酒井宏フル出場のマルセイユがリヨンとの上位対決で敗戦… リーグ13戦ぶりの黒星で4位に後退《リーグ・アン》2017.12.18 06:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは17日、リーグ・アン第18節でリヨンとの上位対決を行い、0-2で敗戦した。DF酒井宏はフル出場を果たした。

▽リーグ戦12試合無敗中の3位マルセイユ(勝ち点35)が、同勝ち点で並ぶ2位リヨンの本拠地パルク・オリンピック・リヨンに乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦のレンヌ戦をPK戦の末に敗れたマルセイユは、酒井宏やトヴァン、パイエなど主力を先発で起用。1トップにはジェルマンを配置した。

▽一方、こちらもミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦のモンペリエ戦を1-4の完敗に終わったリヨンは、最前線にマリアーノ・ディアスを配置した[4-2-3-1]で試合に臨んだ。

▽試合は開始早々にリヨンがスコアを動かす。6分、バイタルエリア手前中央でFKを獲得すると、フェキルの直接FKがGKマンダンダのキャッチミスによりゴール左隅に吸い込まれた。

▽先制を許したマルセイユの反撃は14分、パイエの左CKをボックス中央のラミがドンピシャのヘディングシュートを放ったが、これはGKアントニー・ロペスのファインセーブに阻まれた。さらに32分には、ボックス右手前で獲得FKからパイエがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだロランドが頭で合わせたが、これは枠を外した。

▽迎えた後半、先に決定機を迎えたのはリードするリヨンだった。48分、フェキルの左クロスをゴール前のマリアーノ・ディアスがヘディングシュート。GKマンダンダの弾いたボールをテテが押し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。

▽チャンスを逃したリヨンだったが51分、左CKをボックス中央で受けたマリアーノ・ディアスがワントラップからシュート。これはGKマンダンダが好セーブで弾くもこぼれ球をボックス右深くで拾ったM・コルネがクロスを供給。これを、再びゴール前に走り込んだマリアーノ・ディアスが頭で流し込んだ。

▽2点を追うマルセイユは、59分にオカンポスを下げてミトログルを投入。さらに62分にアンギッサを下げてマキシム・ロペス、69分にジェルマンを下げてサンソンをピッチに送り込むなど、20分以上を残して3枚の交代カードを使い切った。

▽すると73分、酒井宏の右クロスのセカンドボールをペナルティアーク手前のサンソンが拾うとミドルシュートでゴールを脅かすも、これは左ポストを直撃。

▽結局、最後までリヨンの牙城を崩すことはできず、試合は0-2で終了。13試合ぶりの黒星を喫したマルセイユは、4位に後退した。

コメント

関連ニュース

thumb

マルセイユがクロアチア代表DFチャレタ=ツァル獲得に迫る! 南野同僚から酒井同僚へ

▽マルセイユがレッドブル・ザルツブルクに所属するクロアチア代表DFドゥイエ・チャレタ=ツァル(21)の獲得に迫っているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽『レキップ』が伝えるところによれば、逸材センターバックに関してはセビージャが1900万ユーロ(約25億5000万円)のオファーを掲示して獲得に動いているものの、そのオファーと同程度の1700~1900万ユーロ(約22億3000~25億5000万円)を掲示したマルセイユ行きが迫っているという。 ▽また、マルセイユのクラブ幹部はすでにロシア・ワールドカップ(W杯)で同地に滞在中だったチャレタ=ツァルと個人間での合意を取り付けており、近日中に5年契約にサインする見込みだ。 ▽母国のシベニクでプロキャリアをスタートしたチャレタ=ツァルは、オーストリアのパッシングを経て2014年にザルツブルクに加入。その後、リザーブチームにあたるリーフェリングへの武者修行を経て2015-16シーズンからザルツブルクのトップチームに定着すると、192cmの長身と高い身体能力を生かしたソリッドな守備で若きディフェンスリーダーとして活躍。昨季は公式戦53試合に出場し2ゴール3アシストの数字を残していた。 ▽また、代表不出場ながらクロアチア代表のロシアW杯メンバーに選出されると、大会直前のブラジル代表とのフレンドリーマッチでフル代表デビューを飾り、本大会のグループリーグ最終節のアイスランド代表戦でもプレーし、同国最高位となる準優勝に貢献した。 2018.07.19 14:13 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹所属のマルセイユ、主力CBロランドと新たにサイン 新契約は2019年まで

▽マルセイユは10日、ポルトガル代表DFロランド(32)の契約更新を発表した。新たな契約期間は2019年までとなる。 ▽カーボベルデにルーツを持つロランドは、2004年にベレネンセスでプロデビュー後、ポルト、ナポリ、インテル、アンデルレヒトでプレー。2015年夏からマルセイユに活躍の場を移した。 ▽加入3年目の2017-18シーズンも右サイドバックの日本代表DF酒井宏樹と共にセンターバックとして最終ラインの主力を張り、公式戦46試合2得点を記録。ヨーロッパリーグ決勝進出に貢献した。 ▽また、代表キャリアにおいては、2009年にポルトガル代表デビュー。2010年のワールドカップと2012年のユーロに臨む代表入りを果たすど、代表通算21キャップをマークしている。 2018.07.10 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

練習不参加に激怒のニース、バロテッリのマルセイユ移籍を阻止か

▽マルセイユへの移籍が近づいているイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)だが、前所属クラブのニースがこの移籍を阻止するかもしれない。フランス『RMCスポーツ』が伝えている。 ▽4年ぶりにイタリア代表に復帰するなど、フランスの地で復活を遂げたバロテッリは、昨季限りでニースとの契約が満了。一部報道によれば、マルセイユへの移籍が近づいており、8日にもメディカルチェックを受診し正式契約を結ぶ予定と伝えられていた。 ▽『RMCスポーツ』によると、2019年6月までの契約延長オプションを保有しているニースは、バロテッリがプレシーズンのトレーニングに参加しないことやクラブの許可なしにマルセイユと個人会談を行ったことに激怒。同紙は、ニースがバロテッリへの制裁として罰金だけでなく、マルセイユへの移籍を阻止する動きを見せていると伝えている。 2018.07.09 04:45 Mon
twitterfacebook
thumb

バロテッリのマルセイユ行きが決定的に!

▽ニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)のマルセイユ移籍が目前となっているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。 ▽2016年夏に加入したニースで復活を遂げ、先月には4年ぶりにイタリア代表に復帰したバロテッリ。ニースでは2シーズンで公式戦66試合で43ゴールを挙げストライカーとしての本来の実力を示した同選手の新天地はマルセイユになるようだ。 ▽『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によれば、すでにマルセイユとバロテッリは合意に達しており、あとは詳細を詰めて正式発表を待つのみとなっているようだ。契約年数は2年となる見込みだ。 ▽バロテッリには中国方面から多額のオファーがあったようだが、年俸3000万ユーロ(約39億円)とみられるビッグディールを選手自身が断っていたようだ。 ▽また、ニースには移籍金として1000万ユ―ロ(約13億円)が支払われる模様。 2018.07.07 15:54 Sat
twitterfacebook
thumb

バロテッリは来季もフランス? 「マルセイユと良い関係」と敏腕代理人

▽イタリア代表FWマリオ・バロテッリに対して、マルセイユが強い関心を示しているようだ。ミノ・ライオラ代理人が『RMC』に語った。 ▽フランスで復活を遂げたバロテッリは、今夏の移籍が以前から話題になっている。選手本人はしばしばイタリア復帰をにおわせていたが、フランスに残る可能性もありそうだ。 ▽ライオラ氏は「マルセイユとは良い関係だ。ディレクターのことはよく知っている。ただ、まだ何かを言うには早すぎるね」とコメント。「マリオは感情あふれる選手で、それはマルセイユの精神にマッチする。マルセイユの人は情熱的で、マリオも一緒だ。どうなるかみていこう」と述べた。 2018.06.18 03:50 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース