超ワールドサッカー

讃岐が町田FW重松健太郎を完全移籍で獲得! 「讃岐の勝利のために」2017.12.23 12:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽カマタマーレ讃岐は23日、FC町田ゼルビアに所属するFW重松健太郎(26)の完全移籍加入を発表した。

▽重松は、FC東京、アビスパ福岡、ヴァンフォーレ甲府、愛媛FC、栃木SCを経て、2015年から町田でプレー。2017シーズンは明治安田生命J2リーグ23試合3ゴールをマークした。移籍決定を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「カマタマーレ讃岐のファン・サポーターの皆様、初めまして。この度FC町田ゼルビアから加入することとなりました重松健太郎です。自分の持ち味を活かして、讃岐の勝利のために全力でプレーします! 温かい応援をよろしくお願いします!!」

コメント

関連ニュース

thumb

来季ヤンツー体制3シーズン目へ! 金沢が柳下正明監督続投を発表!

▽ツエーゲン金沢は15日、柳下正明監督(58)の来シーズン続投を発表した。 ▽ジュビロ磐田、北海道コンサドーレ札幌、アルビレックス新潟を率いた経験を持つ柳下監督は、2017シーズンから金沢を指揮。昨シーズンは前年度の明治安田生命J2リーグで21位に終わり、J2・J3入れ替え戦を戦ったチームを17位に引き上げた。今シーズンは最終節を残して13勝13分け15敗で16位に位置しており、最大11位でシーズンを終えられる可能性を残している。 ▽来シーズンも金沢を指揮することが決定した柳下監督は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「3シーズン目、また監督をやれることをありがたく思っています。さらに成長して、もっと勝てるチームを作っていかなくてはいけないという責任感を感じています。来シーズンはホームで勝ち点3が取れるチームづくりをしていこうと思っています」 2018.11.15 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

J3福島が、MF鴨志田誉&DF平秀斗の現役引退を発表

▽福島ユナイテッドFCは14日、MF鴨志田誉(33)、DF平秀斗(24)の現役引退を発表した。 ▽鴨志田は、神奈川大学から2008年にJFLの栃木SCへと入団。1年目で19試合に出場しチームのJ2参入に貢献。2012年に東北1部リーグの福島へと加入。JFL、J3へとチームに昇格に貢献していた。今シーズンは明治安田生命J3リーグで8試合に出場し1ゴールを記録していた。J2通算61試合出場し1得点、J3通算118試合出場6得点。 ▽平は、2014年に佐賀東高校からサガン鳥栖へと入団。2016年にはザスパクサツ群馬へと移籍すると、2017年に福島へと加入した。福島では2シーズン在籍しJ3で23試合に出場し3得点を記録。今シーズンは8試合の出場に終わっていた。J2通算10試合出場、J3通算37試合出場5得点。 ▽鴨志田と平はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF鴨志田誉 「今シーズン限りで現役を引退することを決めました。僕が栃木SC、福島ユナイテッドFCで11年もプロサッカー選手としてやってこられたのは、これまでに出会った多くの方々との出会い、支えによるものでした」 「そして、どんなときでも自分の決断を尊重してくれて自分を支えてくれた両親、妻のご両親、妻に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。とても幸せなサッカー人生でした!」 ◆DF平秀斗 「今シーズン限りで現役を引退することにしました。プロサッカー選手として6年間やってきたなかでいろいろな経験、そしてたくさんの方々と出会い、プレーできたことが僕の財産となりました」 「サガン鳥栖、ザスパクサツ群馬、福島ユナイテッドFCのチームスタッフ、フロントスタッフ、サポーター、関係者の皆様には本当にお世話になりました。これからサッカーからは離れますが、プロで学んだことを生かしてこれからの人生を歩んで行きたいと思います。本当にありがとうございました」 2018.11.14 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

低迷の新潟を救った片渕浩一郎監督の来季続投が決定「J1昇格を目指す」

▽アルビレックス新潟は14日、片渕浩一郎監督(43)の続投を発表した。 ▽片渕監督は、2016年に続き、今年8月に鈴木政一監督の後任として内部昇格。19位とチームは低迷していたが、就任後5連勝を含む9戦無敗と調子を上げ、最終節を残して15位に浮上。来シーズンのJ1復帰に向けて、シーズン終盤に調子を取り戻してきていた。 ▽片渕監督はクラブを通じてコメント。来季の飛躍を誓った。 「今シーズン、アルビレックス新潟のために、多くのサポーターの皆さんから、非常に大きなご声援をいただきました。心より御礼を申し上げます」 「このたび、来季もトップチームの指揮を執らせていただくこととなりました。私を成長させてくれた、そして、私にとって大切なクラブで監督を務めることができ、とても嬉しく思うと共に、大きな責任も感じています」 「引き続き、攻守においてアグレッシブに、そしてハードワークすることを掲げ、躍動感のあるサッカーで、J1リーグ昇格を目指します。そして、常に感謝の気持ちを胸に、県民の皆様に応援したいと思っていただけるようなチームにしたいと考えています」 「クラブを支えてくださるサポーターの皆様、アルビレックス新潟後援会員の皆様、株主やスポンサーの皆様には、引き続き、ご声援とご支援を賜りますよう、お願いいたします。来季も一緒に戦いましょう」 ▽なお、新潟は最終節でホームにレノファ山口FC(9位)を迎える。 2018.11.14 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

北京五輪代表の10番・梶山陽平が現役引退「FC東京での唯一の心残りはJ1優勝できなかったこと」

▽FC東京とアルビレックス新潟は14日、MF梶山陽平(33)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽ジュニア時代からFC東京下部組織系列クラブに在籍していた梶山は、2004年にトップチーム昇格。卓越した攻撃センスとキープ力を武器に司令塔として活躍し、2008年にはU-23日本代表の10番を背負い、北京オリンピックに出場した。FC東京では2004年、2009年のヤマザキナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)優勝、2011年には天皇杯優勝も経験した。その後、2013年にパナシナイコスで半年間プレーした後、大分トリニータへ期限付き移籍。2014年にFC東京復帰を果たし、今シーズンは7月から新潟に期限付き移籍をしていた。 ▽キャリア通算では、J1で267試合16ゴール、J2で37試合6ゴールを記録。J3には13試合出場していた。 ▽なお、11月24日に開催される明治安田生命J1リーグ第33節のFC東京vs川崎フロンターレの試合終了後、梶山の引退セレモニーが実施される。 ▽16年間の現役生活にピリオドを打つ決断を下した梶山は、所属元のFC東京と新潟の公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FC東京 「このたび、今シーズン限りでの現役引退を決めました。11歳の時にサッカースクールに入会し人生の三分の二である22年間をFC東京でサッカーをすることが出来て、とても幸せでした」 「良い時も悪い時も、ファン・サポーターのみなさんと共に歩むことができ、いつも変わらず応援していただきました。本当にありがとうございました」 「唯一、FC東京での心残りはJ1リーグで優勝出来なかったことです。ただ近い将来、ファン・サポーターのみなさんと共に必ず優勝できると確信しています。これからもFC東京を応援していただき、共に戦ってください。本当にたくさんのご声援ありがとうございました」 ◆アルビレックス新潟 「このたび、今シーズン限りでの現役引退を決めました。今年の夏にアルビレックス新潟に加入し、多くのファン・サポーターの方に声をかけていただき、監督以下選手・スタッフも温かく迎えてくれました。少しでもチームの力になりたかったのですが、怪我をして何もできず、残念であり大変申し訳なく思っています」 「ただ、ここで出会った仲間やファン・サポーターは私の宝物です。来シーズンは必ずJ1に昇格できると信じています。 これからもずっと応援しています。本当にありがとうございました」 2018.11.14 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

山形、森谷俊雄代表取締役社長の退任を発表

▽モンテディオ山形は13日、森谷俊雄代表取締役社長の退任を発表。17日のホーム最終戦大分トリニータ戦以降に開催される、臨時取締役会にて正式に決定する見込みであることを伝えた。 ▽また、後任決定までの期間は、取締役、管理部担当・指定管理事業本部担当の渡邉修氏が暫定的に代表取締役社長の任にあたる。 ▽森谷氏は、2015年11月に株式会社モンテディオ山形の取締役に就任。同年12月に代表取締役社長の職に就いていた森谷氏は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆森谷俊雄代表取締役社長 「モンテディオ山形に熱いご声援、ご支援をいただき心から感謝申し上げます」 「クラブ代表に就任以来、J1昇格と新スタジアム構想を胸に、多くの皆様のご支援、ご協力、励ましをいただきながら、微力ではありましたが懸命に経営を担ってまいりました。特に、この2018シーズンは、クラブ創立20周年という節目、新スタジアム実現に向けた道筋をつける重要なシーズンであり、特別な思いを持って臨んだ一年でした。しかし、皆様の熱い心強い応援にもかかわらずJ1昇格を果たすことができませんでした。モンテディオ山形に期待を寄せ、最後まで諦めずに応援してくださった全ての皆様にお詫びと心からの感謝を申し上げます」 「一方、Jリーグクラブを取り巻く環境は、大きく変わりました。リーグは、各クラブが着実に成長を遂げている中で、『各地域に裾野を広げること』を重視した方針から、『クラブ間競争を促す』方針に舵が切られ、クラブ間の競争が激化しています。モンテディオ山形が将来に向かって成長を続け、J1のステージで戦い続けることができるクラブになるためには、地域に根差した経営に加え、J1仕様の戦略構想力・実行力のある経営体制を築いていくことが不可欠であると痛感しています」 「これまで2年11か月余り全力を傾注してまいりましたが、予算編成やチーム編成など来季に向けた諸準備に着手する時期を迎えるにあたり、J1昇格に向けより強固な新しい経営体制に道筋をつけるべく、今季リーグ戦終了後に社長職を退任することを決意いたしました。後任には、プロスポーツを中心に様々な形でスポーツビジネスを経験されている方を、外部から招聘すべく調整を進めており、前向きに検討いただいております。新たな風を吹き込み、情熱を持ってこれからのモンテディオ山形をリードしていただけると確信しております」 「モンテディオ山形は、木山監督のもとで、皆様と一緒に、天皇杯優勝につなぐ戦い、来季につなげる戦いを続けてまいります。どうか、モンテディオ山形に、一層のご支援、ご声援を賜りますよう、心からお願い申し上げます」 「お陰様で、就任して3シーズン、観客数、スポンサー・会員数ともに着実に伸び、その結果、黒字経営を継続するなど安定した経営を確保することができました。ひとえに、スポンサー・会員各位、スタジアムに足を運んでくださった皆様のお力添え、チーム・フロント全員の努力の賜物に他なりません。また、お会いするたびに温かい励ましの言葉をかけてくださった皆様に心から感謝申し上げます。チーム・フロント、ご協力いただいた関係各位に感謝申し上げます」 「最後に、皆様のご厚情は生涯の宝物です。皆様と一緒にモンテディオ山形を応援してまいります。ありがとうございました」 ▽今シーズンの山形は、明治安田生命J2リーグ第41節終了時点で14勝13分け14敗の12位。しかし、天皇杯ではベスト4に残っており、12月16日(鹿島アントラーズがベスト4入りした場合は12月5日に変更)に準決勝のベガルタ仙台戦を戦う予定となっている。 2018.11.13 15:25 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース