フランスリーグが来季からVAR導入へ!2017.12.15 02:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスプロサッカーリーグ機構(LFP)は14日、同日の幹部会で行われた投票によって2018-19シーズンからリーグ・アンでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入を支持することを決定した。フランス『レキップ』が伝えている。

▽『レキップ』の伝えるところによれば、LFPの取締役会は14日に行われた会合の場でゴールシーン、ペナルティキック、一発レッドカード、非スポーツマン行為など選手の振る舞いに関して、VARを使用した新たな判定システムを採用することを決定したという。

▽ただ、来シーズンからのVAR導入に関しては、来年3月に国際サッカー評議会(IFAB)の正式な承認を受ける必要があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ボルドー、主将の元フランス代表MFトゥラランと契約解除

▽ボルドーは18日、双方合意の下で元フランス代表MFジェレミー・トゥララン(34) との契約を解除したことを発表した。 ▽ナントの下部組織で育ったトゥラランは2001年にトップチームへと昇格。リヨンやマラガなどでプレー後、モナコを経て、2016年夏にボルドーへ移籍。2年契約を結んでいた。 ▽卓越した戦術眼を生かした安定感溢れるパフォーマンスに加え、若いチームの中でリーダーシップを発揮し、2016-17シーズン後半からはキャプテンとしてチームに貢献。今シーズンもここまでリーグ戦20試合に出場するなど、クラブの上位争いに貢献していた。 2018.01.19 00:45 Fri
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバ、ファンからネイマールへブーイングも「怒っているようには見えなかった」

パリ・サンジェルマン(PSG)でキャプテンを務めるブラジル代表DFチアゴ・シウバは、ネイマールが自軍のサポーターから受けたブーイングに対して怒りを見せていないと語っている。フランス『カナル・プラス』に語った。<br><br>PSGが8-0の圧勝を収めた18日のディジョン戦で、史上最高額の移籍金で加入したエースは4得点を挙げる活躍を見せた。しかし、7-0の状況でエディンソン・カバーニが獲得したPKを、すでにハットトリックを決めていたネイマールが蹴ったことにPSGサポーターは怒りを露わにした。カバーニはこの日、チーム3点目を決めたことによりズラタン・イブラヒモビッチが持つ156ゴールのクラブ歴代得点記録に並んでおり、このPKを決めていれば新記録を達成するはずだったからだ。<br><br>ホームでの記録更新を期待したPSGサポーターのカバーニコールを尻目にPKを沈めたネイマールには、ブーイングが浴びせられた。それでも、シウバはネイマールが落ち着いているように見えたと話す。<br><br>「ネイマールが怒っているようには見えなかった。彼の行為に納得のいかないサポーターはいたかもしれないけど、大事なことは8-0で僕たちが勝ったということさ。カバーニはすぐに新記録を達成するよ。試合はまだまだ残されていて、なにより彼はいつでもゴールを決め続けてきたからね」<br><br>8-0という完璧な試合を見せたにも関わらず、ネイマールのチームメイトへの敬意を欠く行為により不穏な空気がスタジアムを包んだものの、指揮官であるウナイ・エメリのネイマールへの信頼は揺るがないようだ。<br><br>「カバーニは我々のストライカーだ。彼はチームを助け、チームは彼のゴールを手伝っている。今回、PKはネイマールに譲ったが、これからもっとたくさんのゴールを決める機会がある。ネイマールがいた方がいいチームであることは明白だ。勝利も記録も全てはチームのためにある」<br><br>圧倒的なパフォーマンスを見せながらも、カバーニとのPKを巡るトラブルが後を絶たないネイマール。プレー以外の部分でもサポーターに認めてもらえる日は来るのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 15:34 Thu
twitterfacebook
thumb

D・カルロス、試合中に蹴りを喰らわせた審判に「彼のことを許す。笛を吹き続けて」

ナントDFジエゴ・カルロスが、無期限の活動停止処分を受けたトニー・チャプロン主審について口を開いている。<br><br>先のナントとパリ・サンジェルマンの一戦で、&ldquo;事件&rdquo;は起こった。この試合の後半アディショナルタイム、ジエゴ・カルロスと接触したチャプロン主審は反射的に同選手に蹴りを喰らわせ、加えて2枚目のイエローカードを提示して退場を命じたのである。<br><br>事態を重く見たフランスサッカー連盟は、チャプロン主審の無期限活動停止を決定している。だが渦中のジエゴ・カルロスは、スペイン『コペ』で同主審の復帰を願うと話している。<br><br>「あのリアクションには驚いた。信じられなかったよ。僕は銅像のように固まってしまった。『今、何をしたんだい?』と思わず彼に聞いてしまったからね」<br><br>「だけど、僕は彼のことを許すよ。これからも笛を吹き続けてほしい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 13:02 Thu
twitterfacebook
thumb

川島永嗣、無失点勝利に大きく貢献…最下位メスはここ5試合で4勝1分け

リーグ・アンで最下位となっている川島永嗣所属のメスが、今シーズンのリーグ戦4勝目を挙げた。<br><br>メスは17日、リーグ・アン第21節でサンテティエンヌと対戦。トマ・ディディヨンの負傷もあり、前半戦の終盤から正キーパーに定着している川島は7試合連続で先発した。試合はメスが前半のうちに2点をリードすると、後半にも1点を追加。3-0で完封勝利を飾っている。川島自身もビッグセーブでチームを救い、勝ち点3獲得に貢献した。<br><br>いまだ最下位となっているメスだが、公式戦ここ5試合は4勝1分け。残留圏内の17位リールとは勝ち点7差まで縮め、逆転残留への歩を進めている。<br><br>▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 10:36 Thu
twitterfacebook
thumb

ネイマールにファンからブーイング…カバーニの記録超えチャンスにPKを譲らず

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールに対するファンからの逆風が強まっているようだ。スペイン『マルカ』、『アス』などが伝えた。<br><br>PSGは17日、リーグ・アン第21節でディジョンと対戦。試合はネイマールの4ゴールなどもあり、PSGが8-0で快勝した。しかし、試合の終盤に火種となりかねない出来事が発生している。<br><br>83分にPSGはPKを獲得。この試合ですでに1ゴールを奪っていたエディンソン・カバーニはズラタン・イブラヒモビッチの得点記録と並び、イブラ超えにリーチがかかっていた。そのため、ホームの観衆はカバーニが蹴ることを期待したが、キッカーはすでに決まっているとおりネイマールで、決めた直後にもファンからはブーイングが飛ばされた。<br><br>ウナイ・エメリ監督は「カバーニはイブラを超えるチャンスをすぐに得るだろう」とコメント。チームメイトのトーマス・ムニエも「ネイマールは責任を背負ってPKを蹴ることになっている。確かにカバーニにPKを譲ったら素晴らしい行為だったけどね。カバーニは今週や来週にもゴールを決めるはずさ。ネイマールは4ゴール2アシストという結果を残した。ファンのブーイングという反応はあまりに無礼だね」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 10:35 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース