サラーがBBCアフリカ年間最優秀選手賞を初受賞2017.12.12 06:29 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『BBC』は11日、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが2017年のBBCアフリカ年間最優秀選手賞を受賞したことを発表した。▽1992年度からスタートしたアフリカ大陸出身の現役サッカー選手に与えられる同賞は、世界中のサッカーファンによるインターネット投票によってノミネートされた5人の現役選手の中から選ばれる。

▽2017年6月にローマからリバプールへ加入したサラーは、ここまでリーグ戦全試合に出場し、13ゴール4アシストをマーク。また、エジプト代表ではキャプテンとしてチームをまとめると、アフリカネイションズカップ2017準優勝に加え、エジプトを7大会ぶり3度目のワールドカップ出場に導いた。

▽なお、最終選考には、サラーの他、ドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンやリバプールで共にプレーするセネガル代表MFサディオ・マネ、ライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタ、チェルシーのナイジェリア代表FWヴィクター・モ-ゼスがノミネートされていた。

▽今回の受賞についてサラーはBBCのインタビューで以下のように喜びを語っている。

「この賞を受賞できてとても嬉しいね。ただこの賞は、僕だけの力で獲得できたものではないんだ。リバプールやローマ、代表でのチームメイトに感謝しなければいけないね」
コメント
関連ニュース
thumb

クロップ、フルアムに辛勝も勝ち点3の重要性を強調「シティは多くのポイントを落とさない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、マンチェスター・シティを王座から降ろすために勝ち点を取り続けなくてはならないと主張した。<br><br>17日に行われたプレミアリーグ第31節でリバプールは敵地でフルアムと対戦。26分にサディオ・マネが先制点をマークするも、その後追加点を挙げられず74分に守備陣のミスから同点弾を許す。しかし、81分にマネが獲得したPKをジェームズ・ミルナーが確実に決めて、2-1で辛くも勝利を手にした。<br><br>この勝利で、試合のなかった首位マンチェスター・Cを交わし、リバプールが暫定ながら首位に浮上。ますます熾烈を極めるプレミアリーグの優勝争いについて、クロップ監督は試合後の会見でチームが勝ち点を取りこぼす余裕はもうないと強調した。<br><br>「明らかに、シティが多くのポイントを落とすようなことはない。だから、我々は勝たなければならない。これが我々のやるべきことだ。今日、この試合で勝てたことはとても重要だった。我々にできることは確実にタイトルレースを続けることだ。優勝争いに残りたいという気持ちを今日は見せることができた」<br><br>リバプールの次戦は31日のトッテナム戦。しかし、その間インターナショナルブレイクに入るため、多数の主力が各国代表としてプレーすることになる。そのため、強豪トッテナムとの大一番に向けてクロップ監督は選手たちのコンディションへの不安を口にした。<br><br>「今から最も重要なことは、全員が元気に帰って来ることだ。多くの選手たちが代表での時間を過ごすことになり、帰ってきてすぐにトッテナム戦への準備を始めなければならない。次の試合はとても良いフットボールをする相手との面白い一戦になるだろう」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 17:45 Mon
twitterfacebook
thumb

将来を約束するクロップ…「私はリバプールが大好き」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督(51)がアン・フィールドでの将来を約束した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 クロップ監督は2015年10月からリバプールを指揮。ドルトムント時代から続くプレッシングスタイルを落とし込み、年々完成度を高めると、今シーズンのプレミアリーグにおいて首位争いを演じるまで成長を遂げている。そのクロップ監督率いるリバプールはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でバイエルンを退け、見事にベスト8へ。ドイツが誇るレジェンドであるフランツ・ベッケンバウアー氏から「将来的なバイエルン指揮」を待望視する声が挙がった。 だが、現在のクロップ監督にリバプールを去るプランはないという。ベッケンバウアー氏のコメントについて問われると、次のように返答した。 「ドイツにフランツ・ベッケンバウアー以上のレジェンドはいない。そんな彼が私についてポジティブな話をしてくれるのは嬉しい」 「そういった言葉はリバプールに対する称賛の言葉でもある。バイエルンは過去10〜15年間でほとんど間違わず、正しい道を歩んできた」 「だが、私は自分のいる場所が性に合っている。ここが大好きだ。本当に良いチームを指導する機会があるのだからね」 「今の私はリバプールに相応しい監督だという自負がある。フットボールだと、常にそれを証明していかなければならないのだがね」 「これまでのところ、うまくてやっていて、この先もうまくいき続けることを願う。現状に満足しているよ」 2019.03.18 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールが降格圏フルアム相手に辛勝で暫定首位! 世界最高CBがまさかのミスも相手のミスで競り勝つ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第31節、フルアムvsリバプールが17日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのリバプールが2-1で勝利した。 前節、バーンリー相手に逆転勝利を挙げて首位のマンチェスター・シティとの1ポイント差キープに成功した2位のリバプールは、そのシティがFAカップの関係で今節試合がない中で暫定首位浮上に向けて19位に低迷するフルアムとのアウェイゲームに臨んだ。ミッドウィークに敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦を3-1で制して勢いに乗るクロップ監督率いるチームは先発2人を変更。負傷のヘンダーソン、ミルナーに代えてララナ、ファビーニョを起用した。 立ち上がりからサイドのサラー、マネを起点に相手を押し込んでいくリバプール。相手の粘り強い守備に遭いなかなかフィニッシュまで持ち込めない中、18分にはアーノルドの右CKをマティプが頭で合わすが、これは枠の左に外れる。 それでも、攻勢を続けるリバプールは26分、左サイドでロバートソンから縦パスを受けたマネが中央からボックス左に走り込むフィルミノにボールを預けてゴール前に走り込む。そして、フィルミノからの鋭角なマイナスの折り返しを右足インサイドで合わせ、ゴール右隅に流し込んだ。 マネの公式戦3試合連続ゴールで先制に成功したアウェイチームは安定した守備で相手の攻撃を撥ね返しながら果敢に2点目を狙う。35分にはボックス左に抜け出したロバートソンが強烈なシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭い、前半のうちにリードを広げることはできなかった。 迎えた後半もリバプールが押し込む入りとなる中、52分にはロバートソンからのクロスをワイナルドゥムが頭で合わすが、これは枠を捉え切れない。 時間の経過と共に攻めあぐねるリバプールは相手のカウンターに晒される。64分には相手の波状攻撃からザンボ・アンギッサのミドルシュートをゴール前のアイテに頭でコースを変えられてネットを揺らされるが、ここはオフサイドの判定。さらに68分にもザンボ・アンギッサのミドルシュートでゴールを脅かされるが、ここはGKアリソンの守備範囲。 流れを変えたいリバプールは72分、フィルミノとララナを下げてミルナーとオリジを同時投入。この交代に伴いファン・ダイクからミルナーへとキャプテンマークが譲り渡されるが、奇しくもそのゲームキャプテンたちのミスから同点ゴールを許す。 74分、自陣ボックス手前でミルナーがクリアし損ねた浮き球のボールをファン・ダイクが不用意に頭でGKアリソンにバックパス。ここにバベルが猛然とプレッシャーをかけると、GKアリソンと交錯する形でこぼれたボールをバベルが無人のゴールへ流し込み、古巣へのキツい恩返しゴールとした。 ファン・ダイクらのミスから同点を許したリバプールはすぐさまゴールを目指しに行くが、相手の粘り強い守備に苦戦。それでも、81分にはサラーの何でもない枠内シュートをファンブルしたGKセルヒオ・リコがこぼれ球に詰めたマネのユニフォームを手で引っ張って倒し、今度は相手のミスで絶好の勝ち越しチャンスを得る。これをキッカーのミルナーが冷静に決め切った。 その後、絶不調のサラーが幾つかの決定機を決め切れず最後まで緊迫した試合展開を強いられたリバプールだったが、何とか2-1のスコアのまま試合をクローズ。降格圏のフルアム相手に大苦戦も何とか勝ち切って暫定首位に浮上した。 2019.03.18 01:13 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプール、クロップが明かす最高の補強プランとは?

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、チームの補強方針について触れた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)決勝まで到達し、今シーズンも順調にベスト8まで到達しているリバプール。ベスト8ではポルトとの顔合わせも決まり、下馬評では優位を得ている。 また、リバプールにとってCL以上の悲願に挙げられるのが、プレミアリーグ制覇だ。今シーズンのリバプールは、プレミアリーグ第30節終了時点で首位マンチェスター・シティ(勝ち点74)と肉薄する2位(勝ち点73)に付けている。FA杯の影響でシティの第31節の日程は4月24日まで先送りになったため、リバプールは3月16日の第31節フルアム戦に勝利すれば、暫定首位に立つことが出来る。 いずれにせよ、リバプールは参加中の全ての大会で優勝を争っており、それは近年目覚ましい発展を遂げたことの証明だ。フルアム戦前の会見に出席し、更なる躍進に向けた今夏の補強プランについて問われたクロップ監督は、以下のように語っている。 「私たちが予定していることを明朗に語りたくはない。しかし、大金であったり、何らかを費やさなければならない時期にあるチームだとは思わない」 「最高の方法は、選手たちをまとめ、みんなで成長して、しばらくの期間を共に過ごすことだ」 「そして、それはおそらく過去10年間のリバプールの主な問題だった。良いチームだった時は、(選手たちが)シーズン後に世界中に散ってしまうんだ。今年は確実にそれが起こらない」 2019.03.16 15:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【真実はどこに?】ドイツの守護神のミスか、それとも…/超WS捜査官 File.2

数多くのゴールの裏には隠された真実がある。 周到な準備、誤ったプレー、優れた判断力…その他、様々な要因でゴールは生まれる。 今回スタートする新企画では、試合の中で起こった印象的なプレーの「真実を検証していく」もの。 超ワールドサッカー編集部が気になったシーンの要因を捜査していく。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">【事件ファイルNo.2】</span> ドイツの守護神のミスか、それとも… <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆事件発生日/現場</span> 3/13(水)/アリアンツ・アレーナ チャンピオンズリーグ ラウンド16 バイエルン vs リバプール <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆事件概要</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190315_file2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> リバプールのファン・ダイクが自陣からロングフィード。これに反応したサディオ・マネがラフィーニャとの競り合いを制し、ボックス付近で絶妙なトラップでボールをコントロール。 飛び出して対応しようとしたバイエルンGKマヌエル・ノイアーがマネに迫るも、華麗なターンでかわしそのまま左足シュート。ボールはネットを揺らした。 <div style="text-align:left;" id="cws_ad">★これが事件の一部始終だ</div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=55iirhnmkxv0z5klvidt41al" async></script></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆容疑者</span> ラフィーニャ(バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190315_file2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆捜査官主張</span> ファン・ダイクの正確なロングフィードはもちろん、トップスピードでラインの裏を狙ったマネの一級品のトラップとボールコントロールは見事だった。 映像を見る限り、飛び出して対応したノイアーが容疑者として浮上したものの、捜査官の調べによりラフィーニャが真の容疑者であると結論づける。 事件はボックス付近の駆け引きではなく、それよりも前に起こっていた。ファン・ダイクがロングフィードを送る際、マネは左サイドの外側から内に入って裏を取ろうとしていたが、ラフィーニャはオフサイドトラップが掛けられる状況だったものの、マネの動きに翻弄され、ラインを1人だけ下げてしまった。 慌ててニクラス・ジューレが戻っていることからも分かるように、ハイラインでオフサイドを狙ったものの、ラフィーニャが判断ミスをしている。 よって、ボックス付近での駆け引き以前に事件は起こっており、ラフィーニャが犯人である。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆弁護人主張</span> ラフィーニャではなくノイアーが犯人 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190315_file2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ロングフィードからトラップまで、マネに許してしまったラフィーニャに非がないわけではない。警戒していながらも簡単に突破させたことは問題であるが、その後の対応の方が問題である。 ノイアーは前に出ており、マネと対峙したのだから、手を出すべきであった。しかし、マネのターンをただ見送るだけであり、どこか気迫というものも感じられなかった。ここ最近のパフォーマンス低下が叫ばれているが、このシーンでもかつてのノイアーであれば…というシーン。 怠慢な対応を見せたノイアーがこの事件の犯人であると主張する。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆判決</span> ラフィーニャの有罪 捜査官の見立て通り、ラフィーニャは最初の時点で問題を起こしていた。確かに、ノイアーにセーブするチャンスがなかったわけではない。マネのトラップ、そして味方のカバーリングを考えれば、外に逃げることは推測できたはずである。 しかし、ラインを高く保っているチームにおいて、マネの動きに翻弄されて、スタンドプレーをしてしまったラフィーニャの責任は重い。また、トラップ前の段階でも、マネとの競り合いで簡単に負けており、守備が得意でないという部分を露呈している。 また、ノイアーが飛び出たことでゴールを守りに行ったが、マネにつくという選択もできた。つまり、総合的な判断ミスという観点で、ラフィーニャを有罪とする。 捜査官の見立て通り、ラフィーニャに有罪判決が下った。みなさんの判決はいかがだろうか。是非、ご意見をお聞かせいただきたい。 <div style="text-align:center;"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">【真実はどこに?】ドイツの守護神のミスか、それとも…/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS</a> 捜査官<br><br>チャンピオンズリーグ・ラウンド16<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#バイエルン</a> vs <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#リバプール</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8D?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サディオ・マネ</a> の先制点の犯人は?<br>みなさんのご意見をお聞かせください</p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1106568264425988103?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年3月15日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">【前回の事件のおさらい】</span> 前回の事件、みなさんのご意見は以下の通りだ。我々捜査官の見立てと同じ、ケーラーが犯人と考えているようだ。ご協力に感謝する。 <div style="text-align:center;"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">【真実はどこに?】赤い悪魔を蘇らせたバックパス/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS</a> 捜査官<br><br>チャンピオンズリーグ ラウンド16<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%91%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#パリ・サンジェルマン</a> vs <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#マンチェスター・ユナイテッド</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ロメル・ルカク</a> の先制点の犯人は?<br>みなさんのご意見をお聞かせください</p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1104399995883540480?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年3月9日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> 2019.03.15 23:45 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース