ユーザー選出のJ1年間ベスト11が決定! 最多得票は川崎FのMF中村憲剛!2017.12.17 20:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユーザーの皆さまに投票いただいた『超WSアウォーズ2017 Jリーグ』。多くの皆さまのご協力により、2017シーズンのJ1年間ベストイレブンが決定しました。

▽レギュラーシーズン出場試合数が6割以上の選手を対象とし、J1全18チーム中総勢200名以上の中からベストイレブンと、最優秀選手を選出していただきました。

▽最も票を集めたのは、オフェンシブハーフ(トップ下)のポジションの候補に挙がっていた川崎フロンターレのMF中村憲剛で、オフェンシブハーフの中で64%の票を獲得しました。これにより、『超WSアウォーズ2017 Jリーグ』の最優秀選手賞をお贈りしたいと思います。

▽ベストイレブンには、2017 明治安田生命J1リーグ王者の川崎フロンターレから6名が選出。2位の鹿島アントラーズからは1名、4位の柏レイソルからは2名が選出。3位のセレッソ大阪からは残念ながら選出されませんでした。その他、ジュビロ磐田、ガンバ大阪から1名ずつが選ばれています。

◆超WSアウォーズ2017 Jリーグ年間ベストイレブン
GK:中村航輔(柏レイソル)
RSB:エウシーニョ(川崎フロンターレ)
CB:昌子源(鹿島アントラーズ)
CB:大井健太郎(ジュビロ磐田)
LSB:車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
RMF:伊東純也(柏レイソル)
DMF:大島僚太(川崎フロンターレ)
DMF:井手口陽介(ガンバ大阪)
LMF:阿部浩之(川崎フロンターレ)
OMF:中村憲剛(川崎フロンターレ)
CF:小林悠(川崎フロンターレ)

◆得票率(上位選手)
GK
中村航輔(22)
(柏レイソル)
34試合(先発34試合)/28失点
得票率:57.9%

カミンスキー(ジュビロ磐田)…13.4%
チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ)…12.8%

右SB
エウシーニョ(28)
(川崎フロンターレ)
21試合(先発21試合)/5得点
得票率:61.6%

西大伍(鹿島アントラーズ)…22.0%
小池龍太(柏レイソル)…4.9%

CB
昌子源(25)
(鹿島アントラーズ)
33試合(先発34試合)/1得点
得票率:58.5%
大井健太郎(33)
(ジュビロ磐田)
32試合(先発32試合)/5得点
得票率:26.8%

谷口彰悟(川崎フロンターレ)…19.5%
マテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪)…15.9%
中澤佑二(横浜F・マリノス)…14.0%
槙野智章(浦和レッズ)…12.8%
中山雄太(柏レイソル)…11.0%

左SB
車屋紳太郎(25)
(川崎フロンターレ)
34試合(先発34試合)/0得点
得票率:61.0%

山本脩斗(鹿島アントラーズ)…12.2%
山中亮輔(横浜F・マリノス)…4.9%
松原后(清水エスパルス)…4.9%

右MF
伊東純也(24)
(柏レイソル)
34試合(先発32試合)/6得点
得票率:50.0%

家長昭博(川崎フロンターレ)…31.7%
遠藤康(鹿島アントラーズ)…5.5%

DMF
井手口陽介(21)
(ガンバ大阪)
30試合(先発29試合)/4得点
得票率:36.6%
大島僚太(24)
(川崎フロンターレ)
25試合(先発25試合)/1得点
得票率:33.5%

山口蛍(セレッソ大阪)…22.6%
ソウザ(セレッソ大阪)…17.7%
エドゥアルド・ネット(川崎フロンターレ)…15.9%
川辺駿(ジュビロ磐田)…11.0%
三竿健斗(鹿島アントラーズ)…10.4%

左MF
阿部浩之(28)
(川崎フロンターレ)
28試合(先発26試合)/10得点
得票率:47.0%

レアンドロ(鹿島アントラーズ)…23.2%
アダイウトン(ジュビロ磐田)…13.4%
齋藤学(横浜F・マリノス)…10.4%

OMF
中村憲剛(37)
(川崎フロンターレ)
32試合(先発31試合)/6得点
得票率:64.0%

中村俊輔(ジュビロ磐田)…15.2%
山村和也(セレッソ大阪)…6.7%

CF
小林悠(30)
(川崎フロンターレ)
34試合(先発33試合)/23得点
得票率:59.8%

杉本健勇(セレッソ大阪)…22.0%
興梠慎三(浦和レッズ)…6.7%
クリスティアーノ(柏レイソル)…6.1%

▽また、ユーザーの皆様からの今シーズンのJリーグについてもコメントが寄せられているので、一部をご紹介いたします!ご協力ありがとうございました!新シーズンの開幕は2月末。あっという間に開幕となりますね。

「フロンターレ感動的」

「無念だが、勝点72が2チームとハイレベルだったと思う」

「やっぱ1ステージ制のほうが面白い」

「レイソルに3位以内に入ってほしかったが、最終節まで優勝、残留争いがもつれて、面白かった」

「ガンバ大阪の後半の大失速」

「周りの断トツ降格候補の予想を覆したJ2王者札幌の快進撃」

「川崎の脱・シルバーコレクター」

「優勝と降格争いが最終節までもつれてとても面白いシーズンでした」

「今季は昇格組が奮闘したシーズンだと感じた。昇格組全3チームが残留したということは、J2のレベルも上がってる証拠。来季の昇格組、特に初昇格した長崎に期待したいと感じたシーズンだった」

「フロンターレのリーグ優勝はJリーグの活性化になる。今年はセレッソ、マリノス、ジュビロがリーグを盛り上げた。アントラーズ、レッズ、FC東京は期待を裏切った」

コメント

関連ニュース

thumb

【J1第16節プレビュー】ロシアW杯閉幕後はJ1リーグ! 札幌vs川崎Fの上位対決に、浦和vs名古屋のまさかの下位対決など注目試合目白押し!

▽明治安田生命J1リーグ第16節の9試合が18日に行われる。 ▽激闘の続いたロシア・ワールドカップ(W杯)が15日にフランス代表の優勝で閉幕し、遂に再開を迎えたJ1リーグ。今節は首位・サンフレッチェ広島が不調に喘ぐ16位・ガンバ大阪をホームに迎える。また、3位・川崎フロンターレが5位・北海道コンサドーレ札幌の本拠地に乗り込む上位対決も勃発。さらに、14位・浦和レッズと最下位・名古屋グランパスが相まみえる、まさかの下位対決も見逃せない。 ▽リーグ再開後の勢力変化を占う重要な今節9試合の見どころを、コンパクトにまとめて紹介する。 ◆エース・都倉の古巣弾か、W杯未出場・大島の爆発か 北海道コンサドーレ札幌 vs 川崎フロンターレ [7月18日(水)19:00] ▽札幌は都倉賢が直近の天皇杯で得点を挙げ前半戦からの好調を維持。古巣相手への一撃で対川崎Fリーグ戦初白星なるか。一方の川崎Fは、ロシアのピッチに立てなかった大島僚太に注目。カタールへの大きな一歩を踏み出せるか。 ◆互いに守備に不安あり? 今季3度目の対戦を制するのは ベガルタ仙台 vs 横浜F・マリノス [7月18日(水)19:00] ▽中断前に勝利を挙げた両チームだが、仙台はDF板倉滉が累積で出場停止。横浜FMはDFミロシュ・デゲネクがレッドスターに移籍し、共に守備の要を欠いた状態で試合に臨む。天皇杯4回戦でも相まみえる両者。今季3度目の対戦で白星を挙げるのは? ◆新星柏vsエース欠くFC東京 柏レイソル vs FC東京 [7月18日(水)19:00] ▽中断前最終戦で勝利した柏は加藤望監督体制が本格始動。生まれ変わったチームは勝ち切る力を示せるか。対するFC東京は好調継続望むもFWディエゴ・オリヴェイラが出場できず。チーム力が試される一戦だ。 ◆F・トーレス眼前で勝利を手にするのは? 湘南ベルマーレ vs サガン鳥栖 [7月18日(水)19:00] ▽12位湘南と17位鳥栖の一戦。J1定着へ、湘南にとって浮上を許してはならない相手だ。鳥栖は、未登録で出場不可もFWフェルナンド・トーレスの加入を発表。勝利を土産に自己紹介といきたい所だ。 ◆新鋭・北川航也がW杯戦士に挑む 清水エスパルス vs セレッソ大阪 [7月18日(水)19:00] ▽清水は、今季先発回数が増加した北川航也がJ1自己最多得点記録まであと1点。生え抜きストライカーが昨季2Gを奪った桜軍団に襲いかかる。C大阪はキム・ジンヒョンと山口蛍がロシアから帰還。不完全燃焼に終わった悔しさを晴らせるか。 ◆新システム導入の磐田、両CB不在の鹿島を叩けるか ジュビロ磐田 vs 鹿島アントラーズ [7月18日(水)19:00] ▽得点不足解消の一手に新システム[3-5-1-1]を導入した磐田。天皇杯2Gの川又堅碁が中断期間の成果をもたらせるか。対する鹿島は植田直通がベルギー移籍、昌子源も体調不良で欠場濃厚。両CBの穴埋めは可能か? ◆首位広島、中断前の勢いを維持できるか サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪 [7月18日(水)19:00] ▽中断前に今季2度目の黒星を喫するも2位と勝ち点差9をつけて独走する広島は16位G大阪をホームに迎える。戦力拡充の広島に対し、G大阪はMF矢島慎也とMF泉澤仁が退団。それでも2カ月ぶりのJリーグ、気持ちを新たに両雄が激突する。 ◆長崎、クラブ史上初の海外トレーニングは実を結ぶか…6位神戸に挑む V・ファーレン長崎 vs ヴィッセル神戸 [7月18日(水)19:00] ▽中断期間にはクラブ史上初の海外トレーニングキャンプを行い経験値を高めた長崎。選手の状態も万全で15位からの上昇に期待が懸かる。一方の6位神戸は天皇杯で千葉相手に6発快勝するも、この間にFWポドルスキが再負傷。主将の離脱が続く… ◆低迷の赤いチームが激突! 浦和レッズ vs 名古屋グランパス [7月18日(水)19:30] ▽DF槙野智章、遠藤航らW杯戦士擁する浦和は14位低迷もここまで僅か13失点。対する名古屋は30失点で最下位に沈むも爆発力は屈指。外れたボタンをかけ直すべく、赤いチームがぶつかり合う。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.07.17 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖MF安庸佑が左肩関節脱臼で全治6カ月&選手登録抹消…トレーニング中に負傷

▽サガン鳥栖は17日、MF安庸佑(アン・ヨンウ)の負傷を発表した。 ▽鳥栖の発表によると、安庸佑は7日のトレーニング中に負傷。左肩関節脱臼と診断され、全治は6カ月とのことだ。 ▽なお、この負傷により鳥栖は安庸佑の選手登録を抹消することも併せて発表。安庸佑は手術、リハビリのため韓国へ一時帰国している。なお、鳥栖への合流は9月上旬を予定しているとのことだ。 ▽安庸佑は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで9試合に出場し2得点を記録していた。 2018.07.17 20:25 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎F、ルヴァン杯準々決勝ホーム戦を味スタで開催する可能性を発表

▽川崎フロンターレは16日、YBCルヴァンカップ準々決勝においてホーム戦を味の素スタジアムで開催する可能性があることを発表した。 ▽29日にオープンドローが行われ、ノックアウトステージの組み合わせが決定する。準々決勝第1戦は9月5日(水)、第2戦は同月9日に開催されるが、川崎Fのホーム開催日が第2戦になった場合、会場が味の素スタジアムになるようだ。本拠地である等々力陸上競技場は、9月6日から9日まで日本学生陸上競技対校選手権大会が開催されているためだという。 ▽チケットの販売詳細に関しては、組み合わせ確定後の7月30日に発表を予定している模様だ。 ▽プレーオフステージまでの日程が終了し、ノックアウトステージ出場クラブが決定。川崎フロンターレをはじめ、鹿島アントラーズ、柏レイソル、横浜F・マリノス、湘南ベルマーレ、ヴァンフォーレ甲府、ガンバ大阪、セレッソ大阪が出場する。 2018.07.17 10:02 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪DF茂庭照幸、全治4週間の負傷離脱

▽セレッソ大阪は16日、DF茂庭照幸の負傷離脱を発表した。 ▽茂庭は15日のトレーニング中に負傷。右大腿四頭筋筋損傷で全治4週間の見込みだ。 ▽C大阪は現在、明治安田生命J1リーグ4位。18日に行われる第16節で清水エスパルスとアウェイで対戦する。 2018.07.16 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

仙台、FWジャーメイン良の接触事故を謝罪

▽ベガルタ仙台は15日、FWジャーメイン良が接触事故を起こしたことを報告し、謝罪した。また、ジャーメイン良にケガが無かったことも伝えている。 ▽接触事故は、14日の20時00分ごろに仙台市内で発生。仙台市青葉区双葉ケ丘で停車中の車に対して後方から接触し、2名の運転者の方々および1名の同乗者の方の身体の一部が痛むなどの症状が出ているという。連休中のため医療機関を受診できていない、との報告を受けており、今後の経過を確認し対応していくとしている。 ▽仙台は、本人に厳重注意をした上で、今後は選手、クラブスタッフへの注意喚起を強化し再発防止に向けて取り組んでいくとのこと。「運転者の方々および同乗者の方に対しまして、ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」と、被害に遭われた方に謝罪している。 ▽ジャーメイン良は、今年3月に一般女性との入籍を発表。今シーズンは公式戦17試合2ゴールを記録しており、4月にはプロA契約を締結するなど、順風満帆な中での思わぬ事故となった。 2018.07.15 20:16 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース