千葉、愛媛MF小島秀仁の完全移籍加入を発表2017.12.20 17:19 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ジェフユナイテッド千葉は20日、愛媛FCからMF小島秀仁(25)が完全移籍で加入することを発表した。

▽2011年に浦和レッズでキャリアをスタートさせた小島は2014年に期限付きで徳島ヴォルティスに移籍。翌年には浦和に復帰したが、同年7月に愛媛へ完全移籍した。在籍3年目となった今季は明治安田生命J2リーグで38試合に出場し6ゴールをマークした。

▽千葉への移籍が決まった小島は両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆ジェフユナイテッド千葉
「この度、ジェフユナイテッド千葉でプレーをすることになりました小島秀仁です。1日でも早くチームに馴染み、J1昇格への力になれるように頑張りたいと思います。ジェフユナイテッド千葉のファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」

◆愛媛FC
この度、ジェフユナイテッド千葉へ移籍することとなりました。愛媛FCに在籍した2年半の中で、J1昇格プレーオフを経験でき、またキャプテンとして戦えたのは自分の誇りです。愛媛FCに関わる全ての方、そしてファン、サポーターの皆様のおかげで僕は成長することができました。来シーズンからはライバルとなりますが、またピッチで会える日を楽しみにしています。本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

甲府退団のDF阿部翔平、東京都2部TOKYO CITY F.C.に加入! クラブ史上初のプロ契約選手に

東京都2部リーグのTOKYO CITY F.C.は19日、昨シーズン限りでヴァンフォーレ甲府を退団したDF阿部翔平(35)を獲得したことを発表した。なお、阿部はTOKYO CITY F.C.史上初のプロ契約選手となった。 名古屋グランパス、ジェフユナイテッド千葉でプレーした阿部は2017年3月に千葉からの期限付きで甲府に2015年以来の復帰を果たした。完全移籍に切り替わった昨シーズンは公式戦22試合(リーグ戦13試合)に出場していた。 TOKYO CITY F.C.でプレーすることが決定した阿部は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「TOKYO CITY F.C.の一員となりました、阿部翔平です」 「この勢いのある若いチームにベテランとして良い刺激を与えていきたいです。また、選手という立場だけでなく、チームの中で様々なことにチャレンジしていきたいと思っています。沢山の期待をしてもらえる、そんなチームを目指して頑張ります」 「応援よろしくお願いします」 なお、クラブのCEOを務める山内一樹氏は、以下のようにコメントしている。 「阿部翔平選手との契約を締結できたことを大変嬉しく思っています」 「TOKYO CITY F.C.は若く新しくこれからのクラブです。そんなクラブに、J1通算300試合以上の出場を誇る「経験」と、不動のレギュラーとしてJ1王者に至った「実績」、13年間Jリーグで戦ってきたプロフェッショナルとしての「姿勢」を併せ持つ阿部選手が加わることで、どのような化学変化が起こるのかとても楽しみです」 「また、阿部選手はCITYにとって初めてのプロ契約選手でもあります。これはクラブとしての覚悟の表れでもあり、ビジョンに向かい思い切って進んでいくという宣言でもあります。新生 TOKYO CITY F.C.に益々の注目を頂けますと幸いです」 2019.02.19 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京、グレミオからFWジャエルを完全移籍で獲得「良いシーズンを送れるように」

FC東京は19日、グレミオに所属するブラジル人FWジャエル(30)を完全移籍で獲得したことを正式に契約を結んだことを発表した。 フルミネンセ下部組織出身のジャエウは、2007年に母国のクリーシュマでプロデビュー。その後、ブラジル複数クラブやカルマル(スウェーデン1部)、城南FC(韓国1部)、重慶当代(中国1部)などを渡り歩き、2017年にグレミオへ加入。加入初年度はケガに泣き公式戦14試合の出場に留まったが、昨シーズンは公式戦33試合で9ゴール4アシストを記録していた。 また、2017年のクラブワールドカップ(CWC)では、準決勝のパチューカ戦に先発出場。レアル・マドリーとの決勝戦では63分から途中出場していた。 FC東京への完全移籍が決定したジャエルは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 「東京というクラブに来ることができて、とても嬉しいです。みなさんに感謝しています。全力を尽くしチームに貢献して、良いシーズンを送れるように頑張ります」 2019.02.19 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

昨季FC東京退団のMFリッピ・ヴェローゾ、ウクライナへ

FC東京は19日、昨シーズン限りで退団したMFリッピ・ヴェローゾ(21)がウクライナのFCリヴィウへ完全移籍したことを発表した。 リッピ・ヴェローゾは2017年7月にパルメイラスからFC東京に加入。昨シーズンはYBCルヴァンカップに4試合出場し、U-23チームの一員として明治安田生命J3リーグで24試合4得点を記録したが、同シーズン終了後に契約満了となった。 2019.02.19 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

盛岡退団のMF益子義浩、プロ選手引退を決断…来季から東京都2部のスペリオ城北でプレー

いわてグルージャ盛岡は18日、昨シーズン限りで契約満了となったMF益子義浩(31)がプロ生活を終えることを発表した。引退後は、東京都2部のスペリオ城北でプレーすることが決定している。 益子は国士舘大学卒業後、2010年に当時JFLだったアルテ高崎に入団。その後、東北1部の福島ユナイテッドFCに加入し、JFL昇格、J3参入に貢献した。2015年からはいわてグルージャ盛岡に加入。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに3試合出場した。 キャリア通算では、J3リーグで70試合6得点、JFLで75試合8得点、東北1部で12試合9得点、天皇杯で13試合3得点を記録した。 プロサッカー選手を引退する決断を下した益子は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、プロサッカー選手を引退することを決めました。たくさん悩みましたが、今の自分の身体の状態と、これからの人生を考えて、『第一線でプレーを続けるというのは難しい』という決断に至りました」 「サッカーを通して、たくさんの人と出会い、たくさんの経験ができました」 「特に東日本大震災後に福島、岩手と、原発や津波の被害が大きく、未だにその影響が残るこの東北地方のチームで、誰かの為にと思いながらプレーできたことは、自分の人生の中でとても大きな財産になりました」 「小学1年生、太子堂SCでサッカーを始め、横浜FマリノスJr.ユース、都立駒場高校、国士舘大学、アルテ高崎、福島ユナイテッドFC、いわてグルージャ盛岡と、サッカーを続けてくることができました」 「苦しいことも多々ありましたが、それ以上に大きな喜びと感動をたくさん味わえました。自分が思い描いていたサッカー人生にはなりませんでしたが、それでもサッカーを続けてきてよかったなと心から思います」 「今まで自分に関わって下さったすべての方々と、支えてくれた家族に心から感謝したいと思います。今まで本当にありがとうございました。そしてこれからも頑張りますので、引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします」 2019.02.18 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「濃厚で幸せな時間でした」DF渡邉大剛が現役引退…京都、大宮、釜山、讃岐でプレー

カマタマーレ讃岐は18日、昨シーズン限りで契約満了となったDF渡邉大剛(33)が現役を引退することを発表した。 国見高校出身の渡邉は、2003年に京都パープルサンガ(京都サンガF.C.)に加入してプロキャリアをスタート。2007年にはJ2リーグで47試合3ゴールを記録し、クラブのJ1昇格に貢献した。その後も主力としてプレーした中、2011年に大宮アルディージャに完全移籍。新天地でも定位置を確保し、5シーズンに渡って活躍した。 2016年には釜山サイパークに移籍し、初の海外挑戦も。2016年からは讃岐でプレー。昨シーズンは明治安田生命J2リーグに23試合出場したが、同シーズン終了後に契約満了となっていた。 キャリア通算では、J1リーグで214試合16得点、J2リーグで183試合8ゴール、韓国2部で5試合出場を記録した。 16年間のプロ生活に終止符を打つ決断を下した渡邉は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私、渡邉大剛はこの度2018シーズンを持ちまして引退する事を決めました。昨年のシーズン終了後にチームから契約満了を伝えられ、そこから現役続行に向けてトライアウトに参加しオファーを待ちましたが残念ながら自分の納得いくオファーは届きませんでした。オファーを待ち続けてる間、自問自答しながら現役を続けるために準備をしてきましたし、ただもしかしたらこれで現役も終わりなのかなという想いもあり両方の事を考えてきました」 「小さい頃からの夢であったプロのサッカー選手になるという事を叶えられたことをとても嬉しく思いましたし、その時間もこれで終わりなのかと思うと寂しい気持ちもあります。2度の大怪我をした事や日本代表になるという目標を達成できなかった事、苦しく辛いことも沢山ありました。決して思い描いていたプロ生活ではなかったかもしれないですが、プロとして初めて受け入れてくれた京都サンガFC、大宮アルディージャ、釜山アイパーク、そしてカマタマーレ讃岐の関係者の皆さま、いつも応援毎試合共に戦ってくれたファン、サポーターの皆さまに感謝しています。ありがとうございました。これまでの時間は決して色褪せる事はないですし、濃厚で幸せな時間でした。またこれまでに出会った方々は僕の財産です」 「多比良SSS、国見中学、国見高校でご指導してくださった監督、コーチ、先生方のおかげでプロのサッカー選手になることができました。一緒に切磋琢磨した仲間や勝利を目指して共に戦ったチームメイト、どんな時も味方であり続けてくれた家族や親族、小さい時からずっと応援してくれた、不自由なくサッカーをやらせてくれた両親と地元の方々に深く感謝しています。ありがとうございました」 「そしてずっと側で支えてくれた妻。この16年間色んなプレッシャーやストレスたくさんの苦楽を共にしてきたと思います。勝った時は自分の事以上に喜んでくれ、辛く苦しい時はともに共有してくれた事。いつも身体のことを考えて作ってくれる料理やオフザピッチでも常に自分の事を優先してくれて本当に感謝してます。ありがとう!常に癒しであり続けてくれている愛犬2匹が大好きで感謝LOVEです」 「今まで応援してくれた全ての皆さまに本当に感謝してます。ありがとうございました。これからの事はまだ何も決まっていませんが、これまでの経験を糧に感謝の気持ちを忘れず、人生最後まで勉強だと思い少しでも皆さまに、社会に貢献・恩返しができるように頑張りたいと思います。これからもよろしくお願いします」 2019.02.18 17:20 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース