今夜CLラウンド16抽選会! 2位通過のチェルシーは困難な相手が確定2017.12.11 16:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽11日、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16組み合わせ抽選会が行われる。▽ほぼ順当に勝ち上がりが決定した今シーズンのCL。その中で、アトレティコ・マドリー、ナポリ、ドルトムントが3位に終わり、ヨーロッパリーグへと回ることが決定した。

▽大会2連覇中のレアル・マドリーや、バイエルンと同組ながら首位通過したパリ・サンジェルマン、CL最終節まで無敗を継続していたマンチェスター・シティといった強豪クラブが1位通過している。

▽一方で、2位通過となったクラブの中で、チェルシーは難しい組み合わせになる可能性が高い。ラウンド16では、同じコンペティションのクラブとの対戦が回避される。昨シーズンのヨーロッパリーグを制したマンチェスター・ユナイテッドが出場したことで、イングランドのクラブは5つ参加。5クラブともにラウンド16へと進んだが、チェルシー以外の4クラブが首位通過し、チェルシーのみ2位通過に。また、ローマはグループステージで同居したために排除されるため、選択肢はバルセロナ、ベシクタシュ、パリ・サンジェルマンの3つとなる。

▽また、バルセロナから見れば、レアル・マドリー、セビージャは同じコンペティション、ユベントスがグループステージで同居したため、5クラブが候補に。バイエルン、チェルシーを避けられれば、ベスト8進出は固いと言える。

▽注目の抽選会は、11日の20時から。ラウンド16は2月13日、14日、20日、21日に1stレグ、3月6日、7日、13日、14日に2ndレグが行われる。

◆グループ1位通過
バルセロナ
ベシクタシュ
リバプール
マンチェスター・シティ
マンチェスター・ユナイテッド
パリ・サンジェルマン
ローマ
トッテナム

◆グループ2位通過
バーゼル
バイエルン
チェルシー
ユベントス
ポルト
レアル・マドリー
セビージャ
シャフタール・ドネツク

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー、指揮官交代へ本格化!コンテ氏と接触か

▽レアル・マドリーがイタリア人のアントニオ・コンテ氏(49)と接触したようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽マドリーは今シーズンから元スペイン代表のフレン・ロペテギ監督が就任。しかし、リーガエスパニョーラでは第8節終了時点で4勝2分け2敗の4位と本調子からは程遠い成績だ。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では格下と思われていたCSKAモスクワに0-1で敗れるなど33年ぶりに公式戦4試合無得点、今季の勝率も5割を切るという不振に陥っている。 ▽こうした状況下の中、マドリーは15日にコンテ氏に就任可能かコンタクトを取ったという。同氏は昨季までチェルシーを率いていたが7月中旬に解任。チェルシーに対して契約期間中に解任されたとして違約金1000万ユーロ(約13億円)の支払いを求め係争中の身だ。 ▽マドリーは20日にホームでレバンテと対戦する。5試合ぶりのゴールで勝利することができるのか注目が集まる。 2018.10.18 14:09 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー憧れるアザール残留へ全力を…チェルシー会長「世界中のファンは彼が大好きなんだ」

▽チェルシーのブルース・バック会長が、ベルギー代表MFエデン・アザール(27)の残留に向けて尽力するつもりであることを明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽アザールは今夏レアル・マドリー行きが取り沙汰されながら残留を決断。チェルシーは現在2020年6月末までとなっている同選手の契約延長を望んでいるが、同選手が最近「レアル・マドリーは子どもの頃から夢見るクラブ」と明かしたことが話題に。スペインメディアでは来冬の移籍市場でマドリーがアザール獲得に再び動く可能性があるとも伝えられている。 ▽しかし、チェルシーの会長を務めるブルース・バック会長は、アザールが同クラブファンから愛されている選手だと主張し、残留を望んでいることを明かした。 「ロンドン、そして世界中の全チェルシーファンは、エデン・アザールが大好きなんだ」 「私も彼が偉大なフットボール選手であることだけでなく、素晴らしい若者だと思っている。我々はこのクラブにいて欲しいと思っている。そうするために、我々は彼を魅了しなくてはならない」 2018.10.18 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、ジローナvsバルサのアメリカ開催反対を表明「競争の公平性を欠く」

▽レアル・マドリーが、リーガエスパニョーラのアメリカ開催について反対の立場を明確に表明した。スペイン『アス』が報じている。 ▽ラ・リーガのハビエル・テバス会長が主導して推し進めている、リーガエスパニョーラのアメリカ開催。カードの候補となっているバルセロナとジローナが肯定的な動きを見せている一方で、スペインサッカー協会(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス会長や国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長はテバス会長を批判している。 ▽記事によると、未だ実施されるか否かが確定していない中、スペインサッカー界で最も影響力を持つクラブであるマドリーが、反対意見を投じた。マドリーからRFEFに送付した書簡の内容が、スペインのラジオ『カデナ・セル』により以下のように明らかにされている。 「私たちが実際的に参加するものおいて、レアル・マドリーはそのリーグ戦の1つについて賛同できない。中立地でプレーされるということに関しても同意できない」 ▽『アス』は、マドリーが「競争の誠実さと公平性」に及ぼす影響を危惧していると解説。なお、マドリーは米国に4つのサポーターズクラブを置いており、それらはこれまでアメリカ開催に賛成していた。しかし、今回の書簡にはそのサポータズクラブも方針に従う旨が明記されており、完全に反対の立場であることを際立たせている。 2018.10.17 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、ミラン獲得合意のパケタを強奪か

▽レアル・マドリーが、フラメンゴに所属するブラジル代表ルーカス・パケタ(21)の獲得を諦めていないようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽多くのビッククラブから関心が寄せられていたパケタ。しかし、11日にミランのスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏が、「フラメンゴとの基本的な合意に達している」と発言し、ミラン行きが確定的となった。また、公式発表はないものの、既報によると移籍金3500万ユーロ(約45億円)での合意となったようだ。 ▽しかし、関心を示していたマドリーはパケタ獲得を諦めず。ブラジルの同胞であるマルセロやヴィニシウス・ジュニオールが、説得を試みるという。 ▽フラメンゴ下部組織出身のパケタは、ブラジル人独特のしなやかさとテクニックを武器にオフェンシブMFを本職とするゲームメーカーだ。2016年には、トップチームに昇格を果たすと同時に2020年まで契約を延長。プロデビューを飾った昨シーズンはケガに泣き、リーグ戦17試合の出場に留まっていたが、今季はここまでリーグ戦25試合で9ゴールと躍動中だ。また、9月8日に行われたアメリカ代表との国際親善試合で、ブラジル代表デビューも飾った。 2018.10.17 14:06 Wed
twitterfacebook
thumb

スペイン戦2発スターリングにレアル・マドリー本腰か

▽イギリス『デイリー・メール』は、レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)に対する関心を深めていると報じた。 ▽2015年夏にリバプールからシティに加入したスターリング。その当時からスターリングに興味を抱くレアル・マドリーは、15日のスペイン代表vsイングランド代表で2得点を挙げる活躍ぶりを受け、さらに獲得意欲を強めた模様だ。 ▽その渦中にいるスターリングは、2020年に満了となる契約の延長交渉が続いているが、依然として合意に至っていない。この状況で年末を迎えれば、1億ポンド(約148億円)とされるスターリングの市場価値の下落が見込まれるという。 ▽そうなれば、レアル・マドリーにとっても、スターリングはより手の出しやすい買い物に。シティとしても手放さざるを得なくなるのであれば、現金に還元できるタイミングで売却したいはずだが、果たして…。 2018.10.17 13:40 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース