パンチェオン、武器の所持及び公序良俗違反により逮捕される2017.12.18 23:23 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クリスタル・パレスのイングランド人MFジェイソン・パンチェオン(31)が、武器の所持及び暴行により、12月17日の早朝に逮捕・勾留されたことが明らかになった。イギリス『BBC』、『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じた。

▽パンチェオンは、イギリスのロンドン近郊サリー州にあるナイトバー付近のチャーチル・ロードで、騒乱を起こして逮捕された。現地警察は「キングズウッドのジェイソン・パンチェオン(31)は、暴力や脅威を煽る攻撃的武器所持や暴行により、公序良俗法第4節を違反した」と発表している。

▽また、パンチェオンは来年1月5日に裁判所に出停する予定となっており、18日時点で保釈されているとのこと。なお、クリスタル・パレスや本人からのコメントは、発信されていない。

▽パンチェオンは、プレミアリーグ第8節まではキャプテンを務めるなど全試合に出場していたが、第9節からは出場機会が激減。第18節終了時点で、その間の出場記録は第12節エバートン戦での5分間のみとなるまでに減少していた。

コメント

関連ニュース

thumb

前半圧巻4発のアーセナルが公式戦6試合ぶり勝利で2018年初白星!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第24節、アーセナルvsクリスタル・パレスが20日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが4-1で快勝した。 ▽リーグ戦6位のアーセナル(勝ち点39)と、12位のパレス(勝ち点25)によるロンドン・ダービー。前節、ボーンマス相手に逆転負けしたアーセナルは公式戦5戦未勝利と泥沼の状況が続く。2018年初勝利を目指す今節は2017年の年末に対戦して勝利したパレスをホームで迎え撃った。ボーンマス戦からのメンバー変更は4点。負傷明けのコシエルニーとモンレアルが最終ラインに戻り、ナイルズとウェルベックに代わってエルネニー、エジルがスタメンに入った。なお、マンチェスターユナイテッド移籍が報じられるサンチェスはベンチを外れた。 ▽アンカーにエルネニー、2列目にエジル、ウィルシャー、ジャカ、イウォビが並ぶ攻撃的な布陣で臨んだアーセナルは、ここ最近の不振がまるで嘘のような圧巻のゴールラッシュを見せる。まずは6分、右CKの場面でマッカーサーのマンマークを振り切ったファーのモンレアルがジャカのクロスを頭で流し込み、先制に成功する。 ▽勢い付くホームチームは10分、バイタルエリアでパスを受けたラカゼットの仕掛けからルーズボールを回収したモンレアルがボックス左ライン際まで運んで入れたマイナスクロスをゴール前のイウォビがワンタッチで流し込む。続く13分には先制点と同じ右CKのシチュエーションからマッカーサーを振り切ったファーのモンレアルが左足ダイレクトでゴール前に折り返すと、今度はコシエルニーが押し込んだ。さらに22分には再びらしい繋ぎで中央を完璧に崩すと、最後はエジルの足裏を使った巧みな落としをラカゼットが精度の高い右足のシュートでゴール右隅に流し込み、20分過ぎまでに大量4点を奪った。 ▽この立て続けの4ゴールによって勝利をほぼ手中に収めたアーセナルだったが、30分過ぎにアクシデントが発生。ここまで3点に絡む活躍を見せていたモンレアルが負傷を再発させたか、34分にナイルズとの交代を強いられる。それでも、試合の主導権を譲らないホームチームは前半終盤に訪れたザハの決定機をGKチェフの好守などで凌ぎ、前半を4-0で終えた。 ▽前半のうちに大勢の決した試合は後半に入ってより拮抗した展開に。パレスが前がかりになったことで、やや行ったり来たりの状況が続く。56分にはイウォビ、60分にはベンテケと互いにボックス内でGKと一対一の決定機を迎えるが決め切れない。 ▽4-0のまま試合終盤へと突入する中、ヴェンゲル監督は71分にエジルを下げてネルソンを投入。さらに82分にはイウォビを下げてコラシナツを投入。78分にはキャバイエの右CKの流れからミリボイェビッチに巧みな反転ボレーシュートを決められ、クリーンシートを逃がす。 ▽それでも、パレス意地のゴールも試合の大勢に影響を与えることはなくホームで完勝のアーセナルが、公式戦6試合ぶりとなる2018年初勝利を手にした。 2018.01.21 02:07 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルの控えFWにイングランドから関心。本人は乗り気か

▽インテルのイタリア代表FWエデルに対して、クリスタル・パレスが関心を示している。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えた。 ▽今回の報道によると、クリスタル・パレスは1100万ユーロ(約15億円)ほどの移籍金を用意してエデルの獲得を目指している。 ▽エデルは今冬の移籍を前向きに考えている様子だ。今季リーグ戦で15試合に出場している同選手だが、先発でのプレーはない現状。そのうえ、インテルはこの冬の移籍市場でさらに前線の選手を獲得する可能性もあるだけに、移籍への扉は閉ざしてないようだ。 2018.01.19 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場も逆転負け喫したセインツが9戦未勝利で17位まで後退…《プレミアリーグ》

▽日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは2日、プレミアリーグ第22節でクリスタル・パレスと対戦し、1-2で敗戦した。吉田はフル出場を果たした。 ▽リーグ戦8戦未勝利の13位サウサンプトン(勝ち点20)が、マンチェスター・シティの連勝をストップした17位クリスタル・パレス(勝ち点19)をホームに迎えた一戦。3日前に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦を辛くも引き分けたサウサンプトンは、その試合から先発を2人変更。ホードとマックイーンに代えてバートランドとピエを先発で起用した。 ▽立ち上がりから一進一退が続く中、17分にスコアが動く。バートランドの左クロスが逆サイドに流れると、オーバーラップしたピエが拾い素早く折り返しを供給。最後はボックス中央のロングがゴール右にシュートを突き刺し、サウサンプトンが先制に成功した。 ▽迎えた後半、1点を追うC・パレスはキャバイエを下げてファン・アーンホールトを投入した。さらに64分にシュラップを下げてバカリ・サコをピッチに送り出した。 ▽すると69分、C・パレスに決定機。左FKのこぼれ球をバイタルエリア中央でタウンゼントが拾うと、ボックス内に浮き球のパスを供給。これをベンテケが頭で落とし、最後はゴール前に走り込んだマッカーサーがゴールで押し込んだ。 ▽同点弾を許したサウサンプトンは、71分にワード=プラウズを下げてデイビス、75分にホイビュルクを下げてガッビアディーニ、80分にタディッチを下げてレドモンドと続けて3枚の交代カード使い切る。 ▽しかし、直後に試合を動かしたのはC・パレスだった。80分、ボックス右角付近でボールを受けたタウンゼントが中央に横パスを送ると、バイタルエリアでフリーのミリボイェビッチがダイレクトシュート。このシュートにGKマッカーシーは一歩も動けず、ボールはゴール左隅に突き刺さった。 ▽結局、試合はそのまま1-2で終了。ホームで逆転負けを喫したサウサンプトンは、9試合未勝利で17位まで順位を落としている。 2018.01.03 06:55 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルらビッグクラブが関心も…ザハは残留を明言「ここでプレーを続ける」

クリスタル・パレスFWウィルフリード・ザハは、ビッグクラブへのステップアップが噂されるも、クラブに残留することを明言した。<br><br>12月31日のマンチェスター・シティ戦でも印象的な活躍を見せ、シチズンズの連勝記録ストップに貢献したザハ。今季降格圏に沈むチームの中でも、4ゴール2アシストと素晴らしいパフォーマンスをみせている。<br><br>今季の活躍から、チェルシーやアーセナルなどプレミアリーグの強豪たちが1月のマーケットでも獲得に動くと報じられているが、ザハはクラブを変えるつもりはないようだ。コートジボワール代表FWは、『BBC』のインタビューで今冬もパレスに残るつもりかと問われると、「もちろん。僕はここでプレーを続ける」と残留を明言。<br><br>また、首位を独走するマンチェスター・C相手に勝利にあと一歩まで近づいたことを振り返り、「僕たちにとって大きな自信になるね。みんなが自分たちのプレーを全うできれば、大きな力を発揮できる。可能な限り多くのポイントを稼げるように努力を続け、この試合のようなプレーを続ける必要がある」とシーズン後半戦に意気込んでいる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.01 18:27 Mon
twitterfacebook
thumb

シティの連勝が「18」でストップ! 守護神エデルソンPKストップで無敗継続もデ・ブライネ&ジェズスが負傷…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第21節、クリスタル・パレスvsマンチェスター・シティが31日にセルハースト・パークで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽前節、ニューカッスルとの接戦をスターリングのゴールによって制した首位のシティ(勝ち点58)は、圧巻のプレミア18連勝を達成。2017年最後の試合となる今節は16位のパレス(勝ち点18)とのアウェイゲームに臨んだ。 ▽2013-14シーズンに自身がバイエルンで達成したヨーロッパ主要リーグ最多連勝記録の19連勝に並ぶことが期待されるこの一戦に向けてグアルディオラ監督は、先発3選手を変更。負傷のコンパニに代わってマンガラ、スターリングとアグエロに代わってザネとガブリエウ・ジェズスが起用された。 ▽開始2分に相手のクリアミスをゴール右で拾ったベルナルド・シウバがいきなりシュートを放つなど、立ち上がりからホームチームをけん制するシティ。だが、9分には相手GKからのロングボールに対して、DFマンガラとGKエデルソンが連携ミスを犯し、ボックス内でベンテケに決定機を許す。さらに13分にはCKの流れからファン・アーンホルトに際どいボレーシュートを許すなど、ややバタつく場面も見せる。 ▽思わぬ拮抗した立ち上がりとなった中、互いにアクシデントに見舞われる。まずは16分、デ・ブライネの突破に対してファウルで止めに行ったDFダンが足を痛めてケリーとの負傷交代を強いられると、今度は立ち上がりに左足首を痛めていたジェズスが一度プレーに戻ったもののピッチに倒れ込み、涙を浮かべながらピッチを後に。代わって23分にアグエロが投入された。 ▽前半半ばを過ぎてもパレスの健闘によって試合の均衡が保たれる。28分にはボックス内でデ・ブライネからパスを受けたアグエロのシュートが相手DFにディフレクトしゴールに向かうが、これは左ポストを叩く。対するパレスもベンテケの高さを活かしたセットプレー、左サイドで果敢に仕掛けるザハのお膳立てから34分にバイタルエリアでフリーのタウンゼントがミドルシュートを放つなど、すぐさま応戦。しかし、互いに決め手を欠き前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、前半同様に立ち上がりから相手を押し込んでいくシティ。57分にはボックス手前でデ・ブライネとのパス交換からギュンドアンが右足を振り抜くが、わずかに枠を外れる。さらに61分にはベルナルド・シウバのクロスに合わせたアグエロがヘディングシュート、63分にはゴール左に抜け出したザネに決定機も、ここはGKヘネシーの顔面セーブに遭う。 ▽サイドアタッカーの不調にパススピードやアイデア不足が目立ち“持たされる”シティは、その後も攻めあぐねる場面が目立つ。流れを変えたいグアルディオラ監督はギュンドアン、ベルナルド・シウバを下げて切り札スターリングやヤヤ・トゥーレを投入。だが、77分には後半途中から右サイドに移ったザハの仕掛けからファーでドフリーのタウンゼントにシュートチャンスを許すが、ここは相手のシュートミスに救われる。 ▽試合終盤にかけても白熱の攻防が繰り広げられた中、土壇場の後半アディショナルタイムにはシティに絶体絶命のピンチが訪れる。ボックス内にドリブルで侵入するザハに対して、スターリングが後方から身体を当てて交錯。やや微妙な判定だったものの、このプレーでシティは痛恨のPK献上。 ▽これを決められれば、無敗優勝の可能性が潰えるという絶体絶命の状況となったが、キッカーのミリボイェビッチの中央を狙ったシュートに対して、GKエデルソンが右に飛びながらも何とか足を残して圧巻のセーブ。若き守護神がチームを救った。しかし、このPKストップからのカウンターの場面でパンチェオンから危険なアフターチャージを受けたデ・ブライネが負傷し、担架に乗せられてピッチを後にする緊急事態に見舞われた中、試合は0-0のままタイムアップ。 ▽若き守護神エデルソンの見事なPKストップで無敗優勝に望みを繋いだシティだが、年内最終戦のドローによってリーグ戦の連勝が「18」でストップ。期待されたヨーロッパ主要リーグ最多連勝記録更新のチャンスを逃した。また、この試合ではジェズスとデ・ブライネという2人の主力選手をケガによって失う厳しい結果となった。 2017.12.31 23:23 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース