【W杯】日本戦の中継局決定! NHKはW杯開幕戦、決勝戦を含む33試合を生中継!2017.12.15 17:42 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽NHKは15日、2018年の6月14日から7月15日にかけて行われるロシア・ワールドカップ(W杯)の全64試合のうち、開幕戦や決勝戦を含む33試合を生中継することを明らかにした。また録画を含めると全64試合が放送されるとのことだ。

▽今大会の開催国であるロシアは日本時間6月14日24時からサウジアラビアとの開幕戦を争う。グループBではポルトガルとスペインの隣国同士がいきなり激突。初出場のアイスランド代表はアルゼンチン代表に対して初戦で番狂わせを狙う。また、前回王者のドイツ代表は初戦でメキシコ代表と対戦。11月に日本代表とも対戦したブラジル代表はスイス代表と初戦を迎える。いずれの試合もNHKで生中継される。

▽6大会連続6回目の出場となる日本代表はグループHでコロンビア、セネガル、ポーランドと同居。注目の初戦で6月19日21時からコロンビア代表と対戦し、第2戦のセネガル代表戦は同24日の24時から。いずれもNHKで生中継される。セネガル戦は日本テレビ系、そして同28日の23時キックオフとなるグループステージ最終節のポーランド戦はフジテレビ系列で生中継される。

▽決勝戦は7月15日24時から放送される。その他、生中継される試合は以下のとおり。

◆NHKで生中継される対戦カード(※表記は日本時間)
《グループA》
▽6月14日
ロシアvsサウジアラビア(24:00)
▽6月20日
ウルグアイvsサウジアラビア(24:00)
▽6月25日
サウジアラビアvsエジプト(23:00)

《グループB》
▽6月15日
モロッコvsイラン(24:00)
ポルトガルvsスペイン(27:00)
▽6月25日
イランvsポルトガル(27:00)

《グループC》
▽6月16日
フランスvsオーストラリア(19:00)
▽6月21日
フランスvsペルー(24:00)
▽6月26日
オーストラリアvsペルー(23:00)

《グループD》
▽6月16日
アルゼンチンvsアイスランド(22:00)
▽6月22日
ナイジェリアvsアイスランド(24:00)
▽6月26日
ナイジェリアvsアルゼンチン(27:00)

《グループE》
▽6月17日
ブラジルvsスイス(27:00)
▽6月22日
セルビアvsスイス(27:00)
▽6月27日
セルビアvsブラジル(27:00)

《グループF》
▽6月17日
ドイツvsメキシコ(24:00)
▽6月18日
スウェーデンvs韓国(21:00)
▽6月27日
韓国vsドイツ(23:00)

《グループG》
▽6月18日
チュニジアvsイングランド(27:00)
▽6月24日
イングランドvsパナマ(21:00)
▽6月28日
イングランドvsベルギー(27:00)

《グループH》
▽6月19日
コロンビアvs日本(21:00)
ポーランドvsセネガル(24:00)
▽6月24日
日本vsセネガル(24:00)
▽6月28日
セネガルvsコロンビア(23:00)

《決勝トーナメント》
▽6月30日
グループA1位vsグループB2位(27:00)
▽7月2日
グループE1位vsグループF2位(23:00)
グループG1位vsグループH2位(27:00)
▽7月3日
グループH1位vsグループG2位(27:00)
▽7月7日
準々決勝(23:00、27:00)
▽7月10日
準決勝(27:00)
▽7月15日
決勝(24:00)

コメント

関連ニュース

thumb

【日本代表コラム】自信を覗かせるチーム力で勝ち点を積み上げた日本

▽初戦でコロンビア代表相手に予想を超える勝利を挙げた日本代表。勢いそのままにセネガル代表相手に勝利を目指したが、2-2の引き分けに終わった。 ▽2度のリードを許しながらも、しっかりと追いつき勝ち点1を獲得した日本。これまで見せてきた勝負弱さはそこにはなく、強者の風格すら感じさせる戦いぶりを見せていた。 <span style="font-weight:700;">◆落ち着いた試合の入り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_36_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽コロンビア戦での勝利の影響か、日本は落ち着いて試合をスタートさせた。セネガルは、初戦のポーランド戦に比べて積極的に前からプレスを掛け、ボールを奪いにいくサッカーを展開。しかし、日本はその迫力に押し込まれることなく、ボールを回して行った。 ▽セネガルの出鼻を挫きたい日本だったが、ミスから先制を許す。11分、右サイドからのクロスを原口元気がクリア。しかし、これが相手の足元に収まると、ボックス内右からシュート。サバリのシュートはGK川島永嗣の正面に飛び、問題ないかと思われたが、川島がパンチングをミス。目の前にいたサディオ・マネの足に当たり、ボールはネットを揺らした。 ▽西野朗監督が率いてからというもの、川島の精彩を欠いたプレーは全ての試合で起こっている。しっかりとセネガルの攻撃を跳ね返していた矢先の失点だけに、メンタル面でのダメージが心配されたが、日本は落ち着いて対応した。 <span style="font-weight:700;">◆冷静な判断を見せた柴崎</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_36_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽セネガルの1点リードで迎えた34分、日本は一本のパスから決定機を迎える。長谷部誠が最終ラインに入り、3バックの形を作った日本。中盤で柴崎岳がボールを持つと、狙いすましたロングフィード。これを長友佑都がトラップすると、ボックス内で乾貴士とスイッチ。乾は、コースを狙い済ましてネットを揺らした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_36_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽コロンビア戦では、乾は同様の形で2度シュートを外しており、悔しい思いをしていた。シュートを打った角度はこのゴールもほぼ同じ。3度目の正直といったところか、日本の貴重な同点ゴールを生んだ。 ▽乾の落ち着いたシュートも去ることながら、起点となった柴崎にも注目だ。自陣から、走り込んだ長友を狙ったロングフィード。正確無比なパスが通った柴崎は、この試合を通じて攻守に渡り圧巻のパフォーマンスを見せた。当然、これをチャンスにつなげた長友も素晴らしい。チームとして奪えた1点は、日本の成長ぶりを示した。 <span style="font-weight:700;">◆ペースを乱されない守備陣</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_36_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、守備陣もユニットでしっかりと守ることに成功。マネをはじめ、FWエンバイェ・ニアン、MFイスマイラ・サール、MFパパ・アリウヌ・エンディアイエとセネガルの攻撃陣を押さえ込んだ。 ▽特に、酒井宏樹は一対一で負けることはほとんどなく、ロングボールは吉田麻也がクリア。昌子源も対人の強さを見せながら、後半には自ら持ち出す攻撃参加まで見せた。チームとして、セネガルの攻撃陣を押さえ込めたことは大きいだろう。2失点を喫した部分は反省が必要だが、精度は上がっていると言える。 ▽失点シーンに関しては、日本の右サイドが突破されたもの。それ以前の攻撃でもクロスボールがファーサイドに流れた際、対応ができていなかった。最終的には、右サイドバックのDFムサ・ワゲに詰められてゴールを許したが、同じ形を何度か作られていただけに、しっかりと修正してもらいたい。 <span style="font-weight:700;">◆選手起用によるメッセージ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_36_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽追加点を奪われた直後、西野朗監督は交代の準備をしていたFW岡崎慎司ではなく、MF本田圭佑を投入。その後、岡崎も投入すると、同点ゴールが生まれた。この試合、残りの1枚はFW宇佐美貴史を起用した西野監督。メッセージとしては、勝ち点3を目指すということが選手に伝わったはずだ。引き分け狙いではなく、勝ちに行くという姿勢を見せたことは、最終戦のポーランド戦に向けても大きいだろう。 ▽同点ゴールのシーンは、個々の特徴が全面に出たゴールだった。ボックス手前中央でパスを受けた大迫勇也は、自身のストロングポイントであるボールコントロールで収め、持ち出すことに成功。ボックス手前からの大迫のクロスに対しては、岡崎が身体を投げ出して飛び込むと、GKがパンチングをミスし、ボールが流れた。このボールに反応した乾は、ラインギリギリからダイレクトで折り返し、このボールに倒れていた岡崎はそのまま身体を投げ出した。結果的に、GKをブロックする様な形となり、最後は良いポジションをとっていた本田が蹴り込んだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_36_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽途中出場の本田、岡崎が絡み、最終的には本田が3大会連続のゴールを記録。2試合続けて本田が決勝点に絡んだところを見ても、チームとしての流れが良い方向に向いているのがわかる。そして、各選手が自身の特長をしっかりと出すことで、チームに勝ち点をもたらせたことは大きい。 <span style="font-weight:700;">◆ノルマとなったベスト16</span> ▽大会前の期待値からは大きくかけ離れ、1勝1分けで2試合を終えた日本。この状況を踏まえれば、勝手な話ではあるがグループステージ敗退は許されない状況だ。国民の期待も大いに高まっており、ここまでの流れを不意にしてもらいたくはない。 ▽大方の予想が敗戦だったコロンビア戦で勝ち点3、厳しいと見られたセネガル戦も2度追いついての勝ち点1。自らチャンスを手繰り寄せているだけに、ポーランド戦で結果を残し、3度目のベスト16に進出するかどうかが、この先の日本サッカーの命運を左右すると言っても過言ではない。 ▽チーム力、団結力で結果を残せた2試合。勝負弱さを払拭するには、3戦目のポーランド戦の結果が最重要だ。奇しくもポーランドは既に敗退が決定。失うものは何もなく、開き直って本来のパフォーマンスを見せる可能性は高い。実力国を相手に、ワールドカップの舞台で結果を残せせるのか。次のラウンドに進めば、ベルギー代表かイングランド代表と対戦する。そのステージに立つため、残り僅かな時間でよりチーム力を高めてもらいたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.06.25 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

2連敗のポーランドを侮るな! 日本にとっては不吉な記録が…

▽日本代表は、3度目のベスト16を懸けて28日にロシア・ワールドカップ グループH最終戦でポーランド代表と対戦する。 ▽既に2敗を喫し、グループステージ敗退が決定しているポーランド。引き分け以上でグループステージ突破を決められる状況の日本だが、ポーランドの底力を侮ると痛い目に遭いそうだ。 ▽ポーランドは、1986年のメキシコ・ワールドカップに出場しベスト16に輝いたが、その後は3大会予選敗退。久々に出場した2002年の日韓ワールドカップ、続く2006年のドイツ・ワールドカップではグループステージ敗退となっている。 ▽2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2014年のブラジル・ワールドカップでは、再び欧州予選で敗退。3大会ぶりに出場した今大会も、2連敗で大会を後にすることが決定した。 ▽出場した3大会連続でグループステージ敗退となったポーランド。この3大会のポーランドは、同じ流れをたどっている。これは、日本にとってはあまり良い流れではない。 ◆2002年 日韓大会 ▽久々のワールドカップ出場となったポーランドは、開催国の韓国、そしてポルトガル、アメリカとグループで同居した。しかし、初戦の韓国戦は2-0で敗戦。続くポルトガル戦は、4-0で大敗。2連敗で迎えた最終戦のアメリカ戦は、3-1で勝利したものの、グループ最下位で大会を去った。 ◆2006年 ドイツ大会 ▽2大会連続の出場となったポーランドは、ドイツ、エクアドル、コスタリカと同居。しかし、初戦のエクアドル戦を0-2で落とすと、続くドイツ戦も1-0で敗戦。2連敗で大会を去ることが決定。しかし、最終戦のコスタリカ戦は1-2で勝利し、グループ3位で終えることとなった。 ▽お気づきの方も居るだろう。ポーランドは、過去2大会、2連敗でグループステージ敗退が決定。しかし、3戦目はどちらも勝利している。そして今大会。 ▽初戦のセネガル戦で2-1と敗れると、2戦目のコロンビア戦は3-0で完敗。グループステージ敗退が決定した。そして、3戦目は日本…。 ▽これまでの流れをくむと、3戦目のポーランドは必ず勝利を収めており、敗退が決定しても侮れない相手だ。果たして日本は開き直ったポーランドを抑え、自力でベスト16を決めることができるのか。日本は敗れた場合でもベスト16の可能性は残されるが、気持よく終わりたいところ。試合は28日(木)の23時にキックオフを迎える。 2018.06.25 21:47 Mon
twitterfacebook
thumb

炎上サンパオリ、運命の最終戦でアグエロ外しか

▽アルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリ監督は、運命の一戦で数点の変更を施すかもしれない。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で苦戦を強いられるアルゼンチン。依然として決勝トーナメント進出の可能性こそ残すものの、ここまでグループステージ1分け1敗の最下位に沈み、2002年大会以来の一次予選敗退危機に瀕している。 ▽そのアルゼンチンが対峙する最終戦の相手は、勝ち点3で2位につけるナイジェリア代表。批判が集中するサンパオリ監督は、ナイジェリア戦において、FWセルヒオ・アグエロを外し、FWゴンザロ・イグアインを抜擢する模様だ。 ▽また、先のクロアチア代表戦でミスから失点を招いたGKウィルフレッド・カバジェロも先発外の様相。代わって、GKフランコ・アルマーニがスタートから起用される見込みだという。 ▽なお、アルゼンチンの突破は、ナイジェリアに勝利した上で、アイスランドが引き分け以下。そして、アイスランドが勝利した場合、ナイジェリア戦勝利+得失点差で上回ることが条件となる。 2018.06.25 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ポーランド代表DFグリク「コロンビアがあらゆる点で優れていた」…完敗にショック

ポーランド代表は現地時間24日、ロシア・ワールドカップグループH第2節でコロンビア代表と対戦し、0-3で敗れた。第1節のセネガル戦を1-2で落としているため、グループリーグ敗退が決定した。<br><br>3点ビハインドの80分から出場したDFカミル・グリクは「ロシアという開催国は素晴らしかった。しかし、フットボールではうまくいかなかった。本当に申し訳ない」と謝罪した。<br><br>40分に先制点を奪われたことが試合のターニングポイントとなったか、と質問されると「特に試合が変わった瞬間はありません。私は、コロンビア代表があらゆる点で優れたプレーをしたと思います」と完敗を認めた。<br><br>ポーランド代表は最終節で日本代表と対戦する。グリクはGL敗退のショックを受けながらも意気込みを語る。<br><br>「私たちには次の試合が待っており、もっとうまくやらなくてはならい」<br><br>日本代表にとってグループリーグ突破のかかるポーランド代表との試合は、28日にヴォルゴグラード・アリーナで行われる。<br><br>提供:goal.com 2018.06.25 20:35 Mon
twitterfacebook
thumb

沸くモドリッチのバロンドール待望論、ロブレンも推す

▽リバプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが代表でチームメートのレアル・マドリーでプレーするMFルカ・モドリッチを絶賛した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽長らくクロアチア代表の看板選手に君臨するモドリッチ。近年のレアル・マドリーでの活躍と同様、クロアチア代表として参戦中のロシア・ワールドカップでも開幕2試合で2得点を挙げ、より多くの称賛を集めている。 ▽そのモドリッチをバックラインからサポートするロブレン。そのモドリッチを「現在のフットボール界におけるベストプレーヤーの1人」と誇り、バロンドール受賞を強く推した。 「ルカ・モドリッチとのプレーは、本当に喜びでしかない。彼は世界が誇るベストプレーヤーの1人だからね」 「仮にモドリッチがスペイン人やドイツ人だったなら、今頃もっと世界中の注目を集める選手だっただろう」 「それに、バロンドールも勝ち取っていたかもね。僕らの国は小さく、あまり注目を浴びることがない」 「モドリッチは、全てのフットボールファンから驚異的な存在として認知されている選手。間違いなく今のベストプレーヤーだよ」 2018.06.25 20:20 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース