バティ、自身の得点記録を破った代表の後輩メッシに対し「エイリアンだから…」2017.12.14 00:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチン代表のレジェンドであるガブリアル・バティストゥータ氏が、自身の持つ同国代表での最多得点記録を更新したバルセロナのFWリオネル・メッシを「エイリアン」と評した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽メッシは昨年6月の代表戦でバティストゥータ氏が77試合で達成した54ゴールを上回り、アルゼンチン代表の歴代最多得点者になった。現在では、123試合61ゴールまで記録を伸ばしている。それに対してバティストゥータ氏は今夏、「思ったより時間がかかったね。私はより早く記録を達成した」と語っていたが、やや態度を軟化させているようだ。

「私にとって誇りになっていた部分で負けるのは好ましくない。けど、それを塗り替えたのがエイリアンの(リオネル・)メッシだからまだ寛容でいられる」

コメント

関連ニュース

thumb

シメオネJr.が父の愛するクラブでのプレーを希望 「アトレティコでのプレーはきっと素晴らしい」

▽フィオレンティーナに所属するアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(23)がアトレティコ・マドリーでのプレーを希望している。同選手がアルゼンチン『FOX』で語った。 ▽アトレティコの指揮官ディエゴ・シメオネ監督を父親に持つシメオネは、母国屈指の名門、リーベルプレートでプロデビュー。その後、2016年にジェノアでヨーロッパでのキャリアをスタートし、昨季はフィオレンティーナでリーグ戦14ゴールの見事な活躍を披露。さらに、先月の代表ウィークにはグアテマラ代表戦でアルゼンチン代表デビューを飾り、デビューゴールまで決めてみせた。 ▽現在、多くのビッグクラブが関心を示す中、シメオネは尊敬する父が選手としてだけでなく監督としても活躍しているアトレティコでプレーすることを希望しているようだ。 「アトレティコのためにプレーすることはきっと素晴らしいと思うよ」 「僕はこれまで父から指導を受けるチャンスが一度もなかった。同時に彼はその可能性について僕に求めることは一度もなかったんだ」 ▽なお、シメオネ監督は以前に自分がアトレティコを率いる限り、息子が同クラブでプレーすることは“絶対”にないと主張しており、同クラブで親子共演が果たされる可能性は限りなく低い。 ▽その一方で、以前からアルゼンチン代表監督の有力候補に挙がっている同監督が、今後のアルビセレステの将来を担う息子を指導するチャンスはあるのかもしれない。 「父がアルゼンチン代表監督になるかって? 彼はいつでも正しい時期ではないと言っているよ。だけど、プレーヤーとしては父が代表監督になるところを見てみたいと思っている」 「個人的に多くのアルゼンチン国民は父の就任を希望しているんじゃないかな。偉大な監督だからね」 2018.10.15 15:48 Mon
twitterfacebook
thumb

「彼にはリーダーの資質はない」マラドーナ、メッシを批判?それとも…

▽アルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ氏が、バルセロナのFWリオネル・メッシについて「リーダーの資質はない」と発言している。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽世界最高のフットボーラーとして、バルセロナ、そしてアルゼンチン代表をけん引しているメッシ。バルセロナでは数多のタイトルを獲得してきたものの、代表での主なタイトルは2008年のオリンピックのみ。ロシア・ワールドカップではベスト16敗退と不甲斐ない結果に終わった。 ▽代表で結果を出せていないことから度々批判の的にされるメッシ。ロシア・ワールドカップ後、ここまで代表招集を見送っているが、以前「もう代表を引退しろ」と豪語した同国のレジェンド・マラドーナ氏が今度は「リーダーの資質がない」と言い放った。 「メッシは素晴らしい選手だが、リーダーではない。こんなこと言うのは心苦しいが、試合前に20回もシャワーを浴びる男にリーダーの資質があるとは思わない」 ▽このように言い切ったマラドーナ氏だが、メッシが偉大な選手であることを強調している。 「メッシを神様のように扱うのはやめよう。彼も1人の選手なんだ。我々は彼にプレッシャーを与えてはならない」 「彼をリーダーという枠から外して、メッシにはやりたいようにやってもらいたい」 2018.10.13 19:09 Sat
twitterfacebook
thumb

「チームプレーが必要になる」アルゼンチン暫定指揮官がメッシ不在に手応え

▽アルゼンチン代表を暫定で指揮するリオネル・スカローニ監督が、スーパースター不在のチームのメリットを語った。スペイン『アス』が伝えている。 ▽11日の国際親善試合でイラク代表に4-0で快勝したアルゼンチン代表。16日にはブラジル代表との試合も控えているが、スカローニ監督はバルセロナFWリオネル・メッシを今回のメンバーに呼んでいない。 ▽しかし、スカローニ監督は不在のチームに手応えを感じているようだ。 「将来的には(リオネル・)メッシを望む。彼は世界最高の選手だ」 「彼が不在ならば、私たちはチームとしてのプレーを試みなければならない。それは一案だ。チームとしてプレーし、私たちは倒すのが難しい相手になる」 ▽また、ロシア・ワールドカップ(W杯)をベスト16で終えたホルヘ・サンパオリ前監督を解任して以来、スカローニ監督が暫定でアルゼンチンを指揮する状態が続いている。後任の発表が待たれている中、スカローニ監督は自身の契約が11月までであることを明かした。 「現行(契約)では私は11月までだ。その後は違う」 2018.10.13 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

メッシやアグエロ不在のアルゼンチン、ディバラが3Gに絡む活躍でイラクに快勝《国際親善試合》

▽アルゼンチン代表は11日、国際親善試合でイラク代表とサウジアラビアで対戦し、4-0で快勝した。 ▽スカローニ暫定体制のアルゼンチンはメッシやアグエロ、ディ・マリアらが招集外となっている中、ディバラやL・マルディネスらが先発となった。 ▽中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]を採用したアルゼンチンは、2トップにディバラとL・マルティネス、トップ下にフランコ・バスケス、右にメサ、左にデ・パウル、アンカーにパレデスを配置した。 ▽そのアルゼンチンは右サイドに流れるディバラを起点に打開を図ると、18分に先制する。ディバラのパスを受けた左サイドのアクーニャのクロスをL・マルティネスがヘディングシュートで流し込んだ。 ▽さらに24分、アクーニャがミドルシュートで追加点に迫ったアルゼンチンは、迎えた後半開始4分にディバラのコントロールシュートでゴールに近づくと、54分に突き放す。ディバラの仕掛けからパスを受けたボックス左のR・ペレイラのシュートが決まった。 ▽余裕のアルゼンチンは82分、ディバラの右CKからニアのサルビオがヘッドで逸らし、ファーサイドのペッゼッラがヘッドで押し込んで3-0とすると、追加タイムにはセルヴィのドリブルシュートも決まって4-0と圧勝した。 ▽快勝したアルゼンチンは16日にブラジル代表と対戦する。 2018.10.12 06:10 Fri
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソが現役引退! ボカやインテル、ローマで活躍

▽元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソ(37)が10日、自身の公式『インスタグラム(@nicolasburdisso_official)』で現役引退を発表した。 ▽昨シーズン限りでトリノを退団したブルディッソには、先日に第3センターバックのルーマニア代表DFヴラド・キリケシュがヒザ前十字じん帯断裂で長期離脱を強いられていたナポリが関心を示していたが、同選手は最終的にスパイクを脱ぐ決断をした。 ▽1999年10月10日にボカ・ジュニアーズで18歳でのプロデビューを飾ったブルディッソは、ちょうどそれから19年後の2018年10月10日に、ボカ・ジュニアーズとアルゼンチン代表のアイドル、ディエゴ・マラドーナ氏と抱擁している写真と共に現役引退のコメントを発表した。 「デビュー19周年を迎えたこの日にフットボーラーとしての自分の冒険が終わりを迎えたことを発表する」 「この道を自分と共に歩み続けてくれた神、家族、チーム、プレーヤー、コーチ。とりわけ、ファンたちに感謝の気持ちを伝えたい」 「フットボールは自分を毎日、幸せにし人間として成長させてくれる大事なツールだった。それは今後も続いていくと思う。今は本当に誇り高く満ち足りた気持ちなんだ。僕は子供の頃に夢見たすべてを叶えることができたんだ」 ▽1999年に南米屈指の名将カルロス・ビアンチ監督の下、母国の名門ボカ・ジュニアーズでプロキャリアをスタートしたブルディッソは、2004年にインテルに完全移籍で加入。 ▽しかし、“カルチョポリ”の影響もあってセリエA5連覇の黄金期を過ごしたインテルでは思うように出場機会を得られず、2009年にローマへレンタル移籍で加入。その後、完全移籍を果たした同選手は2014年まで主力として活躍。そして、ジェノアを経て昨年からトリノでプレーしていた。 ▽前述のインテル時代に4度のセリエA制覇に2度のコッパ・イタリア制覇、ボカ・ジュニアーズ時代に2度のアルゼンチンリーグ制覇、2度のトヨタカップ制覇など、クラブキャリアを通じて多くのタイトルを獲得してきた。 ▽2003年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)、2010年南アフリカW杯の2大会に出場するなど、通算49試合に出場し2ゴールを記録。また、2001年のFIFA U-20W杯、2004年のアテネ・オリンピックと世代別代表時代に優勝を果たした。 2018.10.10 22:15 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース