元鳥栖キム・ミヌが決勝OGを誘発! 韓国が初白星で日韓最終戦へ《EAFF E-1サッカー選手権》2017.12.12 19:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽12日に味の素スタジアムで行われたEAFF E-1サッカー選手権第2戦の北朝鮮代表vs韓国代表は、0-1で韓国が勝利した。

▽初戦で日本代表に敗れた北朝鮮と、中国と引き分けた韓国の一戦は、ゴールレスで迎えた64分に動く。元鳥栖のキム・ミヌが左サイドから上げたクロスがボックス内で北朝鮮DFの足に当たり、そのままゴールマウスへ。韓国が相手のオウンゴールというラッキーな形で先制する。

▽結局、このゴールが決勝点となり、韓国が今大会初白星。1勝1分けとした韓国はタイトル獲得の望みを繋ぎ、16日に行われる最終戦の日本を迎えることになった。

北朝鮮代表 0-1 韓国代表
【韓国】
OG(後19)

コメント

関連ニュース

thumb

ファン・ウィジョ&チョン・ウヨン弾で韓国がウルグアイ撃破! ほぼベスメンのウルグアイはタバレス体制再スタートを勝利で飾れず《国際親善試合》

▽国際親善試合の韓国代表vsウルグアイ代表が12日に行われ、ホームの韓国が2-1で勝利した。 ▽先月からポルトガル人指揮官のパウロ・ベント体制をスタートした新生韓国と、16日に日本代表戦を控えるウルグアイによるロシア・ワールドカップ(W杯)出場チーム同士のフレンドリーマッチ。 ▽先月の代表ウィークでホンジュラス代表、チリ代表を1勝1分けの無敗で終えた韓国は、今回のウルグアイ戦に向けてGKに神戸のキム・スンギュ、最終ラインにFC東京のチャン・ヒョンスやイ・ヨンらを起用。中盤はキ・ソンヨンと元神戸のチョン・ウヨンの2セントラルMFに2列目は右からファン・ヒチャン、ナム・テヒ、キャプテンのソン・フンミンを配し、最前線にはG大阪のファン・ウィジョが入った。 ▽一方、先日にタバレス監督の続投が発表されたウルグアイは、ケガの影響で招集外となったホセ・ヒメネス、ルイス・スアレスを除く主力を今回のアジア遠征に招集。この韓国戦ではGKにムスレラ、最終ラインにカセレス、コアテス、ゴディン、ラクサール。中盤はアンカーにトレイラ、インサイドハーフにヴェシーノ、ナンデス、トップ下にベンタンクールを起用。2トップはカバーニとストゥアーニが並んだ。 ▽[4-2-3-1]を採用した韓国に対して、中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]を採用したウルグアイ。立ち上がりはサイドを起点とした韓国が幾度かクロスからチャンスを作り出すが、ゴディンを中心とする相手中央の分厚い守備に阻まれる。 ▽一方、自慢の強力2トップまでなかなかボールを繋げないウルグアイはナンデスやヴェシーノが苦し紛れのミドルシュートを放っていくが、いずれも枠を捉え切れない。その後も中盤の潰し合いが目立つ中、徐々にカウンター時に効果的な中央への縦パスからリズムを掴んだ韓国が相手陣内深い位置までボールを運び34分にはナム・テヒがボックス手前でシュートを放つがこれはGKムスレラの正面。対するウルグアイも44分に高い位置まで侵入したラクサールの左クロスにニアのストゥアーニが頭で合わすが、これは枠の上に外れた。 ▽クローズな展開が目立った前半を経て試合は後半に突入。すると、立ち上がりの49分には韓国にこの試合最大の決定機。相手陣内中央でパスカットしたファン・ヒチャンがボックス手前左まで運んでファン・ウィジョに絶妙なラストパス。これを受けたG大阪のエースストライカーはDFゴディンの寄せを受ける前に右足のシュートでニアを狙うが、これはGKムスレラの好守に遭う。 ▽後半もなかなかチャンスを作れないウルグアイだったが、60分にセットプレーの流れから最初の決定機。ペナルティアーク付近でクリアボールに反応したベンタンクールが右足のミドルシュート。これがゴール左上隅を捉えたかに思われたが、惜しくもクロスバーを叩く。 ▽すると、韓国がこの直後にゴールをこじ開ける。66分、ボックス手前中央のナム・テヒから足下にパスを受けたファン・ウィジョがボックス内でDFコアテスに足をかけられてPKを獲得。ここでキッカーのソン・フンミンが左を狙ったシュートはGKムスレラのセーブに遭うも、こぼれ球にいち早くファン・ウィジョがうまく右足で流し込んだ。 ▽先制を許したウルグアイはストゥアーニに代えて投入したマキシ・ゴメスらを起点に反撃を試みると、相手のミスから同点に追いつく。72分、ボックス右へ流れたボールに対してDFキム・ヨングォンが痛恨のスリップ。そして、ゴールライン際でボールを奪ったトレイラがそのまま中に切り込んでGKを引き付けてマイナスのパスを出すと、これをヴェシーノがワンタッチでニアに流し込んだ。 ▽1-1の振り出しに戻った試合はここから互いに交代カードを切ったことで、よりオープンな展開に。カバーニが得意のラインブレイクでゴール前に抜け出すが、ここはGKキム・スンギュとDFの連係を前にフィニッシュまで持ち込めない。 ▽すると80分、韓国は相手のミスを突いて勝ち越しに成功する。左CKの場面でキッカーのソン・フンミンのクロスをソク・ヒョンジュンがヘディングシュート。これをストーンの位置にいたカバーニがクリアし損ねてゴール左にボールがこぼれると、チョン・ウヨンが難なく押し込んだ。 ▽エースのミスで再びビハインドを負ったウルグアイは試合終盤にかけて猛攻に打って出る。後半アディショナルタイムには代表デビューを飾ったサラッキからのクロスをマキシ・ゴメスが頭で合わせるが、これはGKキム・スンギュの正面を突き万事休す。 ▽互いにほぼベストメンバーで臨んだ白熱の一戦はファン・ウィジョとチョン・ウヨンのJリーグ経験選手の活躍でホームの韓国が2-1で勝利した。なお、やや低調なパフォーマンスが目立ったウルグアイは16日に埼玉スタジアム2002で日本と対戦する。 2018.10.12 22:02 Fri
twitterfacebook
thumb

韓国代表メンバー25名が発表! Jリーグ勢からは9月3戦4発のG大阪FWファン・ウィジョら5名《国際親善試合》

▽韓国サッカー協会は(KFA)は1日、10月のインターナショナルマッチウィークに向けた同国代表メンバーを発表した。 ▽9月に行われた国際親善試合でコスタリカ代表に2-0で勝利し、続くチリ代表戦では0-0で引き分けた韓国代表。指揮官のパウロ・ベント監督は今回25名を招集した。Jリーグ勢からは9月のリーグ戦で3戦4発と絶好調のガンバ大阪FWファン・ウィジョら5名が選出されている。また、DFパク・チュホ(蔚山現代FC)、MFク・ジャチョル(アウグスブルク/ドイツ)、FWソク・ヒョンジュン(スタッド・ランス/フランス)が代表復帰を果たしている。 ▽その韓国代表は10月に国内での国際親善試合2試合を予定。12日にウルグアイ代表、15日にパナマ代表と対戦する。 ◆韓国代表メンバー GK キム・スンギュ(ヴィッセル神戸/日本) キム・ジンヒョン(セレッソ大阪/日本) チョ・ヒョヌ(大邱FC) DF パク・ジス(慶南FC) キム・ムンファン(釜山サイパーク) キム・ミンジェ(全北現代モータース) イ・ヨン(全北現代モータース) ホン・チョル(水原三星ブルーウィングス) パク・チュホ(蔚山現代FC) チョン・スンヒョン(鹿島アントラーズ/日本) チャン・ヒョンス(FC東京/日本) キム・ヨングォン(広州恒大/中国) MF イ・ジンヒョン(浦項スティーラーズ) ファン・インボム(大田シチズン) チョン・ウヨン(アル・サッド/カタール) ナム・テヒ(アルドゥハイル/カタール) キ・ソンヨン(ニューカッスル/イングランド) ク・ジャチョル(アウグスブルク/ドイツ) イ・スンウ(ヴェローナ/イタリア) FW ソン・フンミン(トッテナム/イングランド) イ・ジェソン(ホルシュタイン・キール/ドイツ) ファン・ヒチャン(ハンブルガーSV/ドイツ) ソク・ヒョンジュン(スタッド・ランス/フランス) ファン・ウィジョ(ガンバ大阪/日本) ムン・ソンミン(仁川ユナイテッドFC) 2018.10.01 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWチ・ドンウォン、ゴールパフォで数週間の負傷離脱

▽アウグスブルクに所属する韓国代表FWチ・ドンウォンがまさかの形で負傷した。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽チ・ドンウォンは15日に行われたブンデスリーガ第3節のマインツ戦(1-2でアウグスブルクが敗戦)に途中出場。0-0で迎えた82分にシーズン初ゴールをマークした。だが、ゴールセレブレーション時に負傷。アウグスブルクによれば、左ヒザの関節包靭帯および内側側副じん帯損傷で数週間の戦列離脱になるという。 ▽渦中のチ・ドンウォンは、「ゴールを決めて、とにかくうれしかったんだ。でも、その次の瞬間に、負傷が起こってしまった。辛いことだ。でもそれでもどうしようもない。今は早期復帰に向けて、リハビリでとにかく頑張るよ」と語り、早期復帰に意欲を示している。 2018.09.18 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーガー3名が先発した韓国、攻勢を見せるもチリとドロー《国際親善試合》

▽11日、韓国の釜山アジアド主競技場で韓国代表vsチリ代表の国際親善試合が行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽7日に日本代表と対戦するはずだったチリは、北海道地震の影響で試合が中止となり、韓国へと移動。一方の韓国は、コスタリカ代表相手に2-0と勝利を収めていた。 ▽パウロ・ベント新監督が率いる韓国は、GKキム・ジンヒョン(セレッソ大阪)、DFチャン・ヒョンス(FC東京)、FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)のJリーガー3名が先発。また、トッテナムのFWソン・フンミンやアジア競技大会で活躍したFWファン・ヒチャン(ハンブルガーSV)らが先発した。対するチリは、MFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)やMFガリー・メデル(ベシクタシュ)らが先発出場した。 ▽ホームの韓国は、ファン・ヒチャンやソン・フンミン、ファン・ウィジョの前線トリオにボールを集めて攻勢をかける。11分には、ボックス右からソン・フンミンがグラウンダーのパス。これがボックス中央のファン・ウィジョに繋がるも、トラップが大きくなりシュートは打てない。 ▽対するチリは17分、右サイドからサガルがカットインして左足シュート。強烈なシュートは枠を捉えるが、GKキム・ジンヒョンがセーブして得点を許さない。 ▽韓国は31分、パスを繋ぐと、ボックス内のソン・フンミンにスルーパス。ソン・フンミンはボックス内左からグラウンダーのクロスを送るも、ファン・ウィジョには届かず、DFにクリアされてしまう。 ▽ゴールレスで迎えた後半も韓国が攻め立てる。右サイドを仕掛けたファン・ヒチャンのクロスにファーサイドでソン・フンミンがフリーとなっているも、合わずにクリア。これで得たCKから、こぼれ球をイ・ジェソンが抑えたシュートを放つが、これもDFにブロックされてしまう。 ▽その後は、互いに選手を交代させるも崩し切ることができずに試合終了。0-0のゴールレスドローに終わった。 韓国代表 0-0 チリ代表 2018.09.11 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

新生韓国が日本戦控えるコスタリカに快勝! パウロ・ベント新体制の初陣飾る《国際親善試合》

▽国際親善試合の韓国代表vsコスタリカ代表が7日に行われ、ホームの韓国が2-0で快勝した。 ▽ポルトガル人指揮官のパウロ・ベント監督を新指揮官に迎えた新生韓国と、11日に日本代表戦を控えるコスタリカによるロシア・ワールドカップ(W杯)出場チーム同士のフレンドリーマッチ。 ▽韓国はベント監督の初陣に向けてGKに神戸の守護神キム・スンギュ、最終ラインにFC東京DFのチャン・ヒョンス、中盤に元神戸のチョン・ウヨンとJリーグ勢を起用。また、アジア競技大会で金メダルに貢献したエースのソン・フンミンやニューカッスルMFキ・ソンヨンら欧州組も先発で起用された。 ▽一方、守護神ケイロル・ナバスら一部主力が招集外となったコスタリカはガンボアやオビエド、ドゥアルテが先発に名を連ねた。 ▽チ・ドンウォンを最前線に配し、2列目にイ・ジェソン、ナム・テヒ、ソン・フンミンを配した[4-2-3-1]の布陣で臨んだ韓国は開始直後にボックス左に抜け出したソン・フンミンの絶妙なクロスにイ・ジェソンが飛び込むが、シュートを枠の左に外す。その後はカウンターの応酬となった中、互いにフィニッシュの場面を作り出していく。 ▽前半半ばを過ぎてもオープンな展開が続く。28分にはボックス手前左でパスを受けたソン・フンミンがカットインから右足を振り抜きブレ球のミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKアルバラードのビッグセーブに遭う。 ▽だが、33分にキ・ソンヨンのフィードに抜け出したナム・テヒがボックス内でDFガンボアに後ろから手をかけられて倒されPKを獲得。キッカーのソン・フンミンのシュートは右ポストを叩くも、跳ね返りをイ・ジェソンがきっちり流し込み、韓国が先制に成功した。さらに前半終了間際の41分にはソン・フンミン、イ・ジェソンのパス交換に絶妙な3人目の動き出しで絡んだナム・テヒがゴール左から決定的なシュートを放つが、これは相手GKの好守に阻まれ2点目とはならず。 ▽韓国の1点リードで折り返した試合は後半も韓国が優勢に試合を運ぶ。前半同様にソン・フンミンが鋭い仕掛けで左サイドを攻略すると、そこにナム・テヒとイ・ジェソンが良い形で絡んでいく。 ▽その後、互いに選手交代を行っていく中、韓国はガンバ大阪のファン・ウィジョらをピッチに送り出すと、78分に追加点を奪取。ソン・フンミンのパスに抜け出したナム・テヒがボックス左からドリブルでゴール前まで運んでニアを射抜く見事な右足のシュートを決めた。 ▽この2点目で試合を決定付けた韓国はエースのソン・フンミンに代えてイ・スンウをピッチに送り出すなど試合を締めにかかると、コスタリカの反撃をきっちり抑え切って2-0の完勝。ベント新体制の初陣を快勝で飾った。なお、韓国は11日にチリ代表戦、コスタリカは11日に日本戦を戦う予定だ。 2018.09.07 21:58 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース