ダース・ベーダー&カイロ・レンが来襲! Aリーグの『スター・ウォーズ』コラボが話題に2017.12.16 17:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽世界で最も興行的成功を収めるSF映画『スター・ウォーズ』の人気キャラクターがオーストラリアのサッカー界を席巻した。大手メディア『ESPN』が取り上げている。

Getty Images
▽オーストラリアサッカー連盟(FFA)は、コマーシャル契約を結ぶ『ウォルト・ディズニー・カンパニー』とコラボレーション企画を実施。Aリーグ第10節を「スター・ウォーズ ラウンド」と銘打ち、日本でも15日より解禁された新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開記念、そして宣伝イベントが行われたようだ。

Getty Images
▽『ESPN』によれば、ダース・ベーダーや、カイロ・レン、機動歩兵のストームトルーパーといった悪役がウェスタン・シドニーvsシドニーFC、パース・グローリーFCvsニューカッスル・ジェッツにそれぞれ来場。コイントス役を務めたほか、試合もドロイドのBB-8の柄にデザインされた限定球が使用されたという。

コメント

関連ニュース

thumb

クセがすごい! 炎のフェンスに逆さ吊り、自転車使用とアルゼンチン4部のGK練習がヤバい!

▽サッカー界において独特なトレーニングを行うクラブは数多くあるが、アルゼンチン4部のスポルティバ・ドック・スッドのGK練習の“クセがすごい”ことが大きな話題になっている。『dirtytackle.net』が伝えている。 ▽足を使ってプレーするサッカーという競技において、唯一手を使うことができるGKは、以前から変わり者の宝庫とされる。それだけに、これまでも多くの特殊なトレーニングが開発されてきたが、アルゼンチン4部に所属するスポルティバ・ドック・スッドのGK練習はあまりに“クセがすごい”。 ▽『dirtytackle.net』は、『You tube』に投稿されたスポルティバ・ドック・スッドのあまりに常軌を逸したGK練習の一部を紹介した。 ▽この動画で初めに紹介されたのは、GKコーチと思しき男性が150cmほどのフェンスを挟んで準備しているGKに対して、ボールを左右に投げてキャッチさせる練習だった。ただ、一つ異なるのはそのフェンスを覆う布に火が付けられていたことだった。ただ、フェンスと後ろにいるGKとの間にはかなり距離があり、この炎がGKに危険を及ぼす可能性は低く、煙いという以外に何らかの意図があるとは思えないものだった。 ▽続いて紹介された練習では、足に縄を結び付けられたGKがゴールポストから逆さ吊りにされた状態でボールをキャッチするという、またしても独特な様子が紹介された。 ▽その後は小型の自転車に乗って短い距離を走った後、自転車を降りた直後に横っ飛びでボールをキャッチするという練習、弾力のあるドラム缶のようなモノにヒザ立ちで座り、バランスを取りながらボールを弾く練習、ヒザまで浸かってしまう泥水の水溜まりでのセービング練習、ボールに木の板を反射させて行う練習と、“クセがすごい”練習のオンパレードだった。 ▽極め付けはもう使用していない貨物列車のドア部分からいきなり外に飛び出して浮いたボールをキャッチするという、スタントマン養成講座のような危険な練習の様子も映されていた。 ▽練習効果のほどは不明だが、間違いなくGK陣の負傷は多いと思われる。 ※写真はイメージ ◆“クセがすごい”GK練習 https://www.youtube.com/watch?time_continue=75&v=gK6-fSCUElQ 2018.01.17 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ボカ復帰のテベス「上海在籍期間は7カ月間のバカンス」

▽ボカ・ジュニアーズに復帰した元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(33)が中国での日々を「7カ月間の休み」と皮肉った。イギリス『BBC』が報じている。 ▽テベスは、2017年に世界最高額の年俸4000万ユーロ(現在のレートで約54億円)で上海申花に加入したが、鳴かず飛ばずのパフォーマンスに終始。その後、“太り過ぎ”などとの批判が集まった結果、今冬の移籍市場で契約解除に至り、古巣ボカへの復帰が決まった。 ▽アルゼンチンのテレビのインタビューに応じたテベスは、3度目のボカ復帰を受けて、上海申花時代を次のように回想した。 「7カ月間も休みだったから元気だよ。中国に着いた瞬間からボカに戻りたいと思った」 2018.01.16 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

中島フル出場のポルティモネンセがリーグ3試合ぶりの敗戦で6試合未勝利…《プリメイラ・リーガ》

▽日本人MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは14日、プリメイラ・リーガ第18節でボアヴィスタとのアウェイゲームに臨み、0-2で敗戦した。中島はフル出場した。 ▽5試合未勝利の12位ポルティモネンセが、9位ボアヴァスタのホームに乗り込んだ一戦。前節のパソス・デ・フェレイラ戦で今季7ゴール目をマークした中島は、14試合連続の先発入りを果たした。 ▽試合は、開始早々の4分に動く。中盤からのロングスローで左サイドを突破したマテウスが、ボックス左深くまで侵攻。GKを引きつけてから折り返しを供給すると、最後はファビオ・エスピーニョが難なく流し込み、ボアヴィスタが先制した。 ▽ポルティモネンセの反撃は11分、右サイドを突破したエベルトンのクロスが流れると、ボックス左でこれを拾った中島がワントラップから左足を振り抜くが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽その後も中島は積極的なドリブル突破でポルティモネンセの攻撃をけん引する。しかし40分、ポルティモネンセはショートカウンターからピンチを迎えると、ポッシニョーロが抜け出したエスピーニョをペナルティアーク手前で倒し、一発退場となる。 ▽数的優位となったボアヴィスタは、このプレーで獲得したFKをダビド・シモンが直接狙うと、GKリカルドの弾いたボールをタローシャが押し込み、追加点を奪った。 ▽迎えた後半、数的不利ながら積極的な入りを見せたポルティモネンセは62分、パウリーニョが後半最初の枠内シュートを放つと、72分にもボックス左手前でボールを受けたパウリーニョがコントロールショットでゴールを脅かしたが、ともにシュートは相手GKのセーブに阻まれた。 ▽その後もボアヴィスタゴールに襲い掛かったポルティモネンセだったが、最後まで集中したボアヴィスタ守備陣の牙城を崩すことができず、リーグ3試合ぶりの黒星を喫した。 2018.01.15 03:02 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑アシストのパチューカ、連敗回避 クラブ・アメリカとドロー《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間14日、リーガMX後期(クラウスーラ)第2節でクラブ・アメリカとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽後期初戦を黒星発進のパチューカ。その初戦で新年一発目をマークした本田は、2試合連続のスターティングメンバー入りを果たした。 ▽試合は、早々の3分にパチューカがPKのチャンスを献上するが、GKブランコがストップに成功。だが、14分に右サイドからのクロスをペラルタに決められ、パチューカはクラブ・アメリカに先制を許してしまう。 ▽追いつきたいパチューカは22分、右サイドから本田がクロスを試みると、ハラがヘディングシュート。前半終了間際には、本田に直接FKの機会が巡ってくるが、壁に直撃したボールは相手GKにキャッチされた。 ▽ビハインドで試合を折り返したパチューカだが、開始2分に同点。本田が左CKからクロスを供給する。これに反応したムリージョが相手に競り勝ってヘディングシュートを沈め、試合を振り出しに戻した。 ▽ところが、76分には自陣左サイドから縦に突破を許すと、ゴール前のスペースに抜け出たマーティンにワンタッチでゴールネットを揺らされ、パチューカが再び追う展開を強いられた。 ▽それでも、パチューカは89分、右サイドからのクロスの折り返しをグスマンが左ヒザで押し込み、再び同点に。引き分けに持ち込み、連敗を回避した。21日に行われる次節は、ロボスBUAPと対戦する。 クラブ・アメリカ 2-2 パチューカ 【クラブ・アメリカ】 ペラルタ(前14) マーティン(後31) 【パチューカ】 ムリージョ(後2) グスマン(後44) 2018.01.14 09:57 Sun
twitterfacebook
thumb

サウジアラビアで女性が史上初のサッカー観戦…歴史的転換点を迎える

サウジアラビアのアル・アハリがアル・バーティンを本拠地キング・アブドゥラスタジアムに迎え、サウジアラビアリーグの一戦が行われた。試合は、サウジアラビア史上初めて女性がスタジアムにおいてサッカー観戦を許可された歴史的なものとなっている。<br><br>昨年10月に発表された女性のサッカー観戦解禁に伴うもので、その他にも今年6月には女性の車運転が解禁されるなど、サウジアラビアでは様々な改革が進んでいる。<br><br>解禁に伴い、キング・アブラハム・スタジアム、キング・ファハド・スタジアム、プリンス・モハメド・ビン・ファハド・スタジアムでは女性のための特別なエリアが設けられた。<br><br>観客動員数が落ち込んでいるサウジアラビアでは、女性のサッカー観戦解禁により問題が改善されることが期待されているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.01.13 19:20 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース