【会見全文】ハリル「中村憲剛を除けばベストメンバーだった」海外組いても勝利できたか疑問視2017.12.17 00:07 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権2017の第3戦で韓国代表と対戦し、1-4で敗れた。試合後、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督がコメントを残した。

▽ハリルホジッチ監督は、この日の韓国が日本を圧倒したことを認めた一方で、今大会での収穫について口にした。

◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督
――試合を振り返って
「あまり多くのことは言えませんが、韓国の方が日本を大きく上回っていました。パワーとテクニックで試合をコントロールする姿は驚くべきものでした。非常に高いレベルの試合を韓国はプレーしました」

「我々は1点目を取った後、プレーが止まってしまいました。その後は韓国に全ての面で試合されました。特にコメントできることはありません。今夜の韓国は非常に高いレベルを見せました。瞬発力、テクニック、ゲームコントロール、そのすべての面で日本を大きく上回っていました。韓国を称えるしかありません」

「しかし、このような試合の中でも最後まで応援し続けてくれたサポーターに感謝したいです。ありがとうございました。1戦目の後もこのチームに関してはあまり厳しく言わない方がいいかもしれないという話をしました。このチームにもっとできたのかどうかということを考えなければいけません」

「今回の大会には呼べなかった選手が10人、11人ほどいました。しかし、その選手たちがいたとしても、今日の韓国相手では難しい試合になっていたと思います」

――前半の出来を踏まえてハーフタイムの指示は
「ハーフタイムには選手たちを鼓舞しようとしました。形を崩さないで2点目を取りに行こうという話をしました。最終的に結果を残すためにはまず、次の1点をということ。不運なことにテクニカルな部分で多くのミスがあり、2点目を挙げることができませんでした」

「空中戦でも地上戦でもデュエルでは負けてしまいました。もちろん難しい状況ではありましたが、パワーのところでなんとかするという時間がありませんでした。全ての面で支配されてしまいました。そのような状況下でも選手たちは最後まで戦ってくれたので彼らを咎めることはできません。本当に最後までトライし続けました」

「韓国の2点目の直接FKは素晴らしかったです。あそこから右足で決めるというのはワールドカップレベルです」

――韓国はFWキム・シンウクをターゲットとしてきた。高さのある植田をサイドバックで起用し続けたが、途中でプランを変えることは考えなかったのか
「9番(キム・シンウク)に関してはたくさん話をしてきました。彼のヘディングの強さや映像を含めて選手たちに説明しました。17番の選手(イ・ジェソン)に関してもクロスを上げさせないように、という話をしていました。左サイドバックからのクロスも阻止しようという話をしていました」

「9番に対してはタイトなマークを選手たちに要求しました。空中戦に勝てないなら、少なくともいい形でボールを受けさせないようにという話をしていました。しかし我々の1失点目は彼を完全にフリーにしてしまったところから生まれ、3失点目でもフリーでした。非常にパワフルな選手でした。我々が何かを変えることができたかどうかという点では、立ち上がりから我々は最終ラインにパワーを増やした形でプレーしました。ですが、相手のパワーが上回りました」

「我々の守り方が未熟な部分もあり、相手を押してファウルになった部分もありました。しかし最も驚いたのはボールを持った時のテクニック、ゲームコントール、落としやセカンドボールの拾い方は我々を上回っていました。9番に関してもヘディング、空中戦が強いということは説明していました。彼のクオリティを低下させることができませんでした」

――ワールドカップに向けたテストという意味で4失点を喫したことに関して
「その通りで、選手たちを見る、テストするというのも1つの目的でした。21人か22人の選手がピッチに立った。結果は皆さんがご覧のとおりですが、この大会で2勝できたことは一定の結果だと思います」

「A代表で戦っても今回の韓国に勝つことができたかどうかは分かりません。この韓国のプレーを見れば、あまり多くのことはできないのではないかと思いました。受け入れがたいことかもしれないですが、そのような真実も認めていかなければいけません」

「韓国はパワーを使ったコントロール、全ての選手がそれを見せていたのが印象的でした。テクニックもコントロールも素晴らしかった。日本戦ということでモチベーションも高かったです。この大会を戦った日本代表はA代表ではありませんでしたが、それがBなのかCなのかは分かりません。しかし現時点で招集できるベストメンバーだと思います」

「年齢にかかわらずいいプレーを見せている中村憲剛を入れることもできましたが、彼をのぞけばベストメンバーだったと思います。たくさんのケガ人もいて、ホームで相手にパワーを使われて支配されたという形がなぜなのか考えなければいけません」

「私はそれをすでに分析しています。その分析の結果を報告すると、多くの人を喜ばせないことになるかもしれません。この2勝は素晴らしい結果だと受け止めたいと思います」

――日本国民はこの結果に絶望しています。W杯は大丈夫でしょうか?
「この大会を通じていい結果を残したと言いたいところですが、日本国民は失望しているのなら私とは少し意見が違います。もちろん私と違う意見があってもいいことです。この2勝は素晴らしい結果だと思います。今日の試合でも韓国が完全に支配し、比較できないほどの差があったと思います。その中で選手たちはベストを尽くして戦ってくれたと思います」

「W杯はまた別物です。今日のチームでそのままいくわけではありません。代表候補をたくさん見ようとした大会でもありました。20人、21人ほどの選手がピッチに立ち、それぞれのパフォーマンスをしっかりと分析したいと思います。この中で誰がW杯に行けるのというということも含めて考えていきたいです」

「もちろん今日の結果のみを見れば失望している方もいるかもしれません。よりいい結果が残せたかもしれないので私も残念に思っています。しかし、この試合の立ち上がり10分で多くのものが見えました。相手の方がパワー、全ての面で勝っていました。それでもこの試合は監督のせいで負けたと思われるなら、そういう記事を書いてください。私はこの大会で2勝を収めたチーム、結果は素晴らしいと思います」

「私が就任した中で最も点差が開いた敗戦でもあるので、こういう形で終わったのは残念です。しかし多くのことを見て、考えることができる試合でもありました。この日本サッカーの現状を見ていかなければならない。W杯で待ち受けているものがどういうものなのか私は分かっています。こういったところから教訓を得ながら進まなければいけない。私は多くのものを見て、把握しています。これからW杯に向けてベストを尽くしていきたいと思います。では、よい年越しを」
コメント
関連ニュース
thumb

南野拓実に55万円の罰金命令 AFCがアジアカップGS対象の処分発表

アジアサッカー連盟(AFC)は22日、UAEで開催されているAFCアジアカップ2019グループステージで警告や退場を受けた各選手の処分を発表した。 日本代表FW南野拓実は13日に行われたグループF第2節のオマーン代表戦(1-0で日本代表が勝利)で警告を受けた。これにより、AFCから5000USドル(約55万円)の罰金処分が下っている。 今回の罰金最高額は北朝鮮代表の計1万3000USドル(約143万円)。2名の退場者や、1試合で6度の警告を受ける荒れ試合を演じたことで、北朝鮮サッカー協会にも罰金処分が決定した。 2019.01.22 18:55 Tue
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】薄氷勝利のサウジ戦 ユーザーも日本の若きCBを最高点に

超WS有料版で実施した21日に行われたAFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦におけるユーザー採点アンケート結果を発表します。 現状のベストメンバーをサウジアラビア代表戦にぶつけた森保ジャパンだが、キックオフからポゼッションで圧倒されたが、20分にセットプレーからDF冨安健洋の代表初ゴールで先制。その後も守勢に回ったが、チーム全体で守り抜き、2大会ぶりのベスト8進出に駒を進めた。 最高点はゴールだけでなく、肝心の守備面でも光った冨安の「7.1」。最低は負傷欠場のFW大迫勇也に代わる1トップとして活躍が期待されながら不発に終わったFW武藤嘉紀の「4.3」だった。また、声は一発勝負の戦いということもあり、結果に安堵する内容が多数を占めた。 ◆サウジアラビア戦のユーザー採点結果 GK 権田修一 5.6 DF 酒井宏樹 5.5 冨安健洋 7.1 吉田麻也 6.2 長友佑都 5.5 MF 遠藤航 6.6 柴崎岳 5.4 堂安律 5.1 →塩谷司 - 南野拓実 4.4 →伊東純也 - 原口元気 5.4 FW 武藤嘉紀 4.3 →北川航也 - 監督 森保一 5.5 ◆皆様の声(一部) ・あと3つ。走れ! ・内容より結果が全て ・無失点勝利で言うことなし ・結局、大迫待ち ・準々決勝は圧勝してほしい ・もう少し攻撃的に ・勝ったことは素晴らしい! 2019.01.22 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

森保一監督「粘り強くタフに戦ってくれた」《AFCアジアカップ2019》

日本代表は21日、AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16でサウジアラビア代表と対戦し、1-0で勝利した。試合後の日本代表を率いる森保一監督のコメントは以下の通り。 ◆森保一監督(日本代表) 「まずは決勝トーナメントでは勝つことが重要でした。そんな中、アジアの中でトップクラスの強敵サウジアラビアに選手たちが粘り強くタフに戦ってくれて無失点に抑えて勝つことができて良かったと思います。次は中2日の戦いとなり、相手より準備期間が短い中での試合となりますが、次も勝てるように最善の準備をしていきたいです」 ――今日はそれ程、力を出せなかったと思うが 「まずはサウジアラビアは力のあるチーム、そこは彼らをリスペクトしたいです。もっと攻撃を仕掛ける、ボールを保持することができれば良かったが、先制して相手が押し込む状況の中、粘り強く無失点に抑えながら追加点を奪いにいくことができました。粘り強く戦うことが今後トーナメントの中で必要なことですし、それを選手たちができたことをポジティブに捉えたいです」 ――準々決勝で対戦するベトナムについて 「まずはベトナムがしっかりとした粘り強い守備から攻撃に転じることができるチームだという印象です。アンダー世代も指導している監督が務めていることで、スタイルが各年代で浸透しています。守備だけでなく攻撃にも良い選手がいると思っています」 ――今日試合をやってさらにコンディションが上がったか 「もっと攻撃の部分でできると思われる方もいると思いますが、コンディションが上がっているからこそ、あれだけ押し込まれても守り切れたと思っています」 ――これほど押し込まれることは想定していたか 「まずは相手にプレッシャーをかける良い入りをしてくれたと思います。しかし、サウジアラビアの攻撃を受ける形となりました。サウジアラビアはボールを保持しながら危険な攻撃を仕掛けてくることのできるチーム。そこをうまく対応しながら攻撃につなげられるようにと試合前から選手には話していました」 「先制点を奪ってから彼らが圧力をかけてきた時に、素早い攻撃を仕掛けることが前半はまずまずできていたと思います。リードしてからの戦いを選手たちが表現してくれたと思います。少し守る時間が長かったですが、逆に粘り強く戦うというオプションができたとポジティブに考えたいと思います」 ――南野に代えて伊東を投入した後、堂安が真ん中に入ったが 「堂安をトップ下に入れたのは彼のところで攻撃の起点を作ってほしいという思いです」 ――勝敗を分けたポイントは 「サウジアラビアは攻守ともにアグレッシブで良いチーム。そこは試合前から選手にも話していましたし、厳しい試合になることは覚悟して臨みました。勝負を分けたポイントは、サウジアラビアは失点することは考えていなかったでしょうし、サウジアラビアが攻撃の圧力をかけてくる、本来は両方がボールを握りたいという中で臨機応変に試合の流れに対応した日本が勝利できたと思います」 2019.01.22 02:24 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表に痛手…ベテランの広島MF青山敏弘がケガで離脱《AFCアジアカップ2019》

日本サッカー協会は21日、サンフレッチェ広島に所属するMF青山敏弘が右ヒザ痛のため、日本代表から離脱することを発表した。 青山は17日に行われたグループステージ第3戦のウズベキスタン代表戦でキャプテンマークを巻いて先発出場。しかし、21日に行われた決勝トーナメント・ラウンド16のサウジアラビア代表戦ではベンチ外となっていた。 そのサウジアラビア戦で日本は1-0で勝利。24日、準々決勝でベトナム代表と対戦する。 2019.01.21 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 1-0 サウジアラビア代表《AFCアジアカップ2019》

日本代表は21日、AFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦に臨み、1-0で勝利。ベトナム代表の待つベスト8に駒を進めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190121_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 権田修一 5.5 相手の低いシュート精度に助けられて無失点。その中で、バックパス処理にもたつく場面やシュートに反応できない場面もあったが、クロス対応は概ね安定。 DF 19 酒井宏樹 5.5 12分に自サイドから突破を許すなど、試合を通じて、辛抱の時間が続いた。何度か裏を取られたものの、要所で身体を張るなど戦った。 16 冨安健洋 7.0 記念すべき代表初ゴールが殊勲の決勝点に。肝心の守備面でも集中を切らさず、吉田と共に最後まで踏ん張り続け、ベスト8進出に大きく貢献した。 22 吉田麻也 6.5 12分に気迫の顔面ブロックでピンチ阻止。逆に、62分に釣り出されてピンチを招いた場面は冷やりとさせたが、GKの前にそびえ立つ砦として、頼もしさが光った。 5 長友佑都 5.5 試合を通じて、執拗に背後を突いてくる相手の対応に追われる苦しい展開に。持ち前の攻撃参加は鳴りを潜め、終始苦戦したが、粘り強い対応を続けた。 MF 6 遠藤航 6.5 ボールの刈り取り役として中盤センターを徹底監視。読みの鋭いパスカットからカウンター機の起点になるシーンもあり、フィルター役として機能した。 7 柴崎岳 5.5 CKやFKのキック精度が冴え、冨安の決勝弾をお膳立て。押し込まれる展開になると、やはり守備面の脆さを露呈したが、最後までファイトした。 21 堂安律 5.0 守備でエネルギーを削がれた印象。幾度か右サイドから攻撃面で違いになろうとする姿が際立ったが、決定的な仕事はできず。細かなミスが目立った。 (→塩谷司 -) 9 南野拓実 5.0 前線からの守備で奮闘が光る内容。流れの中でも起点になろうと頑張ったが、幾度かのカウンター機も不意に…。終盤はガス欠状態となり、ピッチを後に。 (→伊東純也 -) 8 原口元気 5.5 最終ラインに吸収される時間帯が多く、サイドバック化の場面が散見。アタッカーとしては消化不良な出来だったが、運動量を生かした守備面の貢献度は評価に値する。 FW 13 武藤嘉紀 5.0 体幹の強さを生かして前線で起点になろうとする動きは印象的。守備にも尽力したが、60分の決定機をモノにできないあたりにストライカーとして物足りなさを感じさせた。次戦は累積で出場停止。 (→北川航也 -) 監督 森保一 6.0 現状のベストメンバーを注ぎ込み、大半の時間で守勢に。2大会ぶりのベスト8進出という結果こそが全て。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 冨安健洋(日本代表) 泣いても笑っても一発勝負の戦いで日本代表のアジアカップ史上最年少得点(20歳77日)で代表初ゴールをゲット。これが決勝点となり、ベスト8進出の立役者に。守備でも失点ゼロで抑え込み、相手攻撃陣の前にそびえ立った。 日本代表 1-0 サウジアラビア代表 【日本】 冨安健洋(前20) 2019.01.21 22:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース