【CLグループF総括】シティ盤石、シャフタールがナポリを食う2017.12.13 18:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティとナポリが本命と思われたグループFだったが、シャフタールがナポリを出し抜いて2位通過を果たした。フェイエノールトは案の定、蚊帳の外だった。

■グループF順位表■
[勝ち点/得失点]
1:マンチェスター・シティ[15/9]
2:シャフタール[12/0]
3:ナポリ[6/0]
4:フェイエノールト[3/-9]

◆完成度高めて余裕の首位通過~マンチェスター・シティ~
Getty Images
▽昨季は脆弱な守備も散見してベスト16で敗退したシティだったが、グアルディオラ体制2季目の今季はチームとしての完成度を一気に高めていることを証明した。とりわけ第3節、第4節と連戦したナポリ戦ではシティの強さが遺憾なく発揮された。シティ同様、完成度の高いサッカーを展開するナポリをシティは凌駕。2連勝とし、2試合を残してグループステージ突破を決めた。

◆ナポリとの2位争いを制す~シャフタール~
Getty Images
▽ナポリが2位通過と目されたグループでシャフタールが3年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。タイソンやベルナール、マルロスら優れたテクニックと機動力を持つブラジル人が主軸のシャフタールは、初戦でナポリを撃破。対戦順にも恵まれ、第3節、第4節とフェイエノールト相手に連勝したことでグループステージ突破を近づけた。結局、第5節ナポリ戦では0-3と完敗したものの、最終節では首位通過を決め、主力を温存してきたシティに勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。

◆シティと好勝負もシャフタールに出し抜かれる~ナポリ~
Getty Images
▽シティと共に本命と思われたナポリだったが、終わってみれば初戦のシャフタール戦を落としたことが大きなツケを払う形となった。また、対戦順にも恵まれず、本気のシティと第3節、第4節で対戦しなければならなかったのも痛恨だった。ホームで行われた第4節では先制するまで優勢に試合を運び、欧州レベルでもナポリのサッカーが十分に通用することを示したが、現在欧州屈指の実力を持つシティに勝ち切ることは至難の業だった。結果、第5節でシャフタールに完勝して最終節に望みをつなぐもフェイエノールトに敗れてEL行きとなった。

◆蚊帳の外~フェイエノールト~
Getty Images
▽18年ぶりにオランダ王者となり、15年ぶりのCL参戦となったフェイエノールトは、やはりこのグループにおいて蚊帳の外だった。シティとシャフタールに歯が立たず、全敗で迎えた最終戦のナポリ戦では相手が突破の芽がなくなったことで士気を失ったため、勝利したに過ぎなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

メンディがエディハド凱旋試合で7ケ月ぶり復帰! 「ものすごくフットボールが恋しかった」

▽マンチェスター・シティは22日、エティハド・スタジアムで行われたプレミアリーグ第35節スウォンジー・シティと対戦し、5-0で大勝した。同試合で昨年9月以来となる戦列復帰を果たしたフランス代表DFバンジャマン・メンディが自身の公式『ツイッター(@benmendy23)』で喜びのコメントを残した。 ▽前節、2位マンチェスター・ユナイテッドの敗戦によって4シーズンぶり5度目のプレミアリーグ優勝を成し遂げたシティ。エティハド・スタジアム凱旋となる今節ではスウォンジー相手に攻撃陣が爆発し、5-0の大勝を飾った。 ▽また、同試合の75分には昨年9月23日に行われたプレミアリーグ第6節クリスタル・パレス戦で右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負い、長期離脱を余儀なくされていたメンディがMFファビアン・デルフとの交代で約7ケ月ぶりにピッチに戻ってきた。そして、愛されるフランス人DFにはエティハド・スタジアムに集まったホームサポーターたちからこの日一番の拍手と声援が送られた。 ▽同試合後、メンディは自身のツイッターで復帰の喜びを伝えている。 「ものすごくフットボールが恋しかったよ。この長く厳しい旅の中で常に信じられないサポートをしてくれたすべての人に感謝しているよ。復帰することができて本当に嬉しいよ」 ▽さらに、メンディは昨夏モナコから共に移籍してきた親友のMFベルナルド・シウバとハグする画像と共に「彼は食べ物やガールフレンドよりも僕を愛している」と、いつも通りのユーモア溢れるつぶやきも行っていた。 ▽現時点でメンディのコンディションは万全ではないものの、今回の復帰はロシア・ワールドカップ本大会を控えるフランス代表にも大きな朗報となりそうだ。 2018.04.23 14:03 Mon
twitterfacebook
thumb

「PLに彼以上の選手はいない」ペップが今季大活躍のデ・ブライネをベタ褒め

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、プレミアリーグにケヴィン・デ・ブライネ以上の選手はいないと話している。<br><br>22日にマンチェスター・シティはホームでスウォンジー・シティと対戦。4シーズンぶりのプレミアリーグ優勝が決まってから最初の試合に挑んだ同クラブは、デ・ブライネのゴールなど圧倒的な強さを見せてスウォンジーに5-0と大勝する。試合後、グアルディオラ監督は会見でベルギー代表MFの活躍を手放しで喜んだ。<br><br>「これは私の考えだが、この9カ月や10カ月を通して彼より優れた選手はプレミアリーグにいなかった。3日おきに試合があったが、彼は継続的な活躍を見せていた。数字上で見れば、彼を上回っていた選手がいるが、5試合を残してチームを優勝に導いた選手は彼以外にいない。彼がベストだ」<br><br>「仮に彼が今シーズンの最優秀選手賞を手にできなかったら、私は彼を差し置いて受賞した選手を祝福して、その選手がその賞に値したと感じられるように努めたい」<br><br>なお、すでに発表されたPFA(プロフェッショナル・フットボーラーズ・アソシエーション)年間最優秀選手賞は、リバプールのモハメド・サラーがデ・ブライネを抑えて選出されている。<br><br>提供:goal.com 2018.04.23 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

リロイ・ザネが今季プレミアNo1若手選手に!

▽マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFリロイ・ザネ(22)が栄冠に輝いた。 ▽イングランドプロサッカー協会(PFA)は22日、PFA年間最優秀若手選手賞の受賞者としてリロイ・ザネの選出を発表。2016年夏にシャルケからシティに加入したリロイ・ザネにとって、プレミアリーグ挑戦2年目での受賞となる。 ▽シティ在籍2年目の今シーズンは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、ここまでプレミアリーグ28試合に出場して9ゴール。圧倒的な突破力を武器に、シティの4シーズンぶりとなるプレミアリーグ優勝に大きく貢献した。 ▽受賞のリロイ・ザネは、「この賞を手にできてすごく光栄だよ。マン・シティに関わる全ての人に感謝したい。それと、この賞を争った全員にもおめでとうを言いたい。彼らも受賞に値する選手たちだ」とコメントしている。 2018.04.23 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

王者シティ、エディハド凱旋試合は5発快勝! 横綱相撲でスワンズ下し勝ち点90に到達!《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは22日、プレミアリーグ第35節でホームにスウォンジー・シティを迎え、5-0で大勝した。 ▽前節、4シーズンぶり5度目のプレミアリーグ優勝を成し遂げたシティ。エティハド・スタジアム凱旋となる今節はスウォンジーを迎え撃った。この試合では前節のトッテナム戦から2選手を変更。ウォーカーとザネに代えてダニーロとベルナルド・シウバが先発に起用された。 ▽試合は王者シティが押し込んでいく展開に。序盤から積極的に攻め込むシチズンズは12分、左サイドのデ・ブライネからボックス左のスターリングにボールが渡されると、マイナスのクロスをシルバが押し込んで先制。シティがファーストシュートでゴールを奪った。 ▽続く16分には、デルフがシルバとのワンツーで左サイドを崩すと、グラウンダーのクロスをスターリングが楽々と押し込んで追加点。前半を2-0で折り返した。 ▽迎えた後半、攻撃の手を緩めないシティは54分、ダニーロの敵陣でのボール奪取からデ・ブライネにボールが渡る。デ・ブライネはボックス手前右から右足一閃。ゴール左上隅にスーパーゴールを突き刺さした。 ▽さらにシティは64分、味方のパスでボックス左に侵入したスターリングがF・フェルナンデスに倒されPKを獲得。キッカーのガブリエウ・ジェズスのシュートはGKファビアンスキに触れられポストを叩いてしまうものの、こぼれ球をベルナルド・シウバが押し込み4-0に。 ▽迎えた75分、シティはデルフを下げてメンディを投入。9月のクリスタル・パレス戦以来、実に28試合ぶりの出場に、ホームのエティハドもこの日一番の歓声に包まれた。メンディの一挙手一投足にスタンドから声援が上がる中、88分には途中出場のヤヤ・トゥーレの高精度のクロスからガブリエウ・ジェズスが頭で沈めて5点目を追加。 ▽終始試合を支配したシティは1000本を超えるパス回数を誇り試合内容でも相手を圧倒。プレミア王者が格の違いを見せつけ、リーグ制覇後初のホーム凱旋試合を大勝で飾った。 2018.04.23 02:23 Mon
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、ヴェンゲルの後任候補のヴィエラに言及「すでにトップレベルの監督」

マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は、退任が発表されたアーセン・ヴェンゲル監督の後任として名前の挙がっているパトリック・ヴィエラはすでにトップレベルの監督だと語った。<br><br>ヴィエラは現役時代、ヴェンゲル監督の下でアーセナルの黄金期を支え、03-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝達成時にはキャプテンを務めていた。引退後はマンチェスター・シティでのエリート育成マネージャーを経て、2016年よりMLSのニューヨーク・シティを指揮。今季は7試合を消化した時点で首位に立っている。<br><br>ニューヨーク・シティと同じシティ・フットボール・グループ傘下であるマンチェスター・シティのグアルディオラは、ヴィエラがトップレベルの監督になれるかとの質問に「すでになっている」と答えた。<br><br>「(ヴェンゲルの退任発表後)多くの名前が挙がっているが、アーセナルは最善の選択をするだろう。そして、もちろん彼は準備ができている。これから名前が挙がってくるであろう全員がその準備ができていると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.22 20:53 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース