超ワールドサッカー

酒井宏フル出場のマルセイユがリヨンとの上位対決で敗戦… リーグ13戦ぶりの黒星で4位に後退《リーグ・アン》2017.12.18 06:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは17日、リーグ・アン第18節でリヨンとの上位対決を行い、0-2で敗戦した。DF酒井宏はフル出場を果たした。

▽リーグ戦12試合無敗中の3位マルセイユ(勝ち点35)が、同勝ち点で並ぶ2位リヨンの本拠地パルク・オリンピック・リヨンに乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦のレンヌ戦をPK戦の末に敗れたマルセイユは、酒井宏やトヴァン、パイエなど主力を先発で起用。1トップにはジェルマンを配置した。

▽一方、こちらもミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ4回戦のモンペリエ戦を1-4の完敗に終わったリヨンは、最前線にマリアーノ・ディアスを配置した[4-2-3-1]で試合に臨んだ。

▽試合は開始早々にリヨンがスコアを動かす。6分、バイタルエリア手前中央でFKを獲得すると、フェキルの直接FKがGKマンダンダのキャッチミスによりゴール左隅に吸い込まれた。

▽先制を許したマルセイユの反撃は14分、パイエの左CKをボックス中央のラミがドンピシャのヘディングシュートを放ったが、これはGKアントニー・ロペスのファインセーブに阻まれた。さらに32分には、ボックス右手前で獲得FKからパイエがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだロランドが頭で合わせたが、これは枠を外した。

▽迎えた後半、先に決定機を迎えたのはリードするリヨンだった。48分、フェキルの左クロスをゴール前のマリアーノ・ディアスがヘディングシュート。GKマンダンダの弾いたボールをテテが押し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。

▽チャンスを逃したリヨンだったが51分、左CKをボックス中央で受けたマリアーノ・ディアスがワントラップからシュート。これはGKマンダンダが好セーブで弾くもこぼれ球をボックス右深くで拾ったM・コルネがクロスを供給。これを、再びゴール前に走り込んだマリアーノ・ディアスが頭で流し込んだ。

▽2点を追うマルセイユは、59分にオカンポスを下げてミトログルを投入。さらに62分にアンギッサを下げてマキシム・ロペス、69分にジェルマンを下げてサンソンをピッチに送り込むなど、20分以上を残して3枚の交代カードを使い切った。

▽すると73分、酒井宏の右クロスのセカンドボールをペナルティアーク手前のサンソンが拾うとミドルシュートでゴールを脅かすも、これは左ポストを直撃。

▽結局、最後までリヨンの牙城を崩すことはできず、試合は0-2で終了。13試合ぶりの黒星を喫したマルセイユは、4位に後退した。

コメント

関連ニュース

thumb

マルセイユ、ジルー獲得へ

▽マルセイユが、チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(32)の獲得に興味を示しているようだ。フランスメディアのレポートをイギリス『TalkSport』が伝えた。 ▽今年1月に1年半契約でアーセナルから加入したジルー。今シーズンからチェルシーで指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督はスペイン代表FWアルバロ・モラタとのローテーションを採用しており、ジルーはここまでプレミアリーグ9試合に出場しているが先発出場は4試合に留まっている。 ▽今回伝えられるところによると、チェルシーとの契約が切れる来年6月にフリーでの獲得を目指すとみられているマルセイユだが、それまでレンタルするのではないかとも推測されている。 ▽今夏にも退団の可能性があったジルーだが、先月に、昨年にもマルセイユからの接触があったことを認めながらも、その意思はなかったと主張している。 「昨年もマルセイユからの接触はあった。しかし、今夏は具体的には何もなかった」 「僕はちょうどチェルシーに到着したばかりだった。その3カ月後にもう1回移籍のチャンスがあったが荷物をまとめるタイミングではなかった」 2018.11.14 20:28 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季EL準優勝マルセイユを敗退に追い込んだラツィオ指揮官「我々は突破に相応しい」

ラツィオの指揮官シモーネ・インザーギは、ヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ突破を決めたことを喜んだ。イタリアメディア『メディアセット』が8日、伝えている。<br><br>ラツィオは8日、ELのグループH第4節でDF酒井宏樹の所属するマルセイユとホームで対戦。前半アディショナルタイムにMFマルコ・パローロのゴールで先制すると、55分にMFホアキン・コレアが追加点を決め、2点のリードを奪った。60分にFWフロリアン・トヴァンに得点を許して1点差に詰め寄られたが、このまま2-1でラツィオが勝利した。合計9ポイントを獲得したラツィオは、12ポイントの首位フランクフルトとともにグループリーグ突破を決めた。指揮官のインザーギは、昨シーズンのEL準優勝チームであるマルセイユに対し、2連勝を収めたことを喜んだ。<br><br>「選手たちがよくやってくれた。強豪であるマルセイユから6ポイントを獲得することができたね。2年連続であと2試合を残しての突破を決められた。我々はグループ突破に十分相応しかったと思う。起用した選手は皆、期待に応えてくれる。満足している」<br><br>「前半はマルセイユに苦しめられたが、ほとんどチャンスを与えずに抑えられた。我々は別の試合の形を想定し、準備してきた。マルセイユがディフェンスラインに5人並べたのはこれまでなかったはずだ。だが(4日に対戦した)スパルがマルセイユと同じシステムでプレーしていたので、選手たちはやりやすかったようだ。難しいグループだった。マルセイユは昨年、決勝に進出しており、非常に強いチームであることは知っていた。フランクフルトは完璧な試合をしていたので、今夜、決めてしまうことが重要だった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.09 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオが決勝トーナメント進出、酒井フル出場のマルセイユは敗退決定《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第4節ラツィオvsマルセイユが8日に行われ、2-1でラツィオが勝利した。マルセイユDF酒井宏樹はフル出場している。 ▽前節アウェイでのマルセイユ戦を3-1と快勝した2位ラツィオ(勝ち点6)は、インモービレやパローロ、アチェルビといった主力が先発になり、ミリンコビッチ=サビッチがベンチスタートとなった。 ▽一方、ホームでラツィオに敗れた最下位マルセイユ(勝ち点1)は、トヴァンやグスタボが先発し、パイエがベンチスタートとなった中、酒井が5バックの右サイドでスタートとなった。 ▽試合は7分、まずはマルセイユがゴールに迫る。スローインの流れからゴール前に詰めていた酒井が押し込みにかかるも、GKストラコシャのセーブに阻まれた。 ▽その後も勝利が必要なマルセイユが前がかり、酒井も攻撃参加を図るが、慎重に試合を進めるラツィオ相手にシュートに持ち込むことはできない。 ▽前半終盤の43分、ボックス手前右からトヴァンがミドルシュートを浴びせてGKストラコシャを脅かしたマルセイユだったが、前半終了間際の追加タイム1分に失点する。左サイドに流れたインモービレのクロスをパローロにヘッドで押し込まれた。 ▽少ないチャンスを生かして先手を取ったラツィオは迎えた後半、マルセイユの攻撃を受け止めると、55分に追加点を奪った。インモービレのスルーパスをボックス左で受けたコレアがGKとの一対一を制した。 ▽2点を追いかける展開となったマルセイユは60分、相手陣内でパスをカットしてショートカウンターを仕掛けると、サンソンのパスを受けたトヴァンがボックス右からシュートを流し込んで1点差に詰め寄った。 ▽勢いに乗るマルセイユは続く65分、ストロートマンがミドルシュートでゴールに迫ると、パイエを投入。一方のラツィオはミリンコビッチ=サビッチを投入し、71分にはインモービレがヘディングシュートで3点目に迫った。 ▽終盤、サールの投入によって左サイドに回った酒井が攻撃の活性化を図ったマルセイユだったが、試合終了間際のエンジエのボレーシュートはGKストラコシャのビッグセーブに阻まれ、ラツィオが逃げ切り。昨季ファイナリストであるマルセイユの敗退が決まり、ラツィオが決勝トーナメント進出を決めている。 2018.11.09 04:53 Fri
twitterfacebook
thumb

内転筋負傷の酒井宏樹の状況は…マルセイユ指揮官「まだ100%ではない」

マルセイユのルディ・ガルシア監督が、日本代表DF酒井宏樹の現況について記者会見で明かしている。<br><br>酒井は10月に内転筋を負傷。一度は回復したが、10月25日に行われたヨーロッパリーグ・ラツィオ戦に出場したことで、痛みを再発させたと伝えられる。その後、前節のパリ・サンジェルマン戦は大事をとって欠場となった。<br><br>4日のモンペリエ戦で復帰できるかどうかに焦点が定まるが、ガルシア監督は現実的な目線で酒井について語る。<br><br>「酒井はまだ100パーセント回復していない。だからチームとともにまだトレーニングをしていない」<br><br>また、フランス代表での試合で負傷したフロリアン・トヴァンについても「ケガで1週間丸々休んだ後、昨日戻ってきた」と話し、先発入りは厳しいとの見方を示した。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.03 18:59 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、ルディ・ガルシア監督と2021年まで契約延長!

▽マルセイユは27日、ルディ・ガルシア監督(54)と契約延長したことを発表した。契約期間は、現行の契約から2年間延長された2021年6月30日までとなる。 ▽2016年10月にフランク・パッシ前監督(52)の後任としてマルセイユの指揮官に就任したガルシア監督は、2016-17シーズンの就任時点で12位と低迷していたチームを立て直し、最終的に17勝11分け10敗の5位でフィニッシュ。 ▽5季ぶりのチャンピオンズリーグ出場権獲得を目標とした昨シーズンは、フランス代表DFアディル・ラミや元ブラジル代表MFルイス・グスタボ、FWヴァレール・ジェルマンら実力者を積極的に補強。開幕からパリ・サンジェルマン、モナコ、リヨンと共に上位争いを繰り広げたが、CL出場圏の3位にはわずかに及ばず、4位でシーズンを終了。しかし、ヨーロッパリーグでは、前身UEFAカップ時代の2003-04シーズン以来、3度目の決勝進出へクラブを導いていた。 2018.10.28 00:08 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース