酒井宏フル出場のマルセイユがリヨンとの上位対決で敗戦… リーグ13戦ぶりの黒星で4位に後退《リーグ・アン》2017.12.18 06:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは17日、リーグ・アン第18節でリヨンとの上位対決を行い、0-2で敗戦した。DF酒井宏はフル出場を果たした。

▽リーグ戦12試合無敗中の3位マルセイユ(勝ち点35)が、同勝ち点で並ぶ2位リヨンの本拠地パルク・オリンピック・リヨンに乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦のレンヌ戦をPK戦の末に敗れたマルセイユは、酒井宏やトヴァン、パイエなど主力を先発で起用。1トップにはジェルマンを配置した。

▽一方、こちらもミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦のモンペリエ戦を1-4の完敗に終わったリヨンは、最前線にマリアーノ・ディアスを配置した[4-2-3-1]で試合に臨んだ。

▽試合は開始早々にリヨンがスコアを動かす。6分、バイタルエリア手前中央でFKを獲得すると、フェキルの直接FKがGKマンダンダのキャッチミスによりゴール左隅に吸い込まれた。

▽先制を許したマルセイユの反撃は14分、パイエの左CKをボックス中央のラミがドンピシャのヘディングシュートを放ったが、これはGKアントニー・ロペスのファインセーブに阻まれた。さらに32分には、ボックス右手前で獲得FKからパイエがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだロランドが頭で合わせたが、これは枠を外した。

▽迎えた後半、先に決定機を迎えたのはリードするリヨンだった。48分、フェキルの左クロスをゴール前のマリアーノ・ディアスがヘディングシュート。GKマンダンダの弾いたボールをテテが押し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。

▽チャンスを逃したリヨンだったが51分、左CKをボックス中央で受けたマリアーノ・ディアスがワントラップからシュート。これはGKマンダンダが好セーブで弾くもこぼれ球をボックス右深くで拾ったM・コルネがクロスを供給。これを、再びゴール前に走り込んだマリアーノ・ディアスが頭で流し込んだ。

▽2点を追うマルセイユは、59分にオカンポスを下げてミトログルを投入。さらに62分にアンギッサを下げてマキシム・ロペス、69分にジェルマンを下げてサンソンをピッチに送り込むなど、20分以上を残して3枚の交代カードを使い切った。

▽すると73分、酒井宏の右クロスのセカンドボールをペナルティアーク手前のサンソンが拾うとミドルシュートでゴールを脅かすも、これは左ポストを直撃。

▽結局、最後までリヨンの牙城を崩すことはできず、試合は0-2で終了。13試合ぶりの黒星を喫したマルセイユは、4位に後退した。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井の相棒トヴァン、バイエルンらステップアップの噂も「マルセイユで幸せ」

マルセイユに所属するフランス代表ウィンガー、フロリアン・トヴァンが移籍のうわさにつて否定している。フランス『Canal+』が報じた。<br><br>トヴァンは右サイドアタッカーとして右サイドバックの酒井宏樹の相方としても知られる。今シーズンもウィンガーというポジションでありながら、リーグ戦で10ゴールをマークし、アトレティコ・マドリーやバイエルンといったビッグクラブが獲得に興味を示す。<br><br>しかし、トヴァンはマルセイユで幸せであることを主張し、移籍について積極的ではないことを明かした。<br><br>「移籍市場について心配はしていない。僕はマルセイユで幸せだからね。ここまで来るのに難しい時間も過ごしたけど、今の感覚はとてもいい。重要なことはプレーして楽しむことだ。今はそれができているんだよ」<br><br>マルセイユはリーグ・アンで現在暫定2位につけている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.21 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井宏フル出場のマルセイユ、パイエのPK弾とトヴァン弾で5連勝《リーグ・アン》

▽マルセイユは19日、リーグ・アン第22節でカーンとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場している。 ▽3日前に行われた前節ストラスブール戦を2-0と勝利した3位マルセイユ(勝ち点44)は、酒井宏が3試合連続左サイドバックで先発となった。 ▽10位カーン(勝ち点27)に対し、地力に勝るマルセイユがポゼッションする展開となる中、19分にピンチ。酒井宏のサイドからクロスが上がってサンティニにネットを揺らされるもオフサイドで助かった。 ▽その後もマルセイユが押し気味に試合を進めると、34分にパイエの左クロスにエンジエがヘディングシュート。しかし枠の上に外れ、目立ったチャンスのなかった前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も押し込むマルセイユは54分、ボックス右に侵入したB・サールがベサに倒されてPKを獲得。これをパイエが決めて先制した。 ▽一方的な展開としたマルセイユはパイエをお役御免とした中、74分に突き放す。ペナルティアーク右からトヴァンが狙いすましたコントロールシュートをゴール左上に流し込んだ。 ▽勝負を決定付けたマルセイユはリーグ戦10ゴールに到達したトヴァンもお役御免とし、2-0のまま快勝。リーグ戦5連勝としている。 2018.01.20 06:45 Sat
twitterfacebook
thumb

途中出場のエンジエ&パイエ弾でマルセイユが3連勝!《リーグ・アン》

▽マルセイユは16日、リーグ・アン第21節でストラスブールと対戦し、2-0で勝利した。日本代表DF酒井宏樹はフル出場した。 ▽中2日での過密日程となるマルセイユは、3-0と完勝した前節のレンヌ戦から先発を2人変更。パイエとロランドに代えてアンギッサとアブデヌールを先発で起用。酒井宏は前節同様に左サイドバックで先発出場した。 ▽試合は地力に勝るマルセイユが立ち上がりからボールを支配する。しかし、ストラスブール守備陣の集中した守りで枠内にシュートを飛ばすことができない。前半最大のチャンスはアディショナルタイム1分、左サイドを突破したトヴァンがボックス左深くまで切り込み、クロスを供給。これをゴール前のオカンポスが頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は、後半に入っても一進一退の攻防が続く。そこでマルセイユは56分、オカンポスを下げてパイエを投入。しかし67分、サンソンがプレー中に右ヒザを痛めるアクシデントが発生。プレー続行不可能となったサンソンはメディカルスタッフに肩を借り、そのままピッチを後にした。 ▽嫌な雰囲気流れる中、マルセイユは直後の69分に決定機を迎える。B・サールのパスをボックス右で受けたトヴァンが縦に切り込みクロス。これをジェルマンが右足で流し込むも、GKウキジャのファインセーブに阻まれた。さらに71分には、ボックス右から仕掛けたパイエがダ・コスタに倒されてPKを獲得。しかし、ジェルマンのPKはGKウキジャの完璧なPKストップに阻まれた。 ▽絶好の先制機を逃がしたマルセイユだが79分、遂にスコアを動かす。アンギッサのパスで右サイドを抜け出したトヴァンがボックス右深くまで持ち上がりクロスを供給すると、ゴール前で受けたジェルマンがシュート。これは相手DFのブロックに阻まれるも、セカンドボールを途中出場のエンジエが押し込んだ。 ▽待望の先制点で勢いづいたマルセイユは、87分にもエンジエのパスで相手DFの裏に抜け出したパイエが飛び出したGKをかわし、無人のゴールにボールを流し込んだ。結局、試合はそのまま2-0で終了。リーグ戦3連勝を飾ったマルセイユは、暫定ながら2位に浮上した。 2018.01.17 05:10 Wed
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹がフランス紙の選ぶ週間ベストイレブンに!マルセイユから最多3選手が選出

マルセイユDF酒井宏樹が、フランス紙『レキップ』の発表したリーグ・アン第20節のベストイレブンに選出された。<br><br>2018年初戦となった13日の敵地でのレンヌ戦で、先発出場を果たした酒井。ゴール前で体を張ったブロックなど安定したパフォーマンスを見せ、3-0とチームの無失点での勝利に大きく貢献していた。<br><br>そして『レキップ』での採点で「7」と高評価を得ていた日本代表DFは、15日に同紙が発表したリーグ・アン第20節のベストイレブンに名を連ねている。<br><br>なお、マルセイユからは酒井と右サイドでコンビを組むMFフロリアン・トヴァンやMFルイス・グスタヴォ、FWヴァレール・ジェルマンの最多3選手が選出されている。<br><br>以下、『レキップ』の発表したリーグ・アン第20節のベストイレブン。<br><br>GK<br />ジェシー・ムーラン(サンテティエンヌ)<br><br>DF<br />フレデリック・ギルバート(カーン)<br />パウル・バイセ(ボルドー)<br />プレスネル・キンペンペ(PSG)<br />酒井宏樹(マルセイユ)<br><br>MF<br />ジェレミー・トゥララン(ボルドー)<br />ルイス・グスタヴォ(マルセイユ)<br />フロリアン・トヴァン(マルセイユ)<br />ニコラス・ベネゼット(ギャンガン)<br />チアゴ・メンデス(リール)<br><br>FW<br />ヴァレール・ジェルマン(マルセイユ)<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井フル出場のマルセイユが3発完勝で新年のリーグ初戦を白星で飾る!《リーグ・アン》

▽マルセイユは13日、リーグ・アン第20節でレンヌと対戦し、3-0で勝利した。日本代表DF酒井宏樹はフル出場した。 ▽上位追走を目指す4位マルセイユ(勝ち点38)が、9位レンヌ(勝ち点25)のホームに乗り込んだ一戦。新年最初のリーグ戦を勝利で飾りたいマルセイユは、酒井やトヴァン、ルイス・グスタボ、ラミなど主力メンバーを揃ってこの試合で起用した。 ▽クープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦の再戦となった一戦は、立ち上がりこそボールポゼッションで上回るマルセイユが攻勢を見せたが、レンヌもカウンターから決定機を迎えるなど、試合は一進一退の展開となる。 ▽すると27分、マルセイユはボックス右から仕掛けたトヴァンがメクセルに倒され、PKを獲得。しかし、トヴァンのPKはGKコウベクの完璧なPKストップに阻まれた。決定機を逃したマルセイユだったが35分、左クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったトヴァンがゴール前にパスを供給。これをジェルマンが右足で流し込み、先制に成功した。 ▽先制点で勢いづくマルセイユは、45分にも右サイドを持ち上がったジェルマンのクロスをボックス内に走り込んだサンソンがゴール右へダイレクトシュートを突き刺し、追加点を奪った。 ▽後半も一進一退の展開が続く中、マルセイユは68分にパイエを下げてアンギッサを投入。さらに75分には、ジェルマンを下げてエンジエをピッチに送り出した。すると82分、エンジエのヒールパスで左サイドに抜け出したグスタボのクロスをファーサイドのトヴァンがヘディングで流し込み、3点目を奪った。 ▽リードを広げたマルセイユは、その後も危なげない試合運びで試合をクローズ。ジェルマンの1G1Aの活躍などで3発完勝のマルセイユが、2018年のリーグ初戦を白星で飾った。 2018.01.14 03:02 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース