ダース・ベーダー&カイロ・レンが来襲! Aリーグの『スター・ウォーズ』コラボが話題に2017.12.16 17:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽世界で最も興行的成功を収めるSF映画『スター・ウォーズ』の人気キャラクターがオーストラリアのサッカー界を席巻した。大手メディア『ESPN』が取り上げている。

Getty Images
▽オーストラリアサッカー連盟(FFA)は、コマーシャル契約を結ぶ『ウォルト・ディズニー・カンパニー』とコラボレーション企画を実施。Aリーグ第10節を「スター・ウォーズ ラウンド」と銘打ち、日本でも15日より解禁された新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開記念、そして宣伝イベントが行われたようだ。

Getty Images
▽『ESPN』によれば、ダース・ベーダーや、カイロ・レン、機動歩兵のストームトルーパーといった悪役がウェスタン・シドニーvsシドニーFC、パース・グローリーFCvsニューカッスル・ジェッツにそれぞれ来場。コイントス役を務めたほか、試合もドロイドのBB-8の柄にデザインされた限定球が使用されたという。
コメント
関連ニュース
thumb

中島翔哉は次節がポルティモネンセ最後の試合?葡メディアが予想「高いモチベーションになりうる」

中島翔哉のポルティモネンセ退団は近いのだろうか。ポルトガル『A BOLA』が、22日のフェイレンセ戦がラストゲームになる可能性が高いと伝えている。<br><br>今シーズン、リーグ戦12試合に出場して5ゴール、5アシストを記録する中島。10番を背負ってチームのエースに成長した日本代表FWには、欧州の様々なクラブが獲得をねらっていると伝えられている。先日には、プレミアリーグのウォルバーハンプトンへの移籍が合意間近とも報じられた。<br><br>もし1月のマーケット開幕直後で移籍することになれば、日本代表に26日から合流してアジアカップを戦う中島にとって、22日に行われるフェイレンセ戦がポルティモネンセでのラストゲームとなる。『A BOLA』は「本当にナカジマにサヨナラを告げるのか?」と題し、中島の去就について報じている。<br><br>冒頭で「(ヴィトーリア戦は)ホームスタジアムでのラストゲームだったのか? 疑惑は本物だが、まだ答えはない」とし、「ウォルバーハンプトンへと近づくナカジマのサヨナラは、高いモチベーションになると言えるだろう」と続けている。<br><br>しかし、「ヌーノ率いるクラブへ加入することは確かではない。最近では交渉が停滞していると言われている。そして、ポルティモネンセ会長は他クラブとの接触があるとも警告している」と綴っている。<br><br>一時ウルブスとの交渉は80%完了し、発表は間近とも言われた中島の去就。さまざまな憶測が流れる中、24歳の日本代表FWの新天地はどこになるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.12.16 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「貪欲じゃなかった。満足できない」敵地で快勝も本田圭佑が精神面での課題を口に

メルボルン・ビクトリーの本田圭佑は、自身が得点を挙げて勝利を飾ったものの満足できていないと話した。<br><br>14日に行われたオーストラリア・Aリーグのブリスベン・ロアー戦に先発で出場した本田。2-1で迎えた40分に相手のハンドで得たPKを同選手が冷静に沈めてチームに3点目をもたらす。これが決勝点となり、メルボルン・ビクトリーが4-2で勝利してリーグ戦6連勝を飾った。<br><br>敵地での快勝に貢献した本田だが、試合後に『FOXスポーツ』で満足できない試合だったと振り返った。「今日は満足できなかった。ラッキーなことに前半のうちに相手の選手が退場になり、僕たちは大きなアドバンテージを得ることができた」<br><br>「それでも後半にスコアを動かすことができなかったから、僕たちはもっと良くなる必要がある。メンタル面に関して言えば、貪欲になれなかった。今日の試合を教訓にして、次の試合に向けて準備を進めなければならない」<br><br>開幕2連敗と苦しいシーズンのスタートを切ったメルボルン・ビクトリーだが、これでリーグ戦6勝目を挙げて、暫定ながら首位に浮上した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.15 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

リベルタ決勝で敗戦のボカ、国内リーグ連覇に導いたスケロット監督が辞任

▽ボカ・ジュニアーズは14日、ギジェルモ・バロス・スケロット監督(45)が辞任したことを発表した。 ▽ボカは9日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグ、リーベル・プレートとのスーペル・クラシコを延長戦の死闘の末、1-3で敗戦。2戦合計スコア3-5で敗れていた。 ▽現役時代、ボカ・ジュニアーズで約10年間にわたってプレーし、15個のタイトルを獲得した同クラブのレジェンドであるスケロット監督は、2016年3月にボカの監督に就任。2016-17シーズン、2017-18シーズンと国内リーグを連覇に導いていた。13試合を消化した今季は首位のラシンと12ポイント差の6位と苦戦していた。 2018.12.15 04:55 Sat
twitterfacebook
thumb

PK献上の本田圭佑が汚名返上のPK弾! 前半6発の乱戦制したメルボルン6連勝《Aリーグ》

▽元日本代表FW本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリーは14日、オーストラリア・Aリーグ第8節でブリスベン・ロアーとのアウェイ戦に臨み、4-2で勝利した。本田は開幕から8試合連続のスタメン。シーズン5得点目を記録した。 ▽開始早々にセットプレーからピンチを迎えたメルボルン・ビクトリーだったが、決死の守備で辛うじて失点を免れると、13分に先制。本田のボール奪取からカウンターに持ち込み、トロイージの浮き球パスにバーバルーゼスが合わせ、敵地でリードする。 ▽そのメルボルン・ビクトリーは21分、相手に退場者が出たことで数的優位に立ったが、相手にセットプレーを許した26分に自陣ボックス内で本田がPKを献上。これをキッカーのタガートに決められ、10人のブリスベン・ロアー相手に追いつかれてしまう。 ▽それでも、メルボルン・ビクトリーは32分、味方との好連携で左サイドを攻略したオトゥールのクロスからトイヴォネンがワンタッチシュートを決めて2-1。続く39分、PKのチャンスからキッカーの本田が左足で決め、ブリスベン・ロアーを突き放した。 ▽42分に相手のFKからトイヴォネンのオウンゴールで1点差に詰め寄られたメルボルン・ビクトリーだったが、47分に本田が右CKをショートコーナーに。その流れからバーバルーゼスがゴールを陥れ、ブリスベン・ロアーの追随を許さない。 ▽迎えた後半も数的優位のアドバンテージを生かしてゴールを目指したメルボルン・ビクトリーは、86分に左サイドの本田が左足で上げたクロスから5点目のお膳立てを狙うが、味方がミスショット。前半とはうって変わり、ゴールが遠い。 ▽結局、ゴールラッシュの前半が勝敗を分け、メルボルン・ビクトリーが6連勝。2試合ぶりとなる得点の本田もシーズン5得点目を挙げ、依然として好調をキープしている。 ブリスベン・ロアー 2-4 メルボルン・ビクトリー 【ブリスベン・ロアー】 タガート(前27[PK]) OG(前42) 【メルボルン・ビクトリー】 バーバルーゼス(前13) トイヴォネン(前32) 本田圭佑(前40[PK]) バーバルーゼス(前45+2) 2018.12.14 19:50 Fri
twitterfacebook
thumb

Aリーグで7試合4G3Aの本田圭佑、PFA選出10/11月の月間最優秀選手賞を受賞!

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、オーストラリアプロサッカー選手協会(PFA)が選出するAリーグの10月と11月の月間最優秀選手に選ばれた。リーグ公式が伝えている。 ▽2018年8月にメルボルン・ビクトリーへ加入した本田は、10月の開幕戦から7試合4ゴール3アシストを記録。Aリーグ選出の週間ベストイレブンにすでに5回選ばれるなど、高いパフォーマンスを継続している。 ▽同賞を受賞した本田は、Aリーグ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「驚いています。受賞できてとても幸せです。ただ、チームが勝利することの方が幸せです」 「この賞を貰えたことをありがたく思いますが、チームメイトのおかげでもあると思います。僕に投票してくれた皆さんに感謝しています」 2018.12.12 11:50 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース