本田圭佑フル出場もメキシコ初タイトルならず…モンテレイがパチューカを下しコパMX制覇!《コパMX》2017.12.22 14:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽22日、コパMX決勝のモンテレイvsパチューカが行われ、1-0でモンテレイが勝利。2度目の優勝を飾った。日本代表MF本田圭佑は先発フル出場を果たしている。

▽準決勝でクラブ・アメリカをPK戦の末に下したモンテレイと、アトランテを2-0で下したパチューカの一戦。パチューカはクラブ・ワールドカップで3位になっていた。

▽試合は8分にモンテレイが決定機。浮き球のパスに反応したウルタードがシュート。しかし、これはパチューカGKブランコがセーブする。

▽互いに攻め込む展開となるも、決定力を欠く両チームはゴールを奪えない。前半終了間際には、相手のミスパスに反応した本田がルーズボールを拾うも、バサンタが深いタックル。これにはイエローカードが提示され、パチューカがFKを獲得。やや離れた位置からのFKだったが、本田が直接狙うも、シュートはGKにキャッチされる。

▽ゴールレスで迎えた後半、モンテレイが先にスコアを動かす。57分、ボックス手前からのスルーパスに抜け出したウルタードがGKとの一対一を冷静に沈め、モンテレイが先制する。

▽先制を許したパチューカは67分、ボックス手前でFKを獲得。これを再び本田が直接狙うも、壁に当ててしまう。86分には右サイドでパスを受けた本田がゴール前にクロス。これを味方がスルーすると、ボールは枠に向かって飛ぶも、わずかに左に外れる。

▽攻め込むパチューカは、後半アディショナルタイムに猛攻を仕掛けCKを獲得。左CKを本田が蹴るも、味方には合わず。そのまま試合は終了し、1-0でモンテレイが勝利した。

モンテレイ 1-0 パチューカ
【モンテレイ】
ウルタード(後12)
コメント
関連ニュース
thumb

5カ月ぶり先発の柴崎岳、起用の意図は?ヘタフェ指揮官「戦術・技術的な理由。とても誠実だ」

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、柴崎岳について言及した。<br><br>リーガでは第1節レアル・マドリー戦以来となる先発出場を果たした柴崎は、決勝点に絡む活躍を披露。3分、日本代表MFが最終ラインを突破して滑り込みながらシュートを放つと、これは目前のGKモジャに弾かれる。だが、そのこぼれ球を拾ったホルヘ・モリーナがネットを揺らした。柴崎はその後も積極的にプレッシングを仕掛けるなど奮闘を見せたものの、ソシエダの攻勢が続いた後半にMFポルティージョとの後退でピッチから下がっている。<br><br>柴崎を左サイドで先発させたことについて、指揮官は「戦術的、技術的な理由」で起用したことを明かしつつ、満足感を示した。<br><br>「とても良い練習をしていて、改善されている。チームが必要としていることをうまく解釈しているね。起用の理由は戦術的、技術的なものであり、選手本人が私の決断を導いてくれる。満足しているよ」<br><br>「試合に参加できていない日々が続いていたが、しかしチームによい貢献をしてくれる。(途中交代は)チームをフレッシュにするためだった」<br><br>柴崎は、日本代表としてアジアカップに出場するために1カ月以上不在となる可能性がある。指揮官は26歳MFを称賛しつつ、離脱は痛手になると認めている。<br><br>「彼はヘタフェの選手で、いつだってチームの助けになってくれる。とても誠実で、真剣に働いてくれるし、戦力に数えられる内は数えなくてはならない。チームから離れるときには、どうするかを考えなくてはね」<br><br>「クラブやコーチ陣にとって、それだけの期間を離れるなどありがたいことではないが、そのような日程なのだから仕方ない。違う選手を戦力に数えなければね。しかし、チームにいる限りは有効に活用させてもらうし、良い状態にあればチームを助けてくれる」<br><br>提供:goal.com 2018.12.16 13:05 Sun
twitterfacebook
thumb

中島翔哉は次節がポルティモネンセ最後の試合?葡メディアが予想「高いモチベーションになりうる」

中島翔哉のポルティモネンセ退団は近いのだろうか。ポルトガル『A BOLA』が、22日のフェイレンセ戦がラストゲームになる可能性が高いと伝えている。<br><br>今シーズン、リーグ戦12試合に出場して5ゴール、5アシストを記録する中島。10番を背負ってチームのエースに成長した日本代表FWには、欧州の様々なクラブが獲得をねらっていると伝えられている。先日には、プレミアリーグのウォルバーハンプトンへの移籍が合意間近とも報じられた。<br><br>もし1月のマーケット開幕直後で移籍することになれば、日本代表に26日から合流してアジアカップを戦う中島にとって、22日に行われるフェイレンセ戦がポルティモネンセでのラストゲームとなる。『A BOLA』は「本当にナカジマにサヨナラを告げるのか?」と題し、中島の去就について報じている。<br><br>冒頭で「(ヴィトーリア戦は)ホームスタジアムでのラストゲームだったのか? 疑惑は本物だが、まだ答えはない」とし、「ウォルバーハンプトンへと近づくナカジマのサヨナラは、高いモチベーションになると言えるだろう」と続けている。<br><br>しかし、「ヌーノ率いるクラブへ加入することは確かではない。最近では交渉が停滞していると言われている。そして、ポルティモネンセ会長は他クラブとの接触があるとも警告している」と綴っている。<br><br>一時ウルブスとの交渉は80%完了し、発表は間近とも言われた中島の去就。さまざまな憶測が流れる中、24歳の日本代表FWの新天地はどこになるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.12.16 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

アルカセル&ロイス弾のドルトムント、大迫途中出場のブレーメンに勝利し前半戦首位ターン確定《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第15節、ドルトムントvsブレーメンが15日に行われ、2-1でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りせず、ブレーメンのFW大迫勇也は73分からプレーしている。 ▽前節シャルケとのダービーをサンチョの決勝ゴールで競り勝ってリーグ戦5連勝としたドルトムント(勝ち点36)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのモナコ戦を主力を温存して2-0で勝利し、首位での決勝トーナメント進出を決めた。そのモナコ戦のスタメンから大幅に8選手を変更。ロイスやヴィツェル、アルカセルといった主力が先発に戻った。 ▽一方、大迫が前節デュッセルドルフ戦を発熱で欠場した8位ブレーメン(勝ち点21)は後半の2ゴールで3-1と競り勝って、6試合ぶりの勝利を飾った。そのブレーメンは大迫がベンチスタートとなり、古巣対決となるシャヒンが先発となった。 ▽[4-2-3-1]を採用するドルトムントは1トップにアルカセル、2列目に右からサンチョ、ロイス、ラファエウ・ゲレイロを並べた。 ▽そのドルトムントが立ち上がりから仕掛けると7分にチャンス。ラファエウ・ゲレイロのスルーパスでボックス左に侵入したアルカセルがGKを外すチップキックシュート。だが、懸命に戻ったクラーセンの好クリアに阻まれてしまった。 ▽劣勢のブレーメンは18分、好クリアの際に足をポストに打ちつけて負傷したクラーセンがプレー続行不可能となり、モフワルドを投入する。 ▽そして、押し込み続けるドルトムントは19分、右サイドからのラファエウ・ゲレイロのFKをアルカセルがヘッドで流し込むと、一度はオフサイドと判定されたものの、VARの末にゴールが認められた。 ▽さらに27分、ショートカウンターに転じたドルトムントはボックス右のサンチョのマイナスクロスをロイスがダイレクトで合わせると、シュートがゴール左に決まって加点した。 ▽成す術なく2点を追う展開となったブレーメンは、32分にモフワルドのミドルシュートでGKビュルキを強襲すると、35分に1点差に詰め寄った。味方のパスをペナルティアーク中央のクルーゼが右足ダイレクトボレーで合わせると、ゴール左上に決まった。 ▽ハーフタイムにかけてもドルトムントが攻勢に出る流れとなったが、2-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半開始1分、クルーゼのボレーシュートでゴールに迫ったブレーメンは、51分にもモフワルドがボックス中央から可能性のあるシュートを浴びせて反撃に出ていく。 ▽それでも、ブレーメンの反撃を凌ぐドルトムントは、68分に3点目のチャンス。スルーパスに抜け出したサンチョがGKと一対一に。しかし、パブレンカに止められてしまった。直後にもデラネイのミドルシュートでGKを強襲したドルトムントが流れを引き寄せていく。 ▽大迫を投入し、同点弾を目指すブレーメンだったが、終盤にかけてはチャンスを生み出せずに1-2で敗戦。ドルトムントがリーグ戦6連勝とし、前半戦首位ターンを確定させた。 2018.12.16 04:28 Sun
twitterfacebook
thumb

塩谷とカイオ活躍のアル・アイン、アフリカ王者に快勝でリーベルと対戦へ《CWC》

▽アル・アインは15日、FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2018の2回戦でエスペランス(チュニジア)と対戦し、3-0で快勝した。 ▽開催国王者のアル・アインは3日前に行われた初戦のチーム・ウェリントン戦を3点のビハインドを追いついてPK戦の末に勝ち上がった。死闘を制したアル・アインはチーム・ウェリントン戦のスタメンから3選手を変更。退場したモハメド・アブドゥルラフマンが欠場となった一方、塩谷が[4-2-3-1]の左サイドバックで、カイオが左サイドハーフで引き続きスタメンとなった。 ▽アフリカ王者エスペランスに対し、アル・アインは開始30秒、カイオの左クロスからエル・シャハトが決定的なヘディングシュートを浴びせると、直後の右CKから先制した。鋭いクロスボールに対し、アメドがヘディングシュートで流し込んだ。 ▽その後もアル・アインが主導権を握ると、11分にエル・シャハトの左足ミドルで追加点に迫っていく。そして16分、追加点を奪い切った。塩谷のボール奪取からロングカウンターに転じると、右サイドから中へ走り込んでパスを受けたエル・シャハトがボックス中央に侵入。右足でゴール右上へシュートを流し込んだ。 ▽その後、2点を追うエスペランスの反撃を許したアル・アインは、24分にケニッシのヘディングシュートが左ポストを直撃。ひやりとしたアル・アインはエスペランスにボールを持たせてカウンターを狙う中、主導権を渡さず思惑通りに2-0のまま前半を乗り切った。 ▽後半もカウンターで牽制するアル・アインは58分、ラストパスを受けたカイオがボックス左から決定的なシュートを浴びせる。そして60分、ダメ押しの3点目を奪った。ボックス左で仕掛けたカイオの左クロスをゴール前でフリーのアル・アフバビが押し込んだ。 ▽終盤、エスペランスの反撃をしっかりと受け切ったアル・アインが3-0で快勝。リーベル・プレートの待つ準決勝へ進出した。 2018.12.16 03:25 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤欠場のニューカッスルがロンドン弾でリーグ4試合ぶりの白星!《プレミアリーグ》

▽FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは15日、プレミアリーグ第17節でハダースフィールドと対戦し、1-0で勝利した。武藤はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節のウォルバーハンプトン戦で劇的被弾を受け、リーグ戦3試合未勝利中の15位のニューカッスルが、18位ハダースフィールドのホームに乗り込んだ一戦。ニューカッスルはロンドンやアジョセ・ペレス、ケネディ、シェアをスタメンに起用。武藤はベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりからこう着状態が続く中、ニューカッスルは25分にチャンスを迎える。中盤でのFKからパスを受けたキ・ソンヨンがボックス内にロングパスを供給。これに反応したラッセルズがゴール右からシュートを狙ったが、これは相手GKに阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、ニューカッスルは最初のチャンスで試合を動かす。56分、自陣からのロングフィードを前線で収めたアジョセ・ペレスがスルーパスを供給。ボックス右手前でこれを受けたマンキージョがワンタッチで折り返すと、最後はボックス中央に駆け上がったロンドンがゴールに流し込んだ。 ▽その後、ニューカッスルはヘイデンやリッチー、ダメットをピッチに送り出し、試合をクローズ。ロンドンのゴールを守り抜いたニューカッスルが、リーグ戦4試合ぶりの白星を飾った。 2018.12.16 02:20 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース