【CLグループE総括】S・モスクワ粘るもリバプールとセビージャが順当突破2017.12.13 18:04 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽結果的にはリバプールとセビージャの両本命が順当に決勝トーナメント進出を果たした。スパルタク・モスクワは最終節まで突破の可能性を残したが、一歩及ばなかった。

■グループF順位表■
[勝ち点/得失点]
1:リバプール[12/17]
2:セビージャ[9/0]
3:スパルタク・モスクワ[6/-4]
4:マリボル[3/-13]

◆脆弱守備陣も破壊力でねじ伏せる~リバプール~
Getty Images
▽3シーズンぶりにCL参戦を果たしたリバプールが首位通過を果たした。セビージャとは優勢に試合を運びながら2戦ともに引き分けに終わったが、連戦のマリボル戦を大勝してグループの主導権を握ると、最終節のS・モスクワ戦を圧巻の7発で締めた。失点がややかさんだが、サラーが加わった攻撃陣が脆弱な守備を上回る攻撃力でねじ伏せ、首位通過となった。

◆何とか2年連続ベスト16~セビージャ~
Getty Images
▽多くの新戦力を迎え入れ、ベリッソ新監督の下で期待されたセビージャだったが、苦戦が続いた。リバプールにこそ劣勢ながら勝ち点2をもぎ取ったが、第3節ではS・モスクワに1-5と大敗し、最終節マリボル戦は引き分けと苦しい試合の連続だった。大観衆の声援を受けられるサンチェス・ピスファンで2勝したことが、2年連続ベスト16進出を決められた要因だった。

◆2強の牙城を崩すには至らず~スパルタク・モスクワ~
Getty Images
▽14年ぶりにロシア王者となり、5シーズンぶりにCL参戦を果たしたS・モスクワは、2強の牙城を崩すには至らなかった。セビージャに大勝し、リバプールに引き分ける地力を見せはしたが、グループ最弱のマリボルに2戦とも引き分けているようではグループステージ敗退は仕方のない結果だった。

◆3引き分けで爪痕残す~マリボル~
Getty Images
▽3シーズンぶりのCL参戦に漕ぎ着けたスロベニア王者は、このグループにおいて一定の存在感を示した。グループ最弱として臨んだが、S・モスクワ、セビージャに引き分け、単なるかませ犬でなかったことを示した。

コメント

関連ニュース

thumb

クロップ「必要なものはすべて揃った」

▽リバプールのユルゲン・クロップ監督は、今夏の補強に満足しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽リバプールは、今夏の移籍市場でギニア代表MFナビ・ケイタ(ライプツィヒ)、ブラジル人MFファビーニョ(モナコ)、スイス代表MFジェルダン・シャキリ(ストーク・シティ)、ブラジル代表GKアリソン・ベッカー(ローマ)ら大物を獲得し、例年にない積極補強を行った。クロップ監督は満足している様子だ。 「来シーズンに必要なものはすべて揃った。我々はこれ以上(移籍市場で)動くことはないだろう」 ▽なお、フランス代表FWナビル・フェキルの獲得も噂されているリバプールだが、クロップ監督の言葉通りなら同選手の獲得はないということだろうか。 2018.07.20 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール補強着々 ブラジル代表GKアリソンをGK史上最高額で獲得

▽リバプールは19日、ローマに所属するブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)の加入を発表した。イギリス『BBC』によれば、契約期間は6年。ローマの発表によれば、移籍金として6250万ユーロ+出来高1000万ユーロの総額7250万ユーロ(約94億9000万円)が支払われ、GK史上最高額となる。 ▽アリソンは、2013年にインテルナシオナウでデビュー後、2016年夏からローマに加わり、2017-18シーズンから守護神に。公式戦49試合に出場し、ローマのチャンピオンズリーグ4強進出に貢献した。また、ロシア・ワールドカップにも出場。5試合で守護神を務めた。 ▽正式にリバプール入りを果たしたアリソンは、クラブ公式サイトで「すごく嬉しいよ。常勝が求められる大きなクラブでプレーすることは夢だった。僕にとって、大きなステップだ。全力を尽くすよ」とコメントしている。 ▽チャンピオンズリーグ決勝進出を果たした昨シーズン以上の躍進が期待されるリバプール。ギニア代表MFナビ・ケイタや、ブラジル代表MFファビーニョ、スイス代表ジェルダン・シャキリらに加えて、泣きどころとされてきた待望の守護神をも獲得した格好となる。 2018.07.20 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

レスターがアリソン加入間近のリバプールから第3GKウォード獲得へ!

▽レスター・シティがリバプールのウェールズ代表GKダニー・ウォード(25)の獲得に迫っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽リバプールは現在、ローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)をGKの歴代最高額となる6700万ポンド(約98億2000万円)で獲得することが決定的となっている。そのため、ドイツ人GKロリス・カリウス、ベルギー代表GKシモン・ミニョレ、ウォードの現有戦力3人のうち、誰か1人を放出することが濃厚だ。 ▽そして、『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、この状況に目を付けたレスターが、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルとポジションを争うライバルとしてウォードの獲得に動いているようだ。 ▽同メディアはレスターとリバプールがすでに1000万ポンド(約14億6000万円)の条件でクラブ間合意に至っており、今後数日内にウォード本人との個人間での合意、メディカルチェックを行い移籍を成立させる見込みだと伝えている。 ▽レクサムでトップチーム昇格を果たしたウォードは2012年にリバプールに加入。同クラブでは2015-16シーズンにリーグ戦2試合に出場したものの、思うように出場機会を得られず、同シーズンはスコットランドのアバディーン、2016-17シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドに武者修行に出されていた。 ▽しかし、そのハダースフィールドでは守護神として安定したパフォーマンスを披露し、同クラブのプレミアリーグ昇格の原動力となった。今夏のプレシーズントレーニングではユルゲン・クロップ監督の評価を高めて正GK昇格の可能性も伝えられたウォードだが、今夏リバプールを旅立つことになるようだ。 2018.07.19 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、モンチSDがアリソンのリバプール行き認める 「通常通りに運べば、移籍完了はもうまもなく」

▽ローマのスポーツ・ディレクターを務めるモンチ氏がブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)のリバプール移籍がもうまもなく完了することを認めた。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽2016年夏にインテルナシオナルからローマに800万ユーロ(約10億5000万円)で加入したアリソンは、正GKだったポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーがユベントスに旅立った昨シーズンにローマの正GKに昇格。 ▽卓越した身体能力と的確なポジショニング、キャッチング技術といったGKに求められる守備的能力に加え、ブラジル人らしい足下の技術を生かしてビルドアップやスイーパーとしての役割までこなす圧巻の活躍を披露し、ローマのセリエA3位フィニッシュとチャンピオンズリーグ(CL)・ベスト4進出の立役者となった。 ▽そして、今夏レアル・マドリーやパリ・サンジェルマン、チェルシーといったビッグクラブの関心を集めた中、GKの歴代最高額となる7500万ユーロ(約98億2000万円)でのリバプール行きが決定的な状況だ。 ▽ローマの練習場のあるトリゴリアで行われた公式会見に新加入のオランダ代表FWユースティン・クライファートと共に現れたモンチ氏は守護神のリバプール行きに関して以下のようなコメントを残している。 「そのプレーヤー(アリソン)はリバプールにいる。それは事実だ。我々の交渉は非常に進んだ段階にあるが、まだ完了していない。ただ、すべて通常通りに運べば、移籍完了はもうまもなくだ」 「以前から説明してきたが、スポーツ・ディレクターの仕事はプレーヤーの売り買いや計画を立てることだけでなく、何がクラブにとってベストかを理解することだ。同様に財政面に関して考慮に入れる必要がある」 「非常に巨大な市場の常識を外れるオファーが届けば、我々はプロとしてそれを評価してリバプールと交渉を行うべきだ」 「我々は同じ野心を抱きながらもナインゴランとアリソンという2人の重要なプレーヤーを売却したが、誰よりも早く10人の新戦力とサインしている。そのプレーヤーたちが重要な存在になることを願っている」 「また、個人的にはアリソンに感謝している。彼は一度として私に対して退団したいというプレッシャーをかけてこなかった」 2018.07.19 20:38 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールでクロアチア代表CBコンビ実現の可能性…ロシアW杯で準優勝に貢献

リバプールがベジクタシュに所属するクロアチア代表DFドマゴイ・ヴィダの獲得を狙っているようだ。複数のトルコメディアが報じている。<br><br>ヴィダはデヤン・ロブレンとともにクロアチア代表不動のCBコンビとしてロシア・ワールドカップに参戦。6試合に出場し、1ゴールを記録、準優勝に大きく貢献した。リバプールで再び2人が並んでプレーする姿を見られる可能性がある。<br><br>ヴィダは1月にディナモ・キエフからベジクタシュへ4年半の契約で移籍。加入したばかりであるが、ベジクタシュは財政難でもあるため、クラブは放出に許可を出しているという。リバプールは2200万ユーロ(約28億8000万円)でオファーを出すことになると見られている。<br><br>また、リバプールの主力CBはヴィルヒル・ファン・ダイク、ジョエル・マティプとなっており、加入した場合にもポジション争いは必至となる。<br><br>なお、この件に関して『Goal』でリバプールの番記者を務めるナイル・ジョーンズ氏は自身の見解を語り、獲得はないと強調している。<br><br>「私からほぼ100%言えることは、リバプールからヴィダに興味を示したということはないね。29歳であり、レッズの求める像にもはまってない。ロブレン、ファン・ダイク、マティプ、ジョー・ゴメスとセンターバックの数もいる。ヴィダの年齢で、しかもワールドカップで値上がりした選手と契約したら驚きだね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.19 19:59 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース