【リーグ・アン前半戦ベストイレブン】PSGから最多5選手を選出2017.12.30 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017-18シーズンのリーグ・アンは第19節を消化しました。そこで本稿では前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆前半戦ベストイレブン
GK:ルコント
DF:D・アウベス、マルキーニョス、イウトン、ジョルジ
MF:アワール、グスタボ、ラビオ
FW:フェキル、カバーニ、ネイマール

GKバンジャマン・ルコント(26歳/モンペリエ)
リーグ・アン出場数:19(先発回数:19)/失点数:13
Getty Images
▽リーグ最少失点の堅守を支える。今夏ディジョンから加入すると、モンペリエ最大のウィークポイントであった最後尾のポジションを一躍ストロングポイントに変えた。卓越したショットストップ、的確なポジショニングに加え、アクシデンタルな場面における冷静な判断力が光った。

DFダニエウ・アウベス(34歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:21(先発回数:21)/得点数:5
Getty Images
▽ネイマールと共にリーグタイトル奪還の切り札として加入し、その期待通りの働きを見せている。攻撃面では未だ世界最高峰の立ち位置にいるベテランラテラルは、押し込む試合展開が多いチームにおいてビルドアップやアタッキングサードの場面でさすがの存在感を示した。

DFマルキーニョス(23歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:0
Getty Images
▽前半戦のベストDF。若干23歳にして世界最高のセンターバックの風格を醸しだし、多士済々の各チームの主力アタッカーをことごとく封じた。前がかりなチームにおいて決定的な形でのカウンターを浴びる場面も少なくなかったが、卓越した身体能力と判断力を武器に無理の利く守備で堅守を支えた。

DFイウトン(40歳/モンペリエ)
リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:0
Getty Images
▽リーグ最年長のベテランセンターバックは今季も健在。[5-3-2]の守備的な布陣を敷くモンペリエの守備を完璧に統率。9月にはパリ・サンジェルマンを今季公式戦唯一の無得点に封じるなど、圧巻のパフォーマンスを披露し、リーグ月間MVP候補にも選出された。

DFジョルジ(21歳/モナコ)
リーグ・アン出場数:15(先発回数:15)/得点数:0
Getty Images
▽やや不作だった左サイドバックのポジションにおいて最も印象的なパフォーマンスを披露した。ブラジル産ラテラルらしいテクニックと攻撃センスを武器に、前任者メンディの後釜として及第点のパフォーマンスを披露。後半戦に向けた改善点はやや規律と繊細さを欠く守備面の改善。

MFフセム・アワール(19歳/リヨン)
リーグ・アン出場数:12(先発回数:10)/得点数:3
Getty Images
▽本格ブレイクを予感させる大器。今夏、バイエルンに旅立ったトリッソの着用していた背番号8を託されたアルジェリア系フランス人の19歳MFは、ドリブルやパスセンスに加え、守備でも献身性を見せる万能型MF。シーズンを経るごとに存在感を増しており、後半に向けて楽しみな人材だ。

MFルイス・グスタボ(30歳/マルセイユ)
リーグ・アン出場数:16(先発回数:16)/得点数:5
Getty Images
▽復調気配を見せるマルセイユの中盤の要。今夏ヴォルフスブルクから加入すると、攻撃面は魅力的ながら攻守のバランスに問題を抱えるガルシア監督率いるチームを見事なバランス感覚で支えた。さらに、“フランス・ダービー”で圧巻のミドルシュートを決めるなど、ここまで5得点と攻撃面での貢献も光る。

MFアドリアン・ラビオ(22歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:16(先発回数:15)/得点数:1
Getty Images
▽首位を快走するチームを支える若き司令塔。昨季、完全に独り立ちを果たすと、今季は去就問題に揺れたMFヴェッラッティを食う存在感で中盤を見事にけん引している。球際や前線への飛び出しといった持ち味に加え、よりシンプルなプレーを心がけることによって課題のイージーミスがかなり減っている。

FWナビル・フェキル(24歳/リヨン)
リーグ・アン出場数:16(先発回数:16)/得点数:13(PK:2)
Getty Images
▽“フランスのメッシ”が完全復活。以前からそのポテンシャルは多くの人が知るところだったが、FWラカゼット、MFトリッソと共に下部組織で育った主力が引き抜かれた今季は両選手に代わるエースとしてチームをけん引。優れたテクニック、攻撃センス、魔法の左足を武器にキャリアハイのハイペースでゴールを量産中だ。

FWエディンソン・カバーニ(30歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:18(先発回数:17)/得点数:19(PK:2)
Getty Images
▽前半戦のMVP。ムバッペ、ネイマールと共に超強力トリデンテの“MCN”を形成し、2年連続得点王に向けて視界良好だ。今季も豊富な運動量や質の高いオフ・ザ・ボールの動き、決定力を武器にゴールを量産。さらに、今季はリーグ上位陣との対戦でもゴールを記録しており、エースストライカーとしての存在感も絶大だ。

FWネイマール(25歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:11(PK:2)
Getty Images
▽新天地フランスで格の違いを見せつける。今夏、バルセロナから移籍市場最高額で電撃移籍を果たしたメガクラックは、デビュー戦となったギャンガン戦でいきなりゴールを記録すると、以降もゴールとアシストを量産し、その高額な移籍金に相応しい活躍を披露している。PK戦を巡るカバーニとの衝突や要所で見せる独善的なプレーは気がかりではあるが、このまま順調にいけば、シーズンMVPの可能性も十分にある。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、アレックス・サンドロOUTでダルミアンINへ

▽ユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)のパリ・サンジェルマン(PSG)行きが確実となったようだ。一方でマンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)の加入が決まると、イタリア『トゥットメルカート』が報じている。 ▽ユベントスで不動の左サイドバックとして地位を築くアレックス・サンドロだが、同メディアによれば、ボーナス込みの移籍金5000万ユーロ(約65億8000万円)でユベントスはPSGと合意。アレックス・サンドロとは、年俸500万ユーロ(約6億6000万円)の5年契約で合意に達しているとのことだ。 ▽一方で2019年6月にユナイテッドとの契約が切れ、ほぼ戦力外扱いのダルミアンの移籍金は1800万ユーロ(約23億7000万円)で、年俸250万ユーロの4年契約で合意に近づいていると報じている。 2018.07.18 02:55 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、アレックス・サンドロと個人合意か

▽イタリア『トゥットスポルト』は、ユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)にパリ・サンジェルマン(PSG)加入が近づいていると報じた。 ▽ユベントスで不動の左サイドバックとして地位を築くアレックス・サンドロ。マンチェスター・ユナイテッドの関心が取り沙汰される中、ユベントスとの契約延長も囁かれてきたが、パリ行きを決断した模様だ。 ▽『トゥットスポルト』がフランスのレポートをもとに伝えたところによれば、PSGは年俸450万ユーロ(約5億9000万円)+4年契約でアレックス・サンドロと既に個人合意に達したという。 ▽また、PSGはアレックス・サンドロの移籍金として4000万ユーロ(約52億6000万円)のオファーを用意。だが、同額はユベントスの要求額に達していないとみられている。 2018.07.16 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

パリっ子カンテ、“念願”のPSG移籍を視野!?

▽チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)とパリ・サンジェルマン(PSG)は相思相愛なのかもしれない。イギリス『エクスプレス』が伝えた。 ▽レスター・シティで評価を高めたカンテは2016年夏、プレミアリーグ初優勝を置き土産にチェルシー入り。まるで2人いるかのような無尽蔵のスタミナを武器に守備的MFとしてより存在感を際立たせ、フランス代表の一員としてロシア・ワールドカップでも1998年以来の優勝に貢献した。 ▽新シーズンのチェルシーでも活躍に期待が集まるカンテだが、フランスフットボール界に精通するジュリアン・ローレンス氏の証言によれば、フランスの絶対的王者PSGが目を光らせている模様。さらに、パリ育ちのカンテ自身もPSG入りに前向きだという。 ▽ローレンス氏は、カンテとPSGについて次のような見解を示している。 「高い買い物になる。だが、彼はパリっ子。いつの日かあそこに行きたいといつも思っている。今がそのタイミングだ」 「それに、彼ら(PSG)も彼のようなタイプの選手を欲しがっている。(トーマス・)トゥヘルも彼を気に入っていて、獲得を考慮している」 2018.07.16 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯最優秀若手選手ムバッペ、PSG残留を明言

▽フランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)が、パリ・サンジェルマン(PSG)残留を明言した。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽2017年夏にPSGに加入したムバッペ。2017-18シーズンではクラブで10代ながら公式戦46試合21ゴール16アシストと驚異的な数字を残すと、ロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーに選出された。そして迎えたロシアW杯では6試合に先発。グループステージ第2節のペルー代表戦でフランスのW杯史上最年少ゴール(19歳6カ月)を挙げると、合計4ゴールを挙げてフランスを5大会ぶりの優勝に導いた。個人としてもヤングプレーヤー賞を受賞した。 ▽大会中にスター候補に名乗りを挙げたムバッペには、レアル・マドリーからの関心が伝えられていた中、4日に同クラブがオファー報道を公式否定。さらに今回ムバッペ自身がPSG残留を明言した。 「僕はPSGに留まるよ。彼らと僕の道を歩み続ける」 「僕のキャリアは始まったばかりだからね」 2018.07.16 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ネイマール慰留へPSGが“緊急補強”!迎え入れたのは意外な人物

パリ・サンジェルマン(PSG)は、レアル・マドリー移籍が取り沙汰されるFWネイマールの慰留に向け、ブラジル代表の理学療法士を招き入れたようだ。米メディア『ESPN』が伝えている。<br><br>ネイマールは2月に右足の第5中足骨骨折で残りシーズンを棒に振った。しかし、6月に開幕するロシアW杯に間に合わせるために、ブラジル代表の理学療法士であるブルーノ・マチオッチ氏の下でリハビリを行った結果、大会をベストコンディションで迎えることができた。<br><br>マチオッチ氏は、過去にブラジルのコリンチャンスや中国の山東魯能でロナウドやアレシャンドレ・パトのために働いた経験があり、『ESPN』によると、「ネイマールをはじめ、PSGに所属するダニエウ・アウベス、チアゴ・シウバ、マルキーニョスはクラブでもマチオッチと仕事をしたいと希望しているようだ」と伝えている。<br><br>さらにPSGのこの選択にるいて「W杯以来レアル・マドリーへの移籍の噂が増えているネイマールを喜ばせるために取ったステップだ」とし、ブラジル代表のエースを慰留するため、ネイマールが全幅の信頼を寄せるマチオッチ氏を迎えたとみられている。<br><br>マチオッチ氏は自身のインスタグラムで「このプロジェクトの一環としてこのクラブが成長するのを支援したい。それが私の責任であり、自信を持っている。このチャレンジは大変になるが、私の成功したいという意欲はますます大きくなっているよ。パリ・サンジェルマンが私の新しい家となったことは非常に幸せだ!」とPSG入りを喜んだ。<br><br>かねてからレアルへの移籍が取り沙汰されているネイマールだが、現地時間13日にレアルが公式声明を発表。ネイマールについて「我々はオファーを出す予定がないことを明らかにする。パリSGと我々の関係は素晴らしいものであり、レアル・マドリーがもしパリSGの選手の獲得を検討する時には、クラブに対して正式な獲得オファーを打診することになっている」と移籍騒動を完全否定している。<br><br>果たしてネイマールの去就はどうなるのだろうか。今後の一挙手一投足から目が離せない。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.14 19:30 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース