【リーグ・アン前半戦ベストイレブン】PSGから最多5選手を選出2017.12.30 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017-18シーズンのリーグ・アンは第19節を消化しました。そこで本稿では前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆前半戦ベストイレブン
GK:ルコント
DF:D・アウベス、マルキーニョス、イウトン、ジョルジ
MF:アワール、グスタボ、ラビオ
FW:フェキル、カバーニ、ネイマール

GKバンジャマン・ルコント(26歳/モンペリエ)
リーグ・アン出場数:19(先発回数:19)/失点数:13
Getty Images
▽リーグ最少失点の堅守を支える。今夏ディジョンから加入すると、モンペリエ最大のウィークポイントであった最後尾のポジションを一躍ストロングポイントに変えた。卓越したショットストップ、的確なポジショニングに加え、アクシデンタルな場面における冷静な判断力が光った。

DFダニエウ・アウベス(34歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:21(先発回数:21)/得点数:5
Getty Images
▽ネイマールと共にリーグタイトル奪還の切り札として加入し、その期待通りの働きを見せている。攻撃面では未だ世界最高峰の立ち位置にいるベテランラテラルは、押し込む試合展開が多いチームにおいてビルドアップやアタッキングサードの場面でさすがの存在感を示した。

DFマルキーニョス(23歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:0
Getty Images
▽前半戦のベストDF。若干23歳にして世界最高のセンターバックの風格を醸しだし、多士済々の各チームの主力アタッカーをことごとく封じた。前がかりなチームにおいて決定的な形でのカウンターを浴びる場面も少なくなかったが、卓越した身体能力と判断力を武器に無理の利く守備で堅守を支えた。

DFイウトン(40歳/モンペリエ)
リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:0
Getty Images
▽リーグ最年長のベテランセンターバックは今季も健在。[5-3-2]の守備的な布陣を敷くモンペリエの守備を完璧に統率。9月にはパリ・サンジェルマンを今季公式戦唯一の無得点に封じるなど、圧巻のパフォーマンスを披露し、リーグ月間MVP候補にも選出された。

DFジョルジ(21歳/モナコ)
リーグ・アン出場数:15(先発回数:15)/得点数:0
Getty Images
▽やや不作だった左サイドバックのポジションにおいて最も印象的なパフォーマンスを披露した。ブラジル産ラテラルらしいテクニックと攻撃センスを武器に、前任者メンディの後釜として及第点のパフォーマンスを披露。後半戦に向けた改善点はやや規律と繊細さを欠く守備面の改善。

MFフセム・アワール(19歳/リヨン)
リーグ・アン出場数:12(先発回数:10)/得点数:3
Getty Images
▽本格ブレイクを予感させる大器。今夏、バイエルンに旅立ったトリッソの着用していた背番号8を託されたアルジェリア系フランス人の19歳MFは、ドリブルやパスセンスに加え、守備でも献身性を見せる万能型MF。シーズンを経るごとに存在感を増しており、後半に向けて楽しみな人材だ。

MFルイス・グスタボ(30歳/マルセイユ)
リーグ・アン出場数:16(先発回数:16)/得点数:5
Getty Images
▽復調気配を見せるマルセイユの中盤の要。今夏ヴォルフスブルクから加入すると、攻撃面は魅力的ながら攻守のバランスに問題を抱えるガルシア監督率いるチームを見事なバランス感覚で支えた。さらに、“フランス・ダービー”で圧巻のミドルシュートを決めるなど、ここまで5得点と攻撃面での貢献も光る。

MFアドリアン・ラビオ(22歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:16(先発回数:15)/得点数:1
Getty Images
▽首位を快走するチームを支える若き司令塔。昨季、完全に独り立ちを果たすと、今季は去就問題に揺れたMFヴェッラッティを食う存在感で中盤を見事にけん引している。球際や前線への飛び出しといった持ち味に加え、よりシンプルなプレーを心がけることによって課題のイージーミスがかなり減っている。

FWナビル・フェキル(24歳/リヨン)
リーグ・アン出場数:16(先発回数:16)/得点数:13(PK:2)
Getty Images
▽“フランスのメッシ”が完全復活。以前からそのポテンシャルは多くの人が知るところだったが、FWラカゼット、MFトリッソと共に下部組織で育った主力が引き抜かれた今季は両選手に代わるエースとしてチームをけん引。優れたテクニック、攻撃センス、魔法の左足を武器にキャリアハイのハイペースでゴールを量産中だ。

FWエディンソン・カバーニ(30歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:18(先発回数:17)/得点数:19(PK:2)
Getty Images
▽前半戦のMVP。ムバッペ、ネイマールと共に超強力トリデンテの“MCN”を形成し、2年連続得点王に向けて視界良好だ。今季も豊富な運動量や質の高いオフ・ザ・ボールの動き、決定力を武器にゴールを量産。さらに、今季はリーグ上位陣との対戦でもゴールを記録しており、エースストライカーとしての存在感も絶大だ。

FWネイマール(25歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:11(PK:2)
Getty Images
▽新天地フランスで格の違いを見せつける。今夏、バルセロナから移籍市場最高額で電撃移籍を果たしたメガクラックは、デビュー戦となったギャンガン戦でいきなりゴールを記録すると、以降もゴールとアシストを量産し、その高額な移籍金に相応しい活躍を披露している。PK戦を巡るカバーニとの衝突や要所で見せる独善的なプレーは気がかりではあるが、このまま順調にいけば、シーズンMVPの可能性も十分にある。

コメント

関連ニュース

thumb

「W杯優勝がなくても…」ディ・マリアが同僚メッシを“史上最高の選手”と絶賛

パリ・サンジェルマンFWアンヘル・ディ・マリアは、アルゼンチン代表チームメイトのリオネル・メッシを&ldquo;史上最高の選手&rdquo;と称えた。<br><br>14日に行われたレアル・ソシエダ戦で、メッシはフリーキックを直接ゴールに叩き込み、リーグ通算366ゴール目を記録。ゲルト・ミュラー氏の持つ欧州5大リーグの同一クラブ通算得点記録を更新する大記録を打ち立てた。<br><br>バルセロナで数々のタイトルを勝ち取り、バロンドールを5度受賞するなど、ほぼすべてのタイトルを獲得したメッシだが、唯一ワールドカップには手が届いていない。しかし、ディ・マリアはアルゼンチン代表で世界一になっていなくとも、同選手が&ldquo;史上最高の選手&rdquo;だと語った。<br><br>「メッシはすでに最高の選手だ。W杯で優勝できれば、間違いなく最高の選手と呼ばれるだろうが、彼はもうそのような存在になっている」<br><br>「アルゼンチンは常にW杯優勝候補の一角で、今年の大会でもそれは変わらないだろう。その理由は、僕たちにはメッシがいるからだと思う。もちろん、他にもフランスやスペインなど強豪がひしめき合っているが、アルゼンチンがその中でもベストだ」<br><br>南米予選では、最終節に辛うじて本戦出場を決めたアルゼンチン。しかし、アイスランド、クロアチア、ナイジェリアとグループリーグで対戦することが決まっているディ・マリアは、ロシアで違った結果を得られると自信をのぞかせた。<br><br>「トップを維持するためにハードワークを続けなくてはならない。でも、本戦は予選とは全くの別物だ。勝てなければ、黙って家に帰るだけ。だから、この大会での試合はとても特別なものなんだ。今年のワールドカップで優勝することを僕たちは望んでいる。でも、勝てても、勝てなくても、またカタールで優勝できるチャンスはある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 10:43 Fri
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、BBCに代わるトリデンテ形成へ? アザール、レヴィ、ネイマール獲得か

▽レアル・マドリーがスター選手3名の獲得を狙っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽昨シーズンに史上初の2年連続チャンピオンズリーグ制覇を達成したレアル・マドリーだが、今シーズンはリーガエスパニョーラで首位のバルセロナから19ポイント差の遅れをとるなど苦しんでいる。 ▽近年のレアル・マドリーの強さを体現したアタッカー陣であるFWカリム・ベンゼマ、FWガレス・ベイル、FWクリスティアーノ・ロナウドの“BBC”だが、クラブはこれらのアタッカー陣を徐々に入れ替えていくことを考えているようで、報道によればチェルシーMFエデン・アザール、パリ・サンジェルマンFWネイマール、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキのトリデンテを実現させたい意向があるようだ。 ▽また、センターフォワードに関しては、トッテナムFWハリー・ケイン、そしてインテルFWマウロ・イカルディとの関連も伝えられている。2選手に関しては、現在29歳のレヴァンドフスキよりも移籍金が高くなることが予想されている。 2018.01.18 17:11 Thu
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバ、ファンからネイマールへブーイングも「怒っているようには見えなかった」

パリ・サンジェルマン(PSG)でキャプテンを務めるブラジル代表DFチアゴ・シウバは、ネイマールが自軍のサポーターから受けたブーイングに対して怒りを見せていないと語っている。フランス『カナル・プラス』に語った。<br><br>PSGが8-0の圧勝を収めた18日のディジョン戦で、史上最高額の移籍金で加入したエースは4得点を挙げる活躍を見せた。しかし、7-0の状況でエディンソン・カバーニが獲得したPKを、すでにハットトリックを決めていたネイマールが蹴ったことにPSGサポーターは怒りを露わにした。カバーニはこの日、チーム3点目を決めたことによりズラタン・イブラヒモビッチが持つ156ゴールのクラブ歴代得点記録に並んでおり、このPKを決めていれば新記録を達成するはずだったからだ。<br><br>ホームでの記録更新を期待したPSGサポーターのカバーニコールを尻目にPKを沈めたネイマールには、ブーイングが浴びせられた。それでも、シウバはネイマールが落ち着いているように見えたと話す。<br><br>「ネイマールが怒っているようには見えなかった。彼の行為に納得のいかないサポーターはいたかもしれないけど、大事なことは8-0で僕たちが勝ったということさ。カバーニはすぐに新記録を達成するよ。試合はまだまだ残されていて、なにより彼はいつでもゴールを決め続けてきたからね」<br><br>8-0という完璧な試合を見せたにも関わらず、ネイマールのチームメイトへの敬意を欠く行為により不穏な空気がスタジアムを包んだものの、指揮官であるウナイ・エメリのネイマールへの信頼は揺るがないようだ。<br><br>「カバーニは我々のストライカーだ。彼はチームを助け、チームは彼のゴールを手伝っている。今回、PKはネイマールに譲ったが、これからもっとたくさんのゴールを決める機会がある。ネイマールがいた方がいいチームであることは明白だ。勝利も記録も全てはチームのためにある」<br><br>圧倒的なパフォーマンスを見せながらも、カバーニとのPKを巡るトラブルが後を絶たないネイマール。プレー以外の部分でもサポーターに認めてもらえる日は来るのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 15:34 Thu
twitterfacebook
thumb

ネイマールにファンからブーイング…カバーニの記録超えチャンスにPKを譲らず

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールに対するファンからの逆風が強まっているようだ。スペイン『マルカ』、『アス』などが伝えた。<br><br>PSGは17日、リーグ・アン第21節でディジョンと対戦。試合はネイマールの4ゴールなどもあり、PSGが8-0で快勝した。しかし、試合の終盤に火種となりかねない出来事が発生している。<br><br>83分にPSGはPKを獲得。この試合ですでに1ゴールを奪っていたエディンソン・カバーニはズラタン・イブラヒモビッチの得点記録と並び、イブラ超えにリーチがかかっていた。そのため、ホームの観衆はカバーニが蹴ることを期待したが、キッカーはすでに決まっているとおりネイマールで、決めた直後にもファンからはブーイングが飛ばされた。<br><br>ウナイ・エメリ監督は「カバーニはイブラを超えるチャンスをすぐに得るだろう」とコメント。チームメイトのトーマス・ムニエも「ネイマールは責任を背負ってPKを蹴ることになっている。確かにカバーニにPKを譲ったら素晴らしい行為だったけどね。カバーニは今週や来週にもゴールを決めるはずさ。ネイマールは4ゴール2アシストという結果を残した。ファンのブーイングという反応はあまりに無礼だね」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGが今季最多の8ゴールで圧勝! 今季欧州クラブ最速で公式戦100ゴール達成!!《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は17日、リーグ・アン第21節でディジョンと対戦し、8-0で圧勝した。 ▽リーグ戦4連勝と首位を快走するPSGが、10位ディジョンをホームに迎えた一戦。14日に行われたナント戦をディ・マリア弾で勝利したPSGは、その試合から先発を5人変更。ムバッペやラビオ、マルキーニョスらに代えてネイマールやドラクスラー、チアゴ・シウバらがスタメンに並んだ。 ▽試合は開始早々に動く。4分、ボックス左手前でボールを受けたディ・マリアがそのまま左足を振り抜くと、このシュートがゴール右サイドネットに突き刺さった。先制点で勢いづくPSGはここからゴールラッシュを見せる。 ▽15分、カバーニのスルーパスでゴール前まで侵攻したネイマールが飛び出したGKの上を越すシュートを放つと、わずかに右に逸れたボールをディ・マリアが押し込み、この試合2点目を決める。さらに21分には、ディ・マリアの右クロスをカバーニが頭で流し込み3点目。 ▽前半終盤の42分には、ペナルティアーク右横で獲得したFKをネイマールが直接ゴール右に決め、試合を決定付ける4点目を奪った。 ▽後半に入っても主導権を握るPSGは57分、左サイドをオーバーラップしたユーリの高速クロスが相手DFのクリアミスを誘うと、これを拾ったネイマールがゴール左からシュートを流し込んだ。 ▽さらに74分には、左サイドでボールを受けたネイマールがダイアゴナルなドリブルでゴール前まで持ち上がると、相手DF5人をかわしゴール左隅にシュートを沈め、移籍後初のハットトリック達成。 ▽その後も攻撃の手を緩めないPSGは、77分にネイマールのパスから途中出場のムバッペがゴールネットを揺らし7点目。83分には、カバーニがゴール前で倒されて獲得したPKをネイマールが決め、8点目を奪った。 ▽結局、試合はそのまま8-0で終了。ネイマールの4点など、今季リーグ戦最多の8ゴールを奪ったPSGが大勝した。なお、この試合でPSGは欧州所属のクラブチームで今季最速の100ゴールを達成した。 2018.01.18 07:15 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース