超ワールドサッカー

岐阜、MF小野悠斗と契約更新! 「居心地は最高です2017.12.23 12:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC岐阜は23日、MF小野悠斗(26)との契約更新を発表した。▽小野は2010年からメキシコのクラブを渡り歩き、2015に岐阜入り。2017シーズンは明治安田生命J2リーグ30試合2ゴールをマークした。契約更新を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「FC岐阜のファン・サポーターの皆さんと来シーズンも一緒に戦えることをすごく嬉しく思います。来年で在籍4年目になります。もう地元みたいな感覚で住むことができ、居心地は最高です。来年はFC岐阜の飛躍の年にしましょう。これからも熱い応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

J3降格危機の熊本が渋谷洋樹体制を継続

▽ロアッソ熊本は18日、渋谷洋樹監督(51)の来シーズン続投を発表した。 ▽渋谷監督は今シーズンから熊本を率いたが、明治安田生命J2リーグ9勝7分け26敗のJ3自動降格圏21位で終戦。だが、J3を戦うJ2ライセンス不所持のアスルクラロ沼津にJ2自動昇格圏2位フィニッシュの可能性があるため、現時点で熊本の降格は決まっていない。 ▽その中、続投が決定した渋谷監督はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「今シーズン1年間、どんな時でも、共に戦っていただいた全ての皆様に、心より感謝申し上げます。選手・スタッフが全力を尽くして戦ってまいりましたが、皆さまのご期待に応えることができず、不甲斐ない結果となってしまったことを大変申し訳なく思っております」 「このたび、来季も監督を続投させていただくことになりました。J2リーグ21位という結果にもかかわらず、クラブから続投の要請をいただいたことに感謝しております。いろんな思いがありましたが、昨日のホーム最終戦のように、皆様と共に勝利の喜びをもっとたくさん分かち合いたい、またロアッソ熊本を成長させること、未来に繋げることを使命と感じ、来季もチャレンジさせていただくことを決意しました」 「今年の悔しさを晴らすために、来季は勝負にこだわる戦いを前面に出し、覚悟をもって戦いに臨みます」 「熊本のために、地域のために、また復興のシンボルとなれるよう、クラブ理念「県民に元気を」「子どもたちに夢を」「熊本に活力を」を胸に刻み、来季も精進してまいります」 「クラブに関わる全ての皆様とともに、一つになって闘ってまいりますので、ファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、引き続きご支援、そして熱いご声援をよろしくお願いいたします」 2018.11.18 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

京都、ボスコ・ジュロヴスキー監督が退任…残留導くもクラブ最低位

▽京都サンガF.C.は18日、セルビア人指導者であるボスコ・ジュロヴスキー監督(56)の退任を発表した。 ▽今シーズンからコーチとして京都入りしたボスコ・ジュロヴスキー監督は今年5月、布部陽功前監督の退任を受けて監督に昇格。J3降格危機に瀕したチームを残留に導いたが、クラブ史上最低の明治安田生命J2リーグ19位に終わった。 ▽京都を去るボスコ・ジュロヴスキー監督はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「フロント、選手、ファン・サポーター、サンガに関わる全ての人たちに感謝しています。J2に残留し、最後の試合も勝って終わることができたことは、私にとって、サンガでのたくさんある思い出のひとつです。サンガがJ1に戻れることを心から願っています。Good luck in the future.」 ▽なお、京都は同日、強化部長を務める小島卓氏(45)の退任も併せて発表している。 2018.11.18 14:25 Sun
twitterfacebook
thumb

山口、霜田正浩監督が続投 クラブ最高位の好成績

▽レノファ山口FCは18日、霜田正浩監督(51)の続投を発表した。 ▽霜田監督は今シーズンから山口を率い、明治安田生命J2リーグ16勝13分け13敗の8位でシーズンフィニッシュ。10得点を挙げるMF小野瀬康介がシーズン途中にガンバ大阪に移籍したことにより、戦力低下に苛まれたが、クラブ史上過去最高位の成績を収めた。 ▽2シーズン目の指揮となる霜田監督はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「レノファ山口を愛する皆様。来シーズンもレノファ山口の指揮を取るチャンスをいただきました」 「今年一年間、良い時も悪い時も皆さんから変わらぬ応援を頂いたこととても感謝しています。本当に応援ありがとうございました。J1昇格が出来ず、チーム成績は本当に悔しいシーズンになりました」 「本当にJ1に行きたかった。ただその中でも選手たちは大きな成長を見せてくれました。選手たちが前向きに練習に取り組み、僕のやりたいサッカーを理解してくれ、戦う姿勢をピッチで表現してくれました。本当にこの選手たちと一年間戦えたことを幸せに思います」 「来年もチームとしての結果を追求しながら、選手たちの成長を促し、レノファを魅力あるチームにして行くことに全力を尽くします」 「J2だから、J2なのに、ではなく常に世界のフットボールを意識しながら、選手たちが成長できる、皆さんを感動させられるレノファらしいフットボールを確立していきたいと思います」 「ホームでもアウェイでも、皆さんの応援が力になりました。皆さんとまた戦いたい、本当にレノファを強くしたいという気持ちで一杯です。来年も一緒に戦ってください。よろしくお願いします!」 2018.11.18 13:40 Sun
twitterfacebook
thumb

水戸、41歳のベテランDF冨田大介&DF福井諒司、40歳オールドルーキーのFW安彦考真が契約満了で退団

▽水戸ホーリーホックは18日、今季限りで契約満了となるDF冨田大介(41)とDF福井諒司(31)、FW安彦考真(40)の3選手と来季の契約を更新しないことを発表した。 ▽山口県出身で水戸でプロキャリアをスタートした冨田は、大宮アルディージャ、ヴィッセル神戸、ヴァンフォーレ甲府、徳島ヴォルティスを渡り歩き、今季水戸に自身3度目の加入を果たしたが、今季の明治安田生命J2リーグでは出場機会なしに終わった。 ▽また、兵庫県出身で東京ヴェルディでキャリアをスタートした福井はギラヴァンツ北九州、柏レイソル、レノファ山口FCを経て2016年に期限付き移籍で加入した水戸へ翌年に完全移籍。今季はJ2リーグ21試合に出場していた。 ▽一方、神奈川県出身でブラジルのグレミオ・マリンガでプロ契約を結ぶもケガの影響で退団を強いられた安彦は一度は現役を引退し、通訳やコーチなど指導者の道を進んだ。しかし、今年1月から水戸の練習に参加し3月に正式契約に至り、40歳のオールドルーキーとして多くの注目を集めたが、公式戦の出場はなかった。 ▽今回、退団が決定した3選手のコメントは以下の通り。 ◆冨田大介 「水戸ホーリーホックに関わる全ての皆様、今シーズン、最後まで水戸ホーリーホックを応援して頂き、本当にありがとうございました。結果は残念ながら当初の目標を達成することができず、ひたちなかキャンプで雪掻きをして練習場所を確保して頂いた有志の方々をはじめ、遠く城里まで練習場に足を運んで頂いた皆さん、声を枯らして熱い声援を送り続けて頂いたファン・サポーターの皆さん、ご支援して頂いたスポンサー様には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「只、チームとしては若い選手の活躍には目を見張るものがあり、試合を重ねる毎に逞しくも頼もしくもなり、来年の長谷部監督率いる水戸にはさらに大きな期待を持てるものとなったに違いないと思います。週に一度、土のグラウンドで練習をしていた水戸ホーリーホックが、素晴らしいクラブハウスと専用グラウンドを設け、夢にまで見たJ1クラブライセンスが交付された時は、とても感慨深く、涙が溢れる程感動しました。2度も呼び戻して頂いた水戸ホーリーホックには本当に感謝の気持ちでいっぱいですし、帰って来るたびに温かく迎えて頂いたファン・サポーターの皆さんは家族のような存在です。このチームでキャリアをスタートさせ、7年もプレーできたことを誇りに思います。本当にありがとうございました」 「そして最後に、天皇杯川崎戦の日、当初の予定よりも帰宅時間を大幅に遅れさせ、翌日、寝不足による仕事の生産性低下を招いた張本人として、この場をお借りしてお詫びを申し上げたいと思います」 「これからも水戸ホーリーホックの応援をよろしくお願い致します。ありがとうございました」 ◆福井諒司 「この度水戸ホーリーホックを退団することになりました。2年半在籍させて頂きましたが、あっという間に過ぎ去った気がします。水戸ホーリーホックの選手として闘ってきた2年半でサッカー選手として大きく成長できたと感じましたし、とても楽しくサッカーをやらせて頂きました」 「いつも応援してくれた方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです」 「自分自身、これからサッカー選手としてやっていけるかわかりませんが、日々成長できるよう頑張りたいと思います。今までありがとうございました」 ◆安彦考真 「感謝・感謝・感謝! オールドルーキーとして経験できた水戸ホーリーホック最高!!いつだって、何をしていたって、始めるのに遅いなんてことはない!周りを気にせず、自分に忠実に行動したらいい。僕の「終わりなき旅」はここからです。旅の途中こそ一番輝いている。そんな人生をこれからも送っていきます」 「迷いは行動前、悩みは行動後。皆さんも、その場に立ち止まらず、動き出して悩み多き人生を送ってください!水戸の地に心からの感謝を贈ります。みんな、ありがとう」 2018.11.18 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

福岡の井原正巳監督、今季限りでの辞任を表明…今季J1参入PO進出逃し「私の責任」

▽アビスパ福岡を率いる井原正巳監督(51)が、辞任の意向を明かした。Jリーグ公式サイトが伝えている。 ▽井原監督は、2015年に当時J2リーグに所属していた福岡の監督に就任すると、1年目でJ1昇格プレーオフを勝ち抜き、チームの5年ぶりJ1昇格に導いた。しかし、J1復帰初年度となった2016シーズンは、1stステージを2勝5分け10敗、2ndステージを2勝2分け13敗と苦しいシーズンを送り、1年でのJ2降格となった。 ▽1年でのJ1復帰を目指した昨シーズンは、再び4位でJ1昇格プレーオフに進出。しかし、決勝戦で3位の名古屋グランパスに0-0で引き分け、レギュレーションによりJ1昇格は叶わず。今シーズンも第41節終了時点でJ1参入プレーオフ進出圏内の6位につけていたが、最終節のFC岐阜戦でゴールレスドローに終わり、7位に転落し、PO進出を逃した。 ▽プレーオフ進出を逃した井原監督は試合後、「POにも進出できなかったことに関しては、私の責任だと思っています」とコメント。さらに来シーズンのことについて問われると、以下のように語り、辞任を表明している。 「来シーズンのことは、クラブが考えていると思います。もちろん、このプレーオフ進出を逃した責任は自分が取らなければいけないと考えています。自分としては、今年限りでアビスパを離れる、という気持ちではいます。そのことに関しては、すでに選手にも伝えていますし、いまもそのつもりでいます」 2018.11.17 20:45 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース