【CLグループF総括】シティ盤石、シャフタールがナポリを食う2017.12.13 18:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティとナポリが本命と思われたグループFだったが、シャフタールがナポリを出し抜いて2位通過を果たした。フェイエノールトは案の定、蚊帳の外だった。

■グループF順位表■
[勝ち点/得失点]
1:マンチェスター・シティ[15/9]
2:シャフタール[12/0]
3:ナポリ[6/0]
4:フェイエノールト[3/-9]

◆完成度高めて余裕の首位通過~マンチェスター・シティ~
Getty Images
▽昨季は脆弱な守備も散見してベスト16で敗退したシティだったが、グアルディオラ体制2季目の今季はチームとしての完成度を一気に高めていることを証明した。とりわけ第3節、第4節と連戦したナポリ戦ではシティの強さが遺憾なく発揮された。シティ同様、完成度の高いサッカーを展開するナポリをシティは凌駕。2連勝とし、2試合を残してグループステージ突破を決めた。

◆ナポリとの2位争いを制す~シャフタール~
Getty Images
▽ナポリが2位通過と目されたグループでシャフタールが3年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。タイソンやベルナール、マルロスら優れたテクニックと機動力を持つブラジル人が主軸のシャフタールは、初戦でナポリを撃破。対戦順にも恵まれ、第3節、第4節とフェイエノールト相手に連勝したことでグループステージ突破を近づけた。結局、第5節ナポリ戦では0-3と完敗したものの、最終節では首位通過を決め、主力を温存してきたシティに勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。

◆シティと好勝負もシャフタールに出し抜かれる~ナポリ~
Getty Images
▽シティと共に本命と思われたナポリだったが、終わってみれば初戦のシャフタール戦を落としたことが大きなツケを払う形となった。また、対戦順にも恵まれず、本気のシティと第3節、第4節で対戦しなければならなかったのも痛恨だった。ホームで行われた第4節では先制するまで優勢に試合を運び、欧州レベルでもナポリのサッカーが十分に通用することを示したが、現在欧州屈指の実力を持つシティに勝ち切ることは至難の業だった。結果、第5節でシャフタールに完勝して最終節に望みをつなぐもフェイエノールトに敗れてEL行きとなった。

◆蚊帳の外~フェイエノールト~
Getty Images
▽18年ぶりにオランダ王者となり、15年ぶりのCL参戦となったフェイエノールトは、やはりこのグループにおいて蚊帳の外だった。シティとシャフタールに歯が立たず、全敗で迎えた最終戦のナポリ戦では相手が突破の芽がなくなったことで士気を失ったため、勝利したに過ぎなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

デ・ブライネの劇的弾で勝ち切ったシティが2大会ぶりの決勝進出!《EFLカップ》

▽マンチェスター・シティは23日、EFLカップ準決勝2ndレグでブリストル・シティとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。この結果、2戦合計5-3でマンチェスター・シティが決勝進出を決めた。 ▽9日に行われた1stレグをアグエロの土壇場弾で逆転勝利したシティは、直近に行われたリーグ戦のニューカッスル戦から先発を2選手変更。GKエデルソンとスターリングに代えてGKブラーボとベルナルド・シウバを先発に起用した。 ▽立ち上がりから地力で勝るシティが攻勢に試合を進めるが、自陣ボックス内で集中した守りを見せるブリストル守備陣を突破できない。それでも攻勢を続けるシティは、前半終了間際にスコアを動かす。 ▽43分、相手ボックス内でボールを奪ったベルナルド・シウバが、体を張った粘りでボールを繋ぐと、最後はボックス中央のザネが右足を振り抜きゴールネットを揺らした。 ▽迎えた後半、ブリストルはマグヌソンとウェルシュ下げてベイカーとジェジューを投入する2枚替えを敢行。しかし、再びスコアを動かしたのはシティだった。50分、デ・ブライネからのサイドチェンジを右サイドで受けたアグエロが、ボックス右まで持ち込みシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽リードを広げられたブリストルだが、64分に反撃。ストーンズのクリアミスをボックス中央のボビー・リードがダイレクトで左に展開すると、これを受けたパーターソンのクロスをパックがヘディングでゴール左に流し込んだ。 ▽試合終盤、シティはアグエロ、ウォーカーを下げてギュンドアンとダニーロを投入し、試合を締めにかかったが、後半アディショナルタイムの94分に左クロスからファーサイドのボビー・リードに頭で折り返されると、最後は途中出場のケントに押し込まれ、痛恨の失点。 ▽土壇場でブリストルに同点に追いつかれたシティだが直後の96分、シルバの縦パスでボックス左に侵入したザネがダイレクトで折り返しを供給すると、これを中央に駆け上がったデ・ブライネ流し込み、勝ち越しに成功。 ▽直後に試合終了のホイッスル。デ・ブライネの劇的弾で勝ち切ったシティが、2戦合計5-3で2大会ぶりの決勝進出を決めた。 2018.01.24 06:59 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、絶対的司令塔デ・ブライネと2023年までの新契約締結!

▽マンチェスター・シティは22日、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2021年までの現行契約を新たに2年延長したデ・ブライネは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「今回、新契約にサインすることができて本当に嬉しいよ」 「以前から話していたように僕の希望は初めて来たときから自分の家のように感じていたこのクラブに留まることだったんだ」 「今の僕たちは勝ち続けているだけでなく、素晴らしいフットボールをプレーしている。その素晴らしいチームの一員であることを誇りに思うし、これから数年で自分たちがどんなことを成し遂げられるか考えると、とても興奮するんだ」 ▽また、デ・ブライネの契約延長に成功したチキ・ベギリスタインFD(フットボール・ディレクター)は満足感を示している。 「ケビンとの新契約はクラブにとって素晴らしいニュースだ。彼は今シーズン、自分がいかにこのクラブにとって重要なプレーヤーであることを、そのパフォーマンスで示しているよ」 「彼が今後長い間マンチェスター・シティへの忠誠を誓ったことに多くの人たちが興奮しているよ」 ▽デ・ブライネは2015年夏にヴォルフスブルクからシティに加入。非凡なパスセンスで異彩を放ち、同僚のMFダビド・シルバと並ぶ演出家として評価を高めている。今シーズンは、ここまでプレミアリーグ24試合に出場して6ゴール10アシスト。リーグ戦で首位独走のシティを攻撃面でリードしている。 ▽なお、イギリス『デイリー・メール』によれば、デ・ブライネは今回の新契約で週給20万ポンドと、肖像権料6万ポンドの総額26万ポンド(約4000万円)以上の高額サラリーを受け取ることになるようだ。 2018.01.23 04:52 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルに快勝も、気を引き締めるグアルディオラ「タイトルレースはまだ終わっていない」

ニューカッスルを3-1で退け、残り14試合で2位のマンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差を12としたマンチェスター・シティだが、バルセロナとバイエルンでそれぞれ3度のリーグ優勝を経験しているペップ・グアルディオラ監督は、「タイトルレースはまだ終わっていない」と警鐘を鳴らしている。<br><br>「数字上はあと10試合勝てば我々が優勝だが、プレミアリーグにはチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、それに残留を懸けて戦っているチームもある。彼らとの戦いは間違いなく難しいゲームになるし、もし選手がライバルチームの取りこぼしを願っているようであれば、私の経験上、それはベストな姿勢とは言えないね」<br><br>また、それまで無敗を維持しながら3-4でリバプールに敗れて初黒星を喫したことを引き合いに出して、選手たちに気を引き締めるよう呼びかけた。<br><br>「目の前の試合に集中することだ。アンフィールドでリバプールに敗れたとき、我々は第24節までのベストチームだったが、そんなものには何の意味もない。優勝するためには第38節(最終戦)までのベストチームにならなければならないんだ」<br><br>「我々には獲得すべき勝ち点が42も残っているし、プレミアリーグではどんなことも起こりうる」と締めくくったグアルディオラだが、このままのペースを維持して自身初となるプレミアリーグのタイトルを手にすることができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.22 22:11 Mon
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネが契約延長で合意、『BBC』報道

▽イギリス『BBC』は21日、マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)の新契約締結を報じた。 ▽デ・ブライネの現行契約は、2021年まで。今回の契約延長合意により、2024年までシティの一員としてプレーすることが見込まれている。 ▽デ・ブライネは2015年夏からシティでプレー。非凡なパスセンスで異彩を放ち、同僚のMFダビド・シルバと並ぶ演出家として評価を高めている。 ▽今シーズンは、ここまでプレミアリーグ24試合に出場して6ゴール10アシスト。リーグ戦で首位独走のシティを攻撃面でリードしている。 2018.01.22 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

シティの演出家デ・ブライネ、週給4000万円以上で延長合意か

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)は、クラブと契約延長間近のようだ。その際、破格の給与を手にすることになると、イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽スペイン代表MFダビド・シルバと共に2大司令塔の一角として異彩を放ち続けるデ・ブライネ。現行契約を2021年6月まで残しているが、以前からシティとの契約延長に向けた動きが伝えられていた。 ▽今回の報道によれば、シティは新たな給与として、週給20万ポンドを提示。さらに、肖像権料6万ポンドを用意しており、総額26万ポンド(約4000万円)以上の大型契約を打診しているという。 ▽なお、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディとブラジル代表MFフェルナンジーニョとの契約延長を発表したシティは、デ・ブライネのほかにも、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスとの新契約締結に動いていると見られる。 2018.01.21 16:55 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース