U-21代表率いる森保一監督、就任後初の公式戦へ 「頂点を目指す」《AFC U-23選手権》2017.12.26 18:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会は(JFA)は26日、来月9日から中国で行われるAFC U-23選手権に臨むU-21同国代表メンバー23名を発表した。

▽同代表監督就任後初の公式戦となる森保一監督は、「良いベースができるように」と述べ、その先に待つ“大舞台"東京オリンピックに向けた下地作りの大会と位置づけつつ、選手の成長と見極めと共に「優勝を目指したい」と意気込んだ。

◆森保一監督(U-21日本代表)
「来年に行われるアジア選手権に向けて、どんな大会でも1試合1試合の勝利にこだわっていく。成果にこだわっていくということで、この大会でも頂点を目指してやっていきたい。また、このアジア選手権は私が監督としてこの12月にタイで行われたM-50カップに続いての大会参加になるが、初の公式戦ということで、AFCでのレギュレーションで、チームとしてもその中でやって成長できればと思っている。2回目の大会活動だが、タイでの大会と違って大幅に選手を変えて参加するということで、この年代の選手を幅広く見ながら、大会でも良い成果を挙げるられるようにできればと考えている」

――今大会における強化方針について。また、FW久保建英(FC東京)の選外理由について
「内山(篤)監督が率いたU-20ワールドカップのメンバーを多く招集させてもらえることになった。タイの選手と違ったメンバー、この年代では世界大会を経験した選手が多く来てくれるということで、その選手たちがどういうパフォーマンスを見せてくれるのか、そして、これからのポテンシャルをどう見せてくれるか、というところをチーム全体で見ていきたい」

「私がやろうとするコンセプトという意味でも、チームとして浸透させていく、少しでも多くの選手に分かってもらうという意味で、多くのメンバーを変えてこの大会に臨んでいる。練習やミーティングで落とし込みができるように、コミュニケーションを取りながら言葉で伝えていくということを1人でも多くの選手にわかってもらえるように、また次のステップに向かって良いベースができるようにしていきたい」

「選手の招集についてだが、私と西野(朗技術委員長)さん、日本サッカー協会と各クラブの話の中で、まず『プレーヤーズ・ファースト』という観点から(決めた)。どの選手もハードワークをしているが、1年間の出場時間が長かったり、色々なカテゴリーでプレーして心身共に疲労しているだろうと思われる選手は、来てもらって見たいというのはもちろんあるが、『プレーヤーズ・ファースト』ということで、少し休んでもらって、また新たな機会で見させてもらう、ということをした方が良いだろうということでクラブとも調整して招集していない。そこは久保だけではなく、何人かの選手はそういった観点から招集をしないということはある」

――タイ遠征に続き招集された選手について
「まずはパフォーマンスが良かったということ。他にもポテンシャルを見せてくれた選手、まだまだ伸びるだろうなという選手はいるので、もっと連れていってあげたいとは思う。中国でのアジア選手権では違う選手も見ながらチーム作りをしていこうということで、今回は6人の選手に、パフォーマンスとポジション的なバランスも見ながら、継続して来てもらうことになった」

――最初の公式戦ということで、戦い方として変化は。また、MF登録の選手が多い理由について
「公式戦での戦い方にタイとの違いがあるかとのことですが、違いはない。公式戦であろうと、違う大会だろうと、色々な試し方とかポイントが違うことはあると思うが、全て勝負にこだわっていくことは練習試合でも公式戦でも常に考えていきたいし、選手やスタッフにも勝ちにこだわることは求めていきたい。今回のアジア選手権だからという特別なことはなく、ベストを尽くしてやっていくことに変わりはない」

「もう1つの質問ですが、MFが確かに多い。選手には複数のポジションをやってもらおうと思っていて、FWの選手の中盤をやってもらったり、中盤の選手は守備に回ってもらうなど、複数のポジションをやってもらいたいと思っている。ポジションは中盤の選手を多く集めたわけではない」

「今後の招集に当たっても、前回のタイでの大会のときにも、選手には複数のポジションをやってもらうと伝えている。今回もそうだが、フィールド20人、GK3人で最大6試合をやっていく。五輪を見据えても、中2日で18名でMAX6試合を戦わなければいけない。その中で、GKは別だが、1人が1つのポジションしかできないと、ケガや疲労などコンディションの部分でチームとして機能しなくなる」

「機能不全をなくすためにも、選手には複数のポジションをこなしてもらい、ケガ人やコンディション不良の選手がいてもチームとしての力、機能は落とさずに、様々なオプションを持ってやってもらえるようにしていきたい。私自身はあまり深くポジションは気にしていない。今後、練習を見て、ある程度ポジションは分けていくとは思う」

――年齢的に年上の相手との大会になる。今大会の目標について
「前回(大会)よりも高いところにということはやっていきたいとは思うけど、全部の試合をこなして決勝までいって、優勝を目指したい。相手は2歳年上のメンバーを中心に編成してくるチームが大半だが、そこのチームとマッチアップしたときに、同等の試合をしてもらえると思って招集しているので、年はあまり気にしていない」

「この12月のタイでの大会でも、対戦相手はU-22のチームがほとんどだったが、その中でも選手には相手はカテゴリーが上だとかは一切言わずにやってきた。世界を見据えて彼らの成長を考えたときに、この年代では2つ上の選手と対等に戦えなければいけないと思ってやっている。年上のメンバーにも勝ってやるという強い気持ちで臨んでほしい」

――ステップアップのイメージについて
「まずは、個の力を上げてもらえるように選手には働き掛けていきたい。そこに向けて、私を含めてスタッフもサポートしていくということ。プラスして、組織で戦うんだということは練習でもミーティングなどで言葉で伝えるという部分でも選手に働きかけていきたい。大枠はみんなで力を合わせていくという部分。個の強さも求めるが、組織としてやっていくということを同時に練習で伝えていきたい」

「サッカーの攻撃には、速攻も遅効もある。守備もボールを奪いにいく守備と相手にやらせない守備、そういうところも含めて全員でバランスを持って攻撃し、全員で守備をしていくことを練習でもやっていきたい」

――メンバーを見ると、天皇杯決勝に残っているメンバーもいる。そのあたりについて
「選手の招集についてはリストアップをさせていただいて、後は協会の方と西野さんにクラブの方とコミュニケーションを取っていただいて招集させていただいた。天皇杯決勝まで行って休む機会もないと思うが、それも含めて上の方にお任せしているので、今回来てくれるということで、本人の意思とクラブが派遣してくださるということなので感謝したい」

――所属クラブだと1つのポジションで練習する選手も多い。この期間でどのような練習を求め、またクラブにそのような話はしているのか
「複数のポジションと言ったが、そこは言葉の1人歩きをしてほしくないなと思う。まずは選手は日常クラブで練習して、代表に来てプレーしてもらうということ。代表でも短い活動期間の中で成長していくし、働きかけていきたい。クラブに戻ったときに、選手をクラブの財産として、少しでも価値を高めようと働きかけていると思うで、それを代表でも生かして、クラブに戻ってもらいたい」

「代表とは違うポジションと言われたが、そういうケースもあるかと思う。複数のポジションをやることについては、“何でも屋"になるわけではなくて、まずは選手のスペシャルな部分、特長を生かして伸ばしていくというのはクラブの皆さんが考えていることと同じ。まずはスペシャルなものを磨いてもらう。プラス、違うことができれば本人のさらなる成長に繋がるのではないかと。最初からFWもできて、DFもできてではなく、攻撃に特長がある選手であればそこをしっかりと見て伸ばしていってあげたい。そこにプラスアルファのことができるように、選手を見て伝えていきたい」

――昨年のU-20ワールドカップを取材に行き、日本の選手はプレーもうまく、指導者の言うことを聞く良い選手が多かった。ただ、リーダーシップを取れる選手がいなかった。現時点でキャプテンは
「キャプテンを誰にするかは、現時点で考えていない。練習を見て決めたい。リーダーシップを取れる選手は、決めて出てくるものではない。自然とグループの中にいて、リーダーシップを取っている選手が見えてくる。元々持っているもので、性格的にリーダーとしてずっとやってきたという選手は自然に見えてくると思うので、見極めていきたい」

「U-20ワールドカップでリーダーシップのある選手が見えなかったということだが、そこは選手のキャラクターも色々ある。ただ、どの選手も世界の高みを目指すという胸に期する思いは間違いなくある。その思いを見ていきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

【アンケート結果】若手の躍動に期待! ウルグアイ戦スタメン希望結果

▽超WS有料版で実施していた「日本代表スタメンアンケート(ウルグアイ代表戦)」の結果を発表します。 ▽日本代表は本日16日、ウルグアイ代表との国際親善試合に挑みます。今回のアンケート結果では、12日のパナマ代表戦で好パフォーマンスを披露したDF冨安健洋がロシア・ワールドカップ組のディフェンスラインに割って入りました。その他、MF堂安律やMF南野拓実、MF中島翔哉といった若手を推す声が大きいようです。 ▽先月の活動で新たな力として存在感を際立たせたMF堂安律や、MF南野拓実、MF中島翔哉といった新鋭らと、DF吉田麻也やDF長友佑都ら重鎮との融合に期待がかかる今シリーズ。FIFAランク5位の強豪、ウルグアイ代表戦は埼玉スタジアム2002で19時35分にキックオフを迎えます。 ◆予想スタメンアンケート結果 GK 東口順昭(ガンバ大阪) DF 酒井宏樹(マルセイユ/フランス) 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) 冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) 長友佑都(ガラタサライ/トルコ) MF 堂安律(フローニンヘン/オランダ) 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) 遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー) 中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル) FW 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ) ◆代表に一言! (皆様の声※一部) ・ウルグアイとのゲームで、チーム力が計れる。世界に通用するものだと証明して欲しい。 ・パナマ戦からどれだけチームを仕上げられるのか、森保監督の手腕に期待。 ・強豪相手には、現段階のベストメンバーで挑んで欲しい。 ・この試合でどれだけやれるか、戦えるか? メンタルで上回れ! ・国内外関係無く、世代交代計りつつ、野心溢れる試合を期待したいです。 ・新世代の躍動がみたい! 2018.10.16 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】トライを続け、チームの形を出せるか《日本vsウルグアイ》

▽森保体制3戦目。日本代表は、16日(火)に、キリンチャレンジカップ2018でウルグアイ代表と対戦する。 ▽9月に行われたコスタリカ代表戦に続き、12日のパナマ代表戦でも3-0と勝利した日本代表。2試合連続の3得点、無失点は、国際親善試合ではあるものの、新チームが発足した直後と考えれば評価して良い結果だろう。3戦目には実力国であるウルグアイが相手。どのような戦いを見せるかに注目が集まる。 <span style="font-weight:700;">◆結果よりも内容を</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181016_14_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2試合連続で結果を残した森保ジャパンではあるが、ウルグアイ相手には同じようにはいかないはずだ。最新のFIFAランキングでは5位。ロシア・ワールドカップでは、ベスト8に勝ち残り、優勝したフランス代表に敗れていた。 ▽日本よりも実力が上であることは明確。過去の対戦は6度あり、日本の1勝1分け4敗。近年は3連敗を喫しており、直近では2014年9月に0-2で敗れている。 ▽当然のことながら、勝利を目指していくことには変わりないが、現時点では結果よりも内容を注目したい。森保監督が目指すスタイルをどこまで発揮できるのか。選手たちも「今自分たちがやっていることをどれだけ表現できるか」(原口元気)と語れば、「これまで戦ってきた2試合よりも良い内容の戦いをすること」と森保監督も内容の向上を求めている。 <span style="font-weight:700;">◆主力起用でも韓国に敗戦…</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181016_14_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽対戦相手のウルグアイだが、強豪国には変わりないものの、万全の状態とは言えなそうだ。まずは、夫人の出産に立ち会うため、バルセロナのFWルイス・スアレスが招集を辞退。それでも、ワールドカップにも出場した主力組が揃ったが、アウェイでの韓国戦は1-0で敗れた。 ▽オスカル・タバレス監督は「我々は今回、長旅を経て、12時間の時差を強いられながら戦っている。韓国戦から数えて、3、4日間あったので、前回の試合よりコンディションは良くなってきていると思う」と前日会見でコメント。ウルグアイも日本と同様に、4年後のカタール・ワールドカップを目指しており、チーム作りを再スタートしたということだろう。 ▽長期政権を築いているタバレス監督は、日本戦に向けて「新しい若手を試すことが1つの大きな目標としてある」と語った。韓国戦で主力を起用していたことを考えれば、FWエディンソン・カバーニやMFルーカス・トレイラ、DFディエゴ・ゴディンらを起用せず、日本戦は若手が起用されることが濃厚だ。トップクラスの選手と比べれば実力は劣るかもしれないが、むしろアピールするために自身の良さを出しに来るだろう。 <span style="font-weight:700;">◆トライが重要</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181016_14_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽森保一監督は、前日会見で「新潟のパナマ戦から大幅にメンバーを代えて、明日のウルグアイ戦に臨みたい」とコメント。先発の11名は大きく代わることになるようだ。 ▽強豪であるウルグアイに対して、しっかりとチームの形を出せるかどうか。失敗を恐れずにトライをし、ピッチ内でしっかりと修正、対応できるかが重要となる。メンバーが大きく入れ替わる中で、どの様なプレーを体現できるのか。チームとして落としこみがどこまで進んでいるかも見ることができるだろう。 <span style="font-weight:700;">★予想フォーメーション</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181016_14_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆日本代表 GK:東口順昭 DF:酒井宏樹、三浦弦太、吉田麻也、長友佑都 MF:遠藤航、柴崎岳 MF:堂安律、南野拓実、中島翔哉 FW:大迫勇也 ▽森保監督が前日会見で語ったとおり、大きくメンバーが入れ替わることになるだろう。まず、GKは東口順昭になると予想する。強豪ウルグアイに対して、しっかりとディフェンスラインとの連係を作れるかが注目だ。 ▽最終ラインは総入れ替えを予想する。ロシア・ワールドカップを戦った、DF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF長友佑都が先発するだろう。吉田の相棒は、DF槙野智章も考えられるが、パナマ戦でフル出場したこと、そして経験値を積むという事を考えてDF三浦弦太を予想する。 ▽中盤のボランチ2枚もパナマ線から変更。MF遠藤航、MF柴崎岳を予想する。ゲームメイクができる柴崎は、途中出場ながらパナマ戦でもらしさを見せるシーンが。遠藤はコスタリカ戦で好パフォーマンスを見せており、柴崎との融合が期待される。守備だけでなく、攻撃にどこまで絡めるかも注目だ。 ▽2列目のメンバーは、若手3名と予想した。パナマ戦で2試合連続ゴールを決めたMF南野拓実は引き続き先発に。右にMF堂安律、左にMF中島翔哉とコスタリカ戦で組んだ3名を並べると予想する。ワールドカップ経験組の下支えを活かし、どのような化学反応を起こすのかに注目だ。1トップは引き続きFW大迫勇也が先発とみる。引き出しの多さ、そして前線の核として、若手との融合を期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆チームの形と化学反応を見せられるか</span> ▽この試合のテーマは、チームとしての力を見せられるかだ。メンバーも変わり、戦い方も変わっている以上、多少のミスは出てしまう。だからといって、消極的なプレーに終わるのもテストマッチの役割を果たさない。 ▽注目すべきは、チームとしていかに戦い方を示せるか。個の能力の高いウルグアイを相手に、チームとして崩すこと、チームとして守ることができるかが注目だ。日本が目指す攻守の切り替えの早さや、縦に仕掛ける部分が出せるのかを見たい。 ▽2018年、残りの3試合で最も強敵のウルグアイとの対戦。注目の一戦は16日(火)の19時35分にキックオフを迎える。 2018.10.16 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

守備だけじゃない…MF遠藤航、強豪国相手に「どれだけ攻撃にも関われるか」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は15日、翌16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)がミックスゾーンで取材に応対。ボランチとしての感覚が良くなっていることを明かし、ウルグアイ代表戦では攻撃への関与も意識したいと語った。 ◆MF遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー) ──慣れ親しんだ埼玉スタジアム2002での一戦だが 「嬉しいですね。帰ってこれて」 ──浦和レッズでもたまにやっていたが、現在ボランチをやり続けていることで見えることは 「ボランチの感覚は良くなっていますし、ベルギーに行ってボランチとしての自分を磨くためにやれていますね」 ──先月のコスタリカ代表戦でらしさを出せていたがと思うが、今回どのようなことをイメージしているか 「相手はタフですし、間違いなく強い相手です。まずはハードワークする部分、1対1でしっかりと戦う部分は出していかなくてはいけません。あとはコスタリカ戦でも言いましたけど、守備だけではなくて攻撃にもどれだけ関われるかということは、自分の中ですごく意識していることです。こういう相手に対して、どれだけハードワークした中で前にいける回数を増やしていけるかとかは意識したいです」 ──パナマ戦をベンチから見ていてチームの状態やWボランチのプレーをどう感じたか 「すごくバランスが良かったと思います。自分だったらどうするかというイメージを持ちながら観ていましたけど、改善点はありますけど良かったと思います」 ──森保一監督になってミスを恐れずにどんどんチャレンジするようになっているが、ウルグアイはそこのミスを突いてくる。リスク管理で気をつけることは 「ミスは起きると思います。そこでしっかりと切り替えるところだと思います。ミスの質というか。奪われる場所はボランチをやるにあたって気をつけなくてはいけません。特にセンターバックからパスを受ける時は気をつけながらやりたいです。勇気を持ってボールを受けることと、常にゴールに向かってく姿勢を見せることができれば良いです」 ──パナマ戦ではファウルが多かったが 「自陣では不用意なファウルを与えないということは意識しなくてはいけません。それで行かなすぎても良くないですけど、お互いで良い距離感で我慢強く戦う部分も必要になってくると思います」 2018.10.15 21:38 Mon
twitterfacebook
thumb

2戦連発中のMF南野拓実、南米の強豪相手に「思う存分プレーしたい」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は15日、翌16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)がミックスゾーンでの取材に応対。南米の強豪・ウルグアイ代表との一戦に向けて、「思う存分プレーしたい」と意気込みを語った。 ◆MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) ──ウルグアイ戦へ 「個人としても組織としても強いチームだということは分かっています。その中で、自分が何をできるか。思う存分プレーできればと思います」 ──代表レベルでは初めてかもしれないが、クラブではラツィオやドルトムントともELでやっていると思うが 「それでもウルグアイは、W杯を戦っている選手がいますし、間違いなく強い相手だと思います。ただ、自分たちもホームで負ける訳にはいきません。チームの勝利のためにしっかりとプレーしたいです」 ──相手にDFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/スペイン)がいるが 「センターバックもそうですけど、どこのポジションの選手もレベルは高いと思います。前の試合よりももっと質の高いプレーや連携が求められます。だからこそ、良い準備をしたいです」 ──最近後ろからDFに寄せられてもコントロールできているが、やり方を変えたりしたのか 「あまりないですね。自分が意識しているのは、動きながらボールを受けることです。身体が大きくないので。止まった状態でボールを受けるのは難しいので、動きながら受けることは意識しています。あとは、前回僕は少し下がった位置でプレーすることが多かったですけど、スペースを見つけながらボールを受けていきたいです」 ──前回のパナマ戦でFW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)とプレーして、改善点などの話はしたか 「今日の練習中でもそうですけど、フリックするところとか守備の行き方などは話をしています」 ──そういうところで個人的に意識していることは 「常にお互いの動きを見ながら動くことですね。2人ともボールを持てるので、中に持ち替えた時などに顔を出してサポートをしていけたらと思います」 ──次も結果を求める姿勢は変わらないか 「まずその気持ちがないといけません。サバイバルに勝ち残っていきたいので」 ──ボランチにMF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)が入る可能性があるが、W杯でのMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)のプレーがヒントになることはあるか 「真司君のプレーをそのまま真似する訳ではないので、自分は自分なりにやっていきたいです。ボランチの選手が前を向いた時にアクションを起こし続けたいです」 2018.10.15 21:37 Mon
twitterfacebook
thumb

カバーニ封じへ…DF三浦弦太「クロスの対応に注意したい」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は15日、翌16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向けてトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF三浦弦太(ガンバ大阪)がミックスゾーンでの取材に応対。明日ウルグアイ戦に向けての意気込みを語り、世界屈指のフォワードであるFWエディンソン・カバーニ相手に「クロスの対応に注意したい」と明かした。 ◆DF三浦弦太(ガンバ大阪) ──ウルグアイ戦へ 「なかなかそういう相手とやれる機会はないですし、そういう場を楽しんで自分の全力をぶつけていけたらと思います」 ──FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス)らを止めるイメージは 「やっぱりシュートが上手いので、クロスへの対応などには注意したいです」 「映像でも観ていますし、そういう相手のストロングの部分に対して、良い準備がしたいです」 ──ウルグアイ戦に出場すれば、ロシア・ワールドカップ(W杯)を経験した選手たちとプレーするが 「しっかりとコミュニケーションをとっていきたいです。海外でやっていることと日本でやっていることは、やり方も違うと思います。試合中から聞きながらやっていけたらと思います」 2018.10.15 21:36 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース