堂安今季3点目! フローニンヘンは4-0で4戦ぶり勝利《エールディビジ》2017.12.25 00:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽MF堂安律の所属するフローニンヘンは24日、エールディビジ第18節のスパルタ・ロッテルダム戦に臨み4-0で大勝。堂安は77分から途中出場し、1ゴールを決めた。

▽3戦勝ちのないフローニンヘンが、4連敗中のスパルタ・ロッテルダムをホームに迎えた一戦。風邪のため前節のメンバー入りを回避した堂安は、ベンチスタートとなった。

▽ゴールレスで折り返しを迎えた試合は、後半に派手な展開となる。49分、イドリッシのアシストからヴェルドウィクが決め、先制したフローニンヘンは74分にも、途中出場のファン・ウィートがゴールネットを揺らし、追加点。

▽スコアを2-0とすると、反撃に出る相手の隙を突きたいフローニンヘンは、77分にマヒに代えて堂安を投入する。すると86分、点差を縮めることのできないスパルタ・ロッテルダムは、86分にサイドバックのホルストがオウンゴールを献上してしまう。

▽完勝ムードの漂うフローニンヘン。試合終了間際の90分には、堂安が監督の起用に応える働きをみせた。敵陣右サイドでボールを持った堂安が、ドリブルで侵攻。ボックス手前まで持ち込んで右に走りこんだ味方に渡すと、ボックス内にグラウンダーのクロスが供給される。そして、途中出場のアントゥナのシュートが相手DFにブロックされたところに再び堂安。左足を振り抜き、試合を締めくくるチームの4点目とした。

▽直後に試合終了のホイッスル。堂安の今シーズン3点目などで勝利したフローニンヘンは、4戦ぶりの勝利。対するスパルタ・ロッテルダムは、この敗北で5連敗となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

オランダ挑戦2年目となる堂安律、来シーズンは背番号「7」に!

FCフローニンヘンは、FW堂安律の背番号が2018-19シーズンから「7」になることを発表した。<br><br>堂安は昨年6月、ガンバ大阪から期限付き移籍で加入。オランダ挑戦1年目から29試合に出場し、9ゴール4アシストと活躍した。そして、今年4月にはクラブが買い取りオプションを行使し、完全移籍を果たしていた。<br><br>ロシア・ワールドカップ行きの夢は果たせなかった堂安だが、フローニンヘンは来シーズンにより一層の活躍が期待される日本人ストライカーの背番号を25番から7番に変更することを公式Twitterで発表。さっそく背番号7に袖を通し練習に励む若き日本人ストライカーの写真が掲載されている。<br><br>24日から新シーズンへ向けて指導したフローニンヘン。堂安は、昨季を上回る活躍を見せられるだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.26 06:43 Tue
twitterfacebook
thumb

ハダースフィールドがU-21オランダ代表MFバクナを獲得

▽ハダースフィールドは20日、フローニンヘンのU-21オランダ代表MFジュニーニョ・バクナ(20)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となっている。 ▽2015年2月にフローニンヘンでプロデビューしたセントラルMFのバクナは、これまでフローニンヘンで公式戦94試合に出場して4ゴール11アシストを記録。2017-18シーズンはエールディビジで33試合に出場して1ゴール5アシストをマークしていた。 ▽そのバクナの獲得についてハダースフィールドを率いるデイビッド・ワグナー監督は次のように話した。 「ジュニーニョを獲得できて嬉しい。彼は若く、ハングリーな選手だ。それでいて年齢の割に多くの経験を積んでいる。我々にとってのオプションとなる選手だ。彼は守備的MFとしても攻撃的MFとしてもプレー可能だ。テクニカルで運動量もある。彼の能力が最大限発揮できるよう、我々はサポートしたい」 2018.06.20 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「W杯への夢が崩壊した」オランダメディアが小林祐希、堂安律のW杯行き消滅に注目

18日、日本サッカー協会(JFA)はガーナ戦に臨む日本代表メンバー27名を発表した。エールディビジでプレーする小林祐希(ヘーレンフェーン)、堂安律(フローニンゲン)は選出されなかったが、現地オランダメディアがその動向について伝えた。<br><br>オランダメディア『Voetbal International』は「エールディビジデュオ、小林と堂安の&ldquo;W杯への夢&rdquo;は崩壊した」という見出しで、次のように報じている。<br><br>「堂安はここまでA代表でプレーした経験こそないが、19歳のMFはロシア・ワールドカップ行きを夢見ていた。エールディビジでプレーするもう一人の日本人選手、小林祐希はワールドカップに臨むリストにさえ載っていないことを自ら明かしている。彼が最後に代表で選ばれたのは昨年10月のことだった」<br><br>「西野(朗)監督はガーナと戦った翌日の5月31日にW杯に挑む最終メンバーを発表する。日本はスイス(6月8日)、パラグアイ(6月14日)とのトレーニングマッチが控えており、ロシアではコロンビア(6月19日)、セネガル(6月24日)、ポーランド(6月28日)と戦う」<br><br>小林祐希は自らが選考メンバーに入っていないことをメディアの前で明らかにしており、堂安律は本番直前までフル代表招集歴がないことから、23人の最終メンバーとして&ldquo;サプライズ招集&rdquo;される可能性は限りなく低いものと見られる。<br><br>ヘーレンフェーンの小林はリーグ戦32試合に出場し2ゴール(ヨーロッパリーグプレーオフ含む)。一方、フローニンゲン堂安は29試合で9ゴール4アシストの成績を残しており、オランダ挑戦1年目からブレイクを果たしていた。<br><br>エールディビジで評価を得ている日本人選手2人だが、地元メディアも小林と堂安のロシアW杯行きは絶望的な状況と見ているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.05.20 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

G大阪がMF堂安律のフローニンヘン完全移籍を発表「これからは同じガンバファン」

▽ガンバ大阪は10日、オランダ・エールディビジのフローニンヘンへ期限付き移籍しているMF堂安律(19)に関して、7月1日から完全移籍することを発表した。 ▽堂安は、2017年7月から期限付き移籍でフローニンヘンに加入。今シーズンのエールディビジでは29試合に出場し9得点4アシストを記録。ファン選定のクラブ年間MVPに選出されるなど、センセーショナルな活躍を見せていた。 ▽フローニンヘンは、4月23日にすでに完全移籍加入を発表。契約期間は2021年までの3年間としていた。堂安はクラブを通じてコメントしている。 「この度、フローニンゲンに完全移籍することが決まりました。13歳からの6年間本当にお世話になりました。サッカー以外のところで海外で上手く適応できたこのキャラはサッカーだけじゃなく、人としてガンバ大阪に育ててもらったと思っています」 「これから僕はサポーターの皆さんと同じガンバファンです。お互い切磋琢磨して頑張りたいと思います。有難うございました」 2018.05.10 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

フローニンヘン堂安律、ロッベン超えのリーグ9得点で今季終了《エールディビジ》

▽U-20日本代表MF堂安律が所属するフローニンヘンは6日、エールディビジ最終節でPSVのホームに乗り込み、0-0で引き分けた。堂安は10試合連続のフル出場を果たしている。 ▽2018年を迎えて以降、完全にレギュラー定着を遂げた堂安。ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現バルセロナ)らが持つクラブの10代選手において得点記録となるエールディビジ初年度での二桁得点に期待が集まったが、王者PSV相手の快挙達成とはならなかった。 ▽これにより、堂安の今シーズンはエールディビジ29試合9得点2アシストで終了。フローニンヘンに所属する10代の選手として、オランダ代表MFアリエン・ロッベン(現バイエルン)が2001-02シーズンに打ち立てたリーグ8得点を上回るなど、充実の1年間を過ごした。 PSV 0-0 フローニンヘン 2018.05.07 08:40 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース