【会見全文】ハリル「中村憲剛を除けばベストメンバーだった」海外組いても勝利できたか疑問視2017.12.17 00:07 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権2017の第3戦で韓国代表と対戦し、1-4で敗れた。試合後、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督がコメントを残した。

▽ハリルホジッチ監督は、この日の韓国が日本を圧倒したことを認めた一方で、今大会での収穫について口にした。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督
――試合を振り返って
「あまり多くのことは言えませんが、韓国の方が日本を大きく上回っていました。パワーとテクニックで試合をコントロールする姿は驚くべきものでした。非常に高いレベルの試合を韓国はプレーしました」

「我々は1点目を取った後、プレーが止まってしまいました。その後は韓国に全ての面で試合されました。特にコメントできることはありません。今夜の韓国は非常に高いレベルを見せました。瞬発力、テクニック、ゲームコントロール、そのすべての面で日本を大きく上回っていました。韓国を称えるしかありません」

「しかし、このような試合の中でも最後まで応援し続けてくれたサポーターに感謝したいです。ありがとうございました。1戦目の後もこのチームに関してはあまり厳しく言わない方がいいかもしれないという話をしました。このチームにもっとできたのかどうかということを考えなければいけません」

「今回の大会には呼べなかった選手が10人、11人ほどいました。しかし、その選手たちがいたとしても、今日の韓国相手では難しい試合になっていたと思います」

――前半の出来を踏まえてハーフタイムの指示は
「ハーフタイムには選手たちを鼓舞しようとしました。形を崩さないで2点目を取りに行こうという話をしました。最終的に結果を残すためにはまず、次の1点をということ。不運なことにテクニカルな部分で多くのミスがあり、2点目を挙げることができませんでした」

「空中戦でも地上戦でもデュエルでは負けてしまいました。もちろん難しい状況ではありましたが、パワーのところでなんとかするという時間がありませんでした。全ての面で支配されてしまいました。そのような状況下でも選手たちは最後まで戦ってくれたので彼らを咎めることはできません。本当に最後までトライし続けました」

「韓国の2点目の直接FKは素晴らしかったです。あそこから右足で決めるというのはワールドカップレベルです」

――韓国はFWキム・シンウクをターゲットとしてきた。高さのある植田をサイドバックで起用し続けたが、途中でプランを変えることは考えなかったのか
「9番(キム・シンウク)に関してはたくさん話をしてきました。彼のヘディングの強さや映像を含めて選手たちに説明しました。17番の選手(イ・ジェソン)に関してもクロスを上げさせないように、という話をしていました。左サイドバックからのクロスも阻止しようという話をしていました」

「9番に対してはタイトなマークを選手たちに要求しました。空中戦に勝てないなら、少なくともいい形でボールを受けさせないようにという話をしていました。しかし我々の1失点目は彼を完全にフリーにしてしまったところから生まれ、3失点目でもフリーでした。非常にパワフルな選手でした。我々が何かを変えることができたかどうかという点では、立ち上がりから我々は最終ラインにパワーを増やした形でプレーしました。ですが、相手のパワーが上回りました」

「我々の守り方が未熟な部分もあり、相手を押してファウルになった部分もありました。しかし最も驚いたのはボールを持った時のテクニック、ゲームコントール、落としやセカンドボールの拾い方は我々を上回っていました。9番に関してもヘディング、空中戦が強いということは説明していました。彼のクオリティを低下させることができませんでした」

――ワールドカップに向けたテストという意味で4失点を喫したことに関して
「その通りで、選手たちを見る、テストするというのも1つの目的でした。21人か22人の選手がピッチに立った。結果は皆さんがご覧のとおりですが、この大会で2勝できたことは一定の結果だと思います」

「A代表で戦っても今回の韓国に勝つことができたかどうかは分かりません。この韓国のプレーを見れば、あまり多くのことはできないのではないかと思いました。受け入れがたいことかもしれないですが、そのような真実も認めていかなければいけません」

「韓国はパワーを使ったコントロール、全ての選手がそれを見せていたのが印象的でした。テクニックもコントロールも素晴らしかった。日本戦ということでモチベーションも高かったです。この大会を戦った日本代表はA代表ではありませんでしたが、それがBなのかCなのかは分かりません。しかし現時点で招集できるベストメンバーだと思います」

「年齢にかかわらずいいプレーを見せている中村憲剛を入れることもできましたが、彼をのぞけばベストメンバーだったと思います。たくさんのケガ人もいて、ホームで相手にパワーを使われて支配されたという形がなぜなのか考えなければいけません」

「私はそれをすでに分析しています。その分析の結果を報告すると、多くの人を喜ばせないことになるかもしれません。この2勝は素晴らしい結果だと受け止めたいと思います」

――日本国民はこの結果に絶望しています。W杯は大丈夫でしょうか?
「この大会を通じていい結果を残したと言いたいところですが、日本国民は失望しているのなら私とは少し意見が違います。もちろん私と違う意見があってもいいことです。この2勝は素晴らしい結果だと思います。今日の試合でも韓国が完全に支配し、比較できないほどの差があったと思います。その中で選手たちはベストを尽くして戦ってくれたと思います」

「W杯はまた別物です。今日のチームでそのままいくわけではありません。代表候補をたくさん見ようとした大会でもありました。20人、21人ほどの選手がピッチに立ち、それぞれのパフォーマンスをしっかりと分析したいと思います。この中で誰がW杯に行けるのというということも含めて考えていきたいです」

「もちろん今日の結果のみを見れば失望している方もいるかもしれません。よりいい結果が残せたかもしれないので私も残念に思っています。しかし、この試合の立ち上がり10分で多くのものが見えました。相手の方がパワー、全ての面で勝っていました。それでもこの試合は監督のせいで負けたと思われるなら、そういう記事を書いてください。私はこの大会で2勝を収めたチーム、結果は素晴らしいと思います」

「私が就任した中で最も点差が開いた敗戦でもあるので、こういう形で終わったのは残念です。しかし多くのことを見て、考えることができる試合でもありました。この日本サッカーの現状を見ていかなければならない。W杯で待ち受けているものがどういうものなのか私は分かっています。こういったところから教訓を得ながら進まなければいけない。私は多くのものを見て、把握しています。これからW杯に向けてベストを尽くしていきたいと思います。では、よい年越しを」

コメント

関連ニュース

thumb

「…守る。…削る」 “ポーランドを知る男”松井大輔、ハリル・ジャパンにアドバイス

▽今年から横浜FCでプレーする元日本代表MF松井大輔(36)が23日、加入記者会見場にて、今夏にロシアで行われるワールドカップの日本代表の後輩たちにアドバイスを送った。 ▽6大会連続6度目のワールドカップ出場となる日本代表は、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指して、グループステージでコロンビア代表、セネガル代表、ポーランド代表と対戦する。 ▽そのグループステージ最終戦の相手は、ポーランド。ワールドクラスの点取り屋として名を馳せるバイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキら実力者を擁する強敵だ。 ▽昨シーズンまでそのポーランド2部に属するオドラ・オポーレに身を置き、かつて同1部のレヒア・グダニスクでもプレーした松井。「ポーランド戦必勝の鍵」について問われると次のように応えた。 「…守る(笑) …削る(笑) まあ、レヴァンドフスキとサイドの選手がすごく良いので、あそこをうまく抑えることが大切になってくる。あとは先制点が一番大事。でも、3戦目ということもあって、前の2戦次第で引き分けで良いのか、勝たないといけないのか、戦い方も変わってくる」 2018.01.23 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】卓球界を始めとする早熟の天才児たちに期待

▽昨日は、珍しくテレビで卓球の全日本選手権に見入ってしまった。こんな経験は小学生以来かもしれない。女子シングルス決勝では17歳の伊藤美誠が同学年のライバル、平野美宇を下して3冠を達成。そして男子シングルでは14歳の張本が、王者・水谷の5連覇を阻み、史上最年少で日本の頂点に君臨した。 ▽かつては21点制で2ゲーム先取するシステムだったが、現在は11点制で4ゲーム先取すると勝利が決定する。そんなシステム変更を知らないほど、卓球とは疎遠になっていた。子供の頃は町中に卓球場やビリヤード場があってよく通ったが、いまはほとんど見かけない。大型の複合娯楽施設にでも行かないとできないのかもしれない。 ▽彼らの視線の先には20年東京五輪での金メダル獲得という目標があるのは間違いない。来月からは平昌五輪が始まるが、そこでも女子スキージャンプの高梨や、男子フィギュアスケートの宇野ら若い世代の台頭は著しい。何とも羨ましい限りだが、男子サッカーも負けてはいない。 <span class="split"></span> ▽東京五輪を目指してスタートした森保ジャパンは 中国で開催されたAFC U-23選手権中国2018で、グループリーグを3連勝で通過した。残念ながら準々決勝でウズベキスタンに0-4と大敗したが、やはり2歳の年齢差は連戦になればなるほど大きかったのかもしれない(ベトナムのベスト4進出には驚かされた)。 ▽ただ、森保監督によると、今回は疲労を考慮して招集を見送った久保や平川らを3月のパラグアイ遠征に帯同させるという。日本の誇る“天才児”がどのような刺激をチームに与えるのか楽しみなところだ。 ▽その久保だが、いまさら彼のプレーの特長を紹介する必要はないだろう。久保を取材して驚かされるのは、技術的なことよりも、サッカーに対する洞察力の深さだ。昨年5月6日のJ3リーグの琉球戦でのこと。後半に40メートル近くもドリブルで突破してゴールに迫った。そのプレーについて久保は、「早い時間に退場者が出て(前半18分で小川が警告2回で退場)、後半も1人少なく厳しい試合になりました。1人少ないので、攻撃は個でやるしかないと思いました。何回かは個を出せたかな」と自身の判断でプレーを変えたことを明かした。当時はまだ15歳。にもかかわらず冷静に試合の状況を把握していた。 ▽そしてFC東京の石川と徳永のラストマッチ(石川は引退、徳永は長崎へ移籍)となった12月2日のJ1リーグの G大阪戦では、後半35分に東と交代で出場すると、後半アディショナルタムに右からのカットインで左足を振り抜き決定的なシュートを放った。ゴール左上を襲った一撃はGK東口の好セーブに阻まれ得点には結びつかなかった。 ▽試合後の久保は「短い時間の中でチームの力になれるよう、自分なりに頑張りました。チームとしては(石川と徳永を)勝利で送り出したかったのが本音です。(シュートは)残り時間が少なかったので、0-0を動かせればよかったのですが、あそこは(GKに)読まれていました」と淡々と振り返った。 ▽普通の選手なら悔しがるところだろう。まして10代の選手なら、日本代表GKに阻まれてもシュートまで持ち込んだことに手応えを感じてもおかしくない。しかし久保はあくまで冷静だ。 ▽彼が10代の無邪気な一面を見せたのは1回しか遭遇していない。プロ契約した11月、トップチームの練習とファンサービスを終えてクラブハウスへ引き上げる際のことだ。これからナイターの練習に向かうFC東京U-18のチームメイトか後輩に向かい、笑顔で手にしていたマジックペンを振って「サインしてやろうか」とおどけていた。 ▽彼もまた、東京五輪で注目される選手の1人であることは間違いないだろう。唯一の気がかりは、2年後の6月には18歳になっているということ。すでに現在もヨーロッパのビッククラブから高額のオファーが届いており、そのためクラブは早めにプロ契約に踏み切ったと聞く。ここら当たりが久保裕也の例を出すまでもなく、他の競技と違う五輪サッカーの難しさでもある。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.01.23 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

JFA最高顧問の川淵三郎氏が「シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE」を受賞

▽本業のビジネスの成果を通して社会に活力を与えると同時に、社会貢献にも寄与されたビジネスリーダーに贈られる『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』の授賞式が18日に行われ、日本サッカー協会(JFA)の最高顧問を務める川淵三郎氏がエンターテインメント部門を受賞した。 ▽『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』は、スコッチウイスキーの「シーバスリーガル」と株式会社幻冬舎が発行する雑誌『GOETHE(ゲーテ)』によって設立された賞。2011年から毎年開催され、今回で8回目を迎えた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/chivas20180118_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽作詞家・プロデューサーの秋元康氏と、幻冬舎の見城徹代表取締役社長の特別審査員をはじめとする審査員の選考により、3部門の受賞者が決定。エンターテインメント部門の川淵氏の他、ソーシャル部門はLINE株式会社の出澤剛代表取締役社長CEO、ファッション部門は人気アパレルブランド『snidel(スナイデル)』や『gelato pique(ジェラート ピケ)』などを手がける株式会社マッシュホールディングスの近藤広幸代表取締役社長が受賞した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/chivas20180118_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽川淵氏は、受賞について「初めはこんなに立派な賞と思っていなかったんです。調べてみたら大変な賞だということで、ありがとうございます」とコメント。また、「シーバスリーガル」との縁について、「1958年、大学2年生の頃、日本代表選手として東南アジアに遠征したとき、先輩からシーバスリーガルを買ってこいといわれ、海外で初めて買ったお酒がシーバスリーガルだったというご縁を思い出しました」と明かした。 ▽また、受賞理由の1つでもある「JFAこころのプロジェクト」についてもコメント。「日本サッカー協会は、「JFAこころのプロジェクト」の活動で小学5年生の子供たちを中心に夢の教室を11年間続けており、元Jリーガーや一流の選手たちが全国の小学校で正規の授業の中で夢を持つことの大切さや、そこに至るまでの努力、挫折を乗り越える勇気を教える授業を行っています。それが教育界に受け入れられ、この11年間で1万2000回、延べ4000校にのぼります」と取り組みについて語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/chivas20180118_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽授賞式の後にはトークセッションが実施。川淵氏は特別審査委員長の秋元氏とのトークセッションで、自身の原動力が「怒り」であると主張。禁止薬物混入騒動で注目が集まる日本カヌー連盟を名指しで指摘し、「各競技団体がポシャっちゃう。ガバナンスをしっかりやれと言っているのに、マヌケな組織がある。カヌーなんて、もってのほか。下の下。あんなことになって誰も責任をとってないなんて信じられない。幼稚園レベルですよ」と断罪した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/chivas20180118_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、授賞式を前に、元日本代表選手で、現在はJAPAN CRAFT SAKE COMPANYの代表取締役CEOを務める中田英寿氏とシーバスリーガルのコラボレーションが発表。2017年の『シーバスリーガル シグネチャー・アワード』受賞者である中田市のプロデュースにより、「シーバスリーガル」と「桝田酒造店」とのクラフトマンシップ、フレンドシップの共演『Chivas Craft Brothers Project(シーバス クラフト ブラザーズ プロジェクト)』が立ち上がった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/chivas20180118_1_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽このプロジェクトは、「シーバスリーガル」のウイスキー熟成に使用した樽を「桝田酒造店」の日本酒造りに使用してクオリティに変化を与え、新しい価値の日本酒製造を実現するもの。現在、ウイスキー熟成樽に日本酒を詰めて熟成を行っており、今年6月頃の完成を予定しているとのことだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/chivas20180118_1_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、シーバスブラザーズ社が主催する『CHHIVAS VENTURE』2018年度の日本代表社に、株式会社RICCI EVERYDAY 代表取締役COOの仲本千津さんが選ばれたことも発表された。 ▽「RICCI EVERYDAY」はウガンダ発のトラベルバッグブランドであり、ウガンダに工房を設立。シングルマザーや元子ども兵と呼ばれる社会的に疎外されてきた人々に、安心して誇りを持って働く場所を提供している。 ▽『CHHIVAS VENTURE』の世界大会では、各国代表の社会起業家たちとの交流の機会が与えられ、ビジネスアイデアを競い、決勝の結果により総額100万ドル(約1億円)の基金が分配される。 2018.01.20 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

守備崩壊の日本、ウズベキスタンに4発大敗…M-150カップ決勝のリベンジならず準々決勝敗退《AFC U-23選手権》

▽U-21日本代表は19日、AFC U-23選手権準々決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦し、0-4で大敗を喫した。 ▽グループステージ3試合を全勝し、グループB首位でノックアウトステージに進出した森保一率いる日本は、2勝1敗でグループAを2位で通過したウズベキスタンと激突した。先日、タイで行われたM-150カップの決勝でPK戦の末に敗れて優勝を逃したウズベキスタンにリベンジを果たしたい日本はGKに小島亨介、最終ラインは右から原輝綺、立田悠悟、古賀太陽、中盤はダブルボランチを神谷優太と井上潮音が組み、右に藤谷壮、左に遠藤渓太が入った。前線3枚には右から髙木彰人、田川亨介、岩崎悠人を配置した。 ▽試合前には、18日にカザフスタンで起こったバスの炎上事故により亡くなった乗客、運転手に黙とうが捧げられた。 ▽試合は前から果敢にプレッシャーをかけてくるウズベキスタンに苦戦しながらも、日本が立ち上がりに右サイドで仕掛けた藤谷のクロスからゴールに迫る。しかし、時間の経過と共にウズベキスタンの力強い攻撃やインターセプト後のパスが繋がらず、やや押し込まれる展開となる。 ▽思うようにボールを保持することができない日本は22分、ウズベキスタンの後方からのロングボールを立田が頭でクリア。これをウリンバエフにボックス左からダイレクトで合わせられるが、GK小島が冷静に対処する。 ▽前半半ばを過ぎると、日本は不用意なパスミスや中途半端なディフェンスが散見。すると31分、ウズベキスタンの右CKが混戦になると、最後は落としを受けたシディコフにボックス手前やや右から左足で丁寧にコースを突かれ先制を許す。 ▽今大会初めての失点を喫した日本は、ここから立て直すことができない。31分、GK小島からパス回しでボールを保持しようとすると、パスを受けた立田が奪われてはいけない自陣ボックス内でハムダモフに奪われ、そのまま決められた。さらに39分には、ボックス右でパスを受けたヤフシバエフの2度の切り返しから、ゴール左上に決められ、日本は0-3と試合を一気に難しくされる。 ▽巻き返しを図りたい日本は、後半から髙木と岩崎に代えて、三好康児と旗手怜央を投入。しかし、後半立ち上がりに一本のロングボールでウズベキスタンにボックス内への侵攻を許すと、走り込んだヤフシバエフに追加点を許し、4点のビハインドとなってしまう。 ▽アタッキングサードでウズベキスタンを自由にさせてしまう日本は、その後もボックス内からヤシバエフにバー直撃のシュートを放たれるなど、決定機を作られてしまう。一矢報いたい日本は76分、ボックス左手前の遠藤が旗手とのワンツーでボックス左に侵攻。グラウンダーのクロスを田川が左足で合わせるが、ゴール左外へと外れてしまう。 ▽数少ないチャンスもモノにできない日本は、その後は失点こそなかったものの、攻撃で活路を見出だせないまま0-4で大敗。M-150カップ決勝のリベンジを果たすことができず、準々決勝で姿を消すこととなった。 2018.01.19 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

最新FIFAランキング!日本代表は1つ上げ56位でアジアでは3位をキープ

▽国際サッカー連盟(FIFA)は18日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽前月57位の日本代表は、ランキングを1つ上げて56位となりアジア3位をキープ。アジア1位のイラン代表は2つ下げて34位、一方、2位のオーストラリア代表は2つ上げて36位に浮上した。 ▽全体での大きな変化は見られず、1位から14位までは変動なし。15位にはランキングを2つ上げたクロアチア代表が入った。また、アイスランド代表が順位を2つ上げて20位にランクイン。逆にオランダ代表はランクを1つ下げて21位に降格した。 ◆<span style="font-weight:700;">1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.ドイツ(1) 2.ブラジル(2) 3.ポルトガル(3) 4.アルゼンチン(4) 5.ベルギー(5) 6.スペイン(6) 7.ポーランド(7) 8.スイス(8) 9.フランス(9) 10.チリ(10) 11.ペルー(11) 12.デンマーク(12) 13.コロンビア(13) 14.イタリア(14) 15.クロアチア(17) 16.イングランド(15) 17.メキシコ(16) 18.スウェーデン(18) 19.ウェールズ(19) 20.アイスランド(22) 21.オランダ(20) 22.ウルグアイ(21) 23.チュニジア(27) 24.セネガル(23) 25.アメリカ(24) 26.北アイルランド(25) 27.コスタリカ(26) 28.スロバキア(28) 29.オーストリア(29) 30.エジプト(31) 31.パラグアイ(30) 32.アイルランド(32) 32.スコットランド(32) 34.イラン(32) 35.ウクライナ(35) 36.オーストラリア(38) 37.セルビア(36) 38.ボスニアヘルツェゴビナ(37) 39.モロッコ(40) 40.ルーマニア(41) 41.トルコ(42) 42.ブルガリア(43) 43.コンゴ(39) 44.ブルキナファソ(44) 45.カメルーン(45) 46.モンテネグロ(46) 47.ギリシャ(47) 48.チェコ(48) 49.ボリビア(49) 50.ガーナ(50) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(34) 2.オーストラリア(36) 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(56)</span> 4.韓国(59) 5.サウジアラビア(65) 6.中国(70) 7.シリア(76) 8.ウズベキスタン(77) 9.UAE(78) 10.イラク(82) 2018.01.18 21:37 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース