プリシッチがドノバン超え! 史上最年少でアメリカ年間最優秀選手に選出!2017.12.16 11:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アメリカサッカー連盟(USSF)は14日、ドルトムントに所属するアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(19)がアメリカ年間最優秀選手に選出されたことを発表した。

▽この賞は選定された記者、元選手のほか男子代表とユース代表の監督、今年アメリカ代表のキャップ数を得た選手、メジャーリーグ・サッカーの監督らによって投票された。94%の支持を得たプリシッチは、史上最年少記録を更新。これまでの最年少は2003年に当時21歳で受賞していた元アメリカ代表FWランドン・ドノバン氏であった。

▽年間最優秀選手に輝いたプリシッチは、USSFの公式サイトに以下のように喜びを口にしている。

「とても光栄だよ。僕に投票してくれた全ての人に感謝したい。この賞をもらえるとは思ってもいなかったし、僕を支えてくれた全ての人にお礼が言いたい。将来を楽しみにしているよ」

▽プリシッチは2016-17シーズンにトップチームデビューを果たし、25試合3ゴール3アシスト、アメリカ代表としては公式戦9試合に出場して6ゴール4アシストをマークしている。また、今シーズンにおいてはドルトムントでここまで公式戦21試合に出場して3ゴール1アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

新センターバックの到着でバルトラがドルトムント退団を決心か…1月中にスペイン復帰へ?

スペイン代表DFのマルク・バルトラ(27)は、この冬にもボルシア・ドルトムントを離れることになるかもしれない。ドイツ誌『シュポルトビルト』が伝えている。<br><br>2016年夏にバルセロナから加入したバルトラは、センターバックを本職としているが、ピーター・ボス前監督の下では主に右SBで起用されると、ペーター・シュティガー新監督の下ではまだリーグ戦でプレーしておらず、ベンチに甘んじている。<br><br>また、クラブがDFマヌエル・アカンジを獲得したことでドルトムントにCBが6人所属。状況がさらに苦しくなると見られるバルトラだが、ロシア・ワールドカップへの出場を逃したくない同選手はコンスタントな出場時間を見込める環境を求めているとのこと。報道によれば、スペインのクラブへの移籍を目指しているという。<br><br>一方、2008年からドルトムントに属するDFネヴェン・スボティッチも近々に移籍が実現する可能性が浮上。昨シーズン後半戦はレンタルでケルンに渡ったCBの獲得にはフランスのサンテティエンヌが動き出しているようだ。<br><br>なお『WAZ』によると、ドルトムントは今夏にレバークーゼンからドイツ代表DFヨナタン・ターを獲得する狙いだという。契約に契約解除条項が盛り込まれており移籍金は2500万ユーロに設定されていると見られる同選手だが、複数のプレミアリーグクラブからの関心も伝えられている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.17 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、オーバメヤン獲得を確信

▽アーセナルは、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)の獲得に自信を深めているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽アーセナルでは、FWアレクシス・サンチェスの移籍が間近に迫っているとみられる。クラブは、チリ代表アタッカーの穴埋めとして、ボルドーのU-23ブラジル代表FWマルコムやマンチェスター・ユナイテッドMFヘンリク・ムヒタリアンを候補に挙げているとみられるが、オーバメヤンの獲得にも接近しているようだ。 ▽報道によれば、アーセナルは既にドルトムントとオーバメヤンの移籍に関して会談を実施。推定移籍金は6000万ユーロ(約82億円)ほどとみられているが、現在も金銭面の交渉が続いているとのことだ。 ▽なお、アーセナルはオーバメヤンを獲得したとしても、4000万ポンド(約61億円)でマルコムを引き入れることを望んでいる模様。さらに、ムヒタリアンに関しては、サンチェスの移籍オペレーションの一部としてユナイテッドから引き入れる可能性が伝えられている。 2018.01.16 10:06 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが22歳スイス代表DFアカンジを獲得、推定移籍金は約29億円

▽ドルトムントは15日、バーゼルからスイス代表DFマヌエル・アカンジ(22)を獲得したことを発表した。契約は2022年6月30日まで。背番号は「16」になるようだ。 ▽母国スイスのヴィンタートゥール出身のアカンジは2015年夏にバーゼルに移籍。強靭なフィジカルと鋭い反応を生かした守備が持ち味のセンターバックで、ディフェンスだけでなく得点力にも目を見張るものがある。昨季はケガでシーズンの大半を棒に振ったものの、リーグ戦15試合で4ゴール。今季もここまでのリーグ戦19試合で1ゴール1アシストを記録している。 ▽アカンジはクラブの公式サイトで「ドルトムントの監督と話をしていい感覚を掴むことができた。それが移籍の決断になったね」と移籍の経緯を説明。さらに「僕はドルトムントのフットボールが好きなんだ。ここでの生活を楽しみにしている。ベストを尽くすよ」と意気込みを語った。 ▽なお、移籍金は公表されてないがドイツ『キッカー』によれば、移籍金は推定2150万ユーロ(約29億円)の模様。マンチェスター・ユナイテッドも関心を寄せていたようだ。 2018.01.16 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントSD、規律違反のオーバメヤンにもはやお手上げ「何を考えているのか分からない」

ドルトムントは14日に行われたブンデスリーガ第18節ヴォルフスブルク戦に向けてFWピエール=エメリク・オーバメヤンをメンバーから外した。ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は試合後にクラブの決断を説明している。<br><br>ドルトムントはヴォルフスブルク戦の直前に公式ツイッターで、オーバメヤンに規律違反のため、制裁処分を課したことを発表。ドイツ『スカイ』で試合前にこのことについて聞かれたペーター・シュテーガー監督は、13日に参加が義務付けられていたチームミーティングに現れなかったことを明かし、「集中していない」ことを理由に出場停止処分を言い渡したと説明した。<br><br>また、0-0で終わった試合後、ツォルクSDは次のように語った。<br><br>「彼は以前から目立った存在であったし、多少外向的な性格でもあった。いつも模範的な働きを見せ、規律やプロ精神を持って仕事に臨んでいた。それが現時点では見えない」<br><br>「昨日は練習のあと、みんなで集まって食事をとってから、大事なチームミーティングが行われた。今日の試合に限らず、行動規範、チームとしての目標などについて話すためにね。だが、彼はそこに現れなかったんだ」<br><br>「今日彼と非常に厳しく話をし、この試合は出場停止にする決断を伝えた。もちろん罰金処分も課すことになる。それは当然だ」<br><br>オーバメヤンは、これでトーマス・トゥヘル、ピーター・ボス、そしてシュテーガー監督の下でクラブより出場停止処分を言い渡された。<br><br>「今までのことも考慮しなければいけない。このような誤った行為は初めてではないのでね。現在、彼が何を考えているのか分からない。今の彼は私が知る彼ではない、と正直に認めなければいけない」<br><br>もちろん、チームにとってオーバメヤンの得点能力は大きい。だが、同SDはクラブが何よりも重要だと強調している。<br><br>「プロ精神が問われるところだ。最も大事なのは、クラブとその目標だ。我々はすべての行動をそれを基準に取っている。それらを危うくするわけにいかない」<br><br>「我々のゴールやアシストの約5割は彼によるもの。それも見なければいけない。だが、あのような行為は、いつまでも許してはいけない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.15 15:50 Mon
twitterfacebook
thumb

本当のサンチェス後釜はこっちか! アーセナル、MTG欠席でメンバー外のオーバメヤンと合意か

▽アーセナルが、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)の獲得で合意している可能性が浮上した。イギリス『エクスプレス』が報じている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェスが、ユナイテッドかシティのマンチェスター行きが迫っているとみられるアーセナル。スターの後釜として、ボルドーのU-23フランス代表FWマルコムの獲得が噂される中、ここにきてオーバメヤン獲得の報道が過熱している。 ▽オーバメヤンは14日に行われたブンデスリーガ第18節のヴォルフスブルク戦でメンバー外に。これは、前日のチームミーティングを欠席したことによる規律違反の処置と伝えられている。 ▽そのオーバメヤンに関して、ブンデスリーガの専門家であるリー・プライス氏は以下のように話し、アーセナルと個人合意に達しているとの見解を示した。 「オーバメヤンは1年以上もドルトムント退団を望んできた。ドルトムントも昨夏に売却しようとしてきた。彼らはプレミアリーグからのオファーを待っていたが、それが今になって届いたとみられる」 「オーバメヤンは、中国移籍を拒んだ。欧州のビッグクラブでプレーするためだ。アーセナルは彼のファーストチョイスではなかったが、彼はプレミアリーグ移籍を望んでいる」 「(アーセナルとの)契約は合意していると認識している。クラブレコードの給与だろう」 ▽なお、オーバメヤンはアーセナルがサンチェスを売却した場合のみ、移籍の可能性があるとのことで、さらにマンチェスター・シティも争奪戦に参加する可能性がある模様だ。 ▽また、『スカイ・スポーツ』などで活躍するジャーナリストのギジェム・バラグ氏は、アーセナルは6000万ユーロ(約81億円)の移籍金でドルトムントの取引を素早くまとめたい考えだという。 2018.01.15 10:16 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース