忘れちゃいけない!超WSが選ぶJ2年間ベストイレブンはこれだ!2017.12.16 15:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグは、湘南ベルマーレが優勝を飾り1年でのJ1復帰。さらに、V・ファーレン長崎が2位となり、クラブ史上初のJ1昇格を勝ち取った。

▽3位には1年でのJ1復帰を目指す名古屋グランパス、4位にはアビスパ福岡、5位に東京ヴェルディ、6位にジェフユナイテッド千葉が入り、J1昇格プレーオフは3位の名古屋が制し、J1復帰を決めた。

▽今回はJ2も追い続けた超ワールドサッカー編集部が、独断と偏見を交えながら年間を通じて最も印象的な活躍を披露した11名をセレクトした。

◆超WS選定年間ベストイレブン(J2)
GK秋元陽太(30歳/湘南ベルマーレ)
明治安田生命J2リーグ出場数:42(先発回数:42)/失点数:36
▽J2降格となった湘南に舞い戻った守護神。全42試合でゴールマウスを守ると、リーグ最少タイの36失点の結果を残し、チームのJ2優勝に大きく貢献した。ショットストップの良さに加え、安定感のあるプレー、存在感を発揮。来季J1残留を掴むには守護神の存在が絶対不可欠だ。

DF青木亮太(21歳/名古屋グランパス)
明治安田生命J2リーグ出場数:26(先発回数:24)/得点数:11
▽風間八宏監督の下、突如花開いた新星。右のウイングバックやサイドハーフでプレーし、名古屋の攻撃にアクセントをつけた。ボックス内に侵入する巧さと、ポジショニングの良さで11得点を記録。過去3年間でリーグ戦出場が5試合だったのが嘘のような活躍はセンセーショナルだった。

DFアンドレ・バイア(34歳/湘南ベルマーレ)
明治安田生命J2リーグ出場数:39(先発回数:39)/得点数:4
▽最終ラインを統率する守備面に加え、相手を圧倒する威圧感は流石の一言。フラメンゴやフェイエノールトでプレーしていた経験は伊達ではなく、若いチームに見事に安定感をもたらせた。曺貴裁監督の下で3年目を迎えたシーズンは守備のキーマンだった。

DF冨安健洋(19歳/アビスパ福岡)
明治安田生命J2リーグ出場数:35(先発回数:35)/得点数:1
▽福岡が誇る宝。19歳とは思えない落ち着きで最終ラインに君臨。首位の湘南を並ぶ最少失点36に大きく貢献した。U-20ワールドカップでも見せた存在感は日に日に増す印象で、将来の日本代表を背負って立つセンターバックとなるだろう。

DF安西幸輝(22歳/東京ヴェルディ)
明治安田生命J2リーグ出場数:40(先発回数:34)/得点数:3
▽アンヘル・ロティーナ監督の下、躍進した東京ヴェルディにあって、その戦術の体現者とも言えるのが安西だ。左右のサイドバックを務め、終盤は3トップの左ウイングにも入るなど、ロティーナサッカーの具現者。ステップアップの可能性も高いが、J1でも即レギュラーを取れる逸材だ。

MF岩尾憲(29歳/徳島ヴォルティス)
明治安田生命J2リーグ出場数:41(先発回数:41)/得点数:4
▽序盤躍進を見せた徳島の安定剤。中盤の底からゲームを組み立てられる司令塔で、パスの精度も高く、長短どちらも苦にしない。リカルド・ロドリゲス監督が標榜するサッカーにおいてはキーマンであり、技術の高さが陽の目を浴びたと言える。

MF秋野央樹(23歳/湘南ベルマーレ)
明治安田生命J2リーグ出場数:38(先発回数:36)/得点数:4
▽柏レイソルから期限付き移籍でプレーした秋野。移籍発表時は衝撃を与えたが、その移籍が正解であったことをプレーで証明した。テクニックに優れ、パスでゲームを組み立てていた柏時代とは打って変わり、中盤での守備やデュエルの部分での強さを体得。さらに、運動量も豊富になり、手のつけられないゲームメーカーに成長した。

MF山田直輝(27歳/湘南ベルマーレ)
明治安田生命J2リーグ出場数:39(先発回数:38)/得点数:5
▽故障のイメージが強い山田だが、3年目の湘南でのシーズンは実りあるものとなった。昨シーズン終盤に見せたパフォーマンスを1年間を通して維持。負傷離脱もなく、湘南の優勝に大きく貢献した。浦和レッズへの復帰が決定したが、湘南の攻撃に与えたアクセントを浦和でも発揮できるか。

MFガブリエル・シャビエル(24歳/名古屋グランパス)
明治安田生命J2リーグ出場数:16(先発回数:16)/得点数:7
▽一言で言えば「天才」。名古屋がJ1昇格を掴めたのは、ガブリエル・シャビエルのお陰と言ってもいい。テクニカルなアタッカーで、ゲームを読むセンスも抜群。風間八宏監督のスタイルでは自由に攻撃を任され、J1昇格が危うかった名古屋の救世主となった。

FW渡大生(24歳/徳島ヴォルティス)
明治安田生命J2リーグ出場数:42(先発回数:40)/得点数:23
▽経験を積むごとにゴールハンターとしての才能が開花していく点取り屋。今シーズンは全試合出場も達成し、チームの躍進に多大なる貢献をした。固めどりをするタイプではなく、コンスタントにゴールを奪えることも強み。スピード、裏へ抜ける抜群の動きは圧巻の一言。

FW前田大然(20歳/水戸ホーリーホック)
明治安田生命J2リーグ出場数:36(先発回数:33)/得点数:13
▽今シーズンのJ2リーグで最もインパクトを与えてくれた選手を挙げるなら、前田大然の名前を忘れてはいけない。驚異的なスピードは観る者に衝撃を与え、シュートセンスも高いものを持っている。勢いに乗った時は、止める術がないスピードスター。13得点とブレイクを果たした活躍は来シーズン松本で見られるか。

監督
高木琢也(50歳/V・ファーレン長崎)
▽今シーズンのJ2には素晴らしい指揮官が揃っていた。東京Vのロティーナ監督、徳島のリカルド・ロドリゲス監督、ジェフユナイテッド千葉のファン・エスナイデル監督といった外国人指揮官はチームに大きな変化をもたらせた。その中でも最も評価すべきなのは、クラブ史上初のJ1昇格を掴んだV・ファーレン長崎の高木監督だろう。決して恵まれていた戦力ではない中で、徹底した戦い方と安定した試合運びで終盤に躍進。ラスト13試合を10勝3分けの無敗で終えたように、チームに戦い方が浸透してからの強さは圧巻だった。

コメント

関連ニュース

thumb

福岡DF田村友、山形へ完全移籍「山形で活躍する姿、成長した姿を届ける」

▽モンテディオ山形は17日、アビスパ福岡からDF田村友(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽2015年に福岡大学から福岡に入団した田村は、2017年に浦和への期限付き移籍を経験。復帰した今シーズンは明治安田生命J2リーグに1試合、天皇杯に2試合出場していた。 ▽山形への完全移籍が決定した田村は、両クラブの公式サイトに以下のようにコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「アビスパ福岡から移籍してきた田村友です。チームのために、個人の成長のために全力で戦います。よろしくお願いします」 ◆アビスパ福岡 「山形に移籍することになりました。2015年からたくさんの経験をさせてもらったアビスパ福岡には感謝の気持ちでいっぱいです。応援してくれていたファン・サポーターに直接挨拶できず、とても残念で申し訳なく思っていますが、山形で活躍する姿、成長した姿をみなさんに届けられるよう全力で頑張りたいと思います。今までありがとございました」 2018.07.17 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

岡山とゴールレスドローの松本が首位キープ! 平戸3アシストで4戦ぶり白星の町田が2位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第23節の3試合が16日に行われた。 ▽シティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山vs松本山雅FCは、0-0のドローに終わった。 ▽前節、東京ヴェルディを相手に7試合ぶりの勝利を収めた8位の岡山と、リーグ戦3連勝で大分トリニータ、レノファ山口FCと同勝ち点(40)ながら首位に立つ松本の上位対決。 ▽平成30年7月西日本豪雨で大きな被害を負った岡山での開催となった試合は立ち上がりはアウェイの松本ペースに。開始7分にFKの流れから浦田のフリックをゴール前の當間がアクロバティックなボレーで合わすと、21分には岩間の強烈なミドルシュートでGK金山を脅かす。一方、時間の経過と共にカウンターからチャンスを窺う岡山は神出鬼没な仲間が相手守備を翻弄。40分には喜山の絶妙な浮き球フィードをゴール前に抜け出し正確なトラップからフィニッシュに持ち込むが、ここはGK守田の好守に阻まれた。 ▽ゴールレスで折り返した試合は後半に入って完全に岡山ペースに。49分にはボックス右に抜け出した仲間がGK守田が不用意に飛び出して空けた無人のゴールへシュートを狙うが、守田が触ってゴール方向に向かったボールはゴールライン上でDF飯田にクリアされる。その後も椋原、末吉のミドルレンジのシュートでゴールに迫るが、GK守田の好守に遭う。 ▽その後は前田大然の投入で推進力を増した松本が盛り返し一進一退の攻防が繰り広げられたが、互いに相手の堅守をこじ開けるにはあとひとつパワーが足りず、白熱の上位対決は痛み分けのドローとなった。なお、連勝が「3」でストップした松本だが、勝ち点を「41」に伸ばし首位キープに成功した。 ▽えがお健康スタジアムで行われたロアッソ熊本vsFC町田ゼルビアは、アウェイの町田が3-2で勝利した。 ▽リーグ7戦未勝利の19位熊本と、リーグ戦3戦未勝利の4位町田が対峙した一戦。試合は立ち上がりからオープンな展開に。開始9分、町田の右CKの場面でキッカーの平戸が入れたクロスをニアに飛び込んだ中島が頭で合わせ、アウェイチームが先制点を奪取。続く19分には右サイドのスローインの流れから平戸が入れたクロスを再びニアに飛び込んだ中島が頭で流し込み、町田が追加点を奪った。 ▽ホームで2点のビハインドを背負った熊本だが、田中と黒木の両ウイングバックの攻め上がりを生かしたカウンターから幾度か決定機を創出。すると31分、その田中と黒木の立て続けのクロスからボックス内で伊東が落としたボールを安柄俊が巧みな反転シュートで決め切り、1点を返す。さらに1点ビハインドで折り返した後半立ち上がりの47分にはハーフタイム明けに投入された坂本の左サイドからのクロスをボックス内で皆川が短くマイナスに落とすと、これを安柄俊が冷静に流し込み、同点に追いついた。 ▽2-2のイーブンとなった試合はここからややこう着状態に入る。それでも、試合巧者の町田が得意のセットプレーで突き放す。70分、右CKの場面でキッカーの平戸が右足アウトスウィングのボールを入れると中央でドフリーの藤井が豪快なヘディングシュートを右隅に流し込んだ。さらに76分には接触プレーでこの試合2枚目の警告を受けた安柄俊が退場となり、町田が1点リードに加えて数的優位を手にした。その後、巻らの投入で必死に同点を目指す熊本の反撃を凌いだ町田が平戸の3アシストの活躍もあって4試合ぶりの勝利。暫定2位に浮上した。 ▽また、4戦未勝利で暫定最下位に沈む京都サンガF.C.と3戦負けなしの14位水戸ホーリーホックの一戦は、アウェイの水戸が1-0で勝利した。5戦ぶりの白星を目指す京都が積極的な入りを見せたものの、前半20分を過ぎると水戸のプレスやカウンターが機能し始めて一進一退の展開に。結局、ゴールレスで折り返した後半も拮抗した状況が続くが、65分にボックス手前でパスを受けた伊藤涼太郎がドライブ回転をかけた右足のミドルシュートを放つと、GKの手前でバウンドしたボールがGK若原の手を弾いてネットに吸い込まれた。その後、京都の反撃を危なげなく凌ぎ切った水戸が2連勝。一方、5戦未勝利の京都は最下位を脱出することはできず。 ◆明治安田生命J2リーグ第23節 結果 ▽7/16(月・祝) 京都サンガF.C. 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 水戸ホーリーホック</span> ロアッソ熊本 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 FC町田ゼルビア</span> ファジアーノ岡山 0-0 松本山雅FC ▽7/15(日) ヴァンフォーレ甲府 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 FC岐阜</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-1 レノファ山口FC ジェフユナイテッド千葉 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 1</span>-0 モンテディオ山形 アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 大分トリニータ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">愛媛FC 1</span>-0 徳島ヴォルティス 2018.07.16 21:13 Mon
twitterfacebook
thumb

会津開催の福島vs沼津は痛み分け《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第18節の4試合が16日に各地で行われた。 ▽会津総合運動公園あいづ陸上競技場で行われた福島ユナイテッドFC(4位/勝ち点26)vsアスルクラロ沼津(3位/同28)は、1-1で引き分けた。 ▽試合は41分、バイタルエリア左の普光院がドリブルでボックス内に。左足を振り抜くと、これがDFに当たってコースが変わり、そのままゴールに吸い込まれ、沼津が先制した。 ▽しかし、何とか追いつきたい福島が81分、ボックス左でドリブルを仕掛けた途中出場の三橋が飛び出してきた相手GKを抜き去り、右足シュートを決め、イーブンに戻した。 ▽結局、試合はそのまま終了。上位浮上を目指す両者の一戦は、痛み分けという結果に終わっている。 ◆明治安田生命J3リーグ第18節 結果 ▽7/15(日) グルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 SC相模原</span> Y.S.C.C.横浜 0-0 ギラヴァンツ北九州 FC東京U-23 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 セレッソ大阪U-23</span> ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 AC長野パルセイロ</span> ▽7/16(月・祝) 福島ユナイテッドFC 1-1 アスルクラロ沼津 ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC琉球</span> ガンバ大阪U-23 0-0 鹿児島ユナイテッドFC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カターレ富山 1</span>-0 ガイナーレ鳥取 2018.07.16 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

大分DF刀根亮輔が全治8カ月の重傷

▽大分トリニータは16日、DF刀根亮輔の負傷を発表した。 ▽今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグ17試合に出場している刀根は、12日のトレーニング中に負傷。右ヒザ前十字じん帯損傷で全治8カ月の見込みだ。 ▽大分は現在、12勝4分け7敗の2位。21日に行われる次節は、栃木SCをホームに迎え撃つ。 2018.07.16 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

山形、新潟でのプレー経験を持つFWブルーノ・ロペスを獲得! 2011年にはJ1で13発

▽モンテディオ山形は16日、アルビレックス新潟でのプレー経験を持つブラジル人FWブルーノ・ロペス(31)の加入を発表した。メディカルチェック後に正式契約をするとのこと。背番号は「50」に決定している。 ▽2004年にフィゲイレンセとプロ契約締結後、ブラジル複数クラブを渡り歩いていたブルーノ・ロペスは2011年から2013年まで新潟へ期限付き移籍で加入してプレー。2011年にはJ1リーグでチームトップの13ゴールを決めていた。その後はタイ・プレミアリーグのラーチャブリー、インドネシア・スーパーリーグのプルシジャ・ジャカルタなどでプレーし、今シーズンはマレーシア・スーパーリーグのケランタンに加入していた。 ▽山形はブルーノ・ロペスの特徴を「フィジカルの強さとスピードを生かした縦への推進力とヘディングの強さを持つ。両足からの強烈なシュートを得意とし、ミドルシュートでのゴールも多い」と紹介している。 2018.07.16 10:48 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース