堂安今季3点目! フローニンヘンは4-0で4戦ぶり勝利《エールディビジ》2017.12.25 00:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽MF堂安律の所属するフローニンヘンは24日、エールディビジ第18節のスパルタ・ロッテルダム戦に臨み4-0で大勝。堂安は77分から途中出場し、1ゴールを決めた。

▽3戦勝ちのないフローニンヘンが、4連敗中のスパルタ・ロッテルダムをホームに迎えた一戦。風邪のため前節のメンバー入りを回避した堂安は、ベンチスタートとなった。

▽ゴールレスで折り返しを迎えた試合は、後半に派手な展開となる。49分、イドリッシのアシストからヴェルドウィクが決め、先制したフローニンヘンは74分にも、途中出場のファン・ウィートがゴールネットを揺らし、追加点。

▽スコアを2-0とすると、反撃に出る相手の隙を突きたいフローニンヘンは、77分にマヒに代えて堂安を投入する。すると86分、点差を縮めることのできないスパルタ・ロッテルダムは、86分にサイドバックのホルストがオウンゴールを献上してしまう。

▽完勝ムードの漂うフローニンヘン。試合終了間際の90分には、堂安が監督の起用に応える働きをみせた。敵陣右サイドでボールを持った堂安が、ドリブルで侵攻。ボックス手前まで持ち込んで右に走りこんだ味方に渡すと、ボックス内にグラウンダーのクロスが供給される。そして、途中出場のアントゥナのシュートが相手DFにブロックされたところに再び堂安。左足を振り抜き、試合を締めくくるチームの4点目とした。

▽直後に試合終了のホイッスル。堂安の今シーズン3点目などで勝利したフローニンヘンは、4戦ぶりの勝利。対するスパルタ・ロッテルダムは、この敗北で5連敗となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

板倉滉の電撃的なシティ経由蘭行き、実現の背景とは…

フローニンヘン上層部がU-22日本代表DF板倉滉(21)のマンチェスター・シティを経由した加入の舞台裏を明かした。オランダ『RTV Noord』が報じた。 川崎フロンターレの育成機関で育った板倉は2015年にトップチーム昇格。昨年、ベガルタ仙台にレンタル移籍した。そして、プレミアリーグ王者のシティが14日、完全移籍で獲得。その後、2020年夏までフローニンヘンにレンタル移籍することが決まった。 フローニンヘンのマネージング・ディレクターを務めるハンス・ナイラント氏は、電撃的な板倉加入の背景について次のようにコメント。やはりイングランドでプレーするのに必要な労働許可書の問題が要因だったという。 「(移籍の背景? )あるとき、マンチェスター・シティ側からアプローチを受けた。彼をここでプレーさせられるかどうかの問い合わせでね。理由は堂安(律)の存在だろう。シティも彼をどこかに行かせる必要があった。労働許可書がないからね」 また、フローニンヘンのテクニカル・マネージャーを務めるロン・ヤンス氏は、板倉の起用プランについて言及。守備的MFとしての立ち回りを推測した。 「(板倉について?) 彼は仙台でセンターバックを主戦場にプレーしてきたが、我々は中盤センターの選手として考えている。彼は上背があるが、より多くのボールに絡むことを好む守備的MFだ。彼自身も中盤の選手だと思っている」 フローニンヘンは現在、板倉と各世代別代表でも同僚だった日本代表MF堂安律が在籍。今シーズンはエールディビジ前半戦終了時点で4勝3分け10敗の15位に低迷している。 2019.01.15 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

U-22日本代表MF板倉滉がマンチェスター・シティに完全移籍! 堂安所属のフローニンヘンに即レンタル

フローニンヘンは14日、マンチェスター・シティからU-22日本代表MF板倉滉(21)がレンタル移籍で加入することを発表した。契約期間は2020年6月30日までの1年半となる。 なお、板倉は15日にオランダに到着し、メディカルチェックを受診した後、正式にフローニンヘンの一員となる。 現時点で川崎フロンターレとマンチェスター・シティの両クラブから公式なアナウンスはないが、同選手はシティに完全移籍で加入してもイギリスの労働許可証取得の条件をクリアできないことからフローニンヘンに武者修行に出ることが決まったようだ。 川崎フロンターレの下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。また、天皇杯には4試合に出場し、初の決勝進出に貢献。U-21日本代表としては、AFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される選手だ。 7日に仙台への期限付き移籍期間満了を発表後、一部メディアで海外移籍の意向を示していたことが伝えられ、川崎は14日に2019シーズンの選手背番号を発表する際に板倉が国外移籍に向けて調整中であることを明かしていた。 なお、フローニンヘンでは日本代表の世代別チームで長らく共演してきた日本代表MF堂安律が在籍しており、新クラブへの適応に不安はないはずだ。 2019.01.15 06:53 Tue
twitterfacebook
thumb

MF堂安律はまだまだアピールを意識! 「試合に出られなくなる可能性もある」《AFCアジアカップ2019》

▽日本代表は29日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて行われるAFCアジアカップUAE2019に向け、千葉県内で流通経済大学サッカー部との練習試合を実施した。 ▽試合終了後、MF堂安律(フローニンヘン/オランダ)がメディア陣による取材に応対。練習試合で好パフォーマンスを披露した堂安は、森保一監督体制で定着している現状でもアピールが念頭にあったことを明かしている。 ◆MF堂安律(フローニンヘン/オランダ) ──欧州から日本へ戻って来て違いを感じたか 「ピッチがボールが止まる感じでしたしやっぱり湿度は違いましたけど、向こうに行けばピッチも見られると思いますし、少しヨーロッパに似ている環境もあると思いますので、自分としてはやりやすい環境になるんじゃないかなと予想しています。(アジア杯のボールは)少しオランダのボールに似ているので、僕としては違和感なく出来そうな気がします」 ──トレーニングパートナーとして同世代の選手たちが入っていたが、どういった感触だったか 「あまり考えなかったですけど、歳の近い選手が入ってくれれば刺激になるし、今まで年下の選手が出て来なかったので後輩ができて変な感じでしたけど(笑)。チームにとってそういう選手が出てくるのは良いことだなと思います」 ──今日の試合でもコンディションの良さを伺わせたが 「僕はもう最初から全力で行きたいですし、考える余裕は今の僕にはないので、自分の良さであるところを全て出して最初からガンガンいこうと。調整して縮こまると試合に出られなくなる可能性もあるので、やっぱり最初からチーム、監督に対してのアピールをしっかりとしようと」 ──メンタルも含めて、今日に向けて徐々に調整した結果か 「僕は常に用意していますし、合流して2、3日やって、試合できる環境だと思っているので。僕は普通にいつでも出られる準備をしています」 ──合宿が一時休止する2日間はどう過ごすか 「そこはまだ分かりませんけど、家族に会えるので。あとボールを動かしたり身体を動かしたりしようかなと」 ──何試合もある中でメンバーが代わる可能性もあるが、どのような課題が考えられるか 「例えば僕がサブの立場に回った時に(集中力を)切らさないことが大切ですし、一体感というのは日本代表の良さだと思います。誰が出てもいいプレーができるようになるというのは、日本人として誇りにもなるし出来ることだと思っています」 2018.12.30 21:02 Sun
twitterfacebook
thumb

MF原口元気がMF堂安律の展開力を賞賛! 「あのボールが来て嫌な選手はいない」《AFCアジアカップ2019》

▽日本代表は29日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて行われるAFCアジアカップUAE2019に向け、千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF原口元気(ハノーファー/ドイツ)がメディア陣による取材に応対。練習で好連携を見せていたMF堂安律(フローニンヘン/オランダ)を賞賛している。 ◆MF原口元気(ハノーファー/ドイツ) ──今日の練習ではMF堂安律との好連携を披露していたが 「彼は元々いい選手ですし、展開力もすごくあるので。ただ張ってるだけなのにスパンとサイドチェンジが来たりするし、それが彼の展開力良さかなと。あのボールが来て嫌な選手はいないので(笑)。よく見ててくれてるなと」 ──堂安と二人で逆足の両サイドを形成することに関して 「そうですね。久しぶりに左利きの選手が逆サイドにいるので、よくボールは来ますね。中入ってることが多いので。それはでもあんまり一緒に出ている時間もないので、今日とかはいい時間になったと思います」 ──明日の練習試合でも試しておきたいか 「でもまだ時間があるので色々な組み合わせを試せるだろうし、律だけじゃなくて組んだことがない選手が一杯いるので」 ──特に組んでみたい選手はいるか 「まずはコンディション。試すというよりも、練習生も入っての試合なので、難しい中でどれだけやれるかが一つ大事かなと。こういうところからしっかりやっていかなきゃな、というのはあります」 2018.12.29 22:13 Sat
twitterfacebook
thumb

堂安律の市場価値が3倍増で約9億円越え…オランダ3大クラブ以外では最高額の選手に

ドイツ『transfermarkt.de』のオランダ版は28日、オランダ1部のエールディヴィジでプレーする選手たちの市場価値を更新した。日本代表MF堂安律の市場価値は3倍増を記録している。<br><br>選手それぞれのパフォーマンスや将来性、市場効果やユーザーの意見などを考慮して市場価値を評価する『transfermarkt』。今回は495人の選手たちがデータ更新の対象に。そのなかでアヤックスの有望株コンビ、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(5000万&rarr;6500万ユーロ(約82億2100万円))とMFフレンキー・デ・ヨング(4000万&rarr;6000万ユーロ(約75億9000万円))が同リーグ過去最高の市場価値でランキングの1位と2位を占めることになった。<br><br>上位25位に13人を送り込んだアヤックス、3位メキシコ代表FWイルビング・ロサノ(4000万ユーロ(約50億6000万円)で変動なし)を含む9人のPSV、3人のフェイエノールトがこのランキングを圧倒。しかし、25位タイにはフローニンゲンの攻撃の中心的な存在となっている堂安(250万&rarr;750万ユーロ(9億4900万円))も切り込み、同リーグの3大名門クラブに所属しない選手の先頭に立った。<br><br>堂安は、2017年夏にガンバ大阪からフローニンゲンに渡った際の市場価値は15万ユーロ(約1900万円)を記録。同年10月のデータ更新で75万ユーロ(約9500万円)に跳ね上がると、その約14カ月後にはその額は10倍増とさらに向上。オランダに上陸してからの1年半で実に50倍増を記録。マンチェスター・シティ率いるジョゼップ・グアルディオラ監督もその成長ぶりに注目していると報じられるなど、複数のビッグクラブからの関心が伝えられていることも、市場価値の急騰につながったようだ。<br><br>一方、エールディヴィジでプレーするもう1人の日本人選手のMF小林祐希だが、今回の更新で25万ユーロ(約3200万円)ダウンで175万ユーロ(約2億2100万円)に減少。2016年夏にジュビロ磐田から移籍したころには市場価値が65万ユーロ(約8200万円)となっていた同選手は昨年6月~今年3月は300万ユーロ(約3億8000万円)との評価を維持するも、春先以来の更新では市場価格の減額を繰り返すことになった。<br><br>なお『transfermarkt』による日本人選手市場価値のトップ10は次のとおり。(※所属リーグによって更新日が異なる)<br><br>1位 中島翔哉(ポルティモネンセ、800万&rarr;1500万ユーロ)<br />2位 武藤嘉紀(ニューカッスル、1000万&rarr;1000万ユーロ)<br />3位 香川真司(ドルトムント、1100万&rarr;800万ユーロ)<br />3位 酒井宏樹(マルセイユ、600万&rarr;800万ユーロ)<br />5位 堂安律(フローニンゲン、250万&rarr;750万ユーロ)<br />6位 吉田麻也(サウサンプトン、700万&rarr;700万ユーロ)<br />7位 大迫勇也(ブレーメン、600万&rarr;600万ユーロ)<br />7位 冨安健洋(シント=トロイデン、35万&rarr;600万ユーロ)<br />9位 岡崎慎司(レスター、600万&rarr;500万ユーロ)<br />9位 乾貴士(ベティス、750万&rarr;500万ユーロ)<br />9位 南野拓実(レッドブル・ザルツブルク、400万&rarr;500万ユーロ)<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.29 06:11 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース