本田圭佑がアメリカ2部オレンジ・カウンティの経営に参加「若手育成の国際的な拠点にしたい」2017.12.21 18:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アメリカのユナイテッド・サッカーリーグ(2部)のオレンジ・カウンティは20日、パチューカに所属する日本代表MF本田圭佑のHONDA ESTILO株式会社が経営参加することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽オーナーグループの1つとして参画するHONDA ESTILOは、若手選手の育成や大会やキャンプの開催、交換留学のプログラムなど、幅広い数多くのプロジェクトに取り組む包括的なパートナーシップの第一歩を歩み始めたとのこと。29日には、カリフォルニア州アーバインのグレートパークにて記者会見が行われ、今後、詳細が発表されるとのことだ。

▽本田は、オレンジ・カウンティを通じてコメント。経営参加の目的などを語った。

「我々の組織とオレンジ・カウンティの新たなパートナーシップについてとても興奮している。僕は頻繁に“なぜアメリカなのか?”や“なぜ今なのか?”と尋ねられますが、その答えははっきりしています」

「まず、アメリカの子供たちは、先進的なサッカー選手よりも潜在的な可能性が高いです。アメリカはサッカーの強国になるでしょう。第二に、アメリカは残念ながらワールドカップでプレーする機会を逃し、次のチャンスは2022年になります。この状況を楽観的に捉え、オレンジ・カウンティのユースシステムを発展させるチャンスを見ています」

「最初のステップとして達成したい2つのプロジェクトがあります。まず、才能を見出し、成長させるために、グレート・パークで国際大会を実施したいと考えています。また、オレンジ・カウンティで国際交流とインターンシッププログラムを作成したいと考えています。我々はオレンジ・カウンティを若手育成の国際的な拠点とすることを楽しみにしています。」

コメント

関連ニュース

thumb

去就決定間近? FW原口元気が「将来をハッキリするために」練習欠席…クラブ公式ツイッターが報告

▽ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気(26)の去就がいよいよ決定するかもしれない。 ▽今シーズン終了後にヘルタ・ベルリンとの契約が満了を迎える原口は、昨夏トランスファーリクエストをクラブに提出。しかし、移籍先が決定せずにチームに残るも、パル・ダルダイ監督の構想外となり、今シーズンはブンデスリーガで7試合、ヨーロッパリーグで3試合の出場に留まっている。 ▽原口は、19日に行われたドルトムント戦でもメンバー外となっており、6月に行われるロシア・ワールドカップへ向けて出場機会を得るため、今冬の移籍の可能性が噂されている。原口には、イングランドの2クラブやブンデスリーガのクラブも興味を持っている中、浦和も手を挙げているようだ。 ▽そんな中、ヘルタの公式ツイッターは23日の午前中にツイッター(@HerthaBSC)を更新。練習風景の写真と共に「原口元気(@Haragen24)は、彼の将来をハッキリするため」に練習を欠席していること報告している。 2018.01.23 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

乾途中交代のエイバルが下位相手に痛恨のドロー… マラガはホセ・ゴンサレス新監督の初陣を勝利で飾れず《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表FW乾貴士の所属するエイバルは22日、リーガエスパニョーラ第20節でマラガと対戦し、1-1の引き分けに終わった。乾は72分までプレーしている。 ▽8位エイバル(勝ち点27)が、14日にホセ・ゴンサレス新監督を招へいした19位のマラガ(勝ち点11)をホームに迎えた一戦。前節のアトレティコ・マドリー戦でリーグ戦8試合ぶりの黒星を喫したエイバルは、その試合から先発を2人変更。セルジ・エンリクとラミスに代えてキケ・ガルシアとアルビージャを先発で起用した。 ▽雨の降りしきる中でスタートした一戦は、立ち上がりからホームのエイバルが押し込む展開に。すると5分、相手DFのクリアをボックス手前で拾ったホセ・アンヘルがワントラップからボレーシュートで狙ったが、ドライブ回転がかかったボールはわずかにクロスバーの上に外れた。 ▽対するマラガは16分、中盤でカパのバックパスをカットしたネスティリがドリブルでカウンターを仕掛ける。大きなストライドのドリブルでボックス左まで侵攻したネスティリは、飛び出したGKドミトロビッチの脇を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したエイバルの反撃は30分。ホセ・アンヘルのクロスがボックス手前でバウンドすると、このボールがゴール前へ。これに反応したシャルレスがダイレクトシュートで押し込むも、これは飛び出したGKロベルトの体を張ったブロックに阻まれた。 ▽マラガリードで迎えた後半、エイバルは51分にアクシデント。右ハムストリングを痛めたパウロ・オリベイラが自ら交代を要求。ラミスをスクランブル投入する事態となった。すると56分、最終ラインのラミスが横パスをカットされると、ゴール前まで持ち込んだアドリアンにシュートを許したが、GKドミトロビッチの好セーブで難を逃れた。 ▽ピンチを凌いだエイバルは、直後にアレホを下げてオレジャーナを投入。さらに72分には、乾を下げてベベをピッチに送り出し、3枚の交代カードを使いきった。すると76分、左サイド深くでボールを受けたベベが高速クロスを供給。これをゴール前のキケ・ガルシアが流し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽同点弾で勢いづく86分、スルーパスからゴールエリア左横に抜け出したシャルレスが右足を振り抜くも、これはGKロベルトがファインセーブで防ぐ。結局、試合はそのまま1-1で試合終了。エイバルは下位相手に痛恨の取りこぼし。一方のマラガは、リーグ戦連敗を止めたがホセ・ゴンサレス新監督の初陣を白星で飾ることができなかった。 2018.01.23 06:58 Tue
twitterfacebook
thumb

インゴルシュタットMF関根貴大が元SKE48で浦和ファンの金子栞さんとの結婚を発表「生涯を共にしたいと素直に思い結婚を決意しました」

▽インゴルシュタットのMF関根貴大(22)が、自身のツイッター(@sktk10)を通じて結婚を発表した。お相手はタレントで女性アイドルグループSKE48の元メンバーである金子栞さん(22)との事だ。 ▽関根は、浦和レッズのジュニアユース、ユースト経て2014年にトップチームへと昇格。1年目から出場機会を得ると、2017年8月にドイツ2部のインゴルシュタットへと移籍していた。また、世代別の日本代表を経験している。 ▽金子さんは埼玉県さいたま市出身で、関根の古巣でもある浦和のファンとしても知られている。2010年にSKE48のオーディションに合格。2014年4月にSKE48を卒業していた。関根は自身のツイッターで結婚を報告した。 「この度、私事で恐縮ですが、かねてよりお付き合いしてまいりました、タレントの金子栞さんと入籍いたしましたのでご報告させて頂きます。良い時期も苦しい時期も近くで支えてくれ、初めての海外挑戦の決断も尊重してくれた彼女と生涯を共にしたいと素直に思い結婚を決意しました」 「これからは、二人で力を合わせていつまでも明るく楽しい家庭を築いて行きたいと思っています」 「半年前にドイツに渡り、中々試合に絡めない悔しい状況が続いていますが、自ら望んでいた世界」 「レベルの厳しい環境に身を置き、サッカー選手としてここからが本当に勝負だと思っています」 「奥さんや応援して頂いている皆さんを笑顔にできるように頑張りますので引き続き応援宜しくお願いします!」 2018.01.22 21:29 Mon
twitterfacebook
thumb

豪快ミドルの堂安律を地元メディアも称賛…ファン投票ではチーム最高点に

エールディビジ第19節は21日に行われ、フローニンヘンはヴィレムと1-1で引き分けた。この試合で先制ゴールを奪ったMF堂安律を、現地メディアも称賛している。<br><br>2018年初戦となった敵地での一戦で、堂安は3試合ぶりに先発出場。すると14分、ペナルティエリア手前でパスを受けると、左足を振り抜きニアハイを撃ち抜くシュートを叩き込んだ。<br><br>このゴールを、地元メディアも称賛。オランダ紙『AD』は、「ドウアン・リツがチームのファーストシュートを沈めた。エリア外からの強烈なシュートは、見事な弧を描いた美しいゴールだった」と評している。<br><br>また、『voetbalzone』によるファン投票では、チーム最高点となる「6」を高評価を受けている。<br><br>過去2試合は先発から外れていた堂安だったが、これで2戦連続の得点。欧州初挑戦のオランダで、19歳の若武者が評価を着実に高めている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.22 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

先発の久保裕也、ここ4試合不発 ヘントは再開初戦を快勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは21日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第22節でホームにロケレンを迎え、3-0と快勝した。久保はフル出場。4試合でゴールから遠ざかる結果に終わった。 ▽リーグ再開初戦で2試合ぶりの白星を狙うヘントは、前半終了間際の44分、久保も反応したゴール前のこぼれ球をヤレムチュクがシュート。これが相手にディフレクトして吸い込まれ、ヘントが先制する。 ▽リードしたヘントは63分、ヤレムチュクが右足のシュートを落ち着いて沈めて2-0。86分にはチャクベターゼが勝負の行方を決する3ゴール目を決めた。結局、試合はヘントが快勝。2試合ぶりの白星を手にしている。 ヘント 3-0 ロケレン 【ヘント】 OG(前44) ヤレムチュク(後18) チャクベターゼ(後41) 2018.01.22 08:10 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース