小林祐希出場、ヘーレンフェーン4試合ぶりの黒星《エールディビジ》2017.12.24 08:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは23日、エールディビジ第18戦のAZ戦に臨み、1-3で敗れた。小林は88分までプレーした。

▽3戦負けなしのヘーレンフェーンは、ゴールレスで迎えた48分、アメルスフォールトのゴールで先制。だが、69分に2度目の警告でトアスビーが退場となると、80分にオウンゴールから追いつかれ、84分に逆転を許した。

▽結局、90分にも失点を重ねたヘーレンフェーンは、4試合ぶりの黒星を喫している。

AZ 3-1 ヘーレンフェーン
【AZ】
OG(後35)
フライデー(後39)
フライデー(後45)
【ヘーレンフェーン】
アメルスフォールト(後3)

コメント

関連ニュース

thumb

小林祐希にライバル出現? ヘーレンフェーンがAZからMFリエンストラを獲得…昨季はリーグ戦10ゴール

▽MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは15日、AZからオランダ人MFベン・リエンストラ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年までとのことだ。 ▽リエンストラは、アヤックスやAZの下部組織出身で、ヘラクレスやズヴォレ、ヴィレムⅡなどでプレーしていた。エールディビジでは221試合に出場し19ゴール14アシストを記録。2017-18シーズンはエールディビジで30試合に出場し10ゴール2アシストを記録していた。 ▽中盤のセンターを主戦場としており、ヴィレムⅡではゲームキャプテンも務めており、小林にとってはライバル出現となった。 2018.08.16 17:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯後に代表引退した元イラン代表FWグーチャンネジャドがAPOELに加入

▽APOELニコシアは24日、ヘーレンフェーンから元イラン代表FWレザ・グーチャンネジャド(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年となる。 ▽幼少期に移住したオランダのヘーレンフェーンでプロデビューを飾ったグーチャンネジャドは、ゴー・アヘッド・イーグルスとカンブールという国内クラブ、ベルギーのシント=トロイデンVV、スタンダール・リエージュ、イングランドのチャールトンなど国外の複数クラブを渡り歩いた。 ▽その後、2016年には古巣のヘーレンフェーンに復帰を果たし、在籍2シーズンでリーグ戦27ゴールを挙げる活躍を見せていた。 ▽また、イラン代表では通算44試合に出場し16ゴールを記録。先のロシア・ワールドカップではメンバー入りを果たすも、出場機会は訪れず。同大会終了後に代表引退を発表していた。 2018.07.24 19:50 Tue
twitterfacebook
thumb

シティのU-20オランダ代表MFコンゴロがヘーレンフェーンに完全移籍

▽ヘーレンフェーンは18日、マンチェスター・シティのU-20オランダ代表MFロドニー・コンゴロ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなっている。 ▽2014年にフェイエノールトからシティに移籍したコンゴロは、ハダースフィールドでプレーするオランダ代表DFテレンス・コンゴロを兄に持つセントラルMF。U-15からU-20までオランダ代表に選出されてきた経歴を持つ。シティではトップチーム出場歴がない中、2017-18シーズンはドンカスター・ローバーズにレンタル移籍し、リーグ1(イングランド3部相当)で35試合に出場し3アシストを記録していた。 2018.07.18 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

小林祐希のシーズンが終了…ヘーレンフェーン、AG差で敗退《エールディビジ・ELプレーオフ》

▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは12日、エールディビジ・ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ準決勝2ndレグでユトレヒトのホームに乗り込み、1-2で敗戦。2戦合計5-5、アウェイゴール差でヘーレンフェーンの敗退が決まっている。 ▽先の1stレグで小林のゴールを含む4発で先勝したヘーレンフェーン。小林は1stレグに引き続きスタメン入りし、63分までプレーした。 ▽1stレグの結果を手に敵地に乗り込んだヘーレンフェーン。だが、39分に先制されると、58分に2失点目を許して、トータルスコアで劣勢に立たされてしまう。 ▽その中で、勝ち上がりに2点が必要なヘーレンフェーンは78分にロジャスのゴールで反撃。だが、後続ならず、アウェイゴール差で敗退が決定している。 ▽これにより、小林の今シーズンも終了。ヘーレンフェーン在籍2年目の今シーズンは、公式戦35試合2ゴールという結果で幕を閉じている。 ユトレヒト 2-1 ヘーレンフェーン 【ユトレヒト】 ストリーダー(前39) ファン・デル・マレル(後13) 【ヘーレンフェーン】 ロジャス(後33) 2018.05.13 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

小林祐希が先制FK弾! 計7発の乱打戦制しヘーレンフェーンが準決勝で先勝《エールディビジ・ELプレーオフ》

▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは9日、エールディビジ・ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ準決勝1stレグでホームにユトレヒトを迎え、4-3で勝利した。小林は、フル出場を果たし、1ゴールを記録している。 ▽レギュラーシーズンの4位から7位のチームでホーム&アウェイによるプレーオフを行い、勝者はEL予選2回戦から出場できるELプレーオフ。小林が所属するヘーレンフェーンは8位でリーグ戦を終えたが、4位・フェイエノールトが国内カップ戦を制してEL予選3回戦からの出場を確定させたため、繰り上がりでプレーオフ出場が決まった。 ▽そのヘーレンフェーンは、5位・ユトレヒトと対戦。昨季のELプレーオフ1回戦と同様のカード(昨季は2戦合計2-5でユトレヒトが勝利)となった一戦は、ヘーレンフェーンが小林のゴールで先制する。9分、ボックス手前やや右でFKを獲得すると、キッカーの小林は左足でグラウンダーのシュートを放つ。これがジャンプした相手の壁を突破してゴール右へと吸い込まれた。 ▽幸先良く先制したヘーレンフェーンはさらに23分、ボックス左に侵攻したゼネリのクロスをグーチャンネジャドが押し込んだ。 ▽後半開始早々に1点を追加して3-0と勝利を大きく手繰り寄せたヘーレンフェーンだったが、50分からの15分間で3失点を喫してユトレヒトに追いつかれてしまう。 ▽それでもユトレヒトは86分、小林のパスを受けたピエリエが左サイドからアーリークロス。ファーサイドで収めたダムフリースが押し込んで勝ち越し。ヘーレンフェーンが4-3で先勝。ヘーレンフェーンは、2ndレグで現地時間12日に敵地へ乗り込む。 2018.05.10 11:45 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース