【セリエA前半戦ベストイレブン】インテルから最多4選手を選出2018.01.01 12:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017-18シーズンのセリエAが12月30日をもって第19節まで消化し、前半戦を終えました。そこで本稿ではセリエAの前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆前半戦ベストイレブン
GK:アリソン
DF:ヒサイ、シュクリニアル、ミランダ、コラロフ
MF:ディバラ、トレイラ、ペリシッチ
FW:インモービレ、イカルディ、インシーニェ

GKアリソン・ベッカー(25歳/ローマ)
セリエA出場試合数:18(先発回数:18)/失点数:11
Getty Images
▽今季より正GKを任されたセレソンの守護神は、ここまでフルタイム出場を続け、リーグ最少の11失点に抑えている。卓越したセービング能力でピンチを切り抜け、得点力にやや欠ける今季のローマを最後方から支え、勝利に導いている。

DFエルセイド・ヒサイ(23歳/ナポリ)セリエA出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:0
Getty Images
▽ナポリ不動の右サイドバックにしてセリエA屈指のフルバック。23歳ながら冷静沈着なプレーで攻守に隙がなく、欠かせない戦力となっている。

DFミラン・シュクリニアル(22歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:3
Getty Images
▽ここまで全試合フルタイム出場。スパレッティ監督の信頼を即座に勝ち取ったスロバキア代表DFは自身の能力をビッグクラブのインテルでも臆することなく発揮。今やセリエA屈指のセンターバックと評してもいいレベルの選手に進化を遂げた。

DFミランダ(33歳/インテル)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:0
Getty Images
▽インテル移籍3季目の今季も守備の要として君臨。今季はシュクリニアルが相棒となり、抜群の相性を見せている。対人に強いシュクリニアルに相手のエース格を潰させ、自身は的確なカバーリングでピンチの芽を摘む作業を続けている。

DFアレクサンダル・コラロフ(32歳/ローマ)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:2
Getty Images
▽エメルソン・パルミエリの負傷もあってここまで左サイドバックのレギュラーとして十分な働きを見せている。とりわけ攻撃参加の質が高く、2ゴール6アシストと目に見える結果を残している。

FWパウロ・ディバラ(24歳/ユベントス)
セリエA出場試合数:18(先発回数:13)/得点数:14
Getty Images
▽開幕から6試合で9ゴールとロケットスタートを切った。その後失速し、12試合で2ゴールに終わってベンチに座る機会が増えたが、年内最終戦で2ゴールを奪い、復活。今季ここまでのユベントスを牽引してきた存在だ。

MFルーカス・トレイラ(21歳/サンプドリア)
セリエA出場試合数:18(先発回数:18)/得点数:3
Getty Images
▽昨季台頭したウルグアイ出身のボランチ。今季はその存在感をさらに高め、ゲームメークと得点力の面で向上している。ウルグアイのボランチと言えば守備専門のイメージがあるが、トレイラは攻撃の起点ともなるプレーヤーだ。

MFイバン・ペリシッチ(28歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:7
Getty Images
▽右サイドのカンドレーバと共にインテルのストロングポイントであるサイド攻撃を機能させた張本人。7ゴール6アシストと圧倒的なスタッツを残し、得点源のイカルディに多くのゴールを演出した。キエーボ戦では自身初のハットトリックを達成した。

FWチーロ・インモービレ(27歳/ラツィオ)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:16
Getty Images
▽16ゴール8アシストと圧巻の結果を残し、ラツィオの攻撃を牽引した。今季はL・アルベルトと2トップでコンビを組み、絶妙な関係性を構築している。ラストパスを出せるL・アルベルトとホットラインを築き、多くのゴールを生み出している。

FWマウロ・イカルディ(24歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:17
Getty Images
▽ここまで単独トップの17ゴールとストライカーとして申し分ないゴール数を挙げている。質の高い両ウインガーから送られてくるクロスボールをゴールに押し込む最後の仕上げを確実にこなしている。

FWロレンツォ・インシーニェ(26歳/ナポリ)
セリエA出場試合数:18(先発回数:17)/得点数:5
Getty Images
▽首位に立つナポリの攻撃を牽引しているインシーニェを選出。グラム、MFハムシクらと形成する左サイドはナポリのストロングポイントで、5ゴール4アシストとゴールに直結するプレーを続けた。左斜め45度の位置はインシーニェ・ゾーンと命名しても良いくらいの高いシュート決定率を誇った。

コメント

関連ニュース

thumb

カンセロの完全移籍を望むインテル「検討するのは財政面だけ」

▽インテルのスポーツディレクターであるピエロ・アウジリオ氏が、『Rai』のインタビューに応じた。その中でジョアン・カンセロの去就について話している。 ▽カンセロはバレンシアからレンタル中のサイドバックで、シーズン途中からレギュラーに定着。今では欠かせない選手となっており、インテルが完全移籍での獲得を狙っているところだ。 ▽アウジリオ氏は、「彼を獲得した際に完全移籍オプションを付けた。検討するのは財政的な面だ。技術面ではない。彼について、我々は完全に満足しているからだ。スパレッティのもとでとても成長したね」と語った。 ▽カンセロの完全移籍には3000万ユーロ(約36億円)以上が必要となる模様。ようやく見つけた信頼できるサイドバックを獲得することはできるだろうか。 2018.04.24 03:27 Tue
twitterfacebook
thumb

キエーボに辛勝のインテル、ローマ勢を1ポイント差で追走《セリエA》

▽インテルは22日、セリエA第34節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。 ▽前節カリアリに4発快勝し、4試合ぶりに勝利を飾った5位インテル(勝ち点63)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ラツィオを1ポイント差で追走。次節ユベントスとのイタリア・ダービーを控える中、負傷したガリアルディーニが欠場となり、ボルハ・バレロを代役に起用した。 ▽残留争いに巻き込まれている16位キエーボ(勝ち点31)に対し、やや押し込まれる入りとなったインテルは12分にN・リゴーニに右ポスト直撃のボレーシュートを浴びてしまう。 ▽ひやりとしたインテルは1分後、ブロゾビッチの浮き球パスでディフェンスライン裏を取ったペリシッチがループシュートでゴールを狙うも、枠の上に外れた。主導権を握りきれないインテルは16分にジャッケリーニのミドルシュートでゴールを脅かされた中、22分にカラモーのミドルシュートでけん制。 ▽前半半ば以降はインテルがポゼッションを高める展開となったが、キエーボの守備を崩しきれずにいると、39分にはカッチャトーレの枠内シュートでGKハンダノビッチを強襲される。さらに45分、プッチャレッリにも枠内シュートを打たれたが、ここもGKハンダノビッチがセーブし、前半を何とかゴールレスで終えた。 ▽守護神ハンダノビッチの奮闘で前半を耐えたインテルは、後半開始5分に先制する。ブロゾビッチのミドルシュートがGKソレンティーノを強襲すると、ルーズボールを拾ったボックス右のダンブロージオが折り返し、イカルディが押し込んだ。初見ではダンブロージオのポジションがオフサイドと判定されたが、VARの末にゴールが認められた。 ▽イカルディの今季26ゴール目で先制した後、攻勢を強めたインテルは61分、カラモーの右クロスをラフィーニャがダイレクトで落とし、ボックス中央のペリシッチがシュートを流し込んで追加点を奪いきった。 ▽2点をリードしたインテルはカラモーを下げてサントンを投入。5バックとし、守備を固めにかかった。78分にはラフィーニャがGKを強襲するシュートを浴びせてけん制し、逃げ切り体勢を整えていく。 ▽しかし終盤の90分、ステピンスキにゴールを許すと、5分の追加タイムではキエーボの攻勢に晒されてしまう。それでも耐えたインテルが逃げ切り勝利。3位ローマ、4位ラツィオとの1ポイント差を維持している。 2018.04.23 00:15 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルとセレソンの名守護神ジュリオ・セーザルが現役引退

▽フラメンゴに所属する元ブラジル代表GKジュリオ・セーザル(38)が21日にアメリカ・ミネイロ戦に臨み、現役最後の試合を2-0の勝利で終えた。クラブ公式ツイッターが伝えている。 ▽フラメンゴでキャリアをスタートさせたジュリオ・セーザルは、2005年1月にインテル加入後、直後の半年間だけキエーボにレンタル移籍。インテル復帰後は、5度のセリエA優勝や、1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトルに貢献した。 ▽その後、QPRやトロントFCでのプレーを経て、2014年夏に2年契約でベンフィカ入り。その後、2016年に2018年6月までの新契約にサインしていた。だが、今シーズンはアンデルレヒトから加入したU-19ベルギー代表GKミル・スヴィラール(18)の台頭もあり、思うような出場機会を得られず。そして、昨年11月末にはベンフィカとの契約を半年残した段階で契約を解消していた。その後、昨年11月に古巣フラメンゴと3カ月間の短期契約を結び、自身最後の日々を過ごしていた。 ▽インテルの黄金期を支え、通算87キャップを記録したブラジル代表でも輝きを披露してきた名守護神は愛する古巣で心穏やかにキーパーグローブを外すことになった。 2018.04.22 16:25 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、マドリーに放出した元10番を買い戻し?

▽インテルがレアル・マドリーMFマテオ・コバチッチの獲得に動いているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が20日、一面を使って報じた。 ▽コバチッチは2013年1月からインテルでプレーしたクロアチア代表MF。ポテンシャルの高さを評価されながらも、2015年にレアル・マドリーへ移籍した。 ▽そのコバチッチをインテルが買い戻そうとしているという。インテルは3000万ユーロ(約39億円)の移籍金で同選手を手放したと伝えられているが、それと同等の金額で再獲得を目指す模様だ。 ▽さらに同紙は、インテルがボローニャのFWシモーネ・ヴェルディとスポルティング・リスボンのMFウィリアム・カルバーリョの獲得に動いているとも報じた。 2018.04.20 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「セーザルなら片腕でカシージャス以上」

▽フラメンゴの元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルが、ジョゼ・モウリーニョ監督の辛辣なジョークを回想した。ブラジル『Selecao Sportv』のインタビューを基にスペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2005年から2012年までインテルで活躍したジュリオ・セーザルは、2009-10シーズンにはモウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)の下で正守護神として活躍し、チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリアの主要大会3冠に貢献した。 ▽エピソードの舞台となるのは、モウリーニョ監督がレアル・マドリーで指揮を執っていた2013年のコンフェデレーションズカップ。ブラジル代表としてスペイン代表と決勝で対戦したジュリオ・セーザルは、3-0で勝利して大会ベストGK賞に輝き、試合後には当時マドリーに所属していた元スペイン代表GKイケル・カシージャス(現ポルト)とシャツを交換した。 ▽ジュリオ・セーザルは、“カシージャスの全ての功績に敬意を表す”ために同選手のユニフォームを着用。しかし、この行動が当時マドリーでカシージャスとの確執が報じられていたモウリーニョ監督の琴線に触れたようだ。 「ドレッシングルームに戻った時、モウリーニョから僕の携帯電話に送られたメッセージを開いたんだ」 「『お前はイカれてる。カシージャスがお前のユニフォームを着るべきなんだよ、お前じゃない』と書かれていたよ。おまけに、僕なら腕1本でカシージャスより止められるとも言われたね」 「イケル(・カシージャス)がドレッシングルームを訪れたから、モウリーニョと話し合うべきだと言ったよ。難しいことだけど、直視しないとね」 ▽モウリーニョ監督との親交を保ちつつ、カシージャスにもアドバイスを送ったジュリオ・セーザル。人間関係においても、その守備範囲は相当なものだ。 2018.04.20 19:20 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース