堂安今季3点目! フローニンヘンは4-0で4戦ぶり勝利《エールディビジ》2017.12.25 00:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽MF堂安律の所属するフローニンヘンは24日、エールディビジ第18節のスパルタ・ロッテルダム戦に臨み4-0で大勝。堂安は77分から途中出場し、1ゴールを決めた。

▽3戦勝ちのないフローニンヘンが、4連敗中のスパルタ・ロッテルダムをホームに迎えた一戦。風邪のため前節のメンバー入りを回避した堂安は、ベンチスタートとなった。

▽ゴールレスで折り返しを迎えた試合は、後半に派手な展開となる。49分、イドリッシのアシストからヴェルドウィクが決め、先制したフローニンヘンは74分にも、途中出場のファン・ウィートがゴールネットを揺らし、追加点。

▽スコアを2-0とすると、反撃に出る相手の隙を突きたいフローニンヘンは、77分にマヒに代えて堂安を投入する。すると86分、点差を縮めることのできないスパルタ・ロッテルダムは、86分にサイドバックのホルストがオウンゴールを献上してしまう。

▽完勝ムードの漂うフローニンヘン。試合終了間際の90分には、堂安が監督の起用に応える働きをみせた。敵陣右サイドでボールを持った堂安が、ドリブルで侵攻。ボックス手前まで持ち込んで右に走りこんだ味方に渡すと、ボックス内にグラウンダーのクロスが供給される。そして、途中出場のアントゥナのシュートが相手DFにブロックされたところに再び堂安。左足を振り抜き、試合を締めくくるチームの4点目とした。

▽直後に試合終了のホイッスル。堂安の今シーズン3点目などで勝利したフローニンヘンは、4戦ぶりの勝利。対するスパルタ・ロッテルダムは、この敗北で5連敗となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

終盤出場の堂安律、難しさ感じつつも「堂安らしさ出したい」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は13日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、トレーニングを再開した。 ▽トレーニング終了後、MF堂安律(フローニンヘン)がメディア陣による取材に応対。後半終盤の10分間に投入されてからのプレーの難しさを語りつつも、“自分らしく”プレーすることの大切さを再確認している。 ◆MF堂安律(フローニンヘン) ──代表チームには慣れてきたか 「そうですね。慣れてはきてますけど、緊張していた方が調子が良いので。今までサッカーをしてきて自分自身ありますし、良い意味で凄い高ぶり、緊張感を持ちながら、試合に集中して本当にゾーンに入るくらい集中出来たら相当良いプレーができると思うので、そこに集中して合わせていきたいなと思います」 ──W杯組とのコミュニケーションについて 「自分自身はよく喋る方なので、そこに関しての全く不安はありませんでした。日本語が喋れるので、今のうちに喋っておこうと思って沢山喋ってます」 ──特に話す選手は? 「吉田麻也選手ですかね。テーブルでも一緒ですし、サッカーだけでなく人間として色々な(笑)。コーヒーの話から全く関係ないことから教えてもらってます」 ──人柄を知ってプレーすることのメリットを感じるか 「そうですね。関係ないことでもコミュニケーションですし、そうすることによって自分の要求もピッチ内で強く言えます。僕はそういうのをあまり気にしないタイプなんで、ピッチに入ると気にすることはできないです」 ──2戦連続ゴール中のFW南野拓実の活躍は刺激になるか 「もちろん刺激になってますし、今日も一緒に練習をしたことで新しい刺激になりました。もちろん得点は一番の結果なんですが、そればかり考えてしまうとダメなことは自分が1年前から色々と経験していますし、15年くらいはサッカーをやっていてそれは分かっているので、自分のモチベーションを上手く保ちながらプレーしたいと思います」 ──パナマ代表戦の試合で何を得たか 「10分くらい出させてもらって、正直良くなかったです。ただ、2-0、3-0から試合に出る難しさも感じましたし、個人的には前を向きたいという気持ちもあって、チームとして前に行きすぎずというところとギャップがありました。もう少し賢いプレーヤーになるためには色々なプレーも必要なのかなと思った10分間でした」 ──代表常連メンバーのプレーイメージを想定していたか 「いえ、特に考えてません。フィーリングで入るタイプですし、あまりそこは深く考えすぎず。自分のプレースタイルもワールドカップに出た選手たちと全然違いますし、自分の方が合わせてもらいながらする必要があるのかなと。自分の良さを出したいと思っていて、あまり気を遣ってプレーすると良さが消えてしまうので。思い切って若さを出して、堂安らしさを出していきたいなと思います」 ──キャプテンとしての吉田選手はどう映るか 「やっぱりONとOFFの切り替えは凄いです。ピッチに入った時のピリッとした雰囲気だとか、言葉に出さない雰囲気で人が出ると思うので、そういうところは凄く勉強になってます。やっぱり色々な経験をしている選手は凄いなと思います」 ──次のウルグアイ代表戦に向けての心境は? 「本当にトップオブトップの選手と対戦するのは正直初めてだと思うのですごくいい経験になると思います。ただ、良い経験だけで終わってしまってはダメだと思います」 2018.10.13 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「ガラタサライがフローニンヘンのスターに魅了」蘭メディア、堂安律へのトルコからの関心を報じる

フローニンヘンで活躍する堂安律の動向をガラタサライが&ldquo;熱心&rdquo;に注視しているようだ。オランダ『Elf Voetbal』が「ガラタサライがフローニンヘンのスター、ドウアンに魅了」と題して報じた。<br><br>先日から複数のトルコメディアが報じるようにガラタサライが日本代表としてもデビューを飾ったばかりの堂安に関心を寄せる。現在、同じく日本代表の長友佑都が所属する同クラブは、オランダで活躍する20歳の同選手を獲得することでスポーツ面だけではなく、商業面での利益も大きいと考えているようだ。<br><br>昨シーズンにフローニンヘンに加入した堂安は全公式戦で2桁得点を挙げる活躍。今シーズンも開幕戦からゴールをマークするなどチームにとって欠かせないウイングとなり、最高のパフォーマンスを維持している。<br><br>同メディア曰く&ldquo;ここ数カ月間フローニンヘンの選手として騒がしいときを過ごす&rdquo;堂安に対して、今夏に獲得に乗り出したCSKAモスクワに続いて、トルコの名門ガラタサライも争奪戦に参戦。国内リーグのみならず、チャンピオンズリーグでも良いスタートを切った同クラブが真剣に引き抜きを狙っているようだ。<br><br>今のところ堂安の違約金やフローニンヘンが求める移籍金については明らかになっていない。クラブと2021年までの契約を結ぶ同選手だが、近い将来にチームを離れてトルコへと渡るのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.09.29 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

フローニンヘンGK、電車ルールを知らず?無賃乗車扱いに納得できず暴行で逮捕

フローニンヘンの守護神GKセルジオ・パッドが暴行の疑いで逮捕され、24日に釈放されていた。『Goal』の取材により明らかになった。<br><br>日本代表MF堂安律が所属するフローニンヘンの守護神は23日、ホームで行われたエールディヴィジ第6節AZ戦に出場していたが3得点を献上し、チームは1-3で敗れ、最下位に転落した。試合終了後、パッドは気が高ぶっていたのか、電車で移動中に車掌から切符の提示を求められるとトラブルに発展した。<br><br>現地では、電車に乗る前に、購入した切符の刻印が求められているが、フローニンヘンの主将はこれを行っておらず無賃乗車扱いとなり、車掌により罰金が科されることを告げられた。するとパッドは車掌に反抗して唾を吐きかけ、警備員に襲い掛かったとみられる。このため電車は最寄りの駅に停車し、28歳GKは現地警察に逮捕された。その後、24日の午後に釈放されている。パッドは普段、電車に乗らないため、ルールを理解していなかったと釈明している。<br><br>「切符を刻印しなければならないことを知らなかった。電車には頻繁に乗らないので、こういった勘違いは起こりうることだ。僕は切符を持っていたので自分の主張が正しいと思っていた。だが僕がバカだった。それから警察に連行され、24日の朝に聴取を受けたあと、帰宅を許された」<br><br>捜査は現在も続けられており、フローニンヘンの主将は、キャプテンマークを返上する意向を示している。また電車を利用した理由についても明かしている。<br><br>「これまで誇りをもって(キャプテンマークを)身に着けてきたが、23日にこのような振る舞いをしてしまった以上、主将を続けることはできない。だから返却する。落ち込んでいたわけではないが、アルコールを飲んだ後だったので、運転するべきではないと考えた。これからすべてがインターネットに載って、僕や家族についていろんなことを言われるのだろう。すべてを受け入れるつもりだ。過ちを犯したので責任は負うつもりだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.25 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

今月代表デビューの堂安律、長友佑都と同僚に? ガラタサライが興味か

▽日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライが、フローニンヘンの同国代表MF堂安律(20)獲得に興味を示しているようだ。トルコ『Turkiye』が伝えた。 ▽今回の報道によると、ガラタサライで指揮するファティー・テリム監督は、2018年1月に期限付き移籍、昨シーズン終了後に完全移籍を果たした長友の規律やプロフェッショナルな姿勢に感銘。そこで新たな日本人選手の獲得を望み、オランダで奮闘するフローニンヘンの堂安に注目しているとのこと。同メディアは堂安が中盤のあらゆるポジションでプレーできることから現在はイスタンブール・バシャクシェヒルでプレーするベテランのトルコ代表MFエムレ・ベロゾールに似ていると紹介している。 ▽G大阪の至宝とも呼ばれた堂安は、2017年6月にフローニンヘンに期限付き移籍。海外挑戦1年目ながら、エールディビジで9ゴール4アシストという成績を残し、今年4月に完全移籍を勝ち取った。シーズン中にはアヤックスやマンチェスター・シティ、今夏ではCSKAモスクワからの関心も寄せられていた。 ▽今月日本代表デビューも飾った堂安。もし移籍が実現すれば、長友と同僚となるが果たして移籍は実現するのだろうか。 2018.09.23 19:35 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手⑤】コスタリカ戦でついにベールを脱いだ東京世代のエース。本田圭佑の後継者たるべき男!/堂安律(フローニンヘン/FW)

▽「ロシア・ワールドカップで戦った日本代表の先輩たちにはすごい感動を与えてもらった。自分自身『何してるんだ』って思わせてもらったから。ただ、それ以上に同い年のキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)やイ・スンウ(ヴェローナ)たちからの方が刺激はもらった。彼らが10番つけてる姿を見て、技術だけじゃなくメンタル面も素晴らしい選手だなってのは思わされました」 ▽2カ月前の世界舞台で躍動する同世代のアタッカーの一挙手一投足を目の当たりにして、20歳の堂安律(フローニンヘン)は焦燥感を強めていた。 ▽日本代表は2大会ぶりの16強入りを果たしたが、主力に君臨したのは長谷部誠(フランクフルト)や長友佑都(ガラタサライ)、乾貴士(ベティス)ら30代選手が中心。そこも彼には悔しさを募らせた部分だろう。 ▽だからこそ、ここから先は自分たち若手が日本代表を担っていかなければならない…。そんな責任感と闘争心を胸に、11日のコスタリカ戦(大阪・吹田)のピッチに立ったはずだ。 ▽堂安が将来的に目指している背番号10をつけた中島翔哉(ポルティモネンセ)が左サイドで小気味いいドリブルで相手をキリキリ舞いさせ、セカンドトップの位置に入った南野拓実(ザルツブルク)が待望の代表初ゴールを挙げる中、右サイドに陣取った背番号21も高度なテクニックと戦術眼を披露。2本あった決定機こそ逃して「あとは決めきるだけでした」と反省の弁を口にしたが、1本目のゴールシーンの時には「シュートが入る前にパフォーマンスを考えてました」と言うほどの強心臓ぶりを垣間見せた。 ▽こうやってメディアの前で歯に衣着せぬ物言いをするところは、若かりし日の本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)に酷似している。関西出身でガンバ大阪の下部組織で育ったレフティという部分も2人の共通点だ。 ▽「本田さんとの接点? 全くないです。似ているかどうか分からないし、あまり人と比較されるのは好きじゃないけど、そういう素晴らしい選手と言ってもらえるのは嬉しいこと。僕も思ったことは伝えて、それを実行していくという信念ややり方があるので、そこは曲げてはダメだと思います」と堂安はワールドカップ3大会4得点という偉業を果たした大先輩への思いを口にした。その12歳年上の本田を超えることが日本代表における一大テーマになってくるのは間違いない。 ▽本田が2008年6月のバーレーン戦(埼玉)で代表デビューを果たしたのは22歳の時。初ゴールは翌2009年5月のチリ戦(大阪・長居)で同じく22歳だった。堂安は初キャップで先輩を超えたが、初ゴールはいつになるか分からない。早ければ10月のパナマ(新潟)・ウルグアイ(埼玉)2連戦でそのチャンスが巡ってきそうだが、次回からロシア・ワールドカップ主力組など年長のアタッカー陣が参戦してくると見られるため、後半40分までプレーした今回ほど長い時間はピッチに立てないかもしれない。そういう中で確実に数字を残し、1つ1つキャリアを積み上げていくことしか、代表エースの座はつかめない。本田や香川真司(ドルトムント)も長い間苦悩しながら、そのポジションを勝ち得てきたのだ。 ▽代表選手としてのスタートラインに立ったばかりの堂安がまずやらなければならないのは、もちろんクラブでの活躍だ。今季フローニンヘンではここまで5試合でまだ1ゴールのみ。チームもエールディビジ18チーム中最下位。この苦境から抜け出すことが重要なポイントになってくる。 ▽「今季はフローニンヘンで完全にチームの中心としてやらしてもらっているのに、チームが勝てていない。僕自身も思うようにゴールが取れていないので、そこは反省点が多いですね。欧州のサッカーはゴール前の攻防の質が高いので、点を取り切るところ、結果にこだわるところを強く追い求めないといけない。最近の課題はゴール前に走り込む回数が増えてきたので、ワンタッチゴール、それこそクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)のような、手本になるようなゴールを増やすこと。それをやっていこうと思っています」と本人の見据えるところは極めて明確だ。 ▽クラブと代表では求められる戦術も役割も異なるため、両方のチームで華々しい活躍をするというのは非常にハードルが高い。けれども、弱冠20歳の若い堂安ならそれを果たせるだけのポテンシャルが十分にある。非凡なテクニックと創造性、アイディア、スピード、そして伸びしろと彼が持ち合わせているものは少なくない。それを駆使していけば、もっともっと幅広いプレーのできるアタッカーになれるはず。2つのチームを行き来しつつ、それぞれの経験を融合させながら、自分自身を成長させていくことが肝要なのだ。 ▽「本田圭佑の後継者」と言われる男には今の勢いを止めることなく、一目散に高みに上り詰めてほしい。そういうフレッシュな若者を出てくれば、日本サッカー界もより活気づくに違いない。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2018.09.21 22:30 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース