ペルーの大エース、W杯出場OK! FIFA、薬物陽性ゲレーロの処分軽減を発表2017.12.21 09:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は20日、フラメンゴに所属するペルー代表FWパオロ・ゲレーロ(33)の処分軽減を発表した。

▽FIFAは当初、薬物の陽性反応が確認されたゲレーロに対して、1年間の出場停止処分を決定。だが、選手の「過失の程度を考慮」した末、処分期間を6カ月に軽減した。これにより、ペルー代表で主将を務めるゲレーロは来年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)出場が可能となる。

▽1982年以来のW杯出場となるペルー代表は、グループCに入り、フランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表と対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

“ペルーの英雄”帰還なるか…W杯ライバル国も嘆願書

▽ドーピング検査で禁止薬物が検出されワールドカップ(W杯)出場が断たれたフラメンゴのペルー代表主将FWホセ・パオロ・ゲレーロ(34)の処分軽減を巡り、各国から署名が寄せられている。スペイン『アス』が報じた。 ▽ゲレーロからは、2017年10月に行われたロシアW杯南米予選第17節のアルゼンチン代表戦に出場した後に受けたドーピング検査で、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の禁止リストであるコカインが検出。FIFAは、同年12月8日に1年間の出場停止処分を下したが、ゲレーロ側の控訴により同月22日に処分期間を6カ月に軽減した。 ▽この裁定により6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)の出場が可能と思われたゲレーロだが、今月14日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)が出場停止期間を14カ月に延長すると発表。これによりゲレーロのロシアW杯欠場が決定した。 ▽ペルーサッカー連盟(FPF)はこれを受け、FIFAにゲレーロとの会談を要請。ジャンニ・インファンティーノ会長が会談に応じると、ゲレーロはペルーのポピュラーな飲み物である『コカ茶』を飲んだことがコカイン検出の原因になったと釈明した。インファンティーノ会長はゲレーロの釈明を受け入れたものの、今回の処分がFIFAではなくCASの決定であるため、裁定を覆すことはできないと説明。依然として同選手のW杯出場は許可されていない。 ▽このことに疑問を覚えた、ペルー代表とグループCで同居するフランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表の主将であるGKウーゴ・ロリス、MFミル・ジェディナク、DFシモン・ケアーは、FIFAに対して処分取り消しを求める共同嘆願書に署名。さらに、『アス』が今回伝えたところではウルグアイ代表の主将DFディエゴ・ゴディン、FWルイス・スアレスも嘆願書に名を連ねるなど、国境を越えて“ペルーの英雄”の帰還を求める声が多く集まっている。 ▽ペルー代表のキャプテンであるゲレーロは、通算32ゴールを奪う同国の歴代最多得点記録保持者。36年ぶりのW杯出場を勝ち取ったチームにとっては、既に“英雄”であり“救世主”になり得る存在だ。 2018.05.25 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ペルー代表が予備登録メンバーを発表! ファルファン、カリージョらが選出! ゲレーロは出場停止《ロシアW杯》

▽ペルーサッカー協会(FPF)は13日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む同国代表の予備登録メンバー25人を発表した。 ▽ペルー代表を率いるリカルド・ガレカ監督は、アンドレ・カリージョ(ワトフォード)やジェフェルソン・ファルファン(ロコモティフ・モスクワ)らが選出。また、メンバー発表時の段階では、コカインの陽性反応による出場停止処分を受けていたパオロ・ゲレーロ(フラメンゴ)がメンバー入りしたものの、14日に出場停止期間が延長されたことにより、欠場が決定している。 ▽ペルーはグループCに所属。フランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表と対戦する。今回発表されたペルー代表メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ペルー代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ペドロ・ガジェセ</span>(ベラクルス/メキシコ) <span style="font-weight:700;">ホセ・カルバーリョ</span>(UTC) <span style="font-weight:700;">カルロス・カセダ</span>(デポルティボ・ムニシパル) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ニルソン・ロヨラ</span>(FBCメルガール) <span style="font-weight:700;">アルド・コルソ</span>(ウニベルシタリオ・デポルテス) <span style="font-weight:700;">ミゲル・アラウホ</span>(アリアンサ・リマ) <span style="font-weight:700;">アルベルト・ロドリゲス</span>(アトレティコ・ジュニオール/コロンビア) <span style="font-weight:700;">ルイス・アブラム</span>(べレス・サルスフィエルド/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">ミゲル・トラウコ</span>(フラメンゴ/ブラジル) <span style="font-weight:700;">クリスティアン・ラモス</span>(ベラクルス/メキシコ) <span style="font-weight:700;">アンデルソン・サンタマリア</span>(プエブラ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">ルイス・アドビンクラ</span>(ロボスBUAP/メキシコ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">クリスティアン・クエバ</span>(サンパウロ/ブラジル) <span style="font-weight:700;">ペドロ・アキーノ</span>(ロボスBUAP/メキシコ) <span style="font-weight:700;">ウィルデル・カルタジェナ</span>(ベラクルス/メキシコ) <span style="font-weight:700;">ジョシマル・ジョトゥン</span>(オーランド・シティ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">アンディ・ポロ</span>(ポートランド・ティンバーズ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">レナト・タピア</span>(フェイエノールト/オランダ) <span style="font-weight:700;">エディソン・フローレス</span>(オールボーBK/デンマーク) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ペーニャ</span>(グラナダ/スペイン) <span style="font-weight:700;">パオロ・ウルタード</span>(ヴィトーリア・ギマランエス/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アンドレ・カリージョ</span>(ワトフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェフェルソン・ファルファン</span>(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ラウール・ルイディアス</span>(モレリア/メキシコ) <span style="font-weight:700;"><strike>ホセ・パオロ・ゲレーロ</span>(フラメンゴ/ブラジル)</strike> 2018.05.17 14:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ペルー代表主将FWゲレーロのロシアW杯欠場が決定… 10月に発覚したドーピングの出場停止期間が14カ月に延長

▽スポーツ仲裁裁判所(CAS)は14日、ペルー代表主将FWホセ・パオロ・ゲレーロ(34) 出場停止期間を14カ月に延長したことを発表した。今回の裁定により、ゲレーロのロシア・ワールドカップ(W杯)欠場が決定した。 ▽ゲレーロは、2017年10月に行われたロシアW杯南米予選第17節のアルゼンチン代表戦に出場。しかし、試合後に行われたドーピング検査で世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の禁止リストであるコカインが検出。同年12月8日にFIFAは1年間の出場停止処分を下したが、ゲレーロ側の控訴により同月22日に処分期間を6カ月に軽減した。 ▽この裁定により6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)に出場が可能と思われたゲレーロだが、14日にCASが出場停止期間を14カ月に延長すると発表。これによりゲレーロのロシアW杯欠場が決定した。 ▽1982年以来のW杯出場となるペルー代表は、グループCに入り、フランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表と対戦する。なお、ゲレーロの出場停止処分が解かれるのは2019年1月となる。 2018.05.15 02:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ファルファン1G1A! アイスランド撃破のペルー、クロアチア戦に続き連勝《国際親善試合》

▽国際親善試合のペルー代表vsアイスランド代表が日本時間28日に行われ、3-1でペルーが勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でオーストラリア代表、デンマーク代表、フランス代表と同組のペルーと、アルゼンチン代表、クロアチア代表、ナイジェリア代表と同組のアイスランドの一戦。 ▽試合は開始早々にペルーが先制に成功する。3分、敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーのトラウコがクロスを選択。ゴール前のタピアが頭で合わせてゴール右へ流し込んだ。 ▽先制を許したアイスランドはその後もペルーの攻撃に押し込まれながらも、カウンターから徐々に反撃を開始。すると22分、 B・ビャルナソンの左CKを中央でフィオールソンが競り勝ってゴールへ押し込んだ。 ▽試合を振り出しに戻されたペルーは、すぐさま攻勢を強めて勝ち越しを狙う。しかし、アイスランドのディフェンスを崩し切ることが出来ず、1-1で試合を折り返す。 ▽迎えた後半、ペルーが勝ち越し点を奪取する。58分、ボックス左手前からのクロスをファーサイドに走り込んだファルファンが頭で折り返す。これをルイディアスが左足で押し込み、2-1と勝ち越しに成功する。 ▽試合を優位に進めるペルーは75分、細かなパスワークからトラウコのパスをボックス内で受けたファルファンが左足でシュート。これが対峙した相手DFの足に当たって、バランスを崩したGKシャラムの横を通り過ぎてゴールに吸い込まれた。 ▽ファルファンの1ゴール1アシストの活躍もあり、3-1でペルーが勝利。24日のクロアチア代表戦に続いて連勝を飾った。 ペルー 3-1 アイスランド 【ペルー】 タピア(前3) ルイディアス(後13) ファルファン(後31) 【アイスランド】 フィオールソン(前22) 2018.03.28 11:41 Wed
twitterfacebook
thumb

エースFWゲレーロがW杯欠場のペルーに秘策! 元ミランFWラパドゥーラの招集に動くか

▽国際サッカー連盟(FIFA)からエースFWパオロ・ゲレーロに1年間の出場停止処分を科されたペルー代表が、ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会に向けた秘策として、ジェノアのイタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラの招集を考えているようだ。イタリア『Calciomercato.com』が伝えている。 ▽先日にペルーは、オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランド代表との大陸間プレーオフを制し、36年ぶりのW杯出場権を獲得した。しかし、10月5日に行われたロシアW杯南米予選のアルゼンチン代表戦でドーピング検査を受けた際、コカインの陽性反応が出ていたエースFWゲレーロに対して、FIFAは今月8日に1年間の出場停止処分を科した。 ▽これによりペルーは代表のキャプテンであり、同国の歴代最多得点記録となる通算32ゴールを記録するエース抜きで、フランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表と同居したW杯本大会に臨むことになった。 ▽『Calciomercato.com』の伝えるところによれば、ペルー代表はこの緊急事態を受けて、ゲレーロに代わる新たなエースストライカー候補として、ラパドゥーラの招集を画策しているという。 ▽ペルーにルーツを持つラパドゥーラは、今年5月にイタリア代表としてサンマリノ代表との国際親善試合に出場し、ハットトリックを記録する活躍を見せた。ただ、このサンマリノ戦は国際Aマッチに指定されておらず、正式な意味での代表キャップとはならない。 ▽なお、ペルー代表はラパドゥーラがペスカーラに所属していた2年前から代表招集に向けてコンタクトを取っており、W杯本大会までに国籍変更および登録を完了させられるようだ。 ▽果たしてラパドゥーラはアズーリでの未来を諦め、ペルー代表に鞍替えして来年6月にW杯本大会のピッチに立つことになるのか。 2017.12.09 00:28 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース