【CLグループE総括】S・モスクワ粘るもリバプールとセビージャが順当突破2017.12.13 18:04 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽結果的にはリバプールとセビージャの両本命が順当に決勝トーナメント進出を果たした。スパルタク・モスクワは最終節まで突破の可能性を残したが、一歩及ばなかった。

■グループF順位表■
[勝ち点/得失点]
1:リバプール[12/17]
2:セビージャ[9/0]
3:スパルタク・モスクワ[6/-4]
4:マリボル[3/-13]

◆脆弱守備陣も破壊力でねじ伏せる~リバプール~
Getty Images
▽3シーズンぶりにCL参戦を果たしたリバプールが首位通過を果たした。セビージャとは優勢に試合を運びながら2戦ともに引き分けに終わったが、連戦のマリボル戦を大勝してグループの主導権を握ると、最終節のS・モスクワ戦を圧巻の7発で締めた。失点がややかさんだが、サラーが加わった攻撃陣が脆弱な守備を上回る攻撃力でねじ伏せ、首位通過となった。

◆何とか2年連続ベスト16~セビージャ~
Getty Images
▽多くの新戦力を迎え入れ、ベリッソ新監督の下で期待されたセビージャだったが、苦戦が続いた。リバプールにこそ劣勢ながら勝ち点2をもぎ取ったが、第3節ではS・モスクワに1-5と大敗し、最終節マリボル戦は引き分けと苦しい試合の連続だった。大観衆の声援を受けられるサンチェス・ピスファンで2勝したことが、2年連続ベスト16進出を決められた要因だった。

◆2強の牙城を崩すには至らず~スパルタク・モスクワ~
Getty Images
▽14年ぶりにロシア王者となり、5シーズンぶりにCL参戦を果たしたS・モスクワは、2強の牙城を崩すには至らなかった。セビージャに大勝し、リバプールに引き分ける地力を見せはしたが、グループ最弱のマリボルに2戦とも引き分けているようではグループステージ敗退は仕方のない結果だった。

◆3引き分けで爪痕残す~マリボル~
Getty Images
▽3シーズンぶりのCL参戦に漕ぎ着けたスロベニア王者は、このグループにおいて一定の存在感を示した。グループ最弱として臨んだが、S・モスクワ、セビージャに引き分け、単なるかませ犬でなかったことを示した。

コメント

関連ニュース

thumb

元同僚サラー相手にメッシ封殺の再現目指すマノラス、「マンマークではなくチームワークで」

▽ローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラスは、昨シーズンまでのチームメートであるリバプールFWモハメド・サラーを封じる自信を持っているようだ。イタリア『La Stampa』が伝えている。 ▽ローマは24日にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグでリバプールとのアウェイゲームに臨む。そして、この試合一番の注目ポイントは、昨シーズンまでローマの主力アタッカーとして活躍したサラーとローマ守備陣のマッチアップだ。 ▽ローマのディフェンスリーダーとして活躍するマノラスは、今季異次元のパフォーマンスを披露するかつての同僚封じに向けて、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを封じたバルセロナとの準々決勝2ndレグの再現を狙っているようだ。 「僕たちはサラーに対してマンマークを行うつもりはないよ。なぜなら、バルセロナとレオ・メッシを封じられたのはチームワークのおかげだからね」 「だから、サラーに対しても同じやり方で封じることができるはずだ。もちろん、それは決して簡単なことではないよ。だけど、僕たちは準備できている」 ▽また、マノラスは今大会屈指の破壊力を持つリバプール相手に対しても、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が志向する“普段通り”のスタイルで臨むべきだと主張している。 「今シーズンの僕たちの信念は監督が授けてくれたフットボール哲学から来ている。ローマは対戦相手に関わらず、自分たちのやり方を決して変えてはいけないんだ」 「ディ・フランチェスコはとてもヨーロッパ的な感覚を持った監督だ。彼は僕たちに対して、常に圧力とインテンシティを持って試合を支配することを求めているんだ」 「確かに僕たちは今季のセリエAであと6か7ポイントほど多く勝ち点を得ているべきだったと思う。だけど、チャンピオンズリーグでプレーしているときは、自分たちが持っている以上の力を出すことができている 2018.04.23 16:41 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールがライプツィヒの低迷願う?

▽リバプールはRBライプツィヒの低迷を願っているのかもしれない。イギリス『タイムズ』が報じている。 ▽リバプールは昨夏、ライプツィヒからギニア代表MFナビ・ケイタ(23)を2018-19シーズンから獲得することで合意した。その移籍金は4800万ポンド(約72億5000万円)+ボーナスと報じられていた。 ▽しかし、『タイムズ』は23日の紙面でケイタの移籍金に関して今季のライプツィヒのリーグ戦での戦績によって変動する契約であることを伝えている。 ▽同紙が伝えるところによれば、今季のリーグ戦でライプツィヒが7位以下に終わった場合、前述した4800万ポンドを支払うことになるという。だが、同クラブがヨーロッパリーグ(EL)の出場権を得た場合に5275万ポンド(約79億7000万円)、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を得た場合に5900万ポンド(約89億1000万円)と、成績が上がれば上がるほど移籍金が高額になるようだ。 ▽なお、ライプツィヒはブンデスリーガ第31節終了時点でEL出場圏内ギリギリの6位に位置している。ただ、7位フランクフルトとの勝ち点はわずかに1ポイントだ。その一方で、CL出場圏内の4位レバークーゼントの勝ち点差は4ポイントとなっており、残り3試合で引っくり返せる可能性もある。 ▽リバプールとしては移籍金節約のためにライプツィヒの低迷を願っているのかもしれない。 2018.04.23 15:49 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣ローマと初対戦のサラーが複雑な胸中明かす「より多くの感情を呼び起こす」

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが24日に控える古巣ローマとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグに向けて複雑な胸中を明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽昨夏、ローマからリバプールに加入したサラーは、プレミアリーグで31ゴールを記録するなど、ここまでの公式戦46試合で41ゴール13アシストと異次元のパフォーマンスを披露。22日にはイングランドプロサッカー協会(PFA)が選出するPFA年間最優秀選手賞を受賞した。 ▽そして、飛ぶ鳥を落とす勢いを見せるエジプト代表FWは24日にアンフィールドで行われるCL準決勝1stレグで2年間を過ごした古巣ローマと決勝進出を懸けた重要な初戦に臨む。 ▽この一戦を前にサラーは『スカイ・スポーツ』で、移籍から1年も経っていない段階で古巣と対戦することは感情面で難しいものだと素直に認めている。 「それは多くの感情を呼び起こすものになると思う。僕は対戦が決まってから、毎日のようにローマのプレーヤーたちと話しているんだ。昨日はトッティとも話したよ」 「僕にとって古巣との対戦は簡単なものではないんだ。僕はクラブと街を愛している。同時に彼らが僕のことをとても愛してくれていることも知っているから、本当に複雑な気持ちだ。より多くの感情を呼び起こすものになると思う」 「僕は彼らのことをよく知っている。僕たちは2年間一緒にプレーしたからね。同時に僕たちは互いのプレーを知り尽くしているし、個人的に決して簡単な試合にならないと思っているよ」 「感情の面ではより複雑だね。僕はこれまでの2年間ローマのために戦ってきた。そして、それから8ケ月ほどで今度は対戦相手として戻らないといけないからね」 ▽また、リバプール1年目でPFA年間最優秀選手賞を受賞したサラーだが、個人賞よりもCLのタイトルをより欲していると主張している。 「それは100パーセント異なるものだ。チャンピオンズリーグを獲得することは街や地元ファン、世界中のファンにとってとても素晴らしいことだからね。だから、個人賞とチャンピオンズリーグを同列に扱うことはできない」 「チャンピオンズリーグ制覇はとてつもない偉業なんだ。僕たちはその偉業を成し遂げるために自分たちの持てる100パーセントを尽くして戦っていくつもりだ」 2018.04.23 14:32 Mon
twitterfacebook
thumb

サラー、プレミア新まであと1ゴール…歴代最多得点数に並ぶ

▽リバプールに所属するエジプト代表MFモハメド・サラーが快挙を成し遂げた。『Opta(@OptaJoe)』が伝えている。 ▽サラーは、21日に行われたプレミアリーグ第35節のWBA戦(2-2のドロー)で1ゴールを挙げ、今シーズンの得点数を31ゴールに。この数字は現行の20チーム制になったプレミアリーグ歴代におけるシーズン最多タイの得点記録となる。 ▽シーズン31得点到達者は過去3名。サラーは、元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏や、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスに続く4人目の到達者となる。 ▽なお、プレミアリーグは1994-95シーズンまで22チームで行われ(全42節)、1993-94シーズンのアンディー・コール(マンチェスター・ユナイテッド)、1994-95シーズンのアラン・シアラー(ブラックバーン)は34得点を記録していた。 ◆歴代のプレミア31得点到達者 ・アラン・シアラー(1995-96/ブラックバーン) ・クリスティアーノ・ロナウド(2007-08/マンチェスター・ユナイテッド) ・ルイス・スアレス(2013-14/リバプール) ・モハメド・サラー(2017-18/リバプール) 2018.04.23 09:25 Mon
twitterfacebook
thumb

PFA年間最優秀選手賞はサラー! デ・ブライネを抑えての栄誉

▽イングランドプロサッカー協会(PFA)は22日、PFA年間最優秀選手賞の受賞者として、リバプールに所属するエジプト代表MFモハメド・サラー(25)の選出を発表した。サラーは初受賞となる。 ▽シーズンに最も輝いた選手に贈られるPFA年間最優秀選手賞は今回、マンチェスター・シティのMFケビン・デ・ブライネ、MFダビド・シルバ、MFリロイ・ザネ、トッテナムのFWハリー・ケイン、マンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘア、そしてサラーがノミネートされていた。 ▽昨夏にローマからチェルシー時代以来となるイングランド復帰を果たしたサラーは今シーズン、プレミアリーグ33試合に出場。プレミアリーグのシーズン最多得点記録であり、得点ランキングトップの31ゴールをマークしている。 2018.04.23 08:55 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース