“無敵艦隊”スペイン代表、政治介入でロシアW杯出場権剥奪か2017.12.16 09:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
▽“無敵艦隊”スペイン代表にロシア・ワールドカップ(W杯)出場権剥奪の可能性が急浮上した。スペイン『El Pais』が報じた。

▽スペイン政府がスペインサッカー連盟(RFEF)に会長選挙を要求。政治組織の介入を禁ずる国際サッカー連盟(FIFA)は、RFEFに対して、この状況が続けばW杯出場権を剥奪する旨を伝えて警鐘を鳴らしたという。

▽なお、FIFAは「全ての協会、連盟は独自に活動し、第三者の関与を受けてはならない」との規定を設けている。

コメント

関連ニュース

thumb

蚊帳の外に追いやるデュデク「日本はよくわからない」

▽現役時代にフェイエノールトやリバプール、レアル・マドリーでプレーした元ポーランド代表GKのイェルジ・デュデク氏がロシア・ワールドカップ(W杯)のグループステージ組み合わせに言及した。『Onet』が伝えている。 ▽ポーランドはグループHに入り、日本代表、コロンビア代表、セネガル代表と同居。日本とは、28日に行われるグループステージ最終節でぶつかる。 ▽『TVP Sport』にゲスト出演したデュデク氏は、抽選結果について、次のように言及。日本を蚊帳の外に置くかのような発言を残した。 「我々はまだ日本のことをあまりよくわかっていない。我々にとって、重要な2試合が待っている。セネガルとコロンビアは難しいライバルだ。その2試合(の結果)が勝ち上がりを左右するだろうね」 「我々は14時キックオフの試合がある。準備しないとね。イングランドだと、13時キックオフなんて普通にあるし、イタリアもそうだった。それは問題にならないだろう」 「20時キックオフの方が良いんだろうけど、スタッフたちは、選手のコンディション調整のためにベストを尽くすはずさ」 2017.12.02 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

デシャン、組み合わせ結果に失望も…一番の悩みはグループステージ突破後?

フランス代表のディディエ・デシャン監督は、グループステージ突破後の決勝トーナメント1回戦が難しいものになると警戒を強めた。<br><br>1日にモスクワで2018FIFAワールドカップ ロシアの抽選会が行われた。1998年に母国開催のワールドカップで優勝を経験しているデシャン監督率いるフランスは、オーストラリア、ペルー、デンマークとグループCで対戦することが決定した。<br><br>グループCを勝ち抜くことに問題はないと予想されているものの、仮に決勝トーナメント進出を決めてもベスト16でグループDのアルゼンチンもしくはクロアチアと戦う可能性が高く、優勝候補の一角と目されている同国はグループリーグ突破後も厳しい戦いが待ち受けている。<br><br>抽選会終了後、デシャン監督は『RMC』で「良くない組み合わせになった。デンマークとは何度も対戦しており、オーストラリアともフレンドリーマッチで戦ったことがある。それに、さらなる心配の種はアルゼンチンと対戦する可能性があることだ」と組み合わせ結果について言及。<br><br>続けて「しかし、彼らとの対戦を常に避けられるわけではない。一歩ずつ歩みを進めたいから、今そのようなビッグチームの話をしても意味がない。我々は対戦相手についてある程度は理解しているが、似たようなチームと親善試合で対戦することになるだろう」と語った。<br><br>一方、フランス代表OBのロベール・ピレス氏は『beINスポーツ』で「対戦する国や選手に経緯を払わなければならないが、良い抽選結果になったと思う」と抽選結果に満足感を表している。<br><br>提供:goal.com 2017.12.02 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“言い訳の許されない組”に入ったイングランド…指揮官は「簡単なグループではない」と強調

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は、ワールドカップで同組となるパナマとチュニジアは決して簡単な相手ではないと話している。<br><br>1日にモスクワで2018FIFAワールドカップ ロシアの抽選会が行われた。イングランドはグループGに振り分けられ、2006年以来の本戦出場となるチュニジア、初出場のパナマ、そしてプレミアリーグで多数の選手が活躍するベルギーと同組に入ることが決定した。<br><br>複数のメディアが&ldquo;言い訳の許されないグループ&rdquo;とイングランドの決勝トーナメント進出は間違いないと報じているものの、サウスゲイト監督は2大会ぶりのグループステージ突破に向け、十分な準備が必要と考えているようだ。<br><br>『BBC』のインタビューを受けたサウスゲイト監督は「簡単なグループに入ったって? そのようなことはないと思う。すべての試合に向けて十分な準備をしなければならない」と強調。<br><br>続けて、フランス・ワールドカップでチュニジアと対戦した経験のある同指揮官は「チュニジアと聞いて最初に思い起こすのは、1998年の試合だ。あれはとても素晴らしい日で、良い思い出だ。しかし、現状でアフリカチームの情報や準備は十分とは言えないから、今からそのことを考えたい」と話している。<br><br>また、グループ内で最も難しい相手と考えられるベルギーについて「彼らは突出したチームだ。彼らはFIFAランキングで我々よりも上にいる。この組で一番のクオリティを持つ相手だ」と警戒を強めた。<br><br>さらに、サウスゲイト監督は「ワールドカップの舞台に再び立てることは非常に素晴らしいことだ。私にとって最高の旅になるだろう。母国のためにワールドカップを戦うことは非常に名誉なことだが、監督としてこの大会で指揮を執れることはそれよりはるかに素晴らしいことだ」と指揮官として20年ぶりの大舞台に立てる喜びを語っている。<br><br>提供:goal.com 2017.12.02 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ポーランドから見る日本代表…指揮官は「非常に危険なチーム」と分析

日本と対戦することが決まったポーランド代表のアダム・ナヴァルカ監督は、組み合わせ結果を喜んでいる。<br><br>1日にロシアの首都モスクワで2018FIFAワールドカップ ロシアの抽選会が行われた。3大会ぶりのワールドカップ出場を決めたポーランドは、日本、セネガル、コロンビアと同組のグループHに入ることが決まっている。<br><br>抽選結果を受け、ナヴァルカ監督は地元メディアに「良い抽選結果だと思う。強豪と戦うことを想定していたが、実際はそうではなかった。この大会を戦うにあたって、フィジカル、戦術、メンタルのすべての側面で十分な準備が必要となる」と優勝候補との対戦を避けられたことに満足を示した。<br><br>また、ポーランド代表について同指揮官は「大会では目の前の試合が一番重要だ。我々は対戦相手に最大の敬意を払うが、自分たちを自分たちの能力を信じて戦い、それをピッチの上で証明しなければならない。私は選手たちを信じている」と意気込み。<br><br>続けて、日本、コロンビア、セネガルに関して「彼らは各大陸予選を大きなトラブルなく勝ち抜いた強豪で、高いクオリティを持った非常に危険なチームだ」と3チームとの対戦を前に警戒を強めている。<br><br>ポーランドは、19日にセネガルとの初戦を戦い、24日にコロンビアと対戦。そして28日のグループ最終戦で日本との対戦を控えている。<br><br>提供:goal.com 2017.12.02 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表チッチ監督、組み合わせに恵まれるも「スペインやイングランドとやるつもりで」

ブラジル代表を率いるチッチ監督は、スペインやイングランドと対戦するつもりで準備を進めると強調した。<br><br>ロシア・ワールドカップの抽選会が1日に行われた。ポット1で優勝候補にも数えられるブラジルは、スイスやコスタリカ、セルビアと同居することに。比較的組み合わせに恵まれたとの見方がされているが、チッチ監督に油断は一切ない。<br><br>「スイス、コスタリカ、セルビアとの対戦は、スペインやイングランド、その他の国と対戦するのと同じだ。何も変わらない。考えているのは、ブラジル代表を一つにし、私の手の届く範囲内のものをコントロールしつつ、成長させることだけだ」<br><br>また、チッチ監督は自分たちが優勝候補であることを認めつつ、「精神的な圧力や期待に上手く対応する必要がある」と話した。<br><br>なお、ブラジルの初戦は6月17日スイス戦となっている。<br><br>提供:goal.com 2017.12.02 10:05 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース