代表を経験した石川直宏選手、ロシアW杯のカギは「日本らしさを良い意味で変える」2017.12.17 12:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽6日、東京都吉祥寺のB&D吉祥寺店がリニューアルオープンイベントを行い、先日、現役を引退した元日本代表MF石川直宏選手が登場。MCの鈴木ダイさんと共に行われたトークイベントで、目前に迫ったロシア・ワールドカップについて語った。

――W杯が間近に迫っていますが、ファンとしてどう見られていますか?
「どの国が相手でも厳しいと思います。日本が戦うアジア予選もそうですが、欧州でも強豪国が出場できなかったり本当にわからない中で、どれだけ日本らしさ、信念をもってプレーできるかだと思います。僕はW杯でプレーできませんでしたが、4年に1度の大会、相当なプレッシャーの中で自分らしさが出せるかに注目してみています」

「ただ、日本らしさは良い意味で変えてもらいたいと思っています。しっかりパスを繋ぎ、俊敏性があり、組織で戦う。しかしそれだけでは勝てないので、それにプラスアルファのパワー、スピード、そして結果を出してほしいですね」

「そういう意味でも前回のリベンジができる相手がいますからね。成長した姿を見せる。日本も世界も成長していますが、その成長曲線は違います。そこに対して、どれだけついていき、どれだけ越えていけるかだと思います」

――日本とその他の国のレベルが一緒に上がっても差は縮まりませんからね?
「広がっているという解釈をする現役選手もいます。それはやったことのある選手でしか感じられないことで、僕らが観てどうのこうの言うのは難しいですね。でも、その差が縮まり、このスタイルを続ければ越えていけるという感覚を、みんなが持っていれば勝てるようになっていくと思います。それが何なのかを見つける。そしてみんなが一つになって戦っていく姿を見たいですね」
(C)CWS Brains,LTD.
――コロンビアには前回やられています。手癖が悪いというか…。ただ、サッカーには大事なことですよね?
「大事ですね。今までもブラジル、アルゼンチン、パラグアイなどと対戦してきましたが、勝つために何が必要かをわかっていて、個人技だけでなくチームとしての戦い方もできる。隙がないですよね」

――ロシア大会で日本のキープレーヤーになる選手は?
「ここから飛躍的に出てきてスターになるような選手も期待しています。ただ、ずっと代表としてプレーし続けて、日本を引っ張っている感覚がある選手。僕の中では香川選手です。今も相当なプライドを持ってプレーしていると思いますし、評価されない部分があったりもしながらも、最後はそれを覆してくれると僕は思っています。そういうギラギラした気持ちが最後に形になる。何か起きた時のリバウンドメンタリティ。僕はそれを見てみたいですね」

「彼自身、調子が悪いとは思っていないと思います。それは今までの積み重ねがあるから。自分が出せる力を本大会にぴったりと持っていけるかどうか。それが大事です。期待させてくれる選手なので、楽しみです。僕もそういうプレーヤーを目指していました。最後の1分でも出てくれば何かをやってくれる。そういう生き様を見せてもらいたいですね」

コメント

関連ニュース

thumb

「プレーをしっかりと見せたい、ピッチで戦いたい」FC東京のMF梶山陽平、新潟へ期限付き移籍

▽アルビレックス新潟は16日、FC東京からMF梶山陽平(32)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は7月17日から2019年1月31日まで。背番号は「13」に決定している。 ▽FC東京下部組織出身の梶山は、2004年にトップチーム昇格。2013年にはパナシナイコス、大分トリニータへの期限付き移籍を経験した。在籍16年目を迎えた今シーズンはここまでYBCルヴァンカップで3試合1得点、U-23チームで明治安田生命J3リーグ5試合に出場していた。 ▽新潟への期限付き移籍が決定した梶山は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「FC東京から加入することになりました梶山陽平です。J1昇格という目標達成に向けて、チームの雰囲気や流れを変えられるような貢献をできるように頑張りたいと思います。 応援よろしくお願いいたします」 ◆FC東京 「優勝争いをしている中でチームを離れてしまい申し訳ありません。ただ、サッカー選手として『自分のプレーをもう一度しっかりと見せたい、ピッチで戦いたい』という気持ちが強く、チャレンジしようと決めました。これまで応援してもらってきたことに恥じないようなプレーをしたいと思っています。チームは変わりますが、また自分のプレーを観てもらえるように、頑張ります。東京は必ず優勝できると信じています」 2018.07.16 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

リンス、長谷川健太監督と再タッグ! 甲府からFC東京へ期限付き移籍

▽FC東京は5日、ヴァンフォーレ甲府からブラジル人FWリンス(30)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年7月5日から2019年1月1日まで。背番号は「13」に決定している。 ▽2014年から2015年までガンバ大阪でプレーしていたリンスはその後、母国のフィゲイレンセやポンチ・プレったでのプレーを経て、2017年8月にヴァンフォーレ甲府に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで16試合5得点を記録していた。 ▽G大阪時代に指導を受けていた長谷川健太監督が指揮するFC東京への加入が決定したリンスは、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FC東京 「新たな挑戦のため移籍を決めました。チームの目標を達成できるように最大限の努力をし、結果に貢献出来るように精一杯頑張りたいと思います。応援よろしくお願いいたします」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「ヴァンフォーレ甲府でプレーする事ができ、全ての関係者の皆様に感謝の気持ちで一杯です。 約1年間に渡りプレーさせて頂き、沢山の経験をしました。この積み重ねた想いは消えることはありません。 一時的にチームを離れることになりますが、今季ここまで上手く結果を出すことが出来ず、サポーターの皆様には大変申し訳なく思います。しかし、これからもお互いに頑張り続けることが大切だと思います。ヴァンフォーレ甲府の幸運を願っています。本当にありがとうございます」 ▽また、甲府の佐久間悟代表取締役GMは、以下のようにコメントしている。 「過密日程でもあり、また負傷者も多数出ている中、クラブの中心選手であるリンス選手が移籍してしまうこととなり残念です。クラブとしては次の選手登録期間に向けて選手補強をする予定です」 2018.07.05 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京の元日本代表DF丸山祐市、名古屋へ完全移籍「成長した姿を魅せられるように」

▽名古屋グランパスは4日、FC東京から元日本代表DF丸山祐市(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽丸山は2012年に明治大学から入団。2014年には湘南ベルマーレへの期限付き移籍を経験した。復帰した2015年に明治安田生命J1リーグで20試合に出場すると、同年8月に日本代表に初選出。2016年10月にはロシア・ワールドカップ(W杯)アジア3次予選のオーストラリア代表戦で途中出場してA代表デビューを飾った。その後もクラブでは主力としてプレーし続けていたが、今シーズンはここまでJ1リーグ9試合、YBCルヴァンカップ3試合、天皇杯1試合の出場にとどまっていた。 ▽名古屋への完全移籍が決定した丸山は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスに関わる全ての皆さん、初めまして丸山祐市です。まず始めに、僕を必要としてくれた風間監督をはじめ、スタッフ・関係者の皆さまに感謝しています。今回シーズン途中の移籍ということで、非常に難しい判断ではありましたが、名古屋グランパスの熱意に押され決断致しました。風間監督が目指しているサッカーに1日も早く順応できるよう頑張りたいと思います。また、チームの現状を変えられるように、自分の100%の力を出して戦いたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「この度、名古屋グランパスに移籍することになりました。シーズン途中にチームを離れることを大変申し訳なく思っています。また優勝できる可能性のある中での、移籍は大変難しい決断でした。この半年間を振り返ると、チームが好調を維持している中で、僕自身このままでいいのか、不安や迷いなどの想いが強くありました。たくさん悩み、考え抜いた中で、新しい環境でチャレンジし、一選手としてもっと成長したいと思い移籍を決めました」 「東京でプロ生活をスタートして、東京のアカデミーを含めた9年半、東京の選手としてプレーできた誇り、味の素スタジアムでプレーできた喜び、数え切れないほどの、たくさんの経験をさせてもらいました。今の自分があるのも、これまで僕に関わっていただいた監督、スタッフ、選手、関係者のみなさんのおかげだと思っています」 「チームが良い時も悪い時も、味の素スタジアムでは勿論、遠いアウェイの地でも、熱い応援で後押し・勇気をくれたファン・サポーターのみなさまには感謝の言葉しかありません。FC東京の丸山祐市ではなくなりますが、成長した姿を魅せられるように頑張ります。9年半、ありがとうございました」 2018.07.04 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京のFW前田遼一が負傷、全治4週間

▽FC東京は29日、FW前田遼一の負傷離脱を発表した。 ▽前田は、23日のトレーニング中に負傷。左腹斜筋筋損傷、肋軟骨損傷で全治4週間の見込みだ。 ▽36歳の前田はここまで明治安田生命J1リーグ13試合に出場。7月11日に行われる次戦、天皇杯3回戦のアルビレックス新潟と対戦する。 2018.06.29 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京選手会長のDF吉本一謙、期限付きで福岡へ! 「今の自分にはチャレンジすることが必要」

▽アビスパ福岡は22日、FC東京に所属するDF吉本一謙(30)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2019年1月31日まで。背番号は「29」に決定した。同契約中、FC東京との全公式戦に出場することはできない。 ▽FC東京生え抜きの吉本は2007年にトップチーム昇格。その後、FC岐阜と水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経て、2013年からFC東京に復帰した。だが、長谷川健太監督就任の今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで出番なし。Jリーグカップ戦5試合の出場にとどまった。 ▽選手会長という役割を担いながらシーズン途中で出場機会を求めて福岡に活躍の場を求めることになった吉本。両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「FC東京から期限付き移籍加入した吉本一謙です。今まで自分が経験してきたことの全てをアビスパ福岡のためにささげ、アビスパ福岡、ファン・サポーター、福岡の街を愛し、みなさんに愛される選手になれるよう体を張って熱く戦います。応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「今年は試合に出てプレーで貢献することがなかなか出来ず、こうして選手会長というチームをまとめる立場でシーズン途中に移籍することについて、申し訳ない気持ちでいっぱいです。東京のアカデミーに12歳で入ってから、背番号4番でキャプテンマークを巻いてシャーレを掲げることが夢だった自分は、東京で優勝したい気持ちが強くありました。こうして優勝を狙える順位の中で移籍することを本当に悩みましたが、今の自分にはチャレンジすることが必要だと思い、決断しました」 「東京に在籍したこの期間、誰よりも東京を、そしてグランドがある地元・小平を愛していた自信があります。今回、期限付き移籍しますが、東京が、サッカー選手としてはもちろん一人の人間として僕を育ててくれたクラブであることは永遠に変わりません。そんな人生の半分以上を共に歩んできた愛する東京がリーグ優勝することを心から願っています。ファン・サポーターのみなさま、関係者のみなさま、怪我をして苦しい時や本当につらい時も支えていただき、ありがとうございました」 2018.06.22 17:15 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース