レジェンドDFラームに新たな栄誉! 歴代6人目のドイツ代表名誉主将に!2017.12.09 02:21 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツサッカー連盟(DFB)は8日、2016-17シーズン限りで現役を引退したDFフィリップ・ラーム氏(34)にドイツ代表名誉主将の称号を贈ることを発表した。

▽現役時代にバイエルンとドイツ代表で輝かしい活躍を披露してきたラーム氏は、クラブレベルではブンデスリーガで8度の優勝。DFBポカールで6度、チャンピオンズリーグで1度優勝するなど、獲得可能な多くのタイトルを獲得。さらに、今年7月には2017年のドイツ年間最優秀選手を初受賞していた。

▽さらに、ドイツ代表では通算113試合に出場し5ゴールを記録。2014年に行われたブラジル・ワールドカップ(W杯)ではキャプテンとして、同国に通算4度目のW杯優勝をもたらした。

▽DFBのラインハルト・グリンデル会長は、8日に開催された会合の場でラーム氏に名誉主将の称号を贈ることになった理由に関して以下のように説明している。

「彼はフットボーラーとしても、人間としても偉大な存在だ。常に明確な意見を示し、その言葉を忠実に守ってみせる。フィリップ・ラームは素晴らしいアスリートであり、チームプレーヤーであり、そして社会奉仕にも積極的に取り組む素晴らしい人物だ。したがって、今回の決定に関しては、2014年のブラジル・ワールドカップで彼が示した見事なキャプテンシーによるものだけではないことを強調したい」

▽なお、ラーム氏はドイツ代表名誉主将の称号を与えられた歴代6人目の元選手となる。過去には1954年のスイスW杯で“ベルンの奇跡”と評された初優勝時のキャプテンである、フリッツ・ヴァルター氏、1954~1970年まで活躍した伝説的ストライカーのウーヴェ・ゼーラー氏、“皇帝”フランツ・ベッケンバウアー氏、“闘将”ローター・マテウス氏、1990年のイタリアW杯、ユーロ1996での優勝に貢献したユルゲン・クリンスマン氏の5人が同称号を与えられていた。

コメント

関連ニュース

thumb

元独代表GKカーン氏、ドイツの戦いに痛烈批判「点差がもっと開かなかったことを喜ぶべき」

元ドイツ代表で現在はコメンテーターを務めるオリバー・カーン氏は、メキシコ戦でのチームの守備を強い口調で批判した。<br><br>17日に行われたメキシコ戦を0-1で落としたドイツは、1982年ワールドカップ以来となる黒星スタートとなった。35分、カウンターからメキシコのFWイルビング・ロサノが決め、スコアはそのまま動かず。カーン氏は、ドイツ『ZDF』で次のように語った。<br><br>「メキシコは素晴らしい前半の代償を払い、後半には我々のチャンスが必然的に増えた。それでもメキシコは、より多くのゴールを決めてもおかしくなかった。我々は、点差が開かなかったことを喜ぶべきだろう」<br><br>「特に前半、メキシコに躊躇なく弱点を突かれた。W杯前から明らかになっていた弱点をね。メキシコのプレーはシンプルだった。我々のボールロストを待ち、我々が空け渡すスペースを利用しながらプレーすればいいのだからね」<br><br>カーン氏は、そのスペースをケアしなかったことがドイツにとって致命的だったと述べている。<br><br>「左右のスペースに関して連携ができていなかった。攻撃的サイドハーフやサイドバックは前半、中央のトニー・クロースやサミ・ケディラを守備においてまったくサポートしなかった」<br><br>DFマッツ・フンメルスは試合後のインタビューで「ジェローム(・ボアテング)と僕しか後ろにいないことが何度もあった」などチームの守備意識への不満をあらわに。その様子を受け、カーン氏はこのように話している。<br><br>「マッツ・フンメルスがこれほど強く訴えるのもあまり見たことがないね。でも彼が言っている通りだよ。彼もジェローム・ボアテングも何度も一対一のデュエルを強いられるはめになった。失点の場面でもそうだったが、前に出て寄せていくのか、それとも相手FWとの競走に入るのか、判断を悩む様子もうかがえた。それは、このチームにはお互い助け合う意識が足りていないからだ」<br><br>提供:goal.com 2018.06.19 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「このドイツは何かがおかしい」落胆のバラック氏、フンメルスのチーム批判を支持

世界王者のドイツは17日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)での初戦を0-1で落とし、黒星スタート。元ドイツ代表MFのミヒャエル・バラック氏は、自身のツイッターでその低調な戦いぶりに苦言を呈し、試合後にDFマッツ・フンメルスが展開したチーム全体に対する批判に賛同した。<br><br>ドイツはこの試合の35分、カウンターからメキシコのFWイルビング・ロサノにゴールを奪われると、得点を返せないまま0-1の敗戦を喫することに。大会前からマンチェスター・シティFWリロイ・サネの招集を見送る決断をめぐってヨアヒム・レーブ監督に対して批判的なコメントを残していたバラック氏だが、初戦でのチームのパフォーマンスに首を傾げている。<br><br>2010年W杯前にケガを負い、代表でのキャリアを終えた同氏は、メキシコ戦翌日に自身のツイッターにビデオメッセージを投稿。その中でこのように述べている。<br><br>「みんなは今回のW杯についてどう思う? 優勝候補のフランスやブラジル、スペインやドイツの試合を見られたね。フランスのみが勝ち点3を確保したが、ドイツにはどれほど失望したか。このチームはなにかがおかしい。サウジアラビア戦を除いて親善試合を6~7試合にも勝てなかったんだ」<br><br>また試合後のインタビューでフンメルスが「ジェローム(ボアテング)と僕しか後ろにいないことが何度もあった」とチームに守備意識が不足していると言及。「チーム内では何度も指摘してきたんだけど、まだ理解してもらえていないのかもしれない」とも発言したことがドイツでは大きな話題を呼んだが、その言葉にバラック氏も賛同しているようだ。<br><br>「マッツ・フンメルス、好きだね。課題に関してちゃんと声を上げた。彼にその調子で続けて、ほかのプレーヤーたちとも話してほしいね。問題を解決するためにお互い話をすることが必要。監督がすべてを対応できないときもあるからね。なので、試合に向けて選手同士がコミュニケーションを取り、攻守のバランスを確かめてほしい」<br><br>一方、バラック氏はこの敗戦を「警鐘として受け止めればいい」と続け、「まだ獲得できる勝ち点は6残っている」と代表チームが以前の姿を取り戻せることに太鼓判を押した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.19 03:13 Tue
twitterfacebook
thumb

クローゼ、ドイツの黒星発進に…「クローゼが足りなかったわけじゃない」

▽ドイツ代表のコーチングスタッフであるミロスラフ・クローゼ氏が、ロシア・ワールドカップ初戦でメキシコに敗れた同国代表について語った。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽過去にラツィオでプレーした経験があるクローゼ氏は、ドイツがメキシコに敗れたあと、イタリアメディアの前でのみ足を止めて取材に応じたという。 「こういった初戦は説明が難しい。ハードな試合だった。こちらはすぐにメンタリティーを変えなければいけないね」 ▽クローゼ氏のような決定力ある選手が必要だったのではないかと問われると、「いや、クローゼのような選手が足りなかったということはないよ…」と返答した。 ▽ドイツの第2戦は、23日のスウェーデン戦だ。 2018.06.19 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:ドイツ 0-1 メキシコ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループF第1節、ドイツ代表vsメキシコ代表が17日にルジニキ・スタジアムで行われ、0-1でメキシコが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ドイツ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180618_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ノイアー 5.5 失点はニアサイドを破られたが、本来の良い飛び出しが何度か見られた DF 18 キミッヒ 5.0 攻撃にはよく絡んだが、対面のロサーノに多くの仕事を許した 17 J・ボアテング 5.0 フィードは相変わらず正確だったが、被カウンター時の対応が鈍かった 5 フンメルス 5.0 失点場面ではエルナンデスに出し抜かれた。守備を統率できず 2 プラッテンハールト 5.0 対面のラユンに押し込まれた上、効果的な攻撃参加は少なかった (→ゴメス -) MF 13 ミュラー 5.5 右サイドから何度もクロスを上げたが、中と合わなかった 6 ケディラ 5.0 攻撃に絡んでいったが、効果は薄くカウンターを受ける要因に (→ロイス 5.5) スペースのない中でボールを受けて打開を図った 10 エジル 5.5 ロイス投入後はボランチの位置からパスを捌いた 8 クロース 6.0 直接FKはオチョアに阻まれ、コントロールシュートはわずかに枠を外れた 7 ドラクスラー 5.5 左サイドからの仕掛けで打開を狙った FW 9 ヴェルナー 5.5 裏を狙っていたが、フィニッシュの局面で相手を上回れず (→ブラント -) 監督 レーブ 5.5 前半はメキシコのカウンターに対応できず。選手交代で流れを変えにかかるも及ばなかった ▽メキシコ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180618_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オチョア 6.0 クロースの直接FKを止め、シュートストップも終始安定していた DF 3 サルセド 6.0 ドラクスラーにスペースを与えなかった 2 アジャラ 6.5 制空権を譲らず、クロスボールを跳ね返し続けた 15 モレーノ 6.5 アジャラと共に鉄壁の守備を築いた 23 ガジャルド 6.0 ミュラーにしっかりと付いて自由にさせなかった MF 7 ラユン 5.5 良い飛び出しは見せていたが、最後の精度を欠いた 16 H・エレーラ 6.5 グアルダードと共に攻守に顔をよく出した 11 ベラ 6.5 カウンターの起点に。好位置でボールを受けてドイツを牽制し続けた (→アルバレス 6.0) ボランチでプレー。身体を張ったプレーで守備をサポート 18 グアルダード 6.5 決勝点の起点となった。攻守のリンクマンとなる (→マルケス 5.5) しっかり試合に入り、逃げ切り勝利に貢献 22 ロサーノ 6.5 決勝点をマーク。ロングカウンターを完結させた (→ヒメネス 5.5) 左サイドに入って守備もこなす FW 14 エルナンデス 6.5 先制点を演出。これまでのイメージと違い、周りを生かすプレーが秀逸だった 監督 オソリオ 7.0 前半はカウンターで大いに揺さぶり、後半は選手交代を使ってうまく逃げ切った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ロサーノ(メキシコ) ▽チーム全体が素晴らしかったが、決勝点を決めたロサーノを選出。今大会のブレイク候補が王者相手に自らの能力を存分に見せ付けた。 ドイツ 0-1 メキシコ 【メキシコ】 ロサーノ(前35) 2018.06.18 02:04 Mon
twitterfacebook
thumb

試合巧者メキシコが王者ドイツから金星《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループF第1節、ドイツ代表vsメキシコ代表が17日にルジニキ・スタジアムで行われ、0-1でメキシコが勝利した。 ▽スウェーデンと韓国が同居するグループF。前回大会王者であるドイツはテストマッチで負傷したエジルが先発。一方でヘクターが風邪により欠場となった。 ▽対する6大会連続ベスト16のメキシコはエルナンデスやグアルダード、ベラといった主力が先発となった。 ▽4バックで臨んできたメキシコに対し、ドイツが押し込む流れで立ち上がっていった中、抜け目なくカウンターを狙うメキシコは10分にH・エレーラのミドルシュートがGKノイアーを強襲。続く14分にもFKからモレーノがヘディングシュートでオンターゲットを記録した。 ▽一方、ヴェルナーやミュラーがディフェンスライン背後を狙う形でメキシコを揺さぶるドイツは、20分にそのヴェルナーが浮き球パスに抜け出してシュートに持ち込んだ。 ▽それでも、カウンターで応戦するメキシコが主導権を渡さず試合を進めると、35分に先制する。狙っていたカウンターに転じ、綺麗なダイレクトパスでボールをつなぐと、最後はエルナンデスのラストパスを受けたロサーノが対応したエジルをかわしてボックス左からシュート。これがGKノイアーを打ち破った。 ▽ビハインドを負ったドイツは39分、クロースの直接FKが枠を捉えたが、GKオチョアのファインセーブに阻まれてバーを直撃。ハーフタイムにかけてもドイツが押し込む流れが続いたが、メキシコのカウンターに引き続き脅かされたまま前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半も同様にドイツが押し込む流れとなったが、自陣でタイトな守備を敢行するメキシコを崩しきることができない。すると57分にはカウンターでメキシコが二対一の局面を作ったが、エルナンデスのラストパスはわずかにベラに合わなかった。 ▽ペースを明け渡さないメキシコはカウンターの起点となっていたベラに代えてボランチの位置にアルバレスを投入し、守備の強度を上げる。対するドイツはケディラに代えてロイスをトップ下に投入し、エジルをボランチに下げる攻撃的な布陣に変更した。 ▽エジルを起点にポゼッションを高めたドイツだったが、メキシコは70分に決定機。しかし、エルナンデスがディフェンスライン裏を取るも、フンメルスに戻られてシュートを打ちきれない。逃げ切りを狙うメキシコはグアルダードに代えてレジェンドのマルケスをボランチの位置に投入した。 ▽その後、クロースのコントロールシュートでゴールに迫ったドイツが攻勢に出る中、79分にはプラッテンハールトに代えてゴメスを投入。攻撃の枚数をさらに増やすと、89分には途中出場のブラントのボレーシュートが左ポストを直撃した。 ▽結局、最後まで集中を切らさなかったメキシコが逃げ切り、王者から金星を挙げた。そのメキシコは第2節で韓国と、まさかの黒星スタートとなったドイツはスウェーデンと対戦する。 2018.06.18 02:03 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース