【CLグループF総括】シティ盤石、シャフタールがナポリを食う2017.12.13 18:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティとナポリが本命と思われたグループFだったが、シャフタールがナポリを出し抜いて2位通過を果たした。フェイエノールトは案の定、蚊帳の外だった。■グループF順位表■
[勝ち点/得失点]
1:マンチェスター・シティ[15/9]
2:シャフタール[12/0]
3:ナポリ[6/0]
4:フェイエノールト[3/-9]

◆完成度高めて余裕の首位通過~マンチェスター・シティ~
Getty Images
▽昨季は脆弱な守備も散見してベスト16で敗退したシティだったが、グアルディオラ体制2季目の今季はチームとしての完成度を一気に高めていることを証明した。とりわけ第3節、第4節と連戦したナポリ戦ではシティの強さが遺憾なく発揮された。シティ同様、完成度の高いサッカーを展開するナポリをシティは凌駕。2連勝とし、2試合を残してグループステージ突破を決めた。

◆ナポリとの2位争いを制す~シャフタール~
Getty Images
▽ナポリが2位通過と目されたグループでシャフタールが3年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。タイソンやベルナール、マルロスら優れたテクニックと機動力を持つブラジル人が主軸のシャフタールは、初戦でナポリを撃破。対戦順にも恵まれ、第3節、第4節とフェイエノールト相手に連勝したことでグループステージ突破を近づけた。結局、第5節ナポリ戦では0-3と完敗したものの、最終節では首位通過を決め、主力を温存してきたシティに勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。

◆シティと好勝負もシャフタールに出し抜かれる~ナポリ~
Getty Images
▽シティと共に本命と思われたナポリだったが、終わってみれば初戦のシャフタール戦を落としたことが大きなツケを払う形となった。また、対戦順にも恵まれず、本気のシティと第3節、第4節で対戦しなければならなかったのも痛恨だった。ホームで行われた第4節では先制するまで優勢に試合を運び、欧州レベルでもナポリのサッカーが十分に通用することを示したが、現在欧州屈指の実力を持つシティに勝ち切ることは至難の業だった。結果、第5節でシャフタールに完勝して最終節に望みをつなぐもフェイエノールトに敗れてEL行きとなった。

◆蚊帳の外~フェイエノールト~
Getty Images
▽18年ぶりにオランダ王者となり、15年ぶりのCL参戦となったフェイエノールトは、やはりこのグループにおいて蚊帳の外だった。シティとシャフタールに歯が立たず、全敗で迎えた最終戦のナポリ戦では相手が突破の芽がなくなったことで士気を失ったため、勝利したに過ぎなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

シティ怒涛のゴールラッシュ!バーンリーに5発圧勝…デ・ブライネも復活《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは20日、プレミアリーグ第9節でバーンリーと対戦し、5-0で勝利した。 ▽チェルシー、リバプールと並んで6勝2分け無敗のシティは前節リバプールと0-0の引き分けを演じた。無敗を目指す今節では、開幕戦のアーセナル戦以降負傷離脱が続いていたデ・ブライネがベンチ入り。スタメンにはコンパニやラポルテ、ザネ、マフレズらが顔を揃えた。 ▽序盤からホームのシティが次々とゴールに迫る。まずは4分、右サイドのクロスをアグエロがダイビングヘッドでシュートに繋げると、15分にはマフレズのクロスから再びアグエロがゴール前で合わせるが、つま先で僅かに当ててコースを変えたシュートは古巣対決のGKハートがファインセーブを見せた。 ▽それでも猛攻続けるシティがゴールを奪うのは時間の問題だった。17分、左サイドでボールを持ったザネを起点に、シルバがボックス左でフリーに。シルバはそこからゴール前を横切る鋭いパスを通し、逆サイドのアグエロが楽々と押し込んだ。 ▽その後もシティが圧倒的な力の差で試合を支配。前半アディショナルタイムには右サイドのクロスをアグエロが完璧なタイミングで頭で捉えたが、ハートが再びのビッグセーブ。元シティGKの活躍もあり前半はシティは1点をリードするにとどまった。 ▽しかし、後半開始開始まもなくシティがリードを広げる。54分、ボックス左に侵入したザネが相手の足にかかって倒れると、バーンリーの選手たちはプレーを止めて審判にノーファウルをアピール。しかし笛はなっておらず、シティはその隙にシルバがボールを拾ってクロスを上げる。これをベルナルド・シウバが蹴り込んでシティが追加点。バーンリーにとっては悔やまれる失点となった。 ▽さらにバーンリーに追い打ちをかけるようにその2分後、シティの左CKの場面でボールを処理し損ねると、こぼれ球をフェルナンジーニョにボックス手前からダイレクトでゴール右上に突き刺すファインゴールを決められ3点目を奪われてしまった。 ▽これで試合を決めたシティは58分、ついにデ・ブライネがピッチへ。ベルナルド・シウバの代わる際には観客から大きな拍手が送られた。 ▽シティは84分、ボックス手前でボールを受けたマフレズが左足でゴール左上を突く見事なシュートを沈めて4点目。90分にはメンディのグラウンダーのクロスをザネがダイレクトで合わせ5点目を追加した。 ▽試合はそのまま終了。後半に怒涛の4得点を奪ったシティが5発大勝を収めた。 2018.10.21 01:08 Sun
twitterfacebook
thumb

シティが今節対戦の元守護神に最大限の敬意! GK練習場ピッチにジョー・ハートの名

▽マンチェスター・シティは20日に行われるプレミアリーグ第9節でバーンリーと対戦する。この一戦を前にかつての守護神に対して最大限の敬意を示した。 ▽現在、バーンリーで守護神を務めるのは昨季までシティに12年間在籍していた元イングランド代表GKジョー・ハートだ。同選手は2006年にシュルーズベリーから加入して以降、幾つかのクラブへのレンタル移籍を経験した一方、2011-12シーズンと2013-14シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献したレジェンドだ。 ▽ジョゼップ・グアルディオラ監督の就任に伴い、ここ2シーズンはトリノ、ウェストハムにレンタルに出され、今夏愛するクラブを旅立つ決断をしたハートだが、クラブはその功労者への恩を忘れていなかったようだ。 ▽シティは19日、アカデミーの練習場にあるGK用のトレーニングピッチにジョー・ハートの名前を冠することを発表。さらに同ピッチの柵の部分には2011-12シーズンのプレミア最終節のQPR戦での劇的過ぎる優勝時にハートが見せた、お馴染みのセレブレーションの様子を模したモザイク絵も飾られている。 ▽さらにバーンリー戦後には前述のモザイク絵のミニチュア版と、ハートとその家族に生涯のシーズンチケットがプレゼントされる予定だ。 ▽ハートは古巣からの粋な計らいに対して、心から感謝を示している。 「シティ・フットボール・アカデミーのゴールキーパー用のトレーニングピッチに自分の名前が冠されることは大きな誇りだ。マンチェスター・シティは僕の人生、キャリアにおいてとても大きな部分を占めているんだ。そして、僕と当時のチームメートが成し遂げたことを心から誇りに思っているよ」 「マンチェスター・シティの歴史において数々の偉大なゴールキーパーたちがいた。そして、クラブがその中の1人として僕を選んでくれたことをこの上ない特権と感じているよ」 2018.10.20 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネついに復活!今節バーンリー戦で開幕節以来の出場へ

▽マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがついに戦線に戻ってくるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今季のプレミアリーグ開幕節のアーセナル戦で負傷して以降、しばらくチームから離脱していたデ・ブライネ。当初は3カ月の離脱が見込まれていたが、驚異的な回復を見せ20日に行われる第9節のバーンリー戦に出場できる見通しとなったようだ。記者会見に出席したジョゼップ・グアルディオラ監督が以下のようにコメントしている。 「彼が90分間プレーできるかどうかは分からないが、彼はここ2週間痛みなくトレーニングを順調にこなしてきた。準備は出来ているよ」 ▽また、MFファビアン・デルフも起用可能となった一方で、MFイルカイ・ギュンドアンについては「正確には分からないが、2、3週間は離脱するだろう」とコメントしている。 2018.10.19 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

シティDFダニーロが負傷…最低1カ月の離脱か

▽マンチェスター・シティのブラジル代表DFダニーロが負傷したようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 ▽10月の国際親善試合のためブラジル代表に招集されていたダニーロ。16日のアルゼンチン代表戦で先発出場したが、53分に足首を負傷し途中交代を余儀なくされていた。 ▽正確なケガの具合は不明なものの、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は最低でも1カ月は回復に時間を要する可能性があると伝えている。現在シティは、MFファビアン・デルフとMFイルカイ・ギュンドアン、MFケビン・デ・ブライネが負傷離脱中。 ▽シティの今後の予定は、20日のプレミアリーグ第9節バーンリー戦(H)、23日のチャンピオンズリーググループステージ第3節シャフタール・ドネツク戦(A)、29日のプレミアリーグ第10節トッテナム戦(A)となっている。なお、ギュンドアンとデ・ブライネに関しては、バーンリー戦で復帰できる見込みだ。 2018.10.18 17:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップも注目? 昨季から関心寄せるシティ、堂安律獲得にリベンジか

▽マンチェスター・シティが、フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)の獲得に再び動き出す可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽2017年6月にフローニンヘンに期限付き移籍した堂安は昨シーズンエールディビジで9ゴール4アシストという成績を残し、今年4月に完全移籍。今月8日にはフランス『フランス・フットボール』が選ぶ21歳以下の年間最優秀選手「コパ・トロフィー」の候補者10名にも選出された。また、先月デビューを飾った日本代表では、16日に行われたキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦(4-3で日本が勝利)で初ゴールも飾っている。 ▽シティは昨シーズン中にも同選手獲得のオファーを提示。共同保有の提案をしたものの、これはフローニンヘンに拒否された。さらに同メディアによると、シティは今夏にも獲得に動いていたようだ。 ▽しかし、今回伝えられるところによると、シティはまだ堂安獲得を諦めていない模様。同クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が引き続き注目しており、再びフローニンヘンに接触するのは時間の問題であるとも伝えられている。 ▽オランダで著しい成長を見せる堂安。さらなる飛躍へビッグクラブへの移籍は実現するのだろうか。 2018.10.18 13:50 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース