ロシアW杯に出場するセルビア、暫定監督のクルスタイッチ氏を正指揮官に任命2017.12.30 02:26 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルビア・サッカー協会(FSS)は29日、暫定指揮官のムラデン・クルスタイッチ監督(43)を正式に同国代表の監督に据えることを発表した。

▽ロシア・ワールドカップ欧州予選をアイルランド代表やウェールズ代表、オーストリア代表らが同居したグループを首位で通過して3大会ぶりにメジャー大会出場を果たしたセルビアだが、10月30日に功労者のスラヴォルユブ・ムスリン監督を電撃解任していた。

▽ムスリン監督の解任を受けてアシスタントコーチを務めていたクルスタイッチ氏が暫定監督に昇格していたが、ロシアW杯に向けて正式任命の運びとなった。

▽クルスタイッチ監督は現役時代、シャルケやブレーメンなどでセンターバックとして活躍。指導者転向後は2016年からセルビア代表のアシスタントコーチを務めていたのみで監督は初挑戦となっている。

▽セルビアはロシアW杯ではグループEに入り、ブラジル代表、スイス代表、コスタリカ代表と対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:セルビア 0-2 ブラジル《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE最終節、セルビア代表vsブラジル代表が27日にスパルタク・スタジアムで行われ、0-2でブラジルが勝利した。この結果、ブラジルが首位で決勝トーナメント進出を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽セルビア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180628_15_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストイコビッチ 6.0 2失点もネイマールのシュートを再三止めた DF 2 ルカビナ 5.5 ネイマールの動きを制限し、何度か攻撃参加も図った 15 ミレンコビッチ 5.5 ヴェリコビッチと息が合わない場面も 13 ヴェリコビッチ 5.0 ラインコントロールに難があった。失点場面も彼が空けたエリアを突かれる 11 コラロフ 5.5 ウィリアンのスピードをケア MF 10 タディッチ 6.0 キープ力を生かしてタメを生み、ルカビナの攻撃参加を促した 20 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0 これまでのトップ下から1列下がってプレー。さほど攻撃に絡めず 22 リャイッチ 5.0 カゼミロの前に沈黙 (→ジブコビッチ -) 21 マティッチ 5.0 チアゴ・シウバのマークを外して失点に関与。今大会は本来のパフォーマンスを出せず 17 コスティッチ 5.5 縦へのドリブル突破でアクセントを付ける (→ラドンジッチ -) FW 9 ミトロビッチ 5.0 相手2センターバックに潰された (→ヨビッチ -) 監督 クルスタイッチ 5.5 ブラジル相手に真っ向勝負を挑んだが、決定力に違いがあった ▽ブラジル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180628_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.5 難しいシュートは飛んでこなかった DF 22 ファグネル 5.5 コスティッチの対応に集中 2 チアゴ・シウバ 6.5 61分のピンチを防ぎ、勝負を決める追加点を奪った 3 ミランダ 6.0 チアゴ・シウバと共にミトロビッチを封じる 12 マルセロ - 10分に脳震とうの影響か交代 (→フィリペ・ルイス 5.5) タディッチの対応に全力を注いだ MF 15 パウリーニョ 6.5 らしい飛び出しで先制ゴール 5 カゼミロ 6.5 鋭いボールへの寄せでセルビアの攻撃の芽をつぶす 11 コウチーニョ 6.5 パウリーニョへ絶妙パスを通す。好調を維持 FW 19 ウィリアン 5.5 何度か縦への仕掛けで牽制 9 ガブリエウ・ジェズス 5.5 過去2戦に比べればシュートに持ち込めるシーンが増えてきた 10 ネイマール 6.0 ストイコビッチに阻まれたが、動きは悪くない 監督 チッチ 6.5 カウンターからゴールを重ねるブラジルらしい試合運びで快勝 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! チアゴ・シウバ(ブラジル) ▽多くの選手が高パフォーマンスを見せていたが、大きなピンチを防ぎ、試合を決めるヘディングシュートを叩き込んだチアゴ・シウバを選出。 セルビア 0-2 ブラジル 【ブラジル】 パウリーニョ(前36) チアゴ・シウバ(後23) 2018.06.28 05:02 Thu
twitterfacebook
thumb

パウリーニョ&チアゴ・シウバ弾のブラジルがセルビアに快勝で首位通過《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE最終節、セルビア代表vsブラジル代表が27日にスパルタク・スタジアムで行われ、0-2でブラジルが勝利した。この結果、ブラジルが首位で決勝トーナメント進出を果たした。 ▽コスタリカ代表戦を勝利して白星スタートとしたセルビアは、続くスイス代表戦を1-2と逆転負けし、自力でグループステージを突破するためには勝利が必要となった。そのセルビアはスイス戦のスタメンから3選手を変更。イバノビッチ、D・トシッチ、ミリボイェビッチに代えてリャイッチ、ルカビナ、ヴェリコビッチを起用した。 ▽一方、スイス戦を引き分け、2戦目のコスタリカ戦を追加タイムの2ゴールで辛勝したブラジルは、引き分け以上で決勝トーナメント進出となる。そのブラジルはコスタリカ戦と同様のスタメンで臨んだ。 ▽共にハイプレスをかけ、球際に激しくぶつかり合う展開で立ち上がっていった一戦。そんな中8分、ブラジルにアクシデント。マルセロが脳震とうの影響かプレーを止め、フィリペ・ルイスとの交代を強いられた。 ▽ボールが落ち着かないハイテンポな主導権争いが続く中、25分にブラジルに決定機。ジェズスがボックス左で仕掛けてルーズとなったボールをネイマールが左足でシュート。しかし、GKストイコビッチの好守に阻まれた。さらに29分、ネイマールのスルーパスに抜け出したジェズスがボックス左に侵入。だが、シュートは戻ったDFにブロックされた。 ▽徐々にブラジルが流れを引き寄せると、36分にバルセロナコンビで先制する。コウチーニョの浮き球パスに反応したパウリーニョがディフェンスライン裏に抜け出し、飛び出したGKの鼻先でボールに触って一対一を制した。 ▽スイスが先制していたことで、勝利するしかないセルビアが前がかるも、カゼミロを軸とするブラジルの鋭い攻守の切り替えの前にチャンスは生み出せず、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽迎えた後半、集中した守備からカウンターを狙うブラジルが主導権を握ると、57分にそのロングカウンターから追加点に迫る。コウチーニョのスルーパスを受けたネイマールがボックス左に侵入。シュートに持ち込んだが、再びGKストイコビッチに阻まれた。 ▽すると61分、セルビアに同点のチャンス。右サイドからの攻撃でルカビナがクロスを入れると、GKアリソンが弾いたルーズボールがミトロビッチの前へ。ミトロビッチはすかさずダイビングヘッドで押し込みにかかったが、ゴール前のチアゴ・シウバにカットされた。 ▽攻勢に出るセルビアがさらに65分、ミトロビッチのヘディングシュートでゴールに迫るも、68分にブラジルがリードを広げる。ネイマールの左CKをニアサイドのチアゴ・シウバがヘッドで叩き込んだ。 ▽さらに71分、フィリペ・ルイスのボレーシュートでGKストイコビッチを強襲したブラジルが終盤にかけては余裕を持って試合を進めていく。結局、選手交代も虚しく足の止まったセルビアは反撃に転じられずに0-2で敗戦。3位でグループステージ敗退に終わった。 ▽一方、勝利したブラジルは首位通過とし、決勝トーナメント1回戦でグループF2位のメキシコと対戦することとなった。 2018.06.28 05:01 Thu
twitterfacebook
thumb

【W杯グループE最終節プレビュー】決勝T進出を懸けた3位セルビアvs首位ブラジルの大一番、スイスは敗退コスタリカと対戦

◆順位表(第2節終了時点) 1. ブラジル 4pt、1勝、1分、0敗、3得点 1失点、+2 2. スイス 4pt、1勝、1分、0敗 3得点 2失点、+1 3. セルビア 3pt、1勝 0分、1敗、2得点 2失点、0 4. コスタリカ 0pt、0勝、0分、2敗 0得点 3失点、-3 ※勝ち点で並んだ場合、得失点差、総得点、当該対決の戦績、反則ポイントの順で順位が決定 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE最終節が27日27:00に行われる。決勝トーナメント進出を懸けた3位セルビア代表vs首位ブラジル代表と、勝利でベスト16進出となるスイス代表が敗退の決まっているコスタリカ代表と対戦する。 ◆チーム情報:ブラジルは引き分けでも突破 ▽まずはセルビアvsブラジルの大一番から。初戦でコスタリカを下したセルビアは、2戦目のスイス戦をミトロビッチのヘッド弾で先制しながらも守りに入り過ぎたこともあって、試合終盤の90分にシャキリに逆転ゴールを許して痛恨の逆転負けを喫してしまった。引き分けた場合、スイスがコスタリカに敗れることがセルビアの突破条件となるため、スイス戦の敗戦が大きく響く格好となっている。 ▽一方、初戦でスイスに引き分け、2戦目のコスタリカ戦を後半追加タイムの2ゴールで辛勝したブラジルは、引き分けでも突破が決まる。過去2戦は徹底的に守られたが、セルビアが前に出なければならないことを考えると、ブラジルとしては戦いやすい展開となりそうだ。 ◆注目選手:タディッチvsマルセロ ▽ゴールが必要なセルビアとしては、コスタリカ戦、スイス戦と攻め手となっていた右サイドのタディッチに期待したい。キープ力とドリブルに魅力のあるレフティーは、今大会のセルビアにおいて攻撃の核となっている存在。右サイドでタメを作って攻撃を組み立てるのが形となっているセルビアなだけに、ブラジル戦でも彼の働きが鍵を握る。 ▽一方のブラジルとしては引き分けでも良いため、まずは守備から入り、得意のカウンターに持ち込みたい。そこで相手の攻撃の要であるタディッチを潰せるかがポイントとなるため、マッチアップするマルセロに注目したい。過去2戦では無謀な攻撃参加をせず、守備もしっかりこなしているマルセロだが、痺れる大一番でもバランス感覚を失わずに自身のエリアを守り切ることはできるか。 ◆セルビア予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupE3_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆ブラジル予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupE3_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ◆チーム情報:引き分けでもスイス突破<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupE3_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽続いてスイスvsコスタリカ。初戦のブラジル戦を引き分けに持ち込み、続くセルビア戦を先制されながらもジャカの豪快ミドル弾と、シャキリの終了間際弾で値千金の逆転勝利を飾ったスイスは、引き分けでも2大会連続での決勝トーナメント進出となる。 ▽一方、セルビア戦、ブラジル戦と守護神ナバスを軸とした堅守で善戦しながらも惜敗して敗退が決まったコスタリカは、せめてゴールを挙げて今大会を終えたいところだ。 ◆注目選手:ジャカのゲームコントロール ▽引き分けでも良いスイスとしては無理に前がからずバランスを崩さないことが重要となってくる。そこで鍵を握るのが中盤センターに位置するコントロールタワーのジャカだ。セルビア戦では豪快な左足ミドル弾を叩き込んだジャカは、長短のパスでゲームを落ち着かせられる存在。シンプルにボールを捌いてリズムを与え、シュートで終わるシンプルな攻撃でコスタリカのカウンターを許さないようにしたい。 ▽一方のコスタリカはやはり守護神のナバスのビッグセーブに引き続き注目がいくところだが、ゴールが欲しいだけにこのチームのエースであるルイスに期待したい。ブラジル戦では一定のキープ力を見せて左サイドでポイントを作ったルイスだが、スイス相手に今大会初ゴールを奪えるか。 ◆スイス予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupE3_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆コスタリカ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupE3_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆最終節 ▽6/27 《27:00》 セルビア vs ブラジル スイス vs コスタリカ 2018.06.27 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

鷲パフォのシャキリ&ジャカら、罰金のみで出場停止処分なし! セルビア側にも罰金処分

▽双頭の鷲を表現したゴールパフォーマンスで問題視されていたスイス代表MFジェルダン・シャキリとMFグラニト・ジャカ、DFシュテファン・リヒトシュタイナーへの処分が決定したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦でブラジル代表と引き分けたスイスは、22日にセルビア代表と対戦。セルビアに先制点を許したものの、52分のジャカ、90分のシャキリのゴールで逆転勝利を収めた。そんな中、両選手がゴールを決めた際に魅せた両腕をクロスさせるパフォーマンスに政治的な意味があるとして問題視されていた。 ▽シャキリとジャカは、共にアルバニアにルーツを持つ選手。迫害を受けた歴史的背景のあるセルビアとの一戦だったことを受け、アルバニア国旗に描かれる双頭の鷲を表現したとみられた。 ▽一部報道ではそんな両選手に対して、罰金に加えて2試合の出場停止処分が科される可能性が伝えられていた。しかし、今回『BBC』が伝えるところによると、国際サッカー連盟(FIFA)が科した処分は罰金のみ。ジャカとシャキリには1万スイスフラン(約110万円)、シャキリのゴールの際に釣られて同パフォーマンスをしたとされるリヒトシュタイナーに5000スイスフラン(約55万円)の罰金が科された。 ▽一方でセルビア側にも今回の一件に関して処分が。セルビアサッカー協会(FSS)スラビサ・コケーザ会長とセルビア代表のムラデン・クルスタイッチ監督には試合後のコメントに問題があったとして5000スイスフラン(約55万円)、サポーターによる差別的バナーの掲揚やピッチ内に物を投げ入れる行為があったとして、FSSに54000スイスフラン(約590万円)の罰金が科されている。 2018.06.26 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

FIFA、シャキリ&ジャカの鷲パフォなど数件を調査へ

▽国際サッカー連盟(FIFA)がロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節のセルビア代表vsスイス代表(2-1でスイス代表が勝利)の一件を受けて調査を開始した。 ▽1つ目は、MFジェルダン・シャキリと、MFグラニト・ジャカのスイス代表選手による両手で双頭の鷲を表現したゴールパフォーマンス。政治的な意味があるとし、問題視されている。 ▽シャキリとジャカは、共にアルバニアにルーツを持つ選手。迫害を受けた歴史的背景のあるセルビアとの一戦だったことを受け、アルバニア国旗に描かれる双頭の鷲を表現したとみられる。 ▽そして、セルビア人サポーターによる攻撃的かつ政治的な行為と、セルビア代表のムラデン・クルスタイッチ監督の試合後会見での主審に対する発言も調査の対象になっている。 2018.06.24 09:55 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース