フランスリーグが来季からVAR導入へ!2017.12.15 02:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスプロサッカーリーグ機構(LFP)は14日、同日の幹部会で行われた投票によって2018-19シーズンからリーグ・アンでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入を支持することを決定した。フランス『レキップ』が伝えている。

▽『レキップ』の伝えるところによれば、LFPの取締役会は14日に行われた会合の場でゴールシーン、ペナルティキック、一発レッドカード、非スポーツマン行為など選手の振る舞いに関して、VARを使用した新たな判定システムを採用することを決定したという。

▽ただ、来シーズンからのVAR導入に関しては、来年3月に国際サッカー評議会(IFAB)の正式な承認を受ける必要があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

「良い監督になれる」モナコ指揮官就任のアンリにデシャンら盟友がエール

モナコ新指揮官への就任が決まったティエリ・アンリ氏に対して、フランス代表やアーセナル時代の盟友らがエールを送った。<br><br>今シーズン、成績不振を理由にレオナルド・ジャルディム監督を解任したモナコは13日、クラブOBでもあるアンリ氏の招へいを発表。これまでベルギー代表のコーチしか実績のない同氏にチームの再建を託す形となった。<br><br>これを受け、アンリ氏とともに1998年の自国開催のワールドカップで優勝を成し遂げた現在フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督は、フランス『テレフット』でモナコ指揮官への就任が決まった後に連絡を取ったと話した。<br><br>「彼に電話したが、これといったアドバイスを送ってはいない。ティエリは十分に準備できているし、彼はこの瞬間を迎えるまでにすべてのことをやって来た。彼には十分な情熱がある。良いコーチになるために必要なものをすべて持っている」<br><br>また、フランス代表とアーセナルでともにプレーしたロベール・ピレス氏は、イギリス『スカイ・スポーツ』でデシャン監督の言葉に同調し、アンリ監督が瞬く間にトップレベルの指導者になるだろうと話した。<br><br>「ティティはフットボールを愛していて、フットボールやチーム、そして選手たちのことをすべて理解しているから、きっと成功を手にできるはずだ。ティティがそうできると自信を持って言える」<br><br>さらに、ウィリアム・ギャラス氏も同メディアでアンリ監督についてコメントした。「彼が選手のとき、リーグ・アンやリーグ・ドゥ、それに代表レベルの選手たち全員のことを知っていた。彼はフットボールを本当に愛している男だ。彼には監督になる適切なチャンスが必要だっただけだ」<br><br>ついに指揮官としてのスタートラインに立ったアンリ監督は、20日に敵地で行われるストラスブール戦で初陣を切る。<br><br>提供:goal.com 2018.10.15 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル氏がモナコ指揮官アンリの成功に太鼓判「必要なものすべてを持っている」

元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏は、モナコ指揮官への就任が決まったティエリ・アンリ監督にエールを送った。<br><br>先日にレオナルド・ジャルディム前監督を更迭したモナコは13日、現役時代に同クラブでプレーし、アーセナルやフランス代表で多くの活躍を残したアンリ氏の招へいを発表。これを受け、同指揮官とアーセナル時代に長きにわたってタッグを組んだヴェンゲル氏は、ハノーファーで行われたペア・メルテザッカーの引退試合後に、新米監督の成功を後押しする一方で、監督キャリアが始まる上での心配も口にした。<br><br>「もちろん、モナコにとってティエリ・アンリは良い選択だ。彼には多くの信頼がある。とても賢く、フットボールをよく理解している。彼は指揮官として必要なものをすべて持っている」<br><br>「しかし、スタートを切るときには少しの運も持っていなくてはならない。良い振る舞いが必要になるし、犠牲を厭わないことも必要だ。人生のすべてを犠牲にしなければならない」<br><br>2シーズン前にはリーグ・アン優勝を飾ったモナコだが、今シーズンは現在18位と低迷。監督デビューを飾るアンリ氏は極度の不振に陥る古巣を立て直せるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.14 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

PSGがヴェンゲルをGMとして招へいか? 教え子ヴィエラ&アンリと対峙?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)がアーセン・ヴェンゲル氏(68)をゼネラル・マネジャー(GM)として招へいすることを目指しているようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽現在、PSGではアンテロ・エンリケ氏がスポーツ・ディレクター(SD)としてリクルート部門を統括しているが、今夏の守備的MFの補強失敗などクラブ内での評価が低下している。そのため、クラブは来年1月の移籍市場後に同氏を更迭することを検討しているという。 ▽そして、同氏に代わる新たなリクルート部門の統括者としてヨーロッパのフットール界に絶大なコネクションを持つヴェンゲル氏の招へいを目指しているようだ。 ▽先日にバイエルンの新指揮官候補に挙がるなど、指導者としても人気を集めるヴェンゲル氏だが、豊富な資金力に加え、ヨーロッパ最高峰の育成組織を持つPSGのリクルート部門での仕事はなかなか興味深いものだが果たして…。 2018.10.13 20:21 Sat
twitterfacebook
thumb

アンリのモナコ監督就任にアーセナル「アンリvsヴィエラが待ちきれない!」

▽アーセナルが、クラブのレジェンド、ティエリ・アンリ氏のモナコ監督就任に公式ツイッターで激励の言葉を送っている。 ▽モナコは13日、アンリ氏の監督就任を発表した。プロデビューを果たした古巣でアンリ氏は監督としての一歩を歩み始めた。 ▽この発表に同じく古巣のアーセナルが激励。「幸運を祈っているよ、ティエリ。大きなチャンスだ。我々は君の心のそばにいる。応援しているよ」というメッセージの後に、“追伸”として以下のように綴っている。 「追伸、ニースの(パトリック・)ヴィエラ監督との対戦が待ちきれないね!」 ▽ニースは今夏にヴィエラ監督を招へい。同監督にとってトップチームを率いるのはニューヨーク・シティFCに続いてこれが2チーム目である。 ▽なお、モナコとニースが対戦するのは12月8日に行われるリーグ・アン第17節。かつて“インビンシブル”と称えられたアーセナルを支えた2人のレジェンドが、今度は監督として相まみえる。 2018.10.13 19:41 Sat
twitterfacebook
thumb

ベンゼマの元代理人、代表キャリア終焉を宣告したFFF会長を痛烈批判「彼への侮辱だ」

元フランス代表FWカリム・ベンゼマの元代理人は、同選手の代表でのキャリアは終わったと発言したフランスサッカー連盟(FFF)を非難した。<br><br>2015年に起きたマティアス・ヴァルブエナに対しての恐喝事件への関与が発覚して以降、代表から遠ざかるベンゼマ。2016年に行われた自国開催のユーロやロシア・ワールドカップでの躍進にチームを導いたディディエ・デシャン監督は、レアル・マドリーで活躍を続ける同選手の代表復帰への扉を閉ざしたままだ。<br><br>さらに10日、FFFのノエル・ル・グラエ会長は、フランス『Ouest-France』で「ヴァルブエナとベンゼマの事件は先週進展を迎えたが、まだ終わっていない。カリムに敵対心はないし、彼は常にナショナルチームのために良い働きを見せてきた。しかし、彼のレ・ブルーでの時間は終わった」とベンゼマに事実上の代表引退を突き付けた。<br><br>しかし、これに対して反発を見せたのが、元代理人のカリム・ジャジリ氏。同氏はツイッターで、ベンゼマの代表でのキャリアは終わったと一方的に宣告したル・グラエ会長に非難の矛先を向けた。<br><br>「ノエル、2018年6月に君はベンゼマのキャリアをすでに終わらせ、そして今は再び同じことをやっている。彼への侮辱だ。何かばつの悪いことでもあるのか? 彼が他の国でプレーできることを許可するようFIFA(国際サッカー連盟)に手紙を書け」<br><br>ベンゼマはこれまでにフランス代表で81キャップを積み上げ、27ゴールを記録した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.12 09:50 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース