U-21代表率いる森保一監督、就任後初の公式戦へ 「頂点を目指す」《AFC U-23選手権》2017.12.26 18:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会は(JFA)は26日、来月9日から中国で行われるAFC U-23選手権に臨むU-21同国代表メンバー23名を発表した。

▽同代表監督就任後初の公式戦となる森保一監督は、「良いベースができるように」と述べ、その先に待つ“大舞台"東京オリンピックに向けた下地作りの大会と位置づけつつ、選手の成長と見極めと共に「優勝を目指したい」と意気込んだ。

◆森保一監督(U-21日本代表)
「来年に行われるアジア選手権に向けて、どんな大会でも1試合1試合の勝利にこだわっていく。成果にこだわっていくということで、この大会でも頂点を目指してやっていきたい。また、このアジア選手権は私が監督としてこの12月にタイで行われたM-50カップに続いての大会参加になるが、初の公式戦ということで、AFCでのレギュレーションで、チームとしてもその中でやって成長できればと思っている。2回目の大会活動だが、タイでの大会と違って大幅に選手を変えて参加するということで、この年代の選手を幅広く見ながら、大会でも良い成果を挙げるられるようにできればと考えている」

――今大会における強化方針について。また、FW久保建英(FC東京)の選外理由について
「内山(篤)監督が率いたU-20ワールドカップのメンバーを多く招集させてもらえることになった。タイの選手と違ったメンバー、この年代では世界大会を経験した選手が多く来てくれるということで、その選手たちがどういうパフォーマンスを見せてくれるのか、そして、これからのポテンシャルをどう見せてくれるか、というところをチーム全体で見ていきたい」

「私がやろうとするコンセプトという意味でも、チームとして浸透させていく、少しでも多くの選手に分かってもらうという意味で、多くのメンバーを変えてこの大会に臨んでいる。練習やミーティングで落とし込みができるように、コミュニケーションを取りながら言葉で伝えていくということを1人でも多くの選手にわかってもらえるように、また次のステップに向かって良いベースができるようにしていきたい」

「選手の招集についてだが、私と西野(朗技術委員長)さん、日本サッカー協会と各クラブの話の中で、まず『プレーヤーズ・ファースト』という観点から(決めた)。どの選手もハードワークをしているが、1年間の出場時間が長かったり、色々なカテゴリーでプレーして心身共に疲労しているだろうと思われる選手は、来てもらって見たいというのはもちろんあるが、『プレーヤーズ・ファースト』ということで、少し休んでもらって、また新たな機会で見させてもらう、ということをした方が良いだろうということでクラブとも調整して招集していない。そこは久保だけではなく、何人かの選手はそういった観点から招集をしないということはある」

――タイ遠征に続き招集された選手について
「まずはパフォーマンスが良かったということ。他にもポテンシャルを見せてくれた選手、まだまだ伸びるだろうなという選手はいるので、もっと連れていってあげたいとは思う。中国でのアジア選手権では違う選手も見ながらチーム作りをしていこうということで、今回は6人の選手に、パフォーマンスとポジション的なバランスも見ながら、継続して来てもらうことになった」

――最初の公式戦ということで、戦い方として変化は。また、MF登録の選手が多い理由について
「公式戦での戦い方にタイとの違いがあるかとのことですが、違いはない。公式戦であろうと、違う大会だろうと、色々な試し方とかポイントが違うことはあると思うが、全て勝負にこだわっていくことは練習試合でも公式戦でも常に考えていきたいし、選手やスタッフにも勝ちにこだわることは求めていきたい。今回のアジア選手権だからという特別なことはなく、ベストを尽くしてやっていくことに変わりはない」

「もう1つの質問ですが、MFが確かに多い。選手には複数のポジションをやってもらおうと思っていて、FWの選手の中盤をやってもらったり、中盤の選手は守備に回ってもらうなど、複数のポジションをやってもらいたいと思っている。ポジションは中盤の選手を多く集めたわけではない」

「今後の招集に当たっても、前回のタイでの大会のときにも、選手には複数のポジションをやってもらうと伝えている。今回もそうだが、フィールド20人、GK3人で最大6試合をやっていく。五輪を見据えても、中2日で18名でMAX6試合を戦わなければいけない。その中で、GKは別だが、1人が1つのポジションしかできないと、ケガや疲労などコンディションの部分でチームとして機能しなくなる」

「機能不全をなくすためにも、選手には複数のポジションをこなしてもらい、ケガ人やコンディション不良の選手がいてもチームとしての力、機能は落とさずに、様々なオプションを持ってやってもらえるようにしていきたい。私自身はあまり深くポジションは気にしていない。今後、練習を見て、ある程度ポジションは分けていくとは思う」

――年齢的に年上の相手との大会になる。今大会の目標について
「前回(大会)よりも高いところにということはやっていきたいとは思うけど、全部の試合をこなして決勝までいって、優勝を目指したい。相手は2歳年上のメンバーを中心に編成してくるチームが大半だが、そこのチームとマッチアップしたときに、同等の試合をしてもらえると思って招集しているので、年はあまり気にしていない」

「この12月のタイでの大会でも、対戦相手はU-22のチームがほとんどだったが、その中でも選手には相手はカテゴリーが上だとかは一切言わずにやってきた。世界を見据えて彼らの成長を考えたときに、この年代では2つ上の選手と対等に戦えなければいけないと思ってやっている。年上のメンバーにも勝ってやるという強い気持ちで臨んでほしい」

――ステップアップのイメージについて
「まずは、個の力を上げてもらえるように選手には働き掛けていきたい。そこに向けて、私を含めてスタッフもサポートしていくということ。プラスして、組織で戦うんだということは練習でもミーティングなどで言葉で伝えるという部分でも選手に働きかけていきたい。大枠はみんなで力を合わせていくという部分。個の強さも求めるが、組織としてやっていくということを同時に練習で伝えていきたい」

「サッカーの攻撃には、速攻も遅効もある。守備もボールを奪いにいく守備と相手にやらせない守備、そういうところも含めて全員でバランスを持って攻撃し、全員で守備をしていくことを練習でもやっていきたい」

――メンバーを見ると、天皇杯決勝に残っているメンバーもいる。そのあたりについて
「選手の招集についてはリストアップをさせていただいて、後は協会の方と西野さんにクラブの方とコミュニケーションを取っていただいて招集させていただいた。天皇杯決勝まで行って休む機会もないと思うが、それも含めて上の方にお任せしているので、今回来てくれるということで、本人の意思とクラブが派遣してくださるということなので感謝したい」

――所属クラブだと1つのポジションで練習する選手も多い。この期間でどのような練習を求め、またクラブにそのような話はしているのか
「複数のポジションと言ったが、そこは言葉の1人歩きをしてほしくないなと思う。まずは選手は日常クラブで練習して、代表に来てプレーしてもらうということ。代表でも短い活動期間の中で成長していくし、働きかけていきたい。クラブに戻ったときに、選手をクラブの財産として、少しでも価値を高めようと働きかけていると思うで、それを代表でも生かして、クラブに戻ってもらいたい」

「代表とは違うポジションと言われたが、そういうケースもあるかと思う。複数のポジションをやることについては、“何でも屋"になるわけではなくて、まずは選手のスペシャルな部分、特長を生かして伸ばしていくというのはクラブの皆さんが考えていることと同じ。まずはスペシャルなものを磨いてもらう。プラス、違うことができれば本人のさらなる成長に繋がるのではないかと。最初からFWもできて、DFもできてではなく、攻撃に特長がある選手であればそこをしっかりと見て伸ばしていってあげたい。そこにプラスアルファのことができるように、選手を見て伝えていきたい」

――昨年のU-20ワールドカップを取材に行き、日本の選手はプレーもうまく、指導者の言うことを聞く良い選手が多かった。ただ、リーダーシップを取れる選手がいなかった。現時点でキャプテンは
「キャプテンを誰にするかは、現時点で考えていない。練習を見て決めたい。リーダーシップを取れる選手は、決めて出てくるものではない。自然とグループの中にいて、リーダーシップを取っている選手が見えてくる。元々持っているもので、性格的にリーダーとしてずっとやってきたという選手は自然に見えてくると思うので、見極めていきたい」

「U-20ワールドカップでリーダーシップのある選手が見えなかったということだが、そこは選手のキャラクターも色々ある。ただ、どの選手も世界の高みを目指すという胸に期する思いは間違いなくある。その思いを見ていきたい」
コメント
関連ニュース
thumb

南野拓実に55万円の罰金命令 AFCがアジアカップGS対象の処分発表

アジアサッカー連盟(AFC)は22日、UAEで開催されているAFCアジアカップ2019グループステージで警告や退場を受けた各選手の処分を発表した。 日本代表FW南野拓実は13日に行われたグループF第2節のオマーン代表戦(1-0で日本代表が勝利)で警告を受けた。これにより、AFCから5000USドル(約55万円)の罰金処分が下っている。 今回の罰金最高額は北朝鮮代表の計1万3000USドル(約143万円)。2名の退場者や、1試合で6度の警告を受ける荒れ試合を演じたことで、北朝鮮サッカー協会にも罰金処分が決定した。 2019.01.22 18:55 Tue
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】薄氷勝利のサウジ戦 ユーザーも日本の若きCBを最高点に

超WS有料版で実施した21日に行われたAFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦におけるユーザー採点アンケート結果を発表します。 現状のベストメンバーをサウジアラビア代表戦にぶつけた森保ジャパンだが、キックオフからポゼッションで圧倒されたが、20分にセットプレーからDF冨安健洋の代表初ゴールで先制。その後も守勢に回ったが、チーム全体で守り抜き、2大会ぶりのベスト8進出に駒を進めた。 最高点はゴールだけでなく、肝心の守備面でも光った冨安の「7.1」。最低は負傷欠場のFW大迫勇也に代わる1トップとして活躍が期待されながら不発に終わったFW武藤嘉紀の「4.3」だった。また、声は一発勝負の戦いということもあり、結果に安堵する内容が多数を占めた。 ◆サウジアラビア戦のユーザー採点結果 GK 権田修一 5.6 DF 酒井宏樹 5.5 冨安健洋 7.1 吉田麻也 6.2 長友佑都 5.5 MF 遠藤航 6.6 柴崎岳 5.4 堂安律 5.1 →塩谷司 - 南野拓実 4.4 →伊東純也 - 原口元気 5.4 FW 武藤嘉紀 4.3 →北川航也 - 監督 森保一 5.5 ◆皆様の声(一部) ・あと3つ。走れ! ・内容より結果が全て ・無失点勝利で言うことなし ・結局、大迫待ち ・準々決勝は圧勝してほしい ・もう少し攻撃的に ・勝ったことは素晴らしい! 2019.01.22 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

森保一監督「粘り強くタフに戦ってくれた」《AFCアジアカップ2019》

日本代表は21日、AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16でサウジアラビア代表と対戦し、1-0で勝利した。試合後の日本代表を率いる森保一監督のコメントは以下の通り。 ◆森保一監督(日本代表) 「まずは決勝トーナメントでは勝つことが重要でした。そんな中、アジアの中でトップクラスの強敵サウジアラビアに選手たちが粘り強くタフに戦ってくれて無失点に抑えて勝つことができて良かったと思います。次は中2日の戦いとなり、相手より準備期間が短い中での試合となりますが、次も勝てるように最善の準備をしていきたいです」 ――今日はそれ程、力を出せなかったと思うが 「まずはサウジアラビアは力のあるチーム、そこは彼らをリスペクトしたいです。もっと攻撃を仕掛ける、ボールを保持することができれば良かったが、先制して相手が押し込む状況の中、粘り強く無失点に抑えながら追加点を奪いにいくことができました。粘り強く戦うことが今後トーナメントの中で必要なことですし、それを選手たちができたことをポジティブに捉えたいです」 ――準々決勝で対戦するベトナムについて 「まずはベトナムがしっかりとした粘り強い守備から攻撃に転じることができるチームだという印象です。アンダー世代も指導している監督が務めていることで、スタイルが各年代で浸透しています。守備だけでなく攻撃にも良い選手がいると思っています」 ――今日試合をやってさらにコンディションが上がったか 「もっと攻撃の部分でできると思われる方もいると思いますが、コンディションが上がっているからこそ、あれだけ押し込まれても守り切れたと思っています」 ――これほど押し込まれることは想定していたか 「まずは相手にプレッシャーをかける良い入りをしてくれたと思います。しかし、サウジアラビアの攻撃を受ける形となりました。サウジアラビアはボールを保持しながら危険な攻撃を仕掛けてくることのできるチーム。そこをうまく対応しながら攻撃につなげられるようにと試合前から選手には話していました」 「先制点を奪ってから彼らが圧力をかけてきた時に、素早い攻撃を仕掛けることが前半はまずまずできていたと思います。リードしてからの戦いを選手たちが表現してくれたと思います。少し守る時間が長かったですが、逆に粘り強く戦うというオプションができたとポジティブに考えたいと思います」 ――南野に代えて伊東を投入した後、堂安が真ん中に入ったが 「堂安をトップ下に入れたのは彼のところで攻撃の起点を作ってほしいという思いです」 ――勝敗を分けたポイントは 「サウジアラビアは攻守ともにアグレッシブで良いチーム。そこは試合前から選手にも話していましたし、厳しい試合になることは覚悟して臨みました。勝負を分けたポイントは、サウジアラビアは失点することは考えていなかったでしょうし、サウジアラビアが攻撃の圧力をかけてくる、本来は両方がボールを握りたいという中で臨機応変に試合の流れに対応した日本が勝利できたと思います」 2019.01.22 02:24 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表に痛手…ベテランの広島MF青山敏弘がケガで離脱《AFCアジアカップ2019》

日本サッカー協会は21日、サンフレッチェ広島に所属するMF青山敏弘が右ヒザ痛のため、日本代表から離脱することを発表した。 青山は17日に行われたグループステージ第3戦のウズベキスタン代表戦でキャプテンマークを巻いて先発出場。しかし、21日に行われた決勝トーナメント・ラウンド16のサウジアラビア代表戦ではベンチ外となっていた。 そのサウジアラビア戦で日本は1-0で勝利。24日、準々決勝でベトナム代表と対戦する。 2019.01.21 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 1-0 サウジアラビア代表《AFCアジアカップ2019》

日本代表は21日、AFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦に臨み、1-0で勝利。ベトナム代表の待つベスト8に駒を進めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190121_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 権田修一 5.5 相手の低いシュート精度に助けられて無失点。その中で、バックパス処理にもたつく場面やシュートに反応できない場面もあったが、クロス対応は概ね安定。 DF 19 酒井宏樹 5.5 12分に自サイドから突破を許すなど、試合を通じて、辛抱の時間が続いた。何度か裏を取られたものの、要所で身体を張るなど戦った。 16 冨安健洋 7.0 記念すべき代表初ゴールが殊勲の決勝点に。肝心の守備面でも集中を切らさず、吉田と共に最後まで踏ん張り続け、ベスト8進出に大きく貢献した。 22 吉田麻也 6.5 12分に気迫の顔面ブロックでピンチ阻止。逆に、62分に釣り出されてピンチを招いた場面は冷やりとさせたが、GKの前にそびえ立つ砦として、頼もしさが光った。 5 長友佑都 5.5 試合を通じて、執拗に背後を突いてくる相手の対応に追われる苦しい展開に。持ち前の攻撃参加は鳴りを潜め、終始苦戦したが、粘り強い対応を続けた。 MF 6 遠藤航 6.5 ボールの刈り取り役として中盤センターを徹底監視。読みの鋭いパスカットからカウンター機の起点になるシーンもあり、フィルター役として機能した。 7 柴崎岳 5.5 CKやFKのキック精度が冴え、冨安の決勝弾をお膳立て。押し込まれる展開になると、やはり守備面の脆さを露呈したが、最後までファイトした。 21 堂安律 5.0 守備でエネルギーを削がれた印象。幾度か右サイドから攻撃面で違いになろうとする姿が際立ったが、決定的な仕事はできず。細かなミスが目立った。 (→塩谷司 -) 9 南野拓実 5.0 前線からの守備で奮闘が光る内容。流れの中でも起点になろうと頑張ったが、幾度かのカウンター機も不意に…。終盤はガス欠状態となり、ピッチを後に。 (→伊東純也 -) 8 原口元気 5.5 最終ラインに吸収される時間帯が多く、サイドバック化の場面が散見。アタッカーとしては消化不良な出来だったが、運動量を生かした守備面の貢献度は評価に値する。 FW 13 武藤嘉紀 5.0 体幹の強さを生かして前線で起点になろうとする動きは印象的。守備にも尽力したが、60分の決定機をモノにできないあたりにストライカーとして物足りなさを感じさせた。次戦は累積で出場停止。 (→北川航也 -) 監督 森保一 6.0 現状のベストメンバーを注ぎ込み、大半の時間で守勢に。2大会ぶりのベスト8進出という結果こそが全て。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 冨安健洋(日本代表) 泣いても笑っても一発勝負の戦いで日本代表のアジアカップ史上最年少得点(20歳77日)で代表初ゴールをゲット。これが決勝点となり、ベスト8進出の立役者に。守備でも失点ゼロで抑え込み、相手攻撃陣の前にそびえ立った。 日本代表 1-0 サウジアラビア代表 【日本】 冨安健洋(前20) 2019.01.21 22:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース