中島翔哉がフル出場もポルティモネンセはスポルティングに完敗…《プリメイラ・リーガ》2017.12.18 05:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本人MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは17日、プリメイラ・リーガ第15節でスポルティング・リスボンと対戦し、0-2で敗戦した。中島はフル出場した。

▽前節のチャベス戦で7試合ぶりに黒星を喫した11位ポルティモネンセが、2位スポルティングのホームに乗り込んだ一戦。試合は開始早々に動く。9分、ダニエウ・ポデンセのスルーパスでゴール前に抜け出したブルーノ・フェルナンデスがワンタッチでシュートを流し込み、スポルティングが先制した。

▽その後も防戦一方の展開が続くポルティモネンセは、34分にアグベニューのスルーパスで相手DFの裏を取った中島が決定機を迎えたが、チップキックで浮かせたシュートはゴール左に外れた。

▽スポルティングのリードで迎えた後半、ポルティモンセは55分にアクシデント。ハックマンがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分となった。

▽すると数的優位となったスポルティングは60分、スルーパスをボックス右深くで受けたジェウソン・マルティンスの折り返しをニアサイドのブルーノ・フェルナンデスがフリックすると、最後はドストがゴールに流し込み、追加点を奪った。

▽結局、試合はそのまま0-2で終了。上位相手に完敗のポルティモンセは、9月以来のリーグ戦連敗を喫した。

コメント

関連ニュース

thumb

マルセイユ大勝も酒井負傷交代…ELザルツブルク戦出場に黄信号か《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは21日、リーグ・アン第34節でリールをホームに迎え、5-1で快勝。酒井は22分までプレーしたが、負傷交代を強いられた。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う3試合負けのない4位マルセイユ(勝ち点66)が、10試合勝ちなしで降格の危機に瀕している18位リール(勝ち点29)をホームに迎えた一戦。マルセイユの酒井は、左サイドバックのポジションでスタメンに名を連ねた。 ▽最初に大きなチャンスを迎えたのはリールだった。10分、左サイドに抜け出したベンジアがマイナス気味にグラウンダーのクロスを供給。しかし、駆け込んだチアゴ・メンデスのシュートは枠を捉えない。 ▽リールがチャンスを逸した直後の12分、今度はマルセイユに決定機が訪れる。右サイド深い位置でボールを持ったB・サールがクロスを上げ、ニアに飛び込んだトヴァンがヘディングシュートを放つ。これがネットを揺らし、先制に成功した。 ▽幸先良くリードしたマルセイユだったが、アクシデントが発生。芝に足を取られた酒井が負傷して倒れ込み、ピッチの外へ。22分にはアマヴィとの交代を余儀なくされた。 ▽それでも30分、カウンターの場面でボックス内に侵攻したパイェが相手DFに倒されてPKを獲得。キッカーのトヴァンが落ち着いて沈め、嫌な流れを払拭する。 ▽すると35分には、アマヴィの左サイドからのクロスにミトログルがヘディングで合わせてチームの3点目。直後の38分にも左からクロスが上がり、ボックス右のオカンポスが中央に折り返す。待ち構えていたミトログルが右足を振り抜いてボレーシュートを放ち、あっという間にリールを突き放した。 ▽結局、酒井が負傷するというアクシデントに見舞われたマルセイユは前半中にリードを4点まで広げ、圧倒的優位を持って試合の折り返しを迎えることに。 ▽圧倒的な劣勢を強いられたリールは、ハーフタイム中にアラウージョ、チアゴ・メンデスに代えてJ・アロンソ、ぺぺを投入する。早いタイミングでの2枚替えを敢行し、巻き返しを図っていく。 ▽すると54分、ビショーマのマルセイユ陣内中央付近からのパスに、ベンジアが右サイドに抜け出す。ボックス右でキックフェイントを入れて中央に侵攻し、左足でファーに流し込んだ。 ▽しかし68分、前がかりになるリールに対してマルセイユのカウンターが発動する。ピッチ中央でボールを持ったパイェがドリブルで中央を侵攻し、ボックス左のオカンポスにスルーパスを供給。オカンポスが確実に決め、再びリードを4点に広げた。 ▽リールはその後、あまり攻勢をかけることができず。マルセイユのペースを乱すことができないまま、試合は5-1のスコアで終了を迎えることとなった。 ▽この結果、マルセイユは連勝に突入してミッドウィークのヨーロッパリーグ準決勝1stレグ・RBザルツブルク戦に臨むことに。一方、大敗したリールは11戦勝ちなしと泥沼から抜け出せずにいる。 2018.04.22 01:55 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部がヒジ打ちで一発退場! PKも献上しチームは完敗…《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは21日、ブンデスリーガ第31節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-3で完敗した。フランクフルトのMF長谷部誠は先発し、79分に一発退場している。MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽前節レバークーゼン戦を1-4と惨敗して7位に後退したフランクフルト(勝ち点46)は、3日前に行われたDFBポカール準決勝ではシャルケに1-0と辛勝し、2年連続決勝進出を決めた。そのフランクフルトは長谷部が3バックの中央で先発となった。 ▽9位ヘルタ(勝ち点39)に対し、ポゼッションする展開で立ち上がったフランクフルトは9分に決定機。クリアミスをボックス中央で拾ったヨビッチがシュートに持ち込むも枠の上に外してしまう。さらに19分、相手のミスパスをカットしたヨビッチのラストパスをガシノビッチがシュートしたが、バーを直撃した。 ▽相手のミスに付け入ることができなかったフランクフルトは、一進一退の攻防を強いられた中、34分にチャンドラードがミドルシュートでオンターゲットを記録。しかし、ゴールを割れずに前半を終えた。 ▽迎えた後半、55分にフランクフルトは長谷部がPKを献上してしまう。ボックス左に進入したゼルケに対し、長谷部が手をかけて倒したと判定された。これをゼルケに決められ、フランクフルトは先制を許してしまう。 ▽失点を受けて前がかるフランクフルトは、69分にファビアンがGKヤルシュテインを強襲するシュートを浴びせるも、77分に追加点を許す。ゼルケにディフェンスライン裏を取られてネットを揺らされた。リプレーで見るとオフサイド気味だったが、認められた。 ▽そして厳しい判定にイライラを募らせた長谷部が79分に爆発する。ゼルケにファウルを受けてカッとなり、ヒジ打ちを見舞って一発退場となった。10人となったフランクフルトは追加タイムにも失点し、0-3で完敗。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が絶望的な状況となった。 2018.04.22 01:52 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井高&伊藤先発のHSV、残留争うフライブルクに勝利で逆転残留に望み《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは21日、ブンデスリーガ第31節でフライブルクをホームに迎え、1-0で勝利した。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉は87分までプレーしている。 ▽前節ホッフェンハイム戦を0-2と完敗し、クラブ史上初の降格が迫る17位HSV(勝ち点22)は、負傷が心配された酒井高が先発。伊藤も3試合連続先発となった。 ▽4連敗で残留プレーオフに回らなければならない16位に後退したフライブルク(勝ち点30)に対し、[4-3-3]で臨んだHSVは伊藤が左ウイング、酒井高が左サイドバックに入った。 ▽コスティッチの仕掛けを起点に積極的な入りを見せたHSVだったが、徐々にトーンダウン。フライブルクに押し込まれる展開を強いられると、30分にはFKからソユンクにヘディングシュートでGKを強襲される。 ▽さらに35分、ボックス内から立て続けに決定的なシュートを許したHSVだったが、GKポラースベックがファインセーブで阻止。42分にもゴール至近距離からシュートを打たれる大ピンチを迎えるも、ここもGKポラースベックが好セーブで凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半から右ウイングに伊藤を回したHSVが主導権を握り返すと54分、先制する。ボックス中央でルーズボールを拾ったホルトビーがDF2人を個人技でかわして最後は左足でねじ込んだ。 ▽先制したHSVはワルドシュミッドに代えてウッドを投入。攻撃の圧力をかけ続けると、71分に数的優位となる。コスティッチを倒したソユンクに2枚目のイエローカードが提示されて退場となった。 ▽終盤にかけてもHSVがフライブルクの反撃を許さずに1-0で逃げ切り。5連敗となったフライブルクに対し、残り4試合で5ポイント差に迫っている。 2018.04.22 00:28 Sun
twitterfacebook
thumb

乾&柴崎共にベンチ入りも出場機会なしで日本人対決ならず…競り勝ったヘタフェが3連勝達成!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第34節、エイバルvsヘタフェが21日にエスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアで行われ、アウェイのヘタフェが1-0で勝利した。なお、エイバルのMF乾貴士とヘタフェのMF柴崎岳は、共にベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽11位エイバル(勝ち点43)と8位ヘタフェ(勝ち点45)による中位対決にして、乾と柴崎の史上初となる日本人対決が期待された一戦。前節、4試合無得点中のエスパニョールとの不調対決を1-0で制したエイバルは待望の7試合ぶりの勝利を手にした。連勝を目指す今節は先発4人を変更。キケ・ガルシアが最前線に入った一方、前節体調不良の影響で遠征メンバー外となり、連続試合出場が24試合でストップした乾はベンチスタートとなった。 ▽一方、柴崎が2試合連続出場機会なしに終わったヘタフェは前々節でエスパニョール、前節は4位バレンシア相手に競り勝って2連勝。3連勝を目指す今節に向けては先発3人を変更。前節2ゴールも負傷のレミと出場停止のモリーナの不在でアマトとアンヘルが2トップに入り、マティアス・オリベイラが左サイドハーフで今季初先発を飾った。柴崎は引き続きベンチスタートとなった。 ▽堅守速攻を志向する両チームの一戦は立ち上がりから堅い試合展開に。互いに中盤での潰し合いが目立ち、なかなか決定機を作れない。 ▽それでも、勢いで勝るアウェイのヘタフェがワンチャンスを生かして先制に成功する。23分、右サイドのファイルが精度の高いクロスを入れると、ファーサイドに走り込んでいたマティアス・オリベイラが頭でファーポストに流し込み、今季初出場で初ゴールと見事に指揮官の起用に応えた。 ▽一方、先制点を許したエイバルも35分に決定機。ボックス手前右でパスを受けたペドロ・レオンが強烈な左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKグアイタのビッグセーブに阻まれた。 ▽結局、ヘタフェの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。ビハインドを追うエイバルはハーフタイム明けにキケ・ガルシアを下げてシャルレスを投入。一方、ヘタフェは立ち上がりの50分にアクシデント。裏へのボールに反応したアンヘルがGKドミトロビッチと交錯した際に相手の肘を顔面にもらってしまう。この接触で脳震とうを起こしたアンヘルの状況にすぐに気が付いたドミトロビッチがキーパーグローブを外して気道確保を行う場面もあったが、アンヘルは無事にプレーに復帰した。 ▽その後も前半同様のクローズな試合展開が続く中、両チームのベンチは選手交代で流れを変えにかかる。エイバルはホルダン、アレホと75分までに交代枠を使い切るも乾に出番は訪れず。対して逃げ切りを図るヘタフェはバッリ、モリネーロ、アントゥネスと守備的な選手を続けて投入し、乾同様に柴崎にも出場機会は訪れなかった。 ▽そして、前半以上にゴールチャンスの少ない一戦はこのままタイムアップ。史上初の日本人対決はまたしてもならずも、競り勝ったヘタフェが3連勝でEL出場権獲得に望みをつないだ。 2018.04.21 22:12 Sat
twitterfacebook
thumb

リーガの日本人はどう変わったか、乾と柴崎がそれぞれの時間で勝ち取った信頼-木村博嗣コラム(WOWOW)

■“移籍先濃厚”ベティス戦で乾が受けた拍手 乾貴士が交代でグラウンドに入るとベティスの本拠地ベニート・ビジャマリンを埋めた観客から拍手と歓声が巻き起こった。まるで地元のヒーローを迎えるように。 「良い選手にはここのファンは誰であれ拍手するものだよ」と、私の質問に“キケ”・セティエン監督はとぼけたが、乾のベティス移籍は公然の秘密となっている。拍手はベティスファンたちが彼のプレーを楽しみにしている証拠だ。この移籍に疑問の声はほとんどない。 興味深いのは乾への第一の評価はドリブルやシュートに対するものではなく、献身さやエイバルへの忠誠心に対するものだったこと。スペインのサッカーファンはシャツの色を感じてプレーする選手を高く評価する。この点でどんな試合でも全力を尽くす乾は、「死ぬまでベティス」が合言葉の熱い魂を持つファンをも揺さぶった。「エイバルに忠誠を誓う彼はベティスには来ないのでは……」と心配する声もあったほどだ。 東洋の国の注目が集まることがクラブに経済的な利益をもたらすことはもちろん承知しているが、ファンの関心は戦力として活躍してくれるかどうかだけ。自由契約で移籍金が発生しないという追い風があった反面、貴重なEU外選手枠のうち1つを占めざるを得ないというハンディもあった。ベティスという伝統あるクラブ、来季は欧州カップ戦出場を目指す中堅から戦力として求められる際に、日本人であることがプラスにもマイナスにも働かなかったことこそ、乾がリーガでの3年間で勝ち取ったものだろう。 ■柴崎のセンスは傑出しているが時間も必要 この“日本人だからスポンサー付の移籍”だとか“日本人だから下手”だとか“日本人だからチーム愛がない”という偏見を払しょくしリーガへの道を拓いた開拓者が乾だとすると、その先輩の馴らした道にスポーツカーで乗り込んで来たのが、柴崎岳である。 乾が準レギュラーとなるまで少なくとも半シーズン必要だったが、柴崎は2部テネリフェでの経験があったとはいえ、ヘタフェの開幕戦でいきなり先発デビューしたのだから。監督に使ってもらうには戦術理解、チームメイトとの呼吸、戦える心と体という部分で評価されるのが大前提で、日本で高く評価される個人技はプラスαに過ぎない。監督や仲間の求めることを理解するために必要なのは言葉以上に勘でありセンスである。1年1年積み上げるように成長していった乾に比べて柴崎のセンスは傑出しているように感じる。もっとも、乾のようにファンに尊敬される選手になるにはプレーで心をつかむ必要があり、そこは当然、柴崎には時間が足りていない。 ■2人の現在地、後の日常 今季ここまでの2人の足取りを振り返ると、乾の方はレギュラーでフル出場が当たり前だったが、ここにきて途中交代や途中出場も増えている。大黒柱ペドロ・レオンが復活、似たタイプのテクニシャン、オレジャナが冬の移籍で加入したことで、アレホとだけポジション争いをしておけば良かった前半戦よりも競争のレベルが格段に上がっているのだ。柴崎の方は、ケガの間にセカンドトップのレギュラーをアンヘルに奪われ、左右サイドやボランチで使われているが、もう一つ結果が出ていない。アンヘルには決定力で、アマットにはスピードで及ばず、ポルティージョはキャプテンであり、ボランチだと柴崎の攻撃センスが生きない。控えの一番手として信頼されているが、先発するほどではない、というところだ。 だから、ヘタフェがエイバルを迎える今週末の日本人対決でもどちらか、あるいは2人ともベンチスタートという可能性はある。だが、日本人として悲観すべきことだろうか? 私はそうは思わない。城彰二の挑戦からここまで18年もかかっている。やっと欧州カップ戦の王者を輩出するリーグでレギュラー争いができるレベルまで来たのだ。一喜一憂せず同胞として温かく見守ろうではないか。 (文/木村浩嗣) ◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆ ★『スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ』 WOWOWにて毎節最大5試合生中継! 【第34節】 ・「エイバルvsヘタフェ」 4/21(土)夜7:45~ [WOWOWライブ]※生中継 ・「セルタvsバレンシア」 4/21(土)夜11:00~ [WOWOWライブ]※生中継 ・「A・マドリードvsベティス」 4/22(日)深夜3:30~ [WOWOWライブ]※生中継 ★『リーガダイジェスト!第33節&第34節』 今シーズンから時間を拡大してパワーアップした必見のリーガ情報番組。週末に開催する全試合の全ゴールに加えて、貴重な選手インタビューや特集企画をお届けする。 【放送日】 4/23(月)夜8:00~ [WOWOWライブ]ほか <div id="cws_ad">■WOWOW番組オフィシャルサイト <a href="https://goo.gl/dwWaz9" target="_blank">http://www.wowow.co.jp/sports/liga/</a></div> 2018.04.21 18:00 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース