ユーザー選出のJ1年間ベスト11が決定! 最多得票は川崎FのMF中村憲剛!2017.12.17 20:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユーザーの皆さまに投票いただいた『超WSアウォーズ2017 Jリーグ』。多くの皆さまのご協力により、2017シーズンのJ1年間ベストイレブンが決定しました。

▽レギュラーシーズン出場試合数が6割以上の選手を対象とし、J1全18チーム中総勢200名以上の中からベストイレブンと、最優秀選手を選出していただきました。

▽最も票を集めたのは、オフェンシブハーフ(トップ下)のポジションの候補に挙がっていた川崎フロンターレのMF中村憲剛で、オフェンシブハーフの中で64%の票を獲得しました。これにより、『超WSアウォーズ2017 Jリーグ』の最優秀選手賞をお贈りしたいと思います。

▽ベストイレブンには、2017 明治安田生命J1リーグ王者の川崎フロンターレから6名が選出。2位の鹿島アントラーズからは1名、4位の柏レイソルからは2名が選出。3位のセレッソ大阪からは残念ながら選出されませんでした。その他、ジュビロ磐田、ガンバ大阪から1名ずつが選ばれています。

◆超WSアウォーズ2017 Jリーグ年間ベストイレブン
GK:中村航輔(柏レイソル)
RSB:エウシーニョ(川崎フロンターレ)
CB:昌子源(鹿島アントラーズ)
CB:大井健太郎(ジュビロ磐田)
LSB:車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
RMF:伊東純也(柏レイソル)
DMF:大島僚太(川崎フロンターレ)
DMF:井手口陽介(ガンバ大阪)
LMF:阿部浩之(川崎フロンターレ)
OMF:中村憲剛(川崎フロンターレ)
CF:小林悠(川崎フロンターレ)

◆得票率(上位選手)
GK
中村航輔(22)
(柏レイソル)
34試合(先発34試合)/28失点
得票率:57.9%

カミンスキー(ジュビロ磐田)…13.4%
チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ)…12.8%

右SB
エウシーニョ(28)
(川崎フロンターレ)
21試合(先発21試合)/5得点
得票率:61.6%

西大伍(鹿島アントラーズ)…22.0%
小池龍太(柏レイソル)…4.9%

CB
昌子源(25)
(鹿島アントラーズ)
33試合(先発34試合)/1得点
得票率:58.5%
大井健太郎(33)
(ジュビロ磐田)
32試合(先発32試合)/5得点
得票率:26.8%

谷口彰悟(川崎フロンターレ)…19.5%
マテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪)…15.9%
中澤佑二(横浜F・マリノス)…14.0%
槙野智章(浦和レッズ)…12.8%
中山雄太(柏レイソル)…11.0%

左SB
車屋紳太郎(25)
(川崎フロンターレ)
34試合(先発34試合)/0得点
得票率:61.0%

山本脩斗(鹿島アントラーズ)…12.2%
山中亮輔(横浜F・マリノス)…4.9%
松原后(清水エスパルス)…4.9%

右MF
伊東純也(24)
(柏レイソル)
34試合(先発32試合)/6得点
得票率:50.0%

家長昭博(川崎フロンターレ)…31.7%
遠藤康(鹿島アントラーズ)…5.5%

DMF
井手口陽介(21)
(ガンバ大阪)
30試合(先発29試合)/4得点
得票率:36.6%
大島僚太(24)
(川崎フロンターレ)
25試合(先発25試合)/1得点
得票率:33.5%

山口蛍(セレッソ大阪)…22.6%
ソウザ(セレッソ大阪)…17.7%
エドゥアルド・ネット(川崎フロンターレ)…15.9%
川辺駿(ジュビロ磐田)…11.0%
三竿健斗(鹿島アントラーズ)…10.4%

左MF
阿部浩之(28)
(川崎フロンターレ)
28試合(先発26試合)/10得点
得票率:47.0%

レアンドロ(鹿島アントラーズ)…23.2%
アダイウトン(ジュビロ磐田)…13.4%
齋藤学(横浜F・マリノス)…10.4%

OMF
中村憲剛(37)
(川崎フロンターレ)
32試合(先発31試合)/6得点
得票率:64.0%

中村俊輔(ジュビロ磐田)…15.2%
山村和也(セレッソ大阪)…6.7%

CF
小林悠(30)
(川崎フロンターレ)
34試合(先発33試合)/23得点
得票率:59.8%

杉本健勇(セレッソ大阪)…22.0%
興梠慎三(浦和レッズ)…6.7%
クリスティアーノ(柏レイソル)…6.1%

▽また、ユーザーの皆様からの今シーズンのJリーグについてもコメントが寄せられているので、一部をご紹介いたします!ご協力ありがとうございました!新シーズンの開幕は2月末。あっという間に開幕となりますね。

「フロンターレ感動的」

「無念だが、勝点72が2チームとハイレベルだったと思う」

「やっぱ1ステージ制のほうが面白い」

「レイソルに3位以内に入ってほしかったが、最終節まで優勝、残留争いがもつれて、面白かった」

「ガンバ大阪の後半の大失速」

「周りの断トツ降格候補の予想を覆したJ2王者札幌の快進撃」

「川崎の脱・シルバーコレクター」

「優勝と降格争いが最終節までもつれてとても面白いシーズンでした」

「今季は昇格組が奮闘したシーズンだと感じた。昇格組全3チームが残留したということは、J2のレベルも上がってる証拠。来季の昇格組、特に初昇格した長崎に期待したいと感じたシーズンだった」

「フロンターレのリーグ優勝はJリーグの活性化になる。今年はセレッソ、マリノス、ジュビロがリーグを盛り上げた。アントラーズ、レッズ、FC東京は期待を裏切った」

コメント

関連ニュース

thumb

仙台、新シーズンのキャプテンにMF富田晋伍、MF奥埜博亮、MF大岩一貴

▽ベガルタ仙台は19日、2018シーズンのキャプテンにMF富田晋伍、MF奥埜博亮、MF大岩一貴が就任したことを発表した。 ▽キャプテンに就任した3人は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆富田晋伍 「2018シーズンも引き続き、キャプテンを務めさせていただくこととなりました。チームの目標を達成するために、自分らしく戦う姿勢でチームを引っ張っていきたいと思います。今シーズンもよろしくお願いいたします」 ◆奥埜博亮 「チームの勝利のために、責任を持ってキャプテンを務めたいと思います。また責任あるポジションを任されるということは、自分自身の成長にもつながる貴重な機会だと捉えています。引き続き応援よろしくお願いいたします」 ◆大岩一貴 「チームメート、スタッフ、サポーター全員の力で上位進出するために、まずは目の前のことを全力で取り組みます。チームに貢献できるようがんばります。よろしくお願いします」 2018.01.20 20:09 Sat
twitterfacebook
thumb

スローガンは「奪還」 G大阪社長が再起誓う 「タイトルを奪い返す」

▽ガンバ大阪は20日、クラブハウスにて新体制発表会見を行い、2018シーズンにおける選手背番号を発表した。 ▽G大阪の山内隆司社長は、新任のレヴィー・クルピ監督と共に新体制発表会に出席。新シーズンのスローガンを明らかにし、不本意な1年に終わった昨シーズンからの再起を期した。 <span style="font-weight:700;">◆山内隆司社長</span>(ガンバ大阪) 「スローガンを『勝』とし、タイトル獲得を目標に戦った2017シーズンは、AFCチャンピオンズリーグを予選突破できず、国内でもJ1で10位に沈み、天皇杯とルヴァンカップでも共にタイトルを獲ることができなかった。シーズンのスタートこそ順調だったものの、中盤からガンバ大阪らしい攻撃的なサッカーや勝負強さを発揮できず、応援をいただく多くのみなさまの期待を裏切る不本意なシーズンとなり、たいへん申し訳ありませんでした」 「昨シーズンの成績を振り返ると、ガンバ大阪は常にタイトルを争い、獲得しなければならないクラブであることを痛切に感じた。この悔しさを胸に刻み、2018シーズンを戦わなければならないと感じている。そこで、2018シーズンにおけるガンバ大阪のスローガンは、『奪還』に致します」 「ボールを保持しながら試合の主導権を握り、アグレッシブにゴールを奪う魅力的なサッカーを復活、再構築し、2年間失っているタイトルを奪い返す。それこそがスタジアムにおいでいただいているファン・サポーターはもちろん、チームを支えるパートナーやホームタウンのみなさまの熱い思いであると考えている」 「2018シーズンから、ガンバ大阪は名将レヴィー・クルピを指揮官に迎える。そして、スタジアムの名称も『パナソニックスタジアム吹田』として、愛されるスタジアム作りを目指して新たにスタートする。ロシア・ワールドカップ開催の2018年、ガンバ大阪はクラブ一丸となり、輝かしい歴史を作っていく。熱い応援を何とぞよろしくお願い申し上げます」 2018.01.20 19:56 Sat
twitterfacebook
thumb

「勝者=攻め抜く姿勢」 レヴィー・クルピがG大阪指揮官として所信表明

▽ガンバ大阪は20日、クラブハウスにて新体制発表会見を行い、2018シーズンにおける選手背番号を発表した。 ▽新シーズンよりG大阪を指揮するレヴィー・クルピ新監督。「勝者と呼ばれるのは最後まで攻め抜く姿勢を持つチーム」と語り、常勝軍団の再構築を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆レヴィー・クルピ監督</span>(ガンバ大阪) 「ミナサン、コンニチワ。もうちょっと明るい雰囲気でも良いかと思うが、みなさん深刻な表情をされている(笑) まず日本に帰ってこれたことを本当に嬉しく思う。日本という国は世界に誇れる、すべてにおいて見本になれる国。その日本にまた帰ってこれた喜びを感じている」 「以前にも日本にいたが、ブラジルのサッカー界に復帰したとき、ブラジルのマスコミから『日本に長くいた時代遅れの監督』だと言われた。だが、私は笑い飛ばしてやった。『私は日本にサッカーを教えに行ったのではなく、日本から学ぶために行き、多くのことを学んできた』と彼らに伝えた。今でも、私は学び続けている」 「こうしてまた日本に来たことで、もっと学べる機会を得た。ガンバ大阪は、数々のタイトルを獲ってきた歴史あるチーム。もう一度タイトルを獲るという目標のために、全力を尽くして貢献していきたい。それと同時に、今までのガンバがそうであったように、若い選手をどんどん育てていけるクラブだと思う」 「私のキャリアの中でラッキーなことに、有望な若い選手に巡り合ってきたが、このクラブでも同じことができるんじゃないかとすごく楽しみにしている。そして、最後にこだわりたいのはタイトル。タイトルにこだわり、1年間を戦い抜いていきたい」 <span style="font-weight:700;">──ガンバ大阪というチームの印象について</span> 「昨年の試合を何試合か見た。本当に良い選手が揃っている印象を受けたが、シーズン終盤になり、なぜかわからないが、なかなか結果が出ない試合が続いていた。ただ、間違いなく言えるのは、クオリティのある選手が揃っていること、そして、タイトル争いできるチームであること。これからの練習で選手を見極めながら、過去を振り返ることなく、しっかりと前を向いて戦っていきたい」 <span style="font-weight:700;">──今のチームに足りないものについて</span> 「すいません。社長、私は喋りすぎているかもしれない(笑) 足りなかったのは、監督がまだ来日できていなかったことじゃないかなと(笑)」 <span style="font-weight:700;">──ガンバ大阪をどういうチームに作っていくイメージか</span> 「口で言うのは簡単だが、『しっかり攻め、しっかり守れるのが良いチーム』だと、今日選手たちに話した。ただし、勝者と呼ばれるチーム、優勝するチームは、最後まで攻め抜く姿勢を貫くと思っている。そういうチームを作っていきたい」 <span style="font-weight:700;">──育成の手腕にも期待が集まるが、今のチームで期待している若手は</span> 「ここで名前を挙げることはないが、私は『年齢はサッカーに一切関係ない。1番大事なのはクオリティ』だと、いつも言っている。それがあれば、年齢を重ねていようが、いまいが、試合に出るべきだと考えている」 <span style="font-weight:700;">──2018シーズンの目標について</span> 「これはガンバ大阪に伝統として根付いていると思うが、タイトル争いをすること、最後にタイトルを勝ちとってシーズンを終えること」 <span style="font-weight:700;">──ガンバ大阪の指揮を執るに至った決め手は</span> 「まずは以前に日本で幸せな時間を過ごすことができた。それはピッチの中だけでなく、プライベートにおいてもそうだ」 「そして、日本という国は国としてしっかりと機能している。残念ながら、ブラジルはそうじゃなく、政治の腐敗もひどく、国としても後退していっている印象がある」 「なので、日本からのオファーということに、迷いはなかったし、さらにガンバ大阪というビッグクラブからのオファーということで、迷いなく受けることにさせてもらった」 <span style="font-weight:700;">──無冠の要因として、絶対的なFW不足が挙げられるが、ここまで即戦力の補強はない。リクエストはあるか。近年、リアクションサッカーが続いたが、攻撃的なサッカーを取り戻す上で大事になるポイントはあるか</span> 「まず1つ目の質問だが、まだ直接選手を見ていない。それをする前のリクエストは早過ぎる。なので、リクエストは出していない。今のチームには、外国籍選手も含めてクオリティのある選手が揃っている。まずは直接、私自身の目で選手を見極めていきたい」 「まず選手の特徴を見極めた上で、攻撃においても、守備においても、しっかりとポジショニングを伝えていく。そして、攻守において、しっかりとチームとして機能する選手を私の目で選ぶ。それが昨年までの特徴を生かしながら私の味を加えていく過程になるかと思っている」 <span style="font-weight:700;">──どうすればスタジアムが満員になるか</span> 「それは私のようにカッコ良い監督を迎え入れること(笑) さらに、カッコ良い選手を揃えることだ。だが、サッカーで輝かなければならない。もちろん、私が来たことにより、女性サポーターが増えるだろうが、男性サポーターも駆けつけてもらいたい。だが、1番大事なのは選手たちがピッチで輝くこと。それがスタジアムを満員にするために必要なことだと思う」 <span style="font-weight:700;">──MF遠藤保仁やMF今野泰幸といったベテランの印象と起用法について</span> 「話しておきたいのだが、私は決して若い選手を起用するのが好きというわけじゃない。それは偶然。どのチームに行っても能力が高く、実力を示せる若い選手に巡り合えてきただけのこと。したがって、年齢は関係ない。遠藤や今野であっても、十代の選手であっても、同じ視点で選手としての実力を見極めて起用する。年齢を問わず、彼らのクオリティと実力を見ていきたい」 <span style="font-weight:700;">──セレッソ大阪とのダービーを楽しみにしているか</span> 「セレッソとのダービーは、私だけじゃなく、みんなも楽しみにしている試合。ダービーというのは、サッカーの1番面白いことの1つだと思う」 「2つのビッグクラブがサポーターを含めて色々な思いを背負いながら戦うのがダービー。私自身も今年のダービーを楽しみにしているが、サポーターも含めて一丸となって戦うことが勝利を手にする1番の方法だと、サポーターに伝えたい」 「シーズンを通してサポーターのみなさんと一緒に戦うこと、そして、ダービーにおいても1つになってセレッソ大阪というライバルを倒すために、みんなで戦うことを楽しみにしている」 2018.01.20 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、クルピと共に「奪還」へ! 浦和から“覚悟”移籍のMF矢島慎也は21番

▽ガンバ大阪は20日、クラブハウスにて新体制発表会見を行い、2018シーズンにおける選手背番号を発表した。 ▽昨年限りで5年間に及ぶ長谷川健太体制に終止符を打ったG大阪は、過去に宿敵セレッソ大阪を率いた経歴を持つレヴィー・クルピ監督を招へい。ブラジル人名伯楽の下、MF市丸瑞希ら有望株の台頭による血の入れ替えと、成りを潜める攻撃的サッカーの復活を目指しつつ、ここ2年間の無冠脱却を狙う。 ▽背番号は、因縁多き浦和レッズから覚悟の移籍を果たしたMF矢島慎也が21番。復帰となるG大阪アカデミー育ちのDF菅沼駿哉は、13番を着用する。また、三菱養和ユースから飛び級でプロ入りとなる高校2年生のU-17日本代表FW中村敬斗は38番、G大阪ユースから飛び級昇格の同GK谷晃生は41番に決まった。 ▽2018シーズンのスローガンは、2シーズンにわたって遠ざかるタイトルの思いが込められた「奪還」に決定。チームは22日より沖縄県内でキャンプを始め、2月5日に京都サンガF.C.との練習試合に臨む。この一戦がクルピ・ガンバ初の対外試合となる。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.東口順昭 23.林瑞輝※背番号変更 31.鈴木椋大※背番号変更 41.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">谷晃生</span>☆←(ガンバ大阪ユース)※昇格 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.西野貴治※背番号変更 3.ファビオ 4.藤春廣輝 5.三浦弦太※背番号変更 6.初瀬亮※背番号変更 13.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">菅沼駿哉</span>☆←(モンテディオ山形)※完全移籍 14.米倉恒貴 15.今野泰幸 16.野田裕喜※背番号変更 22.オ・ジェソク 35.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">山口竜弥</span>☆←(東海大相模高校)※新加入 36.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松田陸</span>☆←(前橋育英高校)※新加入 42.ペ・スヨン <span style="font-weight:700;">MF</span> 7.遠藤保仁 10.倉田秋 17.市丸瑞希※背番号変更 21.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">矢島慎也</span>☆←(浦和レッズ)※完全移籍 24.井出遥也 25.藤本淳吾 26.妹尾直哉 27.森勇人 28.高宇洋※背番号変更 29.高江麗央※背番号変更 32.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">芝本蓮</span>☆←(ガンバ大阪ユース)※昇格 34.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">福田湧矢</span>☆←(東福岡高校)※新加入 39.泉澤仁 40.食野亮太郎 <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.アデミウソン 11.ファン・ウィジョ 18.高木彰人※背番号変更 19.一美和成※背番号変更 20.長沢駿 37.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">白井陽斗</span>☆←(ガンバ大阪ユース)※昇格 38.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">中村敬斗</span>☆←(三菱養和SCユース)※新加入 2018.01.20 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

京都がU-18所属のU-19日本代表MF福岡慎平、MF上月壮一郎を2種登録

▽京都サンガF.C.は20日、U-18所属のMF福岡慎平(17)とMF上月壮一郎(17)をトップチームに2種登録することを発表した。 ▽福岡と上月は、共に世代別の日本代表を経験。2017年にはU-17日本代表として、インドで行われたU-17ワールドカップにも出場していた。また、今年に入ってからはU-19日本代表にも選出されている。 ▽なお、背番号は福岡が「35」、上月が「36」を背負うことも発表されている。 2018.01.20 14:46 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース