フランスリーグが来季からVAR導入へ!2017.12.15 02:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスプロサッカーリーグ機構(LFP)は14日、同日の幹部会で行われた投票によって2018-19シーズンからリーグ・アンでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入を支持することを決定した。フランス『レキップ』が伝えている。

▽『レキップ』の伝えるところによれば、LFPの取締役会は14日に行われた会合の場でゴールシーン、ペナルティキック、一発レッドカード、非スポーツマン行為など選手の振る舞いに関して、VARを使用した新たな判定システムを採用することを決定したという。

▽ただ、来シーズンからのVAR導入に関しては、来年3月に国際サッカー評議会(IFAB)の正式な承認を受ける必要があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

古豪スタッド・ランスが3シーズンぶりのリーグ・アン復帰《リーグ・ドゥ》

▽リーグ・ドゥ(フランス2部)の第34節、スタッド・ランスvsACアジャクシオが20日に行われ、ホームのスタッド・ランスが1-0で勝利した。この結果、首位のスタッド・ランス(勝ち点78)が1試合消化試合が多い3位のACアジャクシオ(勝ち点63)との勝ち点差を「15」に広げ、3シーズンぶりのリーグ・アン復帰を決めた。 ▽1940年代後半から1960年代前半までに6度のリーグ・アン制覇を果たした古豪スタッド・ランスは、1955-56シーズンに創設されたチャンピオンズリーグの前身ユーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップでレアル・マドリーと共に決勝を戦ったフランス屈指の名門。 ▽その後は長期に渡る低迷期を経て2011-12シーズンに34年ぶりのリーグ・アン昇格を果たすも、2015-16シーズンを18位で終えて再び降格。それでも、昨季7位から大きくジャンプアップを果たした今季ここまでは25勝5敗3分けの安定した戦績で3シーズンぶりのリーグ・アン復帰を決めた。 2018.04.21 14:02 Sat
twitterfacebook
thumb

「私がPSGにいたら…」デュガリー氏、優勝懸かった一戦でオンラインポーカーをしていたネイマールを批判

▽かつてミランやバルセロナでプレーした元フランス代表FWクリストフ・デュガリー氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールを批判した。『EURO SPORT』が伝えている。 ▽2位・モナコとの勝ち点差14をつけて首位に立っていたPSG(勝ち点84)は、15日のリーグアン第33節でモナコ(勝ち点70)と直接激突した。PSGは勝てば2シーズンぶり7度目のリーグ優勝が決まる一戦に、攻撃陣が爆発。ロ・セルソとディ・マリアの2ゴールを含む計7発でモナコを圧倒して、リーグ優勝を成し遂げた。 ▽2月に右足首のねん挫および第5中足骨の骨折という負傷を負ったネイマールは、この時母国のブラジルで自宅療養中。しかし、同メディアによるとネイマールは試合中、自宅のテレビでPSGの試合を観戦しながら、オンラインポーカーを楽しんでいる様子をSNSで投稿していたようだ。 ▽これに対してデュガリー氏は、ネイマールが優勝が決定するかもしれない瞬間に立ち会わなかったことに疑問を抱いているようだ。 「どうして彼はタイトルが懸かった一戦でチームメイトと共に居なかったのか? 彼はリーダーという役割が与えられた。それなのに勝利を分かち合うこともしないのか」 「PSGはそれを受け入れることはできるのだろうか? 私がPSGにいたらとても怒っているだろうね」 2018.04.19 10:53 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG通算7度目のリーグ優勝も…エメリ「トップクラブになるには時間と忍耐が必要」

パリ・サンジェルマン(PSG)のウナイ・エメリ監督は、国内リーグでの地位を確立するバルセロナやバイエルンと比較するのは時期尚早だと考えているようだ。<br><br>15日に昨シーズン王者のモナコをホームで7-1で下したPSGは、2シーズンぶりのリーグ・アン優勝を決めた。ここ6年で5度目のリーグ制覇と、近年は国内で無類の強さを誇るPSGだが、エメリ監督はフランスを代表するクラブになるにはまだまだ時間がかかるとの見解を示している。<br><br>「ドイツではバイエルンがどのクラブよりも優勝しているし、スペインではレアル・マドリーとバルセロナ、イタリアではユベントスに加えミランとインテルだ。しかし、フランスではPSGが7度目の優勝と、ようやくリヨンの優勝回数に追いついた」<br><br>「フランスで、PSGが最高の地位を築き上げるには、時間と忍耐が必要だ。我々はまだ新しいコンセプトを持つ新しいクラブにすぎない」<br><br>パリSGは国内3冠に向け、18日にクープ・ドゥ・フランス準決勝でカーンと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.18 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGに7発大惨敗&目の前での優勝決定に…モナコ、サポーターへの返金を発表

▽モナコは16日、PSG戦での大惨敗を受けて敵地に駆け付けたサポーターへの返金を発表した。 ▽勝ち点差14で首位・パリサンジェルマン(PSG)を追いかける2位・モナコ(勝ち点70)は15日、リーグ・アン第33節でPSG(勝ち点84)のホームに乗り込んだ。この一戦に敗れれば目の前でPSG優勝が決定するモナコだったが、2シーズンぶり7度目の優勝を目指すチームに圧倒される展開に。ロ・セルソとディ・マリアの2ゴールを含む計7発を浴び、モナコはR・ロペスの1点に留まり、1-7の大惨敗。目の前でリーグ優勝を決められてしまった。 ▽この敗戦を受けてモナコは16日、クラブ公式ツイッター(@AS_Monaco)で「モナコは敵地での試合に駆け付けてくれたサポーターの皆様への返金を実施することを決定致しました。詳細は今週初めに発表いたします」と更新した。 2018.04.16 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン制覇も退任濃厚のエメリ監督「私の去就に関わらず…」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるウナイ・エメリ監督は、自身の去就に関わらずクラブの計画を信じていることを明かした。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽2位・モナコとの勝ち点差14をつけて首位に立っていたエメリ率いるPSG(勝ち点84)は、15日のリーグアン第33節でモナコ(勝ち点70)と直接激突した。PSGは勝てば2シーズンぶり7度目のリーグ優勝が決まる一戦で、攻撃陣が爆発。ロ・セルソとディ・マリアの2ゴールを含む計7発でモナコを圧倒して、リーグ優勝を成し遂げた。 ▽2016年6月にPSGの指揮官に就任して初のリーグ・アン制覇となったエメリ監督だが、チャンピオンズリーグでは2年連続でベスト16で敗退していることで、今季限りでの契約満了が濃厚となっている。 ▽それでもエメリ監督は、自身の去就に関わらずこのクラブの発展を祈っていることを主張している。 「ヨーロッパで成長するためには、まずリーグ・アンで優勝しなくてはならない」 「フランスではこれまでサンテチェンヌが10回、マルセイユが9回、モナコとナントが8回このリーグを制覇している。そして今日、我々は7回目の優勝を成し遂げた。20年前、PSGがリーグアンで優勝するということはとてつもなく大きなことであった」 「このクラブはより大きく発展するためのアイディアを持っている素晴らしいクラブだ。私個人としてもそれに関わることができてとても幸せだよ」 「フランスで最強のままでいなくてはいけない。そして、国外で成長し続けなくてはいけない」 「私の去就に関わらず、このチームのプロジェクトと成長を信じている」 2018.04.16 17:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース