【リーグ・アン前半戦ベストイレブン】PSGから最多5選手を選出2017.12.30 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017-18シーズンのリーグ・アンは第19節を消化しました。そこで本稿では前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆前半戦ベストイレブン
GK:ルコント
DF:D・アウベス、マルキーニョス、イウトン、ジョルジ
MF:アワール、グスタボ、ラビオ
FW:フェキル、カバーニ、ネイマール

GKバンジャマン・ルコント(26歳/モンペリエ)
リーグ・アン出場数:19(先発回数:19)/失点数:13
Getty Images
▽リーグ最少失点の堅守を支える。今夏ディジョンから加入すると、モンペリエ最大のウィークポイントであった最後尾のポジションを一躍ストロングポイントに変えた。卓越したショットストップ、的確なポジショニングに加え、アクシデンタルな場面における冷静な判断力が光った。

DFダニエウ・アウベス(34歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:21(先発回数:21)/得点数:5
Getty Images
▽ネイマールと共にリーグタイトル奪還の切り札として加入し、その期待通りの働きを見せている。攻撃面では未だ世界最高峰の立ち位置にいるベテランラテラルは、押し込む試合展開が多いチームにおいてビルドアップやアタッキングサードの場面でさすがの存在感を示した。

DFマルキーニョス(23歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:0
Getty Images
▽前半戦のベストDF。若干23歳にして世界最高のセンターバックの風格を醸しだし、多士済々の各チームの主力アタッカーをことごとく封じた。前がかりなチームにおいて決定的な形でのカウンターを浴びる場面も少なくなかったが、卓越した身体能力と判断力を武器に無理の利く守備で堅守を支えた。

DFイウトン(40歳/モンペリエ)
リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:0
Getty Images
▽リーグ最年長のベテランセンターバックは今季も健在。[5-3-2]の守備的な布陣を敷くモンペリエの守備を完璧に統率。9月にはパリ・サンジェルマンを今季公式戦唯一の無得点に封じるなど、圧巻のパフォーマンスを披露し、リーグ月間MVP候補にも選出された。

DFジョルジ(21歳/モナコ)
リーグ・アン出場数:15(先発回数:15)/得点数:0
Getty Images
▽やや不作だった左サイドバックのポジションにおいて最も印象的なパフォーマンスを披露した。ブラジル産ラテラルらしいテクニックと攻撃センスを武器に、前任者メンディの後釜として及第点のパフォーマンスを披露。後半戦に向けた改善点はやや規律と繊細さを欠く守備面の改善。

MFフセム・アワール(19歳/リヨン)
リーグ・アン出場数:12(先発回数:10)/得点数:3
Getty Images
▽本格ブレイクを予感させる大器。今夏、バイエルンに旅立ったトリッソの着用していた背番号8を託されたアルジェリア系フランス人の19歳MFは、ドリブルやパスセンスに加え、守備でも献身性を見せる万能型MF。シーズンを経るごとに存在感を増しており、後半に向けて楽しみな人材だ。

MFルイス・グスタボ(30歳/マルセイユ)
リーグ・アン出場数:16(先発回数:16)/得点数:5
Getty Images
▽復調気配を見せるマルセイユの中盤の要。今夏ヴォルフスブルクから加入すると、攻撃面は魅力的ながら攻守のバランスに問題を抱えるガルシア監督率いるチームを見事なバランス感覚で支えた。さらに、“フランス・ダービー”で圧巻のミドルシュートを決めるなど、ここまで5得点と攻撃面での貢献も光る。

MFアドリアン・ラビオ(22歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:16(先発回数:15)/得点数:1
Getty Images
▽首位を快走するチームを支える若き司令塔。昨季、完全に独り立ちを果たすと、今季は去就問題に揺れたMFヴェッラッティを食う存在感で中盤を見事にけん引している。球際や前線への飛び出しといった持ち味に加え、よりシンプルなプレーを心がけることによって課題のイージーミスがかなり減っている。

FWナビル・フェキル(24歳/リヨン)
リーグ・アン出場数:16(先発回数:16)/得点数:13(PK:2)
Getty Images
▽“フランスのメッシ”が完全復活。以前からそのポテンシャルは多くの人が知るところだったが、FWラカゼット、MFトリッソと共に下部組織で育った主力が引き抜かれた今季は両選手に代わるエースとしてチームをけん引。優れたテクニック、攻撃センス、魔法の左足を武器にキャリアハイのハイペースでゴールを量産中だ。

FWエディンソン・カバーニ(30歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:18(先発回数:17)/得点数:19(PK:2)
Getty Images
▽前半戦のMVP。ムバッペ、ネイマールと共に超強力トリデンテの“MCN”を形成し、2年連続得点王に向けて視界良好だ。今季も豊富な運動量や質の高いオフ・ザ・ボールの動き、決定力を武器にゴールを量産。さらに、今季はリーグ上位陣との対戦でもゴールを記録しており、エースストライカーとしての存在感も絶大だ。

FWネイマール(25歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:11(PK:2)
Getty Images
▽新天地フランスで格の違いを見せつける。今夏、バルセロナから移籍市場最高額で電撃移籍を果たしたメガクラックは、デビュー戦となったギャンガン戦でいきなりゴールを記録すると、以降もゴールとアシストを量産し、その高額な移籍金に相応しい活躍を披露している。PK戦を巡るカバーニとの衝突や要所で見せる独善的なプレーは気がかりではあるが、このまま順調にいけば、シーズンMVPの可能性も十分にある。

コメント

関連ニュース

thumb

出場機会減のトーマス、1月のアトレティコ退団を考慮…アーセナルorPSGへ?

▽アトレティコ・マドリーに所属するガーナ代表MFトーマス・パルティ(25)が、来年1月の移籍を考慮しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アトレティコの下部組織で育ち2015-16シーズンにトップチームへの昇格を果たしたトーマスは、徐々に出場機会を増やし昨シーズンには公式戦50試合5ゴールを記録。しかし、今シーズンの出場はここまで公式戦9試合、プレー時間は378分間に留まっている。 ▽ディエゴ・シメオネ監督はトーマスを高く評価しているが、今夏には同じく有望株のMFロドリゴ・エルナンデスがアトレティコに到着。押し出されるような形で、トーマスの出場時間を工面することが難しくなっている。 ▽『マルカ』によると、トーマスはベンチスタートが増えた現状に満足しておらず。来年1月に退団する可能性があるようだ。その場合、アーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)が有力な新天地候補と目されている。 2018.10.16 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、PSG関心のカンテに契約延長オファーか

▽チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)に契約更新の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽カンテは2016年夏、レスター・シティから加入。すぐさま定位置を掴み取り、プレミアリーグやFAカップ優勝に貢献するなど、今や不動のレギュラーに君臨する。 ▽まだカンテと3年の契約期間を残すチェルシーだが、パリ・サンジェルマン(PSG)の関心が噂されていることもあり、このタイミングで新契約締結に乗り出したという。 ▽そのチェルシーは、カンテに対して既に契約延長のオファーを打診。PSG流失の可能性を断つべく、長期契約を提示したとみられる。 ▽なお、フランス代表のロシア・ワールドカップ優勝メンバーとして今シーズンを迎えたカンテは、ここまで公式戦10試合に出場。1得点をマークしている。 2018.10.16 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

名将アンチェロッティがムバッペを手放しで称賛「ただ足の速いだけの選手はごまんといるが...」

チャンピオンズリーグ(CL)グループステージでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦するナポリ指揮官カルロ・アンチェロッティは若きフランス代表FWキリアン・ムバッペに称賛の言葉を送った。&nbsp;<br><br>今年度のバロンドールにノミネートされているムバッペは19歳の若さでロシア・ワールドカップ優勝とリーグ・アン3連覇を達成。今シーズンも9試合を消化したリーグ・アンですでに8ゴールと好調なスタートを切っている。そんな好調を維持するムバッペをアンチェロッティは手放しで称賛した。<br><br>「ムバッペは素晴らしいプレイヤーだ、驚くほどに速い。ただ足の速いだけの選手はごまんといるが、彼は速さと効果的なプレーを同時に行うことができる。彼のプレーは常に効果的で、余計なテクニックを見せずにゴールに直結する。非常に危険なプレイヤーだ。彼はまだ非常に若いが、数年後確実にスターになるだろう」<br><br>ナポリはCLグループステージで2試合を戦い、PSGを抑えてグループCのトップに立っており、続く第3節、PSGホームで迎える注目の一戦は10月25日に行われる。<br><br>提供:goal.com 2018.10.16 08:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「メッシだって同じプレーはできない」ヴェラッティ、クラブと代表の違いに理解求める

パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティがポーランド戦終了後、イタリア国営放送『Rai』のインタビューの中で自身をアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに例えた。<br><br>イタリアは14日、UEFAネーションズリーグ・リーグAのグループ3・第4節において、アウェイでポーランドと対戦。負ければリーグBへの降格が決定する中、イタリアは多くのチャンスを作ったがGKヴォイチェフ・シュチェスニーの好守もあってスコアが動かず。それでも後半のアディショナルタイムにDFクリスティアーノ・ビラギが決勝点を挙げて、1-0でネーションズリーグ初勝利を手にした。ヴェラッティは久々の勝利を素直に喜んだ。<br><br>「長い間、勝てていなかった。パフォーマンスには満足しているが、ようやく結果につながったことを特に嬉しく思う。(勝利を)信じ続けたことが良かったと思う。最後まで信じたからこそ、ゴールが生まれた。ワールドサッカーの頂点に返り咲けるか? 日々、取り組んでいるが、僕らはまだ新監督の下で新たなサイクルをスタートさせたばかりだ。時間が必要になる。(1-1に終わったウクライナ戦とポーランド戦の)2試合では良いパフォーマンスが出せていたと思う」<br><br>PSGの25歳MFは近年、代表戦において期待されたパフォーマンスを見せられず、しばしば批判にさらされてきた。所属先バルセロナとアルゼンチン代表でのプレーの違いを指摘されているメッシを例に挙げて反論した。<br><br>「クラブと代表でのパフォーマンスの違い? メッシも含め、誰も同じようにプレーできる選手などいないと思う。こういった議論は理解できない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGがデ・ヘアをじろり?

▽イギリス『デイリー・メール』は、パリ・サンジェルマン(PSG)がマンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)の獲得チャンスをうかがっていると報じた。 ▽2011年夏にアトレティコ・マドリーから加入して以降、ユナイテッドの守護神として世界に名を轟かせるデ・ヘア。今シーズン限りで満了を迎える契約の延長に向けた動きが長らく取り沙汰されているが、いまだ進展がない。 ▽現行契約に存在する1年の延長オプションの行使を含めて今後の動向に注目が集まるデ・ヘアだが、低調なスタートを切った今シーズンのチーム状況がなかなか新契約締結に至らない背景としてあるという。 ▽そうした停滞感が、PSGの関心をも惹きつけている様子。PSGはデ・ヘアとユナイテッドの延長交渉の行方を注意深く監視し続けており、巡ってくるかもしれない獲得機会に向け、オファーの用意を進めているとのことだ。 2018.10.15 14:05 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース