【CLグループC総括】“死の組”を制したのはローマ! チェルシー2位通過で昨季4強アトレティコが敗退…2017.12.13 18:02 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨季ベスト4の本命アトレティコ・マドリーに加え、プレミアリーグ王者のチェルシー、セリエA2位のローマと強豪3チームが揃い、“死の組”と評されたグループCでは、3番人気のローマが下馬評を覆して首位通過。また、不調のアトレティコを振り切ったチェルシーが2位通過を決めた。

■グループC順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ローマ[11/3/2/1/3]
2.チェルシー[11/3/2/1/8]
3.アトレティコ・マドリー[7/1/4/1/1]
4.カラバフ[2/0/2/4/-12]

◆柔軟性のある戦いで“死の組”制す~ローマ~
Getty Images
▽昨季の主力であるFWサラー、DFリュディガーらの流出に加え、バンディエラのFWトッティの引退、CL初経験のディ・フランチェスコ新監督の采配と、多くの不安要素を抱えて今大会に臨んだローマ。だが、終わってみれば格上アトレティコ、チェルシーとの三つ巴の争いを制し首位通過を決めた。アトレティコとの初戦を新守護神GKアリソンの圧巻のゴールキーピングでゴールレスドローで終えると、第2節のカラバフ戦で順当に初勝利。その後、チェルシーとの連戦では初戦でFWゼコ、2戦目でFWエル・シャーラウィが2ゴールずつを奪う活躍を披露し、1勝1分けで首位に浮上。その後、崖っぷちのアトレティコに初黒星を喫するも、最終節でカラバフに勝ち切って首位通過を決めた。ディ・フランチェスコ新監督の下、持ち味のハイライン&ハイプレスの能動的なスタイルに加え、後方に構えての堅守速攻と柔軟性を兼ね備える、より大人な今季のローマは、決勝トーナメント1回戦で同じセリエA勢のナポリを退けてグループFを2位通過したウクライナ王者シャフタールと対戦する。

◆安定感欠き痛恨の2位通過に~チェルシー~
Getty Images
▽CLの舞台での経験値という部分でこそ劣るものの、戦力面と智将コンテ監督の手腕という部分で本命に推す声もあったチェルシーだったが、最終節でローマに抜かれて2位通過となった。初戦のカラバフ戦に続き、第2節でアトレティコ相手に新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの公式戦初黒星を与え連勝スタート。だが、ローマとの連戦ではMFカンテを欠いた中、2戦を通じて守備面を中心にミスが目立ち、1敗1分けで首位陥落。その後、ローマの取りこぼしで首位に返り咲いて最終節を迎えたが、FWモラタらの決定力不足が響き、アトレティコ相手にドロー止まりに終わった。この痛恨ドローの結果、イングランド勢で唯一の2位通過となったチームは、決勝トーナメント1回戦で優勝候補バルセロナといきなり激突することになった。

◆グループ本命の昨季ベスト4が散る~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽FIFAからの補強禁止処分があったものの昨季ベスト4に導いた主力が揃って残留したことで、首位通過の大本命となったアトレティコ。しかし、同じく昨季ベスト4のモナコと共にグループステージ敗退という憂き目を味わうことになった。昨季同様に堅守は健在も、FWグリーズマンらの不調で深刻な得点力に陥り、6戦中4度のドローと勝ち切れないグループステージとなった。とりわけ、試合を完璧に支配した初戦のローマ戦、格下カラバフとの連戦では、引いた相手を崩す術を持たず、ほとんどゴールの可能性を感じさせない体たらくだった。ラウンド32からの参戦となるヨーロッパリーグ(EL)ではコペンハーゲンとの対戦となるが、EL優勝に向けては同様の課題を克服できるかが重要となる。

◆アゼルバイジャン史上初の快挙~カラバフ~
Getty Images
▽アゼルバイジャン史上初のグループステージ進出を果たした時点で偉業達成といえたが、強豪揃いのグループステージでも2つの偉業を成し遂げた。初戦のチェルシー戦では0-6の大敗を喫するも、第2節のローマ戦ではMFペドロ・エンリケの得点でCL初得点を記録。また、アトレティコとの連戦では史上初の勝ち点獲得を含め、2つのドローと大健闘を見せた。今大会で初勝利を飾ることはできなかったが、来季以降再びこの舞台に返り咲き、その偉業を成し遂げる可能性は十分にあるはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマがリバプール戦に向けた招集メンバーを発表!

▽ローマは23日、翌日行われるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプール戦に向けた招集メンバー21名を発表した。 ▽準々決勝でバルセロナをアウェイゴール差で下したローマ。アウェイでの1stレグに向けてエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は、負傷中のFWグレゴワール・デフレルとDFリック・カルスドルプ以外の全選手を招集した。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ローマ招集メンバー GK アリソン・ベッカー アンドレア・ロマニョーリ ウカシュ・スコルプスキ DF ファン・ジェズス アレクサンダル・コラロフ エリオ・カプラドッシ フェデリコ・ファシオ アレッサンドロ・フロレンツィ ブルーノ・ペレス コスタス・マノラス MF ラジャ・ナインゴラン ケビン・ストロートマン ロレンツォ・ペッレグリーニ ダニエレ・デ・ロッシ マキシム・ゴナロン ジェルソン FW ディエゴ・ペロッティ エディン・ゼコ パトリック・シック ジェンギズ・ユンデル ステファン・エル・シャーラウィ</span> 2018.04.24 02:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマが遂に胸スポンサー獲得! カタール航空と2020-21シーズンまで契約!

▽ローマは23日、『カタール航空』と公式シャツスポンサー契約を締結したことを発表した。契約期間は2020-21シーズンまでとなる。 ▽ローマは今回の契約に関して正確な金額は明かしていないものの、クラブ史上最高額のスポンサー契約であり、イタリア国内のクラブにおけるトップクラスの契約であると伝えている。 ▽ローマのジェームズ・パロッタ会長は今回の『カタール航空』とのスポンサー契約に際して以下のようなコメントを残している。 「本日の発表は我々のロンドンにいるコマーシャルチームとカタール航空による、8カ月を超える綿密な交渉の結果です。同時にローマのクラブ全体のアシストによるものです。そして、我々は現在ピッチ内外でクラブ史における重要な時期を迎えています」 「今年末から開始される新スタジアム、チャンピオンズリーグにおける34年ぶりのベスト4進出を果たした今、ローマファンは非常にエキサイティングな時期を過ごしています。その重要な時期にカタール航空の名前がを付けた我々のシャツを着られることを誇りに思います。同時に今後の長期に渡るスポーツ面と商業面での成功を心から楽しみにしています」 ▽一方、『カタール航空』のアクバル・アル=バーキルCEOは以下のようなコメントを残している。 「カタール航空が2020-21シーズンまでASローマの公式シャツスポンサーとなること、その新しいパートナーシップを発表できたことを大変光栄に思います」 「ASローマは世界で最も成功した有名なプロサッカークラブの1つであり、卓越性と革新性を追求するという共通の情熱が、自然な形でパートナーシップに繋がりました。世界中のローマファンと一緒に仕事ができることを楽しみにしています」 ▽なお、1927年に創設されたローマにとって『カタール航空』はクラブ史上7つ目の公式シャツスポンサーとなる。なお、ローマは2012-13シーズンにイタリアの通信会社『Wind』との契約が終了して以降、胸スポンサー不在の状況が続いていた。 ▽一方、1997年に設立された『カタール航空』は、6大陸で利用可能な世界的航空会社。昨シーズンまではバルセロナの公式シャツスポンサーを務めていた。 ▽なお、イタリア『Calcio e Finanze』は今回の契約が3年間で4000万ユーロ(約53億円)+ボーナスという破格の条件だと主張している。仮にこの金額が事実であれば、近年ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えているローマにとっては大きな収入源を確保したことになる。また、『カタール航空』の広告が入ったユニフォームのお披露目は24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、リバプール戦となる可能性が高いようだ。 2018.04.23 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

元同僚サラー相手にメッシ封殺の再現目指すマノラス、「マンマークではなくチームワークで」

▽ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラスは、昨シーズンまでのチームメートであるリバプールFWモハメド・サラーを封じる自信を持っているようだ。イタリア『La Stampa』が伝えている。 ▽ローマは24日にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグでリバプールとのアウェイゲームに臨む。そして、この試合一番の注目ポイントは、昨シーズンまでローマの主力アタッカーとして活躍したサラーとローマ守備陣のマッチアップだ。 ▽ローマのディフェンスリーダーとして活躍するマノラスは、今季異次元のパフォーマンスを披露するかつての同僚封じに向けて、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを封じたバルセロナとの準々決勝2ndレグの再現を狙っているようだ。 「僕たちはサラーに対してマンマークを行うつもりはないよ。なぜなら、バルセロナとレオ・メッシを封じられたのはチームワークのおかげだからね」 「だから、サラーに対しても同じやり方で封じることができるはずだ。もちろん、それは決して簡単なことではないよ。だけど、僕たちは準備できている」 ▽また、マノラスは今大会屈指の破壊力を持つリバプール相手に対しても、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が志向する“普段通り”のスタイルで臨むべきだと主張している。 「今シーズンの僕たちの信念は監督が授けてくれたフットボール哲学から来ている。ローマは対戦相手に関わらず、自分たちのやり方を決して変えてはいけないんだ」 「ディ・フランチェスコはとてもヨーロッパ的な感覚を持った監督だ。彼は僕たちに対して、常に圧力とインテンシティを持って試合を支配することを求めているんだ」 「確かに僕たちは今季のセリエAであと6か7ポイントほど多く勝ち点を得ているべきだったと思う。だけど、チャンピオンズリーグでプレーしているときは、自分たちが持っている以上の力を出すことができている 2018.04.23 16:41 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣ローマと初対戦のサラーが複雑な胸中明かす「より多くの感情を呼び起こす」

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが24日に控える古巣ローマとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグに向けて複雑な胸中を明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽昨夏、ローマからリバプールに加入したサラーは、プレミアリーグで31ゴールを記録するなど、ここまでの公式戦46試合で41ゴール13アシストと異次元のパフォーマンスを披露。22日にはイングランドプロサッカー協会(PFA)が選出するPFA年間最優秀選手賞を受賞した。 ▽そして、飛ぶ鳥を落とす勢いを見せるエジプト代表FWは24日にアンフィールドで行われるCL準決勝1stレグで2年間を過ごした古巣ローマと決勝進出を懸けた重要な初戦に臨む。 ▽この一戦を前にサラーは『スカイ・スポーツ』で、移籍から1年も経っていない段階で古巣と対戦することは感情面で難しいものだと素直に認めている。 「それは多くの感情を呼び起こすものになると思う。僕は対戦が決まってから、毎日のようにローマのプレーヤーたちと話しているんだ。昨日はトッティとも話したよ」 「僕にとって古巣との対戦は簡単なものではないんだ。僕はクラブと街を愛している。同時に彼らが僕のことをとても愛してくれていることも知っているから、本当に複雑な気持ちだ。より多くの感情を呼び起こすものになると思う」 「僕は彼らのことをよく知っている。僕たちは2年間一緒にプレーしたからね。同時に僕たちは互いのプレーを知り尽くしているし、個人的に決して簡単な試合にならないと思っているよ」 「感情の面ではより複雑だね。僕はこれまでの2年間ローマのために戦ってきた。そして、それから8ケ月ほどで今度は対戦相手として戻らないといけないからね」 ▽また、リバプール1年目でPFA年間最優秀選手賞を受賞したサラーだが、個人賞よりもCLのタイトルをより欲していると主張している。 「それは100パーセント異なるものだ。チャンピオンズリーグを獲得することは街や地元ファン、世界中のファンにとってとても素晴らしいことだからね。だから、個人賞とチャンピオンズリーグを同列に扱うことはできない」 「チャンピオンズリーグ制覇はとてつもない偉業なんだ。僕たちはその偉業を成し遂げるために自分たちの持てる100パーセントを尽くして戦っていくつもりだ」 2018.04.23 14:32 Mon
twitterfacebook
thumb

シック、待望のローマでのリーグ初ゴールに「あまりに長い間待ち続けていた」

▽ローマに所属するチェコ代表FWパトリック・シックが移籍後初となるセリエAでのゴールを喜んでいる。イタリア『メディアセット・プレミアム』が伝えている。 ▽昨夏、リバプールに旅立ったエジプト代表FWモハメド・サラーの後釜としてクラブ史上最高額の4200万ユーロ(約55億6000万円)でサンプドリアからローマに加入したシック。しかし、度重なる負傷で出遅れると、ここまでリーグ戦17試合ノーゴールと大きく期待を裏切る状況が続いていた。 ▽しかし、21日に行われたセリエA第34節のSPAL戦(3-0で勝利)で先発出場したシックは2点リードで迎えた59分にCKの流れから右サイドでMFロレンツォ・ペッレグリーニが左足で入れたクロスを頭で合わせ、待望の移籍後初となるリーグ戦でのゴールを記録した。 ▽同試合後、『メディアセット・プレミアム』のインタビューに答えたシックは待望の初ゴールを素直に喜んでいる。 「ようやくだね。僕はあまりに長い間(ゴールを)待ち続けていたんだ」 「僕はチームのために働き、そうすればそのうちにゴールを決められると思っていた。多くのケガの影響で良いスタートを切ることはできなかったけど、今は全く問題がないし幸せな気持ちだよ」 ▽また、チーム2点目の場面ではMFラジャ・ナインゴランのミドルシュートをゴール前でコースを変えたように見えていたが、ボールに触れていなかったことを認めている。 「いや、僕のゴールではないよ。ボールに触ろうとしたけど、届かなかったんだ。ただ、今日のコンディションはかなり暑かったし、まずはチームの勝利が重要だった」 「今は次のリバプール戦に集中している。僕たちはバルセロナとのゲームで見せたような態度を次のゲームでも見せなければならない」 2018.04.22 15:04 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース