歴史上で8人! メッシ&C・ロナウドも未達成…カカ以外にW杯、CL、バロンドールを獲った選手2017.12.20 10:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元ブラジル代表MFカカ(35)が17日、現役引退を発表した。カカはそのキャリアの中で数々の栄光を手にしてきたが、ワールドカップ(W杯)、チャンピオンズリーグ(CL)、そしてバロンドールを受賞した選手は、フットボール史上でわずか8選手となっている。『B/R Football』が伝えている。

▽サンパウロやミラン、レアル・マドリーなどでプレーし、オーランド・シティとの契約が満了した今シーズンの現役引退を先日に発表したカカ。同選手は2002年の日韓W杯で優勝を経験し、2006-07シーズンにはミランでCLを制覇。2007年にバロンドールを達成した。この3タイトルの獲得は、W杯優勝を経験していないFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドも未達成だ。

▽カカ以外に3つのタイトルを獲得した選手は以下のとおり。

FWボビー・チャールトン(イングランド)
・W杯(1966年)
・CL(1967-68)
・バロンドール(1966年)

FWパオロ・ロッシ(イタリア)
・W杯(1982年)
・CL(1984-85)
・バロンドール(1982年)

FWゲルト・ミュラー(ドイツ)
・W杯(1974年)
・CL(1973-74、1974-75、1975-76)
・バロンドール(1970年)

DFフランツ・ベッケンバウアー(ドイツ)
・W杯(1974年)
・CL(1973-74、1974-75、1975-76)
・バロンドール(1972年、1976年)

MFジネディーヌ・ジダン(フランス)
・W杯(1998年)
・CL(2001-02)
・バロンドール(1998年)

FWリバウド(ブラジル)
・W杯(2002年)
・CL(2002-03)
・バロンドール(1999年)

FWロナウジーニョ(ブラジル)
・W杯(2002年)
・CL(2005-06)
・バロンドール(2005年)
コメント
関連ニュース
thumb

モラタ、22日にもアトレティコ入りか 買取OPは75億円?

チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)のアトレティコ・マドリー入りは、22日になりそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 育成年代にアトレティコ・マドリーからヘタフェを経てレアル・マドリーに加入、トップチーム昇格を果たしたモラタは、ユベントス移籍、レアル・マドリー復帰を経て2017-18シーズンからチェルシーに加入。今シーズンは公式戦24試合9ゴールを記録しているが、イングランドでは物足りなさが指摘されており、アトレティコへの移籍が既定路線と見られている。 また、19日に行われたプレミアリーグ第23節アーセナル戦(0-2でチェルシーは敗北)で招集メンバーに含まれなかったことも、移籍報道に信憑性をもたらす事柄の一つだ。『マルカ』は、大きな変更さえ起こらなければモラタはアトレティコと契約することになり、その日付が22日になるであろうことを伝えている。 モラタはレンタル移籍の契約を結ぶとされており、残る交渉は買い取りオプションの設定金額のみ。なお、記事ではチェルシーが6000万ユーロ(約75億円)前後の値が付くと信じている、とされている。 とはいえ、アトレティコ内部での問題も残されており、それはラ・リーガの設定する給与制限に関するものだ。現状で上限までの猶予が残されておらず、モラタの給与を負担するためには人員整理が必要に。伝えられるところでは、MFジェウソン・マルティンスがモナコに売却され、FWニコラ・カリニッチも放出される可能性があるようだ。 さらに、以前から伝えられる通り、ユベントスからレンタルでミランに加入しているFWゴンサロ・イグアインのチェルシー入りも間近に。チェルシーは24日にリーグカップ準決勝のトッテナム戦を控えており、同選手に関してもそれまでの発表が見込まれそうだ。 2019.01.20 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

イグアインがロンドンへ 19日アーセナル戦でチェルシーデビューか

ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(31)のチェルシー移籍が間近の様相だ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、イグアインは18日にもチェルシー移籍に向け、ロンドン入りし、メディカルチェックへ。ユベントスとの話もまとまっており、契約書にサインを交わすのみだという。 また、イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』もイグアインのチェルシー移籍を報道。19日に行われるプレミアリーグ第23節のアーセナル戦に間に合わせるべく、締め切りの18日午後12時までにメンバー登録したい模様だ。 なお、チェルシーとユベントスは、3200万ポンド(約45億4000万円)の買取オプションが付随したレンタルで合意。イグアインはチェルシーで週給15万ポンド(約2100万円)の契約を結ぶとみられる。 2019.01.18 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ピョンテク、ミランへ! 伊紙報道

ジェノアのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)がミランと合意に至ったようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。 ここ最近ミラン移籍が取り沙汰されていたピョンテク。今回の記事によると、ミランとピョンテクは個人間合意に至り、あとは5年契約にサインするだけとなったようだ。今季いっぱいは買い取りオプション付きレンタルという形でミランに合流し、来シーズンに同クラブがオプションを行使すれば、正式にロッソネロの一員となる。 ミランでは、レンタル期間中の今季は週給3万5000ユーロ(約434万円)、完全移籍した場合は4万ユーロ(約496万円)になるようだ。これは現在ジェノアから受け取っている給与の4倍にあたる額となっている。 また、ミランが買い取りオプションを行使する際に支払う移籍金は4000万ユーロ(約49億6000万円)となる見込みだが、ジェノア側は保証金として、そのうちの1000万ユーロを先に支払うことを要求しているようだ。 今季ブレイクを果たしたピョンテクは、リーグ戦では第19節を終えた時点で13得点。ユベントスのクリスティアーノ・ロナウドの14得点に次ぐゴール数で、多くのビッグクラブが関心を寄せていた。 2019.01.17 20:03 Thu
twitterfacebook
thumb

イグアイン退団濃厚のミラン、後釜にバチュアイをリストアップ?

ミランが、バレンシアに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(25)を新たにリストアップしたようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ミランは昨夏ユベントスから元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)をレンタルで獲得。しかし、ここまでのリーグ戦で15試合6得点と期待値からすれば、やや物足りないパフォーマンスにレンタル打ち切りの可能性が浮上し、16日にはチェルシーへのレンタル移籍でユベントスが合意したことが同メディアによって伝えられた。 ミランは現在、イグアインの後釜としてジェノアに所属するFWクシシュトフ・ピョンテク(23)の獲得に関心を示している。しかし、ジェノア側が4000万ユーロ(約49億円)+ボーナスを要求しており、完全移籍か買い取り義務付きのレンタル移籍を求めていることから、ミランは難色を示しているという。 そんな中、ミランはプランBとしてバレンシアのバチュアイを注視。しかし、同選手は最近、元ベルギー代表のアシスタントコーチであるティエリ・アンリ監督が率いるモナコへのレンタル移籍で合意寸前であることが伝えられているため、そうなれば争奪戦になることは間違いなさそうだ。 移籍市場は残り約2週間。果たしてミランはどのような動きを見せるのだろうか。 2019.01.17 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 1-0 ミラン《スーペル・コッパ・イタリアーナ》

スーペル・コッパ・イタリアーナ2018、ユベントスvsミランが16日にサウジアラビアのジッダで行われ、1-0で勝利したユベントスが3年ぶり最多8度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190117_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 5.5 一度目測を誤る場面もあったが、それ以外は終始安定したゴールキーピングだった DF 20 カンセロ 6.5 1カ月ぶりの戦列復帰。常に高い位置を取ってカットインを狙うドグラス・コスタとの好連係から幾度も決定機に絡んだ 19 ボヌッチ 6.0 古巣相手の一戦も気負うことなく淡々と守備をこなした 3 キエッリーニ 6.5 際どいクロスに対しても適切なポジショニング、身体の向きで冷静に対処。クトローネをきっちり封じ込む 12 アレックス・サンドロ 6.5 守備の局面ではほぼ完璧なプレー。攻撃面ではクロスの質こそ欠いたが、馬力のある仕掛けと正確なパスで存在感 MF 30 ベンタンクール 5.5 いつも通り攻守両面で堅実な仕事ぶり。球際の局面でもきっちり戦った (→ベルナルデスキ -) 5 ピャニッチ 6.5 決勝点をアシストしアンカーのポジションで的確な配球を見せる。切り替えの局面でも高い集中力を保った (→ジャン 5.5) 与えられた守備的なタスクをきっちりこなした 14 マテュイディ 6.0 攻撃では左サイドの高い位置に攻め上がって内に入るC・ロナウドをサンドロと共にサポート。球際の勝負でも互角以上に渡り合った FW 11 ドグラス・コスタ 6.5 カンセロとの良好な関係性で右サイドを制圧。鋭い仕掛けとパンチ力のある左足でゴールの可能性を感じさせた (→ケディラ -) 10 ディバラ 5.5 C・ロナウドと役割を変えながら前線で起点となったが、なかなか決定的な場面に顔を出せなかった 7 C・ロナウド 6.5 抜け目ない動き出しから自身とクラブに今季初タイトルをもたらすゴールを記録。まさに千両役者の仕事ぶり 監督 アッレグリ 6.0 相手の退場に助けられた面もあったが、説得力のあるパフォーマンスで今季初タイトルを獲得 ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190117_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 5.5 失点場面は触れるボールだったが、距離を考えれば致し方なし。それ以外は冷静な対応を90分間継続 DF 2 カラブリア 5.5 C・ロナウドが中寄りにポジションを取ったことで比較的余裕を持った守備ができていた。攻撃面ではもう少しカスティジェホをサポートしたかった 17 サパタ 6.0 C・ロナウドとディバラの強力コンビに対してきっちり身体を張って対応 13 ロマニョーリ 6.0 劣勢のR・ロドリゲスをサポートしつつ中央の危険なスペースはきっちり消していた 68 R・ロドリゲス 5.0 失点場面を含めてラインコントロールに雑さが出た。カンセロとドグラス・コスタのコンビに終始押し込まれる MF 79 ケシエ 4.5 中盤のフィジカル勝負で優位に立ったが、不必要なラフプレーで一発退場… 14 バカヨコ 6.0 持ち味の機動力とフィジカルを生かしてバイタルエリアのケアに奔走。球際では競り勝つ場面が目立った 39 パケタ 5.0 加入後2試合目で絶対王者と対戦。攻撃では才能の片鱗を見せたが、守備では後手の対応を強いられた (→ボリーニ 5.5) 数的不利の中で無理をしようという心意気は見えた FW 7 カスティジェホ 5.5 自陣低い位置まで下がって守備を助けつつ攻撃では幾度か見せ場を作った (→イグアイン 5.5) 古巣相手にミランでのラストマッチか? 試合後にはボヌッチに食って掛かるなど気迫は見せた 63 クトローネ 5.5 前線で孤立する場面が目立った中、後半立ち上がりにはクロスバー直撃の惜しいシュートを放った (→A・コンティ -) 10 チャルハノール 5.5 サイドの攻防で劣勢に立たされてなかなか攻撃に出られず。それでも後半はカットインから幾度か惜しいチャンスに絡んだ 監督 ガットゥーゾ 5.5 善戦もケシエの退場や微妙な判定も重なる不運で自身初タイトルに届かず… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ドグラス・コスタ(ユベントス) 決勝点のC・ロナウドや両サイドバック、キエッリーニの活躍も見事だったが、右サイドで常に相手の脅威になり続けたブラジル人アタッカーをMOMに選出。攻守両面でモチベーションの高さが顕著だった。 ユベントス 1-0 ミラン 【ユベントス】 C・ロナウド(後16) 2019.01.17 04:40 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース