【セリエA前半戦ベストイレブン】インテルから最多4選手を選出2018.01.01 12:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017-18シーズンのセリエAが12月30日をもって第19節まで消化し、前半戦を終えました。そこで本稿ではセリエAの前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆前半戦ベストイレブン
GK:アリソン
DF:ヒサイ、シュクリニアル、ミランダ、コラロフ
MF:ディバラ、トレイラ、ペリシッチ
FW:インモービレ、イカルディ、インシーニェ

GKアリソン・ベッカー(25歳/ローマ)
セリエA出場試合数:18(先発回数:18)/失点数:11
Getty Images
▽今季より正GKを任されたセレソンの守護神は、ここまでフルタイム出場を続け、リーグ最少の11失点に抑えている。卓越したセービング能力でピンチを切り抜け、得点力にやや欠ける今季のローマを最後方から支え、勝利に導いている。

DFエルセイド・ヒサイ(23歳/ナポリ)セリエA出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:0
Getty Images
▽ナポリ不動の右サイドバックにしてセリエA屈指のフルバック。23歳ながら冷静沈着なプレーで攻守に隙がなく、欠かせない戦力となっている。

DFミラン・シュクリニアル(22歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:3
Getty Images
▽ここまで全試合フルタイム出場。スパレッティ監督の信頼を即座に勝ち取ったスロバキア代表DFは自身の能力をビッグクラブのインテルでも臆することなく発揮。今やセリエA屈指のセンターバックと評してもいいレベルの選手に進化を遂げた。

DFミランダ(33歳/インテル)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:0
Getty Images
▽インテル移籍3季目の今季も守備の要として君臨。今季はシュクリニアルが相棒となり、抜群の相性を見せている。対人に強いシュクリニアルに相手のエース格を潰させ、自身は的確なカバーリングでピンチの芽を摘む作業を続けている。

DFアレクサンダル・コラロフ(32歳/ローマ)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:2
Getty Images
▽エメルソン・パルミエリの負傷もあってここまで左サイドバックのレギュラーとして十分な働きを見せている。とりわけ攻撃参加の質が高く、2ゴール6アシストと目に見える結果を残している。

FWパウロ・ディバラ(24歳/ユベントス)
セリエA出場試合数:18(先発回数:13)/得点数:14
Getty Images
▽開幕から6試合で9ゴールとロケットスタートを切った。その後失速し、12試合で2ゴールに終わってベンチに座る機会が増えたが、年内最終戦で2ゴールを奪い、復活。今季ここまでのユベントスを牽引してきた存在だ。

MFルーカス・トレイラ(21歳/サンプドリア)
セリエA出場試合数:18(先発回数:18)/得点数:3
Getty Images
▽昨季台頭したウルグアイ出身のボランチ。今季はその存在感をさらに高め、ゲームメークと得点力の面で向上している。ウルグアイのボランチと言えば守備専門のイメージがあるが、トレイラは攻撃の起点ともなるプレーヤーだ。

MFイバン・ペリシッチ(28歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:7
Getty Images
▽右サイドのカンドレーバと共にインテルのストロングポイントであるサイド攻撃を機能させた張本人。7ゴール6アシストと圧倒的なスタッツを残し、得点源のイカルディに多くのゴールを演出した。キエーボ戦では自身初のハットトリックを達成した。

FWチーロ・インモービレ(27歳/ラツィオ)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:16
Getty Images
▽16ゴール8アシストと圧巻の結果を残し、ラツィオの攻撃を牽引した。今季はL・アルベルトと2トップでコンビを組み、絶妙な関係性を構築している。ラストパスを出せるL・アルベルトとホットラインを築き、多くのゴールを生み出している。

FWマウロ・イカルディ(24歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:17
Getty Images
▽ここまで単独トップの17ゴールとストライカーとして申し分ないゴール数を挙げている。質の高い両ウインガーから送られてくるクロスボールをゴールに押し込む最後の仕上げを確実にこなしている。

FWロレンツォ・インシーニェ(26歳/ナポリ)
セリエA出場試合数:18(先発回数:17)/得点数:5
Getty Images
▽首位に立つナポリの攻撃を牽引しているインシーニェを選出。グラム、MFハムシクらと形成する左サイドはナポリのストロングポイントで、5ゴール4アシストとゴールに直結するプレーを続けた。左斜め45度の位置はインシーニェ・ゾーンと命名しても良いくらいの高いシュート決定率を誇った。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル加入のラフィーニャ「歴史的なクラブに来た」

▽バルセロナからインテルへのレンタル移籍が決まったMFラフィーニャが、自身のSNSで意気込みを語った。 ▽インテルは22日、ラフィーニャの加入がバルセロナと合意に達したと発表。完全移籍オプションは3500万ユーロ(約47億円)+出来高300万ユーロ(約4億円)と発表された。 ▽ラフィーニャは自身のインスタグラムにインテルのユニフォームを持った写真を掲載。「僕のキャリアの新しい挑戦がスタートだ。歴史的なクラブに来るのは子どものころから願ってきたことで、モチベーションにあふれている。言葉を行動に変える準備はできているよ」と記した。 ▽また、クラブの公式テレビでは、ピッチでの目標についても話している。「できるだけ多くの試合でプレーして、チャンピオンズリーグ出場権獲得というチームの目標達成に貢献したい。右でも左でも、複数のポジションをこなせるよ」とアピールした。 2018.01.24 02:39 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルで左SB問題再燃…「サントンの大ミス、ダウベルトは不安増長」で長友に期待も

インテルで左サイドバックの課題が再燃している。イタリアメディア『ユーロスポーツ』が22日、報じている。<br><br>インテルは21日、セリエA第21節で強豪ローマと対戦。しかし先発した左サイドバックのDFダビデ・サントンが31分、ローマGKアリソンのロングフィードへの対応を誤り、FWステファン・エル・シャーラウィに先制点を許した。試合終了間際にMFマティアス・ヴェシーノが起死回生の同点弾を挙げたことで、インテルは辛くも1ポイントをもぎ取った。<br><br>■インテルは左SBの選択を間違え続けた試合の流れを決定づけたサントンの「大ミス」について、「左サイドバックの問題は絶えない」と綴り、インテルで長らく手薄とされてきた左サイドバックの課題を改めて問題視した。77分からサントンに代わりピッチに入ったDFダウベルト・エンリケについても、「観客席に放り込まれたクロス2本は不安を増長させるだけだ」と断罪。開幕直後にスタメンを務めていた日本代表DF長友佑都についても「既に問題が表面化していた」と指摘した。<br><br>トリプレーテ(3冠)達成以降、インテルには数多くのサイドバックの選手が加入したことにも言及。その度に「インテルは選手の選択を間違え続けた」と述べ、不安はあるものの、サッスオーロ戦のように右サイドバックのDFダニーロ・ダンブロージオを左で起用することを選択肢として挙げた。「リーグ戦を戦う上でポイントを逃がしかねない」と選手層の薄さを危惧した。<br><br>『カルチョニュース24』も左サイドバック問題に注目。「毎週日曜になると、インテル指揮官は目をつむり、ローマ戦やウディネーゼ戦のような恐怖に立ち会わずに済むよう祈りながら、サントン、ダウベルト、ナガトモのうち1人を選びピッチに送り込んでいる」と現状を描写した。<br><br>■いずれも及第点の出来だった長友に期待も一方、『スポルト・ノティツィエ24』は特にサントンの起用を問題視している。「直近の6試合において5ポイントを失った」と述べ、重要な局面でのミスが目立ったと指摘した。「リーグ戦序盤の10試合でプレーし、いずれも及第点の出来だった」ものの、サントンにポジションを奪われ「隅に追いやられた」長友が次戦となる28日のSPAL戦以降、先発する可能性に期待した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 19:23 Tue
twitterfacebook
thumb

長友佑都のライバル、侮辱相次ぎSNSを閉鎖…ローマ戦での失点につながるミスで炎上

インテルで、DF長友佑都と左サイドバックのポジションを争うDFダビデ・サントンが、相次ぐ批判によりインスタグラムのアカウントを閉鎖した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が22日、伝えている。<br><br>長友との熾烈なポジション争いを繰り広げるサントンは、21日のセリエA第21節インテル対ローマ戦(1-1)に先発。しかし31分、ローマGKアリソンのロングフィードへの対応を誤り、これがFWステファン・エル・シャーラウィの先制点につながっている。試合終了間際にMFマティアス・ヴェシーノが起死回生の同点弾を挙げたことで、インテルは辛くも1ポイントをもぎ取ったが、サポーターからの批判が相次いだ。<br><br>77分にDFダウベルト・エンリケと交代してピッチを去る際には、サポーターに謝罪する姿勢を見せていたサントン。指揮官のルチアーノ・スパレッティは「誰にも謝罪をするべきではない。ミスは犯したが、サッカーをしていれば起こりうることだ」と選手を擁護していた。<br><br>それでも、サポーターからの侮辱や批判は止まらず。イタリア人DFは、SNSアカウントを無言で閉鎖している。<br><br>インテルは、今シーズン開幕直後の快進撃が嘘のように、12月3日のキエーボ戦(5-0)を最後に、リーグ戦6試合勝利から遠ざかっている。ローマ戦においてサントンが失点につながるミスを犯したことにより、最近の結果に満足できないサポーターから集中砲火を受けたようだ。穏健派のファンからは、選手を擁護する声も上がっているようだが、今後のポジション争いにどんな影響を与えるのか、注目される。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 13:46 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、バルセロナからラフィーニャを買取OP付きレンタルで獲得! 買い取りには総額51億円が必要に

▽インテルは22日、バルセロナからブラジル代表MFラフィーニャ(24)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は8番に決定。なお、完全移籍での買い取りには3500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額3800万ユーロ(約51億6000万円)が必要となる。 ▽自身2度目のレンタル移籍でインテルに加入したラフィーニャは、クラブ公式チャンネルの『Inter TV』で新天地での意気込みを語った。 「今は本当に幸せな気分だよ。今回の移籍は僕の人生において重要なステージとなった。自分のキャリアにおける新たな章でやるべきことがたくさんあると思っているよ」 「できるだけ多くの試合に出場し、自分たちの目標であるチャンピオンズリーグ出場権を得るために手助けをしたい」 「僕は右サイドや左サイドなど、多くの役割をカバーすることができる。ただ、8番のユニフォームを選んだよ」 「チームメート? 同じ言語を話せる仲間がいることは良いことだね。それにイカルディとは過去(バルセロナの下部組織)に一緒にプレーしたことがあるんだ」 ▽元ブラジル代表MFのマジーニョ氏を父親に持ち、バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを兄に持つサッカー界屈指のエリート一家に生まれたラフィーニャは、兄と同様にバルセロナの下部組織からトップチームデビュー。だが、世界屈指のタレントを誇るトップチームでなかなか出場機会がなく、2013-14シーズンはセルタにレンタル移籍した。 ▽レンタルから復帰後は攻撃的なポジションに加え、サイドバックまでこなすユーティリティ性を武器にルイス・エンリケ前監督の下で重用されるも、2度の大ケガの影響で再びポジションを失った。今月17日のコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのエスパニョール戦では、2017年4月7日のグラナダ戦以来、290日ぶりに実戦に復帰したが、出場機会を求めて再び故郷を離れることになった。 2018.01.23 05:33 Tue
twitterfacebook
thumb

スパレッティ、メンタル面での問題点を指摘「強豪相手に怯えては何もできない」

インテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティが21日、イタリアメディア『メディアセット・プレミアム』のインタビューに応じた。<br><br>インテルは21日、セリエA第21節においてローマとジュゼッペ・メアッツァで対戦。チャンピオンズリーグ出場権を懸けた上位対決は1-1の引き分けに終わった。暫定4位に後退したインテルの指揮官は選手たちに対し、メンタル面でのレベルアップを求めた。<br><br>「我々はインテルなのだから、上位4位以内に入るためにも、レベルの高いチームに対し、勇気を持って挑まなければならない。怯えながらピッチへ上がっていては何もできない。事が起きるのを待つのではなく、自ら道を切り開いていかなければならない」<br><br>試合前、左サイドバックでは日本代表DF長友佑都の先発の可能性も報じられたが、最終的に、ライバルのDFダビデ・サントンが起用された。サントンは31分、ローマGKアリソンのロングフィードへの対応を誤り、FWステファン・エル・シャーラウィに先制点を許した。このためサポーターに対し、謝罪する姿勢を見せたが、スパレッティは選手を擁護した。<br><br>「誰にも謝罪をするべきではない。ミスは犯したが、サッカーをしていれば起こりうることだ。プレーしなければ失敗することもない。ソファーで見ているだけなら、エル・シャーラウィのようなスピードのある選手と対面し、プレーするよりずっと楽だろう。サントンは真面目な青年だし、しっかりトレーニングしている。もし私に謝りにくるようならもう彼にプレーさせない。耐えられずに謝るような奴は隅に引っ込んでいるべきだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.22 22:02 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース