ルリッチがボスニア・ヘルツェゴビナ代表を引退、W杯初出場に貢献2017.12.29 23:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラツィオのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFセナド・ルリッチ(31)が29日、同国代表からの引退を発表した。ルリッチが自身のフェイスブックで語っている。

「この決断は決して一夜でしたわけではない。愛するボスニア・ヘルツェゴビナのユニフォームを脱ぐわけだからね。でも、別れを告げる時が来た。家族らと考えに考えて代表からの引退を決めた」

「これまで代表のために身を粉にしてきた。莫大な愛と時間を費やしてきた代表からの引退を発表するのは本当に重いことなんだ」

「代表では良いことも悪いこともあった。キャリアで最高の瞬間はブラジル・ワールドカップに出場できたことだね。一方で次のワールドカップへの出場を逃がしたことが辛い出来事となった。若い選手たちには僕らの過ちを繰りかえさないでもらいたい」

「それでも嬉しい思いもたくさんしたし、代表のためにベストを尽くしてきたから後悔はしていない。引退の決断は若手の力強さを感じ、新たな血を入れる必要があると思ったからだ。これまでの僕へのサポートと、共に戦ってくれたことに感謝している」

▽左サイドを主戦場にプレーするルリッチは、2008年6月に代表デビュー。57キャップを刻み、4ゴールを記録した。2014年ブラジル・ワールドカップでは同国史上初のW杯出場に貢献していた。

コメント

関連ニュース

thumb

“クロアチアのレジェンド”プロシネツキ氏がボスニア・H監督に就任

▽ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(FSBiH)は4日、ロベルト・プロシネツキ氏(48)を指揮官に迎えたことを発表した。 ▽ボスニア・Hではロシア・ワールドカップ欧州予選でベルギー代表やギリシャ代表と同居したグループで3位に終わり、2大会連続となる本大会出場を逃がしたことを受け、昨年10月にメフメド・バジダレビッチ前監督を解任していた。 ▽プロシネチキ氏は現役時代、レアル・マドリーやバルセロナでプレー。クロアチア代表としてはフランス・ワールドカップで3位躍進に貢献するなど、輝かしい実績を残した。現役引退後はレッドスターやカイセリスポル、アゼルバイジャン代表を率いていた。 2018.01.05 02:23 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘルタ主将イビセビッチ、ボスニア・H代表を引退 「素晴らしい時を過ごせた」

▽ヘルタ・ベルリンで主将を務めるボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWヴェダド・イビセビッチ(33)が代表引退を表明した。 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナ生まれながらアメリカでプロキャリアをスタートさせたイビセビッチは、2004年のパリ・サンジェルマン移籍から欧州を主戦場にプレー。以降、ディジョン、アーヘン、ホッフェンハイム、シュツットガルトを渡り歩き、2015年夏から日本代表FW原口元気も所属するヘルタ・ベルリンに活躍の場を移した。 ▽2007年にA代表デビューを果たしたボスニア・ヘルツェゴビナ代表キャリアにおいては、通算82キャップで28ゴール。2014年に行われたブラジル・ワールドカップの同国代表メンバーとしても、グループステージ3試合に出場し、1ゴールを記録した。 ▽だが、ボスニア・ヘルツェゴビナは、2018年に行われるロシア・ワールドカップ行きが叶わず、欧州予選のグループリーグで敗退。ドイツ『Sport1』は、この結果を受けて10年間の代表キャリアに終止符を打つことを決意したイビセビッチのコメントを次のように伝えている。 「ロシア・ワールドカップ欧州予選を突破できなければ、その時点で次のステップを踏もうと決めていた。次世代のためにスペースを作ってあげたいんだ」 「僕は、代表で素晴らしい時を過ごせた。たくさんの忘れがたい瞬間を思い出すだろうね。僕にとって、ボスニアのためにプレーすることはとても名誉なことだった」 2017.11.12 19:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ベルギーがプレーオフを目指すボスニア・ヘルツェゴビナとの壮絶な乱打戦を制す!《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選第9節のボスニア・ヘルツェゴビナ代表vsベルギー代表が7日に行われ、3-4でベルギーが勝利した。 ▽前節ギリシャ代表に勝利し、W杯本大会出場を決めた首位のベルギー(勝ち点22)が、プレーオフ圏内である2位死守を狙うボスニア・ヘルツェゴビナ(勝ち点14)のホームに乗り込んだ。 ▽今回の試合は消化試合となるベルギー代表だが、先発にはGKクルトワやデ・ブライネ、アザール、メルテンスら主力を起用。1トップに負傷中のルカクに代わりバチュアイが入った。一方のボスニア・ヘルツェゴビナ代表は、ゼコやルリッチ、ベシッチ、コラシナツなどが先発した。 ▽試合は開始早々にスコアが動く。4分、中盤でボールを受けたムニエがアザールとのパス交換でバイタルエリアまで侵攻。ムニエのパスを右サイドで再び受けたアザールがボックス右まで持ち上がりクロスを供給すると、ボックス中央に走り込んだムニエがダイレクトシュートでゴールネットに突き刺した。 ▽早々に失点を許したボスニア・ヘルツェゴビナは8分、ショートコーナーの返しを受けたメドゥンヤニンがキックフェイントでデ・ブライネをかわし、ボックス左に侵入。左足のシュートでベルギーゴールに迫ったが、これはGKクルトワのセーブに阻まれた。 ▽リードするベルギーだが、28分にアクシデント。左足を痛めたフェライニがピッチに座り込むと、治療を受けたがデンドンカーとの交代でピッチを後にした。 ▽すると、直後の30分にボスニア・ヘルツェゴビナが同点に追いつく。左サイドをオーバーラップしたコラシナツのクロスをニアサイドでゼコが受けると、ボックス左深くまで切り込み、折り返しを供給。これがGKクルトワの手をすり抜けると、逆サイドから走り込んだメドゥンヤニンが無人のゴールに流し込んだ。 ▽同点弾で勢いづくボスニア・ヘルツェゴビナは39分、GKベゴビッチからのロングフィードをヴェルトンゲンがクリアミス。このボールで相手DFの裏に抜け出したヴィスチャがボックス内まで持ち込みシュート。GKクルトワの股下を抜いたシュートは、そのままゴールネットを揺らした。 ▽逆転を許したベルギーの反撃は42分、ボックス右横でFKを獲得するとデ・ブライネがマイナスのクロスを供給。ボックス手前のメルテンスがダイレクトで合わせると、これをゴール前のバチュアイがワンタッチで流し込むも、これはGKベゴビッチがブロック。さらにこぼれ球をヴェルメーレンが押し込んだが、これもGK ベゴビッチのファインセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、リードを許すベルギーはメルテンスを下げてティーレマンスを投入。すると59分、ボックス右からカットインを仕掛けたカラスコが切り返しで相手マークを振りきりシュート。これはGKベゴビッチに弾かれるも、こぼれ球をバチュアイが押し込み、ベルギーが同点に追いつく。 ▽勢いづくベルギーは69分、デ・ブライネの左CKをニアサイドでカラスコが右足で合わせると、ファーサイドに流れたボールを最後はヴェルトンゲンが流し込み、勝ち越しに成功した。 ▽81分にセットプレーからジュミッチに同点ゴールを許したベルギーだが、83分に再び勝ち越す。ティーレマンスの左クロスがコラシナツのクリアミスを誘うと、ペナルティアーク内で拾ったムニエがゴール左へ浮き球のパスを供給。これを走り込んだカラスコがワントラップから冷静にゴールネットを揺らした。 ▽結局、カラスコのゴールが決勝点となり、ベルギーが勝利。壮絶な打ち合いを制したベルギーが欧州予選無敗をキープしている。 2017.10.08 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ゼコが将来的に復帰を望む古巣は? 「このクラブがなければシティもローマもなかった」

▽ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコは、いつの日かヴォルフスブルクに復帰することを望んでいる。イタリア『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽2007年にチェコのテプリツェからフェリックス・マガト監督が率いていたヴォルフスブルクに加入したゼコは、移籍初年度の2007-08シーズンにブンデスリーガで28試合に出場し、8ゴール7アシストを記録。さらに、翌年の2008-09シーズンでは26得点を決めてチーム史上初のリーグ制覇に貢献し、ブレイクを果たした。 ▽2009-10シーズンはリーグ得点王となる22得点、2010-11シーズンにも1月までに10ゴールを挙げたゼコは、冬の移籍市場で当時プレミア市場6番目となる移籍金でシティへと移籍し、トッププレーヤーの仲間入りをした。 ▽2年半のシティでのプレーを経て、ローマへと移籍したゼコは、「ヴォルフスブルクに恩がある」と、イタリア『トゥットスポルト』でコメント。将来的に同クラブに復帰したい思いを語っている。 「僕の年齢は31歳だけど、これまでより調子が良いんだ。ローマと3年間の契約が残っている。そのことにはとても満足しているよ。ただ、いつの日か選手としてヴォルフスブルクに戻りたいと思っているんだ」 「このクラブに借りがあるんだ。何でもしなければならない。ヴォルフスブルクがなかったら、マンチェスター・シティもローマもなかったよ」 2017.06.12 23:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ゼコやピャニッチが順当に選出! ボスニア・ヘルツェゴビナ代表メンバーが発表!《ロシアW杯欧州予選》

▽ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(FSBiH)は26日、ロシア・ワールドカップ欧州予選に臨むボスニア・ヘルツェゴビナ代表メンバー28名を発表した。 ▽今回のメンバーには、出場停止明けのローマFWエディン・ゼコを始め、ユベントスMFミラレム・ピャニッチやチェルシーGKアスミル・ベゴビッチら主力が順当に選出された。 ▽ロシアW杯欧州予選でグループHの3位に位置するボスニア・ヘルツェゴビナは、9日にホームで2位のギリシャ代表と対戦する。今回発表されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆ボスニア・ヘルツェゴビナ代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">アスミル・ベゴビッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">イブラヒム・シェヒッチ</span>(カラバグ/アゼルバイジャン) <span style="font-weight:700;">ケナン・ピリッチ</span>(ズリニスキ・モスタル) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">オグジェン・ヴランジェ</span>(AEKアテネ/ギリシャ) <span style="font-weight:700;">アブディヤ・ヴァサジェビッチ</span>(オスマンルスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">エディン・コカリッチ</span>(メヘレン/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ダリオ・ジュミッチ</span>(NEC/オランダ) <span style="font-weight:700;">サミル・メミシェビッチ</span>(フローニンヘン/オランダ) <span style="font-weight:700;">エルミン・ビカクチッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">トニ・シュニッチ</span>(パレルモ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダニエル・パブロビッチ</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">エルビン・ズカノビッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ミロスラフ・ステファノビッチ</span>(ジェリェズニチャル) <span style="font-weight:700;"> ハリス・メドゥンヤニン</span>(フィラデルフィア・ユニオン/アメリカ) <span style="font-weight:700;">ダニエル・ミリチェビッチ</span>(ヘント/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ゴイコ・チミロット</span>(PAOK/ギリシャ) <span style="font-weight:700;">エディン・ヴィスチャ</span>(イスタンブールBB/トルコ) <span style="font-weight:700;">サニン・プルチッチ</span>(レンヌ/フランス) <span style="font-weight:700;">モハメド・ベシッチ</span>(エバートン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ラデ・クルニッチ</span>(エンポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マト・ヤヤロ</span>(パレルモ/イタリア) <span style="font-weight:700;">セナド・ルリッチ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラレム・ピャニッチ</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;"> エディン・ゼコ</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ヴェダド・イビセビッチ</span>(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ケナン・コドロ</span>(オサスナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">アルミン・ホジッチ</span>(ディナモ・ザグレブ/クロアチア) <span style="font-weight:700;">リアド・バイッチ</span>(コンヤシュポル/トルコ) 2017.05.27 02:23 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース