【CLグループA総括】ユナイテッド貫禄突破、バーゼルが躍進2017.12.13 18:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者であるマンチェスター・ユナイテッドを筆頭に、ポルトガル王者のベンフィカ、スイス王者のバーゼル、そして予選から勝ち上がってきたロシアリーグ2位のCSKAモスクワが同居したグループAでは、ユナイテッドが貫録の首位通過。そして、注目の2位争いはバーゼルが制した。

■グループA順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.マンチェスター・ユナイテッド[15/5/0/1/9]
2.バーゼル[12/4/0/2/6]
3.CSKAモスクワ[9/3/0/3/-2]
4.ベンフィカ[0/0/0/6/-13]

◆貫禄の首位通過~マンチェスター・ユナイテッド~
Getty Images
▽EL王者のユナイテッドは開幕から4連勝を達成し、4試合を終えた時点でほぼ首位通過を決定づけた。ただ、第5節でバーゼルに敗れたことで実際に突破を“確定”させたのは最終節だったため、ラスト2試合でローテーションしきれなかった点は誤算だった。それでも、5勝を記録したあたりは、欧州での勝ち方を熟知しているモウリーニョ監督らしい安定感だ。CL決勝トーナメント進出は実に4シーズンぶりとなるレッド・デビルズ。セビージャとの対戦が決まっている中、名門復活をアピールするためにはリーグ戦だけでなくCLでもきっちりと8強入りすることが必要だ。

◆スイスの雄が快挙~バーゼル~
Getty Images
▽スイスの雄が快挙を成し遂げた。初戦でユナイテッドに0-3で敗戦したことを引きずることなく、第2節ではホームでベンフィカを5-0と一蹴。これで自信をつけたチームは、第3節にCSKAモスクワとのアウェイ戦を2-0で制した。また、第5節でもホームでユナイテッドに試合終盤、DFミヒャエル・ラングのゴールで1-0の勝利。これには、テニス界のレジェンドであるロジャー・フェデラーも「信じられない瞬間だね、言葉で言い表せないよ! ワォ! おめでとう」と母国クラブの快挙を称えた。ユナイテッド戦をのぞけば失点数はわずかに「2」。決勝トーナメント1回戦ではマンチェスター・シティと戦うことが決まったが、組織的な守備とインテンシティの高さを武器に、ジャイアントキリングを再現したい。

◆好スタートも一歩及ばず~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽勝ち点9を獲得したCSKAモスクワだが、一歩及ばず3位フィニッシュ。初戦、ベンフィカとのアウェイ戦を2-1でモノにし、このグループの2位争いを面白くした。ただ、アウェイで2勝した一方、ホームで手にした勝ち点が3と、本来は大きなアドバンテージとなるホーム戦で勝ち点を積み重ねることができなかった点は痛く、ヴァシリ&アレクセイのベレズツキ兄弟やイグナシェビッチらベテラン勢も国内リーグならまだしも、この舞台ではスピードとアジリティ不足となっており、欧州で躍進するためには世代交代が必要な時期だろう。

◆今大会最大のネガティブ・サプライズ~ベンフィカ~
Getty Images
▽ベンフィカは6戦全敗の最下位で、今大会最大のネガティブなサプライズとも言える結果に終わった。初戦のホーム戦を落とし、2戦目のバーゼル戦では0-5の大敗。そこからユナイテッドとの2連戦だっただけに、モチベーションを維持することも難しかっただろう。GKエデルソン、DFリンデロフ、DFセメドら主力の流出はやはり痛かったが、それでもネームバリューではCSKAモスクワとバーゼルを上回っていた。ルイゾンやサルビオ、サマリス、セフェロビッチら本来チームを牽引すべき選手たちの低調なパフォーマンスが結果に響いた。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド撃破のランパード、恩師・モウリーニョとの指揮官対決に「隣に立ててとても光栄」

▽ジャイアントキリングを起こしたチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティのフランク・ランパード監督が、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。 ▽ダービーは25日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でランパード監督の現役時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督率いるユナイテッドと対戦。試合は開始3分に先制点を許すも、59分にリバプールからレンタル加入中のハリー・ウィルソンが同点ゴールを決める。その後、ユナイテッドのロメロ退場を機に攻勢を強めると、85分にマリオットが決めて逆転。試合終了間際にユナイテッドに同点弾を決められてしまい、2-2でPK戦へ突入したものの、8-7で制してユナイテッドを撃破した。 ▽試合後、ランパード監督はユナイテッド戦を回想。また、現役時代の恩師であるモウリーニョ監督と共にピッチサイドに立てたことに感激している。 「彼らを誇りに思う。何も勝ち得ることはできていないが、次のラウンドに進めることができた。ただ、共に戦い、ハードワークをすれば、チームとしてどこまで戦えるのかということは示すことができたと思う。そこにはクオリティがあった」 「(モウリーニョとの対戦)私にとってとても名誉なことだ。私は過去にモウリーニョのもとでプレーをした。それは僕のキャリアを変えるものだったんだ。僕が25歳の時、彼は私の考え方を変えてくれた。そして、チェルシーが成功した時代の一部になることができたんだ。だからこそ、ピッチサイドで隣に立ててとても光栄だよ」 2018.09.26 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ランパード率いるダービーが敵地でユナイテッド撃破! GKロメロ退場のユナイテッドは土壇場で追いつくもジャイキリ許す…《EFLカップ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは25日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティとオールド・トラフォードで対戦し、2-2で90分間の戦いを終えた。しかし、その後行われたPK戦を7-8で終え、3回戦での敗退となった。 ▽直近のリーグ戦ではホームでウォルバーハンプトン相手に引き分けたユナイテッド。同じホームでバウンスバックが求められる今季EFLカップ初戦では、モウリーニョ監督のチェルシー時代の教え子、フランク・ランパード新監督が率いるダービーと対戦した。モウリーニョ監督は教え子との一戦に向けてリンガード、ルカクを除く9人を変更。負傷明けのフィル・ジョーンズやエレーラに加え、新戦力のジオゴ・ダロト、マルシャルらが起用された。 ▽試合は開始直後にいきなり動く。3分、左サイドで縦に仕掛けたマルシャルがボックス付近で横パスを送ると、ルカクがスルーしたボールをリンガードがワンタッチでゴール右に走り込むマタに繋ぐと、最後はスペイン人MFが得意の左足のダイレクトシュートでゴール左に流し込んだ。 ▽ユナイテッドらしからぬ複数人がイメージを共有する見事な崩しで先手を奪ったが、直後にはダービーの決定機。6分、左サイドのマウントから守備ラインを切り裂く斜めのスルーパスが出ると、これをゴール右でフリーのベネットがシュートするが、ここはGKロメロがビッグセーブで阻む。 ▽冷や汗をかいたユナイテッドだったが、ここから気持ちを引き締め直すと9分にマタ、12分にルカクと続けて2点目に迫る。その後はダービーの攻勢に遭い、やや中盤で落ち着かない展開が続くも果敢な仕掛けを見せたマルシャルの左サイドを起点に幾度もチャンスを創出。だが、ルカクが再三の決定機を逃すなど、前半のうちにリードを広げることはできなかった。 ▽迎えた後半、立ち上がりからダービーの攻勢に晒されたユナイテッドはGKロメロのこの試合2度目のビッグセーブでピンチを凌ぐも流れを掴めない。すると59分、ボックス手前で与えたFKをリバプールからレンタル加入中のハリー・ウィルソンに左足の見事なブレ球シュートで決められ、同点に追いつかれてしまう。 ▽この失点を受けてモウリーニョ監督は63分、リンガード、エレーラを下げてフェライニ、フレッジを同時投入する。しかし、直後の67分には裏へ抜け出したウィルソンのシュートをボックス外で手を使って阻んだGKロメロにレッドカードが掲示され、数的不利を背負うことに。この退場でマタを下げてユナイテッドデビューのベテランGKリー・グラントをピッチに送り込んだ。 ▽ここから試合は一進一退の攻防を見せるが、数的優位と勢いで勝るダービーが徐々に流れを掴んでいく。すると85分、波状攻撃からマウントが左足のミドルシュートを際どいコースに飛ばす。これはGKグラントがビッグセーブで阻むが、こぼれ球に反応した途中出場のマリオットが頭で押し込み、ついにダービーが試合を引っくり返す。 ▽格下相手にホームでの負けは許されないユナイテッドはフェライニとルカクのフィジカルを生かしたパワープレーで反撃を開始するが、完全に守りに入った相手守備を崩し切れない。それでも、諦めないホームチームは試合終了間際の95分、右サイドのジオゴ・ダロトが入れたクロスをフェライニが頭で合わせ、土壇場で劇的な同点ゴールを奪った。 ▽そして、2-2でタイムアップを迎えた一戦の勝敗の行方はPK戦に委ねられることに。ダービーの先攻でスタートしたPK戦は互いにキッカーが際どいコースに決め続け、共に7人連続で成功。しかし、8人目で先攻ダービーのキッカー、キーオが冷静に決めたのに対して、後攻ユナイテッドはフィル・ジョーンズの右を狙ったシュートがGKカーソンのセーブに遭い、ここで試合は決着。ランパード率いるダービーが恩師モウリーニョ率いるユナイテッド相手に敵地オールド・トラフォードでジャイアントキリングを達成した。 2018.09.26 06:32 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョがポグバの代理主将権限剥奪! ウルブス戦での戦術批判が影響か…

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がフランス代表MFポール・ポグバからゲームキャプテンの権限を剥奪したようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽今季のユナイテッドは昨季限りで現役を退いたマイケル・キャリック氏に代わって、以前からゲームキャプテンを務めることが多かったMFアントニオ・バレンシアが正式にチームキャプテンに就任した。だが、プレシーズンのケガによって離脱が続いていた同選手に代わって、ここまでの公式戦6試合ではポグバが代理のゲームキャプテンを務めていた。 ▽だが、ポグバはオールド・トラフォードで行われた直近のウォルバーハンプトン戦後に、モウリーニョ監督の守備的な戦術を批判する趣旨の以下のコメントをしていた。 「ホームゲームでは攻めて攻めて攻めまくるべきだ。それがオールド・トラフォードというものだ。僕たちはホームチームであり、ウルブスよりはるかに良いプレーをするべきなんだ。僕たちは攻めるためにここにいる。ユナイテッドが攻めに攻めているとき、相手は怯えていると思う。ウルブス戦は僕たちのミステイクだった」 「昨シーズンにトッテナムやリバプール、チェルシー、アーセナル相手にやったように、とにかく攻めてプレスを掛けていくべきだ。そうすれば試合はより簡単になる」 ▽後にポグバは自身のSNSでこの発言がメディアによって誤って報じられたと主張したが、以前から不仲説が流れるモウリーニョ監督はこの発言を問題視。そして、25日に行われたトレーニングの際に、ポグバ本人とその他の選手の前で同選手から代理キャプテンの権限を剥奪する決定を伝えたようだ。 2018.09.26 02:11 Wed
twitterfacebook
thumb

エレーラはユナイテッド残留を希望! …バルサから関心も

▽マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)に、クラブを退団する意思はないようだ。大手『ESPN』が報じている。 ▽ユナイテッドとの契約を今シーズン限りとしているエレーラ。2014年夏にアスレティック・ビルバオからユナイテッド入りし、2016-17シーズンにはクラブの年間最優秀選手賞にも輝いたが、現在では出場機会を減らしており退団も噂されている状態だ。 ▽そういった状況にある同選手に関して、イギリス『サン』は先日、バルセロナが興味を示していると報道。現在バルセロナを指揮するエルネスト・バルベルデ監督が、エレーラの在籍最終年にビルバオ指揮官を務めていたという縁もあり、来年夏のフリーでの獲得を狙っているという。 ▽しかし、今回の『ESPN』の情報によると、エレーラ当人はユナイテッド残留を望んでいる模様。とはいえ、今シーズンここまでプレミアリーグ2試合(先発は1度)という出場機会の少なさが契約延長を迷わせる要因になっているそうだが、ジョゼ・モウリーニョ監督はチャンスを与えるのだろうか。 2018.09.25 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ノエル、授賞式でユナイテッドをチクリ! サラーは思わずニヤリ…デ・ヘアは?

▽元オアシスのノエル・ギャラガー氏が、またもマンチェスター・ユナイテッドを“口撃”した。スペイン『アス』が報じている。 ▽マンチェスター・シティの大ファンとして知られるノエル氏は、24日にロンドンで行われたザ・ベストFIFAアワード2018に、プレゼンターとして出席。最も印象的なゴールを決めた選手に与えられる『プスカシュ賞』の受賞者が、リバプールFWモハメド・サラーだと発表する役目を担った。 ▽つまり、今回の授賞式には運営側の人間として参加している。しかし、そういった立場でもそのロックンロールな人柄に歯止めがかかるわけもなく、挨拶の際にユナイテッドにチクりとジョークを浴びせた。 「偉大なフットボーラーとして知られている選手たちと同じ部屋に居られるのは、素晴らしいことだ」 「もちろん、マンチェスター・ユナイテッドの選手が少数なのも最高だ」 ▽この発言を受けて、優勝を争うライバルであるサラーは思わずニヤリ。ユナイテッドの守護神を務めるGKダビド・デ・ヘアが顔をしかめる様子が、カメラに抜かれている。 2018.09.25 19:15 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース