【W杯】日本戦の中継局決定! NHKはW杯開幕戦、決勝戦を含む33試合を生中継!2017.12.15 17:42 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽NHKは15日、2018年の6月14日から7月15日にかけて行われるロシア・ワールドカップ(W杯)の全64試合のうち、開幕戦や決勝戦を含む33試合を生中継することを明らかにした。また録画を含めると全64試合が放送されるとのことだ。

▽今大会の開催国であるロシアは日本時間6月14日24時からサウジアラビアとの開幕戦を争う。グループBではポルトガルとスペインの隣国同士がいきなり激突。初出場のアイスランド代表はアルゼンチン代表に対して初戦で番狂わせを狙う。また、前回王者のドイツ代表は初戦でメキシコ代表と対戦。11月に日本代表とも対戦したブラジル代表はスイス代表と初戦を迎える。いずれの試合もNHKで生中継される。

▽6大会連続6回目の出場となる日本代表はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドと同居。注目の初戦で6月19日21時からコロンビア代表と対戦し、第2戦のセネガル代表戦は同24日の24時から。いずれもNHKで生中継される。セネガル戦は日本テレビ系、そして同28日の23時キックオフとなるグループステージ最終節のポーランド戦はフジテレビ系列で生中継される。

▽決勝戦は7月15日24時から放送される。その他、生中継される試合は以下のとおり。

◆NHKで生中継される対戦カード(※表記は日本時間)
《グループA》
▽6月14日
ロシアvsサウジアラビア(24:00)
▽6月20日
ウルグアイvsサウジアラビア(24:00)
▽6月25日
サウジアラビアvsエジプト(23:00)

《グループB》
▽6月15日
モロッコvsイラン(24:00)
ポルトガルvsスペイン(27:00)
▽6月25日
イランvsポルトガル(27:00)

《グループC》
▽6月16日
フランスvsオーストラリア(19:00)
▽6月21日
フランスvsペルー(24:00)
▽6月26日
オーストラリアvsペルー(23:00)

《グループD》
▽6月16日
アルゼンチンvsアイスランド(22:00)
▽6月22日
ナイジェリアvsアイスランド(24:00)
▽6月26日
ナイジェリアvsアルゼンチン(27:00)

《グループE》
▽6月17日
ブラジルvsスイス(27:00)
▽6月22日
セルビアvsスイス(27:00)
▽6月27日
セルビアvsブラジル(27:00)

《グループF》
▽6月17日
ドイツvsメキシコ(24:00)
▽6月18日
スウェーデンvs韓国(21:00)
▽6月27日
韓国vsドイツ(23:00)

《グループG》
▽6月18日
チュニジアvsイングランド(27:00)
▽6月24日
イングランドvsパナマ(21:00)
▽6月28日
イングランドvsベルギー(27:00)

《グループH》
▽6月19日
コロンビアvs日本(21:00)
ポーランドvsセネガル(24:00)
▽6月24日
日本vsセネガル(24:00)
▽6月28日
セネガルvsコロンビア(23:00)

《決勝トーナメント》
▽6月30日
グループA1位vsグループB2位(27:00)
▽7月2日
グループE1位vsグループF2位(23:00)
グループG1位vsグループH2位(27:00)
▽7月3日
グループH1位vsグループG2位(27:00)
▽7月7日
準々決勝(23:00、27:00)
▽7月10日
準決勝(27:00)
▽7月15日
決勝(24:00)

コメント

関連ニュース

thumb

W杯出場に向けてアピールが必須のゲッツェだが…ドルトムント指揮官「我々の目標はCL」

ドルトムントのMFマリオ・ゲッツェはロシア・ワールドカップ(W杯)での出場を逃すことになるかもしれない。ペーター・シュテーガー監督は、選手の個人的な目標を優先することはできないと強調した。<br><br>ブラジル大会の決勝でアルゼンチン相手に決勝点を挙げたゲッツェは、そのゴールによりドイツの英雄に。それでも、そんな彼はその4年後の大会ではドイツ代表メンバー入りも果たせない可能性が高まっている。<br><br>ヨアヒム・レーブ監督は先月の国際親善試合に向けて、選外の選手について「クラブでのパフォーマンスを通じてアピールしなければならない」と話していた。だが、ここ数試合でゲッツェはそのために必要な出場機会すら確保できていない状況が続いている。<br><br>21日に行われるブンデスリーガ第31節でレヴァークーゼンとの上位対戦に臨むドルトムント。この試合に向けた会見で、シュテーガー監督はゲッツェについて問われると、次のように返答した。<br><br>「クラブにとっても、ものすごく重要な試合となる。私はクラブ側の人間で、我々の目標は来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得ることにある。しかし、それは必ずしも彼がプレーしないということを意味するわけではない」<br><br>「(ゲッツェが)準備できていて、パフォーマンスを出せれば、この話に関しては勝者しかいない。様子を見よう。それぞれの選手が個人的な目標を持ち、それが彼らのモチベーションの基盤になることは理解している。だが、我々にとって大事なのはCL出場権を手にすることだ」<br><br>ドイツ誌『キッカー』の予想では、FWミヒー・バチュアイの負傷離脱により、マルコ・ロイスが最前線に置かれる可能性が高いとのこと。そうすると、ゲッツェが2列目に入るかもしれないが、オーストリア人指揮官はここ2試合は数分間しかプレーしなかった同選手を先発起用するのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.04.21 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表OB「メッシはバルサではなくW杯に集中すべき」

▽アルゼンチン代表OBのオスカル・ルジェリ氏が、バルセロナの同国代表FWリオネル・メッシに対して、代表戦にのみ集中すべきだと主張した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽バルセロナは今シーズン、チャンピオンズリーグでは準々決勝でローマと対戦して敗退に追い込まれたものの、コパ・デル・レイでは決勝に進出。また、リーガエスパニョーラでは無敗で首位に立ち、残り5試合となった第33節終了時点で勝ち点を「83」にまで伸ばし、2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点71)との勝ち点差を「12」までに広げている。 ▽そういった状況を踏まえつつ、代表OBのルジェリ氏は4月21日のコパ決勝セビージャ戦を除き、メッシがバルセロナで全力を出すべきではないと語った。 「メッシがこれ以上プレーしなかったとして、バルセロナはリーガエスパニョーラを逃すと思うかい? 」 「メッシならバルセロナの会長に電話をかけて、『次は僕のワールドカップだ。自分自身を代表チームに捧げることにする』と言うこともできるんじゃないかな」 「彼は代表監督にも電話をかけて、完全にワールドカップに集中すると伝えなければならない」 ▽アルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ氏との比較で、ワールドカップ(W杯)での優勝が欠けている点を指摘されるメッシ。あらゆる栄光に彩られているアルゼンチンの救世主は、未だ手にしていない最大のトロフィーをロシアの地で掲げることができるのだろうか。 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ前日本代表監督、27日に都内で会見を実施

▽日本記者クラブは20日、27日にヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が会見を実施することを発表した。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任としてJFA技術委員長を務めていた西野朗氏が就任した。 ▽しかし、フランス『レキップ』は、ハリルホジッチ前監督が今回の決定に関して不満を示しており、契約解除に向けた正式な書類へのサインはしていないと報道。現地時間20日にフランスから東京に向かい、今週末にJFA幹部との会談と共に反論会見を行う準備を進めていることが伝えられていた。 ▽そんな中、ハリルホジッチ前監督の会見は、27日16時から日本記者クラブの10階ホール(東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル)にて開催。会見には1時間が設けられているが、何が語られるのだろうか。 2018.04.20 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、間も無く復帰か? ついに全体練習に合流

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が全体練習に復帰したようだ。 ▽香川は2月中旬に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で左足首を負傷。当初は3月中での復帰の可能性が伝えられていたが、ここまで戦列からは放れていた。 ▽そんな中、12日に地元紙『ルールナハリヒテン』は、香川が10日にドルトムントの練習場を訪れて、ランニングメニューなどの個人トレーニングを再開したことを伝えていた。すると迎えた20日、香川がついに全体練習に合流した模様。ドルトムント公式ツイッター(@BVB)は、香川の練習している写真と共に「おかえり!」とツイート。多くのファンから歓迎のリプライも集まっている。 ▽戦列復帰へ大きな一歩を踏み出した香川。シーズン中での復帰、そしてロシア・ワールドカップ出場を目指す日本の10番の復帰はもう間も無くだ。 2018.04.20 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ズラタン不在で問題なし? スウェーデン代表GK「W杯に連れて行くかどうかは監督が決めることだけど…」

▽ギャンガンに所属するスウェーデン代表GKカール=ヨハン・ヨハンソンは、代表復帰を示唆するロサンゼルス・ギャラクシーのFWズラタン・イブラヒモビッチがいなくてもロシア・ワールドカップで十分戦えると主張している。『the Score』が伝えた。 ▽今冬にLAギャラクシーに加入し、新天地でもストライカーとして活躍し続けるイブラヒモビッチ。2016年6月に代表から退いている同選手だが、最近「俺がワールドカップ(W杯)でプレーする可能性が急上昇している」と自身のツイッター(@Ibra_official)で明かしたり、アメリカの放送局『ABC』の番組で「俺はW杯に行くだろう。俺のいないW杯は、W杯ではない」と語るなど、3大会ぶり12度目のW杯出場となるスウェーデン代表への復帰を示唆している。 ▽そんな中、ロシアW杯欧州予選のメンバーに選出されていたK・ヨハンソンは、イブラヒモビッチ不在の代表でも欧州予選を勝ち抜けたことを主張し、同選手の代表復帰がなくても本大会で通用するとコメントしている。 「僕らはチームとして選手たち全員でコレクティブにプレーしている。ズラタン(・イブラヒモビッチ)は、人としても選手としても個人主義者だ。プレーが彼中心になる。今は彼がいなくなり、僕らはチームで結束してプレーしているんだ」 「彼をW杯に連れて行くかどうかは監督が決めることだ。それでも僕らは彼がいなくても欧州予選を突破して、W杯出場を決めたんだ。本大会でも彼なしでうまく戦えると思っているよ」 「もちろん、さっきも言ったように彼をチームに入れるかどうかは監督が決めること。もし代表に加わるなら、彼は良いプレーをするだろう。彼がしたいプレーのためにシステムを変えなくてはいけない。そんな大きな変更を監督が望んでいるかどうかは分からないけどね」 2018.04.20 10:10 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース