資金洗浄疑惑のブラジルサッカー連盟会長に90日間のサッカー活動停止処分2017.12.16 03:27 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブラジルサッカー連盟(CBF)のマルコ・ポーロ・デル・ネロ会長が、国際サッカー連盟(FIFA)による倫理調査中に90日間の活動停止処分を受けたことが判明した。15日にイギリス『BBC』が報じている。

▽デル・ネロ会長は、アメリカ当局からマネーロンダリング疑惑で追及を受けていたにも拘らず、2015年にCBFの会長に就任。同年にそれまで務めていたFIFAの執行役員を退いたが、ブラジルからアメリカに身柄が引き渡されることはなかった。

▽FIFAは15日、デル・ネロ会長の活動禁止期間が45日間延長される可能性を孕んでいることを明かしつつ、「期間中、ポーロ・デル・ネロ氏の国内外での全てのサッカー活動を禁止する。この処分は、ただちに有効となる」との声明を発表。また、今回の処分との因果関係は定かではないが、FIFAで幹部を務めていた南米人3名が、脅迫、詐欺、マネーロンダリングの疑いでニューヨークの法廷に出廷する、という情報も記事は伝えている。
コメント
関連ニュース
thumb

コパ・アメリカ、ポッド分けが決定 日本代表はポッド3

南米サッカー連盟(CONMEBOL)が18日、6月に開催されるコパ・アメリカ2019のポット分けを発表した。 ブラジル開催となる今年のコパ・アメリカは6月14日〜7月7日まで開催。CONMEBOL加盟国である10カ国のほか、1999年以来2度目の出場となる日本代表とカタール代表が招待国として参戦する。 日本代表はベネズエラ代表やパラグアイと同じポッド3に。カタール代表はポッド4に入ったが、日本代表とグループステージで同組にならないという。なお、抽選会は24日に行われる。 ◆ポッド1 ブラジル代表(3位) ウルグアイ代表(7位) アルゼンチン代表(11位) ◆ポッド2 コロンビア代表(12位) チリ代表(13位) ペルー代表(20位) ◆ポッド3 ベネズエラ代表(31位) パラグアイ代表(32位) 日本代表(50位) ◆ポッド4 エクアドル代表(57位) ボリビア代表(59位) カタール代表(93位) ※カッコ内はFIFAランキング 2019.01.19 07:45 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島、FWペドロ・ジュニオールのブラジル復帰を発表「ありがとうと伝えたい」

鹿島アントラーズは11日、ブラジル人FWペドロ・ジュニオール(31)がブラジル1部のフォルタレーザに完全移籍することを発表した。 ペドロ・ジュニオールは、2003年に母国のヴィラ・ノヴァでプロデビューを飾り、複数クラブを渡り歩いた後、2007年に大宮に加入。以降、アルビレックス新潟たガンバ大阪、FC東京、ヴィッセル神戸といったJリーグクラブを渡り歩き、2017年に鹿島入団を果たした。 すると、鹿島入団初年度には明治安田生命J1リーグ21試合に出場して7得点をマークしたが、2018シーズンはJ1リーグ7試合の出場にとどまり、シーズン途中に武漢卓爾職業足球倶楽部(中国2部)に期限付き移籍していた。 ペドロ・ジュニオールは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FWペドロ・ジュニオール 「日本で長くプレーしてきましたが、ブラジルへ戻ることになり、最後のクラブとなった鹿島アントラーズに感謝の気持ちと、敬意と愛情を持って接してくれたサポーターの方々にありがとうと伝えたいです。フォルタレーザで素晴らしいシーズンにするため、これからも努力したいと思います」 2019.01.11 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

フィルミノが2018年欧州で活躍したブラジル人最優秀選手に!

▽リバプールに所属するFWロベルト・フィルミノ(27)が3日、ヨーロッパで最も活躍したブラジル人プレーヤーに贈られるサンバ・ゴールド・アワードを受賞した。 ▽同賞は2008年に創設。ヨーロッパでプレーするブラジル人プレーヤーの中から、ジャーナリストやファンを中心にオンラインユーザー投票で選考される。 ▽フィルミノは、前年の受賞者であるパリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマール(26)や、レアル・マドリーのDFマルセロ(30)を抑えての初受賞となる。 ◆サンバ・ゴールド・アワード最終投票結果(上位) 1位 ロベルト・フィルミノ(リバプール) 21.79% 2位 マルセロ(レアル・マドリー) 20.51% 3位 ネイマール(パリ・サンジェルマン) 18.67% 4位 アリソン(リバプール) 16.39% 5位 チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン) 5.29% 2019.01.05 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

フラメンゴ、ブラジル代表DFロドリゴ・カイオを5年契約で獲得!

▽フラメンゴは30日、サンパウロからブラジル代表DFロドリゴ・カイオ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年12月30日までの5年間となる。 ▽サンパウロ生え抜きのロドリゴ・カイオは、2011年にトップチームデビュー。卓越した身体能力と戦術眼を併せ持つ若手DFは、センターバックと守備的MFを主戦場に、同クラブのレギュラーとして活躍。また、2016年のリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックではブラジル史上初の金メダル獲得に大きく貢献するなど、同国の将来を担う若手DFとの評価を確立していた。 ▽2015年にバレンシア、アトレティコ・マドリーへの移籍が報じられたロドリゴ・カイオには、バルセロナやミラン、セビージャを始め多くのヨーロッパのクラブが関心を示していたが、サンパウロと並ぶブラジルの名門クラブが争奪戦を制しセレソンの逸材の獲得に漕ぎ着けた。 2018.12.30 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマール、年内1試合残し休暇突入!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、一足早く休暇を貰っているようだ。スペイン『マルカ』が、フランス『レキップ』の情報を基に伝えた。 ▽22日のリーグ・アン第19節ナント戦で、年内の公式戦全てを消化するPSG。その次の試合は1月6日に行われるクープ・ドゥ・フランスのスタッド・ポンティヴィ戦であり、働き詰めだったスター選手たちは1月2日までの休暇に入る。 ▽しかし、『マルカ』によれば、ネイマールがナント戦を待たずして既に休暇に突入。髪形を金髪のドレッドヘアにするなど、ブラジルに帰国している同選手は早くも休みを満喫している様子が確認されている。 ▽また、12月18日のクープ・ドゥ・フランス、オルレアン・ロワレ戦を大腿部の痛みのために欠場していたネイマールの様子をトーマス・トゥヘル監督が気にかけており、スタッド・ポンティヴィも欠場する可能性もあるという。その場合は更に休暇が伸び、最大で1ヵ月近くもクラブを離れることになりそうだ。 2018.12.22 18:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース