決勝は日テレ・ベレーザvsノジマステラ神奈川相模原に決定! 24日にヤンマーで開催《皇后杯》2017.12.22 09:58 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽21日に第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の準決勝が行われた。

▽準決勝は、日テレ・ベレーザvs浦和レッズレディース、ジェフユナイテッド千葉レディースvsノジマステラ神奈川相模原のカードとなった。

日テレ・ベレーザ 2-1 浦和レッズレディース
【日テレ・ベレーザ】
田中美南(前18)
植木理子(前23)
【浦和レッズレディース】
清家貴子(後36)

▽準々決勝でアルビレックス新潟レディースを下した日テレ・ベレーザと、マイナビベガルタ仙台レディースをPK戦の末に下した浦和レッズレディースの一戦。試合は18分、なでしこジャパンのFW田中美南がゴールを奪い日テレ・ベレーザが先制。さらに23分に植木理子が追加点を奪い、日テレ・ベレーザが追加点を奪う。

▽浦和レッズレディースは、前半で北川ひかるを下げて清家貴子を投入。しかし、中々ゴールを奪えないでいると、56分に加藤千佳に代えて菅澤優衣香を投入する。スコアが動かないまま迎えた81分には、清家貴子が1点を返すも勝負あり。2-1で日テレ・ベレーザが勝利し、決勝に駒を進めた。

◆ジェフユナイテッド千葉レディース 0-1 ノジマステラ神奈川相模原
【ノジマステラ神奈川相模原】
南野亜里沙(延前105+1)

▽準々決勝でAC長野パルセイロ・レディースを下したジェフユナイテッド千葉レディースと3回戦でINAC神戸を下した早稲田大学に勝利して準決勝に進んだノジマステラ神奈川相模原の一戦。試合は互いに譲らないまま延長に進むと、延長前半アディショナルタイム1分に南野亜里沙がゴール。このゴールが決勝点となり、ノジマステラ神奈川相模原が決勝へと駒を進めた。

▽決勝は12月24日(日)の14時10分に、ヤンマースタジアム長居で日テレ・ベレーザvsノジマステラ神奈川相模原に決定した。

コメント

関連ニュース

thumb

4連覇目指す日テレ・ベレーザに激震! 3年連続MVPのMF阪口夢穂がヒザ負傷で最大8カ月の離脱…来年開催の女子W杯に影響も

▽プレナスなでしこリーグ1部に所属する日テレ・ベレーザは23日、女子日本代表MF阪口夢穂が右ヒザ前十字じん帯損傷および内側半月板損傷と診断されたことを発表した。全治には6~8ヶ月を要する見込みだ。 ▽阪口は4月28日に行われた2018プレナスなでしこリーグ1部第3節アルビレックス新潟レディース戦で右ヒザを負傷していた。 ▽今シーズンから永田雅人新監督の下でなでしこリーグ4連覇を目指すベレーザにとって、3年連続リーグMVPの阪口の離脱は大きな痛手となりそうだ。 ▽また、なでしこジャパンは来年6月にフランスで行われる2019 FIFA女子ワールドカップへの出場を決めており、背番号10を背負う大黒柱の長期離脱は大きな懸念材料だ。 2018.05.23 15:26 Wed
twitterfacebook
thumb

U-17女子W杯MVPのMF長野風花がなでしこジャパン初招集! ニュージーランド遠征メンバーが発表《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、ニュージーランド遠征に臨むなでしこジャパンメンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、FW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)やDF熊谷紗希(オリンピック・リヨン)、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)、FW川澄奈穂美(シアトル・レインFC)らが招集。また、MF長野風花(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ)がなでしこジャパンに初招集された。 ▽高倉麻子監督は今回のメンバーについてコメント。初招集の長野についても期待を語った。 「来年のFIFA女子ワールドカップに向けては、チームの完成度を高めることが何より必須だと考えています。アジアカップで優勝という結果を出せたこれまでの取り組みを継続させるとともに、明らかになった課題に取り組むためにも、実績あるメンバーを中心に選びました」 「その中で長野選手はなでしこジャパン初招集となります。今年はFIFA U-20女子ワールドカップを控えていますが、来年のワールドカップまでの時間の中で、チーム力の底上げとポジションのバランスを考慮し、このタイミングで一度直接見てみたいと思い招集しました。今回のチームで最年少となりますが、年齢を気にして遠慮することなく、確かな技術とゲームの全体像を把握できる能力を発揮してほしいと思っています」 ▽なでしこジャパンは6月4日から11日にかけてニュージーランド遠征を実施。6月10日にニュージーランド女子代表と国際親善試合で対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">1.池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">18.山下杏也加</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">21.平尾知佳</span>(アルビレックス新潟レディース) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">2.宇津木瑠美</span>(シアトル・レインFC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">3.鮫島彩</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">4.熊谷紗希</span>(オリンピック・リヨン/フランス) <span style="font-weight:700;">5.市瀬菜々</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">6.有吉佐織</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">17.高木ひかり</span>(ノジマステラ神奈川相模原) <span style="font-weight:700;">22.清水梨紗</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">23.三宅史織</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">7.中島依美</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">12.猶本光</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">14.長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">15.阪口萌乃</span>(アルビレックス新潟レディース) <span style="font-weight:700;">16.隅田凜</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">20.櫨まどか</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">24.長野風花</span>(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ/韓国) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">8.岩渕真奈</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">9.川澄奈穂美</span>(シアトル・レインFC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">11.田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">13.菅澤優衣香</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">19.増矢理花</span>(INAC神戸レオネッサ) 2018.05.23 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、7月に「2018 Tournament of Nations」に出場…アメリカ、ブラジル、オーストラリアと対戦

▽日本サッカー協会は16日、なでしこジャパンが7月26日から8月2日まで開催される「2018 Tournament of Nations」に出場することを発表した。 ▽「2018 Tournament of Nations」は、アメリカで行われる国際大会で日本のほか、アメリカ女子代表、ブラジル女子代表、オーストラリア女子代表が参加。日本は、日本時間7月27日にアメリカ、同月30日にブラジル、8月2日にオーストラリアと対戦する。 ▽なでしこジャパンを率いる高倉麻子監督は今回の大会参加についてコメントした。 「昨年に引き続きアメリカ、ブラジル、オーストラリアという強豪国と戦えることを嬉しく思います。来年の FIFA 女子ワールドカップに向け、強豪国との試合を通じてなでしこジャパンの現在地を見極めたいと思います」 「また、試合ごとに会場を移すこともワールドカップのシミュレーションになり、チームとして経験値を高められる貴重な機会と捉えています。1 試合 1 試合全力で戦い、チームのレベルアップを図りたいと思います」 2018.05.16 14:11 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月23日は、愛するINACを離れ韓国でプレーする元なでしこジャパンMF

◆田中明日菜 【Profile】 出身:日本 誕生日:1988/4/23 ポジション:MF クラブ:慶州韓国水力原子力FC(韓国) 身長:164㎝ 体重:52kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月23日は元なでしこジャパンの田中明日菜だ。 ▽女子サッカーの名門、常盤木学園高校出身の田中。プロになったのは神戸のTASAKIペルーレFCでのこと。2007年に入団しリーグ開幕戦で初先発を果たすなどしたが、クラブは2009年に廃部。それに伴いINAC神戸レオネッサに移籍した。 ▽2013年までINACでプレーした後、ドイツ、フランクフルトに移籍。当時は2年契約だったが、日本でのプレーを望み翌年10月に退団。再びINACに入団した。 ▽2011年になでしこジャパンに初招集された田中はその年のアルガルベカップのフィンランド戦で代表デビュー。同年の女子ワールドカップの優勝メンバーにも名を連ねていた。 ▽今年1月からは9年間過ごしたINACを離れ、韓国の慶州韓国水力原子力FCに活躍の場を移している。 ※誕生日が同じ主な著名人 クラウディオ・ロペス(元サッカー選手) マイケル・ムーア(映画監督) 前田亘輝(ミュージシャン/TUBE) 阿部サダヲ(俳優) 設楽統(お笑い芸人/バナナマン) IZAM(ミュージシャン) 森山直太朗(歌手) 加藤綾子(アナウンサー) ジジ・ハディット(モデル) 2018.04.23 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

途中出場の横山が値千金弾! 守護神・山下が躍動したなでしこが2連覇《AFC女子アジアカップヨルダン2018》

▽なでしこジャパン(女子日本代表)は20日、AFC女子アジアカップヨルダン2018決勝でオーストラリア女子代表と対戦し、1-0で勝利した。この結果、なでしこが2大会連続の優勝を果たしている。 ▽3日前に行われた中国女子代表戦を3-1で勝利し、2連覇に王手を懸けたなでしこは、中国戦のスタメンから5選手を変更。グループステージ最終節でも対戦し、1-1で引き分けたオーストラリア戦と同様のスタメンで臨んだ。 ▽中国戦の[4-2-3-1]から[4-4-2]に布陣を戻し、GKに山下杏也加、4バックは右から清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。中盤は右から中島、阪口夢穂、宇津木、長谷川唯、2トップに岩渕真奈、菅澤が入った。 ▽準決勝でタイ女子代表にPK戦の末に勝利したオーストラリア相手に立ち上がり、なでしこは押し込まれる展開を強いられる。13分にはカーとデバンナに立て続けに枠内シュートを浴びると、ここはGK山下が好守で凌ぐも、1分後にPKを献上する。 ▽GK山下がクロスボールをファンブルした流れからシュートを打たれると、熊谷の手にボールが当たったとしてPKが宣告された。しかし、キッカーのケロンドナイトがゴール右を狙ったグラウンダーのシュートはGK山下がセーブし、先制を許さない。 ▽劣勢の日本の反撃は24分。FKの流れからルーズボールを岩渕が強烈なミドルシュートを浴びせるも、DFに当たってしまった。ここから盛り返したなでしこは35分に決定機。岩渕のチャンスメークから長谷川がミドルシュート。枠を捉えていたが、GKウィリアムズのファインセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけて再び押し込まれる状況を強いられたなでしこだったが、凌いで前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半も劣勢のなでしこは53分、ファン・エグモンドのミドルシュートがバーを直撃。劣勢が続くなでしこは72分に菅澤に代えて、中国戦で2ゴールを決めた横山久美を投入した。 ▽すると84分、その横山が大仕事を果たす。左サイドの長谷川のパスを受けた横山が鋭く反転してボックス内に侵入。斜め左45度の位置から右足を振り抜くと、完璧なシュートがゴール右上に突き刺さった。 ▽ワンチャンスを生かして先制したなでしこは、終盤にかけて守護神の山下を軸に凌ぎ、虎の子の1点を守り抜いて逃げ切り。2大会連続の優勝を見事に勝ち取った。 2018.04.21 03:58 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース