【リーグ・アン前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はカバーニ!2017.12.30 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
★スーパースター軍団PSGが首位快走
▽近年、混戦模様となることが多いリーグ・アンの前半戦だが、今季はFWネイマールやFWムバッペの加入で大きな話題を集めたスーパースター軍団のパリ・サンジェルマン(PSG)が、2シーズンぶりの覇権奪還に向けて首位を快走している。

▽昨シーズン、モナコに5連覇を阻まれ、チャンピオンズリーグ(CL)ではバルセロナに歴史的な逆転負けを喫したPSG(勝ち点50)は、今夏の移籍市場でネイマール、ムバッペ、DFダニエウ・アウベスら世界屈指の名手を札束攻勢で獲得し、勝負のシーズンに臨んだ。すると、ムバッペ、FWカバーニ、ネイマールの超強力トリデンテ“MCN”が早々に機能すると、圧倒的な攻撃力を武器に開幕6連勝を達成。その後、モンペリエ、マルセイユ相手のドロー、昇格組ストラスブール相手の屈辱的な敗戦こそあったものの攻守に盤石の内容をみせ、2位モナコ(勝ち点41)と勝ち点9差の首位を快走している。

▽そのPSGを追走するのは、昨季王者モナコと3位リヨン(勝ち点41)、4位マルセイユ(勝ち点38)の3チームだ。昨季の17年ぶりのリーグ制覇、CLベスト4進出の快挙と引き換えに今夏、ムバッペ、MFベルナルド・シウバ、MFバカヨコ、DFメンディの主力4人が流出したモナコ。今季は主砲FWファルカオやMFレマル、MFロニー・ロペスら奮闘を見せるも、代役として獲得したMFティーレマンスやFWケイタ、FWヨベティッチら新戦力がことごとく期待を裏切り、CLグループステージ敗退など厳しい序盤戦を送った。それでも、直近4試合では格下相手に連勝を飾っており、上位戦線に踏みとどまっている。

▽一方、今夏にFWラカゼット、MFトリッソと2人の主力が退団したリヨンだが、こちらは新エースFWフェキルを軸に、新加入のFWバートランド・トラオレ、FWマリアーノ・ディアス、MFエンドンベレ、トップチーム昇格2年目の新星MFアワールら若手の台頭により、魅力ある攻撃サッカーで優勝争いに絡んでいる。

▽同じくマルセイユは昨季途中に新オーナーに就任したアメリカ人実業家マッコート氏の下、今夏DFラミ、DFアマヴィや出戻り守護神マンダンダ、MFグスタボらを積極的に補強すると、FWミトログル、FWジェルマンの主砲候補の2人こそ適応に苦しんだものの、粘り強い戦いを武器にCL出場権獲得も狙える4位に躍進。なお、日本代表DF酒井宏樹は本職の右サイドバックに加え、サポーターとの騒動で退団したDFエブラが抜けた左サイドバックもこなすなど、絶対的主力として活躍している。

▽また、メスで2年目を迎えた日本代表GK川島永嗣は今季も守護神争いに巻き込まれた中、ここまで11試合に出場するなど正GKのポジションを確保。チームは最下位に低迷しているものの、直近2試合で今季初の連勝を飾っており、後半戦での逆転残留に向けて徐々に調子を上げている。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
Getty Images
▽前半戦19ゴールを記録し2年連続得点王に向けてひた走るPSGのエースストライカーが前半戦のMVPだ。今季ネイマール、ムバッペという2人のクラックを獲得した中、即座に“MCN”が機能した最大の理由が卓越した決定力に加え、利他的な精神を併せ持つカバーニの存在だ。的確なポストワークにスペースメーク、無駄走りをいとわないウルグアイ代表FWは、自由度の高い相棒2人をきっちり生かした。さらに、ここぞという拮抗したゲームでエースストライカーとしての仕事も果たしており、昨シーズンからさらに頼もしい存在となっている。

★最優秀監督
◆クラウディオ・ラニエリ(ナント)
Getty Images
▽資金力、戦力面で大きく劣る古豪ナントを5位に躍進させたイタリア屈指の智将ラニエリ監督が前半戦の最優秀監督だ。奇跡を実現させたレスター・シティ退団後、引く手あまたの老将が新天地に選んだのは、フランスの古豪ナントだった。毎年、リーグ・アン残留を目標に掲げるナントは、元フィオレンティーナGKタタルサヌや元インテルMFクーリン、元京都MFアンドレイら小粒なタレントしか在籍していないものの、レスター時代やセリエA時代を含めてやりくり上手で知られるラニエリ監督は、組織的な守備をベースにチームを構築。開幕2連敗と厳しいスタートとなったものの、接戦に強いチームは以降8戦無敗(6勝2分け)を記録するなど、粘り強い戦いをみせ、前半戦を望外の5位で終えることになった。

【期待以上】
★チーム
◆モンペリエ
Getty Images
▽2011-12シーズンの奇跡のリーグ優勝以降、低迷が続くモンペリエだが、今季はデル=ザカリアン新監督の下でEL出場圏内も狙える7位で前半戦を終えた。昨季までは攻撃面でスペクタクルを提供する一方、守備の軽さが目立ったチームだったが、今季は[5-3-2]の守備的なスタイルでここまでリーグ最少の13失点という堅守のチームに生まれ変わった。新守護神ルコント、DFペドロ・メンデス、重鎮DFイウトンを中心とする守備はPSGを今季唯一無失点で抑え込むなど、上位陣相手に見事に機能した。後半戦に向けての課題はカウンターの精度の向上、決定力のあるストライカーの獲得。それができれば、EL出場権獲得も夢ではないはずだ。

★選手
◆FWマリアーノ・ディアス(リヨン)
Getty Images
▽今季レアル・マドリーから加入したドミニカ代表FWは、ここまでチームトップタイの13ゴールを挙げる印象的な活躍を披露している。昨季、レアル・マドリーで才能の片鱗を見せたものの、ここまでトップカテゴリーでのプレー経験がほとんどなく加入当初は懐疑的な見方が目立った。しかし、新天地リヨンでもマドリー時代に見せた卓越した身体能力とゴールセンスを武器に序盤からゴールを量産し、フェキルやFWデパイ、同じく新加入のトラオレらと共に魅惑のアタッキングカルテットを形成している。

【期待外れ】
★チーム
◆リール
Getty Images
▽ルクセンブルク人実業家のジェラール・ロペス新オーナーの下で鬼才ビエルサを招へいし、モナコのような育成型クラブを目指すリールだが、期待外れの前半戦に終わった。昨シーズン途中に来季からのビエルサ監督就任を発表し、今夏の移籍市場でもMFチアゴ・マイアやFWポンセ、FWニコラス・ペペなど国内外の若手逸材をかき集めたリール。しかし、開幕戦でナント相手に大勝スタートを飾って以降は、指揮官の難解すぎる戦術に若手選手が順応できなかったうえ、リーグ・アン初挑戦となった多くの選手がフィジカル的なスタイルに苦戦し、惨敗を重ねた。そして、11月末には予てよりフロントとの確執が噂された指揮官が親友の危篤に伴い、無断で母国チリに帰国したことをキッカケに契約解除に至る最悪の結末を迎えた。そして、前半戦を18位で終えたチームは前サンテチェンヌ指揮官ガルティエ監督の下で再スタートを切ることになった。

★選手
◆MFユーリ・ティーレマンス(モナコ)
Getty Images
▽MFベルナルド・シウバやMFバカヨコら昨季モナコの主力を担った選手たちの後釜として大きな期待を背負った若きベルギー代表MFだったが、ここまでは期待外れのパフォーマンスが続く。10代後半から母国名門アンデルレヒトで主力を担い、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、アトレティコ・マドリーなど、錚々たるビッグクラブ行きが噂されたティーレマンスだったが、ベルギーリーグに比べて展開が速くよりフィジカル的な要素を求められるリーグ・アンへの適応に苦戦。攻守に判断ミスが目立つうえ、徐々にミスを恐れて消極的なプレーが増え始め、自分の特長である攻撃センスや果敢なミドルシュートを全く見せられない前半戦となった。

【後半戦展望】
★CL結果次第でPSG独走か
▽後半戦も優勝争いをリードしていくのはPSGだ。その一方で、リーグタイトルと同時にCL制覇を悲願とするチームは2月以降、そちらにより重きを置いていくだけにリーグ戦一本のモナコにも十分チャンスはあるはずだ。

▽バイエルンを退けてグループステージ首位通過を決めたPSGだったが、決勝トーナメント1回戦の相手は2位通過チームで最悪な相手であるレアル・マドリー。仮に、ここで敗れることになれば、リーグ戦に全力を注ぐことになるため、モナコやリヨン、マルセイユといったライバルは間違いなくPSGの勝ち抜けを希望していることだろう。なお、リヨンとマルセイユはいずれもEL決勝トーナメント進出を決めており、こちらもELでの結果がリーグ戦に影響を及ぼすことになる。

▽トップ4を除くEL出場権争いや残留争いに関しては、今シーズンも10チーム以上が絡む大混戦が予想される。現在、残留圏内と勝ち点8差の最下位に沈む川島所属のメスも前半戦終盤の好調を維持できれば、2年連続残留を勝ち取る可能性は十分にあると思われる。

コメント

関連ニュース

thumb

「W杯優勝がなくても…」ディ・マリアが同僚メッシを“史上最高の選手”と絶賛

パリ・サンジェルマンFWアンヘル・ディ・マリアは、アルゼンチン代表チームメイトのリオネル・メッシを&ldquo;史上最高の選手&rdquo;と称えた。<br><br>14日に行われたレアル・ソシエダ戦で、メッシはフリーキックを直接ゴールに叩き込み、リーグ通算366ゴール目を記録。ゲルト・ミュラー氏の持つ欧州5大リーグの同一クラブ通算得点記録を更新する大記録を打ち立てた。<br><br>バルセロナで数々のタイトルを勝ち取り、バロンドールを5度受賞するなど、ほぼすべてのタイトルを獲得したメッシだが、唯一ワールドカップには手が届いていない。しかし、ディ・マリアはアルゼンチン代表で世界一になっていなくとも、同選手が&ldquo;史上最高の選手&rdquo;だと語った。<br><br>「メッシはすでに最高の選手だ。W杯で優勝できれば、間違いなく最高の選手と呼ばれるだろうが、彼はもうそのような存在になっている」<br><br>「アルゼンチンは常にW杯優勝候補の一角で、今年の大会でもそれは変わらないだろう。その理由は、僕たちにはメッシがいるからだと思う。もちろん、他にもフランスやスペインなど強豪がひしめき合っているが、アルゼンチンがその中でもベストだ」<br><br>南米予選では、最終節に辛うじて本戦出場を決めたアルゼンチン。しかし、アイスランド、クロアチア、ナイジェリアとグループリーグで対戦することが決まっているディ・マリアは、ロシアで違った結果を得られると自信をのぞかせた。<br><br>「トップを維持するためにハードワークを続けなくてはならない。でも、本戦は予選とは全くの別物だ。勝てなければ、黙って家に帰るだけ。だから、この大会での試合はとても特別なものなんだ。今年のワールドカップで優勝することを僕たちは望んでいる。でも、勝てても、勝てなくても、またカタールで優勝できるチャンスはある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 10:43 Fri
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、BBCに代わるトリデンテ形成へ? アザール、レヴィ、ネイマール獲得か

▽レアル・マドリーがスター選手3名の獲得を狙っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽昨シーズンに史上初の2年連続チャンピオンズリーグ制覇を達成したレアル・マドリーだが、今シーズンはリーガエスパニョーラで首位のバルセロナから19ポイント差の遅れをとるなど苦しんでいる。 ▽近年のレアル・マドリーの強さを体現したアタッカー陣であるFWカリム・ベンゼマ、FWガレス・ベイル、FWクリスティアーノ・ロナウドの“BBC”だが、クラブはこれらのアタッカー陣を徐々に入れ替えていくことを考えているようで、報道によればチェルシーMFエデン・アザール、パリ・サンジェルマンFWネイマール、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキのトリデンテを実現させたい意向があるようだ。 ▽また、センターフォワードに関しては、トッテナムFWハリー・ケイン、そしてインテルFWマウロ・イカルディとの関連も伝えられている。2選手に関しては、現在29歳のレヴァンドフスキよりも移籍金が高くなることが予想されている。 2018.01.18 17:11 Thu
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバ、ファンからネイマールへブーイングも「怒っているようには見えなかった」

パリ・サンジェルマン(PSG)でキャプテンを務めるブラジル代表DFチアゴ・シウバは、ネイマールが自軍のサポーターから受けたブーイングに対して怒りを見せていないと語っている。フランス『カナル・プラス』に語った。<br><br>PSGが8-0の圧勝を収めた18日のディジョン戦で、史上最高額の移籍金で加入したエースは4得点を挙げる活躍を見せた。しかし、7-0の状況でエディンソン・カバーニが獲得したPKを、すでにハットトリックを決めていたネイマールが蹴ったことにPSGサポーターは怒りを露わにした。カバーニはこの日、チーム3点目を決めたことによりズラタン・イブラヒモビッチが持つ156ゴールのクラブ歴代得点記録に並んでおり、このPKを決めていれば新記録を達成するはずだったからだ。<br><br>ホームでの記録更新を期待したPSGサポーターのカバーニコールを尻目にPKを沈めたネイマールには、ブーイングが浴びせられた。それでも、シウバはネイマールが落ち着いているように見えたと話す。<br><br>「ネイマールが怒っているようには見えなかった。彼の行為に納得のいかないサポーターはいたかもしれないけど、大事なことは8-0で僕たちが勝ったということさ。カバーニはすぐに新記録を達成するよ。試合はまだまだ残されていて、なにより彼はいつでもゴールを決め続けてきたからね」<br><br>8-0という完璧な試合を見せたにも関わらず、ネイマールのチームメイトへの敬意を欠く行為により不穏な空気がスタジアムを包んだものの、指揮官であるウナイ・エメリのネイマールへの信頼は揺るがないようだ。<br><br>「カバーニは我々のストライカーだ。彼はチームを助け、チームは彼のゴールを手伝っている。今回、PKはネイマールに譲ったが、これからもっとたくさんのゴールを決める機会がある。ネイマールがいた方がいいチームであることは明白だ。勝利も記録も全てはチームのためにある」<br><br>圧倒的なパフォーマンスを見せながらも、カバーニとのPKを巡るトラブルが後を絶たないネイマール。プレー以外の部分でもサポーターに認めてもらえる日は来るのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 15:34 Thu
twitterfacebook
thumb

ネイマールにファンからブーイング…カバーニの記録超えチャンスにPKを譲らず

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールに対するファンからの逆風が強まっているようだ。スペイン『マルカ』、『アス』などが伝えた。<br><br>PSGは17日、リーグ・アン第21節でディジョンと対戦。試合はネイマールの4ゴールなどもあり、PSGが8-0で快勝した。しかし、試合の終盤に火種となりかねない出来事が発生している。<br><br>83分にPSGはPKを獲得。この試合ですでに1ゴールを奪っていたエディンソン・カバーニはズラタン・イブラヒモビッチの得点記録と並び、イブラ超えにリーチがかかっていた。そのため、ホームの観衆はカバーニが蹴ることを期待したが、キッカーはすでに決まっているとおりネイマールで、決めた直後にもファンからはブーイングが飛ばされた。<br><br>ウナイ・エメリ監督は「カバーニはイブラを超えるチャンスをすぐに得るだろう」とコメント。チームメイトのトーマス・ムニエも「ネイマールは責任を背負ってPKを蹴ることになっている。確かにカバーニにPKを譲ったら素晴らしい行為だったけどね。カバーニは今週や来週にもゴールを決めるはずさ。ネイマールは4ゴール2アシストという結果を残した。ファンのブーイングという反応はあまりに無礼だね」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGが今季最多の8ゴールで圧勝! 今季欧州クラブ最速で公式戦100ゴール達成!!《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は17日、リーグ・アン第21節でディジョンと対戦し、8-0で圧勝した。 ▽リーグ戦4連勝と首位を快走するPSGが、10位ディジョンをホームに迎えた一戦。14日に行われたナント戦をディ・マリア弾で勝利したPSGは、その試合から先発を5人変更。ムバッペやラビオ、マルキーニョスらに代えてネイマールやドラクスラー、チアゴ・シウバらがスタメンに並んだ。 ▽試合は開始早々に動く。4分、ボックス左手前でボールを受けたディ・マリアがそのまま左足を振り抜くと、このシュートがゴール右サイドネットに突き刺さった。先制点で勢いづくPSGはここからゴールラッシュを見せる。 ▽15分、カバーニのスルーパスでゴール前まで侵攻したネイマールが飛び出したGKの上を越すシュートを放つと、わずかに右に逸れたボールをディ・マリアが押し込み、この試合2点目を決める。さらに21分には、ディ・マリアの右クロスをカバーニが頭で流し込み3点目。 ▽前半終盤の42分には、ペナルティアーク右横で獲得したFKをネイマールが直接ゴール右に決め、試合を決定付ける4点目を奪った。 ▽後半に入っても主導権を握るPSGは57分、左サイドをオーバーラップしたユーリの高速クロスが相手DFのクリアミスを誘うと、これを拾ったネイマールがゴール左からシュートを流し込んだ。 ▽さらに74分には、左サイドでボールを受けたネイマールがダイアゴナルなドリブルでゴール前まで持ち上がると、相手DF5人をかわしゴール左隅にシュートを沈め、移籍後初のハットトリック達成。 ▽その後も攻撃の手を緩めないPSGは、77分にネイマールのパスから途中出場のムバッペがゴールネットを揺らし7点目。83分には、カバーニがゴール前で倒されて獲得したPKをネイマールが決め、8点目を奪った。 ▽結局、試合はそのまま8-0で終了。ネイマールの4点など、今季リーグ戦最多の8ゴールを奪ったPSGが大勝した。なお、この試合でPSGは欧州所属のクラブチームで今季最速の100ゴールを達成した。 2018.01.18 07:15 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース