【セリエA前半戦ベストイレブン】インテルから最多4選手を選出2018.01.01 12:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017-18シーズンのセリエAが12月30日をもって第19節まで消化し、前半戦を終えました。そこで本稿ではセリエAの前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。◆前半戦ベストイレブン
GK:アリソン
DF:ヒサイ、シュクリニアル、ミランダ、コラロフ
MF:ディバラ、トレイラ、ペリシッチ
FW:インモービレ、イカルディ、インシーニェ

GKアリソン・ベッカー(25歳/ローマ)
セリエA出場試合数:18(先発回数:18)/失点数:11
Getty Images
▽今季より正GKを任されたセレソンの守護神は、ここまでフルタイム出場を続け、リーグ最少の11失点に抑えている。卓越したセービング能力でピンチを切り抜け、得点力にやや欠ける今季のローマを最後方から支え、勝利に導いている。

DFエルセイド・ヒサイ(23歳/ナポリ)セリエA出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:0
Getty Images
▽ナポリ不動の右サイドバックにしてセリエA屈指のフルバック。23歳ながら冷静沈着なプレーで攻守に隙がなく、欠かせない戦力となっている。

DFミラン・シュクリニアル(22歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:3
Getty Images
▽ここまで全試合フルタイム出場。スパレッティ監督の信頼を即座に勝ち取ったスロバキア代表DFは自身の能力をビッグクラブのインテルでも臆することなく発揮。今やセリエA屈指のセンターバックと評してもいいレベルの選手に進化を遂げた。

DFミランダ(33歳/インテル)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:0
Getty Images
▽インテル移籍3季目の今季も守備の要として君臨。今季はシュクリニアルが相棒となり、抜群の相性を見せている。対人に強いシュクリニアルに相手のエース格を潰させ、自身は的確なカバーリングでピンチの芽を摘む作業を続けている。

DFアレクサンダル・コラロフ(32歳/ローマ)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:2
Getty Images
▽エメルソン・パルミエリの負傷もあってここまで左サイドバックのレギュラーとして十分な働きを見せている。とりわけ攻撃参加の質が高く、2ゴール6アシストと目に見える結果を残している。

FWパウロ・ディバラ(24歳/ユベントス)
セリエA出場試合数:18(先発回数:13)/得点数:14
Getty Images
▽開幕から6試合で9ゴールとロケットスタートを切った。その後失速し、12試合で2ゴールに終わってベンチに座る機会が増えたが、年内最終戦で2ゴールを奪い、復活。今季ここまでのユベントスを牽引してきた存在だ。

MFルーカス・トレイラ(21歳/サンプドリア)
セリエA出場試合数:18(先発回数:18)/得点数:3
Getty Images
▽昨季台頭したウルグアイ出身のボランチ。今季はその存在感をさらに高め、ゲームメークと得点力の面で向上している。ウルグアイのボランチと言えば守備専門のイメージがあるが、トレイラは攻撃の起点ともなるプレーヤーだ。

MFイバン・ペリシッチ(28歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:7
Getty Images
▽右サイドのカンドレーバと共にインテルのストロングポイントであるサイド攻撃を機能させた張本人。7ゴール6アシストと圧倒的なスタッツを残し、得点源のイカルディに多くのゴールを演出した。キエーボ戦では自身初のハットトリックを達成した。

FWチーロ・インモービレ(27歳/ラツィオ)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:16
Getty Images
▽16ゴール8アシストと圧巻の結果を残し、ラツィオの攻撃を牽引した。今季はL・アルベルトと2トップでコンビを組み、絶妙な関係性を構築している。ラストパスを出せるL・アルベルトとホットラインを築き、多くのゴールを生み出している。

FWマウロ・イカルディ(24歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:17
Getty Images
▽ここまで単独トップの17ゴールとストライカーとして申し分ないゴール数を挙げている。質の高い両ウインガーから送られてくるクロスボールをゴールに押し込む最後の仕上げを確実にこなしている。

FWロレンツォ・インシーニェ(26歳/ナポリ)
セリエA出場試合数:18(先発回数:17)/得点数:5
Getty Images
▽首位に立つナポリの攻撃を牽引しているインシーニェを選出。グラム、MFハムシクらと形成する左サイドはナポリのストロングポイントで、5ゴール4アシストとゴールに直結するプレーを続けた。左斜め45度の位置はインシーニェ・ゾーンと命名しても良いくらいの高いシュート決定率を誇った。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルCEO、イカルディの残留を確信「問題はいつサインするかだけ」

インテルのジュゼッペ・マロッタ最高経営責任者(CEO)は、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが新契約にサインすることを確信しているようだ。『DAZN(ダゾーン)』のインタビューで語った。<br><br>インテルのエースであり、キャプテンを務めるイカルディは、契約が2021年までとなっている。同選手にはレアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドといったトップクラブが興味を示しているとされるが、マロッタ氏は契約延長が近いと話す。<br><br>「イカルディはここに残ることに疑いはない。唯一の問題はいつ契約にサインするかということだけだ」<br><br>また、加入が近いと伝えられているアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンにも言及。ディエゴ・シメオネ監督も同選手が退団することを認めており、マロッタ氏もこのように話した。<br><br>「インテルがとても強いということをアピールしなければならないし、多くの選手やその代理人にアプローチしている」<br><br>提供:goal.com 2019.01.20 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

二転三転…ワンダ・ナラ、今度はイカルディ契約延長合意を仄めかす

インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)が、契約延長に向かっているようだ。イタリア民放局『Canale 5』で語られた内容をスペイン『アス』が伝えた。 2013年のインテル加入以降、エースの座に君臨し続けているイカルディ。今シーズンもここまでの公式戦23試合14ゴール3アシストとハイパフォーマンスを維持している。 しかし、イカルディの契約は2021年までとなっており、インテルとの延長は発表されておらず。レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドからの関心が繰り返し取り沙汰されている。 イカルディの交渉は妻で代理人のワンダ・ナラ氏が担当し、一時は難航報道も。同氏は「今、契約書を読んでいる」と発信したかと思えば、「リニューアルは今は程遠い」とも語るなど、周囲を手玉に取るかのような言動を続けている。 そのワンダ・ナラ氏が、今度は『Canale 5』の番組に出演して契約更新に言及。今回はインテルにとってポジティブな情報を口にしている。 「私たちは更新するでしょうし、新契約はある。心配しないで」 「そう遠くはないし、問題はないわ。もちろん、インテルはイカルディを留めたがってるの」 2019.01.20 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

攻撃陣不発のインテル、サッスオーロに苦戦の末ゴールレスドロー《セリエA》

インテルは19日、セリエA第20節で サッスオーロをホームに迎え、0-0で引き分けた。 2018年最終戦となった前節エンポリ戦をケイタ弾で辛勝し連勝締めとした3位インテル(勝ち点39)は、先週行われたコッパ・イタリアではベネヴェント相手にL・マルティネスとカンドレーバの2発などで6発圧勝した中、イカルディやペリシッチ、シュクリニアルといった主力が先発となった。 11位サッスオーロ(勝ち点25)に対し、[4-3-3]を採用したインテルは3トップに右からポリターノ、イカルディ、ペリシッチ、中盤アンカーにブロゾビッチ、インサイドにジョアン・マリオとヴェシーノを配した。 立ち上がりの主導権争いを経て、インテルが押し込む流れとするも、14分にデ・フライのミスを突かれてロカテッリに決定的なシュートを許してしまう。 その後、17分にヴェシーノが決定的なヘディングシュートを浴びせたものの、20分にK・ボアテングにGKハンダノビッチが強襲され、24分にはベラルディにコントロールシュートでゴールに迫られてしまった。 主導権を握りきれないインテルは31分に決定機。左サイドからペリシッチが上げた好クロスにポリターノがダイレクトで合わせたシュートが枠を捉えた。だが、GKペーゴロの好守に阻まれてしまった。ハーフタイムにかけてはインテルが押し込む展開としたものの、ゴールは生まれず前半を0-0で終えた。 迎えた後半もインテルが押し込む流れとしていたが、55分にピンチ。しかし、ゴール至近距離からのK・ボアテングのヘディングシュートはGKハンダノビッチがファインセーブで凌いだ。 なかなか主導権を握れないインテルは、ジョアン・マリオに代えてナインゴランを投入。だが、こう着状態が続き、シュートシーンを生み出すことができない。 終盤の81分、ポリターノとヴェシーノに代えてL・マルティネスとボルハ・バレロを投入して勝負をかけたインテルは、83分にL・マルティネスがヘディングシュートでGKを強襲。 だが、追加タイム1分には大ピンチ。ボックス内からボガとブラビアに立て続けに決定的なシュートを許したが、インテル守備陣が身体を張って阻止。そのままゴールレスでタイムアップを迎え、新年初戦を勝利で飾れず連勝がストップした。 2019.01.20 06:33 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルに痛手…ケイタが太もものケガで3週間の離脱へ

インテルは16日、FWケイタ・バルデが右大腿部の筋肉に損傷を負ったことを発表した。 ケイタは今週の練習中に同箇所を負傷。インテルは来週中に再び同選手の状態をチェックすると伝えているが、離脱期間は少なくとも3週間以上になりそうだ。 今シーズンにモナコからレンタル移籍で加入したケイタは、ここまで公式戦22試合に出場し4ゴール3アシストの数字を残していた。 2019.01.17 02:34 Thu
twitterfacebook
thumb

セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討

イタリアサッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラヴィーナ会長が、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、人種差別的なチャントに対する措置について言及した。<br><br>12月26日にジュゼッペ・メアッツァで行われたインテル対ナポリ戦(1-0でインテルが勝利)では、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリに対し、差別的なチャントが絶え間なく浴びせられた。ナポリ側は3度にわたって試合の中断を求めたが、主審は介入せず、差別的チャントはクリバリが2枚目のイエローカードで退場処分を受けた80分まで続いた。クリバリには多方面からサポートの声が届いた一方で、スタジアム内における人種差別が改めて問題視された。<br><br>グラヴィーナ会長は今後、人種差別的なチャントに対して厳しい措置をとることを検討している。インテル対ナポリ戦終了後、ナポリのカルロ・アンチェロッティ監督が要求していた通り、即座に試合を中断する可能性を示唆した。<br><br>「FIGCはFIFAおよびUEFA(欧州サッカー連盟)の指示を仰がなければならない。月末の会議では、試合中断に至る手続きの簡略化を進める。スピーカーによる放送と同時に試合を一時的に中断し、両チームはピッチの中央に集合する。もしチャントが続くようであれば、選手らはロッカールームへ戻る。その時点で警備責任者が試合を中止するか、再開するかを決める。5万人の観客を帰すかどうかの責任を主審に負わせることは考えられない。連邦検事局の協力者や内務省の責任者もいるので、彼らが第4審に指示し、手続きをとることになる」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 20:38 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース