【会見全文】ハリル「中村憲剛を除けばベストメンバーだった」海外組いても勝利できたか疑問視2017.12.17 00:07 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権2017の第3戦で韓国代表と対戦し、1-4で敗れた。試合後、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督がコメントを残した。

▽ハリルホジッチ監督は、この日の韓国が日本を圧倒したことを認めた一方で、今大会での収穫について口にした。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督
――試合を振り返って
「あまり多くのことは言えませんが、韓国の方が日本を大きく上回っていました。パワーとテクニックで試合をコントロールする姿は驚くべきものでした。非常に高いレベルの試合を韓国はプレーしました」

「我々は1点目を取った後、プレーが止まってしまいました。その後は韓国に全ての面で試合されました。特にコメントできることはありません。今夜の韓国は非常に高いレベルを見せました。瞬発力、テクニック、ゲームコントロール、そのすべての面で日本を大きく上回っていました。韓国を称えるしかありません」

「しかし、このような試合の中でも最後まで応援し続けてくれたサポーターに感謝したいです。ありがとうございました。1戦目の後もこのチームに関してはあまり厳しく言わない方がいいかもしれないという話をしました。このチームにもっとできたのかどうかということを考えなければいけません」

「今回の大会には呼べなかった選手が10人、11人ほどいました。しかし、その選手たちがいたとしても、今日の韓国相手では難しい試合になっていたと思います」

――前半の出来を踏まえてハーフタイムの指示は
「ハーフタイムには選手たちを鼓舞しようとしました。形を崩さないで2点目を取りに行こうという話をしました。最終的に結果を残すためにはまず、次の1点をということ。不運なことにテクニカルな部分で多くのミスがあり、2点目を挙げることができませんでした」

「空中戦でも地上戦でもデュエルでは負けてしまいました。もちろん難しい状況ではありましたが、パワーのところでなんとかするという時間がありませんでした。全ての面で支配されてしまいました。そのような状況下でも選手たちは最後まで戦ってくれたので彼らを咎めることはできません。本当に最後までトライし続けました」

「韓国の2点目の直接FKは素晴らしかったです。あそこから右足で決めるというのはワールドカップレベルです」

――韓国はFWキム・シンウクをターゲットとしてきた。高さのある植田をサイドバックで起用し続けたが、途中でプランを変えることは考えなかったのか
「9番(キム・シンウク)に関してはたくさん話をしてきました。彼のヘディングの強さや映像を含めて選手たちに説明しました。17番の選手(イ・ジェソン)に関してもクロスを上げさせないように、という話をしていました。左サイドバックからのクロスも阻止しようという話をしていました」

「9番に対してはタイトなマークを選手たちに要求しました。空中戦に勝てないなら、少なくともいい形でボールを受けさせないようにという話をしていました。しかし我々の1失点目は彼を完全にフリーにしてしまったところから生まれ、3失点目でもフリーでした。非常にパワフルな選手でした。我々が何かを変えることができたかどうかという点では、立ち上がりから我々は最終ラインにパワーを増やした形でプレーしました。ですが、相手のパワーが上回りました」

「我々の守り方が未熟な部分もあり、相手を押してファウルになった部分もありました。しかし最も驚いたのはボールを持った時のテクニック、ゲームコントール、落としやセカンドボールの拾い方は我々を上回っていました。9番に関してもヘディング、空中戦が強いということは説明していました。彼のクオリティを低下させることができませんでした」

――ワールドカップに向けたテストという意味で4失点を喫したことに関して
「その通りで、選手たちを見る、テストするというのも1つの目的でした。21人か22人の選手がピッチに立った。結果は皆さんがご覧のとおりですが、この大会で2勝できたことは一定の結果だと思います」

「A代表で戦っても今回の韓国に勝つことができたかどうかは分かりません。この韓国のプレーを見れば、あまり多くのことはできないのではないかと思いました。受け入れがたいことかもしれないですが、そのような真実も認めていかなければいけません」

「韓国はパワーを使ったコントロール、全ての選手がそれを見せていたのが印象的でした。テクニックもコントロールも素晴らしかった。日本戦ということでモチベーションも高かったです。この大会を戦った日本代表はA代表ではありませんでしたが、それがBなのかCなのかは分かりません。しかし現時点で招集できるベストメンバーだと思います」

「年齢にかかわらずいいプレーを見せている中村憲剛を入れることもできましたが、彼をのぞけばベストメンバーだったと思います。たくさんのケガ人もいて、ホームで相手にパワーを使われて支配されたという形がなぜなのか考えなければいけません」

「私はそれをすでに分析しています。その分析の結果を報告すると、多くの人を喜ばせないことになるかもしれません。この2勝は素晴らしい結果だと受け止めたいと思います」

――日本国民はこの結果に絶望しています。W杯は大丈夫でしょうか?
「この大会を通じていい結果を残したと言いたいところですが、日本国民は失望しているのなら私とは少し意見が違います。もちろん私と違う意見があってもいいことです。この2勝は素晴らしい結果だと思います。今日の試合でも韓国が完全に支配し、比較できないほどの差があったと思います。その中で選手たちはベストを尽くして戦ってくれたと思います」

「W杯はまた別物です。今日のチームでそのままいくわけではありません。代表候補をたくさん見ようとした大会でもありました。20人、21人ほどの選手がピッチに立ち、それぞれのパフォーマンスをしっかりと分析したいと思います。この中で誰がW杯に行けるのというということも含めて考えていきたいです」

「もちろん今日の結果のみを見れば失望している方もいるかもしれません。よりいい結果が残せたかもしれないので私も残念に思っています。しかし、この試合の立ち上がり10分で多くのものが見えました。相手の方がパワー、全ての面で勝っていました。それでもこの試合は監督のせいで負けたと思われるなら、そういう記事を書いてください。私はこの大会で2勝を収めたチーム、結果は素晴らしいと思います」

「私が就任した中で最も点差が開いた敗戦でもあるので、こういう形で終わったのは残念です。しかし多くのことを見て、考えることができる試合でもありました。この日本サッカーの現状を見ていかなければならない。W杯で待ち受けているものがどういうものなのか私は分かっています。こういったところから教訓を得ながら進まなければいけない。私は多くのものを見て、把握しています。これからW杯に向けてベストを尽くしていきたいと思います。では、よい年越しを」

コメント

関連ニュース

thumb

W杯大丈夫? 酒井宏樹、左ヒザのじん帯をねん挫か

▽フランス『レキップ』がマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹の離脱期間を報じた。 ▽酒井は21日に行われたリーグ・アン第34節のリール戦(5-1でマルセイユが勝利)で左ヒザを負傷。主力の右サイドバックに君臨する日本代表として開幕まで2カ月を切ったロシア・ワールドカップ出場にも心配の声が挙がっているところだ。 ▽『レキップ』が報じたところによれば、酒井は診断の結果、左ヒザ内側側副じん帯のねん挫が判明。具体的な期間こそ明記されていないものの、今後数週間の離脱を余儀なくされる可能性があるという。 ▽なお、マルセイユを率いるルディ・ガルシア監督は、負傷の酒井に関して、26日にホームで行われるヨーロッパリーグ準決勝1stレグのザルツブルク戦の欠場を明言している。 2018.04.23 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ前日本代表監督、27日に都内で会見を実施

▽日本記者クラブは20日、27日にヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が会見を実施することを発表した。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任としてJFA技術委員長を務めていた西野朗氏が就任した。 ▽しかし、フランス『レキップ』は、ハリルホジッチ前監督が今回の決定に関して不満を示しており、契約解除に向けた正式な書類へのサインはしていないと報道。現地時間20日にフランスから東京に向かい、今週末にJFA幹部との会談と共に反論会見を行う準備を進めていることが伝えられていた。 ▽そんな中、ハリルホジッチ前監督の会見は、27日16時から日本記者クラブの10階ホール(東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル)にて開催。会見には1時間が設けられているが、何が語られるのだろうか。 2018.04.20 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ元日本代表監督が今週末来日へ! JFA幹部との会談と共に反論会見実施へ

▽フランス『レキップ』は19日、9日に解任が発表されたヴァイッド・ハリルホジッチ元日本代表監督(65)が今週末に来日する見込みであると報じた。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任にはJFA技術委員長を務める西野朗氏が就任することを発表した。 ▽ただ、『レキップ』の伝えるところによれば、ハリルホジッチ前監督は今回の決定に関して不満と憤りを示しており、契約解除に向けた正式な書類にサインしていないという。 ▽また、JFA幹部から今回の解任理由に関して改めての説明を求めていると報じられていたハリルホジッチ前監督は、現地時間20日にフランスから東京に向かい、今週末に前述のJFA幹部との会談と共に反論会見を行う準備を進めているようだ。 2018.04.20 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

Jヴィレッジ再始動に向け、メッセージボードに夢。鈴木隆行氏「監督で世界へ」、大黒将志「ゴールし続ける」

▽Jヴィレッジは19日、新生Jヴィレッジの再始動100日前イベント『新生Jヴィレッジ、再始動。7.28みんなの夢が、動き出す。』を郡山駅前中央広場で行った。 ▽1997年に日本初のサッカーナショナルトレーニングセンターとして開設されたJヴィレッジ。2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、現在は施設の営業を停止していたが、営業停止から7年4カ月を経て、2018年7月28日、Jヴィレッジの利用が再開する。 ▽イベントでは元日本代表FWの鈴木隆行氏、栃木SCに所属する元日本代表FW大黒将志、お笑い芸人のパンサー尾形さんによるトークショーが実施。その後、メッセージボード「みんなの夢が、動き出す。」がお披露目された。 ▽このメッセージボードは、スポーツに関する夢を書き込み、貼り付けるというもの。子供たちとともに、ゲストの3名も夢を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20180419_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽鈴木氏は「監督で世界へ」と書いたとのこと。「今、プロの監督を目指して勉強をしています。選手としてはプレーできないので、監督となって、世界に出ていけるように、夢は大きく持っています」とコメント。「もしかしたら、この子達とやるかもしれないですし。オグリ(大黒)ともやるかもしれないですね」と、将来の指導者としての夢を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20180419_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽大黒は「ゴールし続ける」を夢として書いたとのこと。「それが仕事なので、できる限り長く続けていきたいです」とコメントした。 ▽さらに、「僕も将来監督をやりたいと思っているので、まずはタカさん(鈴木氏)のコーチをやらせてもらって、学んでいきたいです」とオファー。すると鈴木氏は「こういった個性が強い2人が監督とコーチになると上手くいきません。僕みたいに適当にやる人がいたら、真面目で頭がクールな人がいいと思います」とオファーをやんわりと断っていた。またパンサー尾形さんは「僕もホペイロで入れてください」とオファーしていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20180419_3_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽このメッセージボードは、Jヴィレッジ再始動までに行われるカウントダウンイベントにも登場。各地で、夢を書き込むことが可能となっており、最終的にはJヴィレッジ内に設置される予定となっている。 2018.04.19 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表・西野朗新監督を知る大黒将志「持っている監督」、対戦経験のある鈴木隆行氏は「『采配当てるな』というイメージ」

▽Jヴィレッジは19日、新生Jヴィレッジの再始動100日前イベント『新生Jヴィレッジ、再始動。7.28みんなの夢が、動き出す。』を郡山駅前中央広場で行った。 ▽1997年に日本初のサッカーナショナルトレーニングセンターとして開設されたJヴィレッジ。2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、現在は施設の営業を停止していたが、営業停止から7年4カ月を経て、2018年7月28日、Jヴィレッジの利用が再開する。 ▽トークショーには、元日本代表FWの鈴木隆行氏、栃木SCに所属する元日本代表FW大黒将志、お笑い芸人のパンサー尾形さんが登場。Jヴィレッジの話が続く中、話題はロシア・ワールドカップに臨む日本代表に移った。 ▽日本サッカー協会(JFA)は、4月7日付で日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督を解任。後任にはJFAの技術委員長を務めていた西野朗氏が就任していた。 ▽ガンバ大阪時代に西野監督の指導を受け、Jリーグ優勝を果たした経験のある大黒は、「監督交代とか凄く大変だとは思いますが、西野さんのことはよく知っています。凄く良い監督なので、この短期間で難しい仕事だと思いますが、持っている監督なので、凄く期待しています。応援もします」と恩師にエールを送った。 ▽西野監督の特徴については「岡田(武史)さんは観ている様で、よく観ているんですが、西野さんは観ていない様で、本当に細かいところまで選手をよく観ています。良い監督だと思いますね」とコメント。また選手選考についても「選手目線で見て良い選手を、西野さんは選べます」と語った。 ▽また、采配についても言及し「交代策とかも、センターバックが試合でケガしたら、普通はセンターバックかサイドバックを入れると思うんですけど、西野さんは前半15分ぐらいでセンターバックがケガしても、フォワードの選手を入れちゃったりします」と大胆な采配を行うとコメント。「それで3-0、3-1で勝っちゃったりしますね。先の先の先まで考えている感じです。だから、Jリーグで最多勝利監督だったりするんだと思います」と自身が指導を受けた経験を元に、西野監督の手腕に期待を寄せていた。 ▽鹿島アントラーズの選手として西野監督率いるガンバ大阪と対戦したことがある鈴木氏は、「僕は対戦相手でしたけど、『采配当てるな』というイメージが結構あります。出た選手が点を取って負けたり、交代策が当たったりしてました」と語り、相手としてみていても期待が持てることを明かした。 ▽鈴木氏はロシア・ワールドカップについて「今は色々騒がれていたりしますが、昔と今の日本代表のレベルは全然違います。昔は、それほど実力がなかったというか」とコメント。「今は海外に出ている選手も多くて、経験豊富で、実力は凄くあるんです。あとは、どうやって実力ある選手たちを使うか。そこが凄く重要になると思います。結果が出ていないというのは、上手く使えていなかったということですね。上手く使って力を合わせれば、ワールドカップに出ている強豪国に勝てるチャンスはあります」と語り、日本代表に期待を寄せていた。 ▽また、自身の経験に基づき、「昔はやっぱり勝つのは難しかったです。実力差は2002年とかはありました。今は勝ってもおかしくはないです」とコメント。コロンビア、セネガル、ポーランドと厳しい相手との対戦となるものの、日本にも勝ち目があると語った。 2018.04.19 22:31 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース