忘れちゃいけない!超WSが選ぶJ2年間ベストイレブンはこれだ!2017.12.16 15:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグは、湘南ベルマーレが優勝を飾り1年でのJ1復帰。さらに、V・ファーレン長崎が2位となり、クラブ史上初のJ1昇格を勝ち取った。

▽3位には1年でのJ1復帰を目指す名古屋グランパス、4位にはアビスパ福岡、5位に東京ヴェルディ、6位にジェフユナイテッド千葉が入り、J1昇格プレーオフは3位の名古屋が制し、J1復帰を決めた。

▽今回はJ2も追い続けた超ワールドサッカー編集部が、独断と偏見を交えながら年間を通じて最も印象的な活躍を披露した11名をセレクトした。

◆超WS選定年間ベストイレブン(J2)
GK秋元陽太(30歳/湘南ベルマーレ)
明治安田生命J2リーグ出場数:42(先発回数:42)/失点数:36
▽J2降格となった湘南に舞い戻った守護神。全42試合でゴールマウスを守ると、リーグ最少タイの36失点の結果を残し、チームのJ2優勝に大きく貢献した。ショットストップの良さに加え、安定感のあるプレー、存在感を発揮。来季J1残留を掴むには守護神の存在が絶対不可欠だ。

DF青木亮太(21歳/名古屋グランパス)
明治安田生命J2リーグ出場数:26(先発回数:24)/得点数:11
▽風間八宏監督の下、突如花開いた新星。右のウイングバックやサイドハーフでプレーし、名古屋の攻撃にアクセントをつけた。ボックス内に侵入する巧さと、ポジショニングの良さで11得点を記録。過去3年間でリーグ戦出場が5試合だったのが嘘のような活躍はセンセーショナルだった。

DFアンドレ・バイア(34歳/湘南ベルマーレ)
明治安田生命J2リーグ出場数:39(先発回数:39)/得点数:4
▽最終ラインを統率する守備面に加え、相手を圧倒する威圧感は流石の一言。フラメンゴやフェイエノールトでプレーしていた経験は伊達ではなく、若いチームに見事に安定感をもたらせた。曺貴裁監督の下で3年目を迎えたシーズンは守備のキーマンだった。

DF冨安健洋(19歳/アビスパ福岡)
明治安田生命J2リーグ出場数:35(先発回数:35)/得点数:1
▽福岡が誇る宝。19歳とは思えない落ち着きで最終ラインに君臨。首位の湘南を並ぶ最少失点36に大きく貢献した。U-20ワールドカップでも見せた存在感は日に日に増す印象で、将来の日本代表を背負って立つセンターバックとなるだろう。

DF安西幸輝(22歳/東京ヴェルディ)
明治安田生命J2リーグ出場数:40(先発回数:34)/得点数:3
▽アンヘル・ロティーナ監督の下、躍進した東京ヴェルディにあって、その戦術の体現者とも言えるのが安西だ。左右のサイドバックを務め、終盤は3トップの左ウイングにも入るなど、ロティーナサッカーの具現者。ステップアップの可能性も高いが、J1でも即レギュラーを取れる逸材だ。

MF岩尾憲(29歳/徳島ヴォルティス)
明治安田生命J2リーグ出場数:41(先発回数:41)/得点数:4
▽序盤躍進を見せた徳島の安定剤。中盤の底からゲームを組み立てられる司令塔で、パスの精度も高く、長短どちらも苦にしない。リカルド・ロドリゲス監督が標榜するサッカーにおいてはキーマンであり、技術の高さが陽の目を浴びたと言える。

MF秋野央樹(23歳/湘南ベルマーレ)
明治安田生命J2リーグ出場数:38(先発回数:36)/得点数:4
▽柏レイソルから期限付き移籍でプレーした秋野。移籍発表時は衝撃を与えたが、その移籍が正解であったことをプレーで証明した。テクニックに優れ、パスでゲームを組み立てていた柏時代とは打って変わり、中盤での守備やデュエルの部分での強さを体得。さらに、運動量も豊富になり、手のつけられないゲームメーカーに成長した。

MF山田直輝(27歳/湘南ベルマーレ)
明治安田生命J2リーグ出場数:39(先発回数:38)/得点数:5
▽故障のイメージが強い山田だが、3年目の湘南でのシーズンは実りあるものとなった。昨シーズン終盤に見せたパフォーマンスを1年間を通して維持。負傷離脱もなく、湘南の優勝に大きく貢献した。浦和レッズへの復帰が決定したが、湘南の攻撃に与えたアクセントを浦和でも発揮できるか。

MFガブリエル・シャビエル(24歳/名古屋グランパス)
明治安田生命J2リーグ出場数:16(先発回数:16)/得点数:7
▽一言で言えば「天才」。名古屋がJ1昇格を掴めたのは、ガブリエル・シャビエルのお陰と言ってもいい。テクニカルなアタッカーで、ゲームを読むセンスも抜群。風間八宏監督のスタイルでは自由に攻撃を任され、J1昇格が危うかった名古屋の救世主となった。

FW渡大生(24歳/徳島ヴォルティス)
明治安田生命J2リーグ出場数:42(先発回数:40)/得点数:23
▽経験を積むごとにゴールハンターとしての才能が開花していく点取り屋。今シーズンは全試合出場も達成し、チームの躍進に多大なる貢献をした。固めどりをするタイプではなく、コンスタントにゴールを奪えることも強み。スピード、裏へ抜ける抜群の動きは圧巻の一言。

FW前田大然(20歳/水戸ホーリーホック)
明治安田生命J2リーグ出場数:36(先発回数:33)/得点数:13
▽今シーズンのJ2リーグで最もインパクトを与えてくれた選手を挙げるなら、前田大然の名前を忘れてはいけない。驚異的なスピードは観る者に衝撃を与え、シュートセンスも高いものを持っている。勢いに乗った時は、止める術がないスピードスター。13得点とブレイクを果たした活躍は来シーズン松本で見られるか。

監督
高木琢也(50歳/V・ファーレン長崎)
▽今シーズンのJ2には素晴らしい指揮官が揃っていた。東京Vのロティーナ監督、徳島のリカルド・ロドリゲス監督、ジェフユナイテッド千葉のファン・エスナイデル監督といった外国人指揮官はチームに大きな変化をもたらせた。その中でも最も評価すべきなのは、クラブ史上初のJ1昇格を掴んだV・ファーレン長崎の高木監督だろう。決して恵まれていた戦力ではない中で、徹底した戦い方と安定した試合運びで終盤に躍進。ラスト13試合を10勝3分けの無敗で終えたように、チームに戦い方が浸透してからの強さは圧巻だった。

コメント

関連ニュース

thumb

福岡GK圍謙太朗、背番号を25番から21番に変更

▽アビスパ福岡は19日、GK圍謙太朗(26)の背番号を25番から21番に変更したことを発表した。 ▽2017年にFC東京からセレッソ大阪に加入した圍は、昨シーズンYBCルヴァンカップに1試合、U-23チームのオーバーエイジとして明治安田生命J3リーグに9試合出場。今月5日に福岡に期限付き移籍で加入し、10日に各選手の背番号が発表された段階では25番が与えられていた。 2018.01.19 10:37 Fri
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月18日】横浜FMカイケがブラジルECバイーアに期限付き移籍! 長崎GK三浦雄也が28歳で現役引退を決断

▽1月18日(木)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽昨シーズン、ブラジルのサントスへ期限付き移籍していた横浜F・マリノスのFWカイケは、同じくブラジルのECバイーアへの期限付き移籍が決まった。また昨年11月にV・ファーレン長崎との契約満了が発表されていたGK三浦雄也が現役引退を発表した。 ▽1月18日(水) 【J1】 ◆V・ファーレン長崎 《OUT》 GK三浦雄也(28) [引退] ◆横浜F・マリノス 《OUT》 FWカイケ(29) [ECバイーア→期限付き移籍] 【J3】 ◆ザスパクサツ群馬 《契約更新》 MF松下裕樹(36) ◆Y.S.C.C.横浜 《IN》 FW浅川隼人(22) [桐蔭横浜大学←完全移籍] 2018.01.19 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月17日】50歳のゴン中山が契約更新! J1昇格に貢献した湘南FWジネイは甲府へ…昨年のCWCに出場したFWが岐阜加入

▽1月17日(水)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽主な動向では、昨シーズンの明治安田生命J2リーグで12ゴールを記録して湘南ベルマーレのJ1昇格に貢献したFWジネイがJ2降格のヴァンフォーレ甲府へ移籍。一方で甲府FWドゥドゥがアビスパ福岡に加入した。 ▽また、アルビレックス新潟MF成岡翔がSC相模原に加入。FC岐阜はクラブ・ワールドカップにも出場したオークランド・シティからFWライアン・デ・フリースを獲得している。そうした中、アスルクラロ沼津のFW中山雅史が契約を更新し、50歳での現役続行を決断した。 ▽1月17日(水) 【J1】 ◆湘南ベルマーレ 《OUT》 FWジネイ(34) [ヴァンフォーレ甲府→完全移籍] ◆ヴィッセル神戸 《OUT》 MF田中英雄選手(34) [契約満了] 【J2】 ◆ジェフユナイテッド千葉 《OUT》 MF仲村京雅(21) [Y.S.C.C.横浜→完全移籍] ◆ヴァンフォーレ甲府 《IN》 FWジネイ(34) [湘南ベルマーレ←完全移籍]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180117_zinei.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《OUT》 FWドゥドゥ(27) [アビスパ福岡→期限付き移籍] ◆アルビレックス新潟 《OUT》 MF成岡翔(33) [SC相模原→完全移籍] ◆FC岐阜 《IN》 FWライアン・デ・フリース(26) [オークランド・シティ(ニュージーランド)←完全移籍]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180117_raian.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ◆徳島ヴォルティス 《IN》 GKカルバハル(29) [アルバセテ・バロンビエ(スペイン)←期限付き移籍内定]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180117_karuba.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ◆アビスパ福岡 《IN》 FWドゥドゥ(27) [ヴァンフォーレ甲府←期限付き移籍]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180117_dudu.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《OUT》 FWウィリアン・ポッピ(23) [契約解除] 【J3】 ◆グルージャ盛岡 《OUT》 MF井上丈(23) [コバルトーレ女川(JFL)→完全移籍] ◆ザスパクサツ群馬 《OUT》 DFチェ・ジュンギ(23) [城南FC(韓国)→完全移籍] FWカン・スイル(30) [ラチャブリFC(タイ)→完全移籍] ◆Y.S.C.C.横浜 《IN》 MF仲村京雅(21) [ジェフユナイテッド千葉←完全移籍] 《契約更新》 DF上田航平(19) FW金子大晟(19) ◆SC相模原 《IN》 MF成岡翔(33) [アルビレックス新潟←完全移籍]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180117_naruoka.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ◆AC長野パルセイロ 《OUT》 GK武田大(28) [アルティスタ東御(北信越1部)→完全移籍] ◆アスルクラロ沼津 《契約更新》 FW中山雅史(50)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180117_nakayama.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ◆ガイナーレ鳥取 《IN》 FWレオナルド(20) [サントス(ブラジル)←完全移籍] 《OUT》 DF亀島周(24) [東京23FC(関東1部)→完全移籍] 2018.01.18 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

2010年以来のJ1復帰目指す京都が背番号発表!

▽京都サンガF.C.は17日、2018シーズンにおける新体制発表会見を行い、各選手の背番号を発表した。 ▽布部陽功監督の下、2年目を迎える京都。2010年以来のJ1復帰を目指すが、選手の大幅な入れ替えを敢行。期限付き移籍していた選手は4名復帰し、前線の外国人選手3名を期限付き移籍で獲得、GKキム・チョルホをFCソウルから獲得した。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 21.清水圭介 27.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">キム・チョルホ</span>☆←(FCソウル/韓国)※完全移籍 34.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">若原智哉</span>☆←(京都サンガF.C.U-18)※完全移籍 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">磐瀬剛</span>☆←(FC岐阜)※期限付き移籍復帰 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">宮城雅史</span>☆←(レノファ山口FC)※完全移籍 4.田中マルクス闘莉王 6.本多勇喜 15.染谷悠太 17.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">牟田雄祐</span>☆←(FC今治/JFL)※期限付き移籍復帰 26.下畠翔吾 30.石櫃洋祐 <span style="font-weight:700;">MF</span> 5.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">マティアス・カセラス</span>☆←(プラサ・コロニア/ウルグアイ)※期限付き移籍 7.田村亮介 8.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">重廣卓也</span>☆←(阪南大学)※新加入 8.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">湯澤洋介</span>☆←(水戸ホーリーホック)※完全移籍 14.仙頭啓矢 16.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">沼大希</span>☆←(ガイナーレ鳥取)※期限付き移籍復帰 18.望月嶺臣 20.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アレシャンドレ</span>☆←(メトロポリターノ)※期限付き移籍 22.小屋松知哉 23.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">荻野広大</span>☆←(カマタマーレ讃岐)※期限付き移籍復帰 <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">プラサ・コロニア</span>☆←(プラサ・コロニア/ウルグアイ)※期限付き移籍 10.エスクデロ競飛王 13.岩崎悠人 19.大野耀平 2018.01.17 20:12 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季現役引退の平本一樹氏、町田のチームPRリーダー就任「満員のスタジアムをつくれるよう」

▽FC町田ゼルビアは、昨シーズン限りで現役を引退した平本一樹(36)がチームPRリーダーに就任することを発表した。正式契約は2月1日。 ▽平本氏は読売日本SCジュニア、読売日本SCJrユース、ヴェルディユースと下部組織で育ち、1999年にトップチームに昇格した。 ▽トップチームでは2004年に第84回の天皇杯で優勝。2005年のゼロックススーパーカップでも優勝。2007年に横浜FCへと期限付き移籍するも翌年には東京Vに復帰。2012年にFC町田ゼルビア、2013年にヴァンフォーレ甲府へと期限付き移籍でプレーしたが、2014年に復帰しプレーしていた。 ▽17シーズンに渡って東京Vでプレーしたが、今シーズンは公式戦の出場はなかった。J1リーグでは通算186試合出場29得点、J2では227試合出場45得点、YBCルヴァンカップでは31試合出場5得点、天皇杯では23試合出場5得点を記録。 ▽クラブ公式サイトによると、平本氏は祖父や親戚が町田在住と縁があり、チームの発展や地域の発展に貢献したいとの想いから入社した模様。今後は地域振興を主な業務とし、地域イベントの参加や各小学校の訪問、出前サッカーの参加など豊富な経験を活かした役割を担うとのことだ。 ▽町田のチームPRリーダーに就任することを発表した平本氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2018シーズンよりゼルビアで働かせていただくことになりました平本です。ゼルビア発展のため、今の自分に何ができるのかは、まだまだ未知数ですが、やるべきことは、もっと世の中にゼルビアを知ってもらうこと、一人でも多くの皆様に野津田へ足を運んでもらうようにすることだと思っております。満員のスタジアムをつくれるよう、これから努力して参ります」 「2012シーズンは、自分の力のなさでゼルビアを降格させてしまいました。その過去は消し去ることはできませんが、またこうして先祖や祖父、親戚も多い町田の地で、少しでも恩返しできる機会を与えてくださったゼルビア関係者の皆様には、本当に感謝しています」 「『平本が町田に来て良かった』関わる皆様にそう言ってもらえるように日々努力していきます。ファン・サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、行政の皆様、地域の皆様、自分のできる限りの力を捧げたいと思いますので、これからよろしくお願い申し上げます」 2018.01.17 17:20 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース