レジェンドDFラームに新たな栄誉! 歴代6人目のドイツ代表名誉主将に!2017.12.09 02:21 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツサッカー連盟(DFB)は8日、2016-17シーズン限りで現役を引退したDFフィリップ・ラーム氏(34)にドイツ代表名誉主将の称号を贈ることを発表した。

▽現役時代にバイエルンとドイツ代表で輝かしい活躍を披露してきたラーム氏は、クラブレベルではブンデスリーガで8度の優勝。DFBポカールで6度、チャンピオンズリーグで1度優勝するなど、獲得可能な多くのタイトルを獲得。さらに、今年7月には2017年のドイツ年間最優秀選手を初受賞していた。

▽さらに、ドイツ代表では通算113試合に出場し5ゴールを記録。2014年に行われたブラジル・ワールドカップ(W杯)ではキャプテンとして、同国に通算4度目のW杯優勝をもたらした。

▽DFBのラインハルト・グリンデル会長は、8日に開催された会合の場でラーム氏に名誉主将の称号を贈ることになった理由に関して以下のように説明している。

「彼はフットボーラーとしても、人間としても偉大な存在だ。常に明確な意見を示し、その言葉を忠実に守ってみせる。フィリップ・ラームは素晴らしいアスリートであり、チームプレーヤーであり、そして社会奉仕にも積極的に取り組む素晴らしい人物だ。したがって、今回の決定に関しては、2014年のブラジル・ワールドカップで彼が示した見事なキャプテンシーによるものだけではないことを強調したい」

▽なお、ラーム氏はドイツ代表名誉主将の称号を与えられた歴代6人目の元選手となる。過去には1954年のスイスW杯で“ベルンの奇跡”と評された初優勝時のキャプテンである、フリッツ・ヴァルター氏、1954~1970年まで活躍した伝説的ストライカーのウーヴェ・ゼーラー氏、“皇帝”フランツ・ベッケンバウアー氏、“闘将”ローター・マテウス氏、1990年のイタリアW杯、ユーロ1996での優勝に貢献したユルゲン・クリンスマン氏の5人が同称号を与えられていた。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月13日は、バイエルン一筋“爆撃機”2世のバースデー

◆トーマス・ミュラー 【Profile】 国籍:ドイツ 誕生日:1989年9月13日 クラブ:バイエルン ポジション:FW 身長:186㎝ 体重:75㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月13日は、ドイツ代表FWトーマス・ミュラーだ。 ▽10歳の頃からバイエルンの下部組織に所属しているミュラーは、2008-09シーズンにトップチームデビュー。以来、バイエルン一筋で公式戦444試合178ゴール154アシストを記録しており、1度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇やブンデスリーガ6連覇を含む、19度のタイトル獲得に大きく貢献している。 ▽また、ドイツ代表としては2010年にフル代表デビュー。見事に同年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)メンバー入りを果たした。本大会の初戦オーストラリア代表戦で代表初得点を記録すると、大会を通して5ゴール3アシストをマーク。この数字は、同大会の得点&アシストランク両方でトップタイの数字だ。また、20歳でのゴールデンブーツ獲得は、W杯史上最年少記録となった。ゲルト・ミュラーと同じ姓にして背番号13番を背負う“爆撃機”2世は、確実に歴史に名を刻んでいる。 ※誕生日が同じ主な著名人 ファビオ・カンナヴァーロ(元サッカー選手) 石川直樹(サッカー選手/北海道コンサドーレ札幌) 中村充孝(サッカー選手/鹿島アントラーズ) マイケル・ジョンソン(元陸上選手) 松坂大輔(野球選手) 安藤忠雄(建築家) ピーター・セテラ(歌手/chicago) デイヴ・ムステイン(歌手/メガデス) 玉置浩二(歌手) サンコンJr.(ドラマー/ウルフルズ) ダイスケはん(歌手/マキシマムザホルモン) 大園桃子(アイドル/乃木坂46) 2018.09.13 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップに心酔ギュンドアン、バルサからの関心を拒絶?

▽マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(27)が、バルセロナからの興味を振り切ったようだ。イギリス『サン』が報じている。 ▽マンチェスター・シティと週給9万ポンド(約1300万円)の契約を結んでおり、期限を2020年までとしているギュンドアン。シティ加入時の2016年夏にバルセロナとの合意が近付いていたことを、自らの口で今年3月に明かしていた。 ▽結局はシティ行きを選択したギュンドアンだが、『サン』によるとバルセロナは引き続き注視。しかしながら、来年1月の獲得を目指すバルセロナの思惑を、ギュンドアン当人が拒絶したという。 ▽クラブ関係者は、「彼はペップ(ジョゼップ・グアルディオラ監督)の下でのプレーを愛している」、「イルカイ(・ギュンドアン)はここで幸せだし、クラブ側も彼を守りたい」と発言しているそうで、ギュンドアンもシティとの契約延長にオープンな姿勢でいるようだ。 ▽ドルトムントで有数の実力者に成長し、シティに到着したギュンドアン。昨シーズンは、プレミアリーグ30試合4ゴール1アシストを記録し、リーグ制覇に貢献していた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.12 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ギュンドアン「ドイツ代表は少し不安定だけど、それが人間」

▽マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンは、代表チームが不安定な状態だと認めている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽ドイツは、6日のUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ1のフランス代表戦をゴールレスドローで終えたものの、9日の国際親善試合ペルー代表戦では2-1で勝利。ロシア・ワールドカップ(W杯)でグループステージ敗退という80年ぶりの憂き目に遭って以来、初の代表ウィークとなった。 ▽ギュンドアンは、リスタートを図るドイツのW杯王者フランス戦、ペルー戦を以下のように分析している。 「僕らはディフェンシブにやったと思う。相手に多くのチャンスを許さなかった。特にフランス代表のような相手に対しては、これも1つの成果だ」 「一方で、僕らにはもっと向上させなければならないことがいくつかある。(ペルー代表戦で)多くのチャンスを得たのに、2ゴールしか決められなかったりね。今日の前半はもっと多くの得点を生むべきだった」 「(W杯から)数か月、数週間しか経っていないし、僕らが少し不安定かもしれないというのは、明らかだと思う。でも、それが普通だし、それが人間だよ」 ▽トルコ系ドイツ人であるギュンドアンは、ロシアW杯直前にトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と面会。ドイツ国民からブーイングを浴びせられ、W杯本大会でも低調なパフォーマンスに終始した。現在ではエジル程の批判は受けていないものの、チームに安定を与えて失った信頼を取り戻すことはできるのだろうか。 2018.09.11 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

エジルに来冬トルコ移籍の可能性浮上

▽アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(29)に、フェネルバフチェ移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽エジルは、今年1月にアーセナルと2021年までの3年契約を締結。その際には、週給が推定35万ポンド(約5000万円)に上昇したことが伝えられていた。しかし、今シーズンから指揮を執るウナイ・エメリ新監督の下では、好パフォーマンスを披露することができず。プレミアリーグ第4節終了時点で出場は3試合、そのうちフル出場は1試合のみだ。ゴールやアシストは記録されていない。 ▽トルコ『Fotomac』によると、こうした苦境にあるエジルをフェネルバフチェが注視。1月の獲得を目指しているようだ。なお、エジル当人がアーセナル退団を望んでいるかは確認できていない。『デイリー・メール』は、獲得の場合には少なくとも移籍金4200万ポンド(約60億円)が必要になるだろう、と報じている。 ▽エジルは、3-1で勝利したプレミアリーグ第3節ウェストハム戦ではベンチにも入れず。エメリ監督は病欠と主張していたが、エジルとの関係悪化も疑われている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.11 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ニコ・シュルツの逆転弾で逃げ切ったドイツがペルーに辛勝《国際親善試合》

▽ドイツ代表は9日、国際親善試合でペルー代表と対戦し、2-1で勝利した。 ▽6日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ1のフランス代表戦をゴールレスドローで終えたドイツは、その試合から先発を5人変更。GKノイアーやミュラー、フンメルスらに代わりGKテア・シュテーゲンやギュンドアン、ブラントらが先発に名を連ねた。 ▽一方、6日にオランダ代表との親善試合で惜敗したペルーは、その一戦から先発を3人変更。カリージョ、ロヨラ、ラモスに代えてフローレス、ルイディアス、アラウホを先発で起用した。 ▽ブラント、ロイス、ヴェルナーを3トップに並べた[4-3-3]を採用したドイツは開始2分、ギュンドアンのスルーパスからロイスがゴール前に抜け出したが、シュートは飛び出したGKガジェセに防がれる。さらに13分には、右CKからギンターがヘディングシュートでペルーゴールに迫ったがこれは相手GKの正面を突いた。 ▽対するペルーは23分、中盤からカウンターを仕掛けるとクエバのパスをボックス右手前で受けたアドビンクラがそのままボックス右まで持ち上がり、豪快なシュートをニアサイドに突き刺した。 ▽先制を許したドイツだが、すぐに反撃。25分、敵陣右サイドでボール奪取に成功したギンターのバイタルエリア中央に素早くパスを送ると、クロースが縦へのドリブルで相手DFを引き付けラストパス。これをゴールエリア右付近で受けたブラントが冷静に決めて、試合を振り出しに戻した。 ▽同点弾で攻勢を強めるドイツは、34分にもキミッヒのパスが相手DFに当たりゴール前のヴェルナーに繋がると、飛び出したGKを冷静にかわしゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽迎えた後半、ドイツはロイスとJ・ボアテングを下げてドラクスラーとリュディガーを投入。しかし、先にチャンスを作ったのはペルー。54分、クエバの右CKをトラウコがヘディングシュートで合わせたが、これはGKテア・シュテーゲンの好セーブで難を逃れた。 ▽対するドイツも、直後に自陣からのロングカウンターで決定機を迎える。56分、右サイドを持ち上がったブラントが絶妙なスルーパスを供給すると、相手DFの裏に抜け出したヴェルナーがループシュートを狙ったが、これは枠の上に外れた。 ▽一進一退が続く中、ドイツは84分にギュンドアンを下げてミュラーを投入。すると直後の85分、左クロスを相手DFがクリアミスすると、こぼれ球をペテルゼンがワンタッチではたくと、ボックス手前に走り込んだニコ・シュルツがダイレクトシュート。これにGKガジェセも反応したが弾き切れず、ゴールはそのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽結局、試合は2-1のまま終了。決定力不足が響き苦戦を強いられたドイツだが、終盤のニコ・シュルツ弾で逆転勝利を飾った。 2018.09.10 05:55 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース