【リーグ・アン前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はカバーニ!2017.12.30 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
★スーパースター軍団PSGが首位快走
▽近年、混戦模様となることが多いリーグ・アンの前半戦だが、今季はFWネイマールやFWムバッペの加入で大きな話題を集めたスーパースター軍団のパリ・サンジェルマン(PSG)が、2シーズンぶりの覇権奪還に向けて首位を快走している。

▽昨シーズン、モナコに5連覇を阻まれ、チャンピオンズリーグ(CL)ではバルセロナに歴史的な逆転負けを喫したPSG(勝ち点50)は、今夏の移籍市場でネイマール、ムバッペ、DFダニエウ・アウベスら世界屈指の名手を札束攻勢で獲得し、勝負のシーズンに臨んだ。すると、ムバッペ、FWカバーニ、ネイマールの超強力トリデンテ“MCN”が早々に機能すると、圧倒的な攻撃力を武器に開幕6連勝を達成。その後、モンペリエ、マルセイユ相手のドロー、昇格組ストラスブール相手の屈辱的な敗戦こそあったものの攻守に盤石の内容をみせ、2位モナコ(勝ち点41)と勝ち点9差の首位を快走している。

▽そのPSGを追走するのは、昨季王者モナコと3位リヨン(勝ち点41)、4位マルセイユ(勝ち点38)の3チームだ。昨季の17年ぶりのリーグ制覇、CLベスト4進出の快挙と引き換えに今夏、ムバッペ、MFベルナルド・シウバ、MFバカヨコ、DFメンディの主力4人が流出したモナコ。今季は主砲FWファルカオやMFレマル、MFロニー・ロペスら奮闘を見せるも、代役として獲得したMFティーレマンスやFWケイタ、FWヨベティッチら新戦力がことごとく期待を裏切り、CLグループステージ敗退など厳しい序盤戦を送った。それでも、直近4試合では格下相手に連勝を飾っており、上位戦線に踏みとどまっている。

▽一方、今夏にFWラカゼット、MFトリッソと2人の主力が退団したリヨンだが、こちらは新エースFWフェキルを軸に、新加入のFWバートランド・トラオレ、FWマリアーノ・ディアス、MFエンドンベレ、トップチーム昇格2年目の新星MFアワールら若手の台頭により、魅力ある攻撃サッカーで優勝争いに絡んでいる。

▽同じくマルセイユは昨季途中に新オーナーに就任したアメリカ人実業家マッコート氏の下、今夏DFラミ、DFアマヴィや出戻り守護神マンダンダ、MFグスタボらを積極的に補強すると、FWミトログル、FWジェルマンの主砲候補の2人こそ適応に苦しんだものの、粘り強い戦いを武器にCL出場権獲得も狙える4位に躍進。なお、日本代表DF酒井宏樹は本職の右サイドバックに加え、サポーターとの騒動で退団したDFエブラが抜けた左サイドバックもこなすなど、絶対的主力として活躍している。

▽また、メスで2年目を迎えた日本代表GK川島永嗣は今季も守護神争いに巻き込まれた中、ここまで11試合に出場するなど正GKのポジションを確保。チームは最下位に低迷しているものの、直近2試合で今季初の連勝を飾っており、後半戦での逆転残留に向けて徐々に調子を上げている。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
Getty Images
▽前半戦19ゴールを記録し2年連続得点王に向けてひた走るPSGのエースストライカーが前半戦のMVPだ。今季ネイマール、ムバッペという2人のクラックを獲得した中、即座に“MCN”が機能した最大の理由が卓越した決定力に加え、利他的な精神を併せ持つカバーニの存在だ。的確なポストワークにスペースメーク、無駄走りをいとわないウルグアイ代表FWは、自由度の高い相棒2人をきっちり生かした。さらに、ここぞという拮抗したゲームでエースストライカーとしての仕事も果たしており、昨シーズンからさらに頼もしい存在となっている。

★最優秀監督
◆クラウディオ・ラニエリ(ナント)
Getty Images
▽資金力、戦力面で大きく劣る古豪ナントを5位に躍進させたイタリア屈指の智将ラニエリ監督が前半戦の最優秀監督だ。奇跡を実現させたレスター・シティ退団後、引く手あまたの老将が新天地に選んだのは、フランスの古豪ナントだった。毎年、リーグ・アン残留を目標に掲げるナントは、元フィオレンティーナGKタタルサヌや元インテルMFクーリン、元京都MFアンドレイら小粒なタレントしか在籍していないものの、レスター時代やセリエA時代を含めてやりくり上手で知られるラニエリ監督は、組織的な守備をベースにチームを構築。開幕2連敗と厳しいスタートとなったものの、接戦に強いチームは以降8戦無敗(6勝2分け)を記録するなど、粘り強い戦いをみせ、前半戦を望外の5位で終えることになった。

【期待以上】
★チーム
◆モンペリエ
Getty Images
▽2011-12シーズンの奇跡のリーグ優勝以降、低迷が続くモンペリエだが、今季はデル=ザカリアン新監督の下でEL出場圏内も狙える7位で前半戦を終えた。昨季までは攻撃面でスペクタクルを提供する一方、守備の軽さが目立ったチームだったが、今季は[5-3-2]の守備的なスタイルでここまでリーグ最少の13失点という堅守のチームに生まれ変わった。新守護神ルコント、DFペドロ・メンデス、重鎮DFイウトンを中心とする守備はPSGを今季唯一無失点で抑え込むなど、上位陣相手に見事に機能した。後半戦に向けての課題はカウンターの精度の向上、決定力のあるストライカーの獲得。それができれば、EL出場権獲得も夢ではないはずだ。

★選手
◆FWマリアーノ・ディアス(リヨン)
Getty Images
▽今季レアル・マドリーから加入したドミニカ代表FWは、ここまでチームトップタイの13ゴールを挙げる印象的な活躍を披露している。昨季、レアル・マドリーで才能の片鱗を見せたものの、ここまでトップカテゴリーでのプレー経験がほとんどなく加入当初は懐疑的な見方が目立った。しかし、新天地リヨンでもマドリー時代に見せた卓越した身体能力とゴールセンスを武器に序盤からゴールを量産し、フェキルやFWデパイ、同じく新加入のトラオレらと共に魅惑のアタッキングカルテットを形成している。

【期待外れ】
★チーム
◆リール
Getty Images
▽ルクセンブルク人実業家のジェラール・ロペス新オーナーの下で鬼才ビエルサを招へいし、モナコのような育成型クラブを目指すリールだが、期待外れの前半戦に終わった。昨シーズン途中に来季からのビエルサ監督就任を発表し、今夏の移籍市場でもMFチアゴ・マイアやFWポンセ、FWニコラス・ペペなど国内外の若手逸材をかき集めたリール。しかし、開幕戦でナント相手に大勝スタートを飾って以降は、指揮官の難解すぎる戦術に若手選手が順応できなかったうえ、リーグ・アン初挑戦となった多くの選手がフィジカル的なスタイルに苦戦し、惨敗を重ねた。そして、11月末には予てよりフロントとの確執が噂された指揮官が親友の危篤に伴い、無断で母国チリに帰国したことをキッカケに契約解除に至る最悪の結末を迎えた。そして、前半戦を18位で終えたチームは前サンテチェンヌ指揮官ガルティエ監督の下で再スタートを切ることになった。

★選手
◆MFユーリ・ティーレマンス(モナコ)
Getty Images
▽MFベルナルド・シウバやMFバカヨコら昨季モナコの主力を担った選手たちの後釜として大きな期待を背負った若きベルギー代表MFだったが、ここまでは期待外れのパフォーマンスが続く。10代後半から母国名門アンデルレヒトで主力を担い、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、アトレティコ・マドリーなど、錚々たるビッグクラブ行きが噂されたティーレマンスだったが、ベルギーリーグに比べて展開が速くよりフィジカル的な要素を求められるリーグ・アンへの適応に苦戦。攻守に判断ミスが目立つうえ、徐々にミスを恐れて消極的なプレーが増え始め、自分の特長である攻撃センスや果敢なミドルシュートを全く見せられない前半戦となった。

【後半戦展望】
★CL結果次第でPSG独走か
▽後半戦も優勝争いをリードしていくのはPSGだ。その一方で、リーグタイトルと同時にCL制覇を悲願とするチームは2月以降、そちらにより重きを置いていくだけにリーグ戦一本のモナコにも十分チャンスはあるはずだ。

▽バイエルンを退けてグループステージ首位通過を決めたPSGだったが、決勝トーナメント1回戦の相手は2位通過チームで最悪な相手であるレアル・マドリー。仮に、ここで敗れることになれば、リーグ戦に全力を注ぐことになるため、モナコやリヨン、マルセイユといったライバルは間違いなくPSGの勝ち抜けを希望していることだろう。なお、リヨンとマルセイユはいずれもEL決勝トーナメント進出を決めており、こちらもELでの結果がリーグ戦に影響を及ぼすことになる。

▽トップ4を除くEL出場権争いや残留争いに関しては、今シーズンも10チーム以上が絡む大混戦が予想される。現在、残留圏内と勝ち点8差の最下位に沈む川島所属のメスも前半戦終盤の好調を維持できれば、2年連続残留を勝ち取る可能性は十分にあると思われる。

コメント

関連ニュース

thumb

クリホヴィアクが失意のロシアに早くもリターン! L・モスクワ加入に迫る

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のポーランド代表MFグジェゴシュ・クリホヴィアク(28)がロコモティフ・モスクワに移籍することが決定的なようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽クリホヴィアクは、2014年夏から所属するセビージャで、当時指揮を執っていたウナイ・エメリ監督(現パリ・サンジェルマン)の下、ヨーロッパリーグ(EL)3連覇などを達成。その後、2016年の夏にエメリ監督と共にパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍するも、ポジション争いに苦しみ、昨シーズンは1年間のレンタルでWBAに加入。主力としてリーグ戦27試合に出場もチームの降格に伴い、残留の可能性はなくなった。 ▽『レキップ』が伝えるところによれば、クリホヴィアクを余剰人員と考えるアンテロ・エンリケSD(スポーツ・ディレクター)は、買い取りオプションのレンタル移籍でロコモティフ・モスクワに放出する意向を固めたという。そして、近日中にも移籍交渉が完了する見込みだ。 ▽なお、ポーランド代表としてロシア・ワールドカップに参戦したクリホヴィアクは日本代表戦で意地の1勝を手にするも、有力な突破候補に挙げられながらも1勝2敗の戦績でグループリーグ敗退を強いられた。その失意の地、ロシアで再起を図ることになる。 2018.07.22 14:14 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG新指揮官トゥヘル「ラビオの去就は彼次第」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督がフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)に去就の行方を委ねた。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽PSGとの契約が来年に満了を迎えるラビオ。しかし、未だ延長に至っておらず、バルセロナを新天地筆頭に移籍報道が熱を帯びつつある。新シーズンからPSGの指揮を執るトゥヘル監督は、21日に行われたインターショナル・チャンピオンズカップ2018のバイエルン戦後、そのラビオについて、次のようにコメントした。 「彼の未来は彼の手中にある。新たな挑戦をするのか、PSGと延長するかどうかは彼次第さ」 「もちろん、彼に残ってもらいたい。ポテンシャルがあって、伸び代もある選手だからね」 「私としても彼と仕事がしたいが、彼の決定に委ねられている」 2018.07.22 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

道化扱いのネイマール「痛い。ケガする。経験者しかわからない」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが反撃した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽現フットボール界指折りのタレントに数えられるネイマール。しかし、ファウルを受けた際のリアクションが「痛がり過ぎ」や「オーバージェスチャー」などの冷ややかな見解を集め、皮肉にも巷で「ネイマール!」のひと声で子供がピッチを転がる“ネイマールチャレンジ”が流行り始めている。 ▽19日にサンパウロで行われたイベントに登場したネイマール。道化扱いされる自身の現状や、思いの丈を語り、世論に対して次のように反発した。 「みんな、僕がタックルを受けたがっていると思っているのかな。そんなわけがない。痛いし、ケガする。試合が終わったら、4〜5時間をかけてアイシングだ。複雑だけど、経験者にしかわからないだろうね」 「茶化しも見たよ。あれ自体はユーモアのひとつだと捉えてね。僕自身も、昨日のインスタグラムに子供たちとのやりとりを投じた。僕はドリブルが真髄の選手。対面する相手に『そこを通してくれ』なんて言えない」 「彼らはファウルで僕を止めようとしてくる。僕は他の選手より素早いし、軽やかだからね。だから、相手は僕にタックルを仕掛けてくる。だから、そういったプレーに笛を吹くレフェリーがいる」 2018.07.22 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

パリSG指揮官トゥヘル、ムバッペらの合流を心待ちに「彼らのW杯はあまりに長すぎた」

パリ・サンジェルマンのトーマス・トゥヘル監督は、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)の試合でバイエルンに1-3で敗れた。だが、指揮官は現時点での黒星はそれほどシーズンの出来に左右しないものと見ていないようだ。<br><br>トゥヘル監督はバイエルンに敗れた後、会見で主力が数多く欠場していたことについて、ユーモアを交えて次のように述べている。<br><br>「我々にはキリアン(ムバッペ)、エディンソン(カバーニ)、ネイマールとスペシャルな攻撃陣がいる。彼らと一緒に仕事をする日が待ちきれないよ」<br><br>「彼らが戻ってくる日を辛抱強く待つ必要があることは承知している。彼らのワールドカップはあまりに長すぎたからね」<br><br>ICCの試合でバイエルンに敗れたことについては「それでも選手たちの頑張りは十分だったと思うよ。アドリアン(ラビオ)、ラサナ(ディアラ)、クリストファー(エンクンク)、ジャンルイジ(ブッフォン)なんかは十分に経験のある選手たちだけど、それ以外は若い選手が多い。彼らはしっかりやってくれたと思う」と、愛弟子たちを擁護している。<br><br>「敗れたけれど、内容は悪くなかったと思う。バイエルンのような強豪と戦える機会はとても貴重だからね。これからもっと良くなって、勝てるチームへと成長できると思う」<br><br>パリSGは週明けにシンガポールへ移動し、今度はアーセナル、アトレティコ・マドリーと戦うことになる。<br><br>提供:goal.com 2018.07.22 07:45 Sun
twitterfacebook
thumb

新監督を迎えた両者の一戦はバイエルンが逆転勝利でニコ・コバチ監督の初陣を飾る!《ICC》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ2018のバイエルンvsパリ・サンジェルマン(PSG)が21日にオーストリアで行われ、3-1でバイエルンが勝利した。 ▽フランクフルトからニコ・コバチ監督を招へいしたバイエルンは、ロッベンやリベリ、ハビ・エルナンデスなど主力を起用。去就が注目されるレヴァンドフスキやチアゴはベンチ外となっている。 ▽一方、ドルトムントからトゥヘル監督を招へいしたPSGは、ティモシー・ウェアやラビオ、ラッサナ・ディアッラのほか、新戦力のGKブッフォンもスタメン入り。ロシア・ワールドカップに出場したネイマールやムバッペ、カバーニらはベンチ外となった。 ▽最初にチャンスを迎えたのはPSG。4分、エンクンクの右CKからボックス中央のラビオが頭で合わせたが、これはGKウルライヒが好セーブ。対するバイエルンは13分、ラフィーニャの折り返しをポール・ウィルが合わせると、当たり損ねのシュートが枠を捉えたがGKブッフォンが右手一本ではじき出した。 ▽試合が動いたのは31分、自陣でパスカットしたリマネのループパスで相手DFの裏に抜け出したウェアが相手DFを背負いながらもボックス内まで侵攻。バランスを崩しながらも冷静にシュートをゴールに流し込み、PSGが先制に先行した。 ▽PSGのリードで迎えた後半、1点を追うバイエルンはリベリ、オリバ・マイアー、スタニシッチを下げてコマンやアラバ、シャバニを投入。すると開始早々の46分、ラフィーニャの右クロスをワグナーがヘディングシュート。しかし、これはクロスバーを直撃した。 ▽決定機を逃したバイエルンだが60分、ロッベンの右CKをゴール前に走り込んだハビ・マルティネスがヘディングで叩き込み、試合を振り出しに戻す。 ▽同点とされたPSGは、66分にGKブッフォンを下げてGKデカンを投入。しかし、この交代の直後にバイエルンが追加点を奪う。68分、ジルクゼーがボックス右角付近でL・ディアッラに倒されFKを獲得。これをレナト・サンチェスが壁の横から巻いたシュートで直接ゴールネットに突き刺し、逆転に成功した。 ▽さらにバイエルンは、78分にもコマンのロングパスからカウンター。このボールをボックス右で拾ったニャブリの折り返しを最後はジルクゼーが流し込み、試合を決定づける3点目を決めた。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。新監督を迎えた両チームの一戦はニコ・コバチ監督のバイエルンが勝利を飾った。 バイエルン 3-1 パリ・サンジェルマン 【バイエルン】 ハビ・マルティネス(後15) レナト・サンチェス(後23) ジルクゼー(後33) 【パリ・サンジェルマン】 ウェア(前31) 2018.07.22 01:05 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース