【CLグループA総括】ユナイテッド貫禄突破、バーゼルが躍進2017.12.13 18:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者であるマンチェスター・ユナイテッドを筆頭に、ポルトガル王者のベンフィカ、スイス王者のバーゼル、そして予選から勝ち上がってきたロシアリーグ2位のCSKAモスクワが同居したグループAでは、ユナイテッドが貫録の首位通過。そして、注目の2位争いはバーゼルが制した。

■グループA順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.マンチェスター・ユナイテッド[15/5/0/1/9]
2.バーゼル[12/4/0/2/6]
3.CSKAモスクワ[9/3/0/3/-2]
4.ベンフィカ[0/0/0/6/-13]

◆貫禄の首位通過~マンチェスター・ユナイテッド~
Getty Images
▽EL王者のユナイテッドは開幕から4連勝を達成し、4試合を終えた時点でほぼ首位通過を決定づけた。ただ、第5節でバーゼルに敗れたことで実際に突破を“確定”させたのは最終節だったため、ラスト2試合でローテーションしきれなかった点は誤算だった。それでも、5勝を記録したあたりは、欧州での勝ち方を熟知しているモウリーニョ監督らしい安定感だ。CL決勝トーナメント進出は実に4シーズンぶりとなるレッド・デビルズ。セビージャとの対戦が決まっている中、名門復活をアピールするためにはリーグ戦だけでなくCLでもきっちりと8強入りすることが必要だ。

◆スイスの雄が快挙~バーゼル~
Getty Images
▽スイスの雄が快挙を成し遂げた。初戦でユナイテッドに0-3で敗戦したことを引きずることなく、第2節ではホームでベンフィカを5-0と一蹴。これで自信をつけたチームは、第3節にCSKAモスクワとのアウェイ戦を2-0で制した。また、第5節でもホームでユナイテッドに試合終盤、DFミヒャエル・ラングのゴールで1-0の勝利。これには、テニス界のレジェンドであるロジャー・フェデラーも「信じられない瞬間だね、言葉で言い表せないよ! ワォ! おめでとう」と母国クラブの快挙を称えた。ユナイテッド戦をのぞけば失点数はわずかに「2」。決勝トーナメント1回戦ではマンチェスター・シティと戦うことが決まったが、組織的な守備とインテンシティの高さを武器に、ジャイアントキリングを再現したい。

◆好スタートも一歩及ばず~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽勝ち点9を獲得したCSKAモスクワだが、一歩及ばず3位フィニッシュ。初戦、ベンフィカとのアウェイ戦を2-1でモノにし、このグループの2位争いを面白くした。ただ、アウェイで2勝した一方、ホームで手にした勝ち点が3と、本来は大きなアドバンテージとなるホーム戦で勝ち点を積み重ねることができなかった点は痛く、ヴァシリ&アレクセイのベレズツキ兄弟やイグナシェビッチらベテラン勢も国内リーグならまだしも、この舞台ではスピードとアジリティ不足となっており、欧州で躍進するためには世代交代が必要な時期だろう。

◆今大会最大のネガティブ・サプライズ~ベンフィカ~
Getty Images
▽ベンフィカは6戦全敗の最下位で、今大会最大のネガティブなサプライズとも言える結果に終わった。初戦のホーム戦を落とし、2戦目のバーゼル戦では0-5の大敗。そこからユナイテッドとの2連戦だっただけに、モチベーションを維持することも難しかっただろう。GKエデルソン、DFリンデロフ、DFセメドら主力の流出はやはり痛かったが、それでもネームバリューではCSKAモスクワとバーゼルを上回っていた。ルイゾンやサルビオ、サマリス、セフェロビッチら本来チームを牽引すべき選手たちの低調なパフォーマンスが結果に響いた。

コメント

関連ニュース

thumb

U-20イングランド代表DFボースウィック=ジャクソンがレンタル先のリーズからユナイテッドに復帰

▽マンチェスター・ユナイテッドは17日、U-20イングランド代表キャメロン・ボースウィック=ジャクソン(20)がレンタル先のリーズ・ユナイテッドから復帰したことを発表した。 ▽ユナイテッドの下部組織出身のボースウィック=ジャクソンは、2015-16シーズンにトップチームに昇格し14試合に出場。昨季前半はウォルバーハンプトンに、今季はチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のリーズにレンタル移籍していた。リーズではリーグ戦1試合、FAカップ1試合、EFLカップ4試合に出場していた。 ▽世代別のイングランド代表経験を持つ左サイドバックは、復帰後まずはリザーブチームでの出場を予定しているという。 2018.01.17 19:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、モウリーニョに2021年までの新契約提示へ

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ジョゼ・モウリーニョ監督(54)に新契約を提示する準備を進めているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2016年5月にユナイテッドと3年契約を結んだモウリーニョ監督は、初年度にコミュニティーシールドとリーグカップ、さらにヨーロッパリーグのタイトルを獲得。2シーズン目となった今シーズンは、首位のマンチェスター・シティに12ポイント差を付けられるも2位に位置。さらにチャンピオンズリーグやFAカップで勝ち残っている。 ▽そんな指揮官に対してクラブの首脳陣は昨年10月から評価を開始。モウリーニョ監督の代理人を務めるジョルジ・メンデス氏と交渉を行い、契約延長に向けて話が進んでいるようだ。 ▽なお、モウリーニョ監督とユナテッドは3年契約にオプションで1年間延長できるようになっており、最長で2020年までの契約となっている。しかしクラブ側はこの契約をさらに1年延長し、2021年までの新契約を提示する考えのようだ。 2018.01.17 09:51 Wed
twitterfacebook
thumb

蜜月は終焉へ…ペレス会長がC・ロナウド売却を考慮

▽ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)とレアル・マドリーの蜜月は終焉を迎えるようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽2009-10シーズンから9シーズンに渡ってマドリーの絶対的エースに君臨し、史上初のチャンピオンズリーグ連覇を含む主要タイトルを15個も獲得してきたC・ロナウド。しかし今シーズンはリーガエスパニョーラで14試合4ゴールとパフォーマンスが低下。さらにライバルのバルセロナに19ポイント差(マドリーが1試合未消化)と大きく引き離されている。 ▽そんなC・ロナウドは以前から2021年までとなっているマドリ―との契約延長について噂されてきた。しかし今回はこの契約が更新されることはないようだ。 ▽『アス』によると、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はすでにC・ロナウドを売却不可能な選手とは考えていない模様。同選手の代理人を務めるジョルジ・メンデス氏にはすでに考えを伝えているようで、現行の契約が満了を迎える前に移籍する可能性が高まっているようだ。 ▽なお『アス』は、C・ロナウド移籍の争点は同選手の給料にあると見ている。先日、『フットボール・リークス』が明かしたサッカー選手たちの給料で、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが1億ユーロを受け取っていると暴露されていた。一方のC・ロナウドは5000万ユーロのようで、同選手は新契約でメッシと同等の給与を求めるだろうとしている。 ▽C・ロナウドに対しては欧州のクラブだけでなく中国スーパーリーグやメジャーリーグ・サッカー(MLS)からも関心が寄せられている。また、古巣であるマンチェスター・ユナイテッドも同選手の獲得を望んでいるとされているが、高額な移籍金と給料がネックとなっているようだ。 2018.01.17 09:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバ、シティからの首位奪還に自信「勝ち続ければきっと大丈夫」

フランス代表MFポール・ポグバはマンチェスター・ユナイテッドがまだプレミアリーグの優勝を諦めていないと主張した。<br><br>ユナイテッドは15日のストーク・シティ戦で3-0の勝利を収めたことにより、リバプール相手に今季初黒星を喫した首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を12に縮めた。<br><br>今シーズンのリーグ戦13試合で3ゴール9アシストと好調なポグバは、この試合でも勝利に大きく貢献し、『スカイ・スポーツ』によりマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。<br><br>ポグバはMOMに選ばれた後のインタビューで、同じマンチェスターのライバルチームから首位を奪還することへの強い思いを語った。<br><br>「確かにマンチェスター・シティは僕たちより上にいる。でも彼らもついに黒星を喫した。チーム全員がシティに追いつきたいと思っているよ。だから彼らが負けてくれることはいいことさ。でも僕たちは自分たちのプレーに集中しなければいけない。今までに多くのポイントを失ってきたのは事実だからね。過去は振り返らず、ただ次の試合のことを考えているよ。今まで勝ち点を落としてきた分、残りの試合に勝ってシティに追いつきたい。それだけさ。自分たちのことに集中して、勝ち続ければきっと大丈夫」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 22:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがサンチェスと合意と報道 しかし移籍成立へ障壁が

▽マンチェスター・ユナイテッドは、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)と合意に達しているようだ。イギリス『BBC』のデイビッド・オーンステイン記者が伝えた。 ▽今季限りでアーセナルとの契約が切れるサンチェスは、当初マンチェスター・シティへの移籍が濃厚とみられてきたが、ユナイテッドが参戦したことでオペレーションの費用が高騰し、シティが撤退。チェルシーとリバプールも関心を寄せているとみられる中、ユナイテッドが争奪戦で優位に立ったとみられている。 ▽今回の報道によれば、ユナイテッドは既にサンチェス側と個人合意。しかし、サンチェスの獲得オペレーションに両クラブが含めようとしているMFヘンリク・ムヒタリアンがアーセナル行きに同意していない状況だとのことだ。 ▽今のところ、取引にはムヒタリアンを含めたいと両者は考えている模様。だがムヒタリアン側は決定を急ぐ様子はないようだ。ムヒタリアンがアーセナルのオファーを受け入れた時点で、サンチェスのユナイテッド移籍は加速するとみられている。 2018.01.16 19:06 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース