【リーグ・アン前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はカバーニ!2017.12.30 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
★スーパースター軍団PSGが首位快走
▽近年、混戦模様となることが多いリーグ・アンの前半戦だが、今季はFWネイマールやFWムバッペの加入で大きな話題を集めたスーパースター軍団のパリ・サンジェルマン(PSG)が、2シーズンぶりの覇権奪還に向けて首位を快走している。

▽昨シーズン、モナコに5連覇を阻まれ、チャンピオンズリーグ(CL)ではバルセロナに歴史的な逆転負けを喫したPSG(勝ち点50)は、今夏の移籍市場でネイマール、ムバッペ、DFダニエウ・アウベスら世界屈指の名手を札束攻勢で獲得し、勝負のシーズンに臨んだ。すると、ムバッペ、FWカバーニ、ネイマールの超強力トリデンテ“MCN”が早々に機能すると、圧倒的な攻撃力を武器に開幕6連勝を達成。その後、モンペリエ、マルセイユ相手のドロー、昇格組ストラスブール相手の屈辱的な敗戦こそあったものの攻守に盤石の内容をみせ、2位モナコ(勝ち点41)と勝ち点9差の首位を快走している。

▽そのPSGを追走するのは、昨季王者モナコと3位リヨン(勝ち点41)、4位マルセイユ(勝ち点38)の3チームだ。昨季の17年ぶりのリーグ制覇、CLベスト4進出の快挙と引き換えに今夏、ムバッペ、MFベルナルド・シウバ、MFバカヨコ、DFメンディの主力4人が流出したモナコ。今季は主砲FWファルカオやMFレマル、MFロニー・ロペスら奮闘を見せるも、代役として獲得したMFティーレマンスやFWケイタ、FWヨベティッチら新戦力がことごとく期待を裏切り、CLグループステージ敗退など厳しい序盤戦を送った。それでも、直近4試合では格下相手に連勝を飾っており、上位戦線に踏みとどまっている。

▽一方、今夏にFWラカゼット、MFトリッソと2人の主力が退団したリヨンだが、こちらは新エースFWフェキルを軸に、新加入のFWバートランド・トラオレ、FWマリアーノ・ディアス、MFエンドンベレ、トップチーム昇格2年目の新星MFアワールら若手の台頭により、魅力ある攻撃サッカーで優勝争いに絡んでいる。

▽同じくマルセイユは昨季途中に新オーナーに就任したアメリカ人実業家マッコート氏の下、今夏DFラミ、DFアマヴィや出戻り守護神マンダンダ、MFグスタボらを積極的に補強すると、FWミトログル、FWジェルマンの主砲候補の2人こそ適応に苦しんだものの、粘り強い戦いを武器にCL出場権獲得も狙える4位に躍進。なお、日本代表DF酒井宏樹は本職の右サイドバックに加え、サポーターとの騒動で退団したDFエブラが抜けた左サイドバックもこなすなど、絶対的主力として活躍している。

▽また、メスで2年目を迎えた日本代表GK川島永嗣は今季も守護神争いに巻き込まれた中、ここまで11試合に出場するなど正GKのポジションを確保。チームは最下位に低迷しているものの、直近2試合で今季初の連勝を飾っており、後半戦での逆転残留に向けて徐々に調子を上げている。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
Getty Images
▽前半戦19ゴールを記録し2年連続得点王に向けてひた走るPSGのエースストライカーが前半戦のMVPだ。今季ネイマール、ムバッペという2人のクラックを獲得した中、即座に“MCN”が機能した最大の理由が卓越した決定力に加え、利他的な精神を併せ持つカバーニの存在だ。的確なポストワークにスペースメーク、無駄走りをいとわないウルグアイ代表FWは、自由度の高い相棒2人をきっちり生かした。さらに、ここぞという拮抗したゲームでエースストライカーとしての仕事も果たしており、昨シーズンからさらに頼もしい存在となっている。

★最優秀監督
◆クラウディオ・ラニエリ(ナント)
Getty Images
▽資金力、戦力面で大きく劣る古豪ナントを5位に躍進させたイタリア屈指の智将ラニエリ監督が前半戦の最優秀監督だ。奇跡を実現させたレスター・シティ退団後、引く手あまたの老将が新天地に選んだのは、フランスの古豪ナントだった。毎年、リーグ・アン残留を目標に掲げるナントは、元フィオレンティーナGKタタルサヌや元インテルMFクーリン、元京都MFアンドレイら小粒なタレントしか在籍していないものの、レスター時代やセリエA時代を含めてやりくり上手で知られるラニエリ監督は、組織的な守備をベースにチームを構築。開幕2連敗と厳しいスタートとなったものの、接戦に強いチームは以降8戦無敗(6勝2分け)を記録するなど、粘り強い戦いをみせ、前半戦を望外の5位で終えることになった。

【期待以上】
★チーム
◆モンペリエ
Getty Images
▽2011-12シーズンの奇跡のリーグ優勝以降、低迷が続くモンペリエだが、今季はデル=ザカリアン新監督の下でEL出場圏内も狙える7位で前半戦を終えた。昨季までは攻撃面でスペクタクルを提供する一方、守備の軽さが目立ったチームだったが、今季は[5-3-2]の守備的なスタイルでここまでリーグ最少の13失点という堅守のチームに生まれ変わった。新守護神ルコント、DFペドロ・メンデス、重鎮DFイウトンを中心とする守備はPSGを今季唯一無失点で抑え込むなど、上位陣相手に見事に機能した。後半戦に向けての課題はカウンターの精度の向上、決定力のあるストライカーの獲得。それができれば、EL出場権獲得も夢ではないはずだ。

★選手
◆FWマリアーノ・ディアス(リヨン)
Getty Images
▽今季レアル・マドリーから加入したドミニカ代表FWは、ここまでチームトップタイの13ゴールを挙げる印象的な活躍を披露している。昨季、レアル・マドリーで才能の片鱗を見せたものの、ここまでトップカテゴリーでのプレー経験がほとんどなく加入当初は懐疑的な見方が目立った。しかし、新天地リヨンでもマドリー時代に見せた卓越した身体能力とゴールセンスを武器に序盤からゴールを量産し、フェキルやFWデパイ、同じく新加入のトラオレらと共に魅惑のアタッキングカルテットを形成している。

【期待外れ】
★チーム
◆リール
Getty Images
▽ルクセンブルク人実業家のジェラール・ロペス新オーナーの下で鬼才ビエルサを招へいし、モナコのような育成型クラブを目指すリールだが、期待外れの前半戦に終わった。昨シーズン途中に来季からのビエルサ監督就任を発表し、今夏の移籍市場でもMFチアゴ・マイアやFWポンセ、FWニコラス・ペペなど国内外の若手逸材をかき集めたリール。しかし、開幕戦でナント相手に大勝スタートを飾って以降は、指揮官の難解すぎる戦術に若手選手が順応できなかったうえ、リーグ・アン初挑戦となった多くの選手がフィジカル的なスタイルに苦戦し、惨敗を重ねた。そして、11月末には予てよりフロントとの確執が噂された指揮官が親友の危篤に伴い、無断で母国チリに帰国したことをキッカケに契約解除に至る最悪の結末を迎えた。そして、前半戦を18位で終えたチームは前サンテチェンヌ指揮官ガルティエ監督の下で再スタートを切ることになった。

★選手
◆MFユーリ・ティーレマンス(モナコ)
Getty Images
▽MFベルナルド・シウバやMFバカヨコら昨季モナコの主力を担った選手たちの後釜として大きな期待を背負った若きベルギー代表MFだったが、ここまでは期待外れのパフォーマンスが続く。10代後半から母国名門アンデルレヒトで主力を担い、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、アトレティコ・マドリーなど、錚々たるビッグクラブ行きが噂されたティーレマンスだったが、ベルギーリーグに比べて展開が速くよりフィジカル的な要素を求められるリーグ・アンへの適応に苦戦。攻守に判断ミスが目立つうえ、徐々にミスを恐れて消極的なプレーが増え始め、自分の特長である攻撃センスや果敢なミドルシュートを全く見せられない前半戦となった。

【後半戦展望】
★CL結果次第でPSG独走か
▽後半戦も優勝争いをリードしていくのはPSGだ。その一方で、リーグタイトルと同時にCL制覇を悲願とするチームは2月以降、そちらにより重きを置いていくだけにリーグ戦一本のモナコにも十分チャンスはあるはずだ。

▽バイエルンを退けてグループステージ首位通過を決めたPSGだったが、決勝トーナメント1回戦の相手は2位通過チームで最悪な相手であるレアル・マドリー。仮に、ここで敗れることになれば、リーグ戦に全力を注ぐことになるため、モナコやリヨン、マルセイユといったライバルは間違いなくPSGの勝ち抜けを希望していることだろう。なお、リヨンとマルセイユはいずれもEL決勝トーナメント進出を決めており、こちらもELでの結果がリーグ戦に影響を及ぼすことになる。

▽トップ4を除くEL出場権争いや残留争いに関しては、今シーズンも10チーム以上が絡む大混戦が予想される。現在、残留圏内と勝ち点8差の最下位に沈む川島所属のメスも前半戦終盤の好調を維持できれば、2年連続残留を勝ち取る可能性は十分にあると思われる。

コメント

関連ニュース

thumb

PSG退任が濃厚のエメリ監督、ソシエダとの合意報道を否定「残しているタイトルに集中している」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるウナイ・エメリ監督(46)は19日、自身のツイッターで来季の去就について他のクラブと交渉は行っていないと主張した。 ▽PSGは、15日に行われたリーグ・アン第33節で2位モナコ(勝ち点70)との直接対決を戦い、7-1で勝利。この結果、PSGは2年ぶり7度目のリーグ制覇を成し遂げた。 ▽2016年6月にPSGの指揮官に就任して初のリーグ・アン制覇となったエメリ監督だが、チャンピオンズリーグ(CL)では2年連続のベスト16敗退に終わっており、今季限りでの契約満了が濃厚となっていた。 ▽それに伴い、レアル・ソシエダが来季の指揮官としてエメリ監督を招へいすることを画策しており、一部メディアでは既に合意に至っているとの報道も伝えられていた。 ▽しかし、エメリ監督はこれを否定。自身のツイッターで以下のようにコメントした。 「ここ数日間で色々な情報が出回っているが、私は来季の去就について他のクラブと交渉していない。そして、私はいまパリ・サンジェルマンの監督として残しているタイトルの獲得に集中しているんだ」 2018.04.20 00:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「私がPSGにいたら…」デュガリー氏、優勝懸かった一戦でオンラインポーカーをしていたネイマールを批判

▽かつてミランやバルセロナでプレーした元フランス代表FWクリストフ・デュガリー氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールを批判した。『EURO SPORT』が伝えている。 ▽2位・モナコとの勝ち点差14をつけて首位に立っていたPSG(勝ち点84)は、15日のリーグアン第33節でモナコ(勝ち点70)と直接激突した。PSGは勝てば2シーズンぶり7度目のリーグ優勝が決まる一戦に、攻撃陣が爆発。ロ・セルソとディ・マリアの2ゴールを含む計7発でモナコを圧倒して、リーグ優勝を成し遂げた。 ▽2月に右足首のねん挫および第5中足骨の骨折という負傷を負ったネイマールは、この時母国のブラジルで自宅療養中。しかし、同メディアによるとネイマールは試合中、自宅のテレビでPSGの試合を観戦しながら、オンラインポーカーを楽しんでいる様子をSNSで投稿していたようだ。 ▽これに対してデュガリー氏は、ネイマールが優勝が決定するかもしれない瞬間に立ち会わなかったことに疑問を抱いているようだ。 「どうして彼はタイトルが懸かった一戦でチームメイトと共に居なかったのか? 彼はリーダーという役割が与えられた。それなのに勝利を分かち合うこともしないのか」 「PSGはそれを受け入れることはできるのだろうか? 私がPSGにいたらとても怒っているだろうね」 2018.04.19 10:53 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア王者ペップ・シティ、今夏大暴れか

▽今シーズンのプレミアリーグ王者に輝いたマンチェスター・シティが今夏、さらなる大型補強を敢行する可能性があるようだ。 ▽近年のストーブリーグを賑わせ続けるシティ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じたところによれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督は今夏の移籍市場で新たに3名のタレントに目を光らせているという。 ▽その3名とは、バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(26)、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)、そして、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(25)だ。 ▽ただし、グアルディオラ監督の主要ターゲットは、チアゴ・アルカンタラとムバッペ。2億ポンド(約304億2000万円)の資金を生かして、ロシア・ワールドカップ開催を考慮し、早期に補強を進めたい意向を示している模様だ。 2018.04.18 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、カゼミロ獲得に266億準備か?! ネイマールとトレードの可能性も

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロ(26)獲得に乗り出すようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽2013年に母国のサンパウロからレアル・マドリーに移籍したカゼミロは、2014年にポルトにレンタル移籍した。成長を果たしてレアル・マドリーのトップチームに復帰すると、2016年に就任したジネディーヌ・ジダン監督の下でレギュラーを勝ち取り、2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ決勝、アトレティコ・マドリー戦では傑出したパフォーマンスを披露。昨シーズンのCL決勝ユベントス戦でもミドルシュートで勝ち越し点を決め、今やクラブで最も欠かせない選手の1人として称賛を集めている。 ▽攻撃的な選手が多いレアル・マドリーの中で数少ない守備的MFとして活躍を続けるカゼミロには、これまでマンチェスター・ユナイテッドから関心を抱かれていることが取り沙汰されていた。今回の『アス』の報道によると、欧州最大の資金力を誇るPSGまでもが手を挙げているようだ。 ▽PSGは、MFマルコ・ヴェッラッティは別として、ベテランMFチアゴ・モッタや若手MFロ・セルソの代わりとなる中盤の選手を探している。クラブのスポーツディレクターであるアンテーロ・エンリケ氏が、かつてポルトでカゼミロとともに仕事をしていた縁もあり、白羽の矢が立っているようだ。 ▽レアル・マドリー側はカゼミロとの契約延長を目指しており、近いうちに好条件の新契約を締結する予定だという。しかし、PSG側が同選手の契約解除金2億ユーロ(約266億円)を払う用意をしているとも伝えられており、そのような巨額なオファーであればレアル・マドリー側が一考する可能性もあるだろう。 ▽それでも、PSGが2億ユーロ(約266億円)の支払いを躊躇する場合、ブラジル代表FWネイマール(26)を取引材料にする可能性もあるという。ネイマールの周囲にはかねてよりレアル・マドリー移籍の噂が噴出しており、今後の動向に注目が集まる。 2018.04.18 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG通算7度目のリーグ優勝も…エメリ「トップクラブになるには時間と忍耐が必要」

パリ・サンジェルマン(PSG)のウナイ・エメリ監督は、国内リーグでの地位を確立するバルセロナやバイエルンと比較するのは時期尚早だと考えているようだ。<br><br>15日に昨シーズン王者のモナコをホームで7-1で下したPSGは、2シーズンぶりのリーグ・アン優勝を決めた。ここ6年で5度目のリーグ制覇と、近年は国内で無類の強さを誇るPSGだが、エメリ監督はフランスを代表するクラブになるにはまだまだ時間がかかるとの見解を示している。<br><br>「ドイツではバイエルンがどのクラブよりも優勝しているし、スペインではレアル・マドリーとバルセロナ、イタリアではユベントスに加えミランとインテルだ。しかし、フランスではPSGが7度目の優勝と、ようやくリヨンの優勝回数に追いついた」<br><br>「フランスで、PSGが最高の地位を築き上げるには、時間と忍耐が必要だ。我々はまだ新しいコンセプトを持つ新しいクラブにすぎない」<br><br>パリSGは国内3冠に向け、18日にクープ・ドゥ・フランス準決勝でカーンと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.18 14:30 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース