【セリエA前半戦ベストイレブン】インテルから最多4選手を選出2018.01.01 12:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017-18シーズンのセリエAが12月30日をもって第19節まで消化し、前半戦を終えました。そこで本稿ではセリエAの前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。◆前半戦ベストイレブン
GK:アリソン
DF:ヒサイ、シュクリニアル、ミランダ、コラロフ
MF:ディバラ、トレイラ、ペリシッチ
FW:インモービレ、イカルディ、インシーニェ

GKアリソン・ベッカー(25歳/ローマ)
セリエA出場試合数:18(先発回数:18)/失点数:11
Getty Images
▽今季より正GKを任されたセレソンの守護神は、ここまでフルタイム出場を続け、リーグ最少の11失点に抑えている。卓越したセービング能力でピンチを切り抜け、得点力にやや欠ける今季のローマを最後方から支え、勝利に導いている。

DFエルセイド・ヒサイ(23歳/ナポリ)セリエA出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:0
Getty Images
▽ナポリ不動の右サイドバックにしてセリエA屈指のフルバック。23歳ながら冷静沈着なプレーで攻守に隙がなく、欠かせない戦力となっている。

DFミラン・シュクリニアル(22歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:3
Getty Images
▽ここまで全試合フルタイム出場。スパレッティ監督の信頼を即座に勝ち取ったスロバキア代表DFは自身の能力をビッグクラブのインテルでも臆することなく発揮。今やセリエA屈指のセンターバックと評してもいいレベルの選手に進化を遂げた。

DFミランダ(33歳/インテル)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:0
Getty Images
▽インテル移籍3季目の今季も守備の要として君臨。今季はシュクリニアルが相棒となり、抜群の相性を見せている。対人に強いシュクリニアルに相手のエース格を潰させ、自身は的確なカバーリングでピンチの芽を摘む作業を続けている。

DFアレクサンダル・コラロフ(32歳/ローマ)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:2
Getty Images
▽エメルソン・パルミエリの負傷もあってここまで左サイドバックのレギュラーとして十分な働きを見せている。とりわけ攻撃参加の質が高く、2ゴール6アシストと目に見える結果を残している。

FWパウロ・ディバラ(24歳/ユベントス)
セリエA出場試合数:18(先発回数:13)/得点数:14
Getty Images
▽開幕から6試合で9ゴールとロケットスタートを切った。その後失速し、12試合で2ゴールに終わってベンチに座る機会が増えたが、年内最終戦で2ゴールを奪い、復活。今季ここまでのユベントスを牽引してきた存在だ。

MFルーカス・トレイラ(21歳/サンプドリア)
セリエA出場試合数:18(先発回数:18)/得点数:3
Getty Images
▽昨季台頭したウルグアイ出身のボランチ。今季はその存在感をさらに高め、ゲームメークと得点力の面で向上している。ウルグアイのボランチと言えば守備専門のイメージがあるが、トレイラは攻撃の起点ともなるプレーヤーだ。

MFイバン・ペリシッチ(28歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:7
Getty Images
▽右サイドのカンドレーバと共にインテルのストロングポイントであるサイド攻撃を機能させた張本人。7ゴール6アシストと圧倒的なスタッツを残し、得点源のイカルディに多くのゴールを演出した。キエーボ戦では自身初のハットトリックを達成した。

FWチーロ・インモービレ(27歳/ラツィオ)
セリエA出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:16
Getty Images
▽16ゴール8アシストと圧巻の結果を残し、ラツィオの攻撃を牽引した。今季はL・アルベルトと2トップでコンビを組み、絶妙な関係性を構築している。ラストパスを出せるL・アルベルトとホットラインを築き、多くのゴールを生み出している。

FWマウロ・イカルディ(24歳/インテル)
セリエA出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:17
Getty Images
▽ここまで単独トップの17ゴールとストライカーとして申し分ないゴール数を挙げている。質の高い両ウインガーから送られてくるクロスボールをゴールに押し込む最後の仕上げを確実にこなしている。

FWロレンツォ・インシーニェ(26歳/ナポリ)
セリエA出場試合数:18(先発回数:17)/得点数:5
Getty Images
▽首位に立つナポリの攻撃を牽引しているインシーニェを選出。グラム、MFハムシクらと形成する左サイドはナポリのストロングポイントで、5ゴール4アシストとゴールに直結するプレーを続けた。左斜め45度の位置はインシーニェ・ゾーンと命名しても良いくらいの高いシュート決定率を誇った。

コメント

関連ニュース

thumb

ピルロ氏、ミラノ・ダービーについて見解…両エース比較も

▽元イタリア代表アンドレア・ピルロ氏が、21日に行われるセリエA第9節インテルvsミランのミラノ・ダービーについて見解を示した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽セリエA第9節が20日から22日にかけて行われる。その中で最も注目なのが、3位・インテル(勝ち点16)と、10位・ミラン(勝ち点12)が激突するミラノ・ダービーだ。 ▽そんな中、現役時代にインテルとミランの両クラブに在籍していたピルロ氏が伝統の一戦について見解を述べている。 「どちらが勝つかだって? それは分からない。ただ、言えることがあるとすれば、美しい試合になるということだね。とても均衡した試合になるはずだよ」 「(ミランのFWゴンサロ・イグアインとインテルのFWマウロ・イカルディのエース対決について)2人は全く違うタイプのフォワードだよ。イカルディはボックス内においてのプレーは世界でもトップクラスの1人だ。一方でイグアインは万能で、チームを活性化させる方法を知っている。2人とも偉大な選手だよ」 「(ルチアーノ・スパレッティ監督とジェンナーロ・ガットゥーゾ監督、どっちを好む?)ミランの監督の方かな」 「(自身が好きなダービーは?)ミラノ・ダービーはたくさん経験したね。勝った試合もあれば、負けた試合もあるね。その中でも1つ選ばなくてはいけないとすれば、2002-03シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグで引き分けた試合(1-1のドロー)かな」 2018.10.18 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、バルサで出場機会減のマウコムに興味か

▽インテルが、バルセロナに所属するブラジル代表マウコム(21)の獲得を画策しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ▽今夏に4100万ユーロ(約53億円)でボルドーからバルセロナに加入したマウコム。しかし、入団から約2週間後にバイエルンからチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが到着すると、優先順位で同選手に勝ることができず。年齢や役割の違いはあるが、新加入選手としてバルセロナの指揮官エルネスト・バルベルデ監督から与えられるチャンスは少なく、ここまで僅か公式戦2試合の出場で25分間しかプレーしていない。 ▽そういった状況にあるマウコムに、インテルが注視。インテルは、今夏もマウコムに対し興味を示していたが高額な移籍金のため獲得はできず。しかしながら、マウコムに対する関心を失ったわけではなく、バルセロナ側もインテルの動きを把握しているという。直接の話し合いは持たれていないが、バルセロナも出場機会を与えることができない現状を良しとはしていないようで、両者の思惑は合致している。 ▽コリンチャンスでプロデビューを飾ったマウコムは2016年にボルドーに加入。ボルドーでは通算96試合で23ゴール16アシスト記録していた。今夏にはビッククラブが獲得に関心を寄せて獲得に動いており、一時はローマとの合意が発表されたがバルセロナに移籍を果たしていた。 2018.10.17 22:22 Wed
twitterfacebook
thumb

現役引退の悪童カッサーノ、名言集に長友佑都とのエピソードも「彼はどうせ怒らない」

先日、元イタリア代表のアントニオ・カッサーノが現役引退を発表したが、サッカー情報サイト『Onefootball』で紹介されているカッサーノの名言を基に、『90MIN』イタリア版が15日、ランク付けを行った。日本代表DF長友佑都とのエピソードが9位にランクインしている。<br><br>20年にわたった現役生活の中で、&ldquo;問題児&rdquo;カッサーノは行き先々において歯に衣着せぬ発言でメディアを賑わせてきた。記事では、「アントニオ・カッサーノの最も有名な言葉」と題し、ファンタントニオの&ldquo;迷言&rdquo;の数々を振り返り、9位に「カッサーノとナガトモ」が紹介されている。<br><br>カッサーノは2012年夏、ジャンパオロ・パッツィーニとのトレードでミランからインテルに加入。2011年冬からインテルでプレーしていた長友とは、1シーズンを共に過ごした。カッサーノはかつて日本代表DFについてこのように話している。<br><br>「俺は彼の言っていることが分からない。彼も俺の言っていることは分からない。彼が話をしても誰も理解できない。それで君は笑う。彼にはどんなことでも言ってくれていいぞ。どうせ分からなくて怒ることはないからね」<br><br>なお1位には、「カッサーノと運命の重要さ」が選出されている。カッサーノはサッカーでキャリアを築くことができなければ、犯罪者になっていたはずだと告白している。<br><br>「もしあのバーリ対インテル戦がなければ、俺は強盗やスリなど犯罪者になっていただろう。俺の知り合いの多くは、マフィアに入ってしまった。あの試合があったおかげで、才能もあった俺はクソみたいな人生に別れを告げることができた。俺は貧乏だったが、何もできないので働いたことすら一度もなかったんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.17 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

日本戦急きょ出場回避のヴェシーノ、今週末ミラノ・ダービー出場可能か

▽インテルに所属するウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノにミラノ・ダービー出場の可能性が浮上した。 ▽今シーズンもここまで公式戦9試合(1得点2アシスト)に出場するなど、インテルで主力として活躍を続けるヴェシーノ。今月の代表ウィークにアジア遠征に臨むウルグアイ代表にも選ばれ、12日に行われた国際親善試合の韓国代表戦(1-2でウルグアイ代表が敗戦)にスタメン出場した。 ▽そのヴェシーノは、16日に埼玉スタジアム2002で行われたキリンチャレンジカップ2018の日本代表戦(3-4でウルグアイ代表が敗戦)に向けた先発メンバー入りを果たしたものの、直前のウォームアップ中に右ハムストリングを負傷。急きょ先発メンバーから外れている。 ▽だが、『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、ヴェシーノの負傷程度は深刻なものではなく、先発から外れたのも大事をとってのことだった様子。ミラノに戻り次第、検査を受ける予定だが、21日に行われるセリエA第9節のミラン戦に出場できる見込みだという。 2018.10.17 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

カペッロが古巣レアル・マドリーにイカルディ獲得のススメ

▽ファビオ・カペッロ氏が古巣レアル・マドリーに対して、インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)の獲得を勧めた。スペイン『アス』が報じた。 ▽今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出したレアル・マドリー。その穴を埋めるような補強もなく、今シーズンの開幕を迎えると、1985年以来の公式戦4試合連続無得点記録を打ち立てるなど、得点力不足に喘いでいる。 ▽そのため、打開策としてトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインやチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールといった有力選手が獲得候補に挙がるレアル・マドリーだが、過去2度の指導歴を誇るカペッロ氏はセリエA屈指のゴールハンターを推薦した。 「私はイカルディのファン。私が今のレアル・マドリーにいたら、直ちに彼との契約に動く。彼は現在のC・ロナウドと同じくボックス内のスペシャリストだ。彼はゴールを見て、感じることができ、そのエリアでの動き方を熟知している選手。彼なら、3回のボールタッチで3本のシュートを放つことができる」 ▽バルセロナの下部組織に在籍歴を持つイカルディは2013年夏、サンプドリアからインテルに加入。そのインテルに加入して以降、公式通算190試合112得点25アシストの成績を誇り、2度のセリエA得点王に輝くなど、指折りのストライカーとして世界に名を轟かせている。 2018.10.16 10:50 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース