ルリッチがボスニア・ヘルツェゴビナ代表を引退、W杯初出場に貢献2017.12.29 23:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラツィオのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFセナド・ルリッチ(31)が29日、同国代表からの引退を発表した。ルリッチが自身のフェイスブックで語っている。

「この決断は決して一夜でしたわけではない。愛するボスニア・ヘルツェゴビナのユニフォームを脱ぐわけだからね。でも、別れを告げる時が来た。家族らと考えに考えて代表からの引退を決めた」

「これまで代表のために身を粉にしてきた。莫大な愛と時間を費やしてきた代表からの引退を発表するのは本当に重いことなんだ」

「代表では良いことも悪いこともあった。キャリアで最高の瞬間はブラジル・ワールドカップに出場できたことだね。一方で次のワールドカップへの出場を逃がしたことが辛い出来事となった。若い選手たちには僕らの過ちを繰りかえさないでもらいたい」

「それでも嬉しい思いもたくさんしたし、代表のためにベストを尽くしてきたから後悔はしていない。引退の決断は若手の力強さを感じ、新たな血を入れる必要があると思ったからだ。これまでの僕へのサポートと、共に戦ってくれたことに感謝している」

▽左サイドを主戦場にプレーするルリッチは、2008年6月に代表デビュー。57キャップを刻み、4ゴールを記録した。2014年ブラジル・ワールドカップでは同国史上初のW杯出場に貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

主力温存のスペイン、ブライス・メンデスの代表デビュー弾でボスニア・Hに辛勝《国際親善試合》

▽国際親善試合のスペイン代表vsボスニア・ヘルツェゴビナ代表が18日に行われ、1-0でスペインが勝利した。 ▽15日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)4戦目のクロアチア代表戦を劇的被弾で敗戦したスペインは、その試合からイスコとダニ・セバージョス以外の先発9人変更。モラタやスソ、アセンシオらを先発で起用した。 ▽一方、15日にUNL4戦目のオーストリア代表をドローで終え、リーグA昇格を決めたボスニア・Hは、ジェコやベシッチ、ズカノビッチらが先発となった。 ▽立ち上がりからポゼッションでボルニア・Hを大きく上回るスペインだが、相手の堅い守りの前に攻撃が停滞。なかなかシュートの形に持ち込めない時間が続くと、それぞれ枠内シュート1本の静かな前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、スペインは51分にジョニーを下げてアスピリクエタを投入。すると58分、ガヤのスルーパスでボックス左から侵入したアセンシオがシュート。相手GKの弾いたボールをゴール前のモラタが押し込むが、シュートは枠の上に大きく外れた。 ▽1点が遠いスペインは、59分にスソを下げてブライス・メンデス、64分にダニ・セバージョスとモラタを下げてフォルナルスとロドリゴを投入した。すると78分、ガヤの左クロスの流れたボールを味方が繋ぐと、これを受けたイスコがボックス手前からミドルシュート。これは相手GKに弾かれたが、最後はゴール前のブライス・メンデスが押し込んだ。 ▽結局、ブライス・メンデスの代表デビュー弾で逃げ切ったスペインが、ボスニア・Hに1-0で辛勝した。 2018.11.19 06:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ピャニッチが筋肉負傷で一足早くユーベに帰還、スペインとの親善試合を欠場

▽ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが負傷を受けて一足早くユベントスに帰還することになった。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ピャニッチは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグB・グループ3のオーストリア代表戦で先発。87分に交代していた。同メディアによれば足の筋肉を痛めたとのことだ。なお、オーストリア戦を0-0で引き分けたボスニア・Hはグループ首位を確定させ、リーグAへの昇格を決めている。そのボスニア・Hは18日にスペイン代表との国際親善試合を戦う予定となっている。 ▽代表ウィーク明け、ユベントスはセリエAでSPAL戦を戦った後、チャンピオンズリーグでバレンシアと戦うが、代えの利かないピャニッチを起用することはできるだろうか。 2018.11.17 00:12 Sat
twitterfacebook
thumb

ボスニア・HがリーグA昇格、オーストリアにゴールレスドロー《UEFAネーションズリーグ》

▽ボスニア・ヘルツェゴビナ代表は15日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ3の最終戦であるオーストリア代表戦を敵地で戦い、0-0で引き分けた。 ▽引き分け以上で首位が確定し、グループA昇格が決まる首位ボスニア・H(勝ち点9)は、ジェコとピャニッチの両主軸を先発で起用した。 ▽アラバやアルナウトビッチらを先発で起用してきた2位オーストリア(勝ち点3)に対し、自陣に引いて慎重に対応したボスニア・Hは、26分にチャンス。ヴィスチャがGKを強襲するシュートを浴びせ、直後の右CKからヴランジェのヘディングシュートが惜しくも枠の上に外れた。 ▽ハーフタイムにかけても守備を重点にオーストリアの攻撃を凌いだボスニア・Hがゴールレスで前半を終えた。 ▽後半序盤、アルナウトビッチのボレーシュートでゴールを脅かされたボスニア・Hは劣勢の入りを強いられるも、ジェコがミドルシュートで応戦すると、その後は前半同様、守備に重点を置いて凌いでいく。 ▽65分にはボックス左からのズカノビッチのシュートが枠を捉えるも、GKリンドナーの好守に阻まれる。それでも0-0で試合を終わらせたボスニア・Hが首位を確定させ、リーグA昇格を決めている。 2018.11.16 07:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェコがキャリア通算300ゴール達成! 北アイルランド戦で2発

▽ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(32)が15日に行われた北アイルランド代表戦でキャリア通算300ゴールを達成した。所属するローマの公式ツイッターが伝えた。 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナは15日にUEFAネーションズリーグ・リーグBグループ3の北アイルランド戦に臨み、2-0で快勝した。また、この試合で先発フル出場したジェコはチームを勝利に導く2ゴールを記録した。そして、先制点となった27分のゴールは同選手にとってプロキャリア通算300点目のゴールになった。 ▽母国のジェリェズニチャルでプロキャリアをスタートしたジェコは、チェコのテプリツェ、ウースティー・ナド・ラベム(レンタル)、ヴォルフスブルク、マンチェスター・シティを渡り歩き、2015年からローマでプレー。 ▽190cmを超える長身を生かした空中戦の強さに加え、抜群のコーディネーションから両足で繰り出す精確なシュートを武器に各国リーグでゴールを量産する世界屈指のストライカーだ。これまでブンデスリーガ、セリエA、ヨーロッパリーグ(EL)で得点王にも輝いている。 ▽また、2007年にデビューを飾ったボスニア・ヘルツェゴビナ代表では、ここまで通算96試合に出場し同国歴代最多の55ゴールを記録している。 ◆ジェコキャリア通算ゴール内訳(301ゴール) ▽クラブチーム マンチェスター・シティ 72ゴール ローマ 78ゴール ヴォルフスブルク 85ゴール テプリツェ 11ゴール ▽代表 ボスニア・ヘルツェゴビナ 55ゴール 2018.10.16 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ボスニア・ヘルツェゴビナ、今月のUEFAネイションズリーグに向けた招集メンバーを発表《UEFAネイションズリーグ》

▽ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(FSBiH)は1日、今月のUEFAネイションズリーグ2018-19と国際親善試合に臨む同国代表メンバー23名を発表した。 ▽UEFAネイションズリーグ(UNL)2018-19・リーグB・グループ3に属するボスニア・Hは先月8日に行われた初戦の北アイルランド代表戦に2-1で勝利。同11日に行われたオーストリア代表戦でも1-0と勝利し、グループ首位に立っている。 ▽ボスニア・Hを率いるロベルト・プロシネツキ監督は、GKケナン・ピリッチ(マリボル)に代えてGKアスミル・ベゴビッチ(ボーンマス)を招集した以外は、先月の招集メンバーと同じ26名を招集した。 ▽ボスニア・Hは、11日にアウェイでトルコ代表と親善試合を行い、15日にホームで北アイルランド代表とのUNLを行う。今回発表されたボスニア・Hのメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ボスニア・ヘルツェゴビナ代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;"> アスミル・ベゴビッチ</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">イブラヒム・シェヒッチ</span>(エルズルムスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">ヴェルダン・コセフスキ</span>(ジェリェズニチャル) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ダルコ・トドロビッチ</span>(ザルツブルク/オーストリア) <span style="font-weight:700;">エルダル・チビッチ</span>(スパルタ・プラハ/チェコ) <span style="font-weight:700;">オグジェン・ヴランジェ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ボージャン・ナスティッチ</span>(ヘンク/ベルギー) <span style="font-weight:700;">トニ・シュニッチ</span>(ディナモ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">エルミン・ビカクチッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">エルビン・ズカノビッチ</span>(ジェノア/イタリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">エルヴィス・サリッチ</span>(水原三星/韓国) <span style="font-weight:700;">ゴラン・ザカリッチ</span>(パルチザン/セルビア) <span style="font-weight:700;">ゴイコ・チミロット</span>(スタンダール・リエージュ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">デニ・ミロセビッチ</span>(コンヤスポル/イタリア) <span style="font-weight:700;">エディン・ヴィスチャ</span>(イスタンブールBB/トルコ) <span style="font-weight:700;">サニン・プルチッチ</span>(レバンテ/スペイン) <span style="font-weight:700;">モハメド・ベシッチ</span>(ミドルズブラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ハリス・ドゥリェヴィッチ</span>(ディナモ・ドレスデン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ラデ・クルニッチ</span>(エンポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラレム・ピャニッチ</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">エディン・ゼコ</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ケナン・コドロ</span>(コペンハーンゲン/デンマーク) <span style="font-weight:700;">リアド・バイッチ</span>(イスタンブールBB/トルコ) 2018.10.02 03:15 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース