【CLグループC総括】“死の組”を制したのはローマ! チェルシー2位通過で昨季4強アトレティコが敗退…2017.12.13 18:02 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨季ベスト4の本命アトレティコ・マドリーに加え、プレミアリーグ王者のチェルシー、セリエA2位のローマと強豪3チームが揃い、“死の組”と評されたグループCでは、3番人気のローマが下馬評を覆して首位通過。また、不調のアトレティコを振り切ったチェルシーが2位通過を決めた。

■グループC順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ローマ[11/3/2/1/3]
2.チェルシー[11/3/2/1/8]
3.アトレティコ・マドリー[7/1/4/1/1]
4.カラバフ[2/0/2/4/-12]

◆柔軟性のある戦いで“死の組”制す~ローマ~
Getty Images
▽昨季の主力であるFWサラー、DFリュディガーらの流出に加え、バンディエラのFWトッティの引退、CL初経験のディ・フランチェスコ新監督の采配と、多くの不安要素を抱えて今大会に臨んだローマ。だが、終わってみれば格上アトレティコ、チェルシーとの三つ巴の争いを制し首位通過を決めた。アトレティコとの初戦を新守護神GKアリソンの圧巻のゴールキーピングでゴールレスドローで終えると、第2節のカラバフ戦で順当に初勝利。その後、チェルシーとの連戦では初戦でFWゼコ、2戦目でFWエル・シャーラウィが2ゴールずつを奪う活躍を披露し、1勝1分けで首位に浮上。その後、崖っぷちのアトレティコに初黒星を喫するも、最終節でカラバフに勝ち切って首位通過を決めた。ディ・フランチェスコ新監督の下、持ち味のハイライン&ハイプレスの能動的なスタイルに加え、後方に構えての堅守速攻と柔軟性を兼ね備える、より大人な今季のローマは、決勝トーナメント1回戦で同じセリエA勢のナポリを退けてグループFを2位通過したウクライナ王者シャフタールと対戦する。

◆安定感欠き痛恨の2位通過に~チェルシー~
Getty Images
▽CLの舞台での経験値という部分でこそ劣るものの、戦力面と智将コンテ監督の手腕という部分で本命に推す声もあったチェルシーだったが、最終節でローマに抜かれて2位通過となった。初戦のカラバフ戦に続き、第2節でアトレティコ相手に新本拠地ワンダ・メトロポリターノでの公式戦初黒星を与え連勝スタート。だが、ローマとの連戦ではMFカンテを欠いた中、2戦を通じて守備面を中心にミスが目立ち、1敗1分けで首位陥落。その後、ローマの取りこぼしで首位に返り咲いて最終節を迎えたが、FWモラタらの決定力不足が響き、アトレティコ相手にドロー止まりに終わった。この痛恨ドローの結果、イングランド勢で唯一の2位通過となったチームは、決勝トーナメント1回戦で優勝候補バルセロナといきなり激突することになった。

◆グループ本命の昨季ベスト4が散る~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽FIFAからの補強禁止処分があったものの昨季ベスト4に導いた主力が揃って残留したことで、首位通過の大本命となったアトレティコ。しかし、同じく昨季ベスト4のモナコと共にグループステージ敗退という憂き目を味わうことになった。昨季同様に堅守は健在も、FWグリーズマンらの不調で深刻な得点力に陥り、6戦中4度のドローと勝ち切れないグループステージとなった。とりわけ、試合を完璧に支配した初戦のローマ戦、格下カラバフとの連戦では、引いた相手を崩す術を持たず、ほとんどゴールの可能性を感じさせない体たらくだった。ラウンド32からの参戦となるヨーロッパリーグ(EL)ではコペンハーゲンとの対戦となるが、EL優勝に向けては同様の課題を克服できるかが重要となる。

◆アゼルバイジャン史上初の快挙~カラバフ~
Getty Images
▽アゼルバイジャン史上初のグループステージ進出を果たした時点で偉業達成といえたが、強豪揃いのグループステージでも2つの偉業を成し遂げた。初戦のチェルシー戦では0-6の大敗を喫するも、第2節のローマ戦ではMFペドロ・エンリケの得点でCL初得点を記録。また、アトレティコとの連戦では史上初の勝ち点獲得を含め、2つのドローと大健闘を見せた。今大会で初勝利を飾ることはできなかったが、来季以降再びこの舞台に返り咲き、その偉業を成し遂げる可能性は十分にあるはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマがブラジル人FWマウコム獲得へ! ボルドーとのクラブ間合意を発表

▽ローマは23日、ブラジル人FWマウコム(21)の移籍に関してボルドーと合意に至ったことを発表した。正式契約はメディカルチェック終了後となる。 ▽セレソンの次代を担う逸材レフティと評されるマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨季はリーグ戦35試合に出場し12ゴール7アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮した。 ▽今夏の移籍市場ではバイエルンを始め、チェルシーやアーセナル、トッテナム、インテル、エバートンと目まぐるしく新天地候補が移り変わっていたが、最後に獲得レースに参戦した敏腕SDモンチ氏を擁するローマが一気に獲得レースを制す形となった。 ▽なお、契約の詳細などは明かされていないがイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、移籍金は3200万ユーロ(約42億)+ボーナスで、年棒250万ユーロ(約3億3000万円)の5年契約を結ぶとのことだ。 2018.07.24 01:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、アリソンの後釜としてスウェーデン代表GKオルセンを確保か

▽ローマが、リバプールへ移籍したブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)の後釜として、コペンハーゲンのスウェーデン代表GKロビン・オルセン(28)の獲得に迫っているようだ。スウェーデン『Aftonbladet』の記事を引用し『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽ローマは19日に守護神GKアリソンをGKの歴代最高額となる6250万ユーロ+出来高1000万ユーロの総額7250万ユーロ(約94億9000万円)でリバプールに売却したことを発表した。 ▽アリソンの後釜としては、これまでパリ・サンジェルマンのフランス代表GKアルフォンス・アレオラやレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケル、バルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセン、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマらの名前が挙がっていたが、今夏のロシア・ワールドカップでスウェーデン代表の躍進に貢献したコペンハーゲン守護神の獲得に落ち着いたようだ。 ▽『Aftonbladet』によれば、オルセンの代理人を務めるハサン・チェティンカイ氏はすでにローマでスポーツ・ディレクターを務めるモンチ氏らと会談を実施。その席で合意に至ったとみられ、23日にもオルセンとチェティンカイ氏が揃ってイタリアへ向かうようだ。 ▽なお同紙は、オルセンの移籍金がスウェーデン人GKの最高額となる1150万ユーロ(約15億円)程度になると予想している。 2018.07.23 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ、マウコム獲得へ! 早ければ火曜にもメディカルチェックを受診か

▽ローマが、ボルドーに所属するブラジル人FWマウコム(21)獲得に近付いているようだ。『ユーロスポーツ』が伝えている。 ▽セレソンの次代を担う逸材レフティと評されるマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨季はリーグ戦35試合に出場し12ゴール7アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽『ユーロスポーツ』によると、ローマは3600万~3700万ユーロ(約47億~48億円) +ボーナスでボルドーと合意に近づいている模様。また、イタリア『プレミアムスポーツ』によれば、マウコムは来週の火曜(24日)にもローマでメディカルチェックを受診する予定を組んでいるようだ。 ▽今夏の移籍市場ではバイエルンを始め、チェルシーやアーセナル、トッテナム、インテル、エバートンと目まぐるしく新天地候補が移り変わっていったマウコムだが、最後に獲得レースに参戦した敏腕SDモンチ氏を擁するローマが一気に獲得レースを制したようだ。 2018.07.22 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

トッティ、アリソンのリバプール移籍に「あんな額は初めて。NOとは言えない」

ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ氏は、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーのリバプール移籍について避けられなかったと認めている。イタリア『スカイスポーツ』が報じた。<br><br>アリソンは昨シーズン、ローマの主力選手としてセリエA3位、チャンピオンズリーグベスト4に貢献。今夏はブラジル代表の正守護神としてロシア・ワールドカップにも参戦した。しかし先日、GK史上最高額となる7500万ユーロ(約98億円)の移籍金でリバプールへと加入。ローマを去ることになった。<br><br>トッティは「我々は将来のために若いチームを作っているところだ」と話してこのように続ける。<br><br>「トップを争うため、可能な限り強くなりたい。移籍市場は変わった。GKに7500万ユーロなんて初めてのことだし、我々は『NO』とは言えない。世界最高のGKを失ったことは残念だが、強いチームを作ろうとしているよ」<br><br>なお、アリソンはロシア・ワールドカップに参加していたため、リバプールが行っているアメリカでのICC(インターナショナル・チャンピオンズカップ)のメンバーには含まれていない。<br><br>提供:goal.com 2018.07.21 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」

チームの守護神であったアリソンをリヴァプールへ放出したことにサポーターから不満の声が上がっていたローマだが、モンチSD(スポーツ・ディレクター)は決断の正当性を主張した。『BBC』が報じている。<br><br>ローマはアリソンをGKとしては史上最高額の移籍金6600万ポンド(約97億円)でリヴァプールに売却。サポーターからは守護神を放出したクラブに批判の声が寄せられていた。<br><br>しかしモンチSDは、今回の決断が熟考した上でのものであると主張している。<br><br>「相当額のオファーが届いたときはしっかりと考える必要がある。我々は良い点と悪い点を秤にかけ、リヴァプールへの返答を決めた」<br><br>「アリソンの売却は野望の欠如を意味するものではない。私にとっては野望というのはすべてのことを考慮した上で正しいことをすることだ」<br><br>そしてサポーターの心情に理解を示しつつも、すでにトップレベルの選手の補強に成功していることに目を向けてほしいと語った。<br><br>「サポーターの考えも理解できるが、彼らには我々がチーム強化の最中であることを理解してもらいたい。我々が(ジャスティン)クライファートや(ハビエル)パストーレを獲得できると思っていなかった人たちもいるはずだ。もしかしたら今日は何人かのサポーターにとっては辛い日になったかもしれないが、我々はすでにトッププレーヤーを獲得している」<br><br>「私は1年だけではなく、何年もの期間を見据えたチーム強化をするためにここにやってきた。そして今回の決断もその考えに沿っていると100%確信している」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 23:59 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース