【リーグ・アン前半戦ベストイレブン】PSGから最多5選手を選出2017.12.30 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017-18シーズンのリーグ・アンは第19節を消化しました。そこで本稿では前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆前半戦ベストイレブン
GK:ルコント
DF:D・アウベス、マルキーニョス、イウトン、ジョルジ
MF:アワール、グスタボ、ラビオ
FW:フェキル、カバーニ、ネイマール

GKバンジャマン・ルコント(26歳/モンペリエ)
リーグ・アン出場数:19(先発回数:19)/失点数:13
Getty Images
▽リーグ最少失点の堅守を支える。今夏ディジョンから加入すると、モンペリエ最大のウィークポイントであった最後尾のポジションを一躍ストロングポイントに変えた。卓越したショットストップ、的確なポジショニングに加え、アクシデンタルな場面における冷静な判断力が光った。

DFダニエウ・アウベス(34歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:21(先発回数:21)/得点数:5
Getty Images
▽ネイマールと共にリーグタイトル奪還の切り札として加入し、その期待通りの働きを見せている。攻撃面では未だ世界最高峰の立ち位置にいるベテランラテラルは、押し込む試合展開が多いチームにおいてビルドアップやアタッキングサードの場面でさすがの存在感を示した。

DFマルキーニョス(23歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:0
Getty Images
▽前半戦のベストDF。若干23歳にして世界最高のセンターバックの風格を醸しだし、多士済々の各チームの主力アタッカーをことごとく封じた。前がかりなチームにおいて決定的な形でのカウンターを浴びる場面も少なくなかったが、卓越した身体能力と判断力を武器に無理の利く守備で堅守を支えた。

DFイウトン(40歳/モンペリエ)
リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:0
Getty Images
▽リーグ最年長のベテランセンターバックは今季も健在。[5-3-2]の守備的な布陣を敷くモンペリエの守備を完璧に統率。9月にはパリ・サンジェルマンを今季公式戦唯一の無得点に封じるなど、圧巻のパフォーマンスを披露し、リーグ月間MVP候補にも選出された。

DFジョルジ(21歳/モナコ)
リーグ・アン出場数:15(先発回数:15)/得点数:0
Getty Images
▽やや不作だった左サイドバックのポジションにおいて最も印象的なパフォーマンスを披露した。ブラジル産ラテラルらしいテクニックと攻撃センスを武器に、前任者メンディの後釜として及第点のパフォーマンスを披露。後半戦に向けた改善点はやや規律と繊細さを欠く守備面の改善。

MFフセム・アワール(19歳/リヨン)
リーグ・アン出場数:12(先発回数:10)/得点数:3
Getty Images
▽本格ブレイクを予感させる大器。今夏、バイエルンに旅立ったトリッソの着用していた背番号8を託されたアルジェリア系フランス人の19歳MFは、ドリブルやパスセンスに加え、守備でも献身性を見せる万能型MF。シーズンを経るごとに存在感を増しており、後半に向けて楽しみな人材だ。

MFルイス・グスタボ(30歳/マルセイユ)
リーグ・アン出場数:16(先発回数:16)/得点数:5
Getty Images
▽復調気配を見せるマルセイユの中盤の要。今夏ヴォルフスブルクから加入すると、攻撃面は魅力的ながら攻守のバランスに問題を抱えるガルシア監督率いるチームを見事なバランス感覚で支えた。さらに、“フランス・ダービー”で圧巻のミドルシュートを決めるなど、ここまで5得点と攻撃面での貢献も光る。

MFアドリアン・ラビオ(22歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:16(先発回数:15)/得点数:1
Getty Images
▽首位を快走するチームを支える若き司令塔。昨季、完全に独り立ちを果たすと、今季は去就問題に揺れたMFヴェッラッティを食う存在感で中盤を見事にけん引している。球際や前線への飛び出しといった持ち味に加え、よりシンプルなプレーを心がけることによって課題のイージーミスがかなり減っている。

FWナビル・フェキル(24歳/リヨン)
リーグ・アン出場数:16(先発回数:16)/得点数:13(PK:2)
Getty Images
▽“フランスのメッシ”が完全復活。以前からそのポテンシャルは多くの人が知るところだったが、FWラカゼット、MFトリッソと共に下部組織で育った主力が引き抜かれた今季は両選手に代わるエースとしてチームをけん引。優れたテクニック、攻撃センス、魔法の左足を武器にキャリアハイのハイペースでゴールを量産中だ。

FWエディンソン・カバーニ(30歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:18(先発回数:17)/得点数:19(PK:2)
Getty Images
▽前半戦のMVP。ムバッペ、ネイマールと共に超強力トリデンテの“MCN”を形成し、2年連続得点王に向けて視界良好だ。今季も豊富な運動量や質の高いオフ・ザ・ボールの動き、決定力を武器にゴールを量産。さらに、今季はリーグ上位陣との対戦でもゴールを記録しており、エースストライカーとしての存在感も絶大だ。

FWネイマール(25歳/パリ・サンジェルマン)
リーグ・アン出場数:14(先発回数:14)/得点数:11(PK:2)
Getty Images
▽新天地フランスで格の違いを見せつける。今夏、バルセロナから移籍市場最高額で電撃移籍を果たしたメガクラックは、デビュー戦となったギャンガン戦でいきなりゴールを記録すると、以降もゴールとアシストを量産し、その高額な移籍金に相応しい活躍を披露している。PK戦を巡るカバーニとの衝突や要所で見せる独善的なプレーは気がかりではあるが、このまま順調にいけば、シーズンMVPの可能性も十分にある。

コメント

関連ニュース

thumb

PSG退任が濃厚のエメリ監督、ソシエダとの合意報道を否定「残しているタイトルに集中している」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるウナイ・エメリ監督(46)は19日、自身のツイッターで来季の去就について他のクラブと交渉は行っていないと主張した。 ▽PSGは、15日に行われたリーグ・アン第33節で2位モナコ(勝ち点70)との直接対決を戦い、7-1で勝利。この結果、PSGは2年ぶり7度目のリーグ制覇を成し遂げた。 ▽2016年6月にPSGの指揮官に就任して初のリーグ・アン制覇となったエメリ監督だが、チャンピオンズリーグ(CL)では2年連続のベスト16敗退に終わっており、今季限りでの契約満了が濃厚となっていた。 ▽それに伴い、レアル・ソシエダが来季の指揮官としてエメリ監督を招へいすることを画策しており、一部メディアでは既に合意に至っているとの報道も伝えられていた。 ▽しかし、エメリ監督はこれを否定。自身のツイッターで以下のようにコメントした。 「ここ数日間で色々な情報が出回っているが、私は来季の去就について他のクラブと交渉していない。そして、私はいまパリ・サンジェルマンの監督として残しているタイトルの獲得に集中しているんだ」 2018.04.20 00:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「私がPSGにいたら…」デュガリー氏、優勝懸かった一戦でオンラインポーカーをしていたネイマールを批判

▽かつてミランやバルセロナでプレーした元フランス代表FWクリストフ・デュガリー氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールを批判した。『EURO SPORT』が伝えている。 ▽2位・モナコとの勝ち点差14をつけて首位に立っていたPSG(勝ち点84)は、15日のリーグアン第33節でモナコ(勝ち点70)と直接激突した。PSGは勝てば2シーズンぶり7度目のリーグ優勝が決まる一戦に、攻撃陣が爆発。ロ・セルソとディ・マリアの2ゴールを含む計7発でモナコを圧倒して、リーグ優勝を成し遂げた。 ▽2月に右足首のねん挫および第5中足骨の骨折という負傷を負ったネイマールは、この時母国のブラジルで自宅療養中。しかし、同メディアによるとネイマールは試合中、自宅のテレビでPSGの試合を観戦しながら、オンラインポーカーを楽しんでいる様子をSNSで投稿していたようだ。 ▽これに対してデュガリー氏は、ネイマールが優勝が決定するかもしれない瞬間に立ち会わなかったことに疑問を抱いているようだ。 「どうして彼はタイトルが懸かった一戦でチームメイトと共に居なかったのか? 彼はリーダーという役割が与えられた。それなのに勝利を分かち合うこともしないのか」 「PSGはそれを受け入れることはできるのだろうか? 私がPSGにいたらとても怒っているだろうね」 2018.04.19 10:53 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア王者ペップ・シティ、今夏大暴れか

▽今シーズンのプレミアリーグ王者に輝いたマンチェスター・シティが今夏、さらなる大型補強を敢行する可能性があるようだ。 ▽近年のストーブリーグを賑わせ続けるシティ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じたところによれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督は今夏の移籍市場で新たに3名のタレントに目を光らせているという。 ▽その3名とは、バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(26)、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)、そして、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(25)だ。 ▽ただし、グアルディオラ監督の主要ターゲットは、チアゴ・アルカンタラとムバッペ。2億ポンド(約304億2000万円)の資金を生かして、ロシア・ワールドカップ開催を考慮し、早期に補強を進めたい意向を示している模様だ。 2018.04.18 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、カゼミロ獲得に266億準備か?! ネイマールとトレードの可能性も

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロ(26)獲得に乗り出すようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽2013年に母国のサンパウロからレアル・マドリーに移籍したカゼミロは、2014年にポルトにレンタル移籍した。成長を果たしてレアル・マドリーのトップチームに復帰すると、2016年に就任したジネディーヌ・ジダン監督の下でレギュラーを勝ち取り、2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ決勝、アトレティコ・マドリー戦では傑出したパフォーマンスを披露。昨シーズンのCL決勝ユベントス戦でもミドルシュートで勝ち越し点を決め、今やクラブで最も欠かせない選手の1人として称賛を集めている。 ▽攻撃的な選手が多いレアル・マドリーの中で数少ない守備的MFとして活躍を続けるカゼミロには、これまでマンチェスター・ユナイテッドから関心を抱かれていることが取り沙汰されていた。今回の『アス』の報道によると、欧州最大の資金力を誇るPSGまでもが手を挙げているようだ。 ▽PSGは、MFマルコ・ヴェッラッティは別として、ベテランMFチアゴ・モッタや若手MFロ・セルソの代わりとなる中盤の選手を探している。クラブのスポーツディレクターであるアンテーロ・エンリケ氏が、かつてポルトでカゼミロとともに仕事をしていた縁もあり、白羽の矢が立っているようだ。 ▽レアル・マドリー側はカゼミロとの契約延長を目指しており、近いうちに好条件の新契約を締結する予定だという。しかし、PSG側が同選手の契約解除金2億ユーロ(約266億円)を払う用意をしているとも伝えられており、そのような巨額なオファーであればレアル・マドリー側が一考する可能性もあるだろう。 ▽それでも、PSGが2億ユーロ(約266億円)の支払いを躊躇する場合、ブラジル代表FWネイマール(26)を取引材料にする可能性もあるという。ネイマールの周囲にはかねてよりレアル・マドリー移籍の噂が噴出しており、今後の動向に注目が集まる。 2018.04.18 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG通算7度目のリーグ優勝も…エメリ「トップクラブになるには時間と忍耐が必要」

パリ・サンジェルマン(PSG)のウナイ・エメリ監督は、国内リーグでの地位を確立するバルセロナやバイエルンと比較するのは時期尚早だと考えているようだ。<br><br>15日に昨シーズン王者のモナコをホームで7-1で下したPSGは、2シーズンぶりのリーグ・アン優勝を決めた。ここ6年で5度目のリーグ制覇と、近年は国内で無類の強さを誇るPSGだが、エメリ監督はフランスを代表するクラブになるにはまだまだ時間がかかるとの見解を示している。<br><br>「ドイツではバイエルンがどのクラブよりも優勝しているし、スペインではレアル・マドリーとバルセロナ、イタリアではユベントスに加えミランとインテルだ。しかし、フランスではPSGが7度目の優勝と、ようやくリヨンの優勝回数に追いついた」<br><br>「フランスで、PSGが最高の地位を築き上げるには、時間と忍耐が必要だ。我々はまだ新しいコンセプトを持つ新しいクラブにすぎない」<br><br>パリSGは国内3冠に向け、18日にクープ・ドゥ・フランス準決勝でカーンと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.18 14:30 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース