ペルーの大エース、W杯出場OK! FIFA、薬物陽性ゲレーロの処分軽減を発表2017.12.21 09:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は20日、フラメンゴに所属するペルー代表FWパオロ・ゲレーロ(33)の処分軽減を発表した。

▽FIFAは当初、薬物の陽性反応が確認されたゲレーロに対して、1年間の出場停止処分を決定。だが、選手の「過失の程度を考慮」した末、処分期間を6カ月に軽減した。これにより、ペルー代表で主将を務めるゲレーロは来年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)出場が可能となる。

▽1982年以来のW杯出場となるペルー代表は、グループCに入り、フランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表と対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ニコ・シュルツの逆転弾で逃げ切ったドイツがペルーに辛勝《国際親善試合》

▽ドイツ代表は9日、国際親善試合でペルー代表と対戦し、2-1で勝利した。 ▽6日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ1のフランス代表戦をゴールレスドローで終えたドイツは、その試合から先発を5人変更。GKノイアーやミュラー、フンメルスらに代わりGKテア・シュテーゲンやギュンドアン、ブラントらが先発に名を連ねた。 ▽一方、6日にオランダ代表との親善試合で惜敗したペルーは、その一戦から先発を3人変更。カリージョ、ロヨラ、ラモスに代えてフローレス、ルイディアス、アラウホを先発で起用した。 ▽ブラント、ロイス、ヴェルナーを3トップに並べた[4-3-3]を採用したドイツは開始2分、ギュンドアンのスルーパスからロイスがゴール前に抜け出したが、シュートは飛び出したGKガジェセに防がれる。さらに13分には、右CKからギンターがヘディングシュートでペルーゴールに迫ったがこれは相手GKの正面を突いた。 ▽対するペルーは23分、中盤からカウンターを仕掛けるとクエバのパスをボックス右手前で受けたアドビンクラがそのままボックス右まで持ち上がり、豪快なシュートをニアサイドに突き刺した。 ▽先制を許したドイツだが、すぐに反撃。25分、敵陣右サイドでボール奪取に成功したギンターのバイタルエリア中央に素早くパスを送ると、クロースが縦へのドリブルで相手DFを引き付けラストパス。これをゴールエリア右付近で受けたブラントが冷静に決めて、試合を振り出しに戻した。 ▽同点弾で攻勢を強めるドイツは、34分にもキミッヒのパスが相手DFに当たりゴール前のヴェルナーに繋がると、飛び出したGKを冷静にかわしゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽迎えた後半、ドイツはロイスとJ・ボアテングを下げてドラクスラーとリュディガーを投入。しかし、先にチャンスを作ったのはペルー。54分、クエバの右CKをトラウコがヘディングシュートで合わせたが、これはGKテア・シュテーゲンの好セーブで難を逃れた。 ▽対するドイツも、直後に自陣からのロングカウンターで決定機を迎える。56分、右サイドを持ち上がったブラントが絶妙なスルーパスを供給すると、相手DFの裏に抜け出したヴェルナーがループシュートを狙ったが、これは枠の上に外れた。 ▽一進一退が続く中、ドイツは84分にギュンドアンを下げてミュラーを投入。すると直後の85分、左クロスを相手DFがクリアミスすると、こぼれ球をペテルゼンがワンタッチではたくと、ボックス手前に走り込んだニコ・シュルツがダイレクトシュート。これにGKガジェセも反応したが弾き切れず、ゴールはそのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽結局、試合は2-1のまま終了。決定力不足が響き苦戦を強いられたドイツだが、終盤のニコ・シュルツ弾で逆転勝利を飾った。 2018.09.10 05:55 Mon
twitterfacebook
thumb

スナイデル代表引退試合のオランダ、デパイの2Gでペルーに逆転勝利《国際親善試合》

▽オランダ代表は6日、国際親善試合でペルー代表とホームで戦い、2-1で逆転勝利した。 ▽スナイデルの代表引退試合となったオランダは、前線にデパイ、フォルメル、スナイデルを据える3トップを形成。3バックの中央にはファン・ダイクが構えた。 ▽そのオランダがペルーに対しポゼッションする展開となるも、13分に失点する。右CKからアキーノのヘディングシュートでネットを揺らされた。 ▽それでも後半からギアを上げたオランダは、53分にフォルメルのループシュートでゴールに迫ると、1分後にはスナイデルのスルーパスに抜け出したフォルメルがGKと一対一に。このシュートを枠の上に外してしまったオランダだったが、60分に同点とする。 ▽F・デ・ヨングのボール奪取からショートカウンターに転じ、ラストパスを受けたデパイが冷静にGKとの一対一を制した。直後、スナイデルが交代を告げられ、ピッチ上のチームメートと抱き合った後、スタンドの大観衆に見送られてベンチに下がっていった。 ▽攻勢のオランダは83分、味方のシュートのルーズボールをボックス中央で拾ったデパイが左足で押し込み逆転。デパイの2ゴールでスナイデルの代表引退試合を勝利で飾っている。 ▽オランダは今後、9日にアウェイでフランス代表とUEFAネイションズリーグを戦う。 2018.09.07 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ペルーの英雄ゲレーロへの出場停止処分一時凍結が解除! 今月インテルナシオナル加入もデビューは来シーズンに…

▽国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ドーピング違反で出場停止処分中のペルー代表FWホセ・パオロ・ゲレーロ(34)に対する処分の一時凍結がスイス連邦裁判所により解除されたことを発表した。 ▽ゲレーロはコカの葉入りのお茶を飲んだことでコカインの成分を無意識に摂取したためドーピングテストで陽性反応が出て、スポーツ仲裁裁判所(CAS)から14カ月間の出場停止処分を科されていた。 ▽その後、スイス連邦裁判所はロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前の5月31日に今回のドーピング違反に関して「意図的または重大な不注意でもない」と判断。ゲレーロの出場停止処分を一時凍結する形でロシアW杯出場を許可した。 ▽だが、スイス連邦裁判所はこの度ゲレーロに対する処分の一時凍結を解除する決定を下した。これにより、8カ月ほどの処分が残っている同選手は2018年中にプレーすることが絶望的となった。 ▽なお、今月にフラメンゴとの契約を解消し、12日にインテルナシオナルと3年契約を結んだゲレーロだが、新天地でのデビューは来シーズンにずれ込むことになった。 2018.08.24 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ペルー代表、36年ぶりW杯出場に導いたガレカ監督と契約延長!

▽ペルーサッカー連盟(PFF)は8日、ペルー代表を率いるリカルド・ガレカ監督(60)との契約を更新したことを発表した。契約期間は2021年までの3年となるが、同国代表が2022年カタール・ワールドカップ(W杯)本大会出場を決めた場合、自動的に4年目の契約が延長される。 ▽現役時代にアルゼンチン代表の名ストライカーとして活躍したガレカ監督は、これまで母国のインデペンディエンテやキルメスなどの国内クラブやコロンビアのサンタフェ、ペルーのウニベルシタリオ、ブラジルのパルメイラスといった南米のクラブの指揮官を歴任。その後、2015年にペルー代表の指揮官に就任した。 ▽そして、ロシアW杯の南米予選では5位で大陸間プレーオフ進出を果すと、オセアニア代表のニュージーランド代表とのプレーオフを制し、36年ぶりとなるW杯本大会進出に導いた。なお、本大会のグループリーグではデンマーク代表、フランス代表相手に2連敗を喫して敗退となるも、最終節のオーストラリア代表を2-0で制しW杯で40年ぶりの勝利を手にしていた。 2018.08.09 17:16 Thu
twitterfacebook
thumb

サンパウロのペルー代表MFクエバがクラスノダールに加入…W杯で3試合に出場

▽FCクラスノダールは15日、サンパウロのペルー代表MFクリスティアン・クエバ(26)を完全移籍で獲得することを発表した。メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。 ▽クエバは、ペルーやチリ、スペイン、メキシコでプレー。2016年7月にトルーカからサンパウロへと加入していた。ブラジル・セリエAでは55試合に出場し9ゴール12アシストを記録している。 ▽また、ペルー代表としても2011年からプレー。ロシア・ワールドカップにもペルー代表として出場しグループステージ3試合に出場していた。 2018.07.17 16:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース