【CLグループC総括】“死の組”を制したのはローマ! チェルシー2位通過で昨季4強アトレティコが敗退…2017.12.13 18:02 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨季ベスト4の本命アトレティコ・マドリーに加え、プレミアリーグ王者のチェルシー、セリエA2位のローマと強豪3チームが揃い、“死の組”と評されたグループCでは、3番人気のローマが下馬評を覆して首位通過。また、不調のアトレティコを振り切ったチェルシーが2位通過を決めた。■グループC順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ローマ[11/3/2/1/3]
2.チェルシー[11/3/2/1/8]
3.アトレティコ・マドリー[7/1/4/1/1]
4.カラバフ[2/0/2/4/-12]

◆柔軟性のある戦いで“死の組”制す~ローマ~
Getty Images
▽昨季の主力であるFWサラー、DFリュディガーらの流出に加え、バンディエラのFWトッティの引退、CL初経験のディ・フランチェスコ新監督の采配と、多くの不安要素を抱えて今大会に臨んだローマ。だが、終わってみれば格上アトレティコ、チェルシーとの三つ巴の争いを制し首位通過を決めた。アトレティコとの初戦を新守護神GKアリソンの圧巻のゴールキーピングでゴールレスドローで終えると、第2節のカラバフ戦で順当に初勝利。その後、チェルシーとの連戦では初戦でFWゼコ、2戦目でFWエル・シャーラウィが2ゴールずつを奪う活躍を披露し、1勝1分けで首位に浮上。その後、崖っぷちのアトレティコに初黒星を喫するも、最終節でカラバフに勝ち切って首位通過を決めた。ディ・フランチェスコ新監督の下、持ち味のハイライン&ハイプレスの能動的なスタイルに加え、後方に構えての堅守速攻と柔軟性を兼ね備える、より大人な今季のローマは、決勝トーナメント1回戦で同じセリエA勢のナポリを退けてグループFを2位通過したウクライナ王者シャフタールと対戦する。

◆安定感欠き痛恨の2位通過に~チェルシー~
Getty Images
▽CLの舞台での経験値という部分でこそ劣るものの、戦力面と智将コンテ監督の手腕という部分で本命に推す声もあったチェルシーだったが、最終節でローマに抜かれて2位通過となった。初戦のカラバフ戦に続き、第2節でアトレティコ相手に新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの公式戦初黒星を与え連勝スタート。だが、ローマとの連戦ではMFカンテを欠いた中、2戦を通じて守備面を中心にミスが目立ち、1敗1分けで首位陥落。その後、ローマの取りこぼしで首位に返り咲いて最終節を迎えたが、FWモラタらの決定力不足が響き、アトレティコ相手にドロー止まりに終わった。この痛恨ドローの結果、イングランド勢で唯一の2位通過となったチームは、決勝トーナメント1回戦で優勝候補バルセロナといきなり激突することになった。

◆グループ本命の昨季ベスト4が散る~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽FIFAからの補強禁止処分があったものの昨季ベスト4に導いた主力が揃って残留したことで、首位通過の大本命となったアトレティコ。しかし、同じく昨季ベスト4のモナコと共にグループステージ敗退という憂き目を味わうことになった。昨季同様に堅守は健在も、FWグリーズマンらの不調で深刻な得点力に陥り、6戦中4度のドローと勝ち切れないグループステージとなった。とりわけ、試合を完璧に支配した初戦のローマ戦、格下カラバフとの連戦では、引いた相手を崩す術を持たず、ほとんどゴールの可能性を感じさせない体たらくだった。ラウンド32からの参戦となるヨーロッパリーグ(EL)ではコペンハーゲンとの対戦となるが、EL優勝に向けては同様の課題を克服できるかが重要となる。

◆アゼルバイジャン史上初の快挙~カラバフ~
Getty Images
▽アゼルバイジャン史上初のグループステージ進出を果たした時点で偉業達成といえたが、強豪揃いのグループステージでも2つの偉業を成し遂げた。初戦のチェルシー戦では0-6の大敗を喫するも、第2節のローマ戦ではMFペドロ・エンリケの得点でCL初得点を記録。また、アトレティコとの連戦では史上初の勝ち点獲得を含め、2つのドローと大健闘を見せた。今大会で初勝利を飾ることはできなかったが、来季以降再びこの舞台に返り咲き、その偉業を成し遂げる可能性は十分にあるはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

セットプレー2発に決定力不足響いたローマの公式戦連勝がストップ! 4連敗中のSPALにホームで痛恨の白星献上《セリエA》

▽セリエA第9節、ローマvsSPALが20日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのSPALが2-0で勝利した。 ▽前節、エンポリに辛勝したローマは公式戦4連勝という最高の形で代表ウィークに突入。そして、来週ミッドウィークからのチャンピオンズリーグ(CL)再開に伴い、過密日程がスタートする今節では4連敗中のSPALをホームで迎え撃った。ディ・フランチェスコ監督は来週のCSKAモスクワ戦を睨み、軽傷を抱えるデ・ロッシとコラロフら一部主力を温存。引き続き[4-2-3-1]の布陣を採用し、前線は1トップにジェコ、2列目にジェンギズ・ユンデル、ロレンツォ・ペッレグリーニ、エル・シャーラウィが起用された。 ▽立ち上がりから中盤に下りてくるジェコへのクサビを起点に両サイドをバランス良く使って相手を押し込むローマ。サイドバックとウイングの連係で効果的にサイドで数的優位を作り出すと、そこから中央のジェコが積極的にフィニッシュに持ち込んでいく。 ▽17分にジェコの鋭い反転シュートから決定機を作ると、その後もエル・シャーラウィやフロレンツィのシュートで相手ゴールを脅かすが、GKミリンコビッチ=サビッチの好守に阻まれてなかなか先制点を奪えない。 ▽すると38分、カウンターからボックス右に持ち込んだラッザーリをDFルカ・ペッレグリーニがやや軽率に後ろから手を使って倒してしまうと、このプレーが痛恨のPKに。これをキッカーのペターニャにきっちり決められ相手のワンチャンスで先制点を奪われる。 ▽格下相手のホームゲームで1点ビハインドで試合を折り返したローマは、後半も同じ11人で臨んだ。立ち上がりから攻勢に転じると、54分にはエル・シャーラウィのパスに反応したゴール前のジェコが飛び出したGKより先にボールをプッシュ。だが、このシュートはわずかに枠の右へ外れる。 ▽すると直後の56分、SPALの右CKの場面でキッカーのヴァルディフィオーリにニアサイドに精度の高いボールを入れられると、これをDFファシオの前に入ったボニファツィに頭で合わせられ、前半に続きセットプレーから失点を喫した。 ▽ホームでまさかの2点ビハインドとなったローマは失点直後にクリスタンテを下げてクライファートを投入。この交代でロレンツォ・ペッレグリーニをボランチに下げてジェンギズをトップ下、クライファートを右ウイングに配置。よりサイドからの仕掛けを増やして局面の打開を図る中、67分にはバイタルエリアで前を向いたロレンツォ・ペッレグリーニが左足の強烈なシュートを放つが、GKが指先で触ったボールは惜しくもクロスバーを叩く。 ▽その後、71分にジェンギズを下げてローマデビューとなるチョリッチを投入したローマは攻勢を強めると、75分にはSPALにアクシデントが発生。遅延行為で警告を受けたGKミリンコビッチ=サビッチがピッチ内に2つのボールが入っていた中、やや高圧的な態度でボールを思い切りピッチ外へ投げると、これが判定への抗議と判断されてすぐさま2枚目の警告が出されて退場に。1枚交代枠を残していたSPALは慌ててGKゴミスを緊急投入した。 ▽数的優位を生かして畳みかけたいローマは最終ラインを1枚削ってパストーレをピッチに送り込み、ここから猛攻に打って出る。だが、焦りからかイージーミスが目立つチームはセットプレー以外に攻め手がない。結局、1点も奪えないまま試合はタイムアップ。ホームで格下相手に痛恨の敗戦を喫したローマは公式戦の連勝が「4」でストップ。悪い流れの中でCSKAモスクワとの重要なCLの一戦に臨むことになった。 2018.10.20 23:56 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマのチェコ代表FWシック、過去にドルトムントからオファーがあったと明かす

ローマのチェコ代表FWパトリック・シックが、過去にドルトムントへ移籍する可能性があったことを明かした。<br><br>シックは母国チェコメディア『Hattrick』のインタビューで、次のように語っている。<br><br>「2017年の夏はユベントスに移籍する直前だった。だけどメディカルチェックに問題が浮上し、他の話も進展して、結局ローマへと移籍することになったんだ」<br><br>「そのときにドルトムントからもオファーをもらっていた。そのときにもらった複数の打診について、とても感謝している。だけど、その時はイタリアから出たくないと思っていたから、実現しなかったんだ」<br><br>1996年生まれ、現在22歳のシックはスパルタ・プラハ育ちで、ボヘミアンズを経て16-17シーズンはサンプドリアでプレー。2017年夏にはクラブ幹部でもある同胞の先輩パヴェル・ネドヴェド氏の推薦もあり、ユベントスへの移籍合意間近となっていたが実現せず、結果的にローマへ移籍。17-18シーズンはリーグ戦2ゴールの成績に終わり、その後も本領を発揮しているとは言い難い状況だ。<br><br>ドルトムントはここ2年間でFWの入れ替わりが激しく、17-18シーズンには冬の移籍市場でピエール・エメリク・オーバメヤンを手放した。代案としてミヒー・バチュアイをレンタルで獲得したものの、完全移籍での買い取りができず。今季はスペインからやってきたパコ・アルカセルがリーグ戦3試合6ゴールと爆発力を見せ、ドルトムントは早速期限付き移籍から完全移籍でのオプション行使に向けて動いているとされる。<br><br>ここまでローマでは結果を残すことができていないFWシック。ドルトムントへの移籍話は実現しなかったが、チェコの英雄トマシュ・ロシツキがプレーしていたクラブということもあり、チェコのサッカーファンの間では「もしシックがドルトムントでプレーしていたら、成功していたかもしれない」と話題になっている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.19 19:02 Fri
twitterfacebook
thumb

移籍か延長か…プレミア行き示唆するゼコにウェストハムが興味

▽ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ(32)に、ウェストハムが興味を示しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽ゼコが移籍と契約延長の間で揺れている。『カルチョメルカート』が伝えるところでは、今冬の補強を図るウェストハムがゼコに興味を示し、移籍金2500万ユーロ(約32億円)を用意しているという。ゼコにはチーム最高額の年俸と、32歳という年齢を加味して引退後にクラブの官僚の座を与えることも考慮しているようだ。 ▽一方で、ローマも1年間の契約延長に動いてる模様。減俸する代わりにこちらもクラブのマネジメント職を任せることを検討しているという。事実ゼコは最近、サラエボ大学のスポーツマネジメントコースを卒業しており、ゆくゆくはクラブの経営に携わることを目標としているようだ。 ▽イタリア方面からは、ゼコとローマが契約延長に合意目前に迫っているとの報道もあるが、以前同選手がプレミアリーグ復帰の可能性を示唆したことから、状況は不透明なままである。 2018.10.18 14:48 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、ペロッティとカルスドルプが負傷でCSKA戦とナポリ戦欠場へ

▽ローマのアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティと、オランダ代表DFリック・カルスドルプが負傷したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 ▽ふくらはぎを痛めているペロッティは3週間の離脱、太ももを痛めているカルスドルプは10日ほどの離脱とのことだ。 ▽公式戦4連勝中のローマは代表ウィーク明け後、20日にセリエA第9節SPAL戦を、23日にチャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦を、28日にセリエA第10節ナポリ戦を戦う。 2018.10.17 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ジェコがキャリア通算300ゴール達成! 北アイルランド戦で2発

▽ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(32)が15日に行われた北アイルランド代表戦でキャリア通算300ゴールを達成した。所属するローマの公式ツイッターが伝えた。 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナは15日にUEFAネーションズリーグ・リーグBグループ3の北アイルランド戦に臨み、2-0で快勝した。また、この試合で先発フル出場したジェコはチームを勝利に導く2ゴールを記録した。そして、先制点となった27分のゴールは同選手にとってプロキャリア通算300点目のゴールになった。 ▽母国のジェリェズニチャルでプロキャリアをスタートしたジェコは、チェコのテプリツェ、ウースティー・ナド・ラベム(レンタル)、ヴォルフスブルク、マンチェスター・シティを渡り歩き、2015年からローマでプレー。 ▽190cmを超える長身を生かした空中戦の強さに加え、抜群のコーディネーションから両足で繰り出す精確なシュートを武器に各国リーグでゴールを量産する世界屈指のストライカーだ。これまでブンデスリーガ、セリエA、ヨーロッパリーグ(EL)で得点王にも輝いている。 ▽また、2007年にデビューを飾ったボスニア・ヘルツェゴビナ代表では、ここまで通算96試合に出場し同国歴代最多の55ゴールを記録している。 ◆ジェコキャリア通算ゴール内訳(301ゴール) ▽クラブチーム マンチェスター・シティ 72ゴール ローマ 78ゴール ヴォルフスブルク 85ゴール テプリツェ 11ゴール ▽代表 ボスニア・ヘルツェゴビナ 55ゴール 2018.10.16 13:30 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース