エースFWゲレーロがW杯欠場のペルーに秘策! 元ミランFWラパドゥーラの招集に動くか2017.12.09 00:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)からエースFWパオロ・ゲレーロに1年間の出場停止処分を科されたペルー代表が、ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会に向けた秘策として、ジェノアのイタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラの招集を考えているようだ。イタリア『Calciomercato.com』が伝えている。

▽先日にペルーは、オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランド代表との大陸間プレーオフを制し、36年ぶりのW杯出場権を獲得した。しかし、10月5日に行われたロシアW杯南米予選のアルゼンチン代表戦でドーピング検査を受けた際、コカインの陽性反応が出ていたエースFWゲレーロに対して、FIFAは今月8日に1年間の出場停止処分を科した。

▽これによりペルーは代表のキャプテンであり、同国の歴代最多得点記録となる通算32ゴールを記録するエース抜きで、フランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表と同居したW杯本大会に臨むことになった。

▽『Calciomercato.com』の伝えるところによれば、ペルー代表はこの緊急事態を受けて、ゲレーロに代わる新たなエースストライカー候補として、ラパドゥーラの招集を画策しているという。

▽ペルーにルーツを持つラパドゥーラは、今年5月にイタリア代表としてサンマリノ代表との国際親善試合に出場し、ハットトリックを記録する活躍を見せた。ただ、このサンマリノ戦は国際Aマッチに指定されておらず、正式な意味での代表キャップとはならない。

▽なお、ペルー代表はラパドゥーラがペスカーラに所属していた2年前から代表招集に向けてコンタクトを取っており、W杯本大会までに国籍変更および登録を完了させられるようだ。

▽果たしてラパドゥーラはアズーリでの未来を諦め、ペルー代表に鞍替えして来年6月にW杯本大会のピッチに立つことになるのか。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ペルー 0-1 デンマーク《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC第1節、ペルー代表vsデンマーク代表が16日にモルドヴィア・アリーナで行われ、0-1でデンマークが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ペルー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180617_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ガジェセ 5.5 守備機会が少なかった中、一対一を制される DF 17 アドビンクラ 6.0 スピードを生かして攻撃に関与 15 ラモス 6.0 ソリッドな守備を最後まで続けた 2 A・ロドリゲス 6.0 球際の強さを発揮 6 トラウコ 6.0 安定した足元でビルドアップの起点に MF 18 カリージョ 6.0 右サイドからの仕掛けで違いを生む 13 タピア 5.5 ジョトゥンと共に試合を組み立てた (→ロヨラ -) 8 クエバ 5.5 まずまずアクセントを付けたが、痛恨のPK失敗 19 ジョトゥン 6.0 左足で巧みにゲームを組み立てた 20 フローレス 5.5 何度かシュートに持ち込むシーンを作った (→ゲレーロ 6.0) 調整不足を感じさせない脅威を与える FW 10 ファルファン 5.5 最前線で一定の存在感を見せたが、終盤の決定機を決めきれず (→ルイディアス -) 監督 ガレカ 6.0 内容ではデンマークを上回った ▽デンマーク採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180617_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュマイケル 6.5 枠内シュートを的確にセーブ DF 14 ダルスゴーア 5.5 多少は攻撃に絡むも守備重視 4 ケアー 6.0 クロスボールを跳ね返し続けた 6 A・クリステンセン 6.0 的確なポジションを取って水際で耐える (→マティアス・ヨルゲンセン -) 17 ストリガー・ラーセン 5.5 守備に傾倒したプレー MF 8 デラネイ 5.5 左足から繰り出されるロングフィードで変化を付け、ボール奪取でもまずまずの出来 10 エリクセン 6.0 決勝点をアシストもさほどボールに絡めず 7 クヴィスト 5.5 35分に無念の負傷交代 (→シェーネ 5.5) 問題なく試合に入った FW 20 Y・ポウルセン 6.0 PK献上も決勝点をゲット 9 N・ヨルゲンセン 5.0 終盤に一つ決定機があったが、ほとんど起点になれず 23 シスト 5.0 本来の実力を発揮できず (→ブラースヴァイト 5.0) 目立ったプレーはなし 監督 ハレイデ 5.5 内容は乏しかったが、しぶとく勝ち切った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! シュマイケル(デンマーク) ▽多くの枠内シュートをしっかりとセーブ。安定感あるプレーで勝利に貢献。 ペルー 0-1 デンマーク 【デンマーク】 Y・ポウルセン(後14) 2018.06.17 03:07 Sun
twitterfacebook
thumb

デンマークがペルーに劣勢もPK失敗に救われ接戦を制す《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC第1節、ペルー代表vsデンマーク代表が16日にモルドヴィア・アリーナで行われ、0-1でデンマークが勝利した。 ▽フランス代表がオーストラリア代表に2-1と競り勝ったグループC。9大会ぶりにW杯出場を果たしたペルーは、主軸のファルファンが先発となった一方、出場停止処分が軽減されたゲレーロはベンチスタートとなった。 ▽対する2大会ぶり出場のデンマークは、エリクセンやシスト、Y・ポウルセンといった主力が先発し、ベストメンバーで臨んだ。 ▽立ち上がりからポゼッションして仕掛けたペルーは8分、ジョトゥンのミドルシュートでオンターゲットを記録。続く13分にも右サイドからカットインしたカリージョのシュートでGKシュマイケルを襲った。 ▽デンマークに反撃の隙を見せないペルーはさらに29分、カリージョのスルーパスからボックス内のファルファンが決定的なシュートを浴びせる。 ▽なかなか主導権を握れないデンマークは35分にアクシデント。ボランチのクヴィストが負傷し、シェーネとの交代を強いられた。そのシェーネは39分、FKの流れからボレーシュートでチーム初の枠内シュートをマーク。 ▽しかし42分、ペルーはボックス内のクエバがY・ポウルセンに足をひっかけられると、VARの末にPKを獲得。だが、キッカーのクエバはシュートを枠の上へ大きく外して先制できず、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半に入って一転して押し込む展開としたデンマークは、59分に先制する。カウンターに転じ、エリクセンのスルーパスに反応したY・ポウルセンがボックス左に侵入。GKとの一対一を制した。 ▽追う展開となったペルーは直後の61分、ボックス左でスルーパスを受けたフローレスのシュートはGKシュマイケルのセーブに阻まれた。そしてフローレスに代えて最前線にゲレーロを投入。ファンフランがトップ下に、クエバが左サイドに回った。 ▽すると64分、カリージョの右クロスにゲレーロがヘッド。しかし、シュートはGKシュマイケルの正面を突いた。その後も圧力をかけたペルーはFKからA・ロドリゲスがヘディングシュートでゴールに迫れば、右サイドバックのアドビンクラが枠内シュートをマーク。さらに79分、クエバのパスを受けたボックス中央のゲレーロが意表を突くヒールでシュートに持ち込むも、わずかに枠の右に外れた。 ▽攻勢を続けるペルーは84分、カリージョの突破からファルファンが決定的なシュートを浴びせたが、GKシュマイケルの好セーブに阻まれ、0-1のまま敗戦。接戦を制したデンマークは第2節でオーストラリアと、ペルーはフランスと対戦する。 2018.06.17 03:06 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月14日は、9大会ぶり5度目のW杯出場のペルー代表の快足ウインガー

◆アンドレ・マルティン・カリージョ・ディアス 【Profile】 国籍:ペルー 誕生日:1991/6/14 ポジション:FW クラブ:ベンフィカ 身長:181㎝ 体重:72kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月14日は、ペルー代表FWアンドレ・カリージョだ。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むペルー代表の1人であるカリージョ。足元の技術に長け、ドリブルを武器に個で打開を図れるウインガーだ。 ▽今季はベンフィカからワトフォードにレンタル移籍しリーグ戦28試合に出場。1ゴール2アシストを記録した。 ▽代表では公式戦44試合に出場している中堅選手。今回のW杯ではFWホセ・パオロ・ゲレーロや、FWジェフェルソン・ファルファンの脇を支える仕事ぶりに注目したい。 ※誕生日が同じ主な著名人 川端康成(作家) チェ・ゲバラ(革命家) ドナルド・トランプ(アメリカ第45代大統領) 2018.06.14 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【超WS的! ロシアW杯出場国ガイド】vol. 11/ペルー代表: 英雄ゲレーロ出場を追い風に

▽6月14日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがロシアの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘がより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が出場国32カ国ガイドを作成。11カ国目は、ペルー代表を紹介する。 ◆ペルー代表 監督:リカルド・ガレカ 主将:アルベルト・ロドリゲス 予選成績:6勝/5分け/1敗 W杯出場数:9大会ぶり5回目 W杯最高位:ベスト8 FIFAランク:11位 ◆ゲレーロ&ファルファンの共演に期待<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_peru_fom.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽4半世紀、熾烈な南米予選の壁に阻まれ続けた中、9大会ぶり5度目のW杯出場を決めたペルー。今大会ではグループステージ突破が現実的な目標となる。 ▽唯一首位独走を見せたブラジルを除き、最終節まで6チームが残り4枠を争った南米予選においてチリ、パラグアイを退けて5位に滑り込んだペルーはオセアニア王者ニュージーランドとの大陸間プレーオフへの滑り込みを果たすと、このプレーオフを2戦合計2-0で制して悲願の本大会行きを決めた。だが、本大会に向けては歴代最多得点者でありチームの精神的な支柱であったゲレーロがコカイン陽性反応の疑いで一時W杯欠場の裁定が下った。だが、グループステージの対戦相手からの嘆願などもあり、最終的にFIFAが出場停止期間を軽減して34歳の英雄に集大成の舞台が与えられることになった。 ▽2015年に就任したアルゼンチン人指揮官のガレカ監督は堅守速攻を得意とするチームスタイルに合わせて、[4-2-3-1]と[4-4-2]の基本布陣を採用。縦への推進力に優れた前線と球際の切り替えを武器とする曲者集団を作り上げてきている。 ▽守備陣では傑出した個の力はないものの、守護神ガジェセやアドビンクラ、クリスティアン・ラモスとメキシコリーグで活躍する主力とキャプテンのアルベルト・ロドリゲス、トラウコが主軸を担う。中盤ではジョトゥンとタピアと攻守にハードワークできるセントラルMFに、サイドハーフにフローレスとクエバという推進力に優れたアタッカーが並ぶ。 ▽また、チームのストロングポイントである前線には英雄ゲレーロとファルファンの2枚看板が並び、ワトフォードで活躍するカリージョとルイディアスの中堅コンビが脇を支える。 ◆超WS的注目プレーヤー FWジェフェルソン・ファルファン(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_peru_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽二転三転の末に出場が決定した英雄ゲレーロに注目が集まるペルーだが、開催国ロシアで最も知名度があるプレーヤーが今季のロシア・プレミアリーグ王者でエースを担ったファルファンだ。 ▽欧州初上陸となったPSV、元日本代表DF内田篤人との共演で知られたシャルケを経て2017年夏にロコモティフ・モスクワに加入したファルファンは、今季のリーグ戦でチームトップの10ゴール6アシストの活躍をみせ、加入1年目でクラブに14年ぶりのリーグタイトルをもたらした。以前は右サイドから爆発的なスピードを生かした突破やチャンスメークを最大の売りとしていたものの、今季はセンターフォワードやトップ下でもベテランらしい気の利いたプレーをみせマイナーチェンジに変更。今大会では地元サポーターからの声援を後押しに盟友ゲレーロと共に自身初のW杯の舞台で躍動する姿を見せたいところだ。 ◆登録メンバー GK 1.ペドロ・ガジェセ(ベラクルス/メキシコ) 12.カルロス・カセダ(デポルティボ・ムニシパル) 21.ホセ・カルバーリョ(UTC) DF 2.アルベルト・ロドリゲス(アトレティコ・ジュニオール/コロンビア) 3.アルド・コルソ(ウニベルシタリオ・デポルテス) 4.アンデルソン・サンタマリア(プエブラ/メキシコ) 5.ミゲル・アラウホ(アリアンサ・リマ) 6.ミゲル・トラウコ(フラメンゴ/ブラジル) 15.クリスティアン・ラモス(ベラクルス/メキシコ) 17.ルイス・アドビンクラ(ロボスBUAP/メキシコ) 22.ニルソン・ロヨラ(FBCメルガール) MF 7.パオロ・ウルタード(ヴィトーリア・ギマランエス/ポルトガル) 8.クリスティアン・クエバ(サンパウロ/ブラジル) 13.レナト・タピア(フェイエノールト/オランダ) 14.アンディ・ポロ(ポートランド・ティンバーズ/アメリカ) 16.ウィルデル・カルタジェナ(ベラクルス/メキシコ) 19.ジョシマル・ジョトゥン(オーランド・シティ/アメリカ) 20.エディソン・フローレス(オールボーBK/デンマーク) 23.ペドロ・アキーノ(ロボスBUAP/メキシコ) FW 9.ホセ・パオロ・ゲレーロ(フラメンゴ/ブラジル) 10.ジェフェルソン・ファルファン(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) 11.ラウール・ルイディアス(モレリア/メキシコ) 18.アンドレ・カリージョ(ワトフォード/イングランド) ◆グループステージ日程 ▽6/16 《25:00》 vsデンマーク代表 @モルドヴィア・アリーナ ▽6/21 《24:00》 vsフランス代表 @エカテリンブルク・アリーナ ▽6/26 《23:00》 vsオーストラリア代表 @フィシュト・スタジアム ★いそっぺFCロシアW杯篇~ペルー代表~ <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/fID-8B1d2pE" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> 2018.06.12 23:54 Tue
twitterfacebook
thumb

出場停止処分軽減の英雄ゲレーロもメンバー入り! ペルー代表が登録メンバー23名を発表《ロシアW杯》

▽ペルーサッカー協会(FPF)は3日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む同国代表の登録メンバー23人を発表した。 ▽ペルー代表を率いるリカルド・ガレカ監督は、先月13日に発表した25名の予備登録メンバーからDFルイス・アブラム(べレス・サルスフィエルド)、MFセルヒオ・ペーニャ(グラナダ)の2選手を外した。 ▽その一方で、コカインの陽性反応による出場停止処分の影響で一時欠場が伝えられたFWパオロ・ゲレーロ(フラメンゴ)は処分軽減により出場可能となり、FWアンドレ・カリージョ(ワトフォード)やFWジェフェルソン・ファルファン(ロコモティフ・モスクワ)らと共にメンバー入りを果たした。 ▽ペルーはグループCに所属。フランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表と対戦する。今回発表されたペルー代表メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ペルー代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ペドロ・ガジェセ</span>(ベラクルス/メキシコ) <span style="font-weight:700;">ホセ・カルバーリョ</span>(UTC) <span style="font-weight:700;">カルロス・カセダ</span>(デポルティボ・ムニシパル) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ニルソン・ロヨラ</span>(FBCメルガール) <span style="font-weight:700;">アルド・コルソ</span>(ウニベルシタリオ・デポルテス) <span style="font-weight:700;">ミゲル・アラウホ</span>(アリアンサ・リマ) <span style="font-weight:700;">アルベルト・ロドリゲス</span>(アトレティコ・ジュニオール/コロンビア) <span style="text-decoration: line-through;"><B>ルイス・アブラム</B>(べレス・サルスフィエルド/アルゼンチン)</span>※落選 <span style="font-weight:700;">ミゲル・トラウコ</span>(フラメンゴ/ブラジル) <span style="font-weight:700;">クリスティアン・ラモス</span>(ベラクルス/メキシコ) <span style="font-weight:700;">アンデルソン・サンタマリア</span>(プエブラ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">ルイス・アドビンクラ</span>(ロボスBUAP/メキシコ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">クリスティアン・クエバ</span>(サンパウロ/ブラジル) <span style="font-weight:700;">ペドロ・アキーノ</span>(ロボスBUAP/メキシコ) <span style="font-weight:700;">ウィルデル・カルタジェナ</span>(ベラクルス/メキシコ) <span style="font-weight:700;">ジョシマル・ジョトゥン</span>(オーランド・シティ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">アンディ・ポロ</span>(ポートランド・ティンバーズ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">レナト・タピア</span>(フェイエノールト/オランダ) <span style="font-weight:700;">エディソン・フローレス</span>(オールボーBK/デンマーク) <span style="text-decoration: line-through;"><B>セルヒオ・ペーニャ</B>(グラナダ/スペイン)</span>※落選 <span style="font-weight:700;">パオロ・ウルタード</span>(ヴィトーリア・ギマランエス/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アンドレ・カリージョ</span>(ワトフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェフェルソン・ファルファン</span>(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ラウール・ルイディアス</span>(モレリア/メキシコ) <span style="font-weight:700;">ホセ・パオロ・ゲレーロ</span>(フラメンゴ/ブラジル) 2018.06.04 16:40 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース