴ると、相手選手のオウンゴールを誘った。 ▽さらに58分、右サイドからのジブコビッチの左足インスウィングのクロスボールをミトロビッチが打点の高いヘディングシュートで押し込んで加点。 ▽その後、64分にペトラヴィチウスにゴールを許したセルビアだったが、71分にすかさず突き放す。再びジブコビッチの右サイドからのクロスをプリヨビッチが頭で流し込んだ。 ▽さらに74分、リャイッチのループシュートも決まったセルビアが終わってみれば4-1で快勝。リーグBへの昇格を決めている。その他、リーグBへの昇格を果たしたのはフィンランド、ノルウェー、スコットランドとなった。 2018.11.21 06:47 Wed
twitterfacebook
thumb

セルビアがモンテネグロとの元同国対決を制して首位キープ《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグC・グループ4、セルビア代表vsモンテネグロ代表が17日に行われ、2-1でセルビアが勝利した。 ▽先月行われたUNL2戦目のモンテネグロ戦を勝利し、同3戦目のルーマニア代表戦を引き分けた首位セルビア(勝ち点8)は、マティッチやコラロフ、タディッチらが先発となった。 ▽一方、先月のセルビア戦を落とし、UNL3戦目のリトアニア代表戦を勝利した2位モンテネグロ(勝ち点7)は、ヨベティッチやサビッチが負傷で不在の中、ラツィオの主力であるマルシッチが先発となった。 ▽[4-2-3-1]を採用したセルビアは、中盤2列目に右からタディッチ、リャイッチ、ガシノビッチ、最前線にミトロビッチを据えた。 ▽そのセルビアがボールを保持する展開となるも、シュートに持ち込めずにいると、19分にディフェンスライン裏を突かれたムゴサにボックス内からの枠内シュートを許してしまった。 ▽それでも30分、セルビアが順当に先制した。タディッチのロングスルーパスに抜け出したリャイッチがGKとの一対一を制した。さらに2分後、左サイドをオーバーラップしたコラロフの鋭いクロスをニアのミトロビッチがボレーで合わせてネットを揺らし、リードを広げた。 ▽さらに37分、ボックス内のマティッチがシュートに持ち込もうとしたところでスチェキッチに倒されてPKを獲得。しかし、キッカーのミトロビッチはチップキックシュートを枠の上に外し、3点目とはならない。 ▽セルビアが2点をリードして迎えた後半、立ち上がりにコラロフの直接FKでモンテネグロを脅かしたセルビアは、59分にミトロビッチがFKにヘディングで合わせてネットを揺らすも、オフサイドに阻まれる。 ▽その後もセルビアが試合をコントロールする流れが続いたが、モンテネグロが1点差に詰め寄る。70分、ボックス内でパスをつなぎ、最後はムゴサが蹴り込んだ。 ▽ここからモンテネグロの攻勢を許したセルビアだったが、1点のリードを保って逃げ切り。首位をキープしている。 ▽なお、セルビアはこのあと行われるルーマニア代表vsリトアニア代表でルーマニアが勝利を逃すと、首位が確定しリーグBへの昇格が決まることになる。 2018.11.18 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

“ポピー”を着けられないマティッチがユナイテッド浮上のカギ/編集部コラム

▽日本名では「虞美人草(ぐびじんそう)」や「雛芥子(ひなげし)」と呼ばれる可憐な花。ヨーロッパ原産のケシ科の植物は「ポピー」の名で知られている。 ▽プレミアリーグを観る方やこの時期にイギリスへ行ったことがある方は、ユニフォームや監督の胸元に「ポピー」の花が飾られるのを目にしたことがあるだろう。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181106matic_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽11月11日は、イギリスでは“Remembrance Day(リメンブランス・デイ)”という記念日である。1918年11月11日の11時に第一次世界大戦の戦闘が集結し、イギリス国王のジョージ5世が定めた記念日。「戦没者追悼の日」とも言われ、今年で100年を迎えることになる。 ▽この日が近づくと、プレミアリーグのピッチには多くのポピーの花が咲く。日本で言うところの、「赤い羽根」に近いだろうか。選手たちだけでなく、一般の方も地下鉄の駅などでは募金をするとポピーの花がもらえるのだ。 ▽そんな中、週末に行われたプレミアリーグでは1人の選手の胸にポピーの花がなかった。それは、マンチェスター・ユナイテッドに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチだ。 ▽かつてはチェルシーでプレーしたマティッチは、2017-18シーズンからかつての師であるジョゼ・モウリーニョ監督の下でプレーしている。そのマティッチは、3日に行われたボーンマス戦に先発出場。90分間プレーした。 ▽ユナイテッドの中盤を支えるマティッチだが、イギリスで通例となっているポピーの花をユニフォームにつけない理由がある。それは、自身が少年期に経験した戦争を思い出してしまうからだという。自身のインスタグラム(nemanjamatic)で明かした。 「僕にとっては、1999年にセルビアの爆撃によって母国が荒廃していた。個人的には、恐怖を抱いた12歳の少年のように、ヴレロに住んでいるような個人的な感情を思い出してしまうんだ」 ▽マティッチの故郷は、旧ユーゴスラビアのシャバツ。現在のセルビア西部に位置する都市だ。旧ユーゴスラビアでは、1998年からコソボ紛争が勃発。そして、翌1999年にNATO軍によって空爆が行なわれた。 ▽第一次世界大戦の終結を記念して定められた“リメンブランス・デイ”。そして、戦没者の象徴とされる「ポピー」を身につけることは、空爆を体験をしているマティッチには難しいことのようだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181106matic_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チェルシー同様に、ユナイテッドでもフィルター役を務めるマティッチ。鋭いタックルで相手を封じ、バイタルエリアで壁となるマティッチは、気の利いたプレーでチームを支える。そして、そのプレースタイル同様に、自身の考えを押し付けることはなかった。 「人々がなぜポピーを身につけているのかは十分に理解している。僕はみなさんの権利を完全に尊重するし、紛争のために愛する人を失った人には同情する」 ▽マティッチは、自身が「ポピー」を身につけていない理由を明かす前に、しっかりと戦没者へと敬意を払った。それもまた、空爆を経験しているからだろう。戦争で愛する人を失った人々の悲しみを理解しているからだ。そして続けた。 「これまで僕が行ってきたことを考えると、ユニフォームにポピーを着けることが正しいとは思わない」 「イギリスの誇りの象徴であるポピーを傷つけたり、誰かを怒らせたりはしたくない。ただ、僕たちはそれぞれの育ち方をしているし、示した通り、僕個人の選択だ」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181106matic_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽誠実に、そして自身の考えをしっかりと説明したマティッチ。その投稿には、多くの反応があり、誠実な対応をしたマティッチへの称賛のコメントも残されている。 ▽マティッチといえば、決して裕福ではない故郷のヴレロでも英雄的な存在。地元の小学校に修繕費を支援したり、苦しんでいる人々の借金を肩代わりしたり、「いたわり」「思いやり」の心をもって活動を行なっている。 ▽苦しいシーズンスタートとなったユナイテッドだが、モウリーニョ監督の腹心であるマティッチの誠実さ、思いやりのあるプレーは、チームに安定感をもたらせ、必ずやチームを浮上させるカギとなるだろう。そして、マティッチもそれを望んでいるようだ。 「僕が説明した理由をみんなが理解してくれることを願っている。そして、僕はこの先に待つ試合でチームをサポートすることに集中できる」 ▽「ポピー」の花言葉は「いたわり」「思いやり」。さながら、中盤でチームのバランスを取りながらプレーし、相手のことを考えて行動し、多くの支持を受けるマティッチを表しているようだ。「ポピー」を着けられなくとも、その心にはポピーの花が咲いているのかもしれない。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.11.06 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月21日は、ファーディナンドと共に鉄壁なCBコンビを形成した元セルビア代表の屈強DF

◆ネマニャ・ヴィディッチ 【Profile】 国籍:セルビア 誕生日:1981年10月21日 現役時代ポジション:DF 身長:194㎝ 体重:88㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月21日は、元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチ氏だ。 ▽ツルヴェナ・ズヴェズダ下部組織出身のヴィディッチ氏は、2000年にレンタル先のスパルタク・スボティツァでプロデビュー。復帰後はレギュラーポジションを確保し、20代前半ながらキャプテンに。2004年1月に加入したスパルタク・モスクワで評価を高め、2006年1月にマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を勝ち取った。 ▽プレミアリーグにもすぐさま順応すると、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドとのコンビで2007-08シーズンのプレミアリーグ優勝、チャンピオンズリーグ制覇に貢献。クラブ・ワールドカップではガンバ大阪戦との準決勝で先制点を奪うなどの活躍で、クラブ・ワールドカップ優勝も経験した。その後はリーグ3連覇や2年連続のCL決勝進出に導くなど、リーグ屈指のDFとして名を馳せた。 ▽2014年3月にはインテルに活躍の場を移した。しかし、背中や腰の負傷により、これまでのような活躍は見せられず。2016年1月に現役引退を発表した。2006年にデビューを飾ったセルビア代表では36試合のキャップ数を記録。2010年には南アフリカ・ワールドカップにも出場した。 ※誕生日が同じ主な著名人 福田健二(元サッカー選手) エンリケ・イラーリオ(元サッカー選手) アルシンド(元サッカー選手) 大島涼花(アイドル/元AKB) 中間淳太(アイドル/ジャニーズWEST) 松田洋昌(お笑い芸人/ハイキングウォーキング) 渡辺謙(俳優) 2018.10.21 08:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース