【セリエA前半戦ベストイレブン】インテルから最多4選手を選出2018.01.01 12:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017-18シーズンのセリエAが12月30日をもって第19節まで消化し、前半戦を終えました。そこで本稿ではセリエAの前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆前半戦ベストイレブン
GK:アリソン
DF:ヒサイ、シュクリニアル、ミランダ、コラロフ
MF:ディバラ、トレイラ、ペリシッチ
FW:インモービレ、イカルディ、インシーニェ

GKアリソン・ベッカー(25歳/ローマ)
セリエA出場試合数:18(先発回数:18)/失点数:11
Getty Images
▽今季より正GKを任されたセレソンの守護神は、ここまでフルタイム出場を続け、リーグ最少の11失点に抑えている。卓越したセービング能力でピンチを切り抜け、得点力にやや欠ける今季のローマを最後方から支え、勝利に導いている。

DFエルセイド・ヒサイ(23歳/ナポリ)セリエA出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:0
Getty Images
▽ナポリ不動の右サイドバックにしてセリエA屈指のフルバック。23歳ながら冷静沈着なプレーで攻守に隙がなく、欠かせない戦力となっている。

DFミラン・シュクリニアル(22歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:3
Getty Images
▽ここまで全試合フルタイム出場。スパレッティ監督の信頼を即座に勝ち取ったスロバキア代表DFは自身の能力をビッグクラブのインテルでも臆することなく発揮。今やセリエA屈指のセンターバックと評してもいいレベルの選手に進化を遂げた。

DFミランダ(33歳/インテル)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:0
Getty Images
▽インテル移籍3季目の今季も守備の要として君臨。今季はシュクリニアルが相棒となり、抜群の相性を見せている。対人に強いシュクリニアルに相手のエース格を潰させ、自身は的確なカバーリングでピンチの芽を摘む作業を続けている。

DFアレクサンダル・コラロフ(32歳/ローマ)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:2
Getty Images
▽エメルソン・パルミエリの負傷もあってここまで左サイドバックのレギュラーとして十分な働きを見せている。とりわけ攻撃参加の質が高く、2ゴール6アシストと目に見える結果を残している。

FWパウロ・ディバラ(24歳/ユベントス)
セリエA出場試合数:18(先発回数:13)/得点数:14
Getty Images
▽開幕から6試合で9ゴールとロケットスタートを切った。その後失速し、12試合で2ゴールに終わってベンチに座る機会が増えたが、年内最終戦で2ゴールを奪い、復活。今季ここまでのユベントスを牽引してきた存在だ。

MFルーカス・トレイラ(21歳/サンプドリア)
セリエA出場試合数:18(先発回数:18)/得点数:3
Getty Images
▽昨季台頭したウルグアイ出身のボランチ。今季はその存在感をさらに高め、ゲームメークと得点力の面で向上している。ウルグアイのボランチと言えば守備専門のイメージがあるが、トレイラは攻撃の起点ともなるプレーヤーだ。

MFイバン・ペリシッチ(28歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:7
Getty Images
▽右サイドのカンドレーバと共にインテルのストロングポイントであるサイド攻撃を機能させた張本人。7ゴール6アシストと圧倒的なスタッツを残し、得点源のイカルディに多くのゴールを演出した。キエーボ戦では自身初のハットトリックを達成した。

FWチーロ・インモービレ(27歳/ラツィオ)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:16
Getty Images
▽16ゴール8アシストと圧巻の結果を残し、ラツィオの攻撃を牽引した。今季はL・アルベルトと2トップでコンビを組み、絶妙な関係性を構築している。ラストパスを出せるL・アルベルトとホットラインを築き、多くのゴールを生み出している。

FWマウロ・イカルディ(24歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:17
Getty Images
▽ここまで単独トップの17ゴールとストライカーとして申し分ないゴール数を挙げている。質の高い両ウインガーから送られてくるクロスボールをゴールに押し込む最後の仕上げを確実にこなしている。

FWロレンツォ・インシーニェ(26歳/ナポリ)
セリエA出場試合数:18(先発回数:17)/得点数:5
Getty Images
▽首位に立つナポリの攻撃を牽引しているインシーニェを選出。グラム、MFハムシクらと形成する左サイドはナポリのストロングポイントで、5ゴール4アシストとゴールに直結するプレーを続けた。左斜め45度の位置はインシーニェ・ゾーンと命名しても良いくらいの高いシュート決定率を誇った。

コメント

関連ニュース

thumb

乾加入のベティス、インテルMFジョアン・マリオのレンタルを打診か

▽ベティスが、インテルに所属するポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)の獲得を狙っているようだ。スペイン『El Desmarque』が伝えている。 ▽今回の報道によれば、出場機会を求めて今夏でのインテルの退団を希望しているジョアン・マリオに対し、ベティスはレンタルでの獲得を画策。しかし、少しでもジョアン・マリオの移籍金を回収したいインテルは完全移籍での放出を望んでいるという。 ▽2016年の夏にスポルティングからインテルに加入したジョアン・マリオ。加入初年度こそ公式戦33試合に出場したものの、今シーズンはなかなかパフォーマンスが上がらず、今冬にウェストハムへレンタル移籍。 ▽ウェストハムでは、プレミアリーグ13試合に出場して2ゴールを記録するなど、一定の結果を残したが完全移籍はならなかった。 2018.07.20 01:50 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルのU-20フランス代表FWバカヨコがザンクト・ガレンへレンタル移籍

▽スイス・スーパーリーグのザンクト・ガレンは17日、インテルのU-20フランス代表FWアクセル・バカヨコ(20)をレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2014年にインテルの下部組織に入団したウインガーのバカヨコは、2016年12月にトップチームデビュー。2017-18シーズンはソショーへレンタル移籍し、リーグ・ドゥで17試合に出場して1ゴール1アシストを記録していた。 ▽U-20フランス代表としてはこれまで5試合に出場している。 2018.07.17 23:05 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、イカルディの違約金支払うクラブは現れず

▽インテルFWマウロ・イカルディは、近日中にクラブとの契約更新に動くことになる。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽インテルのエースで主将を務めるイカルディは、契約延長か移籍かが注目されていた。同選手には1億1000万ユーロ(約143億円)の契約解除金が設定されていたが、現地時間15日の最終期限までにこの額を用意する国外のクラブは現れず。インテルはひとまず、他クラブに引き抜かれずに済んだ。 ▽こうなると、インテルの第2の狙いはイカルディの契約延長だ。リーグ戦開幕までに新契約を交わしたいインテルは、数日のうちに2023年までの契約延長合意を取りつけるとみられている。 ▽インテルはイカルディに500~600万ユーロ(約6.5億~7.8億円)の年俸を用意し、活躍次第でボーナスをつける準備があるという。 2018.07.17 04:15 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルがジェノアからビッグクラブ注目の16歳FWサルセドを獲得

▽インテルは16日、ジェノアのイタリア人FWエディー・サルセド(16)を獲得したことを発表した。詳しい契約内容は発表されていない。 ▽コロンビアの両親の下にジェノアで生まれた188cmの大型FWであるサルセドは、昨年の夏にもインテルへの移籍が濃厚となっていた若手有望株。そのサルセドは2017年8月にジェノアでセリエAデビューを飾った中、2017-18シーズンはプリマヴェーラで24試合に出場して6ゴールを記録していた。 ▽ユベントスやミランもサルセドに獲得を興味を示していたが、1年越しでインテルが若手有望株を獲得している。 2018.07.17 02:55 Tue
twitterfacebook
thumb

マウコムはインテルを待つ

▽ボルドーに所属するブラジル人FWマウコム(21)は、インテルに加入することになりそうだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽セレソンの次代を担う逸材レフティと評されるマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨季はリーグ戦35試合に出場し12ゴール7アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽その活躍から今夏、マウコムを望むクラブが殺到。これまでにバイエルンやチェルシー、アーセナル、トッテナムといった数々のビッグクラブが獲得レースを繰り広げてきた。一時はトッテナム移籍が近づいたとされている同選手だが、『カルチョメルカート』によれば、代理人であるフェルナンド・ガルシア氏が自身のSNSで「我々はインテルを待っている」と投稿したようだ。 ▽インテルはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)抵触を避けるため何人かの選手売却をしなければならない模様。マウコムのインテル移籍は、ネラズーリの陣容の整理がついてからまとまる形になりそうだ。 2018.07.14 17:45 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース