ネイマール欠場のPSGが不調リールに完勝で公式戦連敗をストップ!《リーグ・アン》2017.12.10 03:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)は9日、リーグ・アン第17節でリールと対戦し、3-1で勝利した。

▽前節、昇格組のストラスブールに今季初黒星を喫した首位のPSGが、ホームのパルク・デ・プランスに17位に低迷するリールを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ・グループB最終節のバイエルン戦(1-3)を行ったPSGは、その試合から先発を4人変更。累積で出場停止のネイマールやドラクスラー、チアゴ・シウバ、クルザワに代えてディ・マリアやパストーレ、キンペンベ、ユーリを先発で起用した。

▽試合はPSGが立ち上がりからポゼッションでリールを圧倒し主導権を掌握したが、アタッキングサードでのプレーの質を欠いて決定機をつくるには至らない。膠着状態のまま前半半ばに差し掛かると28分に試合が動く。

▽パストーレのスルーパスをボックス右付近で受けたダニエウ・アウベスがクロスを供給するとゴール前に走り込んだディ・マリアがヘディングシュートで流し込み、PSGが先制に成功した。

▽迎えた後半、1点をリードするPSGはラビオを下げてロ・セルソを投入。するとPSGは49分、中盤でヴェッラッティのパスカットからカウンターを発動。最前線でボールを受けたカバーニの横パスをペナルティアーク付近のディ・マリアがワンタッチで繋ぐと、最後はボックス中央に走り込んだパストーレがシュートをゴール左に突き刺した。

▽追加点を奪ったPSGは、72分にもヴェッラッティのパスをボックス左で受けたムバッペが決定機を迎えるも、シュートはGKメニャンの好セーブに阻まれた。

▽その後、87分に途中出場のエル・ガジに1点を返されたPSGだが、93分に自陣での相手CKからロングカウンターを発動。マルキーニョスのクリアで相手DFの裏に抜け出したムバッペがドリブルで独走すると、無人のゴールにボールを流し込み、勝負を決める3点目を奪取。

▽結局、試合はそのまま3-1で終了。エースFWネイマールを欠きながら、下位相手にホームでしっかりと勝ち点3を奪ったPSGが連敗をストップすると共に公式戦3試合ぶりの勝利を手にした。

コメント

関連ニュース

thumb

ご本人登場! “ネイマールチャレンジ”が大盛り上がり

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、自らを揶揄する“ネイマール・チャレンジ”をネタにしている。自身インスタグラム(neymarjr)上に投稿した内容が、スペイン『マルカ』に報じられた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に、ブラジル代表のエースとして臨んだネイマール。大会前には“ネイマールの大会”になるのではないかとも議論されていたが、チームを頂きまで導くことはできず。ベルギー代表に敗れてベスト8で姿を消した。 ▽ネイマールは今大会で2ゴールを記録していたが、国民の期待を満たすことはできず。活躍した場面ではなく、相手と接触した際の審判への過剰なアピールが多く取り上げられ、SNS上には“ネイマール・チャレンジ”と題した叫びながら床を転げ回る動画が溢れている。 ▽当然ながら、そういった動画はネイマールのプレーを揶揄したものであり、選手当人であれば不快に思うようなものだろう。しかし、ネイマールは自ら“ネイマール・チャレンジ”を行い、自身のインスタグラムに動画を投稿した。 ▽動画の中では、子供の集団と共に本人が登場。ネイマールが「飛んで! ヒット! ファール! 」と叫び、子供たちが床を転げ回る様子が撮影されている。その内容を満面の笑みでやり通しているネイマールは、やはり通常とはかなり異なるメンタルを有しているに違いない。 ▽なお、『マルカ』によれば、ネイマールはW杯で14分以上の時間をピッチで転げ回ることに費やしていた模様。PKやFKを貰うために選手が過剰に倒れ込むことは多々あるが、演技であることがこれだけ公となっているネイマールが大げさな演出をする意味は、果たしてどこにあるのだろうか。 2018.07.20 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール、PSG残留を高らかに 「僕は残る」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)が残留を宣言した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽現フットボール界におけるベストプレーヤーの1人として注目を集めるネイマール。昨夏にPSG入りを果たしたばかりだが、今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに手放したレアル・マドリー行きの噂が後を絶えない。 ▽しかし、ロシア・ワールドカップ後初めて公の場に登場したネイマールは、『Fox Sports』のインタビューで去就について次のように応えたという。 「僕は残る。PSGとの契約もあって、新しい挑戦や高い目標のために、ここを選んだ。移籍なんて考えていない。成功することしかね。次から次に噂が飛び交っているけど、周りのみんなは僕がどれほどPSGのことを考えているのかを知っている」 2018.07.20 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ、年俸13億円でPSGと個人合意か…

▽ミラン退団の可能性があるイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(31)がパリ・サンジェルマン(PSG)と個人合意に至ったようだ。イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えた。 ▽昨夏にユベントスからミランに加わり、キャプテンシーとプレーでチームの根幹を担ったボヌッチ。どうやら以前から移籍先候補として有力視されているPSG行きが実現しようとしているようだ。 ▽『コリエレ・デロ・スポルト』よると、ボヌッチの代理人を務めるアレッサンドロ・ルッチ氏はPSGの首脳陣と会談を行い、年棒1000万ユーロ(約13億円)で基本合意したという。現在は、ミラン側がPSGから移籍金4000万ユーロ(約52億円)の獲得オファーを待っている状態のようだ。、 ▽なお、ボヌッチにはPSGのほかにマンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、チェルシーのプレミアリーグ勢が関心を示しているとみられる。 2018.07.20 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサがラビオ獲得に大きな前進! “タフな交渉人”の母親説得で個人間合意!

▽バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の獲得に大きな前進を見せたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽10代後半頃からラビオに関心を示していたバルセロナは、先日にゼネラル・マネージャーのペップ・セグラ氏と強化担当のエリック・アビダル氏がPSG関係者と交渉を行い、今季限りでPSGと契約満了となる同選手に関して4000万ユーロ(約52億5000万円)前後での移籍成立に向けて大筋で合意に至ったという。 ▽また、“タフな交渉人”と知られるラビオの実母にして代理人のヴェロニク・ラビオ女史との間ではアビダル氏が交渉にあたり、個人間での合意を取り付けた模様だ。 ▽バルセロナのラビオ獲得オペレーションが順調に進んでいる一方、PSGのオーナーを務めるナセル・アル・ケラフィ氏は同選手との契約延長に未だ自信を示しているようだ。 2018.07.19 15:03 Thu
twitterfacebook
thumb

モッタがPSGのU-19チーム監督に就任

▽パリ・サンジェルマンは18日、元イタリア代表MFチアゴ・モッタ氏(35)をU-19チームの監督に任命したことを発表した。 ▽ブラジル出身でバルセロナやインテル、PSGにイタリア代表で活躍したレフティーのプレーメーカーであるモッタは、昨季限りで現役を引退。それから2カ月も満たないうちに指導者として新たなスタートを切ることとなった。 ▽インテル時代には3冠(チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリア)を達成し、PSGでは国内タイトルを計14個獲得するなど勝者のメンタリティーを持つモッタは、PSGでどのような指導者キャリアを築いていくのだろうか。 2018.07.19 02:23 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース