ムバッペPSG移籍前にマドリーとの会談を告白「今や過去のこと」2017.12.27 13:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、PSG移籍前にレアル・マドリーと会談を行っていたことを明かした。スペイン『マルカ』が報じた。

▽ムバッペは、2016-17シーズンのモナコで大ブレイク。今夏の移籍市場を賑わし、ヨーロッパのビッグクラブが獲得に動いたが、最終的にはPSGへのレンタル移籍が決定していた。

▽ムバッペは、『マルカ』で今夏マドリーとの会談を行ったと告白。しかし、既に過去のことであると心境を語った。

「僕たちが話をしたのは事実だよ。でも、僕とレアル・マドリーにとって、今や過去のことだと思っている」

▽ブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとの強力な攻撃陣を形成するムバッペは、今シーズンのリーグ・アンで15試合に出場し8ゴール8アシスト、チャンピオンズリーグでは6試合に出場し4ゴール3アシストを記録するなど結果を残している。PSG移籍は間違いではなかったと証明しているだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、アレックス・サンドロOUTでダルミアンINへ

▽ユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)のパリ・サンジェルマン(PSG)行きが確実となったようだ。一方でマンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)の加入が決まると、イタリア『トゥットメルカート』が報じている。 ▽ユベントスで不動の左サイドバックとして地位を築くアレックス・サンドロだが、同メディアによれば、ボーナス込みの移籍金5000万ユーロ(約65億8000万円)でユベントスはPSGと合意。アレックス・サンドロとは、年俸500万ユーロ(約6億6000万円)の5年契約で合意に達しているとのことだ。 ▽一方で2019年6月にユナイテッドとの契約が切れ、ほぼ戦力外扱いのダルミアンの移籍金は1800万ユーロ(約23億7000万円)で、年俸250万ユーロの4年契約で合意に近づいていると報じている。 2018.07.18 02:55 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、アレックス・サンドロと個人合意か

▽イタリア『トゥットスポルト』は、ユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)にパリ・サンジェルマン(PSG)加入が近づいていると報じた。 ▽ユベントスで不動の左サイドバックとして地位を築くアレックス・サンドロ。マンチェスター・ユナイテッドの関心が取り沙汰される中、ユベントスとの契約延長も囁かれてきたが、パリ行きを決断した模様だ。 ▽『トゥットスポルト』がフランスのレポートをもとに伝えたところによれば、PSGは年俸450万ユーロ(約5億9000万円)+4年契約でアレックス・サンドロと既に個人合意に達したという。 ▽また、PSGはアレックス・サンドロの移籍金として4000万ユーロ(約52億6000万円)のオファーを用意。だが、同額はユベントスの要求額に達していないとみられている。 2018.07.16 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

パリっ子カンテ、“念願”のPSG移籍を視野!?

▽チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)とパリ・サンジェルマン(PSG)は相思相愛なのかもしれない。イギリス『エクスプレス』が伝えた。 ▽レスター・シティで評価を高めたカンテは2016年夏、プレミアリーグ初優勝を置き土産にチェルシー入り。まるで2人いるかのような無尽蔵のスタミナを武器に守備的MFとしてより存在感を際立たせ、フランス代表の一員としてロシア・ワールドカップでも1998年以来の優勝に貢献した。 ▽新シーズンのチェルシーでも活躍に期待が集まるカンテだが、フランスフットボール界に精通するジュリアン・ローレンス氏の証言によれば、フランスの絶対的王者PSGが目を光らせている模様。さらに、パリ育ちのカンテ自身もPSG入りに前向きだという。 ▽ローレンス氏は、カンテとPSGについて次のような見解を示している。 「高い買い物になる。だが、彼はパリっ子。いつの日かあそこに行きたいといつも思っている。今がそのタイミングだ」 「それに、彼ら(PSG)も彼のようなタイプの選手を欲しがっている。(トーマス・)トゥヘルも彼を気に入っていて、獲得を考慮している」 2018.07.16 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯最優秀若手選手ムバッペ、PSG残留を明言

▽フランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)が、パリ・サンジェルマン(PSG)残留を明言した。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽2017年夏にPSGに加入したムバッペ。2017-18シーズンではクラブで10代ながら公式戦46試合21ゴール16アシストと驚異的な数字を残すと、ロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーに選出された。そして迎えたロシアW杯では6試合に先発。グループステージ第2節のペルー代表戦でフランスのW杯史上最年少ゴール(19歳6カ月)を挙げると、合計4ゴールを挙げてフランスを5大会ぶりの優勝に導いた。個人としてもヤングプレーヤー賞を受賞した。 ▽大会中にスター候補に名乗りを挙げたムバッペには、レアル・マドリーからの関心が伝えられていた中、4日に同クラブがオファー報道を公式否定。さらに今回ムバッペ自身がPSG残留を明言した。 「僕はPSGに留まるよ。彼らと僕の道を歩み続ける」 「僕のキャリアは始まったばかりだからね」 2018.07.16 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ネイマール慰留へPSGが“緊急補強”!迎え入れたのは意外な人物

パリ・サンジェルマン(PSG)は、レアル・マドリー移籍が取り沙汰されるFWネイマールの慰留に向け、ブラジル代表の理学療法士を招き入れたようだ。米メディア『ESPN』が伝えている。<br><br>ネイマールは2月に右足の第5中足骨骨折で残りシーズンを棒に振った。しかし、6月に開幕するロシアW杯に間に合わせるために、ブラジル代表の理学療法士であるブルーノ・マチオッチ氏の下でリハビリを行った結果、大会をベストコンディションで迎えることができた。<br><br>マチオッチ氏は、過去にブラジルのコリンチャンスや中国の山東魯能でロナウドやアレシャンドレ・パトのために働いた経験があり、『ESPN』によると、「ネイマールをはじめ、PSGに所属するダニエウ・アウベス、チアゴ・シウバ、マルキーニョスはクラブでもマチオッチと仕事をしたいと希望しているようだ」と伝えている。<br><br>さらにPSGのこの選択にるいて「W杯以来レアル・マドリーへの移籍の噂が増えているネイマールを喜ばせるために取ったステップだ」とし、ブラジル代表のエースを慰留するため、ネイマールが全幅の信頼を寄せるマチオッチ氏を迎えたとみられている。<br><br>マチオッチ氏は自身のインスタグラムで「このプロジェクトの一環としてこのクラブが成長するのを支援したい。それが私の責任であり、自信を持っている。このチャレンジは大変になるが、私の成功したいという意欲はますます大きくなっているよ。パリ・サンジェルマンが私の新しい家となったことは非常に幸せだ!」とPSG入りを喜んだ。<br><br>かねてからレアルへの移籍が取り沙汰されているネイマールだが、現地時間13日にレアルが公式声明を発表。ネイマールについて「我々はオファーを出す予定がないことを明らかにする。パリSGと我々の関係は素晴らしいものであり、レアル・マドリーがもしパリSGの選手の獲得を検討する時には、クラブに対して正式な獲得オファーを打診することになっている」と移籍騒動を完全否定している。<br><br>果たしてネイマールの去就はどうなるのだろうか。今後の一挙手一投足から目が離せない。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.14 19:30 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース