【アンケート結果】歴史的敗北の韓国戦、全選手低評価2017.12.17 19:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽超WS有料版で実施していた16日のEAFF E-1サッカー選手権第3戦、韓国代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。

▽63年ぶりにホームで韓国相手に4失点以上の歴史的な敗北を受けた採点の結果、全選手の評価が軒並み平均点以下に。最高点もFW伊東純也(柏レイソル)とFW川又堅碁(ジュビロ磐田)の【3.8】という低評価となりました。

◆韓国戦のユーザー採点結果
GK
中村航輔 3.8

DF
植田直通 2.8
昌子源 3.1
三浦弦太 2.9
車屋紳太郎 2.8

MF
今野泰幸 3.4
井手口陽介 3.1
→三竿健斗 3.0
倉田秋 2.9
→阿部浩之 3.4

FW
伊東純也 3.8
→川又堅碁 3.8
小林悠 3.5
土居聖真 3.2

監督
ハリルホジッチ 2.3

◆皆様の声(一部)
・つまらない試合。これでサッカーブームは終了。
・これが現実。ハリルは解任するべきだ。
・実力の差。W杯では海外組が参加するとは言えども、国内の力を底上げしなければ結果は残せないのでは?
・動き出し、足元の技術が足りない。
・れほど光明の見えない試合も珍しい。まるで大人と子供の様だった。監督交代を本格的に考慮するべきだと思う。

コメント

関連ニュース

thumb

【アンケート結果】若手の躍動に期待! ウルグアイ戦スタメン希望結果

▽超WS有料版で実施していた「日本代表スタメンアンケート(ウルグアイ代表戦)」の結果を発表します。 ▽日本代表は本日16日、ウルグアイ代表との国際親善試合に挑みます。今回のアンケート結果では、12日のパナマ代表戦で好パフォーマンスを披露したDF冨安健洋がロシア・ワールドカップ組のディフェンスラインに割って入りました。その他、MF堂安律やMF南野拓実、MF中島翔哉といった若手を推す声が大きいようです。 ▽先月の活動で新たな力として存在感を際立たせたMF堂安律や、MF南野拓実、MF中島翔哉といった新鋭らと、DF吉田麻也やDF長友佑都ら重鎮との融合に期待がかかる今シリーズ。FIFAランク5位の強豪、ウルグアイ代表戦は埼玉スタジアム2002で19時35分にキックオフを迎えます。 ◆予想スタメンアンケート結果 GK 東口順昭(ガンバ大阪) DF 酒井宏樹(マルセイユ/フランス) 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) 冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) 長友佑都(ガラタサライ/トルコ) MF 堂安律(フローニンヘン/オランダ) 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) 遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー) 中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル) FW 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ) ◆代表に一言! (皆様の声※一部) ・ウルグアイとのゲームで、チーム力が計れる。世界に通用するものだと証明して欲しい。 ・パナマ戦からどれだけチームを仕上げられるのか、森保監督の手腕に期待。 ・強豪相手には、現段階のベストメンバーで挑んで欲しい。 ・この試合でどれだけやれるか、戦えるか? メンタルで上回れ! ・国内外関係無く、世代交代計りつつ、野心溢れる試合を期待したいです。 ・新世代の躍動がみたい! 2018.10.16 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】2戦連続ゴールの南野拓実と伊東純也が高評価!次戦ウルグアイ戦への期待も

▽超WS有料版で実施していた12日のキリンチャレンジカップ、パナマ代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。 ▽森保一監督体制2戦目となったパナマ戦。相手はロシア・ワールドカップにも出場したチームとあり、森保監督も「期待できる相手」と評価する中で、試合は南野拓実や伊東純也のゴールなどで3-0で快勝しました。 ▽ユーザーの皆様の評価では、2試合連続ゴールの南野が「6.3」で最高点に。同じく2戦連続ゴールの伊東純也は「6.0」で次点に。その他は5点台に収まり、相手が格下のパナマであったことからか、快勝だったものの平均点は伸び悩みました。また、日本の3点目となった相手のオウンゴールを誘った川又堅碁は「5.7」、無失点に抑えたGK権田修一も「5.7」という評価を得ました。なお、途中出場も出場時間の少なかった堂安律と柴崎岳は採点対象外とさせていただきました。 ▽さて、皆様の意見の中には、「まだまだ連係不足」という声が多くあり、森保監督が強調する「融合」にはまだ満足していない模様でした。それでも個人に対する評価はまずまずで、16日に行われる強豪ウルグアイ代表との一戦に期待する声も多く挙がりました。 ◆パナマ戦のユーザー採点結果 GK 権田修一 5.7 DF 室屋成 5.7 冨安健洋 5.7 槙野智章 5.7 佐々木翔 5.3 MF 三竿健斗 5.4 青山敏弘 5.1 →柴崎岳 - 伊東純也 6.0 →堂安律 - 南野拓実 6.3 →川又堅碁 5.7 原口元気 5.9 FW 大迫勇也 5.0 →北川航也 5.4 監督 森保一 5.9 ◆皆様の声(一部) ・個人では冨安が素晴らしかった。チーム全体としては、まだぎこちなさが感じられた。ウルグアイ戦に期待。 ・連携不足は仕方ない。停滞した流れの時に若手が、積極的に動き、何とかしようとする姿勢が良かった。 ・結果は良かったが、攻撃のパターンの少なさが目立っていた。やはり個人技で1人かわして行くパターンが必要。 ・次戦のウルグアイ戦はもっと世代間の融合を図り、コンディションのいい選手を使ってもらいたい! ・まずまずの試合だった。が、「ここだ」というときのミスが多く、チャンスを逃しているのがもったいない。 ・ワールドカップメンバーと新しいメンバーが始めてプレーしたなかで連動性を欠いた攻撃が多かった。強いて言うならばもう少し初召集の選手を試しても良かったと思った。 ・後はディフェンスラインの修正 をしっかりしないと、強豪国には、まだまだ勝てなそう。ここ2戦良い形で勝っているからと、油断していると、今の勢いが崩れるのが心配だし、フルメンバーで、今の形になるか? 2018.10.13 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】若きサムライ躍動の森保ジャパン初陣、南野&中島に同率最高点!

▽超WS有料版で実施していた11日のキリンチャレンジカップ、コスタリカ代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。 ▽先日の北海道地震で今月7日に予定されていたチリ代表戦が中止となり、ロシア・ワールドカップ(W杯)後、森保一監督体制初の試合となったコスタリカ代表戦。新生サムライブルーは、初招集のMF堂安とDF佐々木をデビューさせたほか、MF南野やMF中島といったフレッシュな若手を多く起用しました。試合の立ち上がりから少ないタッチ数を意識したスピーディーな攻めを繰り出す日本は、中島の右CKに佐々木が頭で合わせ、オウンゴールを誘発。先制して試合を折り返すと、後半の立ち上がりに守勢を強いられたのも何のその。すぐさまペースを引き戻し、66分には中島、遠藤と繋ぎ南野が左足で代表初ゴールを記録しました。さらに、試合終了間際の93分には途中出場の伊東が右サイドから個人技でゴールをこじ開け3点目。見事、初陣を3-0の完勝で飾りました。 ▽若武者の躍動したこの勝利に対して、ユーザーの皆様からは冷静な評価を頂きました。最高点は、試合を通してチャンスメイクを繰り返していたMF中島、代表初弾のMF南野が同率で【6.9】。また、中島の得点をアシストし、試合終盤に相手のシュート際に頭から飛び込みゴールを死守した遠藤には、次点の【6.2】が与えられています。逆に、途中出場のMF天野、FW浅野は【5.2】と厳しい点数になりました。とはいえ、皆様からは若い選手の躍動に期待する声が多く寄せられており、今後に希望を持たせられる試合になったようです。 ◆コスタリカ戦のユーザー採点結果 GK 東口順昭 5.6 DF 室屋成 5.9 → 守田英正 - 三浦弦太 5.5 槙野智章 5.4 佐々木翔 5.8 → 車屋紳太郎 - MF 堂安律 6.1 → 伊東純也 - 青山敏弘 5.9 → 三竿健斗 - 南野拓実 6.9 遠藤航 6.2 中島翔哉 6.9 → 天野純 5.2 FW 小林悠 5.7 → 浅野拓磨 5.2 監督 森保一 6.0 ◆皆様の声(一部) ・若手の活躍もあり良かった。10月、11月の親善試合はロシアW杯の世代との融合、切磋琢磨してやって欲しい。 ・中島がキレッキレ! 素晴らしい! ・伊藤達哉も使って欲しかった。 ・もっと早く交代して欲しかった。 ・最高の出だしになったのでは。ドリブルでの仕掛けが多く観ていて楽しかった。 ・森保監督の采配と若い選手の躍動でこれからが楽しみです。 2018.09.12 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】森保一ジャパン初陣!「新たなる頂へ駆け登れ」コスタリカ戦スタメンアンケート結果

▽超WS有料版で実施していた「日本代表スタメンアンケート(コスタリカ代表戦)」の結果を発表します。 ▽日本代表は、本日11日の19時20分からコスタリカ代表との親善試合を行います。 ▽先日の北海道地震で、今月7日に予定されていたチリ代表戦が中止となった新生日本代表にとってこれが初めての試合。森保一新監督が、ロシア・ワールドカップの中心選手を除き、国内組や若手を主体に招集した今回は一体どんな試合を見せてくれるのでしょうか。 ▽今回のアンケートでは、森保監督の十八番[3-4-2-1]をベースに、スタメン予想をして頂きました。最も驚きだったのは伊藤達哉(ハンブルガーSV)の左ウイングバック起用。左サイドのスペシャリスト・車屋紳太郎(川崎フロンターレ)を抑えての選出となりました。なかなかのアグレッシブ起用です。右ウイングバックには室屋成(FC東京)、キャプテンの青山敏弘(サンフレッチェ広島)とボランチでコンビを組むのは三竿健斗(鹿島アントラーズ)という結果になりました。 ▽また、欧州で結果を残している中島翔哉(ポルティモネンセ)と堂安律(フローニンヘン)が2シャドーに。一方ディフェンスラインは、今回の招集メンバーの中で最も代表経験豊富な槙野智章(浦和レッズ)をセンターに、植田直通(サークル・ブルージュ)と冨安健洋(シント=トロイデン)という、ともにベルギーでプレーする2人が脇を固める布陣となりました。 ▽今回実施したアンケート結果と皆様の声(一部)は以下のとおりです。 ◆予想スタメンアンケート結果 ※フォーメーションは[3-4-2-1]を想定 GK 東口順昭(ガンバ大阪) DF 槙野智章(浦和レッズ) 植田直通(サークル・ブルージュ/ベルギー) 冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) MF 室屋成(FC東京) 青山敏弘(サンフレッチェ広島) 三竿健斗(鹿島アントラーズ) 伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ) 中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル) 堂安律(フローニンヘン/オランダ) FW 小林悠(川崎フロンターレ) ◆代表に一言! (皆様の声※一部) ・新たなる頂へ駆け登れ。頑張れ日本 ・これからが楽しみ。若手の選手に期待 ・点を取りまくれ! ・初陣を勝利で 2018.09.11 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】強豪ベルギー相手に奮闘のサムライブルーに軒並み高評価! 「日本W杯史上最高の試合でした!」の声も

▽超WS有料版で実施した2日のロシア・ワールドカップ(W杯)ラウンド16、ベルギー代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。 ▽フェアプレーポイント差でセネガルを上回り2大会ぶりの決勝トーナメントに進出した日本代表は、昨年11月にも対戦した強豪ベルギーと激突しました。試合はゴールレスで迎えた後半立ち上がり、原口のゴールで先制した日本はその4分後に、乾のスーパーミドルシュートが炸裂し2点のリードを得ます。しかし、69分にヴェルトンゲンのゴールで詰め寄られると、途中出場のフェライニとシャドリのゴールを許し、土壇場で逆転負け。史上初のベスト8進出の夢は叶いませんでした。 ▽アンケートの結果、この試合で最高点が付けられたのは2点目を奪った乾で【6.7】。その他の選手も軒並み【5.5】以上の点が付けられた一方で、川島は最低の【4.7】という採点となりました。 ▽まユーザーからは賛否両論ありつつも、「最高に良い試合でした!」「未来に繋がる好ゲーム」「前評判を覆す試合で興奮した」などのポジティブな意見が多く寄せられました。 ◆ベルギー戦のユーザー採点結果 GK 川島永嗣 4.7 DF 酒井宏樹 5.8 吉田麻也 5.7 昌子源 5.9 長友佑都 5.8 MF 柴崎岳 6.1 長谷部誠 5.5 原口元気 6.3- 香川真司 5.5 乾貴士 6.7 FW 大迫勇也 5.7 監督 西野朗 5.4 ◆皆様の声(一部) ・勝てる試合だった。この経験を活かすも殺すも協会次第 ・控えと先発に差がありすぎる。柴崎に代わる選手がいないのが敗因 ・よくやった。次につながるは聞きあきた。しっかり批判する事も必要 ・すべて終わり。四年後に繋がらない大会だった ・2-0からの意志の疎通ができていなかった ・初めてW杯で攻撃的サッカーを出来た。それだけでも大きな成長 ・最高に良い試合でした! ・内容が伴ってた!未来に繋がる好ゲームでした ・日本W杯史上最高の試合でした! ・ベルギーに真っ向勝負!清々しかった! ・前評判を覆す試合で興奮した ・現状の選手力で、最大限の力は出したと思う。お疲れ様でした ・勝てる試合を勝ちきる。それが世界との差のような気がした ・勝てる試合だった、交代策にかなり疑問 ・内容に満足!ただ勝ちきって欲しかった! 2018.07.03 19:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース