フランスリーグが来季からVAR導入へ!2017.12.15 02:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスプロサッカーリーグ機構(LFP)は14日、同日の幹部会で行われた投票によって2018-19シーズンからリーグ・アンでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入を支持することを決定した。フランス『レキップ』が伝えている。

▽『レキップ』の伝えるところによれば、LFPの取締役会は14日に行われた会合の場でゴールシーン、ペナルティキック、一発レッドカード、非スポーツマン行為など選手の振る舞いに関して、VARを使用した新たな判定システムを採用することを決定したという。

▽ただ、来シーズンからのVAR導入に関しては、来年3月に国際サッカー評議会(IFAB)の正式な承認を受ける必要があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

道化扱いのネイマール「痛い。ケガする。経験者しかわからない」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが反撃した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽現フットボール界指折りのタレントに数えられるネイマール。しかし、ファウルを受けた際のリアクションが「痛がり過ぎ」や「オーバージェスチャー」などの冷ややかな見解を集め、皮肉にも巷で「ネイマール!」のひと声で子供がピッチを転がる“ネイマールチャレンジ”が流行り始めている。 ▽19日にサンパウロで行われたイベントに登場したネイマール。道化扱いされる自身の現状や、思いの丈を語り、世論に対して次のように反発した。 「みんな、僕がタックルを受けたがっていると思っているのかな。そんなわけがない。痛いし、ケガする。試合が終わったら、4〜5時間をかけてアイシングだ。複雑だけど、経験者にしかわからないだろうね」 「茶化しも見たよ。あれ自体はユーモアのひとつだと捉えてね。僕自身も、昨日のインスタグラムに子供たちとのやりとりを投じた。僕はドリブルが真髄の選手。対面する相手に『そこを通してくれ』なんて言えない」 「彼らはファウルで僕を止めようとしてくる。僕は他の選手より素早いし、軽やかだからね。だから、相手は僕にタックルを仕掛けてくる。だから、そういったプレーに笛を吹くレフェリーがいる」 2018.07.22 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

パリSG指揮官トゥヘル、ムバッペらの合流を心待ちに「彼らのW杯はあまりに長すぎた」

パリ・サンジェルマンのトーマス・トゥヘル監督は、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)の試合でバイエルンに1-3で敗れた。だが、指揮官は現時点での黒星はそれほどシーズンの出来に左右しないものと見ていないようだ。<br><br>トゥヘル監督はバイエルンに敗れた後、会見で主力が数多く欠場していたことについて、ユーモアを交えて次のように述べている。<br><br>「我々にはキリアン(ムバッペ)、エディンソン(カバーニ)、ネイマールとスペシャルな攻撃陣がいる。彼らと一緒に仕事をする日が待ちきれないよ」<br><br>「彼らが戻ってくる日を辛抱強く待つ必要があることは承知している。彼らのワールドカップはあまりに長すぎたからね」<br><br>ICCの試合でバイエルンに敗れたことについては「それでも選手たちの頑張りは十分だったと思うよ。アドリアン(ラビオ)、ラサナ(ディアラ)、クリストファー(エンクンク)、ジャンルイジ(ブッフォン)なんかは十分に経験のある選手たちだけど、それ以外は若い選手が多い。彼らはしっかりやってくれたと思う」と、愛弟子たちを擁護している。<br><br>「敗れたけれど、内容は悪くなかったと思う。バイエルンのような強豪と戦える機会はとても貴重だからね。これからもっと良くなって、勝てるチームへと成長できると思う」<br><br>パリSGは週明けにシンガポールへ移動し、今度はアーセナル、アトレティコ・マドリーと戦うことになる。<br><br>提供:goal.com 2018.07.22 07:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ブッフォン加入のPSG、GKコーチもイタリア人に

▽ユベントスを退団したGKジャンルイジ・ブッフォンを獲得したパリ・サンジェルマン(PSG)が、GKコーチにジャンルカ・スピネッリ氏を迎えたことを発表した。 ▽スピネッリ氏は2014年からイタリア代表でコーチを務めており、すでにブッフォンを指導した経験がある人物。最近までアントニオ・コンテ氏のスタッフとして、チェルシーでGKコーチを務めていた。 ▽チェルシーの守護神ティボー・クルトワが信頼を寄せたというGKコーチは、PSGのGK陣をレベルアップさせられるだろうか。 2018.07.21 05:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、マテュイディにPSG加入を勧められていた? ネイマールについても言及

▽パリ・サンジェルマン(PSG)の入団会見に臨んだ元GKジャンルイジ・ブッフォンが、チームメイトになるフランス代表MFブレーズ・マテュイディとブラジル代表FWネイマールについて語っている。『フットボールイタリア』が伝えた。 ▽ユベントス退団後、新天地を探していたブッフォンは7日にPSG加入が発表。契約期間は2019年6月30日までだが、2年目の契約延長オプションが付随している。 ▽9日に入団会見を行ったブッフォンは、マテュイディにPSG加入を勧められていたことを告白。また、ロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト8敗退となったブラジル代表FWネイマールについて言及した。 「ブレーズ(・マテュイディ)は特別な人だよ。僕らの間にはとても強い共感があるんだ。彼にはこのクラブに来るように勧められたし、『ジジ(ブッフォンの愛称)、あなたのような選手がパリに必要だ。ドレッシングルームはとても快適だよ』とね」 「ネイマールについてかい? 僕ら全員は幸せと困難な瞬間を経験する。彼はその段階なのかもしれないね。もし彼が正しい方法でそれに立ち向かおうとするのなら、その手助けがしたい」 「ネイマールはロシアで失望を味わい、リベンジへの怒りと世級を抱いてここに戻ってくるだろう。これはPSGにとって良いことだよ。驚くべき才能を持っているしね」 2018.07.11 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、同い年ブッフォンのPSG移籍に驚き「40歳でチームを変えるなんて」

新シーズンに向けて始動したミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが9日、記者会見に出席し、同い年の40歳GKジャンルイジ・ブッフォンの移籍についてコメントしている。<br><br>2017-18シーズン限りで17年間を過ごしたユベントスを退団したブッフォンは6日、パリ・サンジェルマンへの加入が発表された。ブッフォンと同じく1978年1月生まれのガットゥーゾは、イタリア代表の元同僚GKに驚きを隠せない。<br><br>「彼が40歳でチームを変えるなんて、考えもしなかった。それもヨーロッパの強豪クラブへ移籍した。私の記憶が正しければ、2010年には背中がボロボロだと言って、終わった選手としてみなされていた。それが今になってもまだ、ジジが話題になるなんてね&hellip;」<br><br>過去に背中のトラブルを抱えながらも、トップレベルでのプレーを続けている40歳GKに尊敬の眼差しを送った。<br><br>続いてガットゥーゾは、名門ミランの指揮を執るプレッシャーについても自身の考えを明かしている。<br><br>「プレッシャーは感じるが、恐れてはいない。私はこのプレッシャーが好きだし、全力を尽くしたい。自分自身は一人目のサポーターであり、監督であり、ウルトラスのボスでもある。このクラブの指揮を執ることができて誇りに思う」<br><br>また現在、ミランには、GKジャンルイジ・ドンナルンマと、ナポリからフリーで加入したGKホセ・マヌエル・レイナがおり、トップレベルのGKが2人所属している。<br><br>「コンディションの良い方がプレーする。偉大なGK2人がいるが、いないよりは良いだろう。私にとって問題かもしれないが、これで構わない」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.10 23:30 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース