欲しがるマドリー、サラー獲得に向けてあの期待の若手を差し出す!?2017.12.13 15:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーが、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(25)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽サラーは今夏の移籍市場でローマからリバプールへ4200万ユーロで加入。すると加入直後からポジションを掴み、リーグ戦とチャンピオンズリーグでは22試合で18ゴール4アシストと結果を残している。

▽この活躍を受けて、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はサラーをマドリ―に引き込む動きを見せているようだ。来年2月に33歳を迎えるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや負傷がちのウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)らに変わる存在として考えているという。

▽また、移籍金に関してはリバプールが要した4200万ユーロ以上の金額が必要とふんでいる。そこで驚くことにカンテラ出身であるスペイン代表FWルーカス・バスケス(26)を差し出して、移籍金の引き下げを考えているようだ。

▽ルーカス・バスケスは、今シーズンのリーグ戦で13試合に出場し1ゴールをマーク。決して多くはない出場機会ながらも、そのプレーぶりはジネディーヌ・ジダン監督から高い評価を受けている。2021年までマドリ―と契約を結んでいるが、会長の決断によりマドリーを去ることになるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

クロップ開き直る! ポグバ移籍揶揄からの今夏巨額投資批判も「世界が何を考えているか気にしない」

▽リバプールのユルゲン・クロップ監督が「1人の選手に巨額の移籍金を投下しない」という、自身の考えを改めたことを認めた。イギリス『BBC』が同監督のコメントを伝えている。 ▽クロップ監督は2016年にマンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバを9200万ポンドで買い戻した際に、その資金の使い方を批判する趣旨の以下のようなコメントを残していた。 「仮に1人のプレーヤーを1億ポンド払って獲得し、そのプレーヤーが負傷してしまえば、深い溝の中に落っこちるようなことになる」 「それはフットボールの話だ。私は他のいかなる仕事をしているわけではない。試合というものはみんなで共にプレーするものなんだ」 「他のクラブはトッププレーヤーの獲得のために大金を費やすことができる。ただ、私は別のやり方をしたい」 「仮に、多くのお金を使えるようになったとしても、私は別のやり方をしたいんだ」 ▽そのコメントの一方、クロップ監督は今年1月にサウサンプトンからオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを獲得する際に、DFの歴代最高移籍金を大きく更新する7500万ポンドで獲得し、今夏ローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)をGKの歴代最高移籍金となる6700万ポンドで獲得。また、ブラジル代表DFファビーニョの獲得に総額4360万ポンド、ギニア代表MFナビ・ケイタに5275万ポンドの移籍金を支払うなど、自身の発言と矛盾する大盤振る舞いを見せていた。 ▽この一連の流れを受けて、22日に行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ2018のドルトムント戦の前日会見の場では同監督に対して過去のポグバ発言に関する質問が飛んだ。そして、クロップ監督は補強に関する自身の考えを改めたことを認めた。 「私が自分の考えを変えたかって? イエスだ。ただ、何の考えも持たないよりも考え方を変える方がいいと思っている」 「それは問題だ。どんなブルシット(くそ野郎)だって、あのときの発言を忘れないだろうね。それは未だに事実だからね」 「私は当時、世界が変わることを想像できなかった。1億ポンドなんて数字はクレイジーなものだったが、そのときから世界は変わった。我々は世界で最も高価なゴールキーパーと契約した」 「大きな資金を使わないという、私の考え方自体がすべて変わったわけではないが、それでリバプールが成功を収められないならば、我々は働く必要がある」 「スカッドを改善するにはコストがかかるものだ。昨年は素晴らしい1年だったし、これまでのところ我々にとって良い年になっている。だが、今後もプレーヤーの入れ替えは必要になってくる。エムレ・ジャンは去ったが、ファビーニョを連れてくる良いビジネスとなった。シャキリに関しては彼のワールドカップでの素晴らしいプレーを見ていたし、ストークは降格したが彼自体は良いゲームを幾度も見せていた」 「我々は世界が自分たちに関して何を考えているかは気にしない。過去にマンチェスター・ユナイテッドが私の考えを気にしなかったようにね」 2018.07.22 13:44 Sun
twitterfacebook
thumb

クロップが古巣の教え子への興味を否定せずも…「契約は尊重しなくては」

▽今夏も積極補強を見せているリバプールだが、ユルゲン・クロップ監督は教え子との契約に関する興味を隠さなかった。イギリス『Four Four Two』が伝えた。 ▽今夏は、ローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカー、モナコからブラジル代表MFファビーニョ、ストーク・シティからスイス代表MFジェルダン・シャキリを獲得しているリバプール。リヨンのフランス代表FWナビル・フェキルの獲得にも動いているとされている。 ▽リバプールは22日に、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)でドルトムントと対戦。そして、クロップ監督の古巣であるドルトムントのアメリカ代表FWクリスティアン・プリシッチ(19)の移籍話が浮上した。 ▽プリシッチは、19歳ながらすでにアメリカ代表としても21キャップを記録。ドルトムントでは、公式戦通算97試合に出場するなど、経験は豊富だ。 ▽クロップ監督は、プリシッチの下部組織所属時代にトップチームを指揮。トップチームの監督として、若きプリシッチを見守っていた。プリシッチへの興味を否定しなかったクロップ監督だが、獲得は現実的ではないとコメント。積極的に獲得に動くつもりはないようだ。 「彼はドルトムントと契約している。それが最初の問題だ」 「私はクリスチャン(・プリシッチ)を知っている。彼が子供の頃から好きだった。彼は素晴らしい選手で、みんなが彼を高く評価し、ドイツでもそれは同じだった」 「もし彼がイングランドでプレーしたいなら、そのチャンスはあるだろう。でも、彼は本当に良いクラブにいる。昨シーズンは彼にとってベストなシーズンではなかったけど、彼はドルトムントにおいて決定的な選手だったね」 「急いではいない。それは良いことだと思うし、彼は可能な限り、最高のプリシッチになりたいだろう」 「私は彼のことが好きだ。でも、契約は尊重しなくてはいけないし、市場において彼について知っていることはない。我々は我々の仕事をする。そして、ドルトムントは彼らの仕事をする。万事問題なしだ」 2018.07.22 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ナビ・ケイタ、リバプール愛を強調…バイエルンやバルサを選ばなかった理由は?

今シーズンからリバプールでプレーするギニア代表MFナビ・ケイタが、移籍を決断した理由について語った。<br><br>2016年の夏から在籍したRBライプツィヒで評価を高めたセントラルMFのナビ・ケイタは、運動量を生かした機動力やソリッドな守備だけでなく、過去2シーズンのリーグ戦で14得点を挙げるなど攻撃性能も高い23歳の有望株。5275万ポンド(約77億円)という巨額の移籍金で今シーズンからプレーするリバプールでは、同クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラード氏が着用した8番のユニフォームを背負うことが決まっている。<br><br>ジェラード氏の番号を引き継ぐことに関して、ナビ・ケイタは「8番は僕が子どもの頃から常に好んで付けてきた番号なんだ」と、イギリス紙『ガーディアン』でコメント。続けて、「この番号がリバプールで非常に重要なことは知っている。ジェラードの番号だからね。でもプレッシャーは感じないようにしているよ。重要なのは背番号に関わらずチームに貢献することだからね」と、ジェラード氏の番号を引き継ぐことに感謝しながらも、重圧を気にせず活躍することを見据えていた。<br><br>昨夏の時点でリバプール行きが内定していたナビ・ケイタに関しては、バイエルンやバルセロナも獲得に興味を示していたことが報じられていた。この件に関して、ナビ・ケイタは他クラブからの関心があったことを認めながらも、チームを率いるユルゲン・クロップ監督の存在が決断に大きな影響を与えたことを明かした。<br><br>「言われていたようなクラブから関心があったことは事実だよ。でも、監督が僕の決定に大きな影響を及ぼしたんだ。監督とは良い会話ができたし、プロジェクトを僕に話してくれた。そのことが僕を信じさせてくれたね」<br><br>リバプールは新シーズンに向けて、ナビ・ケイタのほかにもGKアリソンやMFジェルダン・シャキリ、DFファビーニョら実力者を獲得。プレミアリーグ初優勝に向けて期待が高まっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.21 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ファビーニョが“親友”ムバッペをリバプールに勧誘?「今季はPSGでプレーすると話したけれど…」

リバプールのファビーニョは、モナコ時代のチームメイト、キリアン・ムバッペと再び同じチームでプレーすることを望むと明かした。<br><br>ワールドカップのブラジル代表のメンバーから外れたファビーニョは今夏、2013年からプレーするモナコを離れ、4500万ユーロ(約57億円)でリバプールに移籍。新天地での活躍が期待される同選手は、ロシアでの大会でフランス代表の戴冠に貢献したムバッペとアンフィールドで一緒にプレーしたいと考えているようだ。<br><br>「彼はすでに新シーズンもパリ・サンジェルマンでプレーすると話したが、僕は彼がここにやって来るように説得しようと考えている」<br><br>2016-17シーズン、ファビーニョとムバッペはモナコの17年ぶりのリーグ・アン制覇やチャンピオンズリーグでのベスト4進出など、快進撃の中軸としてチームに貢献。その後、フランス代表FWはパリ・サンジェルマンへと引き抜かれたが、両選手は依然として良い関係を保てているようだ。<br><br>「僕がリバプールに移籍したとき、キリアンは祝福のメッセージを送ってくれた。残念ながら僕には彼のワールドカップでの活躍を祝うチャンスはなかった。フランスが成し遂げたことはファンタスティックで、この2年間ムバッペがプロ選手としてやってきたことも素晴らしい限りだ。チャンスがあれば早いうちに彼を祝福したいね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.21 16:26 Sat
twitterfacebook
thumb

トッティ、アリソンのリバプール移籍に「あんな額は初めて。NOとは言えない」

ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ氏は、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーのリバプール移籍について避けられなかったと認めている。イタリア『スカイスポーツ』が報じた。<br><br>アリソンは昨シーズン、ローマの主力選手としてセリエA3位、チャンピオンズリーグベスト4に貢献。今夏はブラジル代表の正守護神としてロシア・ワールドカップにも参戦した。しかし先日、GK史上最高額となる7500万ユーロ(約98億円)の移籍金でリバプールへと加入。ローマを去ることになった。<br><br>トッティは「我々は将来のために若いチームを作っているところだ」と話してこのように続ける。<br><br>「トップを争うため、可能な限り強くなりたい。移籍市場は変わった。GKに7500万ユーロなんて初めてのことだし、我々は『NO』とは言えない。世界最高のGKを失ったことは残念だが、強いチームを作ろうとしているよ」<br><br>なお、アリソンはロシア・ワールドカップに参加していたため、リバプールが行っているアメリカでのICC(インターナショナル・チャンピオンズカップ)のメンバーには含まれていない。<br><br>提供:goal.com 2018.07.21 15:50 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース