【CLグループE総括】S・モスクワ粘るもリバプールとセビージャが順当突破2017.12.13 18:04 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽結果的にはリバプールとセビージャの両本命が順当に決勝トーナメント進出を果たした。スパルタク・モスクワは最終節まで突破の可能性を残したが、一歩及ばなかった。■グループF順位表■
[勝ち点/得失点]
1:リバプール[12/17]
2:セビージャ[9/0]
3:スパルタク・モスクワ[6/-4]
4:マリボル[3/-13]

◆脆弱守備陣も破壊力でねじ伏せる~リバプール~
Getty Images
▽3シーズンぶりにCL参戦を果たしたリバプールが首位通過を果たした。セビージャとは優勢に試合を運びながら2戦ともに引き分けに終わったが、連戦のマリボル戦を大勝してグループの主導権を握ると、最終節のS・モスクワ戦を圧巻の7発で締めた。失点がややかさんだが、サラーが加わった攻撃陣が脆弱な守備を上回る攻撃力でねじ伏せ、首位通過となった。

◆何とか2年連続ベスト16~セビージャ~
Getty Images
▽多くの新戦力を迎え入れ、ベリッソ新監督の下で期待されたセビージャだったが、苦戦が続いた。リバプールにこそ劣勢ながら勝ち点2をもぎ取ったが、第3節ではS・モスクワに1-5と大敗し、最終節マリボル戦は引き分けと苦しい試合の連続だった。大観衆の声援を受けられるサンチェス・ピスファンで2勝したことが、2年連続ベスト16進出を決められた要因だった。

◆2強の牙城を崩すには至らず~スパルタク・モスクワ~
Getty Images
▽14年ぶりにロシア王者となり、5シーズンぶりにCL参戦を果たしたS・モスクワは、2強の牙城を崩すには至らなかった。セビージャに大勝し、リバプールに引き分ける地力を見せはしたが、グループ最弱のマリボルに2戦とも引き分けているようではグループステージ敗退は仕方のない結果だった。

◆3引き分けで爪痕残す~マリボル~
Getty Images
▽3シーズンぶりのCL参戦に漕ぎ着けたスロベニア王者は、このグループにおいて一定の存在感を示した。グループ最弱として臨んだが、S・モスクワ、セビージャに引き分け、単なるかませ犬でなかったことを示した。

コメント

関連ニュース

thumb

マネの左手手術が成功、経過次第でハダースフィールド戦出場へ

▽リバプールは17日、セネガル代表FWサディオ・マネの左手の手術が成功したことを発表した。 ▽マネは13日に行われたアフリカ・ネーションズカップ(ANC)予選第3節のスーダン代表戦にフル出場していたが、その試合で相手選手と接触した際に左手を負傷していた。 ▽リバプールによれば今後数日経過を見た後、20日に行われるプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦の出場可否を決めるとのことだ。 ▽リバプールではマネの他、代表ウィーク中にギニア代表MFナビ・ケイタ、エジプト代表FWモハメド・サラー、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷している。 2018.10.18 01:15 Thu
twitterfacebook
thumb

CB人材難のバルサ、補強先は信頼と実績のリバプール?

▽バルセロナがまたしてもリバプールブランドに手を出す可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ▽ヒザを痛めて離脱中のフランス代表DFサミュエル・ユムティティに続き、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンまでもが故障者リスト入りしたバルセロナ。そのため、今冬の移籍市場で手薄なセンターバック陣の補強が噂されている。 ▽その筆頭として、アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトや、トッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトらが挙がるバルセロナだが、リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレン(29)にも興味を抱いているという。 ▽ロブレンは、今夏のロシア・ワールドカップでクロアチア代表の準優勝に貢献して今シーズンを迎えたが、ここまで公式戦2試合に出場したのみ。ユルゲン・クロップ監督の信頼が揺らぎつつある。 ▽近年、MFハビエル・マスチェラーノや、FWルイス・スアレス、MFフィリペ・コウチーニョといった選手をリバプールから次々と引き抜いてきたバルセロナだが、ロブレンはいかに。 2018.10.17 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールが野戦病院化…ナビ・ケイタまでも負傷

▽イギリス『BBC』は、リバプールに所属するギニア代表MFナビ・ケイタがケガしたと報じた。 ▽ナビ・ケイタは、16日に行われたアフリカ・ネイションズカップ予選のルワンダ代表戦(1-1)でハムストリングを負傷。リバプールに戻り次第、検査を受けるという。そのナビ・ケイタは、今シーズンからリバプールでプレー。ここまで公式戦10試合に出場している主力の1人だ。 ▽リバプールは、今月の代表ウィークで主力に故障者が続出中。ナビ・ケイタは、エジプト代表FWモハメド・サラー、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、ガーナ代表MFサディオ・マネに続く4人目の故障者となる。 ▽リバプールは現在、プレミアリーグ6勝2分け無敗の3位。20日に行われる次節、ハダースフィールドとアウェイで対戦する。 2018.10.17 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

クーマン監督が衝撃の事実を明かす「ヴィルヒルは肋骨を2本骨折しながら…」

▽オランダ代表を率いるロナルド・クーマン監督は、16日に行われるベルギー代表戦に向けた会見でDFファン・ダイクがチームを離脱し、リバプールへ戻ったことを明かした。『ESPN』が伝えている。 ▽オランダ代表として13日に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表にに臨んだファン・ダイク。30分には右CKのセカンドボールを頭で押し込み、先制点となるゴールを記録するなど、3-0での勝利に貢献した。 ▽一部報道でファン・ダイクは、ドイツ戦で肋骨を負傷したと伝えられていたが、事実は違っていたようだ。クーマン監督がベルギー戦に向けた会見で同選手の離脱の報告とともに衝撃の事実を明かした。 「ヴィルヒルはここ数週間、肋骨を2本骨折しながらプレーを続けていた。リバプールには代表への参加を止められていたが、彼はドイツ代表との対戦を強く望んでいたんだ」 ▽リバプールでは、ファン・ダイク以外にもエジプト代表FWモハメド・サラーやセネガル代表FWサディオ・マネが代表戦で負傷している。 2018.10.16 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、2年前に逃したナポリMFジエリンスキ獲得に84億円用意か

▽リバプールが、ナポリに所属するポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(24)の獲得に再び動く可能性があるようだ。イギリス『エクスプレス』の情報をもとにスペイン『fichajes』が伝えた。 ▽2016年夏に保有権元であるウディネーゼからナポリに加入したジエリンスキは、加入初年度から公式戦47試合でボランチながら6ゴール7アシストと躍動。今シーズンは右サイドを主戦場とし、公式戦10試合で2ゴールを記録している。 ▽今回伝えられるところによると、ナポリは今シーズン終了後にジエリンスキの契約解除金を1億3000万ユーロ(約168億円)に引き上げることを検討しているという。そのため、2016年にナポリとのジエリンスキ争奪戦に敗れていたリバプールが、バイアウト価格が設定される前に再アタックを画策しているようだ。 ▽リバプールはジエリンスキ獲得に対し、6500万ユーロ(約84億円)を用意している模様。しかし、ナポリを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督は同選手を最重要選手の1人としているため獲得交渉は難航しそうだ。 2018.10.16 16:02 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース