【アンケート結果】歴史的敗北の韓国戦、全選手低評価2017.12.17 19:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽超WS有料版で実施していた16日のEAFF E-1サッカー選手権第3戦、韓国代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。

▽63年ぶりにホームで韓国相手に4失点以上の歴史的な敗北を受けた採点の結果、全選手の評価が軒並み平均点以下に。最高点もFW伊東純也(柏レイソル)とFW川又堅碁(ジュビロ磐田)の【3.8】という低評価となりました。

◆韓国戦のユーザー採点結果
GK
中村航輔 3.8

DF
植田直通 2.8
昌子源 3.1
三浦弦太 2.9
車屋紳太郎 2.8

MF
今野泰幸 3.4
井手口陽介 3.1
→三竿健斗 3.0
倉田秋 2.9
→阿部浩之 3.4

FW
伊東純也 3.8
→川又堅碁 3.8
小林悠 3.5
土居聖真 3.2

監督
ハリルホジッチ 2.3

◆皆様の声(一部)
・つまらない試合。これでサッカーブームは終了。
・これが現実。ハリルは解任するべきだ。
・実力の差。W杯では海外組が参加するとは言えども、国内の力を底上げしなければ結果は残せないのでは?
・動き出し、足元の技術が足りない。
・れほど光明の見えない試合も珍しい。まるで大人と子供の様だった。監督交代を本格的に考慮するべきだと思う。
コメント
関連ニュース
thumb

【アンケート結果】ターンオーバーでの勝利は評価も課題が散見…逆転勝利のウズベキスタン戦

超WS有料版で実施した17日に行われたAFCアジアカップ2019グループF最終節のウズベキスタン代表戦におけるユーザー採点アンケート結果を発表します。 決勝トーナメント進出が既に決まっていた森保ジャパンは、大幅にメンバーを入れ替えて試合をスタート。すると、ウズベキスタンに先制を許してしまう展開になりましたが、FW武藤嘉紀のヘディング弾で追いつき、DF塩谷司のスーパーミドルで逆転に成功しました。無事に主力を休ませつつも1位でトーナメント進出を決めた日本。しかし、一方でプレーの精度を欠くシーンが散見され、その点が課題として挙げられています。 採点では失点に関与してしまったDF槙野智章が「4.4」で最低点に。また、得点を奪い切ることができなかったFW北川航也に「4.7」という厳しい評価が下されています。反対に、逆転弾を決めたDF塩谷司が最高点で「6.6」。また、FW武藤嘉紀が「6.3」で次点と結果を出した選手が順当に評価されています。 ◆ウズベキスタン戦のユーザー採点結果 GK シュミット・ダニエル 5.9 DF 室屋成 6.1 三浦弦太 4.8 槙野智章 4.4 佐々木翔 5.0 MF 伊東純也 6.3 青山敏弘 5.5 北川航也 4.7 →冨安健洋 - 塩谷司 6.6 乾貴士 5.4 →原口元気 - FW 武藤嘉紀 6.3 →遠藤航 - 監督 森保一 5.4 ◆皆様の声(一部) ・このメンバーで勝てたのは大きい! ・控え中心で勝ちきれたのは良かった。ただ、相変わらずパスミスが目立つのとセカンドボールが拾えていないのが気になる ・予選1位通過おめでとう! サブ組の力を証明できたと思う ・控え組での戦いだったが勝ったもののコンディションの差がこの中で明白に出た ・プレーの精度を上げて行って欲しい ・本当の闘いはこれから 2019.01.18 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】「サブメンバーにチャンスを」の声多数! それでも勝利は絶対条件

超WS有料版で実施した「日本代表スタメンアンケート(ウズベキスタン代表戦)」の結果を発表します。 初戦のトルクメニスタン戦に続いて、第2節のオマーン戦も勝利を収めた日本代表は2連勝でグループステージ突破を決めました。しかし、試合内容は褒められたものではなく、オマーン戦では主審の判定に助けられた場面もありました。 このままでは優勝からは程遠い日本代表。ユーザーの皆様からは「サブメンバーにチャンスを与えてほしい」という声を多数いただきました。その結果、希望スタメンには右サイドバックにDF室屋成、左サイドバックにDF塩谷司に票が集まり、中盤ではMF青山敏弘とMF遠藤航のボランチコンビに。また、追加招集もここまで出番のないMF乾貴士にも、前回同様にスタメン起用を望むユーザーが多くいるようです。 ◆超WSユーザー希望のウズベキスタン戦スタメン GK シュミット・ダニエル DF 室屋成 冨安健洋 三浦弦太 塩谷司 MF 青山敏弘 遠藤航 伊東純也 南野拓実 乾貴士 FW 武藤嘉紀 ◆代表に一言!(皆様の声※一部) ・決勝Tは決まっているが、力強い日本を見せて欲しい ・新たなメンバーでも、同じサッカーが出来るか、期待です ・勝利はもちろんだが、コンディション調整の為も込めて、サブメンバー主体で挑んで欲しい! ・サブ組の底上げも重要な一戦 ・サブメンバー下克上チャンス! ・サブの力を見せてやれ! 2019.01.17 17:28 Thu
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】2連勝、GS突破のオマーン戦…ユーザーから厳しい声が集中

超WS有料版で実施した13日に行われたAFCアジアカップ2019グループF第2戦のオマーン代表戦におけるユーザー採点アンケート結果を発表します。 28分に生まれたMF原口元気のPK弾でオマーン代表を退け、2連勝で決勝トーナメント出場を決めた森保ジャパン。だが、DF長友佑都のあわやPK献上の場面を含めて主審の笛に助けられた感が否めず、今後に向けて課題も露呈した。 そのためか、ユーザーの採点も軒並み平均値(5.5)を下回る結果に。最低は負傷したFW大迫勇也に代わり、1トップを務めたFW北川航也の「4.0」だった。また、声も結果を称える一方で、内容に厳しい指摘が集中している。 ◆オマーン戦のユーザー採点結果 GK 権田修一 5.4 DF 酒井宏樹 5.0 吉田麻也 5.2 冨安健洋 5.5 長友佑都 5.3 MF 遠藤航 5.5 柴崎岳 4.5 堂安律 5.3 →伊東純也 - 南野拓実 5.3 原口元気 5.6 FW 北川航也 4.0 →武藤嘉紀 4.6 監督 森保一 4.4 ◆皆様の声(一部) ・決勝トーナメント進出おめでとう。それ以外で評価すべきところなし ・格上とは思えない内容 ・大迫に次ぐストライカー不在 ・大迫いなけりゃ戦えない ・結果が第一だが… ・今後が不安 ・昨年までの勢いは何だったのか 2019.01.14 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】大迫代役には武藤を希望! 左サイドは乾が圧倒的人気

超WS有料版で実施した「日本代表スタメンアンケート(オマーン代表戦)」の結果を発表します。 本日13日にアジアカップ2戦目を迎えるサムライブルー。森保一監督体制初の公式大会に臨む中、初戦のトルクメニスタン代表戦は3-2での勝利を収めたものの、先制点を許すなど不安の付きまとう試合になりました。 暗雲を晴らすべく臨むオマーン代表戦に向けては、負傷が危ぶまれるGK東口順昭(ガンバ大阪)、FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)がトルクメニスタン戦の希望アンケートから変更に。その他、その試合では出場のなかったMF乾貴士(ベティス/スペイン)に79.1%の票が集まりました。 ◆超WSユーザー希望のオマーン戦スタメン GK シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台) DF 酒井宏樹(マルセイユ/フランス) 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) 冨安健洋(シント・トロイデン/ベルギー) 長友佑都(ガラタサライ/トルコ) MF 堂安律(フローニンヘン/オランダ) 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) 遠藤航(シント・トロイデン/ベルギー) 乾貴士(ベティス/スペイン) FW 武藤嘉紀(ニューカッスル/イングランド) ◆代表に一言!(皆様の声※一部) ・油断大敵! ・次もきっちり勝利して決勝トーナメントに勝ち進んでくれ! ・森保采配含めて前回との違いを見せて欲しい ・攻守の切り替えを速く、日本らしいサッカーでオマーンを圧倒して予選リーグ突破して欲しい ・中島翔哉不在を感じさせない積極的な攻撃を見せて欲しい! 2019.01.13 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】日本代表初戦勝利も軒並み4点台の厳しい評価に…最高点は2Gの大迫勇也

超WS有料版で実施していた、9日のアジアカップ2019初戦のトルクメニスタン代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。 森保一体制初の公式戦となるアジアカップ2019がついに開幕しました。日本代表は開幕前に攻撃のキーマンであったMF中島翔哉とMF守田英正負傷離脱。代わりにMF乾貴士とDF塩谷司を追加招集しました。 トルクメニスタン戦では、これまで通り[4-2-3-1]のフォーメーションに、中島のポジションにはMF原口元気が起用されました。試合は日本が圧倒することが予想されましたが、始まってみればトルクメニスタンのゴール前に人数をかけた守備に苦しむ序盤戦に。すると27分、相手のMFアメノフにボックス外から強烈なミドルシュートを決められ先制点を奪われてしまいます。 ところが迎えた後半、エースのFW大迫勇也が56分にゴールを決めて同点に追いつくと、その4分後に立て続けに大迫のゴールが生まれ逆転。72分にはMF堂安律が思い切りよく狙ったシュートがゴールイン。これで2点差としましたが、80分にGK権田修一がPKを献上。MFアタイェフに沈められ1点差に詰め寄られてしまいます。それでも、リードを守り切った日本が格下合谷苦しめられながらもなんとか勝利。初戦で白星を挙げることに成功しました。 勝利したもののやはり選手に対する評価は軒並み低く、DF吉田麻也とFW北川航也には最低の「4」が付けられました。出場した選手の中では8選手が4点台と厳しい採点になった一方で、大迫には最高の「6.3」という評価が。苦しい中でも2得点を挙げたサムライブルーのエースに高評評価が付けられました。 ◆トルクメニスタン戦のユーザー採点結果 GK 権田修一 4.1 DF 酒井宏樹 4.7 吉田麻也 4.0 槙野智章 4.3 長友佑都 5.2 MF 冨安健洋 4.9 柴崎岳 4.4 堂安律 5.5 南野拓実 4.5 →北川航也 4.0 原口元気 5.2 FW 大迫勇也 6.3 監督 森保一 4.2 ◆皆様の声(一部) ・とにかくミスだらけの試合 ・吉田と南野の動きは、正直精彩が欠けていた。特に、吉田はディフェンスの戻りが遅かった… ・連係と個々の判断をしっかりと修正しないと ・最低限の勝ち点3 ・難関の緒戦を勝てたので安心 ・中島翔哉がいないだけでこんなに情けなくなるのですね ・アジアでの戦いは難しいのはわかるけど、毎回同じような内容やけど対応策はどうなってるんか疑問 ・初戦勝ったのは大事!ケガなく予選突破できれば ・これがアジアカップの初戦の厳しさ 2019.01.10 20:24 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース